四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

四方山話

週末模様

リーダー

どうもっ、アマチュア・バンド界のY軸変換、フジコ・オーバードライブのリーダーです。

本日は何故かこんなん聞きながらお届けしております四人冗語。



Ginga Trio・・・・いい名前だなぁ。由来を知りたいですなぁ・・・・。

さて、本来であればバンド練習の週末なのですが、諸般の事情(ベースの大先生の事情だけど)で今週は練習無しで御座います。

隔週の練習が基本の我々。

メンバーの都合が合わない場合はその週飛ばした方が良くないか?予定立てやすいし、と以前提案したのだが賛同を得られず。

やる気があるのか無いのか・・・・本当に意味不明なバンドである。

バンド練習無い週末は「バンド練習あったらなー」って思い、バンド練習がある週末は「バンド練習行きたくねー」って思う天邪鬼なワタクシですが、今週末は珍しく心と予定が一致。うん、今週は本当に練習が無くて良かった。

そんな忙しい中、電車の中の小学生低学年の男女の会話に癒される。

男の子「ねぇねぇ、ママがさ、カレーを寝かせるって言ってたんだけどさ、カレーって寝るの?」

女の子「そーだよー、寝るんだよー」

男の子「ほんと?すっげー!」

女の子「だからね、カレーが起きちゃうから冷蔵庫開けちゃ駄目なんだって!」

男の子「えー・・・・この前開けちゃった」

女の子「蓋してた?蓋してたら起きないから大丈夫だよー」

男の子「ほんと?よかったー」

俺にもこんなに可愛い時代があったのだろうか・・・・無かったと確信持って言える。そんな時代があったのなら、こんな人間にならなかった筈だっ。

そんな訳で疲労困憊アート(ん?なんか違う)だった今週にも拘わらず、相変わらず早起きしちゃったワタクシ。

休日の朝、と言えば先ずは珈琲である。

IMG_6134
豆とミル。ミルはキャンプなんぞの携帯用だが、1~2杯淹れるには充分な優れもの。

IMG_6135
豆入れて

IMG_6136
抉り込む様に挽くべし!

IMG_6137
出来上がりー。ちょっと零したのはご愛敬。

私見であるが、珈琲って沸騰して少し冷ましたお湯で淹れないと美味しくない気がするのだが如何だろうか。

珈琲片手にギターを手にする。

久々に手にするはJaguar

securedownload

そう言えば、当Blogに訪問頂く方に「Jaguar 改造」で検索して・・・・って方が多いのだが、メインで使って居る訳ではないので心苦しいったらない事に加え、なんせJaguar使いの風上に置けぬ様な改造施しちゃってるので申し訳ないったらない。

Jaguarはですね、ショートスケールで弾き易いし、サウンドもね、好な感じに弄れるし、ソリッド・ギターで唯一、クリーンでロー・コード弾いて満足行くギターなんでね、使っても良いなぁと思う事、結構多いです。クリーンでロー・コード弾く時は、Jaguar使い(なんかサーカス団っぽいな)には不人気のプリセット、と言うね、うん、なんでしょね、僕ぁどうしてこう、人様が「使えねぇ」ってのを好むんでしょうねえ・・・・。

使わない理由は重さ。これで、もう少し軽ければね・・・・使うんだけどね・・・・。

んでもって、Jaguarを取り出して何弾いてたかと言うとLed ZeppelinはLiving Loving Maidだったりして更に申し訳ない。



Led Zeppelin聞くとさ、やっぱさ、ⅠとⅡが良いなぁって思うのですわ。好む理由の一つにその時期のギターの音もあるのです。この時期のJimmy PageってTelecaster使ってたらしいのですが、Jaguar持ってそれ弾くってね・・・・うん、どうなんざましょ?

