四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

Jaguar

週末模様とVintage Modified SRS Jaguarの改造の経過観察

リーダー

リーダーです。

さて、話しは先週の日曜日から始まる。

天高い
秋晴れの日、Naked Guitar Woksに、改造を依頼しているJaguarのパーツを届けに向かう。

IMG_5284

IMG_5283

持って行ったパーツは、Jaguarのプリセット・コントロールのステイ(台座)。

IMG_5269

既に持ち込んでいるのは、Jazzmasterのステイで、JazzmasterとJaguarはステイの長さが結構異なり、Jazzmaster用だとボディにザグリをせねばならず、それを避ける為に購入。因みにお値段3千円弱。この金属板が3千円なのだから、改造にはお金がかかる事、ご理解頂けると思う。

持って行ってみれば、現在の進行状況を態々お伝え頂けた。うん、有り難い。

IMG_5281

日曜日の状態は、交換するネックを組み込み、パーツを取り外して増設や移動するパーツの個所を確認しているところである。

ネックは、組み込んだ上で反りを確認し、その状態を確認の上フレットを打ち換える。

新品のネックながら、トラスロットは可成り絞められており、今後の事を踏まえネックにアイロンをかけての補正を行う事にした。

増設するパーツの個所の確認は、透明のアクリル板でピックガードの元を作成し決めるとの事で、アクリル板のピックガードが出来上がっていた。

IMG_5282

代表的なモデルのテンプレートのアクリル板はあるとの事だが、ザグリや螺子の位置が違う事も多いらしく、我がJaguarみたいなギターもそれに該当。そんな場合は、アクリル板を作成の上、配置位置を決めるんだとか。

このシースルーのピックガード。これはこれで格好良いので、このアクリル板をピックガードに・・・・ともちょっと思った事を正直に告白しておこう。

先ずはプリセット側の配置。

IMG_5279

分かり難くて申し訳ないが、赤がJaguarの、黒がJazzmasterのプリセットの位置のデフォルトである。結構違うんだなぁ・・・・。Jazzmasterのステイを使うと、ボディと干渉してしまうのでザグリが必要となる。

続いてはピックアップの切り替えスイッチの位置。

IMG_5280

このモデルのデフォルトではこの位置にスイッチは無い。にも関わらずザグリがあると言う事は、他のモデルとの転用出来る仕様なのであろう。尚、Jazzmasterのスイッチは、もう少し下の位置になるらしい。

写真を失念したが、ポットの位置も通常のJaguarの位置とは大部異なり、螺子の位置も異なる。まぁ、このJaguarはジャックが通常の位置に無いからね。

交換する為ナットの溝切が為されていない状態ながら軽く弾かせ貰えば・・・・おおう、良い感じではないか。

また、ブリッジとストップ・テールピースはToneProsのそれと判明。ブリッジ、ストップ・テールピースが固定される仕様。

IMG_4264

ブリッジやテールピースを固定すると言う発想は、素晴らしいと思う。

ToneProsの代理店は神田商会さんがやっていたと記憶しているが、該当頁が見付からないって事は今は違うのだろうか・・・・、どうなんだろう?ネット上のショッピング・サイトでは「正規輸入品」との言葉がある所を見るに、少なくとも代理店はありそうだ、が・・・・?

フレット交換とネックアイロンが無ければ、来月にもバンド・デビュー出来そうである。此処はじっと我慢・・・・焦らず、完成を待とう。

そんな訳で、途中経過で御座いました。

ネックもサーキットも交換しちゃって、愈々以てテセウスの船と化して来たこのギターなのだが、これが僕の終のギターとなるんじゃないかな、との思いがある。

と言うのは、同様に改造しまくったStratocasterを此処最近を弾いているのだが、これがもう素晴らしく好みで、Jaguarがこれの改良版になるなら、それはもう終のギターでなくては困るのである。

IMG_9861

このStratocasterのみならず、他のギターも色々と改造をして来たワタクシは、手前味噌ながらそれなりの経験則を得て来たと思ってまして、で、Stratocasterは、改造点は100%好みとなったものの、構造的に気に入らない個所(一番はスケール)があり、それをクリアするJaguarには、集大成的な改造を施しており、「これで駄目なら僕は”非の打ちどころなく気に入っているギターは手に入らないだろう」と思っているからである。

完成しても、ネックが落ち着くまで暫くかかるだろうし、(突っかかって来る人が居そうなんであんまりこの手の事は言いたくないが)弾いて行く内に手に馴染んで来てくれるだろうから、「Jaguarが僕の終のギターです」と言えるのは未だ先だろうけれど。

そんな日曜日の後の金曜日は諸事情でお休み。

健康診断の結果が届いたので見やれば・・・・

EJ5IBKIU8AA_gWx

50代を目前に30代に突入。はっはっは。しかも去年より若返ってる・・・・ベンジャミン・バトン。

EJ5IaX2U8AAF94f

全体の1.8%と言う希少種。うん、大事にしてくれ。

「健康の為に」と言う行動は一切していない。スポーツもやらない(膝の怪我の後遺症で出来ない)し、煙草も吸う。生活は不規則。仕事と家庭のストレスだって相応にある。でも、結果は、これ。

これから書くのは、裏付けの一切ない、ワタクシの推測である。

先ずこの結果であるが、可成りの眉唾物と思う。

と言うのも、この測定は、単に年代毎の基準値との比較判断に過ぎぬと思われ、その基準値なるものが当てになるのか、さっぱり分からないからである。

と言うのも、不摂生な生活を余儀なくされた時代、僕は「平均値」に居たのであるが、「これで平均値なのか?」と甚だ疑問であった為、である。

とは言え・・・・

自分の健康状態を良不良であれわせば、これはKPIだけではなく自覚として甚だ「良」であるのは間違いない。

繰り返しになるが、
「健康の為に」と言う行動は一切していないし、スポーツもやらない(高校時代の膝の怪我の後遺症で出来ない)し、煙草も吸うし、生活は不規則。仕事と家庭のストレスだって相応にある。でも、結果は、これ。

遺伝子レベルの話で言えば、ストレス耐性は其れなりにあると思うが、それを差し引いても、この結果は相当なものではないかとは思う。自慢気に聞こえたら申し訳ない。

では何か特別な事をしているかと言うと、一つだけ思い当たる節が合って、それは「絶対的な食事の量を意図して抑えている事」である。簡単に言うと「食べ過ぎは意識してしない様にしている」のである。

それを意識したのは3年前。3年間で減った体重は9キロ弱。で、食べなくなったのは生野菜。生野菜を食べなくなったのは、そもそも熱を通した野菜の方が好きだってのもあるが、「草食動物の体の大きさから考えたら野菜って体重増やすんじゃないの?」と思ったってのもある。もう一度書くが、裏付けのない推測に過ぎない。

加えて、運動ってのも如何なものかとも思っている。内臓は鍛えられないとすると、心臓に負荷がかかる激しい運動って、良くない様な気がする。スポーツ選手が健康か、と問われたら、僕には分らない。「鍛え上げられた身体」だとは思うが・・・・早く亡くなる人も居るし。

とは言え、色んな人を思い浮かべてみるに、ちょっとふっくら位の人が健康体な気もする俺が居る。

そんな事をつらつら考えてた休日の金曜日、先ず何をしたかと言うと、アレルギーの薬を処方して貰いに近所の診療所へ。

昔ながらの診療所で、診察券すらないw。訪れるのはご近所さんのみ、と言う診療所。

この診療所、訪れるご近所さんが高齢者が多く、結果、長い待ち時間となるのだが、なんかこう・・・・雰囲気が好きで長い待ち時間は苦ではない。

待っている間、ご家族と思しき方が先生にお弁当と水筒を届けてみたり、診察室から笑い声が聞こえてこたり、嗚呼、なんか、好いなぁと思って、苦も無く待てるのである。

薬を処方して貰い、最近亡くなった前の会社の同期の立て替えて貰った献花代の振込をしようと思えば、来月に立替してくれた同期と会えそうなので保留。

亡くなった同期は、前の会社を辞める時に最後まで辞めるなと止めてくれた男。僕が過小評価に耐えられなくなって辞めると誤解していて、そうじゃないと誤解を解くのに四苦八苦したっけ。

「お前はキャラが軽いから過小評価されるだろうが腐るなよ」との言葉は、何となく今も覚えている。「軽んじられるのは別に嫌じゃ無いんだけどねー」と答えたら怒られたんだよなぁ。

一旦帰宅し、収集付かなくなって来た機材を売ろうと決心する。Jaguarの改造代稼ぎとの側面もある。

そんな訳で雨の御茶ノ水へ。

自宅のエレベーターで、父娘と一緒になったのだが、2歳位の女の子が「コート着だぐない~」とギャン泣きしてて、お父さんが「コート着ないと寒いよ?」と言えば、「寒いの嫌だ~」とまたギャン泣き。

癇の虫が騒ぐってこう言う事なんだろうなと微笑ましく拝見してました。泣いても笑っても子供は天使である。

そんな訳で御茶ノ水。機材売却に来ただけだから・・・・それだけだから・・・・と言いつつ、雨の平日とあって空いている店内をゆっくりじっくり見て回ってしまう。

売却代金でいつもよりちょっと厚い財布を取り出そうとする右手を左手で抑えると言う超人的な精神力を以てして、何も買わずに御茶ノ水と言う魔界を脱出。危なかった・・・・FFM2買うとこだった。

EJ9Y2CUVUAIiXVn

そんなワタクシを揶揄したビクシー画伯の一枚。この後、リーダー、ビクシー両名は戦闘状態に入る。

我慢したと言いつつ、パーツは購入。

IMG_5686

Jaguarのノブをどうしましょかね、と言う事で取り敢えず3種類購入。気分で乗せてみよう。

散歩したかったが、雨脚が早くなって来たので帰宅。

IMG_5688

売却後のラック。うん、凄くスッキリした!Before Afterにしないのは恣意があるからスルー推奨。冗談抜きで、これでも結構減らしたのである。機材の売却は、一抹の寂しさと、爽快感の凌ぎ合い鬩ぎ合い。

上段の本と、下段の諸々の書類も片付けないとなぁ・・・・。

土曜日。

昨日の御茶ノ水の予定で失念があり、再度の訪問。

IMG_5690

用事を済ませ、楽器屋巡りもそこそこに(昨日の今日だし・・・・でも気になるもの見つけたしw)、次の用事は浅草。

浅草の地下街が結構好きで、雨って事もあってぶらぶら。

IMG_5691

料理屋さんや怪しげな(失礼!)占いの館、東南アジア系のレストランが軒を連ね、出口の階段の途中には喫茶店なんかもあり、スラップスティックで中々に楽しい。尚、一番人気は端にある立ち食い蕎麦屋さん。結構美味しくて2~3度食べた。

奥まった所に、日本酒を中心としたバーがあるのだが、そこにあったのがこのゲーム機。

IMG_5692

パックマン・・・・だよな?これ、結構好きだった。好きだった理由は、プレイして楽しむんじゃなくて、「食う」と言う概念がゲームにあると言う事に対する驚きが面白かったのである。見ていて、どこか道化で、楽しいなと言う。

僕はゲームはやらないが、ゲームが上手い人のプレイを見るのは好きだったりする。その技術に見惚れるのである。

浅草では、こんなものを購入。

EKC2BYXUYAAReb5

湯葉が好きで、見掛けると買ってしまう。それでいて豆腐はそれ程好きじゃない。変なの。

浅草に来たので、と言う事でNaked Guitar Woksに立ち寄ってみれば、先週より進捗あり。

IMG_5693

プリセットのボリューム/トーンの位置決めがされていた。スペース的に少しザグリが必要であったとの事。Jaguarでありながら、Jazzmasterに倣ってピックガードにマウント。東京コスモス電機株式会社さんのPOTを試したかったが、スペース的に無理だな、うん。

IMG_5694

切り替えスイッチ。因みに動作は前後。

IMG_5695

トーン・ポットは、デフォルトより少し内側に移動。

アイロン中のネックも拝見したが、フレットにバリが目立った。ネックを調整するだけでこうなるんだなぁ・・・・と納得。

経験則で言うと、ネックって、落ち着くまで暫くかかる様な気がする。1~2年調整を繰り返し、以降は、大体落ち着く。Stratocasterはやっと落ち着いてきた感じ。

Rickenbacker(のギター)は、不思議とネックの安定度が高い。一部で反り易いとも聞くが、過去3本所有する限り、そんな事は無かった。

Naked Guitar Woksを後にし、帰宅後、
Jaguarの完成予定の2020年1月中旬までの間、どのギターを弾こうか、と考えてみる。

順当に考えれば360C63。サウンドはフジコ・オーバードライブにマッチしているのは実証済だし、弾き心地も良好な訳で、これを弾くが正だと分かっているのだが、折角だから色々と、との思いも募る。

