四鬼夜行

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

四方山話

週末模様

リーダー

リーダーです。

先日、家人より先に家に着いたワタクシは、「どれ、偶には拙者が料理をしやうか」と思い立つ。

料理は嫌いではない。後片付けも面倒に感じた事も無い。母が入院していた際は、大学生で暇だった僕が家事の一切を担っていたのだが、苦痛に感じた事は無かった(まぁ夢中だったしね)。

で、食材を確認してみた所、以下を発見。

・お米
・味噌
・かき菜
・ベーコン
・シラス
・納豆
・ブロッコリー
・卵
・刻みニンニク

それ以外もあったのだが、まぁ、上記で調理開始。

炊飯し、先ずはかき菜と溶き卵の味噌汁を作成。

溶き卵は余熱でフワフワを演出し、かき菜は茹で時間20秒ほど。それ以上やると、かき菜が草臥れて折角の春野菜の香りも飛んでしまう。

続いて、ベーコンとブロッコリーの炒め物。

オリーブオイルを温め、刻みニンニクを焦げる程炒めたらブロック状に切ったベーコンを投入しカリカリに。

その間、レンジで軽くブロッコリーを温め少し柔らかさを出し、一口大に千切って胡椒と少々の塩、刻みニンニクを追加投入し味付け。

箸休め、的に納豆のシラス和え。うん、料理ではないなw。時間があればごま油でシラスを炒めて納豆と和えたかった。

出来上がりは、まぁ満足行くものであった。本当は、ベーコンでは無くアンチョビにしたかったが止む無し。海老と言う選択肢はない。甲殻類には嫌悪感しかない。

と、一通り「家事に協力的な俺」をアピールさせて頂いたのであるが、趣旨は其処ではない。

上記のブロッコリーとベーコンの炒め物だが、家人に「味付けにお醤油入れた?」と言われ、使用していなかった僕はそれを否定したのであるが、確かにお醤油の味らしい香りがしないではない。

醤油的要素が何処にあるのか気になり、怪しきは刻みニンニク(Made By 桃屋)かと原材料を確認してみたがよく分からなかった。食後の皿にはメイラード反応を感じさせる色彩が確かにあったが、理由を追求するには僕の知識では限界である。

そう言えば以前ラーメンにオリーブオイルを垂らして食した事があるのだが、煮干出汁の様な味がして驚いた事があり、人の舌とは不思議なものよのうと思った事があったっけなぁ・・・・。


さて、桜が開花して華やかな雰囲気となった帝都の週末。

そんな華やかな週末に、ゆったりこんなのを聞きながら。



城達也さんの声を聴くとなんかこう、色んなものが浄化される気がする。

「それでは皆様、さようなら」で閉めて、2か月後に亡くなったってのはなんともまぁ、綺麗ですな。綺麗過ぎる程に、綺麗です。

触発されてなんかムード歌謡が聞きたくなって、思わずレイモン・ルフェーブルなんぞを聞いちゃったり・・・・はしなかったが、暫しジェットストリームに癒されたのである。

花冷え、寒の戻り、の週末であったが、それも真冬の寒さとは矢張り違って、寒さも少し遠慮がち。

そんな土曜日、僕はフレットの部分擦り合わせを依頼したJaguarを受け取りに、Naked Guitar Worksに足を向けたのである。

リーダー「やぁ、気分は如何か?」
NGW「至って平常運転で御座います。受け取りですな」
リーダー「左様」

~暫し確認。相変わらず良い出来映えである~

リーダー「有難う。ところで最近はどんな依頼が多いのかね?」
NGW「・・・・どこぞのBlogに触発されてか、不可思議な改造が徐々に増えておりますな」
リーダー「ほっほう?で、どんな?」
NGW「中国でボディとネックを作成したギターの改造、とか?」
リーダー「改造ありきで注文していると言う訳か」
NGW「そう思料している。まぁ、技術力が上がって良いんだがね」
リーダー「その割には浮かぬ顔。如何致した?」
NGW「・・・・汎用性と言う意味では、その向上した技術を生かす場所が少ないのが悩ましい」
リーダー「いっその事、”非合法な魔改造店”を売りにしては如何か?」
NGW「意味が分からぬ」
リーダー「いや、例えば表向きは饅頭屋なぞにしてだ、気怠い感じの酒焼けした声を持つ中年女性に対応させてだな」
NGW「・・・・」
リーダー「で、客が合言葉を言う訳だ。そう、例えば”讃美歌13番を聞いた事はあるかね?”とか」
NGW「・・・・で?」
リーダー「そうすると、その女性が机の下にあるボタンを押す。そうすると、壁にある小窓がちょいっと開いて、”やぁ、あんたか”とか言いながら、隠し扉から君が出て来る、と」
NGW「・・・・」
リーダー「で、部屋に入った俺が、徐に”頼みたい事がある”と言いながら壁を背にして葉巻を吸う訳」
NGW「・・・・なんかどっかで聞いた事がある感じになって来ましたな」
リーダー「そして君は呆れた様に言う訳だ、”とんだ客に見込まれたもんだ”って」
NGW「どう考えてもアレでしょ?」
リーダー「で、俺は言う訳だよ、”俺が聞きたいのはイエスかノーかだけだ”とな」
NGW「えーっと、なんか言おうとして忘れちゃったな・・・・ああ、思い出した”そろそろ帰れ”」

帰路、浅草寺の境内を少しばかり歩く。

securedownload (3)

 securedownload

枝垂桜は二分咲きと言ったところか。満開の花は「どうだあ!」って感じで威圧感があるが、これ位だと可憐で宜しい。ああ、夜桜も良いな。散る時も、良い。

桜は薄気味悪くて好きじゃなかったんだが、此処に越して来てから好きになった。季節を感じさせてくれるものは、基本好きである。

空腹を覚えたが、家人はなんか胃が重いとの事で汁物のみにすると言っていたので、では自分のものを買って帰ろうとお気に入りのナポレオンキッシュで、ランチにとミートパイとキッシュを購入。

securedownload (1)

持ち帰れば、自然な流れで家人の胃袋にフェードイン。・・・・何故?

その他、ペリカンのパンも購入。

securedownload (2)

僕はあまりその価値が分からぬが、家人と母は喜ぶ。パンは、焼き立てであればどれも旨いと思う。

暫しJaguarに向き合ったのだが、うむ、矢張り、良い。

ネックがもう少し薄かったら、「これが俺のギターだぜ」と格好付ける所であるが・・・・。

BlogPaint

コンペティション・ラインを入れたくなったんだけど・・・・それこそ魔改造だなw。

少し弾いてて、フロントにリアのDP188を移植し、リアはザクリ入れてもP-90ってのも良いなぁとか良からぬ事を考えはしなかったですよ、一切考えてませんよ?検索とかしてませんって。



1:15からのサウンドが良いなとか言って無いって言ってんでしょうがっ!LollarかTV Jonesだなとかデジマートとか何言ってんだ貴様っ。

家人に誘われ、食事がてら上野恩賜公園に2分咲きの桜でも見に行きませうか、と外出。

securedownload (3)

少しばかり咲いておりました。

securedownload (1)

提灯ってなんか、哀愁あって宜しい。

securedownload

場所柄か、提灯の公告が特徴的でありました。 

帰宅し、録画してあったガンダムUCを見る。

感想「なんじゃそら?」で、御座いました。

ガンダムって、1st以外は大団円的な感じで、駄目だなぁ・・・・。 

NAZCA LEATHERのストラップを購入(2本目)

リーダー

リーダーです。

アニメ「三月のライオン」が凄く面白くて、毎週楽しみに見ていたのであるが、第1シーズンが終了してしまい、大変ガッカリしていたのであるが、第2シーズンが2017年10月始まると聞き、今から楽しみな訳である。

mainvisual01

続きが気になるので漫画を買おうかと思ったが、なんかこう世界観が少し違う気がして自粛しちゃっている。実写版は、個人的には論外である。

漫画が好きな人からすればアニメの方が論外なのかも知れないが、そこで世界観が固まってしまった僕としてはアニメで続きが見たい。

と言う訳で10月からの放送を、4/7から始まる再放送で復習しつつ待ちたいと思う。

英題が「
March comes in like a lion」である事に最近気付き、それはイギリスの天気の諺「三月はライオンの様にやって来て子羊の様に去る」からと思料しているが(違ったら御免なさいよ)、そんな三月に我が家にやって来たのはストラップである。


と言う事で、はい、どどんっと。

securedownload


NAZCA LEATHERさんでRickenbackerは360C63用(って訳じゃないけど)にストラップを購入。

以前買わせて頂きまして、今回が2本目。

僕がオーダーしたのは、上記リンク先にあるNo.1-011で、「ロック・タイプ」と呼ばれるもの。色は見ての通りのブラック。

Ricknenbacker購入時に着いて来た、同社純正の黒のストラップを持っているので、George Harrisonに倣って切って使おうかとも考えたが、「なんか勿体無い」と思っちゃう貧乏性。

george392655_2837342902394_1523882584_32831998_1549274570_n
(Rickenbackerを抱える最も静かなビートルと若き日のサーのお姿。
サーのお顔はご愛敬

Georgeのストラップって、色は黒かと思ってたがマルーンかな?