好きなギターのサウンドって色々あるんだけど、サウンドも、プレイもどっちも好きなのってこれ。



ギターはRobert Quineだと記憶している。偏屈王Lou Reedを以てして「アイツはクレイジーなんだ。とても一緒に出来ない」と言われるギタリスト。



B級映画に出てくる脇役のエージェントみたいな容姿だが、プレイが堪らなく好きだ。

下記2曲もRobert Quineだった様な・・・・いや、すいません、曖昧。





おっと、なんか話がRobert Quineになっちゃった。軌道を戻すとしよう。

そんな訳で暫しギターと戯れ、昼食を取った後に楽器屋に行こうと陽気な11月の陽気の中に飛び出したのである。

御茶ノ水はいつも通りの雰囲気。

幾つかの店舗の装いが変わっており、ほうほうとじっくり見て回る。

今日ほっこりした光景。

乙女A(3台のエフェクターを試し弾きして)「うーん、よく分かんないなー」

乙女B「そだねー」

乙女A「よく分かんないから、一番やばい音が出るこれにするー。この、Big Muffってやつー」

ふと見やれば試しているのは3台ともファズ・・・・日本はまだまだ大丈夫だって思った。てか、おっちゃん知り合いだったら買ったげてたわ。ファズを弾き、且つ「一番やばい音がするやつ」を選ぶお嬢さん・・・・ご両親の教育が良い家庭で育たれたんだろうなぁ・・・・。

色々と見て回るもグッと来るものはない。残念。

そう言えば、今日御茶ノ水を回って、最近やばい雰囲気の楽器屋さんってなくなったなって思いました。「は?なにそれ?」と思う方はスルーして下さい。「あー、分かる!」って方、いらっしゃるかと思いますw。

一休みと珈琲豆の補充で古瀬戸喫茶店へ。

IMG_6138

IMG_6139

良い喫茶店って、入る前から分かるよね・・・・。初めて訪ねた時も、ここは間違いないって雰囲気、ビンビンに感じた。

珈琲は勿論美味しいのだが、雰囲気も良い。そして・・・・この店のレアチーズケーキは絶品に思う。レアチーズケーキを好まない僕が食べたいって思うんだから、推して知るべしなお味。座るならカウンターがお勧め。壁に並ぶカップを眺めるだけでも幸せになれます。

IMG_6141

ブレンドは、苦味ブレンドと酸味ブレンドがあり、選択するは前者の珈琲豆。個人的には、これが一番好きな珈琲。こちらの珈琲、珈琲がお好きなら是非一度お試し頂きたい。美味しいですよん。

にしてもだ、紙袋にダイレクトに入っている珈琲豆に・・・・萌え。変なところに萌える性格である事は自覚しているから指摘は無しにして下さいね。

御茶ノ水を後にし、ぶらりぶらりと向かうは秋葉原。

向かったのはこちら。

IMG_6142

そう、東京ラジオデパート。その中の桜屋電気店さんに突撃。

購入したのはこちら。

IMG_6144

PC-TRIPLE CHのギター・ケーブル。以前3Mも買いましたが今回は5M。長いシールドは普段は使わないのだけれど、先のライブで必要性を感じて購入した。でも、次のライブは未定なんだ。

改めて試しましたが・・・・mogamiの2524の方が、サウンドもそのしなやかな品質でも好きだなぁ、僕ぁ・・・・音が劣化しないってのが売りのケーブルだけど、劣化しない事が良い事か、は、別だわなぁ・・・・。

PC-TRIPLE CH買っといてなんだが、mogamiの2524は本当に良いケーブルに思います。しなやかで絡まないし(てか某CAJの某ケーブル、ジャックは異なれど中身はmogamiのそれじゃねえのと思っている俺が居るんだぜ)。

安い味だけどそれを求める時が大いにあるワタクシだけに、私見たっぷりな上記の感想は、ま、ご参考程度にしておいて下さいませ。

東京ラジオデパートの1Fでのゲームが売っている所で、ケルナグールってゲームソフトが売っていて、確か中学時代の友人がこれが異常に好きで且つ凄く強かったのを思い出した。てか、そんなメジャーなゲームなのかあれ?どんなゲームだったかすら記憶に無いが、遊びに行くとなんかやらされ、「もっと修行しろ!修行してしゃがむのを覚えろ!」って言われて、「修行しないとしゃがむ事すら出来ないの???」と思ったのは何か記憶にある。なんだったんだ、あれ?友人の名前も定かじゃないのに、なんかそれは凄く覚えているんだけど・・・・てかなんで遊びに行ったのかも不明・・・・。

東京ラジオデパートを後にし、雑踏を進めば、いつもはスルーしてくれるのに今日は何故かメイド服姿のお嬢様方にやけに声をかけられた。なんだろう、変な属性付いたのか・・・・?