StratocasterAT130かな、と試してみれば、どちらも良い感じで甚だ迷う・・・・。

Stratocasterは少しバリが気になるので、一ヶ月以上使うならバリ取りしたいところだが・・・・どうしましょうかね。

そんな、週末。

Vintage Modified SRS Jaguar(Squier by Fender)の改造~序章編そして週末模様

リーダー

リーダーです。

以前お世話になっていた女性2名がこんな会話をしていたと人伝に聞いた。

「結婚するならリーダーさんみたいな人だよねー」
「そうだよねー」
「でも、実際するかって言うと別だよねー」
「そうだよねー」
「てか、しないよねー」
「寧ろ絶対ないよねー」

・・・・うん、泣いてない。

そんな心を抉られる様な事があっても尚、ギターを購入して、こう言う改造をしよう、ああ言う改造をしよう、と考えている時の至福感は何物にも代え難い。

最近では、入手したSquireのJaguarの改造プランを立ててニマニマしており、家人から不気味がられているのであるが、いつまでも不気味がられている訳にも行かぬ、と、諸々パーツを強いれて、愈々実行と相成った。

IMG_3961

フレットの擦り合わせ程度で充分に使える1本であったが、可成り気に入ってしまった事で「メインギターとして使える1本にしよう」と熱が入り、彼是と改造計画を立案。どうせなら一気にやっちまおうと思った一方、ワタクシの事だから、まぁ、今回の施策で終了となるかは甚だ不明である。尚、一部
Naked Guitar Woksに指南を受け、想定と変更した個所ある事を予め申し上げておく。

先ずはネック周り。

①ネック交換

IMG_4256

IMG_4257

はい、Fender USAはAmerican ProfessionalのJaguarのリプレイスメント用のネック。これに交換してしまおうかと。

デフォルトのSquierのネックは、フレット処理に難があったが、グリップの好み含め全然使えると思った一方、手持ちのFender JapanのJaguar比で好みとは言え、塗装の質感がより良いだろうと、「メインで使うなら好みの質感の方が良かろう」と思い切って買ってみたのである。

スペックは、下記の通り。

Fingerboard: Rosewood
Number of Frets: 22
Fret Size: Narrow Tall
Neck Shape: Deep "C"
Neck Material: Maple
Neck Finish:Satin Urethane Finish on Back of Neck with Gloss Urethane Headstock Face
Fingerboard Radius: 9.5" (241 mm)
Scale Length:24" (610 mm)
Nut Material: Bone
Nut Width:1.685" (42.8 mm)
Position Inlays:White Dots


ううん、触ってみた限りでは良い感じである、が、正直Squierの塗装と差異が無い。勝手に本家のネックの方が塗装が薄いと思ってた・・・・私ってホント馬鹿。

まぁ、買っちまったんで使わないと言う選択肢は無い。軽くボディと合わせてみた限りでは、接点に違和感は無く
問題無そう。因みに、シムを挟む事に一切の躊躇が無いワタクシだけに接合点はマウント出来ないほど合わなければ問題はない。外したSquierのネックは手持ちのFender JapanのJaguarに移管予定(時期未定)。因みにSquierのネックよりちょっと重かった。

それにしても・・・・

IMG_4254

Fenderの化粧箱に萌えるのは・・・・俺だけだろうか?

②ペグの交換

IMG_4253

ワタクシの手持ちのギターは、全て世界のゴトーのマグナムロックのペグに交換しているのだが、これも同様にGOTOH SD91MG-05M Nに交換。

ロック式ペグの利点は、弦交換の安易さもさることながら、弦交換しても弦のテンションが略一定な事。

チューニングの安定性で言えば、ペグ裏からダイヤルで固定する方が優れているだろうが、なんせデザインが好きじゃない。見えない個所だろうが、弾き手が好まぬデザインがあるのは、弾いてて萎える。

③ナットの交換

IMG_4265

カーボンナットに交換。
Black Tasqへの交換を画策していたが、これを見て以前より気になっていた素材なので試してみる事に。

上記①にデフォルトでマウントされているナットは牛骨で、使わずに交換するのも勿体無い気もしたが、今回のテーマは「やるなら一気に」なので思い切って交換。ナットが黒って・・・・見た目も好き。改造している感があって良いw。

④ストリング・リテイナーの交換

IMG_3976

カモメ型×1から
Fender American Standard String Guides×2に交換。ロック式ペグに交換し、下がったテンションをストリング・リテイナーの増設で補正。このストリング・リテイナー、デザインが良いと思うのはワタクシだけであろう・・・・か?

それにしても・・・・注意書きが、なんか、米国って感じw。

⑤フレットの交換

いきなりだがステンレス・フレットに交換。

IMG_3974

Jescarは43080。Jim Dunlopで言えば6230。細く、低めなフレット。Gretschは6120DCフレット交換で余ったので転用。

手持ちのギターで3本ほどステンレス・フレットに交換を施したが、凄く好みなのでこれも早々に。うん、その割には余ったフレットの転用で拘りがあるんだかないんだかだけど・・・・w。

いきなりのフレット交換は工賃含め少し逡巡したが、
手持ちのStratocasterのネックを交換した際フレットの擦り合わせが必要だったので、その工賃を加味すれば最初から交換しちゃった方が良かろうとの判断。どっちにしても、いつかは交換したくなるだろうしw。

ステンレス・フレットは、メインテナンス・フリーなのが良いし、サウンドも好きである。

惜しむらくは、フレット交換は時間が掛かる事。弾きたいの弾けない・・・・んもう、いけずなんだから。

⑥フロント、リアのボリューム/トーンを独立

1ボリューム/1トーンの仕様に改造されているが、2ボリューム/2トーンに。

リアをサウンドの基本にし、フロントはそれに「厚み」を加える感じで足す・・・・との感じに使いたいと思い、個別に操作出来る様にしようかと。これは、ギターを譲って下さった師範代により、ピックアップがEMGのH4(フロント)、H4A(リア)に交換されていて、フロントが太いな、と感じたからである。

ピックアップも交換しちゃおうか、と思ったが(と言うか当初は「ショートスケールでストップ・テールピースののJazzmaster」作ろうかと思ってたけどw)、EMG童貞のワタクシ、敢えてEMG使ってやろうかと思って、それならフロント/リアを独立で操作出来る様にしたいと思った次第。

問題は、何処にポットを付けるか・・・・だが、Jaguar/Jazzmasterのプリセットの位置に付けちゃえ、と言う訳で、台座とノブを購入。

IMG_3970

IMG_3971

台座はJaguar用が見付からずJazzmaster用で代用。Jaguarより幅広なので、結果ザグリが必要となったがまぁ良かろう(適当)。Jazzmasterと同様にピックガードに直付けを予定。Jaguarの金属プレートを用意してマウントしようかと思ったが、敢えてのJazzmaster風に。Jaguarの方がプリセットボリューム/トーンの幅が狭く、スペース的にはそっちの方が良さ気だったがまぁ良いや。

Jaguar/Jazzmasterのプリセットは、ボリュームが1MΩ、リアが50kΩと、可成りの差異があり、リアのポットの抵抗の所為と思うが「こもった」サウンドになっているが、狙いはJaguar/Jazzmasterらしいプリセット・トーンじゃないので両方共500kΩにしちゃおうかと画策。Naked Guitar Woksに相談の上、国産の小型ポット。交換予定の「G」のマークが付いている国産ポット、工場閉鎖かなんかでなくなるらしいです・・・・。

⑦コンデンサーの交換

IMG_4268

フロントはSpragueのセラミック・コンデンサー。スペースを考慮しこれに。

IMG_3972

リアは写真下段の同じくSpragueのVitamin Q。
0.022μf(200V)。写真上はSpragueはBlack Catの古い物ですが今回は使わず(増設するフロントのトーン・ポットにマウントしようとも思ったが「入らねえよ(by小園氏)」との事で断念)。尚、値が違うコンデンサーを選択したのは敢えて。下記⑧のローカット・コンデンサーを踏まえて。

コンデンサーに関しては、交換で音が変わるか否かが時々議論となるが、個人的には「変わる(と感じる)事もある」との見解。劣化して製品としては機能していないコンデンサーに交換すると、効果が分かり易くて、且つそれが良い味出す事がある。これは、経験値から。暴れ気味のピックアップにマウントすると如実。

此処は未だ未定で、取り敢えずの暫定処置。

⑧ローカット・コンデンサーの増設

フロント・ピックアップの音のファットさの是正を企み、84年以前のRickenbackerに倣ってローカット・コンデンサーをマウント出来ないかと画策。で、こんなんを購入。

IMG_4269

よく分からないオイルコンデンサー。容量は0.0047μf。耐圧は600V。オーディオ用との事だが、まぁ問題無かろう。

んでもって、これをON-OFF出来ないかなと・・・・。

IMG_3973

スイッチはON-ONですが、片一方はスルーして、と。要するに、Jazzmasterと同じ配置で、フロントのボリューム、トーン、ローカットのON-OFFが出来る様にしたい、との趣旨。Johnny MarrのJaguarには、ブライト・スイッチがマウントされているらしいが、趣旨は同じじゃなかろうか。いや、真似した訳ではないのだが・・・・。

Jaguar/Jazzmasterのプリセットは、最近のモデルでは割愛される事も多いが改造し易いポイントに思う。

⑨ピックガードの交換

えーっと、デフォルトの3プライのピックガードは白過ぎに思うんですわ・・・・。

IMG_3963

で、ミントグリーン・ピックガードにしちゃいましょう、と。これはもう見た目の好みだけですw。Naked Guitar Woksにて制作を依頼。因みに、ソリッドボディのギターのピックガードは絶対に3プライが好み。

⑩ポット、ジャック、スイッチの交換(スイッチ以外はお見送り)

トルクが軽いポットがマウントされているのですが、トルクが重い方が好みのワタクシはCTS製品の500kΩへの交換を画策していたのだが、お見送り。理由は・・・・

IMG_4267

うん、コネクター(で良いのかな?)で半田無しで着脱するものになっていて、このまま使いたくなったから。EMGのピックアップがマウントされているのにこの仕様に気付けなかったなぁ・・・・。

スイッチは、ちょいガリが出てたのでJazzmasterと同様の位置に(最近のAmerican Proのじゃなくて、下の角の辺りです)。うん、愈々何のギターか分からなくなって来たぜ。

と言う訳で、大変に楽しい改造プランでニマニマした時を堪能し、Naked Guitar Woksに打って出る土曜日。

注文していたパーツの到着は午前。早く来たら早く行こうかと思ったが、商品到着ルートがどうも最後っぽい我が家は昼近くに。

朝から何も食べず、とん将さんでランチしようと思ってたので可成りの空腹。食べ物屋さんが良い匂いを流している裏道を通ったので空腹感は増すばかり。

IMG_4261

IMG_4262

先日の「孤独のグルメ」の舞台となったタイ料理屋さん。家人が行きたがっていたので近々行こう。

IMG_4263

冬っぽい空が顔を覗かすアーケードを抜け、Naked Guitar Woksに到着。

リーダー「ハロー・ワールド」

N.G.W「500円まで出す。帰れ」

リーダー「上客に向かってなんだその暴言は?」

N.G.W「上客?上客って言うのは毎週来る位の客だろ?」

リーダー「来いと言うのなら、来ようじゃないか」

N.G.W「・・・・500円上げるから勘弁してくれ。まぁ、来るとは思ってましたけどね」

リーダー「と言うと?」

N.G.W「先日、師範代がお見えになって、Jaguar売ったって言ってたから」

リーダー「その通りだ。ナイス推測。ところで、君等が改造したらしいがこのギター覚えている?」

N.G.W「・・・・いいえ全然」

リーダー「己が改造したギターと言えば我が子同然。それを覚えていないとは・・・・」

N.G.W「売った本人もこのギターの存在を忘れてたらしいですが・・・・?」

リーダー「魔改造者の鏡だな、あのお方は」

N.G.W「見習わない様にした方が良いのでは?家内安全の為にも」

リーダー「・・・・それは否定出来ない」

N.G.W「にしても最近来られてませんでしたよね?」

リーダー「ちょっと忙しくてねー。改造どころじゃ無かった」

N.G.W「小人閑居して不善をなす、か」

リーダー「聞こえてるぞコラ」

そんな相変わらずの友好的な会話をし、改造プランを伝え、幾つか指南を頂き、上記の通りの改造を施す事となった。

IMG_4266
ピックガードを外したJaguar。弁当箱ザグリじゃないんだ・・・・どっちでも良いんだけど。導電塗料は可也雑に塗られていた。雑ながらもノイズは全く気にならなかった。EMGの所為だろうか?