今まで使っていたストラップも嫌いじゃないのですが、硬いのと、滑り易いのが気に入らずで。

f654269f
Couchと言うメーカーのストラップ。デザインは大好き)

でも、レザーだと、なんか好ましい長さの市販品が無くて・・・・と言う訳でオーダーメイド。

購入動機はもう一つあって、NAZCA LEATHERさんのストラップって、疲労感が少なくて、それが気に入っちゃいまして・・・・。

購入したストラップの素材は「ヴィンテージ」と呼ばれるそれ。艶無しで、バックルは前回同様こちらのNo.21をチョイス。

ピン穴からピン穴までの長さは、105cmを中心に11595cm2cmずつ調節可能。±10cmの可変幅が取れる仕様なので、その長さに。 

NAZCA LEATHERさんのストラップ、非常に柔らかく、身体へのフィット感が素晴らしくて、「良い位置に構えたら程んど動かない」んです。

それを是とするか非とするかは人それぞれでしょうが、僕は絶対に「是」であります。

ヘッドが重くてギターのヘッドが下がっちゃう人にはお勧め。 

NAZCA LEATHERさんのストラップは一枚革で縫製が無いのが特徴的。故に大変しなやかで気持ち良い。

securedownload
(Montreuxのストラップ。見え難いですが皮を二枚張り合わせて縫製しています。その所為か硬い。てか、合皮なのかな)

「既製品よりハンドメイドの方が良い」とは言わないワタクシですが、少なくてもストラップに関してはこのハンドメイド品の方がベターな気が致します。名前も掘って貰えるので(プレス処理での刻印だそうです。「掘る」ではないかw)、「特別感」に大変弱いワタクシはそれだけで萌えるw。

ストラップでお悩みの方は、一度お試し下さいませ。 

連休便り

リーダー

リーダーです。

春分の日を明日に控え、僕以外のフジコ・オーバードライブのメンバーの脳並みに陽気な日となった連休の中日。

此処最近散々改造を施し、最早外観以外は総取り換えとなったJaguarをつま弾けば、3、4弦の1、2フレットに嫌なビビりがあり、「む?」となったワタクシ。

securedownload (1)
(ネフェルピトーに殺され改造されたカイトの如くのJaguarさん)

ネックをチェックすれど異常なく、では弦高の調整で解消しようかと思うも、「特定フレットだけビビるとは弦高にではなくフレットに問題あるって事か」とフレット擦り合わせを決意。Naked Guitar Worksに向かったのである。

其処此処から漂う線香の匂いと、花屋の軒先に並べられた仏花を見るに、彼岸である事を思い出すのであるが、陽気がなんとも街を騒がしくさせている様にも見える。

観音裏では、中年女性が老人の連れたペットに対し「可愛いにゃんね~何歳にゃんかね~」と猫言葉で話し掛けていたのであるが、その連れられたペットと言うのが犬であった事に戸惑いを隠せずに通り過ぎたのである。

Naked Guitar Worksで軽く見て頂けば、3フレット他数フレットが他のフレットより高くなっており、部分的な擦り合わせをしましょうかね、と相成る。

NGW「いつ取りに来ます?」
リーダー「お、明日祝日なんだね~」
NGW「で、いつ?」
リーダー「だから、明日祝日なんだよね~」
NGW「だから、いつだよ?」
リーダー「・・・・次の土曜日で良いですか?」
NGW「了解」

NGW「そう言えばRickenbacker買ったんですか?」
リーダー「思案中だが多分買わないな」
NGW「そりゃまた何故?」
リーダー「だってさ、Rickenbacker買ったらさ、良い感じに弾ける様にする為に、此処に来てフレット擦り合わせて貰って、Mastery Bridgeに交換して・・・・をしなきゃじゃん?なんか、面倒でさ」
NGW「・・・ちっ、気付きやがったか」
リーダー「あん?どういう意味?てか、知ってたんなら早く言えや」
NGW「ま、こっちも商売っすからね。”しめしめ、これで又幾許かの金を落とすぞあの馬鹿は”って思っても仕方ないでしょ」
リーダー「遂には馬鹿呼ばわりかコラァ!」

と、友好的な会話を済ませる。

チェーン店でありながら、我々フジコ・オーバードライブの練習日を的確に把握し、我々が到着した時には既にコースター等が並べられ、且つ注文する前に飲み物が届くと言うサービスっぷりを発揮する庄屋渋谷南口店さんのホスピタリティを小園君には少しは見習って頂きたいと思う次第である。

Naked Guitar Worksを後にし、楽器屋でも巡ろうかと思い立ったのであるが、その陽気に惹かれ待乳山聖天さんから隅田川へと足を延ばしたのである。

早咲きの河津桜は既に葉桜となり、来たるソメイヨシノの開花に視線を譲るかの如くの佇まいを見せ、椿は少し所在無さげに咲いていた。

securedownload
(椿と江戸時代の壁) 

隅田川沿いの一角では菜の花が咲き乱れ、ソメイヨシノの蕾は硬く閉ざされるも、赤みが挿した楕円形の塊は、爆発の時期を待ち構えている様であった。

securedownload (1)

securedownload (2)

未だ雪舞う小樽に住む母に、「北に居る 母に伝える 春隣」の句を添えて写真を送れば、「写真は40点、俳句は精々10点」との酷評の返信が届き、眩暈を覚え川沿いの壁に寄りかかれば、「あ、千点満点で」との追撃を頂き絶句したのである。

そこまで言うなら季語「春隣」で一句読んでみなされと母を挑発せしめれば、「鉢花も 風恋うる頃 春隣」と返され、残念ながら母の句に軍配が上がるを認めざるを得なかったのである。

川沿いを散歩し、このまま足を延ばし御茶ノ水へ行こうかと思ったが、なんせ衣服が厚過ぎたので一旦帰宅し、身軽になって再出発。服が軽くなるって、良いね、うん。

御茶ノ水で数件見て回れど心躍るものは無く、Rickenbacker、Gretschの幾つかに目が行くも、では買おうと言う意志が持てないでいる。

Rickenbackerに至っては、先の飲み会でTakayuki君に「散々弄っといて今更”色が気に入らねぇ”ってのはギャグなんですよね?突っ込んどきます?」と言われ、なんとなく尻込みしている状態(消費者物価指数が下がったらTakayuki君にその一因があると思って頂いて結構だ)。

そう言えば此処最近、GretschはG6120DCの中古をよく見掛けるのだが、生産中止で中古に流れたんだろうか?

securedownload

僕の所為で不人気に拍車が掛かり生産中止になったんじゃないかとナノレベルで心配している。

58379-7c7e366c40530f75cf8f068a8fb43e25

ほえほら、若き日のクラプトンも使ってるんだから、貴方一本如何ですか?

温暖な気候に誘われ、場所を秋葉原に移せば、いつも以上の混雑ぶりでリボレ秋葉原店へ直行した次第。

あれこれ見て回り、目を惹かれたのは、これ。

 

はい、EpiphoneのCentury。レニー・クラビッツ使ってたっけ?その印象あるが違ったかな。 

薄いボディにP-90一発の潔さ。

薄いボディの箱物ギターには独特の響き、サスティンではない音の広がりがあって、僕はそれが好きだったりする。

特にクリーンで弾いた時の響きが好きで、正直ES-335(貸出中)を愛でれなかったのは、それが余り感じられなかったからなのである。

試し弾きしようかな、と思ったが、「弾けば欲しくなる」し「購入意欲が高くないものをどんなもんかと弾かせて貰う」のは楽器屋さんに失礼に思ってしまう僕であるが故、ギターの前を何往復化して終わったのである。 

家人と待ち合わせ食事して帰れば、近所の小さな公園の桜は咲いていた。

securedownload (3)

ここで再度反撃の句を考え母に送ろうかと思ったが、春隣は、1~2月に使う季語だと思い出し自粛したのである。 

週末模様~終のギターとジャガーの話

リーダー

リーダーです。

終の棲家」と言う言葉がある。

何とも、清しい言葉だなぁと思う。

色々な事を経て、「ここで終わるとしよう」と言う決断を感じるその言葉は、なんとも言えぬ凛としたイメージがある。図らずもそうなったとしても、である。

で、此処最近「僕にとって”終のギター”とはなんぞ?」と考えたりしている。

ギターを弾くのを趣味としてそれなりに長く(にしては下手だがw)、それなりに色々なギターを弾いて来た訳で、「僕はこう言うギターが好きなんだな」と言う好みが分かって来た。

サウンドのみならず、形や色、使い勝手、それこそ重さに到るまに、自分の好みはこれなんだなってのが固まって来た。

僕の好みは以下となる。

・軽量(上限3.5kg程度)
・ローズ指板
・フラットな指板、若しくはRがきつくない
・スリムなネック
・フロントはシングルコイル、リアはハムバッカー。若しくはセンターで太い音が出る
・ミディアム以下のスケール

上記条件をクリアし、且つ見た目や色が気に入るか否か、との条件もある。

齢47ともなれば、そろそろそんなギターを手にしても良いんじゃないか?と思い、「はて一番近似値はどれだろね?」と考えた際、上記条件をそこそこクリアしているギターは、これだったりする。

securedownload
360C63
Rickenbacker)

「そこそこ」と言うのは、実はファイヤーグローの色合いが好きじゃなくって・・・・単色の方がね、好きなのです。

リアはロー・カット・コンデンサーの影響で所謂「ジャングリーなサウンド」なんですが、フロントは割かし太いサウンドが出て、センターにした際は、5th Controlでフロントの混じり具合を調整出来て、まぁ、使い易い。

それ以外は・・・・ああ、テールピースはフラットテールピースの方が好きだなぁ。

ネックシェイプは手持ちギターのみならず今まで手にしたギターで最も好きです。あんまそう言う人いないと思うけど僕は好きなんです。最初は「使い難いなあ!」って思っていたけどw。