秋葉原に行ったからには、当然HARD OFFさんにも突撃も、最近のHARD OFFさんは商品が循環してない感じで、これまたグッと来るものはなし。

折角来たのだからとこれを購入。

IMG_6143

AT130の弦交換用のElixerの弦と、Planet Wavesの指板の保湿兼ポリッシュ。「
Fingerboard Conditioner」と明言しているからには、指板のケアに一般的なレモンオイルより優位性があるのかなと期待して購入。

で、この製品ですが・・・・これは・・・・う~ん。今は生産中止っぽいけど(リニューアルしただけかな?)、その理由はなんとなく分かる。

汚れは落ちる、けど、保湿性は「ん?」に加え(下手すりゃレモンオイルより揮発性が高いと思うんだけどどうでしょ)・・・・赤い色が付いているのはどうかと・・・・。

指板の保湿ってどの程度必要なんでしょね。「不要」と明言している方もいるし、乾燥の時期には必須って方も居るし。

個人的にはそこまで重要性を感じない。と言うか、指板はシーズニングされている訳で、それに水分を与えるってなんか違和感がある。「東京の冬は乾燥し過ぎているから」と言うのにしても、ダイレクトに指板に水分を与えるって、なんか違うなぁって思う俺が居る。弦の潤滑剤もスプレー式のは避けている。

指板のケアは、某商品は使っているんだけど、生産中止になっちゃってね・・・・良い製品だと思うんだけど、ちょっと高かったからなぁ・・・・。

秋葉原の裏通りの、やばい匂いがするショップを幾つか冷やかす(あ、エロ系じゃないです)。欲しいものがある訳じゃないのだが、あの雰囲気が好きなのである。

そんなんしてたら「ニク タベタイ ニク クワセロ キョヒ ハ デキナイ ソノバアイ ケルナグール」と言う、脅迫感たっぷりのメールが家人より届く。ケルナグールのシンクロ率が怖い。エヴァンゲリオンが起動しちゃうレベルじゃないかね、これ。ディラックの海に飛び込んじゃいました?

焼肉は好きじゃないんだけれど、まぁ、家人が食べたいなら別に良いんだけど・・・・やっぱり今日も財布を忘れて来たってどう言う事なのか・・・・ねぇ。帰宅すれば、明らかに「外出前に意思を持って鞄から出しました」感たっぷりの状態で、机の上に家人の財布あったんだけど、ねぇ。

帰宅して、AT130の弦交換でもしましょうと相成る。

IMG_6145

Rickenbackerは360C63がフレット交換中なので、これかG6120DCが暫くはメイン・ギターとなる訳で、弾き比べしてましたら弦の劣化を感じましてね。交換しようかと。

弦を外し、フレットを磨き、全体を清掃し、弦を張る。
ネックの状態を確認し、オクターブ・チューニングをし、各フレットで音詰まりが無いかチェック。いつもの作業。この作業は結構好きである。

フレットは少し摩耗していた。AT130も、ステンレス・フレットにしちゃおうかなぁ・・・・。

それにしても、ピカピカのギターって気持ち良いね。

週末模様

リーダー

リーダーです。

諸事情で休暇となった金曜日。

天気も良好だし、絶好の散歩日和・・・・と思うも、土日は義父が上京する事に加え他のTo Doもありバタバタ。

そうは言っても自分の時間も少しは欲しいと、出社するのと同じ時間に起床し行動を開始・・・・って早く起き過ぎて手持無沙汰な朝。

珈琲を飲みながら、最近お気に入りの耳鳥斎の戯画を見て文化的な時間を過ごす。

nichosai4_l

nichosai-660x350

IMG_5424

本当に江戸時代の画家か?って思う様なタッチに、最初に見た時には驚かされたものである。もっと評価されて然るべき画家に思うんだけどなぁ・・・・如何でしょ。

そんなんして過ごした朝でしたが、仕事がある家人を見送り行動を開始する。

本日のタスクは以下の通り。

・Rickenbackerは360C63のフレット交換の検討
・散髪&楽器屋巡り

Rickenbackerは360C63のフレット交換の検討

ライブで使用したギター、Rickenbackerは360C63

IMG_5524

フレットの摩耗が激しく、ステンレス・フレットへ交換を考えているが躊躇もしている。

躊躇の理由は、

①お金が掛かる
⇒ネックに塗装が施されている為、通常のフレット交換よりお金が掛かる。セコイ話で申し訳ないが、投下資本に限りがある宮仕えの身としては、中々にしんどいお値段なのである。それでも「これがワタクシの終のギター」と言うのであれば絶対にやるのだが・・・・(事項に続く)