あ、そう言えば・・・・

IMG_4264

ブリッジとテールピースは、気付かなかったが、GOTOHのそれでした。ブリッジはおろか、テールピースまで固定出来るとは・・・・素晴らし過ぎる。うん、商品名が分からないけど、これは・・・、良いぜ。

ブリッジは強固にボディに固定すべし、が持論のワタクシ。かの改造を施して下さった師範代に感謝。「いや、この天才的な配置は俺が考えた(by小園氏)」五月蠅い黙れ。

で、改造と言えばピックアップ交換・・・・な所でありますが、前述の通り今回はお見送り。個人的に馴染みの無い、このEMGと言うピックアップを取り敢えず理解してみたいのである(マウントされているのはH4とH4Aと言う物だとか)。

IMG_3963

サウンド面ではなく単なるイメージで、自分では選択しないピックアップだったが、折角だから堪能してみようかと。パッと弾いた限り好みだし。

未だしっかり弾いていないので何とも言えないが、このピックアップの長所は、個人的には「分離の良さ」に思う。深く歪ませてもしっかり分離するその特性こそが、個人的にEMGのイメージになっている「ヘヴィメタル」のギタリストに愛されているのではなかろうかと思料。

して、パーツ代と改造代の総額は本家のJaguar値段を遥かに凌駕する。うん・・・・、そこそこ高いギター買えたよね?

でもそれが何だと言うのだ。「高いギター」は頑張って働いてお金を貯めれば買える。でも「欲しいギター」はお金だけじゃ買えない。絶対に買えない。僕だけ、かも知れないが、僕はそう。

未だ組み上がっていないけど、「素晴らしいJaguarが出来上がるであろう」と言う期待感は相当に高い。

と言うのは、これまで数多くの被験体(ギター)の購入、改造を施して来たが、その経験値から、自分が望むギターってのはこれなんだなってのが何となく分かって来て、それがこのJaguarなんじゃないかと思ったからである。

・軽量である事
・ロングスケールじゃ無い事
・過度な低域が無い事
・ステンレス・フレットである事
・ネック側のストラップ・ピンが12F周辺である事
・ネックのグリップが好みである事
・弦高が好みである事
・ネックの塗装が好みである事
・ロック式ペグである事
・ブリッジが固定されている事
・見た目が好みである事

上記全てを満たしているのがこのギターである(一部予定)。次点のRickenbackerは360C63は、ネックの塗装が好きじゃない。

このギターが終のギターになるかは分からないが、気に入ったら、手持ちのギターはAT130以外全部売却しても良いかもと思っている。家でジャカジャカアコギ風に弾くギターとしてAT130、そしてこのJaguarの2本で事足りる様にも思う。いや、AT130も処分して、下記の赤を買うのも有りだな・・・・。



ブリッジが固定されていないとか、色々と自分好みじゃない個所もあるが、家でジャカジャカ弾く分にはあまり拘りも無いしw。

完成まで一ヶ月半。年内には出来上がる。バンドで使えるのは来年かぁ・・・・早く出来上がらないかなぁ・・・・。

と言う訳で、年内最後の記事は上手く行けば本機のインプレッションとなるかと思います。

彼是2時間Naked Guitar Woksにお邪魔し、空腹もマックス、さて「とん将」と思うも、Naked Guitar Woksで油の売り過ぎてランチタイム終了。Oh....。

止む無く「どこでも良いけど何処かで食べなきゃ」と、目に付いた定食屋さんに突入。「本日のランチ~とんかつの目玉焼き乗せ」なる得体の知れぬサービス定食を頼めば、「美味しい物+美味しい物=美味しい」の等式は成り立たず、「混ぜるな危険」な代物。とんかつの添え物がキャベツではなく中途半端に茹でたモヤシと言うコンビネーションは、空腹時でも唸る不味さ。

浅草近辺には、場所柄か「競馬中継流していて何時間いても問題ないが味は問題がある定食屋」が複数存在するが、そんな定食屋さんドストライクでした。

その後、会社でお世話になっている女性上司にお返しを購入(飲み会のお金を一切受け取らない人なので、流石にお返しをと相成る)。

女性へのお返し、と言うのは中々に難しく、取り敢えずハンドクリームにしちゃう事が多いワタクシだが、これ以外の選択肢をご教授頂ける方募集。食べ物は好みあるし何をどれだけ持っているか分からんし趣味に対する考慮もあるけど、「自分では買わないけど貰ったら嬉しい物」が贈り物の基本だと思う。

ワタクシには、ファズの詰め合わせなんぞを頂けると幸甚である。

Vintage Modified SRS JAGUAR(Squire by Fender)

リーダー

リーダーです。

さて、本日紹介させて頂きますのは久々に新しいギター。

IMG_3961

はい、SquireによるVintage Modified SRS Jaguar。正式名称なのかは分かりません。それを魔改造の師としてお世話になっているスメアゴル師範代が一部改造した代物、です。 

 無改造のものはこんな感じだったみたいです。



スペックは、調べる限り下記かと。 

・Vintage Modified series
・Jaguar body shape
・Basswood body
・Polurethane finish
・Maple neck
・24" scale
・C-shaped neck profile
・Rosewood fretboard
・9.5" radius
・22 medium jumbo frets
・1 Duncan Designed HB102B Zebra Humbucking Pickup
・1 Duncan Designed HB-102N Zebra Humbucking Pickup (Neck)
・Concentric volume/tone knobs
・Stacked Concentric Controls:
・Volume 1. (Neck Pickup)
・Tone 1. (Neck Pickup)
・Volume 2. (Bridge Pickup)
・Tone 2. (Bridge Pickup)
・3-position pickup toggle
・Chrome hardware
・Vintage-style tuning machines 

特徴的なのは、 

①JaguarをJaguarたらしめている沢山のスイッチが無い
②Duncanのデザインによるハムバッカー×2(EMGに改造済)
③Musicmaster風のブリッジ(ストップテールピースに改造済)
④2軸ポットによる2ボリューム、2トーン(1ボリューム、1トーンに改造済)
⑤舟形ジャック

って所でしょうか。

2011年頃に出回っていたJaguarで、定価は6万円、売価は4万円程だった模様。今もネットオークションでは結構出回っていて、2~3万円程度で取引されている。Squierのグレードについてはこちらに詳しい。

師範代による改造点は上記()。それ以外の改造は無さそう(師範代、あればご指摘下さい~)。

入手した経路は、ショートスケールのソリッドボディのギターでお気に入りのが欲しい→手持ちの
Jaguarは気に入っているけど重い→軽量なJaguarが欲しい→本家FenderのJaguarはどれもこれも4キロ程ある(手持ちのJaguarも同様)→Squierなら軽量なバスウッドだから軽いんじゃね?→Vintage VibeシリーズのSquier買おう!先ずは試してみよう→どこにも売って無い→師範代から「使ってないSquierあるけど試してみる?改造してるけど?」との連絡→「宜しくお願いします。あ、良かったんで譲って下さい。序でと言っては何ですが、使っていないストラトのネック如何で?」→「おう、使えそうだわ。じゃ、それ込みでこの値段で」→「幾ら何でも安過ぎるんでこれで」→「OK」と言うもの。

本当に弾かれていなかったらしく、ピックガードのビニールがそのままでした・・・・って、放置にも程がありますぜ、師範代w。

先ず生音で弾いてみた感じ。

うん、悪くないです。ネックのグリップも良い感じで、手持ちのJaguarより若干幅広でフラットな指板に感じました。因みに、フレットは、苦手なミディアム・ジャンボ・フレットですが気になりません。ネック痩せなのか最初からなのか分かりませんが、バリは気になるので此処は要調整に思いました。

続いてアンプを通したサウンド。

初体験のEMG。EMGと言えばアクティブ・ピックアップのイメージですがこれはパッシブ。型番は分からないです。

ざっと弾いた感じでは、フロントは凄くフラットで、フロント・ポジション故かファットな感じ、リアは中域に特徴があり、粘っこいサウンド。リアは好きな感じですがフロントはバンドで使うにはファット過ぎな気もしている。これは交換かなぁ・・・・。

ノイズの少なさは流石EMGって思いました。ピックアップの位置は結構高くて、「こんな高くて良いの???」と思った程です。

IMG_3966

Jaguarと言うギターの構造上と僕の弾き方で、ピッキングでピックアップにぶつかるって事は無いですが、高さについてはは試行錯誤したいと思います。

サウンドは割かし重めで、ピックアップの特性もありましょうがチューン・O・マティック、ストップ・テールピースでボディにしっかり固定したが故かと。

惜しむらくはブリッジがワッシャーに接触し、これ以上下げられないのと、そもそも上げ下げがし難い感じの加工になっちゃっている事。

IMG_3964

フレットすり合わせたら弦高が耐えられなくなりそうで、場合によっては・・・・此処も要調整だなぁ・・・・。ブリッジは固定式かな?固定出来るブリッジは好きなので嬉しい。

一方、凄く気になる点はブリッジの位置。

IMG_3963

もうちょっと後ろにあった方が良い様に思う。全体的に後ろ寄りで、6弦のサドルは後ろにベッタリ。オクターブ・チューニングは合っているが、実音が高い場合の調整は不可。

一方、ストップ・テールピースの位置は素晴らしい位と思う。良い感じのテンション感。これ以上後方だと、ネック・スケール的にテンションが緩過ぎとなりましょう。

で、全体的な印象ですが・・・・うん、これはですね、ワタクシのメインギターに成り得るポテンシャルが御座います。

先ず何より軽くて良い。そもそも「軽いショートスケールのソリッドボディのギターが欲しい」が最大の趣旨であって、それがクリアされている。手持ちのStratocasterも可成り軽量な方だがそれより軽い。うん、譲って頂いて良かった。

軽量なボディは、サウンド面で締まりがない感じ(アタックの弱さとサスティンの無さと近しい感じかと思料)になるとの見解があり、それには(Stratocaster以外は)同意するものですが、僕はそれは寧ろメリットなんじゃないかと思っています。クリーンでコードをジャカジャカ弾く際には、その「締まりの無さ」は箱鳴り感に近い印象があり、アタックやサスティンは、ペダルで修正可能なので。

演奏面で言えば、ショートスケールながらストップ・テールピースへの改造が為されている所為かテンション感が良い感じで、凄く良い。きつ過ぎず、緩過ぎず。

又、Squierのギターって、多分購入して弾くのは初なのですが、凄く良いと思います。グレードにも因りましょうが、造りは全然しっかりしています。気になるのはフレット処理位でしょうか。ある程度のメインテナンスで、充分にメインギターとして使えると思います。

個体差かもですが「お?」と思った特徴が塗装。ポリ塗装ですが、Fender Japanより薄めに思います。あくまで僕の印象だけど。

と言う訳で、可成り気に入ったギターをお安く譲って頂き、何とも嬉しい次第。

只これ・・・・JaguarにしてJaguarに非ず、かとも思いますw。ネックのスケール、ボディはJaguarですが、Jaguar独特のヒステリックなハイは無いし、蠱惑的なビブラートは無いし、見た目で言えば金属パーツの多さによる「一昔前の近未来感」も無い。構造的にはJagmasterに近しいかなと思うがトレモロが無いので・・・・「Fender Les Paul Model」って感じ(なんだそりゃ)。

で、こちら、自分好みに改造したい個所は複数あり、それをこれから取り掛かろうかなとw。

今の所は構想段階ですが、

ペグ:GOTOHのマグナムロック(SD91MG-05M N)
ストリング・リテイナー:FenderのAmerican Standard String Guides
ナット:Black Tusq
・フレット:ステンレス・フレット(Jescarの43080)に交換
・ピックガード:ミントグリーン(Naked Guitar Woksに依頼)
・フロント・リアのピックアップを個別に。フロントはプリセットの位置に増設。抵抗はボリューム、トーン共に1MGΩ
・プリセットの位置にシリーズ/パラレルの切り替えスイッチを増設
・3点式スイッチの増設:JaguarのON-OFFスイッチの位置に。セレクターはTelecasterの物に
リアのポットをCTS製品の500KΩに
ジャックの交換

うん、10万円近くかかるね・・・・全部は無理だなw。下線個所は絶対やるけど。

ピックアップは取り敢えずはこのままで。

千石電商さんでパーツを見繕って、次の土曜日にNaked Guitar Woksに持ち込む予定。

ま、ボチボチとやってみます。やらないかもだけどw。

さて、どうなりますやら、ねぇ?

