四鬼夜行

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

四方山話

週末模様

リーダー

リーダーです。

寒い週末ですねえ。

土曜日は6:30AMに起きたのですが、寒い朝独特の凛とした雰囲気を感じたく、朝の散歩者となろうかと思ったのですが、諸処予定ありで自粛。

一部で大雪の様ですが、朝の東京は綺麗な青空でした。

週末模様と書き始めましたが、特段書く事も無く・・・・w。

Naked Guitar WorksにJaguarを取りに行って、ビクシ君と秋葉原で待ち合わせてMTR渡して・・・・まぁ、有り触れた(?)週末。

秋葉原で待ち合わせる際、

「ラジオデパート分かる?」
「いいえ・・・・すいません」
「アキバオーなら分かるけど?」
「アキバオー、幾つか店舗あるから分かり難くないですかね・・・・?
TRADER 2号店なら間違いないですわ
「分からないにも程がある。ゲーム系なら以前弟に付き合ってスーパーポテトってとこに行った記憶しか・・・・あ、じゃ、ハードオフの楽器館とか?」
「ハードオフあるんですか?」
「知らないの?じゃあオヤイデか千石電商は?」
「なんですかそれ?」

と、秋葉原に行く機会が多い二人だが、お互いの生息域が違い過ぎ、「共有可能な待ち合わせ場所」が無い事に気付く。結局ケンタで待ち合わせ。バンドマンとして正しいのは俺だと確信している。

ビクシ君と暫し話して別れた後、ハードオフとリボレ秋葉原店へ。

いえね、リズムマシンが欲しいと思いましてね。

「バンドでリズム流しながら練習ってのはどう?」ってな話になってまして、手持ちにあるのは古いし、持ち運ぶなら軽い物じゃないと嫌だしってんで物色。

バンドでリズムマシン流しながらにしましょかね、となった理由は二つ。

①リズムが揺れがちなので補正
②録音のシステム構築

①は、メトロノームでも行けるんですが、メトロノームの味気無さって演奏者のテンションを下げるよな、と言うので、リズムマシンでコンガなんぞを鳴らしながらやったら気持ち良く乗れるんじゃないの?との意向からリズムマシン導入を検討。

②は、我々の録音って、Takayuki君(ドラム)⇒ベースの大先生(ベース)⇒リーダー(ギター)⇒ビクシー(ギター)の順での録音となるのですが、常々Takayuki君が「初動でドラムだけ入れるとノリが作れぬ」と言っている事があり、であれば一発録り・・・・とするにも、残念ながら我々にそれ程のタイム感は無く、それを①で是正しつつ、そこで使用したガイドを以ってドラム以外から録音するのもありなんじゃ?その為のガイドを(クリック以外で)作るってみては?との意向(どう考えてもドラム後録りの方が大変だろうけど、まぁ、試行錯誤なんでw)。

ま、そんな意向からリズムマシンを探してみた次第。

で、幾つか「ほう?」ってのも見付け、さて、どれにしようかねぇ・・・・と逡巡。

ここは一度落ち着くべきだろう、と、我が心の寄る辺、ルノアールにて珈琲を啜りつつ逡巡。

選択するに重要なのは

・重くない⇒運搬を考えて
・直観的に使える⇒数曲やるに辺り操作性を求め
・多機能じゃない⇒作り込み過ぎを懸念して
・チープな質感⇒生ドラムとの平仄を踏まえ、音質の明確な差異を求め

かなと。

それで、「ああ、アレが良いか・・・・1万円程度だし」と思い立つも、そう言えばベースの大先生が「アプリで幾らでもあるんじゃないの?」と言っており、暫し検索。

で、見付けたのが、これ。



お安いので早速購入。実は・・・・お金(¥240)出してアプリ買ったの初めてw。

煙草吸い、2杯目の珈琲飲みながら、暫く夢中で遊んでいた。¥240でTR-808の音まで入手出来るなんて、凄い時代になったなぁ・・・・と感激していたが、そこでふと「これは・・・・遊べ過ぎる」と思った。

見て頂ければお分かりの通り、それなりな機能があり、少し作り込めば「これがあるのが前提としたバンド」に成りかねぬ、と思った。てか、僕の曲で流すものを作っていたんだけど、やっぱね、作り込んじゃう・・・・。

これでは、趣旨から反してしまう。

「多機能は目的を失わせるから多機能じゃないのをってのが前提だったじゃん!」と自分に突っ込みを入れつつ、見付けたのが、これ。



無料アプリなんですが・・・・うん、これ位に止めておくべきに思った。

コンガとか、個人的に大好きなカウベルの音色とかあればモア・ベターなんですが、まぁ最初はこの程度から始めるが正に思った次第。リズムマシンは「目的であって手段ではない」のだ。

と、試行錯誤しておいてなんだが、このプロジェクトは上手く行く気がしない。詳細は省くが、根源的な解決にはならないと思っている。

試行錯誤は「やっぱり、これじゃ駄目なんじゃないか?」との納得感が得られればそれで良いと思うので、このトライ自体は良いと思う。

ま、今回は録音の殆どを終えているので止む無しだが、次回は僕が初動でギターから録ってみようと思っている。突っ込みがちなギターを是正すべく、最近はバンド練習の録音物聞きながらの練習の他にリズムマシンに合わせての練習もしているので、苦は無く出来るだろう・・・・出来るよなw?

因みに、この手のアプリを弄らせると一番上手いと言うかセンスあるのを作るのがベースの大先生で、一番無難なのを作るのが僕で、一番カオスな事をするのがビクシーであるのは間違いなかろう・・・・性格が出る。

帰宅して、家人と食事。

「で、Jaguar、結局幾らかかったの?」
「・・・・・はっ?」
「3万円以内に収まったの?」
「・・・・・えっ?」
「4万円行っちゃった?」
「・・・・・うっ?」
「あら、5万円超えたんだ」
「そんなにしないよ!」
「4万数千円ってところね、はいはい」
「(・・・・はっ)」

ワタクシが単純過ぎるのか、家人が孔明なのか直ぐばれた・・・・うん、こう書いてみるとどう考えても前者。

帰宅後、Jaguarを弄る。

securedownload (5)

「魔改造とはギターに魂を入れる作業である」との名言(家人曰く「世迷い事」)を発した僕であるが、不満であるロー・カットの解決法を探る。

不満となっているのは、音量が稼げない事。

で、手持ちのJaguar関連の文献をまさぐる。

securedownload (3)

Jaguar関連の文献って本当に無くて、兄者から貰った過去のギター・マガジンの切り抜きが一番詳しい程なのであるが・・・・

securedownload (3)

上記にある、「トーン・ポットの端子間に取り付けられている56KΩの抵抗」がどうやらロー・カットに影響がある様だが・・・・

securedownload (4)
(外したポット)

ポット交換の際に、これ、移植されていないんじゃ・・・・。

これによる影響で気持ちの良いロー・カット・サウンドが出ないのかなとか考えちゃうのだが、なんせこの辺の知識が無く、加えて、「トーン・コントロールの効きの修正」って事は、移植したとしても、一番の不満たる「音量の減少」の解決案にはならないだろうと思料。

で、だ。

securedownload (1)

えー、ロシア製のビタミンQ、0.022μf。K40Y 9Bは有名ですが、これはK40n-2a。G6120DCにマウントしてるんですが、K40Y 9Bと同じく「兎に角ぎらついた音色」。Amazonさんで売っていて、レビュー欄に「Yardbirds時代のJimmy PageのTelecasterっぽいぜ」と書いてありますが、まぁ、トレブリーな音質です。

これ、マウントしてみようかなと画策。

理由は、ですね、「ローカットで抜けの良い音を」は、Jaguarの場合は線が細く成り過ぎな気がして、で、フロントを選択してこれでジャキジャキな感じにすれば、「抜けの良いサウンド」が得られるのではなかろうか、との浅知恵、もとい、沈思黙考の結果。

ビクシ君も「一度弾いてみたい」との事だったので次回練習では使ってみようと思うJaguarですので、向かいまするは観音裏の魔界村ことNaked Guitar Works

「やぁ、こんちわ」
「・・・・改造するの早過ぎません?」
「僕の視点で言うと千秋の思いだ」
「・・・・で?」
「ロー・カット・コンデンサーをこれにして欲しい」
「・・・・数値的にロー・カットにはなりませんよ?」
「だが、それが良い」
「・・・・いつまで?」
「あー、急ぎじゃないから1時間後で良いよ」
「舐めてんのかっ!」

と言う友好的な会話を済ませ、あまりにも空が綺麗なので、それが沢山見える場所が良かろうと隅田川迄お散歩。寒気が流れ込んでいる日であるが、故郷の冬の匂いがして、寒さ以上に気持ち良さを感じる。