フラットで、スリムなシェイプは本当に使い易い。

でも、この弾き易さを演出しているのは間違いなくMastery Bridgeに交換した為だと思う。

securedownload (1)
(Mastery Bridge M5)

オリジナルのブリッジって、微妙に指板のRと合ってないんですが、サドルの高さ調整が出来るこのブリッジへの交換で、弾き易さ(とサウンド)が劇的に良くなった。

交換以来、なんだかんだと持ち出しては弾いているのは、弾き心地の良さに因るものだろう。

で、それだけRickenbackerが気に入ったのなら、単色の330辺りを購入して、それを「終のギター」としようかな、とか良からぬ事を画策中。

rickenbacker-360-12-v24
(出典:http://rebel-guitars.com/preowned-rickenbacker-36012-in-turquoise/)

ターコイズのRickenbackerが欲しいのだが、今は売っていないカラーでね、中古で見付けたとしても、ちょっとしたお値段で、まぁ、手が出ませんわ。それ以前に松崎しげる色の俺には絶対似合いませんわってうるせえな。

ジョニー・マーの使用であるジェットグローは(僕には)定番過ぎるし・・・・



大体昔持ってたし・・・・

BlogPaint
(若かりし日のリーダーさん)

じゃあ、ルビーはって言うと、そりゃあこの人になる訳で・・・・



残るはメイプルだが・・・・メイプルってどうなんだろうな。

そんなこんなを考えてながら金曜日の夜に風呂掃除をした僕であります。

で、土曜日。

改造をお願いしていたJaguarが完成したとの事で、Naked Guitar Worksに向かう。

改造の他、調整もお願いしていたのだが、結果は至極満足である。

securedownload (1)

ネックのバリ
⇒見事に綺麗に整えられていた。エッジ処理が凄く綺麗。まっこと弾き易くなったぜよ

配線
⇒バンドで試さないと判断出来ず。強いて言えば「あれ、こんなにしっかり音出るギターだっけ?とは思った(但しプラシーボ込みw)。これは総合調整による効果かも知れない。

jaguar-wiring-diagram

こちらより引用)

変更したのは上記の赤と青以外の個所。

緑色のみギター配線材のド定番であるBeldenの8503の単線に、それ以外はクロス・ワイヤに。趣旨は、マスター・ボリュームからの出力をハイファイな8503にして、それ以外はロー・ファイな感じに、です。

総合調整
⇒3弦のビビりも解消され、弾き易くなった。

私見ですが、「しっかり調整されたギターん弾き易さ」って、テンションで分かる気がします。ギターには、その筐体に適した適正なテンションがあると思う。スティービー・レイ・ボーンは滅茶苦茶弦高高かったらしいけど・・・・w。

Naked Guitar Worksの総合調整は、いつもそれを感じさせてくれる。

小園氏「(領収書を書く)」
リーダー「あ、いいよ、領収書」
小園氏「まぁ、そう言う訳にもいかないんで」
リーダー「流石の青色申告優良企業Naked Guitar Works。税務調査で”このリーダーって奴はなんでこんなに頻繁に来るんだ?”とか聞かれたりしてな」
小園氏「裏付け調査とか来たら絶対嘘言うでしょ?」
リーダー「無論だよ、君。”そんな店知らない。行った事も無い”とか堂々と言うね」
小園氏「そしたら我々は報復措置として領収書を奥様にお届けしますので」
リーダー「それホントに死んじゃうから」

そんな会話をし、Naked Guitar Worksを後にすれば、大変可愛らしい幼子2名を連れギターを背負ったナイスミドル(死語)とすれ違う。

間違いなくNaked Guitar Worksに行ったと思うのだが、あんな魔改造専門店にお子様(だよな)お連れして大丈夫なんだろうか?俺の邪気を相当残して来ていると思うんだけれど・・・・。

帰宅してJaguarをじっくり弾いてみる。

Jaguarは、ネックのRがきつく、「もう少しフラットだったらなぁ・・・・」との気持ちが拭えない。

securedownload (3)
結構なRですよねえ・・・・?

因みに・・・・

securedownload (12)
360C63のブリッジ。Rの違いがお分かり頂けると思う。

そして・・・・色も、好きじゃないんだよなぁw。

Jaguarと言うギターは大変気に入ったので、ではもっとフラットな指板のJaguarはないのでしょうか、と気になり探してみる。



以前もチラッと書きましたが、このFender MexicoのClassic Player HH、2ハム仕様だが、シングルコイルの選択も出来て、指板はフラットで、Jaguarの欠点(?)である可動式のブリッジは固定されている現代風な仕様のJaguar。

これはずーっと・・・・いや、嘘だな、Jaguarをビクシ君から貰って以来、だな、
興味があったのだが、楽器屋さんで見掛ける機会が無く試せなかったのですが、御茶ノ水の某店で売られており、家人が髪結いに出掛けるとの事で居ても立ってもいられず急かされる様に御茶ノ水へ向かい試してみました。

結果、うん、これは僕は買わないw。

指板がフラットなのは良いのですが、ネックが割かしワイドで、僕にはちょい弾き難い・・・・。正直、Fender Japanのネックの方が断然握り易い(塗装はMexicoの方が断然好みだった)。

StratocasterにもFender Mexicoのネック付けたんですが、そっか、そう言えば結構ワイド(360C63及びJaguar比)でフラットなネックだったもんなぁ。装着したのはCネックだったっけ・・・・それが正式名称か分からないけど、そのネックのグリップは、僕は好みじゃ無い模様。

Cネックが好きって人が居るのも理解出来るのですが、僕には今一でした。残念。サウンドは結構好きだったんだけどなぁ・・・・。

Jaguarであれば、American Vintageとか、新しいAmerican ProfessionalとかのJaguarもあるし、ジョニー・マーのシグネイチャー・モデルもある訳だが、American Vintage及びAmerican ProfessionalはCネックなんで、
手持ちのJaguarの方が良いかなぁ。ワイドでフラットなネックより、Rがきつくても細身のネックの方が好みのグリップの様ですわ。

ジョニー・マーのシグネイチャーモデルはは分からないけど、ジョニー・マー所有の65年製のJaguarを参考に作られているとの事なので(65年製ならラウンド指板だと思うがジョニー・マーのシグネイチャーはスラブボードだったなぁ)、細身なグリップだと思うが、最近のジョニー・マーのサウンドって好きじゃないし・・・・(JaguarとGretschとRickenbackerのサウンドが出せるとの触れ込みだけど、そうは感じないんだけどなぁ)。

然らば、Rickenbackerは如何と相成りつらつらと見やれば、おお、なんか良い感じのギターが幾つもあるではないか。

これは行かん、行かんぞ、と、追われる様に御茶ノ水を後にしたものの、家人との待ち合わせには時間があり、リボレ秋葉原店に足が向く。

って、「チョイ傷特価」で並ぶ数本のRickenbackerの前で足が止まるワタクシ。

いかんいかんと超人的な精神力でその場を離れ、一周して又その場で足が止まる。うん、欲しい。

頭の中で預金残高と必要資金の減算をしていたら、Gretsch(ブライアン・セッツァーのシグネイチャー・モデル)を試し弾きされている人が居て、「ああ、Gretschってやっぱ良いな」と自我を取り戻し、何とかその場を離れたのである。あぶねーあぶねー。

この精神状態では仕事にならぬので、僕が心置きなくRickenbackerが購入出来る様に、黒いレス・ポール使いの上司のSさんには僕の査定を近畿財務局並みに不可思議なものにして頂きたいと切に願うのである(お前ホント怒られるぞ?)。 

アメ横で家人と待ち合わせ。

会社に持って行っている鞄の汚れが気になると言うので見に行ってみる。

僕個人は一向に気にならないのだが、家人曰く随分と汚れているとの事で、且つ「油臭い」と言われる始末。

俺は一体どんな臭気を発しているのかと訝しく思うも、そこまで言われたら仕方あるまいと鞄を購入したのであるが、アメ横の鞄屋さんは本当に安くて良い製品が多く、一つ購入したのである。

住居から近いので、こちらのバッグにしようかね、とも思ったのだが、そう言えばアメ横で購入した財布は気に入って長く使っており、相性が宜しいのかも知れない。

その後、バンドメンバーと忘年会をした中華料理屋で食事をしたのであるが、横に座られていた老女二人が「東京大空襲の時は大変だった」と話しており、そんな話に繋がったと思料される、6年前に大きな災害があった今日と言う日に、黙祷した僕である。 

週末模様

リーダー

リーダーです。

ちょいとバタバタしていた仕事が一段落した一方、次の一手に迷いもありなんとも落ち着かない此処最近。

疲れを癒すには何か買うに限ると思うが、欲しい物と言えばFender  MexicoのJaguarしかなく、散々Jaguarの改造をしておいて流石にそれを買うは如何と思い自粛。

securedownload

securedownload
(大喜利楽団フジコ・オーバードライブ全景。爽やかな青が全く似合わないリーダーさん)

前回練習で満足行く音作りが出来たものの、指板のRが気に入らず、があり、汎用性ではStratcasterには敵わず、故、「これ以上は使わないよん」と宣言しメンバーから呆れられたは記憶に新しい。