ジャガーと過ごした日曜日

リーダー

リーダーです。

PCのセットアップだのなんだのに時間を取られた土曜日な訳ですが、キーボードに慣れないわ予測変換がクリアされているわでなんかこう嫌気が差している訳ですよええ(「え」と打っても「エフェクター」と出て来ないってどうよ?)。

キーボードに関しては慣れかと思いつつも「慣れぬ様だったら外部のを買っちゃおう」とか画策してもいるが、身近にゲームの為にハイスペックなPCを構築したものの程なく使わなくなった男なんぞがおり、その無駄な投資に接して学んだのは「まぁ暫く使ってみてからにしましょ」と言う自粛の精神。

ま、この手の機器はある程度の仕様であれば慣れるしかないわな。拘るべきは動作の安定であって、それは全く問題が無いのだから。

上記の某ビクシー氏は、X BOX愛を訴えるも買うX BOXに不良品(?)が多く、何度か交換しているのを知っているのだが「愛する者に愛されぬ男よのう・・・・複数の意味で」と今日も一人爆笑させて頂いている浮世の果敢無さを感じさせて頂いているワタクシである。

今後の開発が中止されたSONAR(DAWソフト)も問題無くインストール出来た。新しいDAWソフトを購入する気は今の所無い。現在のスペックで不満は無いし、第一ハイスペックになっても使い熟せないだろうしw。

これで曲作り・・・・をする訳でもなく、ミックスダウンに使用するだけ。その分にはこれで問題はない。やりたい事が出来るのであれば、動作が安定していればそれで良い。それがワタクシ品質。

そんな訳でPCの移管が完了したのであるが、疲れた精神に休暇を与えるべくギターでも弾こうかと取り出したるはJaguar

securedownload

1962年に発売され、1975年には発売が終わったJaguar。Fender最上位機種として鳴り物入りで発売されるも不人気となった理由はそのサスティンの無さ、と
こちにはあるが、使ってみた感触では、サスティンの無さより寧ろ線の細さと暴れ具合がその理由に思う。

線の細さとは低域が抑えられた事を意味し、暴れ具合とはその高域過剰なサウンドを差す(似てるけど意味合いはちょい違う)。改造や調整である程度の修正は可能も、やり過ぎるとJaguarの魅力が減る様にも思う。

このギターは「空間系と合わせてクリーン~クランチに特化してその魅力を発揮する」ではないだろうか。線の細さも暴れ具合も、空間系で纏めると良い感じになる。

これで歪ませる時は、Tone Bender系のファズ若しくはBig Muffを合わせたサウンドがお気に入り。両者とも「線の細さとサスティンの無さ」と言うJaguarの弱点を補完してくれるペダルで、弾いてて大変に楽しいサウンドなのだが・・・・空間系と合わせると今一で・・・・帯に短し襷に長しw。

どちらかに特化していれば問題無いんだけれど、その使い分けに難儀し、バンドでは使えないかなぁと思っていたんですが・・・・。

securedownload (2)

Soul Drivenとの相性が頗る良いんですよ奥様。

元々中低域がタイトながらも太いペダルなんですが、内部スイッチで少々低域をブーストしてJaguarと合わせるとちょっと悶絶する位に好きなサウンド。

過度じゃない低域と密度の濃い中域に設定したSoul Drivenに、ハイが出るJaguarとの組み合わせは相性が宜しく、空間系を混ぜてもファズにあるぼやけた低域と空間系の組み合わせの気持ち悪さが、無い。

Hot Cakeも悪くなかったが、解像度でSoul Drivenに及ばず、この辺は好みなのだろうが、僕はSoul Drivenの方が好きだったりする。

なんか凄く良い感じなので次回練習で使いたくなって来ている僕なのだが、ううん、どうしようか・・・・なぁ?

Rickenbackerは360C63を此処最近のメインとしているワタクシであるが、複数の理由でfujico overdriveと言うバンドではセミアコが好かろうと言うのが好んで使っている理由であり、ソリッド・ギターはなぁ・・・・と思ってしまっている。

ま、暫し迷ってみませうか。

と言う訳で新しいPCのキーボードに慣れるべくどうでも良い事を書いてみたが、矢張りこのPCのキーボードには未だ慣れず、これを理由にBlogの更新をサボってしまおうかと画策しているワタクシであります。

ジャガー改造の総括~ちょい加筆

リーダー

リーダーです。

さて、ワタクシは花粉症なのであるが、今年は例年に無く症状が酷い。

今年は特に花粉の飛散量が多いとは聞いていないし、大体アレルギー症状と言うのは加齢と共に収まって行くと聞いた記憶があるが一体どう言う事であろうか。

そこで、個人的に昨年との違いを考えてみれば、一番に思い付くのがこれである。

securedownload (1)

securedownload

そう、Fender JapanのJaguar、JG66-85。

Jaguarと言うギターは杉花粉を誘導する何かしらの構造があると思われ、Jaguar弾きと花粉症の相互関係を割と真面目に調べてみたい。

以前、吉野家の牛丼を食べたら花粉症の症状が緩和された事があり、牛丼にはなにかしらのアレルギー抑制の効果があるのかも知れぬと思料したのであるが、花粉症の期間牛丼を食らい続けると言うのも如何と思いその効果を証明出来ていないのが残念でならぬ。


そんなJaguarであるが、フレットの部分擦り合わせをNaked Guitar Worksに依頼し完成したので先程受け取りに言って来た。

「もうこれ以上やる事無い」と書いてから色々弄る事数ヵ月、フレットの部分擦り合わせを終えいよいよ本当にやる事無くなったのでこの辺で纏めておこうと思う。

改造は「やって良かった」と「やるんじゃなかった」になる事が多いのだが、Jaguarに関しては、せっかちなワタクシがグッと我慢をし少しずつ改造を施して行ったので「こらあかん」と言う改造が無かった、稀有なギターなのである。

又、万が一「Jaguar 改造」等と調べて来られた方に予め申し上げておくが、ワタクシの改造は「バンドにマッチするサウンドを出す為の改造」であって、「Jaguarのポテンシャルを最大限に発揮する」なんて趣旨は無い。

故に、一体誰の参考になるのかは甚だ不明であるが、少しでも参考になれば幸甚である。

では、行ってみよう。

先ず、基本的な筐体の説明をば。

securedownload

昨年末に、ビクシ君とStratocasterとのトレードで入手したFender JapanのJaguar、型番はJG66-85、色はLPB(レイク・プラシッド・ブルー)。当時のカタログはこちらご参照を推奨。

JG66-85・・・・66年製のJagurを再現したモデル定価が8.5万円って意味だろうが、66年製はネックにバインディングがあるかと思い、再現の詰めが甘い、ナイスな一本。

シリアルナンバーから、1997~2000年に、海外製造ダイナ楽器組み立ての個体(こちらを参照させて頂きました)。 17年以上の前に製造されたギターである。

あまり弾かれなかったであろうと思しきこのギター、フレットの減りは殆ど無いものの、良い保存状態では無かったと思われ、ネック痩せかフレットにバリがあり、ネックの反りも酷く、指板に乾燥によると思しきダメージもあり、入手した際「こりゃあ、弾ける様にするには結構な時間が掛かるぞ」と緊張したのであるが、幸いにして致命的なダメージでは無く、「なんとかなるでしょう」な範囲であった。

元々、ノイズ処理が施され・・・・

securedownload (6)

securedownload (11)
ボディには誘電塗料がキッチリ塗られ

securedownload (10)
ピックガード裏にはアルミが貼られ・・・・

それなりに、きちんと作られたモノである事が伺われた。

改造前に軽く調整し、一頻り弾いてみたのだが、正直、僕には扱えぬギターだと思った。

過去、同じ機種を所有していた際に感じた弾き難さ(弦落ち)と扱い難さ(ハイがきついサウンド)の印象わ変わらず、色々なペダルを試してみるも、「あ、これ弾きたい」と思える感じでは無かった(私見ですよ)。

しかしながら、あまり使用者が居ないプリセットのサウンドはクリーンでは良いなと思った事に加え、アームの柔らかい感じは「録音では使えそうだなぁ」と思ったのと、スケールの短さは使い易いと感じた。

ネックは割と厚く、Rがきつい。薄く、フラットなネックが好きなワタクシは、「もうちょっとで凄く良いのに」と残念に感じた次第。塗装のポリエステルは、絶対NGって訳では無く、寧ろラッカーはボディには不向きではないかとすら考えるのであるが、このネックの塗装は好きではない。

色々と不満がある事に加え、塗装やネックの感じが好きになれないと言う、構造的な部分の改造は流石に手を出す気になれないので、「お金をあまりかけずに改造してみよう」をテーマに改造を始めたのだが、いざ始めてみると彼是やっちまったのは・・・・まぁ、そうなるだろうとは思ってたんだ、うん。

では、改造点をヘッド側から。

securedownload (1)

世界のゴトーのクルーソン型のペグ、SD91のマグナムロックである。

オリジナルは同じゴトーの製品と思われるが、シャフトの曲がりと硬いペグがあり交換。いや、問題無くてもこのペグが好きなので交換していたであろう。

高さ調整出来るペグでは無いので、交換によってシャフトに弦を巻き付ける回数が少なくなる結果、弦の張力が下がる。これを是とするか非とするかは人それぞれであろうが、Jaguarに関しては是である様に思う。理由は、弦の張力が下がる事で弦振動が多くなり、シャリシャリなサウンドから少し倍音が多くなる太目のサウンドが演出出来るから、である。それより何より、弦交換の楽さは饒舌尽くし難い。

次はストリング・リテイナー。

securedownload

Fender U.S.Aの今は無きAmerican Standardシリーズのそれに交換。「これじゃなきゃヤダ」は全く無く、手持ちで余っていたから、である。

securedownload (6)

上記の通り、3、4弦にも追加。マグナムロックに変更し下がったテンションを少々補正してみた。

続いてナット。

securedownload (4)

SonicさんのOiled Bone Nut。

このナットは硬めのサウンドが演出される様に思われ、押弦した時と解放弦との差を余り感じない。そこが気に入って、ナット交換と言うとこれを買ってしまう僕である。

次は、シム。

securedownload (17)

0.5mmのシムを挟みネック角度を補正。ネック確度の修正によりハイ・フレットでの弾き難さが改善された。

シムの是非と言うか、サウンドに与える影響は個人的には分からないので毛嫌いする気はない。ハイ起きが起こりそうだなとは思うが、経験した事は無い。

為念でネック裏はこんな感じ。

securedownload (16)

型番と色は分かるが、「D」はなんだろう・・・・この細さでDネックって事は無いと思うんだけどなぁ・・・・。「なんでネックに色指定?」と思って気付いたマッチングヘッド。

続いて、プリセット部。

securedownload

securedownload (3)

トーンとボリュームをMontreuxのそれに。値はボリュームが1KΩ、トーンが50KΩと変更無し。オリジナルはガリが出ていたので交換。

交換前はこんな感じ。

securedownload (7)

ALPHA社さんの製品であろうか。

プリセット部のコンデンサー、オリジナルは0.022μfだったが・・・・

f84de62d

写真下のSpragueのBlack Beauty、容量は0.047μfに変更。オリジナルと容量を変更し、シングル・コイルに合わせるに一般的なものに変更してみた。効果は・・・・どうだろうw。いや、他と一緒に交換しちゃったんで、なんともw。

ジャガーのプリセット部はポットの容量からと思うが「籠った」サウンド。これを「使えぬ」とバイパスされる方が多いと聞くが、前述の通り僕は好きである。特にクリーン・サウンドは素晴らしいと思う。

クリーントーンではローが出る音が好きなのだが、それが演出されて非常に良い。Jaguarを使用しクリーンをメインで出す際は、100%プリセットをONにしている。歪ませると、そのローが今一邪魔なんだけど・・・・。


写真は無いがスイッチ部は(マスタースイッチ含め)全てSwichcraft社の製品に交換。断線か、音が出ないスイッチがあったので、壊れ易いパーツだし総取替した。

続いて、マスタースイッチ。

securedownload (7)

前述の通り、全てSwichcraft社の製品に交換し、ピッキングの邪魔にならぬ様、そしてピッキングで触れちゃって切り替わらない様、ワッシャーをかまして高さを下げている。

マスタースイッチは、フロント、リアのピックアップのON-OFFと、ローカットなのだが、そのローカットのコンデンサーを、敢えて容量の大きいコンデンサーに変更しハイカットを狙ってみた。

securedownload (5)

Luxeと言うブランドの、初期Stratcasterにマウントされていたコンデンサーの復刻版。拘りがあってこれにしたのではなく、容量の大きいコンデンサーの手持ちがこれしかなかったのでw。