②恒常的に使うギターかどうか微妙
⇒なのである。デザインも弾き心地も好きなギターだが、
セミアコに位置付けされるギターでありながら、構造的に箱鳴り感が少なく、クリーンでコードをジャカジャカ弾く事が多いワタクシには、これよりもG6120DCAT130の方が良いのではないかとの思いが強いのである。僕がソリッド・ギターを弾かないのは、ロー・コードをジャカジャカ弾いた時に箱モノ程気持ち良くないってのが理由の一つでもあります。
加えて、「イケメン専用機」なこのデザインは、ビクシ君の妖怪似顔絵にそっくりな、イケメンとは対極にあるワタクシには容姿的に決定的にマッチせず、豚に真珠の具体例となっている自覚があり過ぎる位にあり、躊躇してしまう俺が居る。

うーんうーんどーしよー・・・・と考えて、アフリカの諺を思い出す。

道に迷うことこそ、道を知ることだ

うん、確かに・・・・。

Rickenbackerでステンレス・フレット・・・・ネットを徘徊してもその実例は無く、道を知る為にやってみても良いじゃないかと言う気がした。

加えて、亡父の言葉を思い出した。

「俺、迷う事なんか無えんだよ。迷う前に決めちゃってるから。迷っても答えが出る事なんか無えよ。選択迫られたら、面白そうな方選べば良いんだよ」

まぁ、その通りにも思う、が、父と一緒に入ったラーメン屋さんで、ウナギ・ラーメンなるものを発見し、「おお、こりゃあ面白そうだ」と頼んだまでは良かったが、一口食べて「水平線の様に限りなく不味い。ラーメンの味とウナギのタレの味が混じらず喧嘩している感じだ。だから・・・・お前のラーメンと交換しろ」とワタクシのラーメンを取り上げ様としたお方の発言なので、その言葉に従うべきか迷う・・・・。

因みにその結果はと言うと、当然の様に僕は断り、醜い争いに発展し、その様を聞いていた店主が「あんなもん(ウナギラーメン)頼む親父さんが悪いわ。あれ、美味いって言った人居ねえし」とか言い出して、「そんなもん商品にすんじゃねえよ」と怒り出した親父さんVS店主の抗争が勃発、半時間後に何故か和解した二人は炒めもやしを肴にビール飲んでいたと言う・・・・なんだったんだ、あれ。

とは言えだ。普通にラーメン食べただけなら思い出にもならなかった事が、ある意味「楽しかった思い出」として残っても居る。

「じゃ、面白いからやってみるか」と決めたワタクシは、Naked Guitar Worksに赴く。

IMG_5961

超期間預けるので、ハードケースに。これがもう重くて・・・・途中で捨てたくなった。

リーダー「ハロー・ワールド」

N.G.W「・・・・今度は何をさせようってんだ?」

リーダー「その”脅されて嫌々ながら偽札を作っている”的な態度はどうにかならんか?」

N.G.W「あ、その表現って凄く的確」

リーダー「だろ?・・・・って客をディスるんじゃねえ!」

N.G.W「で、なんです?」

リーダー「フレット交換さ、ハニー。オイラのRickenbackerのフレットをステンレス・フレットに交換してくれやす」

IMG_5964
(萌え系な手術台の上のRickenbacker)

BlogPaint
(Rickenbackerを抱えるリーダー~熱血バージョン)

BlogPaint
(Rickenbackerを抱えるリーダー~モザイクバージョン。悪人感が其処此処に。背後の作業台は小園氏のそれ。半田鏝~ドライバー~朝比奈みくるちゃんのフィギュアと言う並びは突っ込む気にならぬ)

N.G.W「マジでやるの?只でさえキンキンしたサウンドが、ステンレス・フレットで更にキンキンしちゃうよ?」

リーダー「一つ聞くがRickenbackerのフレットをステンレス・フレットにした事は・・・・?」

N.G.W「・・・・無い」

リーダー「だったらその結果となるかは分かるまいっ。俺はな、人生と言うRPGで、勇者の剣を手に入れる為に日々悪戦苦闘しているんだよ。その一環としての今回だ。どうか真摯に取り組んで頂きたい」

