四鬼夜行

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

四方山話

BOSS BOX-40 ~40TH ANNIVERSARY BOX SET

リーダー

リーダーです。

ううん、Venovaが欲しい・・・・。



運指も楽そうだし、リード楽器の音も好きだし、欲しいなぁと思う。

一方、この音量は、そこそこの防音にマンション住まいと言えども五月蠅そうで、躊躇している僕が居る。

実家に帰省しての散歩の際、ブルース・ハープを持ち歩いて人気が無い場所で吹いているのだが、いや別に浸る為に吹いているのではなく、純粋に練習したくてなのだが、一度オタモイから山中海岸の道中で吹いてたら、何故か発情したと思しき雉に追われると言う珍事に遭遇して以来、口を使う楽器にトラウマを覚えている。

さて、どうしましょうかね・・・・。


友達バンド、Summer Solsticeのギターの菊池君が楽曲提供したとか。



我々、フジコ・オーバードライブのメンバー間では「アイツが一番Summer Solsticeで面白いよな。もっと前に出せばいいのに」と言われる菊池君であるが、彼の多才な一面を見た。

応援せざるを得ない
いいいいいいいいいいいっ。

そして・・・・



BOSS、40周年記念、コンパクト・ペダル第一弾の3機種の詰め合わせ。

定価、税抜きで9万円程だそうで、お高いとの指摘を受ける強気な値段設定かと思いますが、ディスコンであり、絶対数が少ない幻のSP-1の新品同等品、名機OD-1の新品同等品が実在し、それを入手するとその程度の値段はする訳で、この値段設定はBOSSファンとしては妥当、
応援せざるを得ないいいいいいいいいいいいっ・・・・































とでも言うと思ったか?


もう、ディスらずにはいられないいいいいいいいいいいいっ。いや、これは駄目だろうよ。

既述の通り、SP-1とOD-1の状態の良いものを買えばそれ位の値段はしちゃう場合もあるが、いやいや、そんな値段出す程のサウンドじゃないだろこれ少しお高い設定過ぎやしないかと。

「手に届き易い値段で良いサウンドを提供する」が、僕がBOSSを支持する大きな理由であるが、この「再発であるが現在の希少性を踏まえた値段設定」は流石に無いんじゃないかなぁ。

現在のBOSSは、「ディスコンは再発しません」なツンデレ時代から隔世の感があり、ディスコン再発に積極的。CE-2Wにワクワクさせられたりと、それはそれで支持した僕であるが、ハッキリ言おう「僕は絶対この値段でこのボックスを買わない」と。万が一お給金が10倍になっても買やないからっ。

と言うかなんで、SP-1、OD-1、そしてPH-1を「個別に」販売しないのだろう。個別にCE-2W程度の値段で出せば、そこにはそれなりの需要があると思う。この気が触れた抱き合わせ商法は90年代に有ったコメ不足時の「タイ米と日本米の抱き合わせ商法」を思い出させる。

「ユーザー・フレンドリーなBOSS」の歴史に於いて黒歴史となるこちらのボックス・セットは8月26日発売予定。

インスタ用の展示以外に需要があるのか分かりませぬが、買われる方はいらっしゃるのでせうか。

個人的には「ボスしけてるぜ」以外の言葉が思い浮かばぬ、こちらの商品で御座います。

週末便り

リーダー

リーダーです。

本日は、何となくこんなん聞きながら。



このアルバム初めて聞いた時に、「YMOみたい」と思った僕が居るのだが、聞き返してみてもやっぱそう思うのは何故だろう。

パブロックは時々聞きたくなる。暑苦しい時に聞きたくなる事が多い。

暑苦しい×暑苦しい=涼しい

となる事は皆無で、暑苦しさが増すだけなのだが何故聞きたくなるんだろう・・・・。

暑さが増すと、この辺が流れ始める。





あぶらだこは、ベースの大先生も聞かれる。

・・・・バンド内にあぶらだこ聞く人間が2人居るってどうよ?どうなんよ?

Twin PeaksのThe Retrunを4話まで見る。



ううん、面白いんだけど、Twin Peaks臭が薄くて・・・・もっとこう、「あの感じ」を味わいたいんだけどなぁ・・・・。

「あの感じ」とは、回収されない伏線とか、意味が分からないサイドストーリーとか、いやに個性的な脇役とか、そんなん。

まぁ、面白いから良いか。

4話までは先行放送、本放送は7/22から。

楽しみで、ある。と言うか、続きが気になってならぬ・・・・。


さて、話は木曜日から始めなくてはならない。

足を、怪我した。正確には、膝に血が溜まった。

NYのアッパーイーストにヒップなクラブが出来たとの事で先の休日に訪れたのだが、ついハイになり過ぎて足を捻ってしまって・・・・と言うのは言うまでも無く嘘で、通勤時、偶々座れた(と言うか混んだ電車で目の前の人が立ったので座らないと迷惑と思料)ので座ってみれば、目の前には妊婦さんがおり、流石に譲らねばと席を譲れば、混んだ電車で無理して譲ったのが災いし足を捻り膝が腫れ上がる。

膝には古傷があり、過去も水が溜まって病院で処置をした事があり、では今回も・・・・と思うも、仕事に目途が立った木曜日午後は何処も休診だったりなんだりラジバンダリでじぇじぇじぇとなってびっくりぽんでガチョーン。

接骨院でも治療出来るのか・・・・と、近所の接骨院に恐る恐る行って施術を受けてみたのだが、瞬間的にはよくなるも数時間でさらに腫れ上がり、痛みで眠れぬ始末。

「だいじょぶー?しんぱーい」と言っていた家人はベッドに入って2秒で入眠。この人、世界をバキッと二つに分けたら松居一代と同じ方に入る気が凄くする。

金曜日にはいよいよ歩行も困難となり、こりゃ堪らぬと休日を頂き近所の総合病院の整形外科へ。出掛けに「今年は織姫に会いに行けないっ」と家人に言えば「そーゆーのいいから」と追い出される。

総合病院はあっち行け、こっち来い、次はそっちだ、はい暫く待て、が常と諦めていたのだが、早めに行った所為か午前中には終了(ま、それでも治療20分待ち時間数時間だけどさ)。

待ち時間が長かろうとエフェクターの本を持参し読んでいたのだが、周囲に大変奇異な目で見られた気がしたのは気の所為だと思いたい。先生にも「エフェクターの踏み過ぎで膝を痛めたんですか?」と聞かれる事無く、水(と言うか血だけど)を抜いて終了。「救急レベルの症状ですよ?」とお医者様に言われたが、「それを我慢出来る俺ってかっけー」と己を鼓舞して病院を後にする。

痛みは引かぬも、土嚢を膝に巻かれた様な違和感から解放され気分は晴れやか。「数日は患部を冷やして安静に」と言われたので、残念ながら楽器屋は回れず。と言うか、杖とかあれば行けたんじゃないか?

膝以外は大層元気な訳で、帰宅しても暇で堪らぬ。余りの暇さにベランダの朝顔の葉っぱの数を数えてみようと数え始めたが、8枚目で我に返った。

では、Takayuki君から送られた前回の練習の録音物でも聞こうか、と聞いてみれば、「もうちょい何とかならぬのか」と思える出来栄えも、吾輩のギター・サウンドが中々良く「流石、俺」と思わざるを得ません。

ま、殆ど聞こえないんだけどw。

それにしても、アレンジはもーちょい頑張らねばだなぁ・・・・と言うか、やっぱり曲そのものも、今一な物が多い気が・・・・。

暇に任せて次回練習のお足元を彼是と考察(足痛いんじゃなかったんかい)。結果、こんな感じで。

securedownload (4)

BBB11(Lovepedal)~ファズ兼ゲイン・ブースター

Fulltender(Jersey Girl)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

Phase100(MXR)~フェイザー

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター

なんか・・・・見た目が落ち着き悪いなw。

えー、久々に、BBB11を持ち出してみました。

BBB11、ファズなんですが、サスティンがそこそこあり、低域を抑える事も出来、まぁ、使い易いファズです。

ゲルマニウム(OC76)とシリコンのハイブリッドで、真ん中のBlendを上げて行くと、低域が出て来る感じです(ゲインと連動性があり、一概にはそう言えないけど)。

因みに・・・・

securedownload
securedownload (1)
(BBB11添付の設定表)

設定次第で、オーバードライブ、Fuzz Face、Rangemaster、MKⅡのサウンドが出る・・・・との事ですが、なんちゃってな感じではありますw。
MKⅡは特に・・・・。



ファズが使いこなせないワタクシですが、BBB11はそんなワタクシでも使い易いなぁと感じるファズ。

ファズの使い難さって、低域がモーモーと鳴る事による抜けの悪さ、サスティンの無さ、と思うのですが(と言うか僕はそうです)、BBB11は適度にサスティンがあり、調整次第で低域を削る事も出来る上に、ファズらしいジリジリした質感もある。

今回これを持ち出したのは、前回Modern Fuzz(Fuzz Face系)を使用した際に、やっぱりその抜けの悪さにううんとなったのですが、その辺を調整出来るBBB11なら上手く纏められるんじゃないかと期待して。

加えて、AT130のリアを選択し、Fuzz Face風味の設定で合わせれば、古臭いサウンドが得られてそれも好きだったりする。

この位置には、Jan Rayを入れてもいいかなと思う。前回、いつもと違う練習スタジオでの練習だったが、クリーンで弾くには線の細さを感じるアンプで、そう言うアンプを使用しなくてはならない時の補正に。

その場合はファズのサウンドを捨てる事になるが、まぁ、どうしてもって訳でも無いし・・・・w。

歪みのメインはFulltender。ベースの大先生に「ハイがきつい」と言われたが、録音物を聞く限りそうでもないと思う。立ち位置の所為もあるだろうし、ベースの大先生もビクシ君もと兎角低域をふんだんに出すので(Modern Fuzzを諦めた一番の理由w)、これ位出さないと抜けないとも思う。音量も、決して大きくはないと言うか、多分僕が一番控え目に出している。

コーラスは、CE-5だが、ここはCE-2にしようかと迷っている。BOSSのコーラスペダルは、歪みペダルとの相性って絶対あると思っていて、家で試す限り、FulltenderにはCE-2の方が合う様に思え・・・・。

フェイザーはPhase100。ちょっとおかしなPhase100なんだが、結構気に入っている、が、MXRの復刻版(?)のペダルの筐体の重さは本当に嫌だ。ノックダウンしようかしら?どーせIntensityのマークと連動してないし・・・・。

タカチの筐体、センターポンチ、ドリル、リーマー・・・・・5,6千円でノックダウンは出来そうだが、その手のツール買うと、いよいよエフェクターの自作始めちゃいそうで怖い。