では、Stratcasterを使いましょうかね、とちょいちょい触っていたのですが、「そう言えばビクシ君が”箱物ギターの方が合わせ易いっす”と多分根拠無い事を言っていたので、久々に持ち出すはGretschはG6120DC

securedownload

おおう、指板のRが(Jaguar比)緩くて弾き易いのう・・・・と気持ち良く弾かせて頂いた次第。

securedownload
(出落ち楽団フジコ・オーバードライブの大先生落ち風景。鮮やかなオレンジもさっぱり似合わないリーダーさん。と言うかコイツに似合うギターなどあるのか?と、コイツ以外似合う生物を見た事が無いParkerを抱えるビクシさんとリーダーさんと洋服が被るTakayuki君)。

んで、先般購入した猫シールをば・・・・

securedownload (3)

securedownload

貼ってみた。うん、後悔しかない。

ミディアム・スケールで弾き易いのですが、ボディの厚さはそこそこあり、ソリッド・ギターに慣れたワタクシには矢張り取り回しが、ね。

と言う訳で、G6120DCより薄いボディのRickenbackerは360C63を取り出す。

f654269f

久々に弾いたが「Jaguarをセミアコにした様なギターだな」ってなサウンド。僕は大好きである。ロー・カット・コンデンサーの所為か、ピックアップの所為か。

フラットな指板とミディアムのスケールが弾き易い。塗装は、うん、好きじゃないw。

何と言うか、全て「帯に短し襷に長し」な感じである・・・・ううん。

まぁ、暫し迷おう。結局「フラットな指板のJaguar」が、今僕が望むギターなんだとは再認識したに終わった、試行錯誤と言うか堂々巡りをしていた土曜日。

エヴァンゲリオンのDVDをドラムのTakayuki君に返却する事と相成り、日本橋にて待ち合わせ。

Takayuki君の好物に卵があるが餃子と豆腐があるが、それが旨い店を知っていたので誘ってみる。

Takayuki君「あ、どうも」
リーダー「おっす。これDVD。長い間有難う」
Takayuki君「いえいえ・・・・で、なんでSK-Ⅱの袋なんですか?」
リーダー「ふっふっふ、貴様に女性化粧品の袋で持って帰ると言う屈辱を味合わせてやろうと思ってな。俺が普通に返すとでも?」
Takayuki君「・・・・俺、鞄持って来てんですけど?」
リーダー「・・・・・そう言う生き方、苦痛じゃない?」
Takayuki君「付き合い長いがその発言の意味が分からな過ぎる」

結果、僕と言う冴えない中年男性が、家から日本橋まで違和感たっぷりでSK-Ⅱの袋を持ち運ぶと言う屈辱を味わったに終わった。後悔はしていない。

リーダー「で、卵嫌いキャラの設定、いつまで続けるの?」
Takayuki君「は?」
リーダー「いやさ、濃ゆいその他3名のキャラに負けじとキャラ設定したのは分るけど、そろそろ食べても良いと思うぞ。大体”卵が嫌い”ってキャラ設定って今一分かり難いと思うんだよ。俺もそのキャラ設定忘れてた位だし。饅頭怖いとか、そんなん?」
Takayuki君「いや・・・・本気で嫌いですって」
リーダー「分かってるって、実は俺も、そんなにエフェクター好きじゃないしな」
Takayuki君「付き合い長いがその発言の意味が分からな過ぎる」

そんな発展性が何もない会話をしつつ、なんだかんだで3時間飲む。此処の餃子は本当に美味いが、個人的には豆腐のサラダが好きである。ベースの大先生が会社の飲み会で行ったんだっけ?

普段はメンバー4人で飲むのだが、久々に2人で飲んでみる。仲は良いけど2人で飲むと間が持たない人もいるが、Takayuki君は互いに遠慮が無いのか、苦ではない。そんな喋る奴ではないのだが・・・・。

日本橋駅までぶらぶら。明日は東京マラソンでこの辺は交通規制が色々と入るんだろうなぁ等と考えながら帰宅した、2.26事件前夜から81年目の夜。 

週末模様

リーダー

リーダーです。

先日、歩道の向かい側から小学校低学年と思しき男児2名が歩いて来て、その後ろから来た60過ぎと思しき男性が自転車で走ってきており、その小学生に向かって鈴を鳴らした上で「危ないなぁ!どけ!」と男児二人を歩道脇に追いやった後、鉢合わせとなった僕にも鈴を鳴らして「急いでんだよ!どけ!」と恫喝して下さる。

夏のエーゲ海より穏やかな心を持つと評判のワタクシは、「あぶねえのはテメエだクソジジイ!歩道で自転車乗ってんじゃねえよ!」と真摯に語り掛けた所、びっくりした顔と共に小声で「すいませんでした」と謝辞を述べた上で車道側へと移動して下さり、凄い勢いで走り去られたのだが、その後脇へ追いやられた男児2名が僕を「怖いおじさん」的な目で見ていたのは気の所為だったと思いたいごきげんよう。

さて、此処最近年末にビクシ君より譲り受けたJaguarをつらつらと弾いていたのですが、うん、改めて好ましいサウンド、弾き心地となったと自負しております。

securedownload (2)

グリップの厚さはそこそこあるが、スリムなネックが弾き心地良く、Rのきつさも、ハイフレットでチョーキングなんぞ一切しない僕には握り易い。

ペグやブリッジの交換で機能性が向上した事に加え、改造を施し汎用性も向上した。

殆ど使う人が居ないプリセットのサウンドは、柔らかいフロントのサウンドでコーラスやディレイを掛けると良い感じだし、(プリセットではない)フロントのサウンドは煌びやかなシングル・コイルのサウンドだし、リアはロー・ミッドが持ち上がった鼻詰まりなハムバッカー・サウンドで、歪ませた時に粘っこいロックなサウンドを演出出来るし、ロー・カットのコンデンサーを容量が大きいコンデンサーに変更した事で、ぶりぶりなサウンドも演出出来るしと、汎用性も然る事ながら、そのサウンドも大変使い易く、「俺のJaguarは良い音するぜ?」と自負しております。うん、最早Jaguarのサウンドとは言えないけれど・・・・と言いたい所ですが、やっぱり「Jaguar独特のジャキジャキ感」は残っております。

概ね気に入ったのですが、フロントとリアのミックスサウンドは、なんかちょっと訳の分からぬサウンド。フロント6割リア4割な感じのサウンドで、これを基準に音作りすると、フロントのみ、リアのみ、の際に使い難そうなのである。そう言えば、僕、Fenderのギターのミックスポジションって 本当に使わないわ・・・・。

入手時は「取り敢えず使えるレベルまで調整しよう」だったのが、いつの間にやら「僕にとって使えるJaguarにしよう」になり、此処最近は「次回ライブではこれを使ってみようか」と思うに至った経緯はどうでも良いのですが、「使うならマッチしたストラップが欲しいな」と思うに到り、
旧暦1月1日、新暦では2月11日の建国記念日に御茶ノ水に行って来ましたとさ。

御茶ノ水は思わぬ喧騒で、楽器屋さんも大変な賑わい。「欲しいけれどあまりお金出させるのも悪いなぁ」的な顔をしている親子連れで来ている少年や、店員さんに一生懸命質問している女学生二人とか、なんとも応援したくなる眩しさ。若いって素敵。

そんな中「最近のカスタム・ショップの木ってこの程度なの?」としたり顔で言ってるおじさんに殺意を覚えつつ、僕はストラップを買ったのである。

securedownload

G6120DCのストラップを買ったNazca Leatherさんにオーダーしようかと思ったが、どうせ夏頃までにJaguarも飽きてるだろうし、廉価な物で済ませました。

序に、ノブを交換しましょかね、と。

securedownload (2)

Combatさんのノブ。インチ規格だがCTSのポットの軸にはちと緩め。元から付いていたタイプの物に不満は無いのだが、Jazzmaster風な感じにしちゃいましょ、と、又要らぬ事を考えた次第。

securedownload

securedownload (1)

なんか・・・・野暮ったくなったw。

その後、楽器屋さんを数件回る。

ついつい目が行くのはJaguarなんですが、やっぱ、これは欲しいなあと思った。



自分のJaguarのサウンドが気に入らないレベルなら、買う算段を始めていただろうw。

ヴィンテージのJaguarも見掛けました。ネックにバインディングがあったがインレイがドットだったから65年製でしょかね。

で、それを見てて気付いたんですが、

securedownload (17)

ヨークが逆でした。1弦の方が山が高かったんですね。そう言えばそんなん読んだ記憶があります。ハイが出易いのかな。

ヴィンテージ・ギターには(歴史的意味以外で)あんまり興味が無い僕ですが、どんな音なのか気になり申した。お高いヴィンテージのJaguarより、HHのFender MexicoのJaguarの方が圧倒的に欲しいけどw。

その他、

securedownload (3)

猫のシール。フロント、リアのピックアップの間に貼ろうかな、とw。これで女性人気もがっちょり獲得(予定)。

「あ、そう言えば黒のDS-1!」と思い出す。

先日リボレ秋葉原店で売り切れで購入出来なかったのですが、「あれば買おう」程度だったので忘れていたw。「どうしても」のレベルでは無く「あれば」のレベルで欲している商品を探して見付からないガッカリ感は、風呂上りに便意をもよおした時のガッカリ感に似ていないか、と家人に問えどスルーされましたが、僕は分かり易い喩えだったと自負しております。

securedownload (1)

BOSSのコンパクト・ペダル発売40周年を記念して2017年限定で発売されているDS-1で御座います。黒の筐体に金文字の外観がCooooooooooooooooooooooooooooooooooool!!