N.G.W「呪われた剣の製造機が良く言うわ。てか寧ろあんたがデスピサロ」

リーダー「なんか言ったか?」

N.G.W「いえ・・・・別に」

と言う訳でステンレス・フレットへの交換に踏み込んだワタクシ。ネックの塗装がある為いつもより工程が多く出来上がりは年明けとなりそう。故に結果は2019年に出る。

Naked Guitar Worksと友好的な会話を済ませたワタクシは、お隣のとん将さんでランチでも・・・・と思えば満席。桃李もの言わざれど下自ら
を成す・・・・か。

食事の為に待つ事をするはしないと決めているワタクシ。さて、どうしましょうかねと浅草を歩き、目に付いた喫茶店でカレーを食す。

これ程見事に「ボンカレー」をまんま出す店も中々に潔い。何故ボンカレーと分かったか?冷蔵庫から出してるところ見えたからね。因みに店主さんが袋から出す時「あちっ」って言ってるのを聞いて笑いを堪えるのが大変でした・・・・ああ、表の「味自慢カレー」の幟は大塚食品さんの了解が無いなら撤去した方が良いと思う。

食後、ナポレオンキッシュへ。

お目当ては、テイクアウトのアップルパイ、ミートパイ、キノコのマリネ、オリーブのマリネ、フランス・カレー。

掃除をしなくてはならぬ故、晩御飯を楽しちゃおうと言う魂胆。

相変わらず人当たりの良いマダムと軽く談笑し目的のブツをゲットし一旦帰宅。

IMG_5965
アップルパイとミートパイが・・・・

IMG_5966
こんにちわ、と。

確かビクシーがアップルパイ好きと記憶しているので、今度一度・・・・目の前で美味しそうに食べてみたいと思った。

さて、土日は義父が来るので、部屋を掃除をするか散髪兼ねて楽器屋行くかと考えて・・・・迷わずに散髪&楽器屋。

散髪&楽器屋巡り

と言う訳で先ずは散髪だ、と近所の馴染みの千円カットへ。

入店してみれば、初見の初老の理髪師。

ほう、こんな人も居るんだ・・・・と多少の戸惑いを覚えつつオーダー。

「サイドは短めに、トップはあまり切らずに揃える程度で・・・ああ、、バリカンは結構です。」それが僕のオーダーだった。

初手からバリカン入れる理髪師。入れた瞬間「あ・・・・」と絶句しバリカンを止める。

いやいや、其処で止めるなもう良いから適当に・・・・的な事を伝えれば、「あ、良いの?」的に結構なバリカンを入れ出す。うん、なんか違う。

続いて鋏を取り出し髪を切る手筈なのだが、中々鋏を入れず「ふー、ふー」と粗い息が続いたかと思えば、「ほっ」と息を止めて鋏を入れる。

毎回その「ふー、ふー」と「ほっ」が繰り返され、「ほっ」のタイミングでしか髪を切らないから、早さが自慢の千円カットなのに時間が掛かって仕方ない。

挙句の果てに、俺の肩に手を置いて「ああ・・・・疲れる」と呟いて休み始める。うん、なんか違う。

千円カットの醍醐味「掃除機で残った髪の毛を吸う」との行程に於いては、初手でこめかみを吸う始末。いやいやいやいや強引に外そうとするな電源切れ。頭皮に爪立てないで痛いからあ!

何かしらのアクシデントが発生したと思われる後頭部の状態は頑なに鏡で見せようとしない。鏡の向こうの江戸時代の小僧みたいな髪型した俺と目が合い「そう言う事です」と呟く。いや、どう言う事だ?

かと言ってやり直せるものでもない。特に髪に拘る洒落っ気もない。「はい、有難う御座います」と終了を宣言するワタクシ。

そんな広い心のワタクシに向かって「え?良いの?」と戸惑う理髪師。いやアンタが戸惑ってどうすんだ?うん、もう駄目だ。笑わせて。と言うか、なんでトレンチコート着てるのか教えて。

久々にファンタジスタと遭遇したワタクシは、そのおかしな髪型でイケベ楽器リボレ秋葉原店へ。

BUCK-TICKの展示があったり、Gretschが充実していたり、John Lee Hookerのシグネチャー・モデルがあったり、その一貫性の無さっぷりが見ていて楽しい。