30分弱で「出来ましたけど・・・・」との電話を受け、Naked Guitar Worksに戻る。

「忙しい所すまないねえ」
「いえいえ」
「てか、年末年始から立て込んでるけど大丈夫なん?」
「ああ、一部例外有りますが、基本的に良心的なお客様恵まれてますんで」
「ほう?例外が居るのか?」
「ハイ、居ます。そう言う方が来るって日には、ストレス発散のチョコレートを摂る事にしています」
「おお、その机にあるやつか・・・・そう言えば、僕が行く日は必ずあるが、その例外ってのは僕と同じタイミングで来るんだ?」
「はぁ、まぁ」
「て言うかさ」
「はい?」
「このやり取り何回目だ?」

securedownload (2)
(ストレスを抱えるリペアマンの図)

帰路、ひさご通りを歩いて米久の前を通る。

securedownload (1)

牛肉を好まぬ僕ですが、ここは雰囲気が良いので一度訪れたい。こう言う店のお座敷は、その雰囲気だけで酔える(下戸ですがw)。

鳥喜
で焼き鳥購入。此処の焼き鳥が好きでね。

securedownload

ぶらりぶらりと、帰宅。

コンデンサー交換の効果はこちらに追記予定。

さて、つい先日「ピックアップは最後の手段。直ぐには交換しない」と書いたワタクシですが・・・・

securedownload (9)

フラット・ポールピースは嫌だなあとも思っている事実。

Rがかくもきついギターなのに、スタッガード・ポールピースじゃないと言う・・・・おかしくないか?

これでは、3、4弦の音が拾い難かろうて、と思う。 

この辺は、まぁ、使いながら考えましょう。

おっと、週末模様が日曜日まで入っちまったが、まぁ、良いや。 

総括

リーダー

リーダーです。

未だiPodで音楽を聴く機会がある僕であるが、家人も同様で、家人がiPodを使用する理由は、トレーニング・ジムの施設内にiPhoneを持ち込めず、音楽専門器が必要な為であるが、トレーニング中、シャッフルで聞いていると、我々fujico overdriveの楽曲が流れる事があると言う。

「フジコの曲が流れるとテンションが下がる」と言われると、「あ、俺も俺も!」と同調しつつもう本当にごめんなさいなのだが(だったら曲を削除すりゃあ良いと思うが削除はしないのが不思議)、時折「今更だけどあの曲は良かった」と言われる事がある。うん、CD出来て直ぐは聴いてくれないんだ。

制作して可成り経ってから言われても、そりゃあ嬉しいと言うものだが、先日言われたのが、この曲

「・・・・そう言えば、こんな曲、あったっけなぁ」と、自身で作っておきながらすっかり忘れてた曲であり、大体バンドでも殆どアレンジせず録音しちゃってた、なんの思い入れも無い曲であると言う微妙感。

微妙過ぎて「お、おう、有難う」としか言えなかったのであるが、ハタと気付く。

「微妙」と言うのは、何とも我々らしい言葉ではなかろうか。

時に「どんなバンドなんですか?」と残酷な問いを受ける事があり、今まで説明に苦慮して来たのだが、

「色々と微妙なバンドです」

との回答が、なんともしっくりくる。うん、この回答なら相手を真っ直ぐ見詰めて言える。

「歌、外してません?」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

「えっと、何歌ってるか聞き取れないです」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

「あの、なんでリズムが早くなったり遅くなったりするんですか?」

「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」

おお、全て
「だから、色々と微妙なバンドだって言ったでしょう?」で回答出来るではないか!

「色々と微妙」と言うと、聞いて頂けない可能性があるので「微妙な事に絶妙なバンドです」との回答がモア・ベターかも知れぬ。うん、少し遠回しだが嘘ではない。

と言う訳でメンバー諸君、以降「どんなバンドですか?」と聞かれたら

「微妙な事に絶妙なバンドです」

との回答をするように宜しく頼む。


さて、今年も今日で終わりですね。

穏やかな、大晦日。

大晦日、は、一年で一番好きな日です。

新年を迎える落ち着きの無さと、終わりを迎える年の何処か妙に静かな雰囲気が、なんとも心地良い。

学生時代は、バイトで市場で大晦日を過ごす事が多かった。

喧騒の中にあって、一年を終えてホッとした表情をする人を見るのが楽しかったのを覚えてる。

人が、普段見せない表情をするのを見るのが好きである。

覗き見趣味ではなく、なんか、「ああ、良い顔するなぁ」と見入ってしまう。

時折、少人数でお食事に行く事があるが、そんな時に普段と違う表情をする人が居ると凄く楽しくなる(酒癖が悪い人は御免だがw)。

人がする、天真爛漫な表情には、ノスタルジアがあると思う。天真爛漫な人に、いつも惹かれる僕である。


で、毎年恒例でありますが行く年を振り返ってみようかと思う。と言うか、何処に需要があるのか我ながら不明な記事だが・・・・w。

年末の食材確保に、先日、アメ横に突撃し以下を購入。

securedownload

上野浅草界隈に越して来て数年が経ち、アメ横で買い物する機会もそれなりにあるのだが、アメ横での買い物は、
「これとこれ両方買ったら幾ら?」と抱き合わせで買うのが一番宜しいかと思う次第(上記も、ちょっと書けない様な値段で購入した)。

アメ横に於いて「何処で買ったら一番安いか」のリサーチは意味を成さないと思う。そもそも、同一商品でも長期冷蔵物とそうでないものがある様に思われ、それを踏まえると値段なんて在って無い様なものではなかろうか。

一方、アメ横では「同一店舗で纏めて買うとお勉強してくれる」があると思え、それを実践し悦に入る僕であるが、上記の蟹は100%、数の子は90%以上が、家人の胃袋に上納されるのであって、沢山買っても僕にはデメリットしか無い。増えれば増える程、蟹の殻剥きと数の子の塩抜き、薄皮を取り除く作業が増えるだけである。何故に頑張って買っているのか、甚だ、不明。

お安いイメージのあるアメ横であるが、いや、それを否定する訳では無いが、アメ横でも所謂「一級品」はそれ相応のお値段であり、その値引き率はそう高くは無いと思われる。

とは言え、個人的に「高級品」に馴染めぬ貧乏体質な僕であるので、アメ横のお安い海産物は大変に有り難い。

過去何度か書いてるが、母方の実家は海産物を取り扱っており、それ故幼少期から新鮮な海産物が身近な環境に居た僕であるが、慣れ親しみ過ぎたが故に殆どの海産物を好まぬ様になり、高級品であればある程、その味覚の強さに辟易としてしまうのである。

特に雲丹と蟹は殺意を覚える程で、丸美屋のフリカケが絶対限界線である。

以前それを母に言った所、「本当に美味しい雲丹と蟹食べた事が無いからだ」と何故か奮発し、高級な蝦夷馬糞雲丹と毛蟹を「僕のお金」で購入し僕に食べさせたのであるが、その味の濃さに一口で限界を迎え、母を大いに嘆かせたものの、僕が残したそれらを嬉々として食べていた母にまんまと騙されたのだと気付いたのは数日後の事である。


<私生活>

特に大きなイベントも無く済んだかな、と。

「可もなく不可もなく」って1年でしたが、そう言う「特に重要でない年」とは、総じて良い年と言えるのではないかと思うのだが如何か。

時折「自分と言う人間は祝福されて然るべきであり、不満を持って生きる事など有り得ぬ」とのスタンスで文句を垂れ流しながら生きておられる方を拝見するが、「生きるってのは基本的にしんどい事の連続である」とのスタンスなワタクシにとって「可も無く不可もなく」と言うのは非常に宜しい状態であると言える。

そんなワタクシであるが、「では楽しかった事は?」と問われたら、家人との箱根旅行を挙げる。

securedownload (14)
(箱根神社)

securedownload
(鳥居の下で。「Let's Dive!」と家人に言われたが黙殺したのは言うまでもない。2月に言う台詞じゃねえだろって季節問わず飛び込むか馬鹿野郎!)

旅行自体が楽しかった、と言うのもあるが、亡父の葬儀に掛かるバタバタが落ち着き、ゆっくり旅行出来たのが嬉しかった。親父さんの体調不良以降、なんとも落ち着かない日を過ごして来たので、「ゆっくり旅行が出来る位に落ち着いたかぁ」と感慨深く思った次第。

神社仏閣や遺跡を巡るのが好きな僕ですが、箱根神社は本当に良かったなぁ・・・・。あ、詳細書いていないのですが、西国へ旅行に行ったのですが、そこで訪れた某お寺も凄く良かったっけ・・・・。

securedownload

多分、再度訪れる事は無いでしょうが、忘れられない場所となった。

そして勿論・・・・


 





















である。 

npb-161119cap01_4

面白い試合が多かったし・・・・、やっぱ応援している球団の日本一は本当に嬉しかった。うん、嬉しかった。 来年も、一生懸命応援しようっ!