ブースターは結局micro amp +に戻した。

ボリュームを絞った際に音が出なくなるブースターと、そうでないブースターがある。

前者の方が音質変化が少ないと聞くが、一方最大出力は固定されるので、「もうちょい音を上げたい」をする為にはペダルのボリュームを弄る必要がある。

後者は、インプットに対してどれだけブーストするか、なので、インプット・ゲイン次第(歪んじゃう事はあるけど)。

過去幾度も書いたが、フジコ・オーバードライブは曲毎にバンドの音量が結構変わる。

「あの、この曲僕がメインで弾くので皆様音量少し下げて下さい」との意向を斟酌してくれるメンツでもない。

故に、音量は曲毎に小まめに変える僕なのでありまして、「最大音量が固定化される」のはちょい不便。

Sex Driveはそう言うブースターなんで、サウンドや操作性は好きなのだが、やっぱりmicro amp +の方が使い易いや、と言う事で戻してみた。

僕は「アンプをブーストする為にブースターを使用する」って事は無い。「音量を稼ぐ」為に使用している。

そんなワタクシがブースターに求めるのは「音の抜け方」。音量を稼ぐ=リフやソロで自身の音を目立たせる、なので。

micro amp +はそれに非常に適したブースターに思う。うん、良いブースターです、これ。もっと人気出て良いと思うんだけどなぁ・・・・。



土曜日

患部は凡そ回復も、結構な量の水を抜いたが故か足に怠さを覚え、且つ腫れも残る。左膝を庇って歩いたので変な所も痛い。と言うか、水が抜け切れていないのかなぁ・・・・10倍痛くても構わないから、ちゃんと抜いちゃって欲しいのだが・・・・病院行くのが面倒なんだよなぁ。

「数日安静に」と言われるも、治ってるかもとの淡い期待もあったがそんな感じ。遠出は出来ないかと諦め、マンションの踊り場から目の前の通りのお祭りを眺めてみる。

ブラスバンドのパレード、交通安全を呼びかける警察のド派手なサイドカーの行進等があり、中々に楽しい。猫が窓から外を眺める気持ちが分かった気がする。

この時期のお祭りって事で、例年どこかで雨が降るのだが、その気配の無い天気。

「屋台の味は母の味」を自任するワタクシ、焼きそばだの焼き鳥だの玉こんにゃくだのの匂いに我慢が出来ず、少しばかり散策。

BlogPaint

祭りと言うのは、良いものだ。

並ぶ提灯に郷愁を覚えるのは幼少期の盆踊りがあるからか。

小泉八雲が記述する盆踊りには、たわやかで幻想的なイメージがあるが、八雲が見た盆踊りを見たいと心から思う。

盆踊りと言うのはどこか異様な感じはある。僕が感じる異様さは、盆踊りそのものではなく、その周辺の光が当たらぬ個所である。何かあそこには、人知の及ばぬ者が居そうな気配がある。

そして日も暮れて。

WOWOWさんで、シン・ゴジラを見る。



シン・ゴジラ、は、珍しく映画館でも見たんですが、やっぱ非常に面白い。

石原さとみがミスキャスト、との話もあったが、ミスキャストと言うか、なんとも好感が持てぬキャラで、誰がやってもあーゆー感じになる・・・・のか、若しくは演者次第で評価されるのか。

ま、印象として残ると言うのは映画のキャラクターとして成功なのかも知れぬ。

「ゴジラが出現する」と言う前提以外、リアルな感じで描かれているものの、市民のパニック感の希薄さと冷静過ぎる政府関係者の描写には「現実だったらこんな感じなん?」との違和感は感じた。俺だったら7千倍は慌てる。

さて寝ましょかね、と思ってたら、新海誠の「言の葉の庭」が放映されてて何となく見てしまう。

139722553403312222225_kotonoha

ストーリーと世界観はピンと来なかったが、空の描写が美しくて驚いた。最近のアニメーションは、現実よりも美しい自然が書けるんだなぁと感心。ああ、アニメーションのみならず、ハイビジョンなんかは、現実よりも綺麗だと思う。見ると言うレベルではなく体感レベル。

日曜日

余りの暑さに目を覚ます。腹立たしい程に暑い。

早朝と言っても良い時間に目が覚めたのでTVを点ける。早朝のTV番組が好きなのである。

ナレーションが非常に少ない風景番組とかを見ようかと思ったが、「沖縄戦・遺族からの357通」なる番組をやってて、何気に全て見てしまう。

早朝から見るのはちとヘヴィな内容であったが、興味深い内容でもあった。

父方母方共に、親族に太平洋戦争で亡くなった人が居ないのであるが(僕が知る限りだけど)、太平洋戦争で旦那様を亡くされた方が営む小料理屋があって、周囲の人が定期的に意図的に食事をしに行ってたのを覚えている。

そう言えば亡父も、戦争ではないが旦那様を亡くされた知り合いの飲み屋に週一で通っていた。帰宅してから「あ、今週行くの忘れてた!」と着替え直して出掛けていたのを覚えている。ほのほのエピソード。

足の方は相変わらず。

火傷をした時に水膨れが出来るのは患部を冷やす為だそうで、同様な事が僕の膝で起きているらしい。

対処としては安静と患部のアイシング以外無し。痛み止めも処方されたが飲まずにいる。痛くないが故に無理しちゃって悪化するのが嫌なので飲まないのだが、止む無く本日も、祭りの屋台に軽く顔出すのみ。玉こんにゃくは今日も傷付いた俺を屋台へと誘う。

NHKさんでSherlockの新シーズンをやっていたので録画しておいたのを見る。



名作「六つのナポレオン」がモチーフも、話自体は結構ダークな展開。

さて、次はどーなる事やら・・・・。

週末便り

リーダー

リーダーです。

花を好む家人が買って来たのは向日葵。

securedownload

花器に刺された向日葵と言うのは見慣れぬ存在って、もう向日葵の季節なんだなぁ・・・・暑い訳だ。

金曜日。

家人が夏風邪を患い、「風邪と言ったら鍋焼きうどんでしょう」と言う事で購入し家人に供したのだが、なんだろう・・・・鍋焼きうどんと言うものは何故かくも食欲をそそるのか。

家人に供する為に火にかければ、其処から漂う食欲を刺激する匂い。

己は己の好みの晩御飯を食したにも拘らず、「一口、いや、2/3頂戴」と言いたくなるのを抑える為、「OD-1、SP-1、PH-1・・・・」と、俺は歴代のBOSSのエフェクターを数えなくてはならなかった。

サンキュー、ボス、お陰で自制心を取り戻せたぜ。

家人が早寝したのが眠くないワタクシ。何気なくTV見てたらWOWOWさんでTwin Peaksやっててついつい見てしまい思いがけず夜更かし。

やっぱり、Twin Peaksは面白いなぁ・・・・。

25年後のTwin Peaksを描いたドラマが近々放送される為の再放送。



それに伴って「Twin Peaksの魅力を語る」みたいな企画物も放送されていたのだが、この手の番組は悉くつまらないと思うが需要はあるのだろうか・・・・。

土曜日。

家人の体調は回復基調も、土日はゆっくり過ごしたいとの事で、では拙者は楽器屋・・・・と思うも、AT130の歪みサウンドに満足が行っていない夏至を過ぎた初夏の頃、僕はAT130と手持ちのペダルを抱えて近所の雑居ビルにあるスタジオに籠ったのである。

securedownload (5)

長く急な階段を上れば、そこはスタジオ。眼下の入り口の外光は夏のそれ。こんな景色に、不思議と郷愁を覚えるのは、母方の祖父母の住まいを思い出させるからだろう。

securedownload (1)
(スタジオで一枚。自撮り中年って言い様も無い不快感があるなと撮って気付いた)

持参したペダルは以下の通り。

securedownload (1)

右下から時計回りに・・・・

RC Booster
Trad Note
Jan Ray
Galea
Mini Bi Comp
Eternity
Fulltender
White Sands
SP Compressor
Landmighty

であります。

此処でも書かせて頂きましたが、クリーン・サウンドと歪みサウンドを切り替えた際に感じる音痩せ感を、コンプレッサーかJan Rayを常時ONにする事で対応しようかと考え、その前提で合う(=音痩せを感じさせず好みの歪みサウンドが得られる)歪みペダルはなんぞね、との試行錯誤。

と言う訳で・・・・

securedownload (2)

SP Compressor、Mini Bi Comp、Jan Rayは繋ぎ、その後段のペダルを彼是と換えて音作り。

先ずはクリーン・サウンドでどれが一番良いかを確認。

そこで得た回答は「強いて言えばMini Bi Compだが何もかけない方が良い」と言う、どうしようもない回答・・・・おぉいぃ・・・・。

SP Compressor=原音とのブレンド、帯域の調整が可能もノイズが多く辟易
Mini Bi Comp=パキッとした感じが心地良いが鼻詰まりな感じは強く、アンサンブルで引っ込みそう
Jan Ray=背面のSATを絞ると音像がクリアになるも、魅力的なドンッとなる低域も抑えてしまう

この時点で、心が折れそうになる。だって、「これなら上手く行く筈!」と言う前提が今一なのである。

折れそうな心を超人的な精神力で支え、「歪ませっぱなしの曲では、上記3つのペダル+持参したペダルで良い音が出るかも知れぬ」と己を奮い立たせる。「こんな所で死ぬ訳にゃあ行かねえんだよ」とカッコイイ台詞を吐き、ふと鏡の中の己と目が合えば、其処に映るは不細工な中年。いよいよ心が折れそうになる。

そんなこんなで出た結論。

「Fulltender単体で良いじゃん」

でありました。

前回の練習で、ドラムのTakayuki君が「もっと音圧があって良いし、もっと抜ける音であって良いと思う」と言われ、それが頭に有った。

AT130は、様々な改造を施してあり、フロント・ピックアップは、コイルのターン数を減らしP-90にしてはブライトな音色ではあるが、リア対比で未だ音量が大きく、且つ低域が強く出る。

リアとのミックスでクリーンを弾けば、フロント・ピックアップのハッキリした低域と、リア・ピックアップのブライトな高域のバランスが良く、最高に心地良いサウンド。

一方、歪ませた際には、低域がバリバリと出て来て、スムースな歪みサウンドが好みのワタクシには手に余り、且つ、クリーン比で弱くなる低域に音痩せを感じてしまっていた。

練習では、フロントのボリュームを少々絞っていたのであるが、そうするとクリーンでは魅力的な低域が得られず、その解決案としてコンプレッサーかJan Rayをと思っていたが、矢張りフロントのボリュームを絞らねばスムースな歪みではなく、且つクリーンの気持ち良さが低減され、なんとも歯痒かったのである。