DS-1、SD-1共に最近定価が下がった(¥5000だっけ)のですが、これは税別¥6000也。定価を同じにした方が売れると思う僕でありますが、BOSSファンとしては買わない訳には行かない。程度の良い中古よりお安いしw。

で、「態々レビューする程でもないか」と思っていたのですが、久々に使ったら思いの外良かったので書きたいと思います。てか、こんなに良かったんだと今更気付いた次第です、はい。 でも、JaguarにDS-1ってさ・・・・



だよね?好きだから良いんだけど。

さて帰ろうかと家人に電話をすれば、花を買いに行くとの事だったので待ち合わせをし中華を食す。

海老の塩炒め⇒家人が食す
餃子⇒4/5家人が食す
フカヒレスープ⇒家人が食す
叉焼の葱和え⇒1/2家人が食す
回鍋肉⇒リーダーが食す

お安い中華料理屋さんで、上記でも¥5000程度なのだが、拙者の回鍋肉は¥700で御座る。バンドでも家庭でも同じ扱いなのは気の所為だと思いたい。

まぁ、フカヒレは嫌いだし海老なんかもっと嫌いだし好物の回鍋肉食べたかったし良いんだけどさ・・・・「スープ頼まれてたので回鍋肉に付くスープの代わりに杏仁豆腐二つお持ちしました」とか、良いから、そんな気遣い・・・・。

真面目に話せば、どうも僕はお高い食べ物が好きじゃない。高級牛より吉牛が好み。三ツ星レストランより庄屋に行きたい。

「お母さん(家人からすれば義母)お料理美味しいのに、なんで貴方はそうな訳?」と家人に幾度と無く聞かれるのだが、間違いなく亡父の遺伝子でしょ。煙草もゴールデンバットが好きだしさw。

そして今のメインギターは、貰い物のFender Japanなのである。 

週末模様

リーダー

リーダーです。

えーっと、別途報告致しますが5月20日の土曜日にライブやります@上野御徒町(多分)。

今回は、ワンマンで、いつもの場所とは違いますです。

バーっぽい感じのライブハウスなんで、上野界隈遊びに来られます序に是非是非お越し下さい。

ライブのタイトルをいつも考える僕ですが、今回はなんか思い付かずで思案中。

「恥の多い人生を歩んで来ました」か「帝都歌会始」か「御徒町勧進帳」の何れかにしようかと思いますが、どれが良いですかね?>メンバー諸君

御徒町って事でユニクロに託けた名前も思案しましたがなんせ思付かず。「斎庭(ゆにわ)のクローバー」で約して「ゆにクロ」はどうかと思うも、意味を成さなさ過ぎでイヤハヤ。

さて、そんな最近ですが、土曜日は家人と待乳山聖天へ。

securedownload (5)

2年弱お世話になっていた会社で良くして頂いたSさんの安産祈願のお礼参りで行った際に、義母の為の願掛けをしていたのだが、落ち着いたので今度はそのお礼参りに。

securedownload (1)

securedownload (2)

境内の河津桜は5分咲きって感じでした。

securedownload (7)

メジロが花を啄んでいましたが、蜜を吸っていたのだろうか。

鳴き声は聴けずも鳴くまで待とうって事はせずってそれは時鳥だっ。

securedownload

水仙も咲いてました。実家の庭にも水仙が植えてありますが、雪割りに咲く水仙を見ると冬の終わりを感じたものでした。

で、家人とぶらり歩いて観音裏の某店で昼食。

securedownload (3)
インカの目覚めのスープ

securedownload (4)
オリーブとアンチョビのキッシュ

securedownload (5)
僕のメインディッシュである豚肉のソテー

securedownload (6)
家人のメインディッシュであるスズキのポワレ 

デザートは撮り忘れたが、美味しかった。僕のコースの方が豪勢なデザートだったが、言うまでも無くそれらは家人の胃袋にフェード・インしたんだぜ。

で、此処、滅茶苦茶美味しかったです。えっと、何処かは申しませんが、美味しくて落ち着けてそれでいてそんなにお高くないと言うお店を久々に発見した次第。メインと同じ位供えのお野菜が美味で驚いた。

間も無く家人の誕生日なんですが、食後に早速予約を入れた程の名店。

「桃李招かざれど下自ずから道を成す」と言うし、そう遠くない未来に混み合う事になるんだろうなぁ・・・・早い内に足繫く行っておこうっと。

N.G.Wの目の前を通ったので外から軽く挨拶。今日も忙しそうでありました。

帰宅して、ミックスダウンに取り掛かる。

次回練習は歌入れとなる訳だが、その前にある程度ミックスを済ませておけば楽であろうと自分の録音が終了した時点で取り掛かり始めたのであるが、「ん?なんでドラムのノイズこんなに多いの?」とか「なんでここ1トラックに纏まってんの?」と不思議に思いながらミックスし、「こんなんどぉ?」をメンバーに周知して来てたんだけど、以前の練習の席で

「あ、ドラム、あれ仮データで本データは別ですよ?」

としれっとTakayuki君に言われたワタクシ。

散々仮ミックスをしてその度にデータを送っていたのだからミックスしてるの気付いていた筈なのに何故もっと早く言わぬ!と激昂するも

「なんか、一生懸命やってたんで言い難くて・・・・」

と、「ごめんなさい、貴方の気持ち分かっていたんだけど・・・・言い出せなくて」的な事を言われる。

Takayuki君運転、リーダーさんナビで道案内していた際、「次の通りを右ね」と言うも直進し

「今、通り過ぎた所を右ですか?」

と答えたアナログディレイ男だけあると感心した次第。

そんな差し替えデータとビクシ君のギターのデータを追加しミックスダウン再開。

既に6曲出来上がっており今回は4曲だけなのだが、なんとも上手く行かぬ。

上手く行かぬ時とは誰かの所為にしたくなる訳で、スイッチノイズだの最後の音を延ばす所で変なノイズを大量に残しやがるビクシ君に殺意を覚えつつ進める。

次第にやさぐれ始め、「なんで俺がこんな事を・・・・」だの「どうせ誰も聞かないんだから・・・・」だの思い始める。そう言えば「なんで自分ばっかりこんな目に」と思っている人はこの世に何億人居るのかしらね。その殆どが自分の所為な訳だけど・・・・w。

ドストエフスキーはその著書「地下室の手記」で、その様な感情を「歯の痛みの様なもの」と称したが、なんとも上手い言い回しに思った。歯痛も誰の責任にも出来ないものねぇ・・・・まぁ、電2さんの痛ましい事件は、ちと違うレベルだけど。

そんなこんなでひーこら言いながら、歌入れレベルまで「こんなもんか」なミックスを終える。ミックスダウンする度に「プロって凄いよなぁ」と思い知らされる。いや、僕のレベルが低いのは分かっているが「お金が取れる商品」って、やっぱ凄いと思うわ。

為念でメンバーに周知し、大きな問題無ければ歌入れ下準備は完了。

さて、どうなりますやら。 

週末模様

リーダー

リーダーです。

寒い週末ですねえ。

土曜日は6:30AMに起きたのですが、寒い朝独特の凛とした雰囲気を感じたく、朝の散歩者となろうかと思ったのですが、諸処予定ありで自粛。

一部で大雪の様ですが、朝の東京は綺麗な青空でした。

週末模様と書き始めましたが、特段書く事も無く・・・・w。

Naked Guitar WorksにJaguarを取りに行って、ビクシ君と秋葉原で待ち合わせてMTR渡して・・・・まぁ、有り触れた(?)週末。

秋葉原で待ち合わせる際、

「ラジオデパート分かる?」
「いいえ・・・・すいません」
「アキバオーなら分かるけど?」
「アキバオー、幾つか店舗あるから分かり難くないですかね・・・・?
TRADER 2号店なら間違いないですわ
「分からないにも程がある。ゲーム系なら以前弟に付き合ってスーパーポテトってとこに行った記憶しか・・・・あ、じゃ、ハードオフの楽器館とか?」
「ハードオフあるんですか?」
「知らないの?じゃあオヤイデか千石電商は?」
「なんですかそれ?」

と、秋葉原に行く機会が多い二人だが、お互いの生息域が違い過ぎ、「共有可能な待ち合わせ場所」が無い事に気付く。結局ケンタで待ち合わせ。バンドマンとして正しいのは俺だと確信している。

ビクシ君と暫し話して別れた後、ハードオフとリボレ秋葉原店へ。

いえね、リズムマシンが欲しいと思いましてね。

「バンドでリズム流しながら練習ってのはどう?」ってな話になってまして、手持ちにあるのは古いし、持ち運ぶなら軽い物じゃないと嫌だしってんで物色。

バンドでリズムマシン流しながらにしましょかね、となった理由は二つ。

①リズムが揺れがちなので補正
②録音のシステム構築

①は、メトロノームでも行けるんですが、メトロノームの味気無さって演奏者のテンションを下げるよな、と言うので、リズムマシンでコンガなんぞを鳴らしながらやったら気持ち良く乗れるんじゃないの?との意向からリズムマシン導入を検討。

②は、我々の録音って、Takayuki君(ドラム)⇒ベースの大先生(ベース)⇒リーダー(ギター)⇒ビクシー(ギター)の順での録音となるのですが、常々Takayuki君が「初動でドラムだけ入れるとノリが作れぬ」と言っている事があり、であれば一発録り・・・・とするにも、残念ながら我々にそれ程のタイム感は無く、それを①で是正しつつ、そこで使用したガイドを以ってドラム以外から録音するのもありなんじゃ?その為のガイドを(クリック以外で)作るってみては?との意向(どう考えてもドラム後録りの方が大変だろうけど、まぁ、試行錯誤なんでw)。