これにより、ジャキジャキなサウンドが緩和されるかな、と思っての搭載。効果は結構ありまして、これをONにしますと、太い、と言うかハイが抑えられたサウンドが得られる様になった。

これは結構使えて、コードをジャカジャカする際、
音の壁みたいなサウンドを作りたいなって時に有効。音抜けは悪いが、アンサンブルに厚みを持たせたい際に効果的。

尚、オリジナルのコンデンサーの容量は0.0033μf。時々「0.033μf」との記載を見掛けますが間違いかと思いますのと、その容量ではローカットの効果は期待出来ないと思われる。

因みに、プリセットをONにしたサウンドと、フロントでマスターをONにしローカットをONにしたサウンドは結構違う。後者の方がジャキッとしたサウンド。コンデンサーの容量による効果よりポットの抵抗の大きさによる効果の方が大きい。

続いては、フロント・ピックアップ。

securedownload

securedownload (1)

securedownload (3)

千石電商さんで売っているJaguarのピックアップ、JG-N-ADWHが正式名称か、なんでも米国産だそうで、こちらに詳細あり。

オリジナルに比べ、中低域にピークがあるピックアップで、ジャキジャキ感の減少を狙って交換してみた。結果、正に意向の通り。

出力はオリジナルより小さく、その所為か音が玉にならず分離が良いサウンド。このピックアップ、僕は、コストパフォーマンスに優れた逸品に思う。

イコライジングの違いからか、Jaguar特有のアタック音も控え目で、Jaguarのピックアップの外観ながらJaguarっぽくないサウンド。これは、宜しいんじゃないだろうか。

プリセットをONにしたら籠り過ぎるかな、とも思ったが杞憂で、煌びやかさがある所為か、クリーンで存在感のあるサウンド。うん、良い。

続いてはリア・ピックアップ。

securedownload (1)

securedownload (2)

はい、DiMarzioのDP188、所謂、シングルコイルサイズのハムバッカー。

個人的な趣味として、フロントはシングルコイル、リアはハムバッカーって組み合わせが好きで、かと言ってザクリをしてハムバッカーをマウント・・・・は面倒なのとデザイン的にNGなんで、これに。

過去、Stratcasterにマウントして好印象だったので選択。中低域にピークがあるサウンドである。

Jaguarを使ってみて、もうちょい音圧が欲しいと相成り選択したが、ボビンの加工をしなくてはマウント出来ず、又しても「何とかしやがれ」とNaked Guitar Worksに泣き付いたのは公然の内緒なお話。

交換した結果、ま、他の個所も同時に改造を施したのでこれ単体での効果は定かじゃないのだが、期待通り音圧があるサウンドで、幸か不幸かいよいよ以ってJaguarのサウンドから乖離したのである。 

PAF系のハムバッカーとの事だが、通常サイズのPAF系のハムバッカーとの違いが構造上あるとは思う次第。例えばリアに通常サイズのハムバッカーをマウントしたら、その面積の大きさから、弦振動が大きいネック側の音を拾う訳で、そのサウンドは結構違うだろうと思料。 その所為か、リアに同じPAF系のハムをマウントしたStratcasterとは大きく違って、太いサウンドの中に「鋭さ」がある(勿論StratcasterとJaguarの構造的な違いもあると思うが・・・・)。

この交換は僕に高価なMastery Bridgeの購入を決意させた。凄く気に入ったサウンドが出て、入手時に「お金を掛けずに使えるJaguarにしよう」から「メインで使えるJaguarを作ろう」と意識に変化があった。

ハムバッカーに有りがちな音抜けの悪さは無く、それでいて音圧はそこそこある。只、ハムバッカーのサウンドを期待しての交換と言うのなら「悪い事は言わないから通常サイズのハムバッカーになさい」と言うワタクシであるが、「Jaguarのリアに(通常サイズの)ハムバッカー」は個人的にはしない選択。見た目が好ましくないのもあるが、スケールから考えて、低域がぼやける気がしてならないのと、出力が大きいハムバッカーにしちゃうと、弦振動が抑えられサスティンが得られないんじゃないかと思う。

続いて、ピックガード。

securedownload

オリジナルのピックガードに「撓み」があり、Montreuxの製品に交換。裏にアルミガードが貼られており、ノイズ対策が為されている。

続いては、ピックアップ下のゴム。

securedownload (2)

Fender の純正品に交換。Jaguarって、Fender のギターには珍しくボディにピックアップがマウントされており、そのエレベーションをピックアップ下に敷かれたゴムでするのだが、そのゴムが経年劣化をする事が多いとの事で確認もせず交換。

securedownload (10)

上記は外したゴム。確かに硬化してました。

続いてはブリッジ。

securedownload

securedownload (4)

securedownload

Mastery BridgeのM2。

オリジナルのブリッジから、
サドルをRetro ToneさんのHeavy Duty Brass Saddle KITに、ブリッジの固定に、同じくRetro ToneさんのBridge Fixing Bush for JM,JG,MGと言う商品とPost Lock for Offset Guitarsを装着しておりましたが(ブリッジ関連の詳細はこちら)、Rickenbackerは360C63にマウントして気に入ったMastery Bridgeに変更したのである。

Mastery Bridgeは、Jaguarのオリジナルブリッジの問題点、弦落ちとブリッジの安定感の無さを解決するのがその大きな特徴で、シビアなオクターブ調整には向かないかもな構造だが(僕がマウントした2本ではしっかり合ったけど)、各弦の分離感が素晴らしく、大好きなのである。

「Jaguarっぽさが無くなった」と言うコメントを何処ぞで拝見したのだが、僕はそれが「改悪」とは思えず、寧ろ積極的にこのブリッジに交換したいとの感想。

最近あまり見掛けなくなったのだが、個人的にはお勧めしたいパーツである。

お次はマスターボリュームとトーンのポット。

こちら、CTS製のポットに交換。写真失念しました申し訳ない。

ボリューム・ポットは1000KΩ、トーン・ポットは250KΩと、差異を設けてマウント。オリジナルはどちらも1000KΩなので、一度両方とも1000KΩに変更したのだが、ハイがきつ過ぎる様に思えトーンを抵抗が少ないポットに交換。

うん、これは効果的。サウンドに落ち着きが出た。個人的には両方とも500KΩのポットで良いんじゃないか、と思う。

で、ノブは

securedownload (2)

こちらに変更。特に、意味は無いw。 

securedownload (1)
(ブリッジは交換前)

続いて配線材。

jaguar-wiring-diagram

こちらより引用)

変更したのは上記の赤と青以外の個所。

緑色のみギター配線材のド定番であるBeldenの8503の単線に、それ以外はクロス・ワイヤに。趣旨は、マスター・ボリュームからの出力をハイファイな8503にして、それ以外はロー・ファイな感じに、である。

この交換の効果は、実は未だ実感出来ていなくて、正直、家で小さい音で試した限りでは分からなかった。いやもう既に何が何だか分からないのであるが・・・・。

最後は、コンデンサー。

securedownload (2)

Pyramidと言う今は無き(だよな?)のメーカーの、お古いコンデンサー。うん、多分容量抜け抜けw。

以前、ES-330にマウントした際、中域に張りが出て好印象だったので交換。うん、これは良いと思う。

期待した程中域に張りが出なかったが、トーンを少し絞って、アンプのハイを上げると、なんとも良い感じに甘いサウンドが得られ、録音時には使える音だなぁと実感。うん、これは良いんじゃないでしょうか。

コンデンサーの交換に効果はあるのか、は、時々ネットで議論が上がるが、僕はあると思う。只、「交換しても効果が出ない場合も多い」とも思う。容量が抜けたりとか、色んな要因がある訳で一概には言えないのではないかと・・・・。

以上を経て、こんな感じに仕上がった。

securedownload (1)

その他、フレットのバリを取ったり、フレットの部分的なすり合わせも実行。あ、ストラップ・ピンもJim Dunlopのロック式に交換しております。

上記改造により、機能的にも、サウンド面でも気に入ったJaguarにする事が出来た感じです。

汎用性、と言う意味では、構造的にStratcasterには及ばないギターに思いますが、それ故の魅力と言うのは間違いなくあるギターに思います。

で、色々と改造して来て、「こう言う不満を感じてるのはこうしてみたら如何でしょ?」を書かせて頂く。

言うまでも無く私見であり、その責は自己責任で宜しく。

サスティンの無さとそれ故のアタック音の強さ

これは、「出力が低いピックアップへの交換」がお勧め。

弦のテンションは(弦を裏通しするギターやスケールが長いギターに比べ)低いので、弦振動は大きい筈も、サスティンが短いのは、
ピックアップの出力が高過ぎて弦振動を抑え込んでいる、が、理由の一つにはあると思う。

クリーンではそれが効果的も、歪ませた時のボコボコ感が僕には扱い難い。ガレージな感じでガリガリやるなら良いんですが、あれこれやるには不向きかと。

それを是とするのであれば良いのだが、使い難いと感じ、で、解決として出力が高いピックアップを選択・・・・と言うのは、違うんじゃなかろうか、と思料。

因みに、フロントとリアの出力は、一般的にはリアはフロント比出力高目なのだが、僕は同じで良いんじゃないかと思っている。で、フロントはハイ側を上げて、リアはその逆で、「ミックスポジションしか使わない」で改善されると思う。 

②弦落ち

Mastery Bridgeをお勧めしますが、お値段がお高いので、
サドルをRetro ToneさんのHeavy Duty Brass Saddle KITがお勧め。

securedownload (9)

Mustangのサドルへの交換、は、僕なら選択しない。理由は指板のRと合って居ないから。同様の理由でチューン・O・マティックへの交換も選択しない(勿論マッチするならアリです)。溝切りを深くする事で解決可能かと思いますが、それも限界はあると思う。

注意すべきは、Jaguarのブリッジの構造的な問題・・・・

b21242f4

螺子と弦の接触、は、調整間違えると発生します。故にブリッジをある程度上げなくちゃ、なんですが・・・・

BlogPaint

上げ過ぎると、今度はブリッジと接触しちゃって、時に変な共鳴音が出ちゃうと言う・・・・ねぇ。

Mastery Bridgeは構造的にそれをクリアしているのですが、やっぱお値段が・・・・ですので、悩ましい所ではあるかと。

securedownload
(Mastery Bridge。弦と螺子が接触しない構造。ブリッジの背も低く弦の接触は無い)

③ブリッジの固定

同じくRetro ToneさんのBridge Fixing Bush for JM,JG,MGPost Lock for Offset Guitarsがお勧め。

securedownload

securedownload (1)
(Before)

securedownload (4)
(After)

securedownload (2)

お安くブリッジの固定が可能。ブリッジの移動によるチューニングの狂い、を改善出来る。

④高音の暴れ

マスターボリュームとマスタートーンを500KΩに変更。抵抗の違いでハイが抑えられる。若しくは、ローカット・スイッチのコンデンサーを容量が大きい物にしてハイを抑えるもありかなと。

以上です。

Jaguarって、使い熟すに「サウンド」と「構造」その両方を弄らねばならない面倒なギターに思います。で、それをクリアしても、汎用性ではやっぱりStratcasterには及ばず、な、ギターにも思います。

身も蓋もない事書きますが、「こんなに弄ったのにこの程度かよっ!」って言うw。

僕個人は、アンサンブルでStratcaster程の主張を要する立場じゃないのでJaguarで満足なのですが、「ダメな子ほど可愛い」の精神を必要とされるかなと思います。

ま、クリーン・サウンドは、素晴らしいんだけれどね。 

良い感じになったので、Rickenbackerは360C63に決めていたライブのギターであるが、今更ながら悩み始めたのである。

でも、ネックの感じは、やっぱり360C63の方が圧倒的に好きだなぁ・・・・ううん。 

~20180407加筆~

と言う訳でそんなJaguarを録音で使ってみた。



左チャンネルが僕が弾くJaguarの音。

クリーンのコード・バッキングはプリセットをONにして、CE-2、Carbon Copy BrightとA3GP。3:16辺りで聞こえます。普通は籠ったサウンドのJaguarのプリセットですが、A3GPのミッドとハイを思いっ切り上げるとこんな感じになります。Jaguar独特の暴れる感じが抑えられて僕は好きです。

歪みはXoticのSoul DrivenにPhase90の組み合わせ。これはプリセットはOFFでフロントとリアのミックス。程よく抜けて、程よく暴れて、うん、弾いてて楽しいです。