で、Jersey GirlはFulltenderはと言うと、単体でも、フロント、リア共にフルテンであっても、その両方のスイッチをONにした際のサウンドはクリーン比で音痩せを感じさせず、且つバリバリとした感じも無く、僕の好みのスムースな歪みサウンドでありつつも、Takayuki君の希望であるサウンドをも(多分)得られたのである。

Fulltenderのスイッチは、高域を出すEdge、低域を出すBottomのON-OFFであるが、イメージ的に低域が出るAT130でBottomをONにしたら低域が五月蠅かろうと思ったが、Edgeも併せてONにすればビンビンとした低域が心地良く出て僕を喜ばせてくれた次第(単純な高域、低域の調整ではなく、相互作用があると思料)。

こう書くと、それなら入手してみようかな、と思われる方いらっしゃるかもですが、このペダル、合わせるギターでニュアンスが結構違います。ある意味、ギターのサウンドをスポイルしないサウンドとも言えます。ギターのキャラクターのままに歪ませる感じです。

このJersey Girlと言うブランド、野村義男氏と交流が深く、氏はエフェクターに極端さを期待するらしい。

で、このFulltenderであるが、その極端さは音量にある。兎に角音がでかい。且つ、ブラインドでON-OFFする事が多いワタクシには、構造的にノブに触れてしまう事があるのだが、このノブが又動き易いのである。

と言う訳で千石電商へ出掛け、足が触れても動き難そうなノブに交換してみた。

securedownload

加えて・・・・

securedownload (3)

これ
も着けてみた。うん、これ着けておけばノブ交換不要だった・・・・かもw。

うん、これで完璧・・・・と思えば、うん、なんかスイッチの調子が悪く、「ホワイ何故に?」と矢沢風に考えて思い出した。

「貸して却って来た時にスイッチのワッシャーが無くなってたんだ」

何か知らぬがスイッチのワッシャーが無くなってて、スイッチが筐体に沈んだ状態であった。「一体どう使うたらこんなんなりますんや?」と京風に憤りつつ、他のペダルからワッシャーを転用したものの、矢張り何処か無理な使用が多々あったのか、スイッチ周りの調子が今一。


(貸したのはこのバンドのボーカル。この曲、凄く良い曲だよなぁ・・・・てか、ギター二本とも僕が上げたんだよなぁw)

さて、どうしよう・・・・個人工房だし、修理は出来るのだろうか・・・・?ま、暫く騙しながら使ってみようか。

余談であるが、Galeaは・・・・やっぱり好みでは無かった。これは売却するでしょう。入手時に感じた好みじゃない感じ、は、スタジオで試しても変わらなかった。

良かったのはWhite Sands、Landmighty、Jan Ray、そしてEternity。特にWhite SandsとLandmightyはどちらも良かった。

Fulltenderが無ければどちらかを使用していたと思う。両者には、良い表現ではないと思うが「独特の軽さ」があり、音圧を求めない、避けたいとの事であればこれらがベターでしょう。

securedownload (3)

と言う訳で、中々楽しめた個人練習(?)でした。

次回練習は、こんな感じで行こうかと思う。

securedownload
(この後、Sex DriveにもBearfoot Buttonsを着けました)

Fulltenderの前段にRC Booster・・・・とも思ったが、宮地楽器さんがモディファイしたCrybaby Miniを入れてみた。

ファズとか、トレブルブースターなんかも良いなぁと思いましたが、ベースの大先生の曲でワウを使いたいなあと思う曲があり、暫定で入れてみました。

ワウは、上手く使えないんだけど・・・・いや、それ以前のテクニックが無いな僕はw。

帰り道、近所の商店街で豆腐と鶏のから揚げを購入。

未だ手作りで作る豆腐と、個人商店の焼き鳥屋さんの鶏のから揚げ。どちらも美味で時々買うのだが、店主のおじさんがギター持っている僕を胡散臭そうに見るのが中々面白い。購買層に無い客なんだろうなぁw。

僕は鶏のから揚げにソースをかけて食すのを好むのだが、家人からは不気味がられる。そう言えば、周囲で同様の事をする人はいないなぁ。

帰宅し、新シーズンが始まるSherlockの再放送を見る。

うん、やっぱりメアリーは、ミスキャストだと思うんだ・・・・ごめん。

新シーズンはパイロット版を見るに、ダークな感じで・・・・期待大。



楽しみだなぁ・・・・。

週末模様

リーダー

リーダーです。

我がバンド、フジコ・オーバードライブの練習後の飲み会の話題と言えば、本当に取り留めのない話ばかりなのだが、先日の飲み会の際、闇過ぎる性癖を持つリード・ギタリストのエクソビクス君と、疲れると憑りつかれた様にパンクなドラムを叩き始めるドラムのTakayuki君の、所謂「格安スマホ」への乗り換えが話題が挙がった。

この両名、iPhone5位までは新しいメディアを嬉々として楽しんでいたクチなのだが、スマホが日常品化して以来、その興味が薄れたか、遂には格安スマホに辿り着いたのが興味深い。

以前も何処かで書いたが、スマートフォンが日常品となった以上、そこに「所有のステータス」は無い訳で、「安いので充分じゃん」と相成るのは理解出来るのだが、その手の物が好きな両名がそうなるのはなんとも面白いと思う次第。

極めると簡素化すると言う事象を何度か見て来たワタクシだが、この両名はその域に居るのであろう。

ベースの大先生もこの手のガジェット感あるメディアはお好きで、上記両名と以前はキャッキャッしてたのであるが、最近は触る頻度がめっきり減ったとの事で、矢張り極めた先にいらっしゃるのであろう。

メンバー3名には、馬鹿にしているのでは決してないが、どこかミーハーなノリを感じる事があり、スマートフォンと言うメディアにキャッキャッしたのもそのノリかと思うが、覚めた時の引き方も又、ミーハーな感じであった。

かく言うワタクシと言えば、スマホに乗り換えた時期も可成り遅く、そもそも興味が無いのでアプリを購入した事も無ければアプリもデフォルトのままで、興味が無いが故にか格安スマホへの乗り換えすらも興味が無く、そう言えば携帯会社を乗り換えた事すらない。

「時流に乗ってパーティーに参加する」と言う楽しみ方が出来ない、なんともつまらぬ性格なのだと自覚している。

そんなつまらない性格のワタクシがキャッキャッしているのがギター関連の機材だったり改造だったりするのであるが、未だ「極めたが故に簡素になった」と言う状況にはなっておらず、欲しい機材は両手に足りぬ。

齢47になるので、そろそろ極めてみたいのだが、未だその域に達せずにいるのは、求め方に誤りがある様な気がしてならぬ。

満足する為には、機材に回答を求めるのではなく、寧ろ絶対的に足りない練習によるテクニックなのではないかと思うのだが、それは横に置いといて言わせて頂くと、「あ、これ、欲しい!」と思う大きな要素にデザイン性があり、「似たような物持ってはいるけどデザインが好きだから欲しい!」となってしまうのは、ワタクシが馬鹿だからか、若しくはそこに根源的な欲求があるからか。

ついては、iPhoneさんも、機能性の追求よりもデザイン性の追求をした方がベターな気がしてならぬ。円熟した後の市場の拡大は、詰まる所それしかない様に思う。

換言すれば、デザイン性の優秀さは機能を凌駕する魅力があるとも言え、「但しイケメンに限る」とはなんとも簡素にそれを言い表していると感心した次第。

・・・・我々の不人気さも、酷く納得したのである。

さて、梅雨の晴れ間の土曜日。

こんな日は楽器屋へ・・・・と思うも、Grinning Dog StudioさんにP-90をオーダーし、欲しいブツとマネーの両方を失った俺は、気晴らしにぶらぶらと近場を散歩しに出掛けた。

さて、何処へ行こうかと歩き始めれば、暫しお参りに行っていない寛永寺に行こうと足が向かう。

securedownload (5)
寛永寺の境内

securedownload (2)
古代蓮は花の時期には早かったが・・・・

securedownload (4)
躑躅は綺麗でした。

securedownload (6)
紫陽花も、境内に数は少ないが見頃で、竜胆の花も見掛けた。紫陽花は、地元小樽では9月が見頃で、この時期の紫陽花には未だ違和感がある。

軽くお参りを済ませ、はて、何処へ行こうかと考えれば、近くに住むのに東京国立博物館に一度も行った事が無かった事を思い出し、足を向ける。

特別展示が無いので空いており、ゆっくり見て回れた。うん、これ位の人出の方がのんびり見られてよい。

securedownload (8)

securedownload (7)
種痘で高名なジェンナーの像。当て字の漢字が新鮮であった。

securedownload (9)

securedownload (3)
本館の階段。2回は半回廊。

securedownload
2回テラスから。建物が美しいので、居るだけで心地良い。

securedownload (1)
本館から恩賜公園を望む。池の水は張られてなかった。

展示内容は想像以上の充実ぶりで、特別展示が無くても充分楽しめる。僕は撮らなかったが、展示品によっては写真もOKで、サービス精神旺盛。620円でこれだけ楽しめるミュージアムも中々無いのではなかろうか。歌川広重とメソポタミア文明とミイラが見れるミュージアムなんざ中々無いと思う。

徳川慶喜が蟄居(幽閉だっけ?)された居がある庭園は通常非公開でこの日も見れなかったのが残念。家人は見た事あるとの事で自慢気であった。うん、鬱陶しい。

博物館にせよ、美術館にせよ、僕は最初に売店を見る。そうすると、どんなものが展示されているか大体分かる。そこで見たい物の見当を付ける。

大き目な博物館だと、見て回るだけで疲れ、全て見ようとすると楽しめないワタクシ。見当を付けてそれを楽しむが基本。それ以外は流す様に見るのだが、「ほう?」と目を惹くものがあれば、それを楽しむ。

展示品は多くは無いが、期待してなかったメソポタミアの展示品にはなんか惹かれた。ヘレニズム文明の像は、なんかこう・・・・僕には有難味が少なく、ジェンナーの像と同じ感じで「へー、こんなものもあるのか」程度で見流してしまった。

江戸時代(だったかな)の釘隠しの繊細さと根付のマニアックな造りに、常軌を逸した拘りがあった事が興味深かった。
今も昔も文化と言う意味では、「そこ拘るの?」な拘りがある物が愛でれると思う。