ま、そんな意向からリズムマシンを探してみた次第。

で、幾つか「ほう?」ってのも見付け、さて、どれにしようかねぇ・・・・と逡巡。

ここは一度落ち着くべきだろう、と、我が心の寄る辺、ルノアールにて珈琲を啜りつつ逡巡。

選択するに重要なのは

・重くない⇒運搬を考えて
・直観的に使える⇒数曲やるに辺り操作性を求め
・多機能じゃない⇒作り込み過ぎを懸念して
・チープな質感⇒生ドラムとの平仄を踏まえ、音質の明確な差異を求め

かなと。

それで、「ああ、アレが良いか・・・・1万円程度だし」と思い立つも、そう言えばベースの大先生が「アプリで幾らでもあるんじゃないの?」と言っており、暫し検索。

で、見付けたのが、これ。



お安いので早速購入。実は・・・・お金(¥240)出してアプリ買ったの初めてw。

煙草吸い、2杯目の珈琲飲みながら、暫く夢中で遊んでいた。¥240でTR-808の音まで入手出来るなんて、凄い時代になったなぁ・・・・と感激していたが、そこでふと「これは・・・・遊べ過ぎる」と思った。

見て頂ければお分かりの通り、それなりな機能があり、少し作り込めば「これがあるのが前提としたバンド」に成りかねぬ、と思った。てか、僕の曲で流すものを作っていたんだけど、やっぱね、作り込んじゃう・・・・。

これでは、趣旨から反してしまう。

「多機能は目的を失わせるから多機能じゃないのをってのが前提だったじゃん!」と自分に突っ込みを入れつつ、見付けたのが、これ。



無料アプリなんですが・・・・うん、これ位に止めておくべきに思った。

コンガとか、個人的に大好きなカウベルの音色とかあればモア・ベターなんですが、まぁ最初はこの程度から始めるが正に思った次第。リズムマシンは「目的であって手段ではない」のだ。

と、試行錯誤しておいてなんだが、このプロジェクトは上手く行く気がしない。詳細は省くが、根源的な解決にはならないと思っている。

試行錯誤は「やっぱり、これじゃ駄目なんじゃないか?」との納得感が得られればそれで良いと思うので、このトライ自体は良いと思う。

ま、今回は録音の殆どを終えているので止む無しだが、次回は僕が初動でギターから録ってみようと思っている。突っ込みがちなギターを是正すべく、最近はバンド練習の録音物聞きながらの練習の他にリズムマシンに合わせての練習もしているので、苦は無く出来るだろう・・・・出来るよなw?

因みに、この手のアプリを弄らせると一番上手いと言うかセンスあるのを作るのがベースの大先生で、一番無難なのを作るのが僕で、一番カオスな事をするのがビクシーであるのは間違いなかろう・・・・性格が出る。

帰宅して、家人と食事。

「で、Jaguar、結局幾らかかったの?」
「・・・・・はっ?」
「3万円以内に収まったの?」
「・・・・・えっ?」
「4万円行っちゃった?」
「・・・・・うっ?」
「あら、5万円超えたんだ」
「そんなにしないよ!」
「4万数千円ってところね、はいはい」
「(・・・・はっ)」

ワタクシが単純過ぎるのか、家人が孔明なのか直ぐばれた・・・・うん、こう書いてみるとどう考えても前者。

帰宅後、Jaguarを弄る。

securedownload (5)

「魔改造とはギターに魂を入れる作業である」との名言(家人曰く「世迷い事」)を発した僕であるが、不満であるロー・カットの解決法を探る。

不満となっているのは、音量が稼げない事。

で、手持ちのJaguar関連の文献をまさぐる。

securedownload (3)

Jaguar関連の文献って本当に無くて、兄者から貰った過去のギター・マガジンの切り抜きが一番詳しい程なのであるが・・・・

securedownload (3)

上記にある、「トーン・ポットの端子間に取り付けられている56KΩの抵抗」がどうやらロー・カットに影響がある様だが・・・・

securedownload (4)
(外したポット)

ポット交換の際に、これ、移植されていないんじゃ・・・・。

これによる影響で気持ちの良いロー・カット・サウンドが出ないのかなとか考えちゃうのだが、なんせこの辺の知識が無く、加えて、「トーン・コントロールの効きの修正」って事は、移植したとしても、一番の不満たる「音量の減少」の解決案にはならないだろうと思料。

で、だ。

securedownload (1)

えー、ロシア製のビタミンQ、0.022μf。K40Y 9Bは有名ですが、これはK40n-2a。G6120DCにマウントしてるんですが、K40Y 9Bと同じく「兎に角ぎらついた音色」。Amazonさんで売っていて、レビュー欄に「Yardbirds時代のJimmy PageのTelecasterっぽいぜ」と書いてありますが、まぁ、トレブリーな音質です。

これ、マウントしてみようかなと画策。

理由は、ですね、「ローカットで抜けの良い音を」は、Jaguarの場合は線が細く成り過ぎな気がして、で、フロントを選択してこれでジャキジャキな感じにすれば、「抜けの良いサウンド」が得られるのではなかろうか、との浅知恵、もとい、沈思黙考の結果。

ビクシ君も「一度弾いてみたい」との事だったので次回練習では使ってみようと思うJaguarですので、向かいまするは観音裏の魔界村ことNaked Guitar Works

「やぁ、こんちわ」
「・・・・改造するの早過ぎません?」
「僕の視点で言うと千秋の思いだ」
「・・・・で?」
「ロー・カット・コンデンサーをこれにして欲しい」
「・・・・数値的にロー・カットにはなりませんよ?」
「だが、それが良い」
「・・・・いつまで?」
「あー、急ぎじゃないから1時間後で良いよ」
「舐めてんのかっ!」

と言う友好的な会話を済ませ、あまりにも空が綺麗なので、それが沢山見える場所が良かろうと隅田川迄お散歩。寒気が流れ込んでいる日であるが、故郷の冬の匂いがして、寒さ以上に気持ち良さを感じる。

30分弱で「出来ましたけど・・・・」との電話を受け、Naked Guitar Worksに戻る。

「忙しい所すまないねえ」
「いえいえ」
「てか、年末年始から立て込んでるけど大丈夫なん?」
「ああ、一部例外有りますが、基本的に良心的なお客様恵まれてますんで」
「ほう?例外が居るのか?」
「ハイ、居ます。そう言う方が来るって日には、ストレス発散のチョコレートを摂る事にしています」
「おお、その机にあるやつか・・・・そう言えば、僕が行く日は必ずあるが、その例外ってのは僕と同じタイミングで来るんだ?」
「はぁ、まぁ」
「て言うかさ」
「はい?」
「このやり取り何回目だ?」

securedownload (2)
(ストレスを抱えるリペアマンの図)

帰路、ひさご通りを歩いて米久の前を通る。

securedownload (1)

牛肉を好まぬ僕ですが、ここは雰囲気が良いので一度訪れたい。こう言う店のお座敷は、その雰囲気だけで酔える(下戸ですがw)。

鳥喜
で焼き鳥購入。此処の焼き鳥が好きでね。

securedownload

ぶらりぶらりと、帰宅。

コンデンサー交換の効果はこちらに追記予定。

さて、つい先日「ピックアップは最後の手段。直ぐには交換しない」と書いたワタクシですが・・・・

securedownload (9)

フラット・ポールピースは嫌だなあとも思っている事実。

Rがかくもきついギターなのに、スタッガード・ポールピースじゃないと言う・・・・おかしくないか?

これでは、3、4弦の音が拾い難かろうて、と思う。 

この辺は、まぁ、使いながら考えましょう。

おっと、週末模様が日曜日まで入っちまったが、まぁ、良いや。 

総括

リーダー

リーダーです。

未だiPodで音楽を聴く機会がある僕であるが、家人も同様で、家人がiPodを使用する理由は、トレーニング・ジムの施設内にiPhoneを持ち込めず、音楽専門器が必要な為であるが、トレーニング中、シャッフルで聞いていると、我々fujico overdriveの楽曲が流れる事があると言う。

「フジコの曲が流れるとテンションが下がる」と言われると、「あ、俺も俺も!」と同調しつつもう本当にごめんなさいなのだが(だったら曲を削除すりゃあ良いと思うが削除はしないのが不思議)、時折「今更だけどあの曲は良かった」と言われる事がある。うん、CD出来て直ぐは聴いてくれないんだ。

制作して可成り経ってから言われても、そりゃあ嬉しいと言うものだが、先日言われたのが、この曲

「・・・・そう言えば、こんな曲、あったっけなぁ」と、自身で作っておきながらすっかり忘れてた曲であり、大体バンドでも殆どアレンジせず録音しちゃってた、なんの思い入れも無い曲であると言う微妙感。

微妙過ぎて「お、おう、有難う」としか言えなかったのであるが、ハタと気付く。

「微妙」と言うのは、何とも我々らしい言葉ではなかろうか。

時に「どんなバンドなんですか?」と残酷な問いを受ける事があり、今まで説明に苦慮して来たのだが、

「色々と微妙なバンドです」

との回答が、なんともしっくりくる。うん、この回答なら相手を真っ直ぐ見詰めて言える。

「歌、外してません?」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

「えっと、何歌ってるか聞き取れないです」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

「あの、なんでリズムが早くなったり遅くなったりするんですか?」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

おお、全て
「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」で回答出来るではないか!