Jaguarって、暴れる感じがあるギターですが、ある程度の暴れる感じは弾き手に高揚感を齎すと思います。

「どれ位暴れさせたいか」は人それぞれでしょうが、僕はこれ位が丁度良いかな。

ジャガーのネックをなんとかしようか

リーダー

リーダーです。

ヴィンテージ・ギターに対する礼賛から、それを凌駕するハイエンドなギターとヴィンテージ・ギターの復刻版みたいなスタンスのギターが出て来て久しいが、そこにあまり興味が湧かないのは、手の付け様が無い完成品を渡される事に対する抵抗がある様に思う。

僕は、バンドをやっていなければギターは殆ど弾かないギター弾きであり、まぁ言ってみれば「バンドやりたいからギター弾いている」に過ぎない訳で、求道者たる資格も要素も全く持ち合わせていない。

家で真剣にギターを弾く時、ってのは、好きなロック・ミュージックのカバーより、寧ろこんなのを弾いている事が多い。



それも別に完コピなんぞせず、しかもギターはGretsch使ったりで、適当に弾くだけ。

「あのミュージシャンのあの音を!」ってなスタンスは皆無で、「バンド内での位置付け的にこうだよな」が興味の主軸である。

一方、「常にパルス状態」なビクシ君&Parkerと言う組み合わせに「自分の立ち位置もなんも無いわ」と思い悩み、であれば飛び道具!とFuzz Factoryを使ってみれば、曲中にビクシ君にOFFにされ、RATを使ってみれば「そう言う音は僕が出しますから(引っ込んでて下さい)」と言われるに至り、「はて、ワタクシのレゾンデートルは何処に?」と立ち止まるも、答えなぞ端から無く、「ま、出来る事やろうか」と割り切り、「お、ビクシ君がバッキングに回っているか。では拙者はリフをば」とリフを考えれば、時にリフをパクられバッキングに回ると言う憂き目にあい、そんな状況に対応するに必要なギターは「汎用性があるギターであろう」と気付いたのはそう昔の事ではない。

然るに「汎用性」を求めエフェクターを彼是買ってみるも、「矢張りギターにも汎用性が無いとならぬ」とStratcasterを改造するも、遂には「ギターシンセサイザー」なるものまで導入し全天候型と化したビクシ君&Parkerと言う組み合わせには、どこまで汎用性を求めて良いのか分からないのである。

であれば、ビクシ君が最も出さないであろう音はなんぞ?と考え、シャリっとした質感はそう言えば出さないな、と思い、
Jaguarはそれに適しているかと、「安く仕上げるとか言ってましたよね?」と揶揄われて尚、反省の色無く改造を目論んでいるのである。

securedownload (1)

securedownload

Mastery Bridgeに交換して、もう弄るとこ無いや、と思っていた僕なのですが、矢張りネックの不満にもがいているのである。

Rがきつく、且つその塗装具合も気に入らないのであるが(因みに、「ラッカー塗装最高!」な見解は持ち合わせておりません)、リシェイプしようかなとか考えるも、その時間と工賃を考えると「そこまではなぁ」と二の足を踏んでしまうし、かと言って「ネックをオーダーしてみようか」等は考えておらず、大体に於いて「ジャガーのネック」はセミオーダーは勿論オーダー出来るのかも怪しいもので、出来たとしても「Mexico製のJaguar本体買った方が安かったんじゃない?」となるは必至で、「ギター用品の総合商社」たるのStewMacでも売っていない事実を鑑み、途方に暮れているのである。

そんな途方に暮れながらJaguarを弾けば、どうにもネック痩せによると思われるバリが気になり、加えて、3弦に嫌な感じのビビリがあり、こりゃあなんとかせねばならぬのう、と連日で観音裏に向かった訳である。

securedownload

securedownload (3)
Naked Guitar Worksの多田、小園両氏)

色々と相談出来るメインテナンス屋さんが近所にあると言うのは甚だ有り難いと思う一方、思い付いたがままに改造を施してしまう環境とも言え、果たして良いのか悪いのかw。

相談の結果、フレットのバリ処理の他、ブリッジを交換した事によりナット溝の微調整も必要では?と言う事になり(小園氏曰く「3弦のビビりはブリッジ交換による共鳴では?」との事)、Jaguarは1週間程の入院と相成った。 

フレットの擦り合わせもお願いしたが、まだその時期ではないと止められてしもうた。商売っ気無いなぁw。

1週間入院させるのであれば序に、と、配線材の交換もお願いする。

jaguar-wiring-diagram
こちらより引用)

変更したのは上記の赤と青以外の個所。

緑色のみギター配線材のド定番であるBeldenの8503の単線に、それ以外はクロス・ワイヤに。趣旨は、マスター・ボリュームからの出力をハイファイな8503にして、それ以外はロー・ファイな感じに、です。

「配線材の変更で音が太くなった」は「ハイ落ちしてます」とイコールに思うのだが、それがギターではNGではなく、音楽的になるのが面白い所。ハイファイであれば良いと言うものではない、は経験則で理解しており、経験則から上記に。

こんな頁を拝見すると、色々と試したくもなるものですが、結局は「バンドの中でどうなのか」なので、答えは風の中にあるとしか言い様も無く・・・・w。

ハイが出易い構造のJaguarでありますので、配線材でローファイな感じにするってのは大いにありだと思いますが、一方で、ショートスケールと張力の低さによる5、6弦のルーズさは解消されない訳で、まぁ、配線材だけでなんとかなるものでもないでしょう。

Jaguarの改造を考え、こちらの頁に辿り着かれた方は「で、結局どうすりゃ良いんだよ?」と立腹されるかも知れませんが、己の出したい音とギターの音を認識し、少しずつ改造しながら徐々に好みに近付けて行く、が、改造に必要な姿勢ではないかと、これは割と真面目に思うのであります。

と言う訳で、出来上がりは1週間後。故にこのネタは続きますです。 

JaguarのブリッジをMastery Bridgeに交換してみる

リーダー

リーダーです。

本日、某電車内で「iPhoneで音楽聞いていらっしゃる方」に遭遇。

いや、そんな方沢山いるのは知っているのですが、彼は

ヘッドフォンを使わずスピーカーで大音量で音楽聞いている

と言う奇特さを持ち合わせていて愕然とさせて頂いた。ポルナレフだけじゃなく承太郎でも驚くわあんなん。

いや、本格的な馬鹿ってあまり遭遇しないのだけど、本日遭遇の奇跡。動物園から脱走して来たのかな?場所が場所だけに(@上野)と本気で思ってしまった。

春が、近いんですねぇ。

さて、ビクシ君がTwitterで以下の様に呟いていた。

RT 会社でスマホ導入した後が大変だった。

「ねぇ、このappleIDのパスワードが分からないんだけど?」

し・る・か。


メディアの造詣深い彼に質問が集中する環境を嘆いたのであろうが、結成10年を越えて尚、未だ僕に「リーダー、C△7どうやって押さえるんでしたっけ?」と聞いてくる人の発言とは思えぬとは思ってしまう。

そんな彼の素晴らしい所は、「C△7?C弾いときゃいいだろ」と自己解決出来る事である。

聞・け・よ。

とか、思っちゃあいませんぜ?

最近は適当に嘘を教え楽しむ様にしているので、それなりにストレス発散出来るから、ね。


はい、と言う訳で、JaguarにマウントするMastery Bridgeで御座います。

securedownload (3)

securedownload

此処最近見掛けず、ネットでも売り切れで在庫無しが多い。なんででしょ?売れないのかな。まぁ、高いものねぇ・・・・。

先ずは、輸入代理店さんの頁より説明文を引用させて頂き申す。

ーーーーー

Mastery Bridge / M2
 

Mastery Bridgeは、ジャスマスター、ジャガー、ムスタング、Bass VI、Jag-Stang、そしてビグズビートレモロを搭載したテレキャスターのモデルに取り付けることのできるリプレイスメントブリッジです。

 

・サドルからの弦落ちを完全に解消

・激しいプレイをしてもチューニングの狂いを軽減

・ギターの音色にさらなる響きを実現

 

Mastery Bridgeを使用すれば、これまでのブリッジとは違い、激しいプレイでも弦がサドルから外れてしまうことがなく、さらにギター全体を生かした美しい響きのある音色を実現します。

 

Mastery Bridgeは、Fender社のオリジナルフローティングスタイルのブリッジに一切の加工を施すことなく、取り付けることができます。

 

特許出願中のMastery Bridgeは、すべてミネアポリスで製作されています。全てのブリッジはメーカーにて最高級のパフォーマンスを発揮することを確認後、世界各地に発送されています。

Mastery Bridgeを構成する全てのパーツは、最高級品質の非腐食性素材を使用しており、錆びからブリッジを守ります。

 

Mastery Bridgeのブリッジポストはヴィンテージ、モダンにかかわらず、Fenderスタイルのボディに完全にフィットし、弦を変えた時にも、演奏中にも動いたりすることはありません。

また、完全にフィットすることで、弦からボディへと振動が伝わり、まるでアコースティックギターのような美しい響きを実現します。

 

ボディにブリッジポストを取り付ける際、ギターによって細かな違いが必ずあります。Mastery Bridgeのブリッジポストはネジによって微調整できるようデザインされています。ブリッジポストも、Mastery Bridgeの他のパーツ同様、腐食のしないステンレスで作られています。

 

Mastery Bridgeのユニークなベースは304ソリッドステンレススティールシートからCNCレーザーカットで削り出されています。その後、研磨され、角張りを取り除き、サテンポリッシュフィニッシュが施されます。

 

また、Mastery Bridgeは他に類を見ない形状のユニークなブリッジサドルを採用しています。4つのイントネーション調整ネジは、弦に邪魔されることなく、自由に調整することができます。

6つの各サドルは4つのイントネーション調整ネジによって完全に独立して調整可能です。また、サドルにに刻まれたストリンググルーブは、弦落ちを完全に防止します。Mastery Bridgeは、一般的な多くのゲージの弦に対応でき、レフトハンドモデルでもライトハンドモデル同様簡単にご使用いただけます。

4本の弦高調整ネジによって、様々なフィンガーボードのカーブに合わせた弦高調整が可能です。

Mastery Bridgeのサドルは、ソリッドブラスを採用し、ハードクロムプレートフィニッシュが施されています。

 

ハードクロムプレートは、エンジンのピストンリングや油圧シリンダ、軸受の表面のような、摩擦を軽減する必要なる部位に施されるメッキです。これは多くのブリッジに施されるフィニッシュよりも高価ですが、サドルで起きる弦との摩擦を低減することで、よりチューニングを安定させることができます。

 

さらに、全てのネジには18-8、または316ソリッドステンレスを採用し、スプリングには302ソリッドステンレスを使用しています。腐食することなく、いつまでもご愛用いただけます。

 

 

【M1とM2の違い】

アメリカ製ギターとその他のギターでは、ギターボディのブリッジをはめ込む穴の大きさに違いがあります。Mastery Bridgeはこれらに対応するため2種類のラインナップを用意しています。M1とM2は、ブリッジ自体は同じ物ですが、ギターボディにはめ込む足部分の金属筒の直径が異なっていることから、「M2」の方には付け替え用の金属筒パーツがセットになっています。

 

「M1」:フェンダーUSAをはじめとするアメリカ製ギター用。ブリッジ足部分をはめ込む穴の直径は「0.310インチ(約7.874mm)」です。

 

「M2」:上記アメリカ製ギター以外のギター用。ブリッジ足部分をはめ込む穴の直径は「0.315インチ(約8.001mm)」です。

 

 

※基本的には上記の基準にてお使いいただけますが、国内外問わず、メーカーや製作工場により設計が異なる場合があるため、お持ちのギターに取り付け可能か確実ではない場合は、メーカーや購入店などにご確認頂くことをおすすめします。


ーーーーー 

だ、そうです。ま、読んでもよく分からないけどw。

面白い構造で、

securedownload (1)

ポストとブリッジが分離され、レンチでブリッジを固定する仕様。

ブリッジは2つで、1~3弦、4~6弦でサドルが一つ。Telecasterの3連サドルより少ない2連サドル。なんとも面白い構造ですなぁ。

Naked Guitar Worksで総合調整兼ねて交換しようかな、とも思いましたが、調整は結構自身があるのと短気な性格なんで自分でやっちゃおうと決心。早速装着しましょうそうしましょう。

先ずは、元のブリッジを外して・・・・

securedownload (2)
(ミュートスイッチの穴が開いているけどFender Japan仕様のピックガード。ホワイ何故に?)

securedownload (4)
装着、と。

ブリッジとポストを固定して取り敢えず弦を張る。

securedownload (3)
うん、写真の構図が逆なのは・・・・意味は無いんだと言うか何も考えて無かったごめんなさい。

弦がビビらない程度にブリッジを上げ・・・・様として、「弦高調整ってブリッジ自体でした方が良いのか、サドルでした方が良いのか?」迷う。

Jaguarのブリッジ調整で書かせて頂きましたが、オリジナル(サドルとか変えているのでオリジナルでも無いけどw)のブリッジの場合、サドルでの弦高調整は「微調整」に止めていた。