家人とよく行く中華料理屋さんで食事をし帰宅。食費除けば家人と二人で2千円も使ってないw。食費入れても1万円には遠く及ばない。5千円程度じゃなかろうか。

それにしては楽しめたなぁ・・・・。

帰宅後、前回の練習の録音物を聞く。

うん、あれはこうしよう、とか、これはああしよう、とか、そんなんしながら聞く。

1曲は没かなぁとか考えながら聞く。さすれば、ノルマ的にもう1曲かあ・・・・面倒だなw。

最新CDのLatencyは、自画自賛でお寒くて申し訳ないが、個人的にはよく出来たと思っている。

で、9曲もある次回作だが・・・・なんかこう、取り止めが無いなぁって感じw。

さて、如何致そうか。

そう言えば、Grinning Dog StudioさんにオーダーしたP-90が完成したらしい。

明日間に合えばNaked Guitar Worksにピックアップ交換に行きたいなぁ・・・・。

そんな、週末。

AT130(Archtop Tribute)の調整をしたりエフェクターを考えてみたり

リーダー

リーダーです。

「オタク」なる言葉が一般化し、僕なんぞでも使用する程市民権を持って久しいのだが、時折耳にする「オタクが市民権を持った事に対する違和感」と言うその発言に、物凄く違和感を覚えるワタクシである。

オタクが一般化した事を嘆くその台詞には、どこか「俺なんて前から知ってたもんね」と言う選民意識が見え隠れし、選民意識を持つ割に、その様な発言をする人の多くは「好きが高じた人」のレベルではないかと感じる事が多い。

人と言うのは、目的に邁進する衝動と、そんな自分を笑う客観性が常にある、とは、イタリアの作家アルベルト・モラビアの作品の一節であるが、自分を笑う客観性がある人と言うのは、オタクではなく好きが高じた人の範囲ではなかろうか。

SNSの進歩により、市井の発言が公共化している昨今であるが、自分を客観的に笑う事をせぬ人は、発信すらする事は無いのではないかと思う。

「他者とのコミュニケーションを排した狂気を孕んだ姿勢」を以ってして、「オタク」と言う範疇に括られると思うのだが如何か。

話は逸れるが・・・・

僕は「喫煙」と言う後ろ指差される嗜好を持ち、もうごめんなさいとしか言い様が無いのでありますが、昨今の嫌煙は少し異常ではないかと感じる時がある。

「煙草=悪」と言う「無条件に相手を否定出来る環境」から、嫌煙を主張するその様にファシスト的な匂いを感じ、どうにも違和感を覚える。

線香の煙は煙草と同様に有害」なんて記事を読むに、ではお寺でよく見かける線香を浴びる行為に対し、それに対し嫌煙運動の一貫と同様の批判をするなら「主張が一貫していて潔い」と思うのだが、終ぞそんな話は聞かずでなんとも落ち着かない。

僕は喫煙者だが、我が兄が実家の居間で傍若無人に煙草を吸う行為には憤りを覚える。

大概喧嘩になるのだが、その際に感じる僕の憤りは「兄のマナーの悪さ」に対してであり、兄の僕に対する憤りは「お前だって喫煙者だろうがっ」だと思う。同じ土俵で話せないったらない。「喫煙の是非」と「マナー」は次元が違う話に思うのだが・・・・あ、ありゃ態とか。

オタクと嫌煙、なんとも強引な併用をした訳であるが、どちらも「肯定以外は耳塞ぐ」その様に共通点があるなあと、この曲を聴きながら考えたのである。



だからと言って、「やっぱりコミュニケーションは大事だよね?」と言う安易な結論を出すのはどうかと思うし、場末の当Blogなのであるから、いっその事
「他者とのコミュニケーションを排した狂気を孕んだ姿勢」で趣味性を広げて行くべきであろうと今更ながらに思い、ついては、もう大手を振って書きたい事を書いてやらうと思ったのである(分かり易く言うと「やぶれかぶれ」である)。

長い前振りであったが、機材ネタを書く場合前振りしか読まぬと言われたワタクシのサービス精神であるからご容赦頂きたい。

そんな訳で次回練習で使用するAT130に合せるペダルをどどんと。

securedownload (3)

RC Booster(Xotic)~ゲイン・ブースター

OD-1(BOSS)~オーバードライブ

EVH Phase90(MXR)~フェイザー

CE-2(BOSS)~コーラス


19sixty3(Gtrwrks)~クリーン・ブースター


ギターを手に入れ、それに合わせるペダルを脳内で組み合わせる事が出来るスタンド「OD-1」を持つ俺は、AT130を入手した瞬間に上記で行こうと思ったのである。

歪みペダルはOD-1。

「ローを削る」と言われるOD-1であるが、私見では「ローを殆ど歪ませない」であろうと認識。ローがガッツリ出るAT130との相性は頗る宜しい。

前段のRC Boosterは、ゲインアップとサウンドの張りを演出するに秀でており、「音質を積極的に変えるゲイン・ブースター」として愛用している。エンハンス効果を期待して、とも換言出来る。

コーラスをCE-5からCE-2に変更したのは、CE-5の「原音とエフェクト音に作用するイコライザー」だと、低域が扱い難かったから。「原音のローは削りたくないけどエフェクト音のローは削りたい」が難しかった。イコライジング可能なBOSSのコーラスなら、CH-1の方が合うと思う。持ってないけどw。

CE-2は、低域に対するエフェクトの掛かり方が少なく、AT130にはマッチした。どうでも良いがOD-1とCE-2が並ぶと萌えるのは僕だけであろうか。

ブースターは久々登場19sixty3。

これにした理由は、①ボリュームを絞った時に音量が0になるブースターはハウリングし難い、②ハイ寄りに音量を上げる癖があるペダルだから、の2点。

しつこい様だがAT130は低域がガッツリ出るので、「全てをフラットに上げる」ブースターよりマッチすると思料。

家で試す限りは「”貴方に合ったエフェクターを探します”が出来るんじゃねえの?」と自画自賛しちゃう位マッチした。

果たしてバンドではどうか、は、土曜日に答えが出る(筈)。

で、AT130。

securedownload (8)

どうでも良いが、「AT」は「Arctop Tribute」の略である事は容易に分かるのであるが、「
ABSOLUTE TERROR」の略であると自分を納得させている俺が居る。

このギターの弦高を、可能な限り下げてみようかと取り掛かった。

以前ちらりと書いたが、ギターの「弾き易い弦高」と「鳴りが良い弦高」には差があると思っていて、「綺麗に鳴るなぁ」って弦高にしていたのだが、演奏性では今一。

「慣れろ!」と言われたらそれまでだが、慣れるまでの過程をぶっ飛ばしたい我慢が効かない47歳。サムスクリューを回し原稿を下げる。

結果、6弦:1.7mm、1弦:1.2mm程度、@12フレットに落ち着く。生音でビビらないギリギリの高さ。テンションが下がったからと思うが、サウンドがルーズに。

サウンド的にはもう少し高い弦高の方がベターに思うが、家でアンプを通して比較すると、実は差異は然程感じなかった。

「アンプを出した音が全て」なのがエレキギターに思うが、生音を電気信号に変換してアンプから出力している以上、生音がNGなら駄目じゃないかと思ってしまう僕が居る(が、アンプ通してみたら分からないと言うw)。

次回練習まであと三日。

はてさて、どうなる事やら・・・・ってそれ以前に、課題曲思い出さなくちゃな・・・・。

週末模様

リーダー

リーダーです。

7月にWOWOWさんで放送されるReturn To Twin Peaks。



トレイラーを見るに、出演者に25年の月日を感じざるを得ない。



25年前に、「I will see you in 25 years」と言っていたんだな・・・・。



出演者のThen & Now。うん、時代を感じる。

かく言うワタクシも、先のライブでビクシ君のご学友のエレガ嬢に写真を撮って頂いたのだが、ああ、老けたなぁって心から思った。まぁ、メンバーもだけどw。

そりゃもう、50歳近いんだもんなw。

50歳と言えば、ライブでご一緒させて頂いているBook Band 8%のバンマスのIさん(54歳)のお孫さんがご生誕されたと伺った(Facebookで友達申請頂いた。お気遣い頂いちゃって申し訳御座いません)。

僭越ながら、御愛孫様の健やかな成長を心からお祈りさせて頂きます。

こっちゃあ47歳でOD-1がどうしたとかCE-2がなんだとか言ってる訳で・・・・これで良いのだろうかと思わなくは無いが、かと言って今から「年相応な振る舞い」なぞ絶対に無理である。

未だこんなん見て笑っているんだから我ながら如何かと思う。

 

 

良い時代だなぁ・・・・w。

さて、週末で御座います。

金曜日、以前御世話になった会社の人とご一緒させて頂く。

待ち合わせ場所の傍に楽器屋さんがあり、待ち合わせ前ふと覗いてみればAT130の中古ありけり。

AT130を売却する理由・・・・それはなんであろうかと考える。

ハウリング?太いネックに馴染めない?やっぱりES-330が欲しくなった?

理由は様々かと思うが、気に入らなくての売却であれば、何故に気に入る様に改造してみないのかと考えてしまうワタクシの方がマイノリティなのだろうか?

購入し、気に入らねば色々と手を加え、それでも気に入らねば売却・・・・が僕のデフォルトなので、略新品で売られていたAT130に違和感を覚える。

そんなんしてたら待ち合わせ時間に。

企画倒れ感が半端ないプレミアム・フライデー導入企業とかで早く退社していたのに待たせてしまった事を詫び、近況報告。

食事したのが鶏料理中心のお店だったのだが、一番美味しかったのは出汁巻き卵だったと言うから推して知るべし。

我々、フジコ・オーバードライブのCDを渡した人なのだが「聞く側が恥ずかしい」と秀逸な発言。うん、なんか色々とごめんなさい。

土曜日、家人と散歩&外食。

梅雨の季節間近で夏前の散歩日和は残り少なく、惜しむ様に歩いてみる。

上野恩賜公園周辺を当て所無く歩けば、其処此処に夏の気配。

securedownload
(巻雲の空)

夏と言えば、昨年の夏、亡父の一周忌の際に甥っ子と歩いた故郷の道の匂いを味わいたいのである。

IMG_3809

IMG_3810

IMG_3818

夏が短い所為か、匂いか濃かった。良い匂いだったなぁ・・・・雨上がりだったからかな。

定年後は、この街で釣りをして、散歩して、なんて日々を送りたいものだ。

雪は確かに大変だが、冬には冬の美しさがあるし。

c4-8103-1
(出典:http://otarugaku.jp/article/?c=4&s=8103)

夕食に、焼肉を食す。

ちょっとした臨時収入があり、そのマネーでとなったのだが、この手のお金はお世話になっている人へのお礼で使うべしと使えば、思いの外の支出となりどうもマイナスの気配なのに身内にも遠慮無くたかられる。何と言う仕打ち。

「宝くじ当たったけど破産した」なんて話を聞いた事があるが、小さいレベルでそれを体感する。

先日は、ワタクシのマネーで焼肉と相成ったは良いが、泥棒の様な目で遠慮無く肉を次々と平らげて行く様に流石に腹が立ち、「一枚焼く毎に”リーダーさん有難う御座います”と言え」とか「30回噛んでから飲み込め」とか世故い事を言い顰蹙を買う。