Z's Driveの安い中古があったがスルー。販売当初の強気な値段設定の時に試したが、どうしても欲しいってモノでもなかったからね。

御茶ノ水迄足を伸ばしたかったが、掃除が気になり帰宅する事に。途中、アメ横で義父の晩酌の肴を少し購入した。

帰宅後、部屋を掃除する。

一頻り掃除機をかけ、さて拭き掃除と水回りの掃除のBGMは何にしよ、とCDラックを見やれば、やけに新しいCDがあったのでかけてみる。

IMG_5967

そう、Hotel Oregon Banquetを・・・・。

聞きながら掃除すれば、なんか2倍疲れる感じ。あーすれば良かったこーすれば良かったの後悔ばかりが耳に付く。

拭き掃除にはこれを使ってみた。

IMG_5968

TC楽器さんのハイパーミクロクロス。

使ってみて分かったが、これって汚れを取らないね。艶は出るけど。

玄関の表のドアが汚れていたなって事で外に出てドアを拭く。

お隣の若妻さんとワンコに遭遇。Tシャツをスエットに入れた状態の江戸小僧、朗らかにご挨拶。なんかワンコが纏わり付く。うん、死にたくなるから早く離れて。

ひーひー言いながら掃除終了。ああああああああああああああああああああああああああ疲れたあああああああああああああああああああああああああああああ。

帰宅した家人は掃除とパイを殊の外喜んだ。感謝もされた。

感謝してくれるなら、僕は結構頑張れる方だ。

ビクシ・ガールズの里香女史がライブの写真を送ってくれた。

てか、このRickenbacker弾いてる格好悪いオッサンは誰なんだろうか・・・・?

沢山の写真を送って頂き感謝に耐えない。本当に有難う。

そんな金曜日でした。

週末模様~NAZCA LEATHERのストラップを買ったり(3本目)GOTHOさんのペグを買ったり

リーダー

リーダーです。

三社祭の頃種を蒔いた朝顔。

酷暑だった所為か、いつも程は花も咲かせず終わって、頃合いを見て種の収穫をと思ってベランダで放置していたのだが・・・・

IMG_5882

なんか、花が咲いていた。

台風が続いた頃、温かいと言うか暑く湿気が多い日が続いた為か、人知れず芽吹き人知れず咲いていた模様。

それどころか・・・・

IMG_5883

今になって芽吹いた奴も居たりする。

気温が暦と一致し始めたこの頃に芽吹いたり咲いちゃったり、なんとも間抜けな朝顔だが、何故かその間抜けさが愛おしかったりする。

虫も居なくなり、受粉すらままならぬこの時期に咲いたり芽吹いたり、その儘ならぬ様がね、何とも健気で宜しい・・・・いや、違うな。「健気だなぁ」と言うのはこちらの勝手な感情であって、朝顔の立場からすれば「おおおお、なんや、温かいやないけ。春か?春なんちゃうか?ほな、そろそろ発芽せんとあかんちゃうか?」かも知れぬ。

取り敢えず水を撒いたが「おおおお何すんじゃボケナス。こっちゃ勝手に咲いてるだけやで?要らん事しなはんなや」なのかも知れぬ。

ま、暫く見守ろうと思う。

話は変わって・・・・。

なんでも、盗作裁判やり直すそうで・・・・。





Led Zeppelinは多いよね、この手のお話。「幻惑されて」とか「胸いっぱいの愛を」とか。

「どこかで聞いて頭に残っていたメロディを我が物として使っちゃった」ってのはあり得るお話かと思う。Paul McCartneyは「Yesterday」を夢で聞いて「この曲知らない?」と周囲に聞き捲ったと言うのは割と有名な話だが、Led Zeppelinの場合は恣意的な感じが拭えない。ビクシ君の「デイ・トラッパー」は・・・・うん、まぁいいか。

さて、週末に御座います。

今週は何かと疲れた&「うー・・・・ん」が多かったのでありますが、それでも楽しい休日は来るのである。

本日のネタの始まりはRickenbackerは360Cの「ストラップ」に御座います。

此処最近、メイン・ギターをRickenbackerは360C63にしているワタクシ。

IMG_5524

ライブでもこれ使いましょと相成った訳ですが、色の平仄合わせで赤系のストラップ使ってたんですわ。

f654269f

デザインはとても好きなのですが、材質の所為か結構滑る上に、硬くてちょい痛いのよね。

滑り難い革のストラップを使いたいワタクシなんですが、市販の革のストラップは僕には長過ぎるのですわ。てか何で革のストラップってあんな長いんだろ・・・・不思議也。

そんなワタクシにとってベストなストラップはNAZCA LEATHERのそれ。革の種類やデザイン、長さもオーダー出来て、過去2度程オーダーさせて頂いて両方共満足行く物だった。