理由は、

b21242f4
ブリッジ自体を上げないと、ともすればサドルの螺子と弦が接触しちゃうから。

で、Mastery Bridgeの場合、構造上それが無いので、サドルで弦高調整しても支障ないんだよな、と。

はてさてどうしましょ?と思いましたが、ま、いっかとブリッジ全体の調整を選択。

結果・・・・

securedownload
こんな感じに。

ブリッジは「若干」グラつきます。

交換前のブリッジは、
別の記事に既述でありますが、サドルをRetro ToneさんのHeavy Duty Brass Saddle KITに、ブリッジの固定に、同じくRetro ToneさんのBridge Fixing Bush for JM,JG,MGと言う商品とPost Lock for Offset Guitarsを装着しておりましたが(ブリッジ関連の詳細はこちら)、「ブリッジの固定」と言う意味では、交換前に軍配が上がるが、ま、気にならない程度

指板のRに合わせサドルを調整し弦高調整。その後オクターブ調整。

2連ブリッジですので、正確にオクターブ・チューニング出来ないかと言うと、うん、結構合いますよ。4、6弦と、1、3弦は細かく調整出来るし、結果決まっちゃう2、5弦ですが、僕のJaguarではピッタリ合いました、はい。不満は無いし、まぁ、僕の耳だしw。

尚、ブリッジの上下、サドルの上下、オクターブ調整は全てレンチで行います。

てな訳で、完成。

securedownload (1)
(うん、接写しなきゃ分からないねw)

で、サウンドですが・・・・うん、凄く良いですね、やっぱり良いです。音は、結構変わりますね。

生音から違います。分かり易く大きくなりました。交換前もブリッジを固定していたので、「固定した事による音質の変化」では無いと思います、はい。

Rickenbackerは360C63マウントして、非常に気に入ったMastery Bridge。

気に入った大きな理由に「各弦の分離の良さ」が御座います。

これは、恐らく、ですが、低音の倍音の違いじゃないかなと。

5、6弦がタイトで、結果全体がスッキリと纏まって良い感じです。

ショートスケールで5、6弦のテンションは弱めで、結果ローに「だらしなさ」を感じるJaguarですが、それがシャキッとした感じです。

Jazzmasterに装着された方のコメントに、「らしさ」が無くなったとのコメントがありますので、スケールに因らずサウンドは変わるのかなと。

物凄く矮小に言うと、「グシャッとした感じが無くなる」と言えるんじゃないかと思います。

それを好むか否かで、このブリッジの評価は変わるのではないでしょうか。

弦落ち、は、全くありませんが、これは交換前からなので、特に感動も無くw。

エフェクター乗りが良いなぁと思ったのですが、これは倍音が纏められ音が団子にならないからかと思料しております。

お安い物じゃないですし、サウンドも結構変わりますので、万人にお勧め出来るかと言うと躊躇しちゃう僕ですが、僕は、このブリッジ、大好きです。

パーツ代のみならず、改造代を含めると、いよいよ「安く改造する」との趣旨から乖離が大きく離れて来ましたが、結果は至極満足で、このギターをライブで使いたいなぁと思い始めています。 

ジャガーのポット交換とミックスダウンでコミュニケーション・ブレイクダウンの巻

リーダー

リーダーです。

アニメや漫画なんかで「俺は怒ったぞーーーーー!」ってな後に何かしらの特殊能力に目覚める、なんてシーンがよくあるが、我々フジコ・オーバードライブの場合どうなるかを考えてみた。

リーダー「妻に言いつけてやる!」
ベースの大先生「(不貞寝)」
エクソビクスさん「(コントローラーを投げ付ける)」
Takayuki君「(スティックを投げ付ける)」

と、戦闘力が甚だ低い事に今更ながら気付く。

では、と他の面々で考えてみれば矢張りそんなに戦闘力が高くなく

Book Band 8%の超先生「配当止めるぞ!」

が一番な気がするのですよごきげんよう。

訳あって休日な金曜日。

世間様が働いているのに休むと言うのは、帰省の為の夏季休暇以外はなんとも罪悪感があるのだが、そうは言っても嬉しい訳で、そんな日は楽器屋街を普段よりじっくり見て回ったり、とか、散歩に適した場所を探したり、とか、心躍る訳ですが・・・・

securedownload (3)

僕は朝からミックスダウンをしたんです。ええ、5/20のライブで配布するCDの、です。

ミックスダウン時の悩み、それを簡単に言うと「俺はもっと格好良い筈だからこの演奏や歌は何かの間違えである」と言うメンバーの大いなる誤解を「そ、そうですよね!もうちょっと頑張ってみますね!」と頑張る振りして誤魔化すその匙加減である。リバーブ万歳。

リーダー「歌の音程が不安定?馬鹿言うな、僕が作って僕が歌っている以上、こういう歌なのである」

ベースの大先生「歌い出しとか弾き始めが遅れてる?馬鹿言うな、これはコブシを利かせているんだ」

エクソビクスさん「ギターがうるさい?馬鹿言うな、このバンドは僕のギターが聞こえていれば成立するんだ」

Takayuki君「リズムがずれてる?馬鹿言うな、これはグルーブだ」

と、四者四様、肯定以外は耳塞ぐ。

自覚があるので逆切れだと理解しつつの運営なのだが、最近「一発録りでも良いんじゃね?」と言う意見が出始めて、エクスキューズがいつの間にか恰も事実であるかの様な昇華具合があるのだが、それは流石に如何なものかと僕が難色を示しているのは、ミックスダウンで否が応でも実力を認識せざるを得ない役割を担っているからだとの自覚がある。

先の歌入れ後、軽くミックスダウンを施しメンバーに周知すれば、感想と共に「もう少しこんな感じで」な意見が出て、再度ミックスダウンをしたのであるが、相変わらず正解かどうか分からないのがミックスダウン。

なんせ、答えが、ないんだもの。

ミックスダウンをしてメンバーに周知する度に失敗しなたなと思うのが、ある程度根詰めてミックスしたものを周知しちゃう事である。

コメントを頂く「通りすがりの立ち止まり」さんに倣い、エフェクト処理など施さず周知すれば、ある程度の改善でOKが得られるのではなかろうか・・・・。

30度のお湯に浸かった人が40度のお湯に浸かれば「熱い」と感じ、45度のお湯に浸かった人が40度のお湯に浸かると「ぬるい」と感じるって事に毎度周知してから気付くのである。

そんな訳で取り組んだのであるが、まーもー上手く行かないったら無い。

何となく縦の合って無さを誤魔化そうとリバーブだのディレイだの掛ければ「気になる」と言われ、外してみれば矢張り縦の合わなさは気になり、他のパートにエフェクト処理して誤魔化す始末。

加えて今回は、ドラムのTakayuki君が色々と試行錯誤して己のパートを録ったは良いが、なんせサウンドのバランスが変な上にシンバルが所々欠損してたりタムのトラックに入ってたりと、ギレン・ザビでも地球連邦軍と和平交渉しちゃうレベルの訳分からなさで混乱に拍車が掛かる始末。はよ正式データよこせ。 

ひいひい言わされながらも粛々とミックスダウンを進めるワタクシ。メンバーからはやれ魔改造だの煽られるが、いいか、よく聞けよ?

俺は今、折角の休日だってのにお前等の拙い演奏を誤魔化す魔ミックスをやってるんだぞ!

securedownload (1)
エクソビクスさんのTwitterより。・・・・笑えねぇよ)

まぁ、「こんな感じかな?」を作り終えた時点で腹が減り、昼食がてらNaked Guitar Worksへ。

リーダー「ポット交換一丁!」
N.G.W「あいよ、ポット交換入りましたーって馬鹿野郎!」

と言う友好的な会話を済ませ、マスタートーンのポットを1000KΩから250KΩへ交換。

前回の練習以降、バンドで一度も試さずに

フロント・ピックアップの交換
リア・ピックアップの交換
コンデンサーの交換

そして今回はポットの交換をしたJaguar・・・・。

securedownload (2)

「バンドで試してから必要に応じて交換しなさい」が出来ない、我慢の効かぬ性格。

リーダー「じゃ、頼むね、僕、とん将行ってくるから」
N.G.W「待ちなさいよ、1日に2度も来て貰いたくないから!面倒臭いから!すぐやっから!」
リーダー「あ、そう?なら序にコンデンサーも交換してちょ」
N.G.W「言うんじゃなかったあああああああああああ!俺の馬鹿
あああああああああああ!」

securedownload (3)
(壊れてしまった人)

securedownload (4)
(壊れかけの人)

コンデンサー交換の記事で書いた通り、ロー・カットじゃなくて「籠らせるスイッチ」として0.1μfのコンデンサーを付けたが

securedownload (5)

上記に交換。いつ買ったか記憶にないが、Stratocasterにマウントしていた時期があった・・・・筈。

リーダー「確かにさ、無茶を押し付ける僕も行けないけど君等も悪いんだぞ?」
N.G.W「何言ってるんですか貴方と言う名のホモ・サピエンスは?」
リーダー「家のすぐ近くにメインテナンス屋なぞ開業するから、改造に拍車が掛かったんじゃん。言うなれば君達は必要悪」
N.G.W「・・・・もう、帰ぇれ!」

そして僕は改造を終え、とん将へ討ち入る。

securedownload

とんかつには、「サクサク系」と「じゅわっと系」があると僕は思っていて、とん将さんは僕好みの後者に近いがサクッと感もあり、一番好きなとんかつ屋さん。豚肉嫌いな癖にとん将さんでは僕から必ずとんかつの真ん中部分を取り上げる家人を見るに、まぁ、美味いのでしょう美味いんだけど。

帰り道に見付けたお店。良い雰囲気。今度行こう。

securedownload (2)
(分かり難いですが民家を改造したお店。良い雰囲気なのと浅草の民家の作りが気になった次第)

さて、Jaguarはと言うと・・・・

うん、Jaguarの暴れ具合に困っている人は、ピックアップの交換より先にポットを交換しちゃうと宜しいと思います。

僕は、ミッドローが出るピックアップに交換しましたが、オリジナルの方はボリューム500KΩ、トーン250KΩ辺りに交換すれば良い感じになると思います(言うまでも無く自己責任で宜しく)。

今回トーンを交換した理由は、プリセット・コントロールの籠った感じが良いなぁと思って、プリセット・コントロールは1000KΩ、50KΩのポットが付いており、ポットの値を減らせばハイが抑えられるんじゃね?との安易な発想で行ったのだが、非常に使い易いです。

フロントはTelecasterのリアの様なジャキジャキ感でクリーン・サウンドで、リアは鼻詰まりな中域サウンドが歪ませた時に心地良し。

本当は、マスター・ボリューム、マスター・トーン共に500KΩにしちゃおうかと思ったんですが、「折角1000KΩのポット買ったのにぃ」と貧乏くささ全開で取り敢えずマスター・トーンのみ交換したんですが、うん、僕のJaguarではこれが正解な気がする。

加えて、0.1μfのコンデンサーをマウントした事で籠ったサウンドが演出出来て、フロントとリアの併用時に上手くアンサンブルに馴染む具合となったと思います。

「最早Jaguarのサウンドじゃないじゃん」と言われればその通り。でも、「僕が欲しかったJaguarのサウンドはこれなんです」と言い切れる。

バンドで試したらどうなるか分かりませんが、抜けが悪いと感じたら配線材の交換を施そうと思いますが、今時点ではこれ以上望む所は無いです。うん、ハッキリ申し上げますが、滅茶苦茶気に入りました。

気分が良くなった俺は、家に戻りミックスダウンを最終調整。

「こんなもんかなぁ・・・・」まで仕上がったのでメンバーに周知のメール送る。満足はしていないが、これ以上出来る事も思い付かない。とは言え、自分で自分に合格点を出せない性格なのでメンバーからの意見を聞いて再度調整と成ろう。一部、ちょい音のバランス悪いかなと思う箇所もあるので、その辺の指摘は入る様にも思う。もう少し低域を削っても良いかなと思ったり、こうして聞き返してみるとRickenbackerの音が凄く良かったなと思ったり・・・・。