結局、今日もそれなりのマネーを失ったが、夕食後の暮れなずむ空は寂寥感があり美しかったので良しとする。

securedownload (1)

securedownload (2)

懐かしさで買ったチョコベビー。幼少期から変わらず「ラッパ食い」する47歳のワタクシ。

帰宅後、AT130をつらつらと弾く。

securedownload (8)

低域がしっかり出るギターなのだが、その理由はネックの太さにあると再認識。

弦高を少し下げたのだが、生音が大きいギターなので、サウンドが結構変わる事を実感。

以前より薄々と、「ギターには適正な弦高(テンション)があるんじゃないか」と思っていたが、それを再認識した次第。

弦高調整と言うと、ブリッジの弦高の調整の話となる場合が多く、本当ならばナット溝の調整もあって然るべきにも思うが余りそう言う話も聞かない。どうなんだろうねぇ・・・・。

なんとなくGretschはG6120DCも弾きたくなり取り出してみる。

securedownload

手持ちのギターで一番デザインが好きなギター。

軽く弾いてみればビビっており、調整を施す。

解放弦にもビビりがある。0フレットが削れて限界なのかもなぁ・・・・フレット交換かな。やるならステンレス・フレットにしたいのう。

余談だが、弦のビビりをどこまで許容するかは人それぞれなんだろうか。

弾き比べてみれば、
AT130と同様センターブロックが無い構造だが、生音は圧倒的にAT130より小さい。

AT130を弾いた後だと、「これ、本当にフルアコ構造か?」と言いたくなる位、サウンドはソリッド(って言うのかな?)。

G6120DCの方がボディの体積は大きいんだが、生音は小さい。

ブリッジの構造、Fホールの有無、そしてネックの太さの違い、そんなんが影響しているのであろうが、改めて弾いてみると、G6120DCの生音の小ささと言うか・・・・「鳴らなさ」はちょっと異常にも思う。

チューン・O・マティックに問題(?)があるのかとも思ったが、AT130はチューン・O・マティックな訳で・・・・



上記も、Gretschでチューン・O・マティック。

ブリッジの固定の有無かと思うも・・・・



上記を見るに、最早ボディ云々の話でも無くw。

等とつらつら考えるが楽しいギター弾きのワタクシ。

ギターを弾く云々より、構造的な事を考える方が楽しい性質なのかも知れない・・・・。

そう言えば、以前ビクシ君のParker弾いた時、その弦高の低さに驚き、弾いてみればビビりはあるのだがアンプを通したサウンドでは気にならず、生音レベルでビビりがあると調整してしまう僕だが、「アンプ通して気にならないレベルだったらOK」と言う定義(?)を改めて思い出したのである。

さすれば、メインテナンス屋における「出来る限り低い弦高調整」とはアンプ通してOKか否かの判断なのかとも思う一方、恐らく「ある基準値」で設定しているに過ぎないんだろうなとも思ったりした次第。

やっぱ、最後は自分で調整しなくちゃだな・・・・。

日曜日。

ちと調整お願いしたい事ありNaked Guitar Worksに行こうかな、植木市も見たいしな、と思ったが、前日夜更かしした上に隣の母娘&犬が朝からハイテンションで出掛け(てか、廊下ではもう少し声を落としてくれても・・・・寝室に近いし)、その音で早くに目が覚めてしまい、睡眠不足からぼんやりしていた事と、小園氏一人との事ので自粛。急ぎじゃないし。

で、録画しておいたSherlockの再放送「ベルグレービアの醜聞」を見る。

A Scandal in Belgravia Sherlock

好きなエピソードなのだが、好きな理由にストーリーの秀逸さとエンディングの素晴らしさがあり、台詞も秀逸だった。



僕はハッピーエンドだと思うんだが家人の意見は違った。

このエンディングを見ると、平兼盛の「
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」を思い出す。

そんなんして過ごした、なんとも穏やかな週末であった。

ライブ前の雑感をつらつらと

リーダー

リーダーです。

数日前、花を好む家人が蕾で買って来た芍薬が満開となった。

securedownload

美人を評して、「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と言う言葉があるが、大振りな花を好まぬワタクシにはピンと来ない言葉である。

花器は一輪挿しが好きだし「どうだぁ!」って感じの花よりも凛々しく咲く花の方が好きである。

芍薬は蕾の頃は愛らしいが、あの小さな蕾の中にこの様な花弁を隠していると思うと、なんとも空恐ろしく感じる。



木曜日、転職前の会社の連中と飲む。

転職してからの年限の方が長くなり隔世の感だが、懐かしく楽しく飲ませて貰った。

でも正直、刺激は無かった。

重厚長大産業の、安定してるけど役所的な感じに嫌気が刺しての転職だったが、その後合併だなんだで色々と大変だったらしい。

それはそれで面白そうだったなあと思うも、やっぱり僕には向いてないなと再確認。今の会社が向いているかは分からないがw。

先輩の一人は未だ僕が辞めた事を残念に思ってくれていて、今からでも戻って来ない?と仰ってくれたが、僕は今の会社が好きなんだよなぁ・・・・。

役所的な雰囲気が苦手なのは、少なからず学生時代に読んだカフカの「」を読んだ影響は少なからずあると思う。


以前御世話になった会社の淑女から、憎き福岡ソフトバンクホークスのテディベアを頂いたのは良いが、その数計3つとなり、会社の机の上に置いておいたら差し詰め熊牧場の体を為し、収拾が付かない。

熊関連で言えば、メロン熊との類似性を指摘されるワタクシであるが、否定出来ないのは何故だろう。

20130410kk
(メロン熊に襲われるくまモンさん)

日本人は、くまモンとパフュームと森高千里に優し過ぎるが持論のワタクシ。どう考えても悪党なメロン熊の横暴に微笑ましさを覚える。


さて、明日から三社祭

securedownload (7)

じっくり見ると、様々な催し物と言うか奉納ですか、が、あるんですな。御神輿が注目されがちですが、それ以外の方が個人的には中々興味深い。奉納の舞、とはなんとも惹かれる行事。

そう言えば「朝顔は三社祭の頃に種を蒔け」とどこかで聞いた事がある。

幼少期は、夏休み前に蒔いていた記憶があり、随分早く蒔くんだなぁと驚いたので記憶に残っている。

そろそろ蒔きますか。


さて、しつこくて済まないが三社祭のその時、我々はライブで御座います。

fujico_20thlive

なんだかんだで10年以上fujico overdriveやってて、なんだかんだで20回目のライブ。

ライブの回数は多いとは言えないが、仕事持っているアマチュア・バンドなんで、こんなもんだろうと思う。

勿論もっとやっているバンドは多くいましょうが、年一回が最近の我々。

初期は「もっとライブやりたい」とか「ホームグラウンドみたいなライブハウスが欲しい」とか、そんなん言う血気盛んなメンバーも居たが、うん、そりゃないわ、と常に反対して来たワタクシ(前者は兎も角後者は実現不可能だろって事での反対だったけど)。

「それ以上やるとお越し頂く皆様に申し訳ないったらない」が昔からのスタンス。僕個人は、成るべくあーしたいこーしたいを言わない様にしているが、「NO」のスタンスは曲げない。最近は、メンバーの血の気も盛んじゃなくなり、「あー、そろそろライブかなぁ」程度でホッとしている。

我々のライブを見て「もう一度見たい!」と思う人は先ず居ないと思う。元も子もないが、事実は事実である。

初めて来られる方は、「知り合いのアイツがどんなバンドやってんだ?」な興味で見れるだろうが、普段プロのライブに慣れた目で見れば、我々は間違いなく稚拙である。

そんな稚拙な出し物の為に休日の貴重なお時間を頂く訳で、これはもう恐縮以外のなにものでもない。

恐縮しながらも人様の前での演奏したいか否かで言えば、勿論やりたい欲求はあるのだが、その恐縮さはストレスでもある。

それ以外にも、ライブの為の諸々にストレスが溜まる事が無い訳でも無い。

「やりたくて始めた」事が「やらなくちゃならない事になった」と昇華される事、あると思う。そうなると、そこにあるのは只の義務感。続けるのが難しくなってくる。

「やりたい事」が「やらねばならぬ事」に成らないレベルでの運営と言うのは中々に難しいのである。意気揚々とバンド初めて飲み会でテンション上がってたのに直ぐ解散、と言うバンドを何度も横目で見て来たワタクシの持論。

メンバーの本意は成るべく汲みたいと思うが、ライブの頻度だけは譲らないのはそう言う理由也。

20回目となれば然程緊張しないのであるが、どんな顔してステージに立てば良いのかは未だ分からぬ。

客観的に見て、自己陶酔して自信たっぷりにやられても引いちゃうし、かと言ってヘラヘラされても気持ち良くは無い。

大体に於いて「困ったなあ」ってな顔をしていると思う。

今回共演出来ませんが、いつも一緒にやって頂いているBook Band 8%の立ち姿は、僕には理想的である。

自然体と言うでも無し、困っちゃったってな訳でも無し、自己陶酔している訳でもヘラヘラしている訳でも無い。

淡々としていて羨ましい。

そんな事をつらつら考えたが、以下を思い出す。

c7ddcaf2

そうであった、我々のメインの活動は「Blog更新」であって、ライブなんぞ「課外活動」であるのだった。つらつら考えて損した。

そう言えば、ビクシ画伯にはぽっちゃりに書かれるワタクシであって、それを否定するものではないのだが、「インフルで4キロ痩せました」と言う当のご本人の腹回りのぽちゃぽちゃ具合をそろそろ突っ込んだ方が良いのだろうか・・・・?

そう言えば、以前御世話になった会社の方がドッキリで来ようとされていたらしいが来れなくなったと聞いた。

いやいや、危なかった。

ご存じない方の為に申し上げておくと、普段我々はモダン・ジャズを中心にやっているのであるが、今回はベースの大先生がウッドベースを持って来るのがしんどいとの事で、であれば本意ではないがガレージなサウンドでのライブにしましょうとなったのである。

普段からこの様な年が居なく落ち着きの無いバンドだと思われるのは本意ではないので、ご来場頂けない事に安堵しているのである。そう言えば、ドラムのTakayuki君がスティック・ブラシは使わないライブと言うのはいつぶりだろう?