で、ファイターズを例年に無く一生懸命応援してたら望郷の念が湧く・・・・大学以来冬に帰省していないが、暫く振りに冬に帰省したくなった。

securedownload

CzmPKA-UQAAjlK1

securedownload (1)
小樽市のTwitterより)

大雪で大変だと聞くが、雪の中をボツボツと歩くのをしたい・・・・。

故郷は 遠くにありて思ふもの そして悲しく歌ふもの(by室生犀星)

ま、引退したら、ね、きっとその機会もあるでしょう。

「大きなイベントが無かった年」と書きつつ、可愛がってくれた叔父が亡くなった年なのでありますが、長患いをしていたので、その死を「不幸」とは思わなかった。僕の感覚は狂っているのだろうか。


<fujico overdrive>

えー、ライブは一回、CDは1枚作製と、隔週練習と・・・・飲み会w。

此処数年ペースが変わっていないw。

録音のペースは落ちているが新曲のペースは落ちず、録音のダム状態が昨年より続いていて、「録音が未だだから・・・・」と丸一年練習していた曲もあり・・・・、うん、もう少し配分考えようじゃないか(特に俺)。

先日の納会で、「録音してやっと(テンポ等が)安定するのにそこから練習しなくなる」とベースの大先生が言ってたが、普段の練習がちゃんとした練習でない事に問題がある様に思う・・・・w。

それに気付いて早数年経つが、一向に改善の兆しが無いのは何故なのだろうか?いや、いつそれを諦めたのかがどうしても思い出せない。

ライブでは、相変わらず曲の披露よりトークを求められるが、別にトークが面白いんじゃなく曲が酷いだけかも知れぬってうるさいわ!

ま、引き続き、宜しくお願い致します。

うん、バンドのBlogなんだがバンドの事が一番書く事が無い・・・・この辺りが「安定の微妙感」であるw。


<ギター>

1本も買わなかったが、兄者からES-330貰ったり、貸していたギターが返却されたりと、買ってないのに2本増。

今年はStratocasterを弄り倒した1年だった様に思う。

securedownload

暫く使っていなかったStratocasterであるが、ネックを購入し、色々と改造を施し、サウンドのみならず取り回しも好みとなったStratocaster。

使用者が多いギターであるが、その理由を再認識した次第。やっぱ、良いギターですね、これ。

スペック的には安物だけど、僕には本当にお気に入りとなった、大事な大事なギターとなりました。

で、Stratocasterを弾いて、もうちょい何とかならんかと思ったのが、G6120DC

securedownload

これも、色々と改造を施して来たが、結局ブリッジの交換が肝だと認め、それを交換した事で好みのサウンドが得られた。

音作りの容易さ、取り回しの良さでStratocasterが今のメインであるが、やっぱりセミアコ(センターブロックは無いけれど)を使用する喜びはあって、ジャカジャカ弾くに本当に楽しい。結局、ライブでもこれ、使ったしね・・・・。

securedownload

fujico_19thlive_tei

Rickenbackerも幾度か使ったっけな。来年はもう少し使用頻度を上げようかな・・・・。

改造をして、好みのサウンド、使い易さを得る事が好きな僕ですが、そろそろ手持ちのギターは改造し尽くしたなぁ・・・・w。

そう言えば、ビクシ君に貸し出している下記のStratocasterと・・・・

1507004319_67

ビクシ君が知人から入手したJaguarを交換しよう!ってな話が合って、「Jaguar?おお、一度しか所有した事の無いギターだから改造のし甲斐がありそうだぜ」と盛り上がっていたが、年内に交換し手を入れられるかと思ったが、なんか受け渡しに時間が掛かりすっかり気が萎えたワタクシ(飽きっぽいのは父譲りっと)。

上記Stratocasterを返却して貰った方が改造が楽しそうだな・・・・確か、クロサワ楽器さんが企画した、1954年製のStratocasterの復刻版のアッセンブリーをマウントしていたんだよな・・・・。

と、思っていたら都合が合いJaguar入手で本年+3本(1本も買ってないけどね・・・・w)。

securedownload

ちらりと試したが、ショート・スケールのギターは弾き易いですな、うん。メインテナンスがなされていないので、色々と手を加えないと弾けませんが、時間見付けてちょいちょい弄ってみますか。てかこのギター・・・・謎が多い・・・・フレットの減り具合等から殆ど弾かれていなかったと推測するが、ノイズ処理がきちんと施されており、手を入れた形跡がある。

元の持ち主は、ビクシ君の大学時代の後輩女性と聞くが(すいません、拙者が頂いちゃって)、どう言う方が弾かれていたのか、気になる・・・・。


<エフェクター>

幾つか購入したが、一番のヒットはこれでした。

securedownload

はい、
White Sands AC Limited Edition、Keeley Electronicsのオーバードライブです。

このペダル、何が秀逸って「ギターのキャラクターを消さない」ってのが素晴らしいのですよ。

(ブリッジ交換前の)Gretschに合わせている時は今一だったんですが、Stratocasterを弾き始めて「!!!」となった。

ロー・ゲインなエフェクターですが、僕には充分で、その解像度の高さにも感心しまくり。

VOXのアンプ風な外見ですが、それを模したアンプライクなペダルって訳でも無く、アンプライクなペダルに有りがちな「サウンドが暴れる感じ」も無く、まぁ、使い易いペダルです。

大きな個性が無いと言う個性の所為で、余り売れている様にも思えませんが、これは予備でもう一台欲しいなって思います。

今年は、個人メーカーのペダルに対して触手が伸びない年でもあった。

個人メーカーのペダルは、値段の高さに対して、アフターケアへの不安があり、お安い中古品以外は意図的に避ける様になった
・・・・個人メーカーのペダルが気に入って使っても、それが生産中止になったら入手が困難だし、ね

結果・・・・あまりエフェクターを買わなくなったw。

まぁ、手持ちのペダルで充分事足りるし、余程じゃないと買わなくなったなぁ。

CE-2Wの発売には心躍らされ、その完成度に納得はしたが、結局メインでは使っていない・・・・w。

当たり前の話だが、個々の製品の完成度より、他のペダルとの組み合わせと、サウンド含めた使い易さ、アンサンブルの中での在り方、で、エフェクターを選択している訳で・・・・。

今更な話ですが、数年来の試行錯誤の結果、上記がより鮮明になったが故、エフェクターの選択がシビアになったのは間違いなくある・・・・。

この先は、まぁそんなに買わないだろうなぁ・・・・多分w。

そうそう、RC Boosterの良さを再認識した年でもあったのですよ。

securedownload

ゲイン・ブースターとして使用したのだが、サウンドの倍音を纏め硬質な感じにするその特性がなんとも使い易かった(サウンドの変化が無いブースターと書かれている事が多いが、僕はその意見は支持出来ない也)。

今まではそれをトレブル・ブースターに求めていたのだが、トレブル・ブースターのジャリっとした質感は、Stratocasterでは使い難く、RC Boosterを久し振りに引っ張り出して「!!!」と相成った。

バンドで使用する際も、曲毎に2バンドのイコライザーで幅広く使え、使い勝手も良い。

やっぱ、人気あるペダルってのはその理由が絶対にあるんだよなぁ・・・・・。


まぁ、そんな一年でした。

五十路がいよいよ近くなって来たのであるが、取り立ててそれを意識した行動はしていない。

敢えて言えば、旧友との交流位だろうか。

此処数年、帰省の度に意図的に旧友との交流に積極的になっていたのだが、最近は亡父の葬儀のバタバタで不義理しており申し訳なく思う。2017年は義理を果たしたいとは思う。

逢いたき人のあれども
逢いたき人は四十路すぎ
わがそのかみ知るひとはみな四十路すぎ
四十路すぎては何のをとめぞ
をとめの日のありしさえ
さだかにあはれ
信じがたきに


上記は、室生犀星の「四十路」と言う詩である。

なんとも厭世のある詩であるが、なにも昔の恋人に会いたい訳ではなく、会ったとしても別に相手に乙女を求めるなんて事も無い。

でも、どうせ昔の恋人に会うなら・・・・


(Tom Waits~Martha・・・簡単な歌詞なので英文苦手でも読めると思います、僕でも読めるんだからw)

こんな感じの方が全然素敵じゃないか、とは思う。

ま、そんな相手は居ないんだけれどw。

おっと、閑話休題。

そろそろ2017年ですね・・・・なんかね、色々ありそうな年で・・・・ちょい楽しみな年であります。

良い年になります様に。

それでは、良いお年を! 