「色々と微妙」と言うと、聞いて頂けない可能性があるので「微妙な事に絶妙なバンドです」との回答がモア・ベターかも知れぬ。うん、少し遠回しだが嘘ではない。

と言う訳でメンバー諸君、以降「どんなバンドですか?」と聞かれたら

「微妙な事に絶妙なバンドです」

との回答をするように宜しく頼む。


さて、今年も今日で終わりですね。

穏やかな、大晦日。

大晦日、は、一年で一番好きな日です。

新年を迎える落ち着きの無さと、終わりを迎える年の何処か妙に静かな雰囲気が、なんとも心地良い。

学生時代は、バイトで市場で大晦日を過ごす事が多かった。

喧騒の中にあって、一年を終えてホッとした表情をする人を見るのが楽しかったのを覚えてる。

人が、普段見せない表情をするのを見るのが好きである。

覗き見趣味ではなく、なんか、「ああ、良い顔するなぁ」と見入ってしまう。

時折、少人数でお食事に行く事があるが、そんな時に普段と違う表情をする人が居ると凄く楽しくなる(酒癖が悪い人は御免だがw)。

人がする、天真爛漫な表情には、ノスタルジアがあると思う。天真爛漫な人に、いつも惹かれる僕である。


で、毎年恒例でありますが行く年を振り返ってみようかと思う。と言うか、何処に需要があるのか我ながら不明な記事だが・・・・w。

年末の食材確保に、先日、アメ横に突撃し以下を購入。

securedownload

上野浅草界隈に越して来て数年が経ち、アメ横で買い物する機会もそれなりにあるのだが、アメ横での買い物は、
「これとこれ両方買ったら幾ら?」と抱き合わせで買うのが一番宜しいかと思う次第(上記も、ちょっと書けない様な値段で購入した)。

アメ横に於いて「何処で買ったら一番安いか」のリサーチは意味を成さないと思う。そもそも、同一商品でも長期冷蔵物とそうでないものがある様に思われ、それを踏まえると値段なんて在って無い様なものではなかろうか。

一方、アメ横では「同一店舗で纏めて買うとお勉強してくれる」があると思え、それを実践し悦に入る僕であるが、上記の蟹は100%、数の子は90%以上が、家人の胃袋に上納されるのであって、沢山買っても僕にはデメリットしか無い。増えれば増える程、蟹の殻剥きと数の子の塩抜き、薄皮を取り除く作業が増えるだけである。何故に頑張って買っているのか、甚だ、不明。

お安いイメージのあるアメ横であるが、いや、それを否定する訳では無いが、アメ横でも所謂「一級品」はそれ相応のお値段であり、その値引き率はそう高くは無いと思われる。

とは言え、個人的に「高級品」に馴染めぬ貧乏体質な僕であるので、アメ横のお安い海産物は大変に有り難い。

過去何度か書いてるが、母方の実家は海産物を取り扱っており、それ故幼少期から新鮮な海産物が身近な環境に居た僕であるが、慣れ親しみ過ぎたが故に殆どの海産物を好まぬ様になり、高級品であればある程、その味覚の強さに辟易としてしまうのである。

特に雲丹と蟹は殺意を覚える程で、丸美屋のフリカケが絶対限界線である。

以前それを母に言った所、「本当に美味しい雲丹と蟹食べた事が無いからだ」と何故か奮発し、高級な蝦夷馬糞雲丹と毛蟹を「僕のお金」で購入し僕に食べさせたのであるが、その味の濃さに一口で限界を迎え、母を大いに嘆かせたものの、僕が残したそれらを嬉々として食べていた母にまんまと騙されたのだと気付いたのは数日後の事である。


<私生活>

特に大きなイベントも無く済んだかな、と。

「可もなく不可もなく」って1年でしたが、そう言う「特に重要でない年」とは、総じて良い年と言えるのではないかと思うのだが如何か。

時折「自分と言う人間は祝福されて然るべきであり、不満を持って生きる事など有り得ぬ」とのスタンスで文句を垂れ流しながら生きておられる方を拝見するが、「生きるってのは基本的にしんどい事の連続である」とのスタンスなワタクシにとって「可も無く不可もなく」と言うのは非常に宜しい状態であると言える。

そんなワタクシであるが、「では楽しかった事は?」と問われたら、家人との箱根旅行を挙げる。

securedownload (14)
(箱根神社)

securedownload
(鳥居の下で。「Let's Dive!」と家人に言われたが黙殺したのは言うまでもない。2月に言う台詞じゃねえだろって季節問わず飛び込むか馬鹿野郎!)

旅行自体が楽しかった、と言うのもあるが、亡父の葬儀に掛かるバタバタが落ち着き、ゆっくり旅行出来たのが嬉しかった。親父さんの体調不良以降、なんとも落ち着かない日を過ごして来たので、「ゆっくり旅行が出来る位に落ち着いたかぁ」と感慨深く思った次第。

神社仏閣や遺跡を巡るのが好きな僕ですが、箱根神社は本当に良かったなぁ・・・・。あ、詳細書いていないのですが、西国へ旅行に行ったのですが、そこで訪れた某お寺も凄く良かったっけ・・・・。

securedownload

多分、再度訪れる事は無いでしょうが、忘れられない場所となった。

そして勿論・・・・


 





















である。 

npb-161119cap01_4

面白い試合が多かったし・・・・、やっぱ応援している球団の日本一は本当に嬉しかった。うん、嬉しかった。 来年も、一生懸命応援しようっ!

で、ファイターズを例年に無く一生懸命応援してたら望郷の念が湧く・・・・大学以来冬に帰省していないが、暫く振りに冬に帰省したくなった。

securedownload

CzmPKA-UQAAjlK1

securedownload (1)
小樽市のTwitterより)

大雪で大変だと聞くが、雪の中をボツボツと歩くのをしたい・・・・。

故郷は 遠くにありて思ふもの そして悲しく歌ふもの(by室生犀星)

ま、引退したら、ね、きっとその機会もあるでしょう。

「大きなイベントが無かった年」と書きつつ、可愛がってくれた叔父が亡くなった年なのでありますが、長患いをしていたので、その死を「不幸」とは思わなかった。僕の感覚は狂っているのだろうか。


<fujico overdrive>

えー、ライブは一回、CDは1枚作製と、隔週練習と・・・・飲み会w。

此処数年ペースが変わっていないw。

録音のペースは落ちているが新曲のペースは落ちず、録音のダム状態が昨年より続いていて、「録音が未だだから・・・・」と丸一年練習していた曲もあり・・・・、うん、もう少し配分考えようじゃないか(特に俺)。

先日の納会で、「録音してやっと(テンポ等が)安定するのにそこから練習しなくなる」とベースの大先生が言ってたが、普段の練習がちゃんとした練習でない事に問題がある様に思う・・・・w。

それに気付いて早数年経つが、一向に改善の兆しが無いのは何故なのだろうか?いや、いつそれを諦めたのかがどうしても思い出せない。

ライブでは、相変わらず曲の披露よりトークを求められるが、別にトークが面白いんじゃなく曲が酷いだけかも知れぬってうるさいわ!

ま、引き続き、宜しくお願い致します。

うん、バンドのBlogなんだがバンドの事が一番書く事が無い・・・・この辺りが「安定の微妙感」であるw。


<ギター>

1本も買わなかったが、兄者からES-330貰ったり、貸していたギターが返却されたりと、買ってないのに2本増。

今年はStratocasterを弄り倒した1年だった様に思う。

securedownload

暫く使っていなかったStratocasterであるが、ネックを購入し、色々と改造を施し、サウンドのみならず取り回しも好みとなったStratocaster。

使用者が多いギターであるが、その理由を再認識した次第。やっぱ、良いギターですね、これ。

スペック的には安物だけど、僕には本当にお気に入りとなった、大事な大事なギターとなりました。

で、Stratocasterを弾いて、もうちょい何とかならんかと思ったのが、G6120DC

securedownload

これも、色々と改造を施して来たが、結局ブリッジの交換が肝だと認め、それを交換した事で好みのサウンドが得られた。

音作りの容易さ、取り回しの良さでStratocasterが今のメインであるが、やっぱりセミアコ(センターブロックは無いけれど)を使用する喜びはあって、ジャカジャカ弾くに本当に楽しい。結局、ライブでもこれ、使ったしね・・・・。

securedownload

fujico_19thlive_tei

Rickenbackerも幾度か使ったっけな。来年はもう少し使用頻度を上げようかな・・・・。

改造をして、好みのサウンド、使い易さを得る事が好きな僕ですが、そろそろ手持ちのギターは改造し尽くしたなぁ・・・・w。

そう言えば、ビクシ君に貸し出している下記のStratocasterと・・・・

1507004319_67

ビクシ君が知人から入手したJaguarを交換しよう!ってな話が合って、「Jaguar?おお、一度しか所有した事の無いギターだから改造のし甲斐がありそうだぜ」と盛り上がっていたが、年内に交換し手を入れられるかと思ったが、なんか受け渡しに時間が掛かりすっかり気が萎えたワタクシ(飽きっぽいのは父譲りっと)。

上記Stratocasterを返却して貰った方が改造が楽しそうだな・・・・確か、クロサワ楽器さんが企画した、1954年製のStratocasterの復刻版のアッセンブリーをマウントしていたんだよな・・・・。