選択した材質は過去2本と同じ大変柔らかい「ヴィンテージレザー」、型番(?)はロックタイプ。

AT130、G6120DC、そして360C63が使用頻度が高いギターなんだけど、ストラップはNAZCA LEATHERの物を使っている。

これまで、AT130にはナチュラル、G6120DCと360C63にはブラックを使っていたのだが、ブラウンの方が合いそうだなと思ったんで3度目のオーダーをさせて頂き、先日到着。

IMG_5868

うん、渋い色合いだZ。

IMG_5872

くるっと丸めると柔らかいんでこんなに小さく纏まるんだZ。

ヴィンテージレザーの柔軟性があれば、ストラップ・ピンを装着する穴に切れ目が無い物の方が良いんじゃないかと言う事でそこもお願いしたんだZ。

IMG_5873

このままじゃ入らなかったZ・・・・。

NAZCA LEATHERさんから「調整必要だと思いますよ?本当に良んですか?」と言われてたんだZ。

そうなる事を予見してたか、練習用にと端切れを入れて頂いてたんだZ。

IMG_5870

「これで切れ込み入れるの練習して下さい」と言われたんだZ。

やってみたら問題なく出来たんだZ。

IMG_5869

真鍮のバックルが渋いんだZ。

と言う訳で3本目のNAZCA LEATHERのストラップも大変気に入ったんだZ。因みに名前も入れて頂いたんだZ。

Z口調は飽きたからこの辺でっと。

続きましてペグのお話。

手持ちのギターのペグ(糸巻機)はRickenbackerは360C以外、全てGOTOHさんのマグナムロックにしている。

交換している理由は、弦交換が楽ってのもありますが、ペグ(シャフトと言うべきか)に弦を蒔く回数を均一にしたいからってのが一番の理由。弦を巻く回数が変わるとテンションも変わる。それが嫌なワタクシ。

360C63を交換していないのは、拘りがあってでは勿論無く、交換を画策して挫折したから。

挫折した理由は上記リンクに書いてあるから詳細は割愛するが、簡潔に言うと「ヘッドの厚さに対してペグのシャフトの長さが足りなかったから」である。

360C63のヘッドの厚みは18mm。手持ちの他のギターを測れば12~13mm。5mmの差は大きい。なんせシャフトの長さが20mm程度なんだもん。

そんな訳で1度は諦めたペグ交換ですが、(手持ちの他のギター対比で)360C63のペグ交換が面倒でならぬ訳で、色々探って「あ、これなら行けるかも」を見付けたので購入。

IMG_5884

はい、GOTHOさんのペグSD510H.A.P.M軸のそれ。シャフトの長さは最大で22mm。交換出来なかったSD90-MGのシャフトの長さは20mm。2mmの差でマウント出来るのか分からなかったが・・・・賭けに出た。

そんな訳で土曜日、クールな俺は曇天模様の空の下、Naked Guitar Worksに向かったのさ。

IMG_5887

リーダー「ハロー・ワールド」

N.G.W「なんだこの野郎」

リーダー「上客に向かって随分な台詞じゃないかコンチクショウ。照れ隠しですかコノヤロー?」

N.G.W「銀魂に嵌ってるのは分かったから。坂田銀時の真似とかいいから」

リーダー「アニメ終わっちゃってさぁ・・・・楽しみ無くなっちゃったよ、ったく」

N.G.W「楽しみにしていたアニメは終わる、仕事はわちゃわちゃしてる
、総裁選には負ける・・・・自棄になっちゃ駄目ってもんだぜ?」

リーダー「だから石破さんじゃねえし」

そんな友好的な会話を済ませペグ交換を依頼。軽く見て頂いた所シャフトの長さは足りるとの事。

ブッシュ交換しなければ明日には出来る、との事でお願いした。これに付いては別途書こう。

所用で家人が外出だし、では拙者はイケベ楽器リボレ秋葉原店へでも行こうかとぶらりぶらり。この所毎週行ってやがんのな・・・・。

弦をストックしていた筈が無く、買い溜め。AT130は0.11~0.49だが他は0.10~0.46が好みも、最近は0.11~0.49に統一しようかなとか考えても居る。その太さがなんか好きなのでありんす。