ハンドメイドのストラップがやって来た

リーダー

リーダーです。

本日は、THE 1975でも聴きながら・・・・。





曲云々よりシングル・コイルのカッティングのサウンドって、やっぱ気持ち良いわ。

久々にMusicmasterⅡでも弾こうかな・・・・軽いし。


さて、訳あって久し振りにFacebookにログインしたのだが(為念で申し上げますが僕の本名知らないで検索してもヒットしないし第一殆ど何も書いてないですよん)、どれ、ちょっと使ってみるかと思えど書く事が無い。

SNSなる文化にどうしても馴染めずにいるのは、SNSにある覗き見趣味と露出趣味が馴染めないってのもあるのだが、何より面倒でならぬ。

加えて、どうにも「特定の相手に情報を発信する」ってのが駄目な様で、今じゃオワコン感があるBlogの方がなんとも心地良い。不特定多数の知らない人に独り言を言うってのがね、うん、僕には良いんじゃないかなと思う。

知人との交流としてのSNSは有効なんでしょうが・・・・社交性ないからな、僕はw。

で・・・・



先日、You Tubeで彼是ギターの動画を見てたのだが、上記動画の主が着ているTシャツ、僕も着ててさ・・・・。

一度、ビクシ君がNaked Guitar Worksへ行く時に付き合ったんだが、見事に洋服が被ってよ。

上野浅草界隈と言う場所が場所だけに、「石破似と橋本似の陽気なホモ二人」に思われそうで凄く凄く嫌だった記憶がある(家人とビクシ君の奥方様は大爆笑してたけど・・・・)。

で、SNSによる情報の発信と受信により、洋服の被りなんかは回避出来るのかもと思った次第。

それにしても・・・・良い男が着ると3枚千円のTシャツでも格好良いのがなんとも腹立たしいったら無い。


さて、先にちらりと書きましたが、GretschはG6120DCに合せるストラップを
NAZCA LETHERさんにオーダーしてたのですが、先日届きました。

securedownload

僕がオーダーしたのは、上記リンク先にある
No.1-011で、「ロック・タイプ」と呼ばれるもの。色はナチュラル。

ピン穴からピン穴までの長さは、105cmを中心に11595cm2cmずつ調節可能。±10cmの可変幅が取れるのでそうして頂いた。

最長で115cmってのは可成り短い。市販のストラップでは最短でもこれより長い物が多く、それじゃあどうしても長過ぎるので今回オーダーさせて頂いた。

僕は、ギターの位置が高い方で、右肘をボディに乗せ、身体に対して90度にネックが成る様に構える。

rs-196397-108731371

そう、この頃のGeorge Harrisonの様に・・・・。

革の厚み:約3.0mm、ストラップ本体の幅:約2.4cm、長さ調節用の革の幅:約2.4cm、肩パッドの幅:約5.5cmで

、バックルは
錆びに強い(らしい)真鍮無垢製。

矢張り、市販のそれより非常に丁寧な造りで、それでいてそんなにお高くは無い。

革は栃木レザーのオイルソフトレザーと言うものらしく、革製品の良し悪しは分からぬが、非常に柔らかく、なんでしょね、フィット感がありながら不思議とくい込む感じが無い。疲労感も違うんじゃないか、これ。バンド練習時程長い時間使った訳じゃないから、現時点で判断は出来ないけれど・・・・。

ううん、いいね、これ・・・・ストラップが心地良くてギター弾くって初めてだわ。

これを装着してギター抱えて、「あれ、僕のギターってこんなに軽かったっけ?」と驚いた。うん、これは想像していなかった。

なんででしょうね・・・・長さの所為だろうか?と、試しに今まで使っていたストラップと同じ長さにしてみたが、明らかにこのストラップ使った時の方が軽い。うん、マジで驚いた。

バンドで試していないので明言は出来ませんが、多分、疲労感も違うんじゃないかなぁ・・・・?

軽くてしなやかなストラップがこんなに良いと思わなかった。思わずクンクンしちゃいましたが、良い匂いもあるw。

使用して行くに従い良い感じの色合いになりそうで、何より真鍮のバックルが格好良い。

印字もお願い出来まして・・・・

刻印大きさ参考
(自身のは、本名が書いてあるので、NAZCA LETHERさんから頂いた写真を転用)

まぁ、なんか「特別感」と「高級感」があるストラップです。

色はキャメルかブラウン、若しくはブラックでも良かったかなと思ったり、型違いの物も欲しくなったりと、久々に物欲が湧いたりして・・・・w。 

オーダーして1週間で出来上がったし(振込前払いです)、対応も凄くご丁寧で、ある程度こちらの希望にも沿って頂けます。本当にお勧め。

彼氏がギター弾く人ならば、プレゼントにも良いでしょう。

メンバーにプレゼント・・・・は気持ち悪いから止めようね、うん。

以上です。

ストラップの事など態々知りたい人は少ないかと思いますが、「好みのレザー・ストラップが欲しい」って方にちょっとでもご参考になれば嬉しく思います、はい。 

連休模様~紊乱のフジコ・オーバードライブ納会、とか?~12/25追記

リーダー

リーダーです。



これは・・・・ずるいだろうw。

しかし、これ↓程の破壊力は無かった・・・・。



なんだこのシンクロ感w。これ作った人は天才だと思う・・・・いや、本気で、です。

さて、例年に無く、精神的にも肉体的にも疲労する師走を過ごしている。

無論、僕よりも苦労されている人を多く知っているので、只の情けない愚痴なのであるが、世間を憚る遠慮も無しに「嗚呼、しんどいな」と口にしてしまう。

齢四拾六ともなれば、自身の体力の衰えを自覚せずには居られぬ訳であるが、体力の衰えは精神的にもダメージを齎す様な気がしてならぬ。以前なら、この程度でしんどさを感じなかったのであるが、この師走はなんだかしんどい。

疲れを感じているなぁ、と思ったら体調を崩していた、なんて事は大いにある訳で、流感でも患ったかと危惧したが、その様な症状は出ていない。

「困難は精神を鍛え、労働は身体を鍛える」とはセネカの発言であるが、未だ鍛える過程であるのだろうか。ストア哲学と言うのは即ち不可解と言わずにはおれぬ。

さて、その様に疲弊した中であるが、フジコ・オーバードライブで納会をしやうじゃないか、と言う事に相成った。

・年末年始の休日に録音を済ませる
・そのMTRの受け渡しをする序に飲み会もしよう

と言う、目的と手段が甚だ灰色領域であるのだが、まぁ兎にも角にもメンバーで集う事となった弐拾参日。

「であればいつもの庄屋で・・・・」とはならず、某中華料理屋さんへ。当初行こうと思っていた店が祝日休業と言う事で、僕が慣れ親しんだ店と相成った。疲れていたので自宅傍に誘導したのは内緒なんだぜ?

そう言えば先の練習で、ビクシ君に貸し出ししていたShin's Musicがモディファイしたmicro ampのスイッチ部分が故障した。

塩対応のShin's Musicなので
モディファイ品なので、恐らく修理は不可だろうと思い別のブースターを貸そうかと物色するも、中々良い物が無い。

ブースターは幾つか所有しているのだが、「ゲインを絞っても音量がゼロにならないブースター」の手持ちが、そう言えばそんなに無いのである。

はて、如何致そうと彼是探して以下とした。

image

EBKのFF&SHO

Super Hard Onでも良いかなと思ったが、あれ、ブラインドでスイッチ踏むとボリューム・ノブが動いちゃうのでこっちの方が良かろうと。

Fuzz Factoryも入ってるので、キ〇ガイに刃物となる可能性も少なくないが、僕がFuzz Factoryを面白がって使っていた際、ビクシ君に勝手にOFFにされると言う事態が発生したので、まぁ大丈夫であろう。

・・・・大丈夫・・・・だよ・・・・な?

いいか、向かって左側のスイッチのみ使うんだぞ?音量は真ん中だけ弄るんだぞ?右側は押すなよ?前振りじゃないぞ前振りじゃ!

飲み会の前に「ナバロンの要塞」を見る。何度も見た映画だが、亡父が好きだった映画の一つで、なんとなく懐かしくて見始めたら止まらなくなった。

デジタルリマスター!等ではなかったが、その方が臨場感がある。解像度の高さは時に視覚的にしらける。

で、納会。

まぁ、いつも通りの、いつも通りのぉ、飲み会でした。場所は変われど中身は変わらず。

で、MTRがやって来ました・・・・。

8a9d8dc7

はぁ・・・・又、やるんだよね・・・・やらなきゃだよね・・・・。

ボチボチと取り掛かりますか・・・・。

そんな、祝日でした。

(追記で続く・・・・か?) 