・・・・ここはスルーして下さいね、頼みますね。何も言うなよ?>メンバー

で、ライブな訳ですが、今ワタクシは悩んでいるのである。

ワタクシの悩み、それは「ライブのエフェクター何にしようかね」、と言う有史以来の人類の深遠なる悩み、それである。

ここ
で、「これで行く」と書いたのだが、SAMURAI SOUNDの「
THE LEGEND OF OD」(未紹介)を使おうかなぁとか不埒な事を考えたりしている。

securedownload (1)

未紹介なんでザックリと紹介しますと、タッキーパーツさんによる、BOSSはOD-1の現代版。

とは言え、クリッピングをオペアンプ(Vintage)とダイオード(Modern)で切り替えられ、単なる復刻版ではない。

これ、幾つかあるOD-1の現代版の中で最もOD-1の近似値にあるペダルに思います。

オペアンプはクワッド型。

securedownload

NECかTexas Instrumentsのデュアル型オペアンプのOD-1が好きなワタクシ。クワッド型と言え萌える事は無い。

OD-1を模したペダルって、①中域を持ち上げる癖を再現、②中域の中でもハイミッドを持ち上げる癖を再現、で終わる事が多く、「低域を殆ど歪ませない」を再現出来ているのは少ない。

そんな中で、このペダルは低域がタイトで再現度は高い。

OD-1より低域は歪むが、OD-1よりむしろこれを好む人も多い様に思う。

僕が好んで使用する歪ペダルには共通点があり、低域が強くない。

軽い感じの歪みが好きなのだが、僕の好みは多分一般的では無いだろうなw。

使いたいなぁと思ったのは、先の休日、ライブで使用予定のRickenbackerは360C63で試したら良かったから。

もう一回練習有ったら試すんだけどなぁ・・・・。

因みに、ダイオードのクリップは音量が可成り上がり、特に魅力を感じるサウンドではない。これ、無くて良いw。

あ、ライブの足元はこれで行きます。決定です。

securedownload (1)
(年に一度しか使わないエフェクター・ボード。披露予定曲の明細があるが見ない様に見ても良いけど←どっち?)

RC Booster(Xotic)~クリーン・ブースター

Eternity(Lovepedal)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

EVH Phase90(MXR)~フェイザー

Jan Ray(Vemuram)~ブースター 

あ、写真はRC BoosterとJan Ray、順番が逆ですが無視して下さいませ。

結局、
Shimmer Tremolo 陽炎(トレモロ)を外しフェイザーに。

「朝月夜トッカータ」と言う曲でトレモロが必要だったのでShimmer Tremoloを入れていたが、フェイザーの揺れで対応する事に。

ライブ披露予定曲の1曲でしかトレモロ使わないし、逆に「あ、ここでフェイザー踏みたいなぁ」と思った事も多いしで。

「どっちも使えば良いじゃん」いや、御尤も。

でも、「エフェクターは5個まで」が信条のワタクシ。それ以上は、手に余る。

で、その他に下記を用意。

securedownload (3)
普段は重く、且つ硬いので使っていないFenderの純正シールドと、某店で購入した米軍規格のお高いシールド。米軍規格とか嘘臭いと思うが音は素晴らしい。為念で安心のカナレのシールドも用意。

securedownload (4)

電池ボックス。エフェクターの電池切れ対策。

securedownload (2)

その他装飾品。普段はジャズをやっているので使ってな(以下略)。

その他、ピックを普段より多めに持って行く。マイクスタンドに挟む様に。

さ、練習、しましょっか。

明日、お越し下さいます皆様、何卒宜しくお願い致します。

連休便り~その② 5/3&5/4編

リーダー

リーダーです。

さて、GW本格的に突入。

5/3から家人が二泊三日で、5/4に僕が日帰りで義実家に、の筈が、5/3目が覚めたら妙に身体が怠い。

熱を測れば微熱も、流石にゆっくり休んだ方が良かろうと、帰省は家人のみとし、取り敢えず僕は寝まくる。

風邪を引くと、先ず喉が痛くなり、続いて発熱、最後に鼻汁・・・・となるのだが、今回はその順序無く、只、熱が出た。

時折こんな風邪を引くが、この手の風邪は大体疲労から来ると言う経験則。

大して疲れていない筈なのになぁ・・・・何故風邪引いちゃったか。

季節の変わり目ではあるが、一応気を付けてはいたのであるが、不摂生があったか。

いかんいかんと寝る、もう寝まくる。

いやしかし、熱があって寝ている時に感じる幸せって、同意される方はあるだろうか。

普段眠りが浅い僕は、気絶する様に眠れる気持ち良さに浸れて、ある意味嬉しかったりする。

家人を見送る事もままならず眠りまくっていたのだが、寝ながら音楽を聞いたりする。

ぼーっとした頭で聞く音楽はなんとも心地良いのだが、跳ねるサウンドはなんとも落ち着かない。

そんな訳でPink Floydなんぞを無作為に流しちゃうのであるが、ふと思い立ってなんかマタイ受難曲なんぞも聞いてしまうワタクシ。

風邪引いている時のバッハは、そこはかとなく気持ち良いと気付いた5/3。しかし、変な夢を沢山見た。印象に残っている夢は、ダンエレクトロ社の監査役になる夢だった・・・・。

5/4

風邪は凡そ良くなり、Naked Guitar Worksへ行く事とする。

そう、いよいよ始めますぜ、Jazz Guitarの名店、WALKiN’さんが10万円台のJazz Guitarとして世に放ったArchtop TributeはAT130をロックで使える様にしちゃいましょうPJ「SES335HI(素直にES335弾いとけば良いじゃん)」。

securedownload (2)

先ずは、このギターのおさらい。

100% Made in Japanに拘ったウォーキン・プロデュースのブランド”Archtop Tribute”。こちらはそのシンライン・モデル、「AT130」です。17度のヘッドアングルとドット・インレイのローズウッド指板を持つ、やや太めのグリップの1ピース・マホガニーネックは、16フレット部分でボディとジョイントされ、国産汎用パーツをモディファイし全長を整えた専用テイルピースや、フィニッシュの色合いも含め、スペックは”1959”仕様!さらに、良くも悪くもES-330やCasino系モデルの特徴とも言える、「前後ピックアップの出力バランスの悪さ」にも着目。フロント・ピックアップには特注薄型カバーを採用し、またピックアップ下に挟み込む2種類の厚みのスペイサーを用意することにより、前後ともピックアップの高さをアジャスト可能に致しました!こちらにより、前後の出力バランスが整えられた優等生的なセッティングから、オリジナルモデルのような相対的にリアが弱めの味わいの有るハーフトーンまで、外観のデザインバランスを損なうことなく、数種類のサウンド・セッティングをお楽しみ頂ける仕様に仕上がっております。もちろん、カスタムラインでのフレッティングを始めとした優れたプレイアビリティも、他モデル同様に健在!名器サンサンマルをより現代風にアレンジした、Archtop Tributeならではのシンライン・モデルをお楽しみ下さい!こちらはメタリックのバーガンディがややフェイドしたイメージを再現したカラー”Antique Burgundy Metallic”仕様です。(出典:http://www.walkin.co.jp/guitars/290292.htm)

製造は寺田楽器。日本製のGretsch、Epiphone等を制作する老舗メーカー。因みに、ここの製品のGretschは好きだがEpiphone(80~90年代)は好みじゃなかった。

色はアンティーク・バーガンディ・メタリック。本当はアンティーク・グリーン・メタリックが欲しかったが、心友のらいおんみどり氏が所望したので友情で譲り(それを歴史とする)この色を選択した。

2016年10月製と思料し、半年ほど売れなかった筐体なんだろうなと思ったが、良い環境で数年陳列されたギターはネックが安定してる様に思え、個人的にはベター(諸々私見で御座います)。

肉厚なネックながら、緩いRと非常に丁寧に仕上げられたフレット処理で大変弾き易い。コードを弾いても、フレーズを弾いても「ああ、良い、凄く、良い」と思える、稀有な一本。正直、これでもう少しネックが薄めだったら本当に言う事無しだが致し方無い。まぁ薄いネックだとこのサウンドには成らないだろうけどw。

長いテールピースと17度のネック角度、そして16フレットでのジョイントと言う仕様だが、そのバランスは絶妙で、弦のテンションは非常に宜しい(ゲージのデフォルトは0.11~0.49)。

ネックの肉厚さ故か、生音も大変大きく、ローがビンビンに出る。

アンプを通せば、ES-330系独特のフロントとリアのバランスの悪さは矢張りあり、フロントの方が音量が少々大きい(聴覚上)。

ペグ、ブリッジは世界のGOTOH、ポットは恐らくALPHA社製、コンデンサはオレンジドロップ(Fホールから小指を入れて確認済み(拙者位になると触ってコンデンサの判別可能。指が抜けなくなりそうになって焦ったのは人には言うなよ?)、配線材は不明も太い配線材が使われていた。

手持ちのES-330との差異であるが、ネック、サウンド共にAT130の方が好み。特にフレット周りの処理はAT130の方が断然好みである。

塗装、使用木材はES-330に分がある様に思うが(どちらが良いと言う訳では無く、どちらが値段が高い仕様にしているかと言う意味で)、総合点ではAT130が勝る。因みに、ES-330は既にトラスロッドが限界である(あまり言いたくないけど所謂「ハズレ」ではないかと思う)。

正直、国産でこの造りでこのお値段、よく頑張ったなぁと思う。

こいつをどの様に料理してやらうか、と舌なめずりをしつつ考えたのだが、正直「デフォルトのままでも充分じゃないか?」と思っている俺が居る。

しかしそこは「趣味は魔改造」のワタクシ、デフォルトのままで使うくらいならギター弾かない(そこまでか?)。

と言う訳で、以下を画策した。

・ペグの交換

GOTOHのSD90からSD90-MGへ

securedownload

そう、マグナム・ロックである。弦交換の安易さはこれに勝るものは無いと思っている。

シャフトへの巻き数が減るので弦のテンションは下がろうがそれで音が変わろうが弾き心地が変わろうが知った事ではない。

テンションの低下は弦振動の増加に繋がると思え、ギターでのサスティンを然程求めない僕にとってはデメリットかもだが知った事ではないのだ。

この機能性は絶対に譲れないのである。

・ナットの交換

弦のゲージを0.11~0.49から0.10~0.46へ変更しようと思ったが取りやめる。このギターに細いゲージは合わないと思ったのと、細いゲージににして(弦振動が増え)ビビりとサスティンが出る事(後述するブリッジ交換もサスティンを増す様に思った為)を懸念して。

しからばナット交換は不要ではないか、中々上質な牛骨ナットであるぞ・・・・と思ったが、思う所ありTUSQへの交換を選択。これは、GretschはG6609TGを試させて頂いた際、解放弦のそのサウンドが気に入ったからである。聞き比べしても分からないであろう箇所に拘ってこそ魔改造。それが、俺と言う男。

・ピックアップの蝋漬け処理

ES-330使用時に悩まされたハウリングの対策として。「サウンドが変わる」との話も聞くが知った事ではない。大体俺の耳で分る筈が無いではないかってうるせえな。時としてサウンドより使い易さを優先させる僕であるが、「ピックアップは蝋漬け処理してますよ。ハウリング?気になりませんね」とBlogに書きたいとの衝動がある事も正直に書いておこう。

・ブリッジの交換

型番は分からぬがGOTOHさんの製品から下記に。

securedownload (1)

Freedom Custom Guitar Reserchさんのロック式のブリッジLockable Bridgeの駒がブラスの物である。正直、チタンの駒のを選択するべきだったかと思ってたりする。両者弾き比べた感想ではチタンの方が軽いサウンドが出て、その方がこのギターにマッチする様に思った。

固定化は弦振動を伝え易くすると思料するが、G6192DCにマウントした際は(駒はチタン)、台座が固定されていない所為か、然程その効果を感じなかった。TokaiのES-335タイプの物でも感じなかったが、フルアコ構造のダイレクト・マウント方式のAT130での効果はどうか、気になる所である。

securedownload
(改造前のブリッジ)

と言うか、サウンドの変化を求めての交換では無く、「弦交換する度にブリッジが外れて弦高調整するのがとても嫌」と言う理由での交換である。

・ポットとジャックの交換

ポットはCTSのミリサイズに、ジャックとセレクター・スイッチはSwitchcraft社製に。

前者はそのトルクの感触が好きだから、後者はなんとなくw。耐用性があると聞くSwitchcraft社製だが、経験則では眉唾。そんなに良いかなあ?