それが午後2時頃だったので、どうにも身体が凝っていてならないのでマッサージ屋さんへ行き、その足楽器屋さんへでも行こうか、と相成り出発。

ふと空を見やれば、いつの間にかの曇り空。なんか「あ、雪が降る」と思った。雪が降る前の空って、なんか独特なんですよ。で、僕はそれが大好きなんですよ、うん。

マッサージを終え、秋葉原でHARD OFF、千石電商さんなんぞを取り敢えずチェック。Jaguarのノブが普通過ぎるので交換したいなと思いつつ、僕のセンスでやると「なんで態々格好悪くするの?」と家人に真面目な顔で聞かれるので自粛。僕が交換したJaguarのフロント・ピックアップが殆ど在庫が無い感じになっていたが、つい先日までは沢山あったのにどうしたんだろ?そんなに売れ筋じゃないと思うんだけど・・・・謎。

その後リボレ秋葉原店へ突撃。

これを見掛けて欲しくなる。

 

一体、いつになったら、こう言うギターが似合う男になるのであろう・・・・。

その他、FenderのAmerican  ProfessionalのJaguarを見やる。

 

格好良いなぁ・・・・。

怒られるかもだけど、僕のFender JapanのJauguarは「フェンダーのジャガーっぽいギター」に過ぎないと僕は思っていて、機能、性能、サウンドで劣後する事は無いと思っているが、やっぱり「なんか、違うよな」と思って弾いている。それが嫌な訳じゃないし、使用頻度が低いギター売って買うかと言う気にもならないのだが、やっぱ、なんか、違うんだよなぁ・・・・w。

「サウンドの不満は改造で改善出来る」と思う僕であるが、「看板の重み」ってのはやっぱあるんだろうと思う。 

TS7の中古が3000円、OD880とOD820がそれぞれ7000千円で買おうかと思ったが、今日は限定品のDS-1

んで、そのお目当てのDS-1のアニバーサリー・モデルですが

「たった今売れちゃいました」

との事で・・・・。

君達ね、(多分)色が違うだけだよ?(多分)中身は同じだよ?何をそんな目の色変えて買うのさ?だから今すぐよこせ馬鹿野郎。

無いと分かると欲しくなるワタクシは、御茶ノ水迄歩こうかと思うもやっぱり雪で・・・・。

「雪の中の散歩ってのも悪くないか」と思うも、つい先日風邪っぽい症状があったので自粛。

じゃ、安い順でTS7でも・・・・ともう一度見やる。



・・・・なんでしょう、Tube Screamerのシリーズで、個人的には最も魅力を感じなかった。

と言う訳で、残念ながら断念。 

まぁ、雪が見れたからね、良しとしましょう。

家人は仕事だったので晩御飯を準備。と言っても、買って来たものばかりw。

家人に対して申し訳なさが募るが、魔ミックスなんぞをしなければならなかったのでご容赦頂こうと思う。

そんな、一日。 

Jaguarのコンデンサーを交換した

リーダー

リーダーです。

うん、やっぱライブタイトルは「来来来世~ワシの名は~」で行こう、うん。齢50が近くなって来たワタクシにとって前世などどうでも良く気にするべきは来世であると言うのをメッセージにしてみたのでどこぞの映画を模倣した訳ではない(訳が無い)。

♪「ワシの来来来世は~」と言うサビの曲を作って、杖ついてループタイして歌わせて頂こうじゃないか。どこからでもかかってこい>JASRAC。

僕はNew Orderが好きだ。

mig (4)

で、このNew Orderと言うバンド、なんせバージョン違いが多いバンドであり、その理由の一つは、前身バンドJoy DivisionのフロントマンであったIan Curtisを自殺により失ったってのはある様に思う。

joy_division_band

Ian Curtis不在により、「これが良い」と決定する人間が居なくなったからミックス違いが増えた、と思料する僕なのであるが、例えば僕が好きな曲の一つである「RUN」では、僕が知る限りで・・・・







これだけ御座いまして、リミックス入れると未だある訳で、もう何が何だか分からない。

ファン故に些末な違いを愛でてしまう僕なのであるが、ある意味「些末であるが故に愛でてしまう」ってのもある様に思える僕である。

ギターやペダルを交換する度に、「これ、どう?」と問い、その度にバンドメンバーから視線を逸らされ続けて早10年を経たが、バンドメンバーには些末事であっても些末な違いを愛でる僕であるが故に、その行動は留まる事を知らない。

リーダー「と言う訳だ、Jaguarのコンデンサーを交換してくれ」
N.G.W「・・・・仕事だからやれと言われればやりますけどね、もうちょっとこう、纏めて何とかならんかね?」
リーダー「出来るのなら僕もしている。出来ないから足繁く通う事となっている」
N.G.W「・・・・」
リーダー「朝、目が覚めると、なぜか改造したくなる。そういうことが、ときどきある」
N.G.W「?」
リーダー「
ただ、何かを改造したいという感覚だけが、目覚めてからも、長く、残る」
N.G.W「・・・・?」
リーダー
「そういう気持ちに捕り憑かれたのは、たぶん、あの日から」
N.G.W「・・・・元ネタは分かったからもういいや」

うん、俺見てないけどそんな台詞だったよな?相変わらずいい加減な文章であるが反省などしない。

と言う訳でJaguarのコンデンサーを交換した。

交換したのは・・・・

11232609_813207805428345_1433091866_n

上記、ロー・カットのコンデンサー(あ、因みに上記はワタクシのJaguarの配線とは異なります為念で)。

0.022μfから0.1μfへ。より「籠る」ニュアンスに。

僕の好みからするとやっぱり「ハイが出過ぎだ」と感じ、マスター・トーンのコンデンサーを0.033μfから交換しようと0.047μfへ交換しようと企んだのであるが、「ロー・カットをハイカットに変更すれば良いんじゃね?」との天啓を授かり交換に踏み切った。

コンデンサー交換の効果は、製品の違いによるサウンドの違いを感じるかは人それぞれだろうが(僕ですか?違うと思っているふりしてます)、容量の違いは流石に分かる。

交換の結果・・・・・は、うん、これは使えるでしょうってな感想を持ちました。

サウンドは、フィルターが掛かった感じで、歪ませると良い具合のニュアンス。又、「ちょいとハイを絞りたい」がスイッチ一発で出来るのは便利。マスター・トーンを絞った時とはちょい違うニュアンスが出て好ましい。

小さい音で弾いている時には些末事と言える差異だが、バンド練習での使用の音量では効果が得られそうである。

より効果的にする為に、もう少し容量が大きいコンデンサーでも良いんじゃないかと思うも、ギターで使うコンデンサーとしては一般的でなく、これ以上欲するのであればマスター・トーンのコンデンサーを変えた方がベターかも知れぬ。

てな訳でこのスペックで次回練習に乗り込もうと思うも、次回練習は録音と言う・・・・w。

色々引っ張って申し訳ないのですが、改造Jaguarを試せるのは、2/18となりそうです。 

改めて、ジャガーを弾いてみた

リーダー

リーダーです。

睦月も終わってしまえば月初めの喧騒は遠く、日常が普通に匂い、その気温だけが冬を思い出させてくれる。

「季節に敏感でありたい」とは、くるりの岸田茂氏が、名曲「東京」で歌った一節だが、北海道生まれの僕は未だに「雪の無い冬」は「只の寒い期間」である。

季節を感じたく、小樽市のTwitterをよく覗くのだが、小樽市が主催している「雪灯りの道」を歩きたい気持ちが日に日に強まっている。

冬の小樽を散歩中に暖を求めて入った某喫茶店でこの曲を聞いて凄く感動した。



窓から見える雪景色と、この曲がなんかマッチして(歌詞は雪には関係ないけどw)、感傷に浸って居たら豪快に珈琲をひっくり返し、「イケメン的な行動をすると罰が当たる」となんとなく思ったのも懐かしい思い出である。

最近、この人の動画をなんか見てしまう。

ま、簡単に言うと「色んな曲をメタル風にカバーする」と言う、そう珍しくないスタイルなんだけど、「サビで必ずデスボイスになる」と言うオチが・・・・良いw。



メタルの様式美はいつなんどきも愛おしいものだが、それに「オチ」が用意されているともう堪らなく愛おしい。

ライブでは時々サビで声が裏返ると言うナイスなエピソードもあるらしく、それが又良いなあと思うのと、サビから始まる曲なんかでは最初からデスボイスでくすっとなっちゃう。



でも、時々野生爆弾に見えるんだよな・・・・。



さて・・・・

securedownload
(Before)

securedownload (2)
(After) 

いや、間違い探しじゃないから。

先日、改めてJaguarを弾いてみた次第。

うん、中々に面白いギターである。

1962年に米国の裕福な家庭の子供を想定して作られたと言われているJaguarは、サーフ・ミュージックで大いに持て囃されていたらしいが、今は寧ろ「ガレージな人達」の愛機的な位置付けかと思う。

昨年末に入手して以来、あれこれ改造したり調整したりして弾いているのですが、そのサウンドは多くの人が言う通りで

①サスティンの無さ
②アタック音の強さ(①がそうさせているのかもだけど)
③ハイよりなサウンド
④ジャキジャキな感じ(①~③がそうさせているのかもだけど)

を、僕も確かに感じる。

その原因が何なのかは僕には推測の域を超えない訳ですが、「ピックアップの出力がでか過ぎる」がその理由なんじゃないかと、入手してすぐ思った。

出力が大きいシングルコイルって、サウンドがバリバリと言うかボコボコと言うか、鈍い感じになっちゃうと僕は思っていて、リバーブかけて単音を弾くにはそれが利点にもなるのですが、歪ませてジャキーンと弾くと、そのアタック音がなんとも邪魔。リバーブと相性が良いって事は要するに音像をぼやかす為かと。

それを特性として積極的に使う人も居れば、「形が格好良いから」との理由で入手し、音作りに行き詰まり、改造して「使える」ギターにしようと画策する人も居ると思う。

私見ですが、まぁこのBlogに書いているのは私見しかないのですが、僕個人が求めるのは、 「アタック音を抑えつつもうちょい音圧がある感じ」であります。格好つけて言うと「Jaguarっぽさを残しつつ使えるJaguar」が目指す所。

結果、フロント・ピックアップをJG-N-ADWHリア・ピックアップをDP188に交換してみた。

アタック音の強さ、が、Jaguarのサウンドを決定付けている様に思い、その原因は、フロント・ピックアップはその出力の高さじゃないかと推測し、出力の弱いピックアップを選択。

リアは、サスティンを稼げればアタック音は中和されるでしょうって事でDP188。フロント・ピックアップの選択と矛盾してんじゃんと言われそうだが、オリジナルのリアは線の細い感じはあるがアタック音が過度とは思えずなので音圧重視。

ザクリを入れて通常のハムバッカー・サイズのハムバッカー(なんか変な言い回しw)にしようかなとも思ったが、先ずはこれで試してみようと。
シングルコイル・サイズなので弦振動を通常タイプのハムバッカーよりだろうから、音圧ありながら硬質な感じでJaguarっぽさを残そうかなと。

で、まぁ、結果は、狙った通りな感じ。

オリジナルのピックアップより中低域よりなので、プリセットスイッチをONにした際にはより籠った感じとなりますが、ハイよりなBOSSのコーラスとの相性が良かった。 

通常回路のフロントは、シャリシャリした感じは残しつつ線が細過ぎず、クリーンでのコード弾きに良い感じ。

リアは通常のハムバッカーより音粒が出る感じで、そこそこの音圧もある。単体では「歪ませて気持ち良い粘っこいサウンド」とまでは行かないが、 フロントとミックスすると粘っこい感じが出て非常に好み。自分の好みである「分離が良くも太いサウンド」を欲するなら、手持ちのSSHのStratocasterがある訳で、それを弾けば良いかなと。Jaguar一本なら、通常サイズのハムバッカーをマウントするのも大いにありかもだけれど・・・・。

ハイカット・スイッチは、 コンデンサーを交換した事でその効き目は弱まったものの、ファズっぽい線の細さがあり、チリチリした感じを出したい時に良いかなと・・・・と、自分を納得させているものの、もうちょい使い出ありそうな気がしていたり・・・・。

と、まぁそんな訳で、非常に気に入った一本となったのですが、配線材を交換したい気持ちが沸々と。

Jaguarは配線が複雑で、配線材の交換は効果的とNaked Guitar Worksのジーニアス小園に言われたので興味があるのである。 

「使える(?)Jaguarには既になっているので、ここから先は”魔改造”の領域にも思うのだが、やってみたいったらやってみたい。

入手時は「取り敢えずそれなりに使えるJaguarに仕上げてみよう」「あまりお金はかけない様にしよう」と思っていたのだが、変なスイッチが入ってしまった自覚はあり過ぎる位にあり、妻への露見を危惧している。

なのでテメエは不用意な発言は控えやがれで御座います。

securedownload


 
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索