<12/25追記>

てな訳で12/25。

少しはクリスマスっぽい事やろうか・・・・と家人と食事へ。

securedownload

securedownload (1)

securedownload (2)

securedownload (3)

securedownload (4)

securedownload (5)

美味しかったでっす。

お店の紹介しようかと思ったが、柄じゃないし常連さんが多い店なので自粛。アイスクリームが滅茶苦茶美味しかった。今まで食べたどのアイスクリームより美味しかった。

その後、浅草で軽く参拝。

クリスマスとは相容れぬ浅草は、年末の香り。

今年も残す所1週間ですな。 

冬の散歩道

リーダー

リーダーです。

先の練習でGretschはG6120DCを使った僕ですが・・・・

securedownload

使用しているストラップが、どうにも長くてね・・・・。

securedownload
(写真は前回練習のもの)

170cmちょっとしかない僕にとって、市販のストラップは全て長い。

IMG_2709
Stratocasterに使用しているストラップ。この形状によっては好みまで短く出来ますが・・・・

securedownload
今使用している革のストラップ。この手のタイプは、長めに作られており、好みの長さまで短く出来ない。一番短くして115cm。これでもちょい長いんだ・・・・。

以前も書いたが、僕は「身体に対して垂直にギターを構える」のが一番弾き易い。普通はネックを立てる感じで構えるものだが、右肘をボディに乗せて弾くのが好みで、必然的にギターの位置は高くなる。

rs-196397-108731371
(比較するのも烏滸がましいGeorge HarrisonがGretschを抱えた図。彼はストラップを切って使っていたとか)

「弾き易いから高い位置に抱えている」と言うのも事実だが、George Harrisonへの憧れは少なくない。まぁ、真似してるんですよw。

「だったらStratocasterに使っているタイプのストラップ使えば良いじゃん」と言われそうだが、いやそれは事実なのだが、なんか「箱物のギターには下の形状のストラップを使いたい」と思うワタクシが居る。これはもう「性癖」と言える範囲なので理由も何もないのだが、まぁ、「もう少し短い革のストラップが欲しい」と・・・・簡単に言えば、それだけw。だって、George Harrisonと同じ感じのストラップにしたいんだもん。

ブリッジの交換その他諸々の改造を施し、「(ボディ形状から使い難さはあるものの)普通に使えるサウンド」になったG6120DCなので、今後、使用頻度は上がるでしょうとの事から好みのストラップが欲しくなった。

で、以前Sheep FactoryのAkiさんからお勧め頂いたNAZCA LETHERさんに遅場せながらオーダーを出してみた。

市販のストラップと比べてもお安い方で、且つ1週間程で完成と・・・・なんで今までオーダーしてなかったか、理解に苦しむ(手前の事なのにw)。

日曜日にオーダーしたってのにも関わらず真摯なご対応を頂き感謝に堪えぬ。Stratocaster用のストラップも頼んじゃおうかなぁ・・・・。

因みに、英数字の刻印もお願い出来ると言う事だったので、バンド名でも掘っちゃおうかと思ったが、余りにも恥ずかしいので名前に止めたのは内緒だ。


さて、小春日和の日曜日。

家に居るは勿体無かろうと「羽子板市」へ。

羽子板市に行く前に食事をしようとぶらつくも、結局「とん将」で食事。

Naked Guitar Worksに挨拶に行こうかなと思うも、お客さんが来ていたので寄らず・・・・にぶらぶら歩いていたら、昼食を買いに出たNaked Guitar Worksの天才・小園氏に遭遇。

「今年はもう来ないんですか?」と聞かれたが、考えてみれば毎週毎週改造に赴くと言うのも中々おかしな話で、「魔改造界の狂犬」と呼ばれるワタクシも、流石に暫く改造点は無さそうである。

軽く挨拶を済ませ、待乳山聖天へ。

securedownload

以前御世話になった会社で懇意にして頂いたSさんと言う方が懐妊されたので、安産祈願のお参りに行ったとこちらの記事で書いたが、無事出産されたとの嬉しい報告を頂いたのは先の記事で書いた通りだが、そのお礼参りに。

securedownload (2)
(お供えの大根を掲げるリーダーさん。周囲の「何故その写真を?」との視線に負けないお強い心で撮影)

securedownload (1)
(境内に咲く椿)

ぶらぶらと戻り、途中のルスルスでケーキを購入。

securedownload (5)

で、いざ羽子板市・・・・なんだが、流石の人混みで早々に退散・・・・。

529ae395427740ab963b3c8ef421d2d4

結局何も買わなかったが、季節を感じる感性が無い僕にとって「季節的行事に触れる」のはなんとも楽しくて良い。

東京大衆歌謡楽団の演奏に遭遇。

securedownload (3)

相変わらず・・・・格好良い。メンバーの方々は言わずもがなですが、サポートのドラムの人もすげぇ上手いんだよ・・・・。

印象的だったのが、スネア(?)のチューニングを小まめに変えていた事。なんか・・・・えらい格好良かった。

 

暫し堪能させて頂く(「東京ラプソディ」が聞けて嬉しかった)。CD、欲しいなぁ・・・・買っちゃおうかなぁ。

そんなんして帰宅。凡そ2時間程の散歩でした。

そんな、日曜日。 

さ、今週も残す所2週間。

風邪引かない様にしながら、頑張りましょっか。 

練習前の囁き

リーダー

リーダーです。

おぉ、ビクシ君は結婚記念日だったか・・・・末永くお幸せに。

練習日は間違えても結婚記念日は間違えなかった様でリーダーとして一安心じゃ。

さて、それは兎も角だ。

ベースの大先生がインフルエンザで次回練習欠席決定。

年内最後の練習だが、3ピースである。

我々フジコ・オーバードライブは基本隔週練習としているのだが、メンバーの都合でそれが崩れる事があり、崩れると、なんか元に戻るのに時間が掛かる。

不思議と「ペース」とか「パターン」ってのは重要な様で、ペースやパターンが乱れると、その修復に時間が掛かる事が多いと思う。

これはある種のバタフライ効果の様にも思えるのだが・・・・うん、こじ付けだw。

とは言え、「無理して調整する」のなら「敢えて調整はしない」が多くの場合その解決になる様にも思う。

所謂「行き違い」や「すれ違い」は、無理な調整がそれを齎している様な気がしてならない。カオス理論とまでは言えないにせよ、なにかしらの連続性を止めたり変更する事による作用はある様に思う。

と言う訳で、今月の練習の日程調整が入った際、「今後は無理して調整せずに練習日に用事が重なったらその週は練習無し若しくは都合悪い奴は練習休み」を提案し、カオス化の回避を図ったのだが、考えてみればバンド活動とはそんなに重要な事でもない・・・・w。

あ、ベースの大先生がMTR持ってるんだよな・・・・録音、どうなるんだ・・・・?

securedownload

いきなりなんじゃ?とお思いでしょうが、ギターの指板のクリーナー兼保湿材で御座います。

「いよいよエフェクター買わなくなったと思ったら遂にメインテナンス用品の紹介か・・・・」と思われた貴方、違うんですよ違います。

ギターのメインテナンスの一つに「冬場は乾燥するので(乾燥に弱い)エボニー材の指板の保湿を行うべし」的な常識が御座いまして、かく言うワタクシも冬場は数回保湿対策をしており、先日保湿しようかなと思った際、ふと、これって必要なんだっけ?と思っちゃったりした次第。

汚れを落とし、は、分かるのですが、(べたつかない様に、蒸発し易い)オイルで保湿・・・・って、なんかちょっと疑問に思ってしまった。

確かに、冬場の乾燥はありますし、過去一度だけ、所有ギターが冬場にネック痩せを起こした事があるんですが、「必要か?」と問われると「必要だって言う意見が多い」と言う、なんとも確信が無い返事しか出来ぬ。

長年常識と思っていた事に何故今更疑問を覚えたかと言うと、乾燥してネックが割れたギターを一度も見た事が無いからである。

劣悪な環境下に放置されたギターがボロボロになっちゃってた・・・・ってのは見た事があるが、それなりの環境に置かれているギターで、大きなダメージを受けた指板って見た事が無い。