そんな所であります。

因みに、アーチトップのギターにある「トップ落ち」であるが、センターブロックが無いギターでも、台座があるギターでゲージがそんなに太目じゃなければ、然程起きない様に思う(手持ちで言えばGretschとか)。

securedownload (2)
(Gretschのブリッジ。弦圧力は分散されましょう)

AT130は、ブリッジ下にブレーシングがありますが、センターブロックほどの強度は無いでしょう。

一方、テンションがそんなに強い訳では無く、正直「これでトップ落ちするならそもそも構造的に致命的では?」とも思う。

Bigsbyの装着をちょっと考えたが、テンションの変化が嫌なので止めた(ペグ交換してなんだがw、ペグ交換より効果が大きいと思うので)。

又、この特注の長いテールピースが物凄く好みなのである。

securedownload (1)

そんな訳で向かうは観音裏の魔改造屋Naked Guitar Works

最近はすっかり人気店で、行く前に予約客の方が居ない事を確認してから向かっている。「面倒な客」である自覚は、そこそこある。

securedownload
(オペを待つAT130さん)

リーダー「今日は先ず文句から」
N.G.W「来店早々?」
リーダー「私設スポークスマンたるワタクシの許可無く休日を決めるとは如何なる所存か?」
N.G.W「はいはい、で、今日は?」
リーダー「うむ、このギターである」
N.G.W「見地が無いメーカーですな・・・・どこの?」
リーダー「Jazz Guitarの名店、WALKiN’さんのオリジナル・ブランドである。寺田楽器製だがな」
N.G.W「え?ジャズやるんですか?」
リーダー「と言うか、元々休日は米軍基地でジャズを披露・・・」
N.G.W「絶対嘘だね」
リーダー「ちょっとシャアっぽくて良いでしょ?この色?」
N.G.W「うーん、もう少しピンクが混じって無いと、シャアっぽくは・・・・」
リーダー「黙れマニア」
N.G.W「で、何をすれば良いんですか?」
リーダー「(上記改造依頼を話す)」
N.G.W「諸々了解、と言いたい所ですがね、ポットは既にCTS製だし、ジャックとスイッチはSwitchcraft製ですよ?」
リーダー「(劉邦より三斉を与えられた韓信並みに驚く)なんですと?」
N.G.W「つまり貴方は、同じ製品から同じ製品への交換をすると、こう言う訳ですな。流石は魔改造マニア。同じメーカーでも個体差があるか、を調べようと・・・・」
リーダー「貴様が大事にしている机の上の萌えフィギアにOD-1を全力投球して良いって言うならその皮肉続けて良いザマス」
N.G.W「ピックアップはどこのメーカーですか?」
リーダー「それが分からんのだ」
N.G.W「てかこれ、蠟漬け処理してありますよ」
リーダー「(劉邦より三斉を与えられた韓信並みに驚く)なんですと?」

securedownload (1)

N.G.W「メーカーは分かりませんねぇ・・・・台座の色からGOTOHではなさそうですが」
リーダー「ふぅむ。値段の割には造りも良いし、パーツもハイスペックだなぁ・・・・」
N.G.W「で、蠟漬け処理どうします?」
リーダー「え?してあんでしょ?」
N.G.W「いや、していても未だハウリングが起きるから、更に蠟漬け処理してって依頼じゃないんですか?」
リーダー「いや、店先でしか試してないから分からない」
N.G.W「せめて・・・・せめて試してから持って来て下さい」
リーダー「試してから改造しても面白くないじゃないか」
N.G.W「で、TUSQはお持ちですか?」
リーダー「無い。在庫有る?出来ればXLで」
N.G.W「ありますけど・・・・在庫は黒しかないですね」

securedownload (3)

リーダー「じゃ、それで」
N.G.W「へ?色変わっちゃいますよ?」
リーダー「改造した感じが出て、それが良い。と言うか、少し位見た目が変わってくれないと困る」
N.G.W「余程近くで見ないと分からないですよ?」
リーダー「分かる人さえ分かれば良い」
N.G.W「何人位想定してます?>分かる人」
リーダー「2~3万?」
N.G.W「多分、ゼロです」
リーダー「・・・・・」

そんな会話をしつつ、話題はNHKさんの日本のアニメ ベスト100へ。

【総合】
1位 TIGER & BUNNY 2011年
2位 劇場版TIGER & BUNNY The Rising 2014年
3位 魔法少女まどか☆マギカ 2011年
4位 ラブライブ!(第1期) 2013年
5位 ラブライブ!(第2期) 2014年
6位 劇場版TIGER & BUNNY The Beginning 2012年
7位 コードギアス反逆のルルーシュ 2006年
8位 カードキャプターさくら 1998年
9位 ラブライブ!The School Idol Movie 2015年
10位 おそ松さん 2015年
11位 銀魂 2006年
12位 ジョーカー・ゲーム 2016年
13位 銀河英雄伝説 1988年
14位 新世紀エヴァンゲリオン 1995年
15位 コードギアス反逆のルルーシュR2 2008年
16位 ご注文はうさぎですか? 2014年
17位 機動戦士ガンダム 1979年
18位 デジモンアドベンチャー 1999年
19位 PSYCHO-PASS サイコパス 2012年
20位 ソードアート・オンライン 2012年
21位 CLANNAD ~AFTER STORY~ 2008年
22位 ガールズ&パンツァー 2012年
23位 ハイキュー!! 2014年
24位 名探偵コナン 1996年
25位 氷菓 2012年
26位 劇場版魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語 2013年
27位 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2009年
28位 進撃の巨人 2013年
29位 宇宙戦艦ヤマト 1974年
30位 少女革命ウテナ 1997年

「日本のアニメは死んだ!」とスケールの小さいジョニー・ロットンの様な事を言い出す小園氏。氷菓のランクインは評価するものの、三月のライオンと文豪ストレイドッグスがランクインしていない事に立腹したワタクシも同調。「1位はサザエさん?ドラえもん?」と、的外れな上にどうでも良さそうな顔の多田社長。

それにしても知らぬアニメがこんなにあるか。「ご注文はうさぎですか?」とは何とも秀逸なタイトル。大ヒットして居たら「ご注文はうなぎですか?」と言うタイトルのAVがでそうであるなと思ったり(「最低!」と呼ばば呼べ)。

思いの外長話をしてNaked Guitar Worksを後にし、ナポレオンキッシュへ。

井之頭五郎を気取ってランチを・・・・とも思ったが、思いの外お客さんが多く、混雑時の一人客程迷惑な存在はあるまいと家人に頼まれたキッシュを3種類買って帰って来た。

securedownload (2)


securedownload (4)

深谷葱のキッシュ、ベーコンとポテトのキッシュ、そして桜エビのキッシュなのだが、全て同じに見えるのは撮り手の腕前の所為である。全て家人の胃袋にフェードイン予定。

浅草界隈を少しぶらつこうかと思ったが、祝日で人の出が多く、体調も万全で無い事から一旦帰宅し、午後から楽器屋巡りへ。

家人が居ない祝日ともなれば、そりゃあ楽器屋を巡る訳だよ。

本日のBGMは、なんとなくChvrches。



(僕個人の資産にしては)お高いギターを買ったので、不使用の機材を幾つか処分。

御茶ノ水から秋葉原の定番コースをぶらぶら。

ついつい見ちゃうP-90。

「ピックアップ交換でその効果を感じる事は多くない」と公言して憚らぬ僕であるが、そう言えるだけ色々と試してきた自負はあるのだが、最終的にそうお高くないDiMarzioが一番良かったりして、経験則はあっても自信が無いと言う状態なのである。

そんなワタクシでも「これは・・・・凄いな」と常に感じさせてくれるのはGrinning Dog Studioさんのピックアップであり、同工房のP-90、矢張り欲しいのうと思いながらの楽器屋巡りであった。

千石電商さんではP-90を観察。こちらで売られている物と同じものがAT130にマウントされているのではないかと思ったが、微妙に違う。一体どこの製品なのか、謎は、深まる。

御茶ノ水から歩いて帰宅。御徒町周辺の混雑を避けるべく歩いてみようかと思ったが、アメ横に用事ありで混雑の中を突撃。

時折、混雑の中真空状態になっているような場所があり、そう言う場所を発見するとなんとも嬉しくなるワタクシなのでありますが、本日は秋葉原とアメ横でそれを味わえたと言う幸運。

食事を済ませ帰宅。

空が本当に綺麗で、散歩するのに打って付けの日でした。体調が万全であれば、もう少し歩きたかったなぁ・・・・。トータル10km程歩いたが、歩き足りない感じでした。

本日の戦利品。

securedownload (3)

0.11~0.49のElixerの弦、Volume、Toneの記載があるノブ、金属製のスイッチのつまみ、そしてポリッシュ。ポリッシュ以外はAT130用です。

さて、AT130、果たしてどうなるか。

想像を越えたハイスペックなパーツと丁寧な造りに今更ながら驚いたのであるが、今回の改造でそのサウンドは大きくは変わらないだろうと思う。

ロック式ペグに交換した事でテンションは下がろうが、元々「弦のシャフトへの巻き数」でサウンドの違いを感じる事は出来無いワタクシが、それを感じるとは思えぬ(弾き心地の変化は分る事が多い)。