と、思っていたら都合が合いJaguar入手で本年+3本(1本も買ってないけどね・・・・w)。

securedownload

ちらりと試したが、ショート・スケールのギターは弾き易いですな、うん。メインテナンスがなされていないので、色々と手を加えないと弾けませんが、時間見付けてちょいちょい弄ってみますか。てかこのギター・・・・謎が多い・・・・フレットの減り具合等から殆ど弾かれていなかったと推測するが、ノイズ処理がきちんと施されており、手を入れた形跡がある。

元の持ち主は、ビクシ君の大学時代の後輩女性と聞くが(すいません、拙者が頂いちゃって)、どう言う方が弾かれていたのか、気になる・・・・。


<エフェクター>

幾つか購入したが、一番のヒットはこれでした。

securedownload

はい、
White Sands AC Limited Edition、Keeley Electronicsのオーバードライブです。

このペダル、何が秀逸って「ギターのキャラクターを消さない」ってのが素晴らしいのですよ。

(ブリッジ交換前の)Gretschに合わせている時は今一だったんですが、Stratocasterを弾き始めて「!!!」となった。

ロー・ゲインなエフェクターですが、僕には充分で、その解像度の高さにも感心しまくり。

VOXのアンプ風な外見ですが、それを模したアンプライクなペダルって訳でも無く、アンプライクなペダルに有りがちな「サウンドが暴れる感じ」も無く、まぁ、使い易いペダルです。

大きな個性が無いと言う個性の所為で、余り売れている様にも思えませんが、これは予備でもう一台欲しいなって思います。

今年は、個人メーカーのペダルに対して触手が伸びない年でもあった。

個人メーカーのペダルは、値段の高さに対して、アフターケアへの不安があり、お安い中古品以外は意図的に避ける様になった
・・・・個人メーカーのペダルが気に入って使っても、それが生産中止になったら入手が困難だし、ね

結果・・・・あまりエフェクターを買わなくなったw。

まぁ、手持ちのペダルで充分事足りるし、余程じゃないと買わなくなったなぁ。

CE-2Wの発売には心躍らされ、その完成度に納得はしたが、結局メインでは使っていない・・・・w。

当たり前の話だが、個々の製品の完成度より、他のペダルとの組み合わせと、サウンド含めた使い易さ、アンサンブルの中での在り方、で、エフェクターを選択している訳で・・・・。

今更な話ですが、数年来の試行錯誤の結果、上記がより鮮明になったが故、エフェクターの選択がシビアになったのは間違いなくある・・・・。

この先は、まぁそんなに買わないだろうなぁ・・・・多分w。

そうそう、RC Boosterの良さを再認識した年でもあったのですよ。

securedownload

ゲイン・ブースターとして使用したのだが、サウンドの倍音を纏め硬質な感じにするその特性がなんとも使い易かった(サウンドの変化が無いブースターと書かれている事が多いが、僕はその意見は支持出来ない也)。

今まではそれをトレブル・ブースターに求めていたのだが、トレブル・ブースターのジャリっとした質感は、Stratocasterでは使い難く、RC Boosterを久し振りに引っ張り出して「!!!」と相成った。

バンドで使用する際も、曲毎に2バンドのイコライザーで幅広く使え、使い勝手も良い。

やっぱ、人気あるペダルってのはその理由が絶対にあるんだよなぁ・・・・・。


まぁ、そんな一年でした。

五十路がいよいよ近くなって来たのであるが、取り立ててそれを意識した行動はしていない。

敢えて言えば、旧友との交流位だろうか。

此処数年、帰省の度に意図的に旧友との交流に積極的になっていたのだが、最近は亡父の葬儀のバタバタで不義理しており申し訳なく思う。2017年は義理を果たしたいとは思う。

逢いたき人のあれども
逢いたき人は四十路すぎ
わがそのかみ知るひとはみな四十路すぎ
四十路すぎては何のをとめぞ
をとめの日のありしさえ
さだかにあはれ
信じがたきに


上記は、室生犀星の「四十路」と言う詩である。

なんとも厭世のある詩であるが、なにも昔の恋人に会いたい訳ではなく、会ったとしても別に相手に乙女を求めるなんて事も無い。

でも、どうせ昔の恋人に会うなら・・・・


(Tom Waits~Martha・・・簡単な歌詞なので英文苦手でも読めると思います、僕でも読めるんだからw)

こんな感じの方が全然素敵じゃないか、とは思う。

ま、そんな相手は居ないんだけれどw。

おっと、閑話休題。

そろそろ2017年ですね・・・・なんかね、色々ありそうな年で・・・・ちょい楽しみな年であります。

良い年になります様に。

それでは、良いお年を! 

ハンドメイドのストラップがやって来た

リーダー

リーダーです。

本日は、THE 1975でも聴きながら・・・・。





曲云々よりシングル・コイルのカッティングのサウンドって、やっぱ気持ち良いわ。

久々にMusicmasterⅡでも弾こうかな・・・・軽いし。


さて、訳あって久し振りにFacebookにログインしたのだが(為念で申し上げますが僕の本名知らないで検索してもヒットしないし第一殆ど何も書いてないですよん)、どれ、ちょっと使ってみるかと思えど書く事が無い。

SNSなる文化にどうしても馴染めずにいるのは、SNSにある覗き見趣味と露出趣味が馴染めないってのもあるのだが、何より面倒でならぬ。

加えて、どうにも「特定の相手に情報を発信する」ってのが駄目な様で、今じゃオワコン感があるBlogの方がなんとも心地良い。不特定多数の知らない人に独り言を言うってのがね、うん、僕には良いんじゃないかなと思う。

知人との交流としてのSNSは有効なんでしょうが・・・・社交性ないからな、僕はw。

で・・・・



先日、You Tubeで彼是ギターの動画を見てたのだが、上記動画の主が着ているTシャツ、僕も着ててさ・・・・。

一度、ビクシ君がNaked Guitar Worksへ行く時に付き合ったんだが、見事に洋服が被ってよ。

上野浅草界隈と言う場所が場所だけに、「石破似と橋本似の陽気なホモ二人」に思われそうで凄く凄く嫌だった記憶がある(家人とビクシ君の奥方様は大爆笑してたけど・・・・)。

で、SNSによる情報の発信と受信により、洋服の被りなんかは回避出来るのかもと思った次第。

それにしても・・・・良い男が着ると3枚千円のTシャツでも格好良いのがなんとも腹立たしいったら無い。


さて、先にちらりと書きましたが、GretschはG6120DCに合せるストラップを
NAZCA LETHERさんにオーダーしてたのですが、先日届きました。

securedownload

僕がオーダーしたのは、上記リンク先にある
No.1-011で、「ロック・タイプ」と呼ばれるもの。色はナチュラル。

ピン穴からピン穴までの長さは、105cmを中心に11595cm2cmずつ調節可能。±10cmの可変幅が取れるのでそうして頂いた。

最長で115cmってのは可成り短い。市販のストラップでは最短でもこれより長い物が多く、それじゃあどうしても長過ぎるので今回オーダーさせて頂いた。

僕は、ギターの位置が高い方で、右肘をボディに乗せ、身体に対して90度にネックが成る様に構える。

rs-196397-108731371

そう、この頃のGeorge Harrisonの様に・・・・。

革の厚み:約3.0mm、ストラップ本体の幅:約2.4cm、長さ調節用の革の幅:約2.4cm、肩パッドの幅:約5.5cmで

、バックルは
錆びに強い(らしい)真鍮無垢製。

矢張り、市販のそれより非常に丁寧な造りで、それでいてそんなにお高くは無い。

革は栃木レザーのオイルソフトレザーと言うものらしく、革製品の良し悪しは分からぬが、非常に柔らかく、なんでしょね、フィット感がありながら不思議とくい込む感じが無い。疲労感も違うんじゃないか、これ。バンド練習時程長い時間使った訳じゃないから、現時点で判断は出来ないけれど・・・・。

ううん、いいね、これ・・・・ストラップが心地良くてギター弾くって初めてだわ。

これを装着してギター抱えて、「あれ、僕のギターってこんなに軽かったっけ?」と驚いた。うん、これは想像していなかった。

なんででしょうね・・・・長さの所為だろうか?と、試しに今まで使っていたストラップと同じ長さにしてみたが、明らかにこのストラップ使った時の方が軽い。うん、マジで驚いた。

バンドで試していないので明言は出来ませんが、多分、疲労感も違うんじゃないかなぁ・・・・?

軽くてしなやかなストラップがこんなに良いと思わなかった。思わずクンクンしちゃいましたが、良い匂いもあるw。

使用して行くに従い良い感じの色合いになりそうで、何より真鍮のバックルが格好良い。

印字もお願い出来まして・・・・

刻印大きさ参考
(自身のは、本名が書いてあるので、NAZCA LETHERさんから頂いた写真を転用)

まぁ、なんか「特別感」と「高級感」があるストラップです。

色はキャメルかブラウン、若しくはブラックでも良かったかなと思ったり、型違いの物も欲しくなったりと、久々に物欲が湧いたりして・・・・w。 

オーダーして1週間で出来上がったし(振込前払いです)、対応も凄くご丁寧で、ある程度こちらの希望にも沿って頂けます。本当にお勧め。

彼氏がギター弾く人ならば、プレゼントにも良いでしょう。

メンバーにプレゼント・・・・は気持ち悪いから止めようね、うん。

以上です。

ストラップの事など態々知りたい人は少ないかと思いますが、「好みのレザー・ストラップが欲しい」って方にちょっとでもご参考になれば嬉しく思います、はい。 
livedoor プロフィール
登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ビクシー避難所