こちらのページをざっと見るに、意見が大きく分かれていて、「で、どっちなの?」と混乱する僕が居る。

大体だ、ギター弾いてて指に汗をかき、それをネックが吸収しちゃうなんて事は大いにあると思うが、「即座に乾燥させねばならぬ」なんて話は聞いた事が無い。水と言う物質は、凍ると体積が増える珍しい物質であるが、「汗を吸い込んだネックが膨張した」なんて話も聞いた事が無い(潤滑剤の掛け過ぎと思しき理由で指板がダメージを受けたギターは見た事ある)。まぁ、そんな大量の水分じゃないんだろうけどw。

寧ろ、ネックに水分を染み込ませてしまう事って、考えてみるとなんとも怖い行為に思った。柔らかくした木って脆くなってその方がダメージ大きくないか?、と。

しかしながら「冬場は乾燥するので(エボニー材の)ネックの保湿をしましょう」と提唱する人は多い。メインテナンスの本を読むと、大体その様に書いてある(勿論「適度に」と限定してだが)。

で、どうなんでしょ?と考えて思ったんだが、「ネックの状態を年を通して(ある程度)一定の状態に保つ為、冬場に乾燥する環境にある人は保湿した方が良い」ってのなら、納得感があるなと思った。

木が環境により変化する事はある程度納得しているのだが、湿気の多い日本の夏と、乾燥した日本の冬の様に、夏と冬で湿度の変化が多い場合、ネックに変化を及ぼす事があるってのは確かに思え、「環境の変化を最小限に止める為に」、乾燥する冬場はオイルで指板を保湿しましょう、が、正なんじゃなかろうか。

「そんなん当たり前じゃん」と、したり顔で言われるかもだが、「通年で大きな環境の変化が無い状態で保管している」のなら、そんなに保湿を気にしなくても良いんじゃないか、と・・・・。

冬場の楽器屋さんで、加湿器をガンガンつけている風景に出くわすが、あれってさ、湿度が高めの楽器屋さんから、そこまで湿度が高くない家に持って帰ったらネックが反る、なんて事になるんじゃなかろうか?楽器屋さんと同じ湿度状態でなら別だろうが・・・・。 

「(フレットの)鉄と(ネックの)木の膨張係数が違うからその調整の為にオイルを付ける」だったら「ああ、成る程ね」とも思うがそんな意見は聞いた事が無い・・・・。

何が正解なのか分からないのだが、 いや分からないが故、「ま、ペースとかパターンは成るべく変えるべきじゃないな」との思いから、今年もオイルで保湿したワタクシである・・・・。

週末模様~土曜日の早朝編

リーダー

リーダーです。

さて、土曜日。

家人が居ない休日。

いつもの休日と同様、平日より早起きしたので散歩に出かける。

朝の散歩、は、本当に気持ち良いものである。

凛とした空気、騒がしくない街、そんな中をゆったりと散歩すると言うのはなんとも贅沢な事である。

普段混み合う通りも穏やかな顔をしている早朝は、散歩と成れば混雑した道を避ける僕であっても積極的に大通りを歩くのである。

今朝は、浅草に行ってみた。

securedownload (12)
(朝ぼらけ、と言うにはちと遅い空気の中のスカイツリー。ううん、電線が、邪魔w)

ぶらぶらと歩けば、犬の散歩をする人が目に付く。成る程、犬を連れての散歩と言うのは通行の邪魔となりがちであるが、人気の無い朝であればその心配もない。

普段は足早に過ぎる商店街もじっくりと見てやれば、興味深い発見がそこここにある。特に見上げた際に「ほぉ、ここの2階にこんな店が・・・・」と気付きが多く、中々に楽しい。

一度訪れたのみの某寺院に立ち寄ってみた。

securedownload (13)

securedownload (14)

中々しっとりとした雰囲気の庭であり、紅葉が綺麗であったが、残念な事に境内は広くなく、落ち着かぬ。

早々に退し歩を進め、浅草寺へ。

securedownload (11)

朝日の中の境内は普段とは異なる佇まいで、込み合う本堂も並ばずに参拝が出来たほど。

又、近所住民と思しき着物姿の老女が、しっとりとお参りしていて、その様がなんとも美しく目を奪われる。立ち振る舞いが美しい人と言うのは、何故かくも魅力的なのであろうか。

境内も、観光客の姿も殆どなく、ゆっくりと見て回れた。

securedownload (10)

securedownload (9)

securedownload (8)

浅草寺の境内には、諸堂祭られているのだが、其処此処に花や線香が供えられていて「誰が供えているのやら?」と不思議に思っていたのだが、今朝、線香を供えている老人を見た。

その老人は、線香に火を付け、其処此処の供え場所に置いて行ってた。

それを仕事としているのか、信仰からなのかは不明だが、供えながら一々手を合わせる様が、中々に気持ち良かった。

線香を供えて手を合わせようとして、何か気に入らないのか線香を立て直していたのだが、その様に
そう言えば、と思い出したのは、母方の祖母の事。

仏壇に供える花を、気に入るまで何度も入れ直し、満足すると安心した様に手を合わせていた祖母の姿になんとも重なる風景であった。

普段は混み合うので立ち寄らぬ影向堂等にもお参りし、暖を取ろうと温かい飲料を購入しベンチにじっと座っていれば、なんとも迂闊な雀が、僕を置物とでも思ったか、将又僕と言う人間の存在感の薄さからか、靴の上に乗っかる始末。

暫くして生物だと認識し慌てて飛び立ったのだが、鳥類にも迂闊な奴とは居るものらしい・・・・。

securedownload (6)
(「やっちまっったよぉ」ってな表情の雀氏)

securedownload (5)
(「ま、やっちまった事は仕方ねぇやね」ってな表情の雀氏)

まだ空いているだろうと、仲見世通りを歩いてみる。

securedownload (7)

既に新年の飾り付けが目に付く仲見世は、その殆どの店舗は閉まっていたが、丁度開けたばかりの人形焼き屋さんで一つ購入し朝御飯とする。

securedownload
(梅を模したと思われるこの飾り付け、なんか可愛くて好きである)

煙草が吸いたいな、と、思うも手持ちが無く、コンビニに入ればなんとも騒がしい客が居る。

何をそんなに騒いでいるのかと見やれば、購入したカップ麺にお湯を入れたらポットのお湯が少なく、且つ沸かすまで時間が掛かるとの事らしく返品を要求していた。

「今日はな、戦いの日なんだよ!こんな所で負けてられねえんだよ!」と競馬新聞を持って騒ぐオッサンのズボンのチャックはフルに開いていた。多分、彼は今日(も)負けるだろうと思ってみたがどうか。

喫煙所で煙草を吹かし、隅田川へ向かう。

securedownload (2)
(浅草の松屋さん。建物が好きである。おっと時間がばれちまうなw)

securedownload (1)
(スカイツリーさんと墨田区役所さん。日が当たる様の写真は残念ながら撮れず)

ルアー釣りの人が居るかと思えば、餌釣りをする老人があちこちに。釣りって、良いよね。

可成りゆっくりぶらぶらと歩いたのでこの時点で2時間経過。

流石に寒くなって来たし人もそろそろ多くなってくる時間帯なので一時帰宅とする。

近くなのでアソコに立ち寄って「リーダー参上」とシャッターにスプレーで落書きしてやろうかと思ったが思い留まる。

歩いて帰ろうかと思ったが、休日の早い時間帯の電車が好きなので駅へ向かう。

一度ゆっくり見てみたいと思った地下街へ。

securedownload (3)

securedownload (4)

すげえ怪しい・・・・w。

唯一開いていたのが立ち食い蕎麦のお店。

上記コンビニで騒いでいたオッサンと同じ匂いをしたオッサン達でいっぱいだった。空いてたら食べたかったなぁ。

此処の商店街にあるベトナム料理屋さんが美味しそうなので一度訪れたいのだが未だ適わず。

一通り見て回り改札を通る。

電車の中には、夜通し遊んだと思しき客もちらほら。

徹夜した人達が朝見せるちょっと照れ臭そうな表情は、なんか、良いなって思うんだ。普段見せないであろう表情を見ると、なんか嬉しくなるのだが僕はおかしいのだろうか・・・・?