ブリッジを固定した事による変化は、過去、TokaiのES-335タイプで試した際も分からなく、これも分かるとも思えない。

ナットをTUSQにした事による変化、も、恐らく分からないであろう。

今回は、総合調整含め「サウンドの変化を求める」より「機能性と弾き心地を向上させる」の趣旨が強い。

サウンドの変化と言う意味では、今までその効果をあまり実感出来ずにいたピックアップ交換でありますが、矢張りそこを弄らないと分からないのかなぁ・・・・。同じP-90でもアルニコ磁石の種類とターン数、要するに「出力の違い」が顕著で無いと分かり難い様にも思うのだが。

なんせ「乗せてみないと分からない」のがピックアップでありまして、はてさてどうしようと逡巡中。

因みに、過去少しの期間P-90をマウントしたギターをバンドで使用していた事がありますが、P-90って単独では良いなぁと思うんだけど、バンド・アンサンブルでは埋もれがちなピックアップにも思います。

フェンダー系のシングルコイルよりレンジは無いし、ハムバッカーより出力は低いしと、言葉を選ばずに言えば「中途半端」にも思う次第。

そんなん考えながら、You TubeでP-90の動画を見てたら下記発見。



Parkerと言うギター、我がバンドのリード・ギタリストが持つとギャグになるが持つべき人が持つと様になるのであるなと認識せざるを得なかった、木曜日の夜の事。

そう言えば、此処最近このBlogの記事でこれがよく閲覧されている模様。理由は分かりませぬが。

使い易さで言えばJava Boost、60年代風味のジリジリ感を求めるのであればBeano Boostをお勧めします。僕が試した限りでは、です。

連休便り~その① 5/2編

リーダー

リーダーです。

さて、GW、ですね。

GWと言えば、思い出すのが桜。

「何を馬鹿な事を言っているんだこの汚染物質が!桜はとうに散ってるだろがっ」と罵声を浴びせる前にこちらご覧下さい。

18年間生まれ育った故郷(と言うか正確には違うけどご容赦)では、今時分に桜が咲く。

亡くなった叔父に誘われ、この時期渓流釣りに行く事を常としていたのだが、その道中で桜をよく見掛け印象に残っている。

「桜は不気味で好きじゃない」と以前書いたが、最近は好きだ。

不気味に思った理由は、まぁ、色々とあるし、過去に書いたので割愛。

桜は、今でこそ国花扱いされるメジャーな花だが(実際に日本の国花は定まっておらず、「菊と桜」が不文法的に国花とされている模様。国石は「水晶」と定められているのにねw)、日本全国に広まったのは意外と新しく、日露戦争の勝利を願っての献桜で、日本全国で苗木が大量に植えられて、と言うのを聞いた記憶がある。そりゃ、戦争に桜のイメージがある訳だわ。

ま、それは兎も角・・・・。

GWで御座いますね。

GWは一度家人と日光に行ってその混み具合に辟易して以来「GWに観光地に行くのは止めるで候」と、夫婦間で珍しく意見が一致し、ゆっくり過ごすのを約束としている。

そんな訳で、例年のGWは家人の実家に日帰りで顔を出す程度に止めているのであるが、このGWは所用で家人が二泊三日で帰省する事と相成り、寂しい振りをしつつ「何して過ごそうか」と脳内のタコメーターが早くも振り切れているのである。

さすれば、先日入手したAT130の改造を・・・・と思い、そのパーツ集めを、家人が友人と飲みに行って遅くなると言う事でレッドブル無しで翼を授けられた5/2からボチボチと始めたのである。

と言う訳で、5/2の会社帰りに入手したのはこれら。

securedownload

securedownload (1)

そう、GOTOHのマグナムロック式のペグ、SD90-MGと、Freedom Custom Guitar Reserchのロック式のブリッジ、Lockable Bridge SP-B-01Nである。どっちも「ロック式」であり、どちらも定価では無くお値打ち品と中古品と言う・・・・w。

ペグは、まぁ何度も書いていますがこのペグが好きなので購入。仕様変更前の箱だったのでお安くなってたので飛び付いた。ボタンは白。不人気色なんだろうなw。

securedownload (1)

マウントされているのはSD90の白なので・・・・傍目には交換が気付かれないのが悲しい所ミソである。

ヘッド角度がきつい所為か、シャフトへの巻き数が多い弦は少々きつさを感じ、交換しなきゃと強く思った次第。

ブリッジはロック式のブリッジで、G6120DCにもマウントしたFreedom Custom Guitar Reserchさんのそれ。G6120DCにはチタンの駒のを選択も、秋葉原HARD OFF楽器館で中古入手したのはニッケルの駒の物。拘ってじゃなくて、安かったからw。因みにナイロン駒の中古も売っていた。足繁く楽器屋巡りをしていると、どの店で何が売っているか、結構把握出来ていて宜しい(?)。

現在マウントされているブリッジはGOTOHさんので、互換性は確認済み。交換を目論んだ理由は、弦交換の度にブリッジが外れるのは物臭な僕には耐えられぬからである。1本ずつ交換すれば外れないが、弦交換の際には清掃したいので弦は全部外すワタクシ。その都度弦高調整とか、面倒臭いったらない。

中古品で溝が合うか懸念したが、まぁ、その辺の処理も
Naked Guitar Worksでやって頂けるだろうし、NGだったら駒を交換しようと思う。

で、改造と言えば今回、ピックアップ交換はしないでおこうと思っている(現時点では)。

理由は、サウンドが良い事に加えノイズが滅茶苦茶少なくて、交換したいと思えないのである。

サウンドについては、ネックの太さの影響もあろうかと思うが、そのノイズの少なさに驚いて、「これでハウリングしなければ言う事無しだな」と思ったからである。

ノイズの少なさについては、此処でも書かれているが、このノイズの少なさはちょっと感動である。どこのメーカーの品なのだろう・・・・国産に拘ってって事だから、GOTOHさんの様な気がするのだが・・・・。

因みに、Walkin'さんに伺ったところでは、Lindy  FlarinのP-90とDuncanのAntiquityのP-90は所有者の方で交換した実績があるらしいが、ネットで値段とか調べちゃ駄目だぞ、調べるんじゃないぞ>俺。

ま、ピックアップ交換って、実は他のパーツ交換程その効果を実感する事少ないんですよねw。今までピックアップ交換して感動したのは、Grinning Dog Studioさんのだけだなぁ・・・・あ、P-90タイプ、売ってるのか・・・・ほう、蝋漬けもしてくれるのか・・・・国産に拘ったArchtop Tributeに国産のGrinning Dog Studioさんのピックアップの取り合わせ・・・・これは渋いんじゃないか、とか、考えちゃ駄目だぞ?>俺

その他交換したいのは、ポットをCTSのミリサイズのそれに、ジャックをSwitchcraftに、0.10~0.46に合わせてナットを交換し、ピックアップを蝋漬けし、を考えてるのだが、これらのパーツはNaked Guitar Worksでも入手出来るので買わずに。

では、明日家人を見送って早速・・・・と思っていたら5/3はNaked Guitar Worksがお休み。

Naked Guitar Worksの私設スポークスマンを自称するワタクシの許可無しに休むとは如何であるかと怒髪天を衝く思いに駆られながらこの場末Blogを更新している。

5/4は義実家に行くので行けないし、5/5となってしまうではないか・・・・ふざけるんじゃないっ。

こどもの日を前に子供染みた怒りで、今日のBlogを締めたいと思う。明日は、どうにもこうにも気に入らぬスイッチのつまみを買いに行くと言う、ニッチな行動をしようと思っている。需要はゼロだろうが、更新する予定で御座います。

徒然と、ギターを弾く

リーダー

リーダーです。

この時期の衣装と言うものは中々に難しく、街を歩けば「寒くないのかなぁ?」な装いの人と「熱くないのかなぁ」な装いの人が入り乱れておりますが、個人的には「薄手のセーター一枚が一番良いのでは?」と思って居たり。

そんな最中、某知り合いから「今の時期ってどんな恰好したら良いと思う?」との問い掛けをメールで受け、「薄手のセーター1枚が丁度良かろう」と返信すれば、「ズボンぐらい履こうよ」とのレスを受け、僕と言う人間がどの様に思われているのか甚だ不安になったのである。

上品な人間で無い事は自他共に認める所であるが、流石に外出時にはズボンは履く訳で、こう言う芸風でも無い。



家人が髪結いに出掛けた日曜日。

天気の良い一日だったので、ぶらぶらと散歩を・・・・とも思ったが、鬼の居ぬ間に家でのんびりとギターを弾く事を選択したワタクシ。うん、至福のお時間。

こういう時は、敢えてメインの360C63は避けて、普段使わぬギターを中心に愛でる。ギターを数本所有しておりますが、意識して弾かないと弾かなくなるギターもありまして、なんか可哀想でね。

そんな訳で手持ちのギターを彼是と弾いたが、本日主に弾いたるはES-330

securedownload

太いグリップと、高目のフレットが・・・・、なんとも弾き難いw。

グリップがもうちょい細くて、フレットが低ければなぁ・・・・と思いながらも弾く。弾き難いとは言え弾けぬ事は無く、且つこのサウンドが好きなので、弾いてて楽しい。

マウントされているP-90ピックアップ、僕はこのピックアップが大好きで、特にそれが箱物ギターと組み合わさった時には地べたをゴロンゴロンしたくなるくらい好きなのである。

「太いシングルコイル」たるP-90と箱物ギターの組み合わせは、肝はフロントの音量に思え、フロントを上げ過ぎると低域が強過ぎる(僕には)。敢えてブーミーにするのも有りかと思うが、時と場合によりましょう。

んでまぁ弾いてましたら、「ああ、僕がセミアコに期待するのはこういうサウンドで、で、その為にはピックアップがシングルの方が良いんだ」と思いました。

で、GretschはG6609TG、あんま欲しくなくなっちゃったと言う・・・・w。

そんなんしてたら1本欲しくなりましてね。フロントがシングル・コイルで、出来れば軽量なアーチトップの箱物ギター。

「ES-330で良いじゃん」と言われそうだが、兄からの借り物で邪険に扱いたくないので・・・・、魔改造可能なのをw。

とは言え、以前ES-330(66年製だったかな)を弾いていた時に、ハウリングが酷くて「もう、あたい、これ弾かやいっ」と売ってしまったので、バンドで使うならその対策を如何致そうと逡巡しつつ、「今の知識を以ってすればなんとかなるかも」との甘い考えもありw。

Kobazo先生がCasinoを買って、なんか羨ましくなったのもあるな、うん。

欲しいのは、Gary Clark JrのSignatureのCasinoだが、既に売っておらず、はてさてとネット検索。

それで「おぅ、これは・・・・」と思ったのがありましてね。

お値段もそんなに高くなく・・・・うん、何とかなりそうな範囲。

さて・・・・どうしましょw。
livedoor プロフィール
登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ビクシー避難所