思いの外長くなったな・・・・一旦切りましょか。

さ、楽器屋行って来ようっと。 

週末模様~プロローグ

リーダー

リーダーです。

勤務先へ向かう道すがらの橋の上で、よくすれ違う人が居る。

ギョエーテ程ではないにせよ、規則的な生活を送る僕は、大体同じ時間に出勤するので、同じリズムで生活する人が居れば、そりゃよく合う人の1人や2人、居ると言うものだが、そのすれ違う人と言うのが、バッファロースプリングフィールド時代のニール・ヤングに激似故、どうしても気になってしまう。

20139
 (向かって左端がニール・ヤングさん)

僕は勝手に彼を「ヤングさん」と名付け、橋に差し掛かると「今日はヤングさん居るかなぁ?」と気になってしまう。

ほぼ毎朝、出社前に立ち寄ったコンビニで昼食のお弁当を買う僕であるが、ヤングさんとすれ違った日はシューマイ弁当を買う事が多い事に気付いた。

「何故に?」と思い気が付いた。

ヤングさん⇒ヘイヘイマイマイ⇒シューマイ⇒シューマイ弁当

どうもこの様に連想している様で、シューマイ弁当を買ってしまうらしい。



僕と言う人間の連想力の矮小さがそうさせるのは否定しないが、何気無い連想が行動を決定するのもあるのだろうと思う。

オーグスト・デュパンは、同行した相手が見ていた物とその後の僅かな表情の変化で、相手が何を想像しているかを当ててみせるのだが、「相手の仕草から考えを連想して推理する」と言う彼の能力を以ってしても、僕のシューマイ弁当購入の動機は分からないのではなかろうか・・・・だって、あまりにも馬鹿馬鹿しい連想なんだもの。

そう言えば、僕が毎朝弁当を買うにも理由があるのだよ。

混んだ昼時に態々買いに出掛けるor外食するを望まない物臭な性格であると言うのも大きな理由だが、もっと深遠な理由があるのである。

僕は、電子レンジで温めたお弁当を好まない。

なんか、あの不自然な温かさが気持ち悪いと言うのもあるし、温めて欲しくない食材までも温められてしまう融通の無さが我慢ならないと言うのもあるが、まぁ、兎に角嫌なのである。電子レンジで温めるくらいなら、多少なら冷たくてもそのまま食べたいと思い、事実そう行動している。

そんな僕であるが、別に温かいお弁当が嫌いな訳では無い。美味しく温めているのなら、その方が好ましいのは言うまでもない。

そんな僕がお弁当を温めるに最も適していると考えるのが、パソコンのファンである。

朝購入した弁当を、パソコンのファンの傍に置いておくと、昼食時には丁度良い暖かさになっているのである。

これを僕は中々の発見だと思い、思い付くままに周囲に勧めていたのだが、いつも爆笑されるだけで模倣者は居ない。

「他の追従を許さない」と言えば格好良いのだが、誰も真似しないところを見るに、どうやら僕と言う人間の行動形態に甚だ問題があると思われ、「恥の多い人生を過ごして来ました」と太宰風に反省するところである。

さて、妻不在の週末である。

今日は思いがけず残業と相成ったが、明日明後日はフリーである。

何して、過ごしましょうか・・・・まぁ、楽器屋行きがてらの散歩なんだろうけどw。 

週末模様

リーダー

リーダーです。

皆様、ベースの大先生は人格者です。決して只の嫌な奴じゃありません。天邪鬼な批評家体質ながら批評される事には敏感で、新垣結衣が大好きなだけです(誰だ「お前フォローする気ねえだろ」とか言うヤツは?ベースの大先生に謝れ!ベースの大先生はな、様々な面倒事を積極的に人任せにされる、それはもう立派なお方なんだぞ!)。

45441a1fe934d65712da4903e1022e15
(作画:エクソビクス先生)

これで良いかな?ふぅ、メンバーのフォローも大変だぜ。

前振りのネタ不足に困ってたので、ベースの大先生の前に疑似餌を投げたらが面白い様に釣れたのでネタに困らなかった週末、皆様如何お過ごしでしょうか(少し間を空けて他のメンバーも釣り上げますよぉって、やっぱりお前フォローする気ねえだろ)。

突然ですが、機材を色々と処分しようと思い立ったワタクシ(予め申し上げておきますが個人売買は一切しませんので悪しからずご了承下さい)。

先の記事を書いた際「1年間使わなかった道具は要らない道具」との戒めを思い出し、「うん、処分しよう」と思い立った次第。

どれをいつどこで売るか、等を書くと、ピーピングなる高尚なご趣味をお持ちの方を喜ばせるだけなので書きませんが、ギターで言えばStratocaster、Telecaster、MusicmasterⅡ、G6120DC以外は処分しちゃっていっか、と現時点では思っております。

上記を残す理由は、ま、色々と御座いますが、サウンド面だったり、弾き易さだったり、軽さだったり、改造し過ぎて売るに売れなかったり、ま、それぞれありまして・・・・ね。

財政赤字って訳でも欲しいブツがある訳でもないので、焦らず時間が合えば楽器屋さんへ行こうと思っているのですが、本日がそれに打って付けな日と判断し行って来ました御茶ノ水。

今回の目的は売却と確認。

確認てのはですね・・・・

実は、先月中旬にギターを1本委託販売をしていたのですが、依頼後の状況がなんともおかしくて、と言うか、まぁ、何が起きてるか薄々分かってたんだけど、為念で確認に伺ったんです。

時系列で書きましょう。

10月中旬:ギターを委託販売に出す。売れたら電話するとの説明を受ける
同数日後:某楽器販売サイトの掲載を確認。程なく商談中のフラグ。数日後同サイトから消える
10月下旬:売却されたと判断するも連絡は来ず。電話で確認すれば、売却されてはおらず一旦取り下げただけで数日後再掲載との返事。この時点で「?」となる
11月上旬:再掲載される気配がない事に違和感を覚えお店を変える事にし、引き取りに行くと連絡。了解される
土曜日:取りに行くと「え?連絡来てませんか?売れたんですよ」と朗らかに言われる。思わず失笑。「いつ売れたんでしょう?」と問うと分かり易い動揺を見せる店員さん。返品される可能性があるので売ってから1週間後に電話連絡するのが基本、それから2週間程度で支払いとなるとの説明を初めて受けるもいつ売れたかの回答は誤魔化す様が痛々しくて宜しい

まぁ、久々に笑わせて頂きました。だってさ・・・・

他人の振りして問い合わせの電話したら「売却済みです」って言われ、その後に、売却の状況確認の電話したら「未だ売れてません」って言われたんだもんwww。

怒っている訳では無いのですよ。事実、店頭に行った時、僕終始笑顔だったもん・・・・気持ち悪い位にw。

「未だ売れていない」「再掲載する」「既に売却の電話連絡入って居る筈です」との苦しい言い訳を、デ・ニーロ並みの演技力で罪悪感無しでする店員さんと言う面白いものを拝見出来たので、ま、楽しかったです。

・・・・うん、どう考えても僕の方が「只の嫌な奴」です。からかって・・・・ごめんねw。

なんで怒っていないかと言うと、いや、不誠実な態度には「?」と思いましたが、その理由も分かるから、です。

カードで買われたら、カード会社からの入金迄時間が掛かるし、その前に僕に代金払ったら、お店側の立替払いになっちゃう訳で、そりゃあ支払い遅らせる為に「未だ売れてません」と言いたくもなるでしょう。まぁ、その説明が事前にあっても良いと思うし、それも含めて委託手数料があるとも思いますが、理解は示せます。

理解は示せますが、ブラック澤楽器さんでは二度と売りも買いもしないでしょう。演技力優れる店員さんにお会い出来ないのは残念ですが、仕方ありません。

振込日の連絡を別途する、との事ですが、いつご連絡頂けるか、楽しみです。

ご参考までに、楽器を「売却する際」の店員さんの御対応は

THE中古楽器屋
WOODMAN
AAAイワタ楽器

が、僕の経験則では圧倒的に良いです(順不同)。THE中古楽器屋さんは委託販売が出来ませんが・・・・。

と、そんな面白い「楽器屋コント」を堪能し、御茶ノ水をぶらぶら。

数件楽器屋さんに立ち寄りましたが何も買わず。Stratocasterをメインギターにしてから、エフェクター含め機材に対する興味より、パーツに対する興味の方が大きくなっちった。

裏通りをメインに、秋葉原迄ぶらぶら。

このケーブルが欲しいなと思ったので、ラジオデパートの桜屋電気さんに伺ったのですが、とあるお客さんが店員さんに熱心に質問されていたので次回に持ち越し。質問しているお客さんがね、なんか良い感じだったんでお邪魔したくなかったんです。「どれが良いのか教えてくれ」的な漠然とした答えの無い質問をしつこくされる人にはウンザリですが、質問内容が「ああ、成る程!」だったので・・・・すいません、盗み聞きして。

雨上がりの天気が思いの外心地良かったので、自宅まで歩こうと歩き出す。途中、尿意を感じデパートでトイレを借りたのですが、隣にいた少々お酒が入ったと思しきオジサマが股間をまさぐりながら、「あれ?無いぞ?おい、どこ行った?」とチソチソを探してらっしゃって吹き出しそうになる。もうホント、勘弁してくれ・・・・。

そんな土曜日で御座いました。

そう言えばバンドのジャケットは全てビクシ君が書いているのだが(デザインはTakayuki君)、いつの間にやら物の怪になったが以前はちゃんと「人」だった。

32f29cd24692e8deca34af8b7dce3972


08a5dbd13091ec6a7056c1aca8e779c5

「フォローの無い放置」ってのはこう言う事を言うんじゃないかと思ったんだけど・・・・どうだろう?

プログレシブ・インスタント食品

リーダー

リーダーです。

ギターを数本所有している僕であるが、常時ケースから出しているのは2本で、リビングにはメインギターを(現在はStratocaster)、自室にはG6120DCを、それぞれ置いている。

securedownload

securedownload (4)

自宅で弾く分には、生音で音量が稼げるセミアコが好ましい。

アコギっぽくジャカジャカやるに良し、ロックっぽいリフ弾くに良し、なので、セミアコは直ぐに手に出来る場所に置いておく。

そんな訳で
自宅で一番使うのは自室に置いているギターなんですが、これはコロコロ変わるんです。つい先日までは360C63だった。

理由は、まぁ、特に無いんです。気分で、弾きたくなったら出す、みたいなね、そんな感じ。

で、G6120DCを取り出したら、ギターケースの横にある本棚から本が崩れ落ちて来て、崩れ落ちた本の中にこんなんがあった。

securedownload

稲垣足穂の「一千一秒物語」と室生犀星詩集。

引越の際に、本は大体捨ててしまうのだが、意図的に残した本も幾つかあり、上記も意図的に・・・・と言う訳では無く、寧ろ捨てたと思っていたので出て来て驚いた次第(萩原朔太郎の詩集が無いのは何故だ?捨てなかった筈なのに・・・・)。

「1年間使わなかった道具は要らない道具。処分するに限る」とは、お世話になった方の言葉。至極納得(除く楽器関連w)。人付き合いでも、そんな感じ。元々、身近じゃなくなった人と積極的に連絡を取る性格でもない。うん、社交性無し。ごめんなさい。

おっと、閑話休題。

そんな訳で「未だ持ってたんだぁ!」と頁を繰った訳ですが、室生犀星詩集は楽しく読めたが一千一秒物語は途中で投げ出してしまった。

  • 月から出た人
  • 星をひろった話
  • 投石事件
  • 流星と格闘した話
  • ハーモニカを盗まれた話
  • ある夜倉庫のかげで聞いた話
  • 月とシガレット
  • お月さんとけんかした話
  • A MEMORY
  • A PUZZLE
  • A CHILDREN'S SONG
  • 月光鬼語
  • ある晩の出来事
  • IT'S NOTHING ELSE
  • SOMETHING BLACK
  • 黒猫のしっぽを切った話
  • 突きとばされた話
  • はねとばされた話
  • 押し出された話
  • キスした人
  • 霧にだまされた話
  • ポケットの中の月
  • なげいて帰った者
  • 雨を射ち止めた話
  • 月光密造者
  • 箒星を獲りに行った話
  • 星を食べた話
  • AN INCIDENT IN THE CONCERT
  • TOUR DU CHAT-NOIR
  • 星?花火?
  • ガス燈とつかみ合いをした話
  • 自分を落してしまった話
  • 星でパンをこしらえた話
  • 星におそわれた話
  • はたして月へ行けたか?
  • 水道へ突き落された話
  • 月をあげる人
  • THE MOONMAN
  • ココアのいたずら
  • 電燈の下をへんなものが通った話
  • 月のサーカス
  • THE MOONRIDERS
  • 煙突から投げこまれた話
  • A TWILIGHT EPISODE
  • 黒猫を射ち落した話
  • コーモリの家
  • 散歩前
  • THE BLACK COMET CLUB
  • 友だちがお月様に変った話
  • 見てきたようなことを云う人
  • AN INCIDENT AT A STREET CORNER
  • A HOLD UP
  • 銀河からの手紙
  • THE WEDDING CEREMONY
  • 自分によく似た人
  • 真夜中の訪問者
  • ニュウヨークから帰ってきた人の話
  • 月の客人
  • どうして酔よりさめたか?
  • A ROC ON A PAVEMENT
  • 黒い箱
  • 月夜のプロージット
  • 赤鉛筆の由来
  • 土星が三つ出来た話
  • お月様をたべた話
  • お月様が三角になった話
  • 星と無頼漢
  • はたしてビールびんの中に箒星がはいっていたか?
  • どうして彼は喫煙家になったか?
  • A MOONSHINE

上記は、一千一秒物語の収録作品のタイトルだが、歌詞のタイトルにパクりたいものがずらり。タイトルだけを見ると読んでみたくなるのだが・・・・、実際読むとしんどいw。

大学時代までは能動的に本を読んでいたが、生涯の読書量は決して多くない。それに、今は全くと言って良いほど読まなくなった。

過去、本について書いた際、ベースの大先生に「本読んでることアピールしたいんだろ?」と皮肉っぽく言われたが、読書家と言えないのを自覚しているので、まぁ、それはない。寧ろ、知性の無さをこのブログでこれだけ露出しているんだから、読書している等とアピールしても恥ずかしいだけである。「趣味は読書です」と言った事は一度も無いしなぁ・・・・。

高校時代の何人かは大変な読書家であったが、不思議と「知性」を感じなかった。
総じて皮肉屋であった印象が強く残る。

知識量の多さは寧ろ知性を失うのじゃないか、と思う。

僕の定義する「知性」の構成要素には、「穏やかさ」と「気遣い」があり、それが無い人には知性を見いだせない。僕の定義が間違っているかもだが、「感覚的所与を認識に昇華させる能力」であるとしても、
「穏やかさ」と「気遣い」が無い「知性」は、「独り善がり」に思える。

と言う訳で本日も「知性無き文章」でお届けしたいと思う四鬼夜行、改めましてこんにちわ、リーダーです。

「技術の革新を具体的に表せ」と言われたら、皆様、何を思い浮かべますでしょう?

「どうせエフェクターの話するんだろ?」と思われた貴方、このブログ読み過ぎです。少し控えましょう。

ワタクシの場合は「インスタント・スープ」である。

幼少期、インスタント・スープを飲んだ際「なにこれ・・・・不味い・・・・」と思い、以来長らくインスタント・スープを避けて来たのですが、最近は好んで飲む俺が居る。

会社にある自動販売機のスープを、残業中に小腹が空いた際に積極的に飲んじゃったりしている。

自分の味覚が変わったのかもだが、インスタント食品の技術は明らかに進歩したと思う。

母がインスタント食品・・・・と言うか、添加物全般を毛嫌いしていたが故、幼少期の僕はインスタント食品に馴染みが無かった。

リトルリーグの帰り道、友達と「買い食い」して食べる駄菓子が非常に美味で、そして酷く罪悪感があった。

こちらでは「駄菓子屋」の名が一般的かと思うが、地元では「一銭店屋」とも言われていた。名の由来は推して知るべし。

おっと、又しても話が逸れた。うん、こういう時は「特に書く事が無い時」なんだよ、すいませんですな。

で、そんな「インスタント食品の技術進歩」を感じる僕であるが、未だ納得感が無いのが「おしるこ」である。

インスタント食品の技術進歩を体感したく、毎冬1本「缶入りのおしるこ」を飲むのを課してる。BGMはプログレシブ・ロックと決めている。

その、毎年の恒例行事が今朝だったのだが・・・・うん、今年も駄目である。

大豆食品の雄、と言えば井村屋さんだが(主観です)、 井村屋さんを以ってして納得感が無いこの状況。

一体、どう言う事なのか・・・・。

そもそも、「粒入りの缶飲料」は、粒が底にへばり付くと言う不満が評価を辛くさせる衒いはあるが、缶入りおしるこの納得感の無さは納得出来ない。

各メーカーが様々なおしるこ製品を世に送り出しているのだから、一定のファンが居る事は想定出来る、が、ラーメンとカップヌードルが別物である様に、「おしるこ」と「缶入りおしるこ」は別物で、「缶入りおしるこ」には一定のファンが居るのかも知れぬ。

しかし、しかし・・・・僕には納得出来る味ではない。群雄割拠の飲食業界における各メーカーの技術開発の力の入れ様は、毎年新製品が世に送り出される事から安易に推測出来る。それでも、未だ、納得出来ない缶入りおしるこの進歩の無さは異常ではなかろうか?

そして今年、僕は重大な事に気付いた。




















































俺、おしるこ、好きじゃないんだったわ。 
livedoor プロフィール
登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ビクシー避難所