色々と見て回り、ちょいと欲しかったのがこれ。



ワウ・ペダル・・・・普段使ってないし使い熟せないし・・・・なんだけど、欲しくなるんだよなぁ・・・・困ったもんだなぁ・・・・。

弦のみを購入し、家人との待ち合わせには時間があるので一旦帰宅。

早速ライブの自主練習でもしようかと、ドラムのTakayuki君が送ってくれた前回の練習の録音物に併せ、ギターを弾いてみる。

今日は久々にTelecaster Cusomを持ち出してみた。

IMG_5888

一時期のメイン・ギター。サウンドは好き。因みにホロー・ボディに改造してあったりするんで「Telecaster Cusom Thinline」って事になるんでしょかね・・・・ある意味このギターが一番「魔改造」してると思う。良い子は真似しちゃ駄目ですよ。

ホロー・ボディにした所為か、太いネックの所為か、Telecasterとは思えぬ太いサウンドが得られる。Telecaster好きには石投げられそうw。

このギター、ペグがGOTOHさんの510シリーズのそれ。

IMG_5889

すっごい滑らかでね・・・・チューニングが気持ち良いのですわ。

そんな訳で、久々に取り出したギターで練習したのですが、ライブのギター、G6120DCAT130の方が良いのかしらと思った・・・・・。

securedownload (6)
G6120DC

securedownload (10)
AT130

録音環境の所為かも知れませぬが、もうちょい僕のギターに倍音があっても良いのかも・・・・と思ったり・・・・。

ライブ迄練習は残り一回。今更無理か・・・・無理だなぁ。

そんなんしてたら家人と待ち合わせの時間となり慌てて外出。

10月らしい気候で、なんとも気持ち良い空気。

東京で、一番好きな季節がやって来た様だ。

連休模様

リーダー

リーダーです。

さて、しつこいが・・・・

fujico_flyer2018_1

まぁ、ライブをやる訳ですが、先日ライブをご一緒させて頂くBook Band 8%のAさんから、ライブハウスに提出するセットリスト(メンバーの名前やらバンドの構成やら曲目やらが書いてある)を頂いた。

頂いた理由は、僕がライブハウスの窓口になっているから。

そして話は先のバンド練習の飲み会に戻る。

リーダー「社会人としてホスピタリティの高さってのは重要に思うんだよ」

ビクシ君「まぁ、そう言う風潮は御座いますな」

Takayuki君「我々がポンコツ社会人な理由の一つはそれの無さ、でしょうな」

ベースの大先生「俺以外の全世界の人のホスピタリティが高くあってくれれば俺が生き易い世界になると思う」

リーダー「そこでだ、我々も偶にはホスピタリティを時には発揮してみるべきじゃないかと思った訳だ」

ベースの大先生「やだよ面倒くせぇ」

リーダー「まぁ、聞け。先ずはこれを見ろ」(とBook Band 8%のセットリストを見せる)

ビクシ君「・・・・これは?」

リーダー「Book Band 8%さんのセットリストだ」

Takayuki君「・・・・話が見えませんが?」

リーダー「ほれ、ここにバンドメンバーの名前が書いてあるだろ?」

ベースの大先生「・・・・それが?」

リーダー「ホスピタリティ発揮してだ、Book Band 8%のメンバーの皆様に我々がニックネームを付けると言うのはどうだろう?」

ビクシ君「・・・・リーダー、あんたって人の優しさは留まる事を知らないな」

ベースの大先生「・・・・リーダー君、君がこのバンドでリーダー然としている理由を垣間見たよ」

Takayuki君「・・・・リーダー、あんたの背中から羽が落ちるのを見た事があったが、あれは天使の羽だったんだな」

リーダー「いやいや、お前等と言う貴様達、そんなに褒めるな。照れるじゃねえか」

ビクシ君「で、どうするんで?」

リーダー「軽い所でメンバー全員の名前の前に”地獄の”って付けるのはどうだろう?」

ベースの大先生「・・・・女性メンバー全員、時代遅れのスケバンみたいになるな・・・・だが、それが良いっ」

Takayuki君「あの、自分が出演するライブなのにライブハウス間違えて行っちゃった女性コーラスの方だけ、名前の前に”ファンタジスタ”ってのもありですな」

ビクシ君「いや、それなら女性は全員名前を”春麗”にしましょうや」

ベースの大先生「Aさんは”炎のファイヤーA”とかはどうだ?」

Takayuki君「胃痛で胃が痛いよりおかしいけどありですな」

ビクシ君「あれ、ドラムの所に”すいません左利きです”って書いてありますけど左利きでしたっけ?」

ベースの大先生「
今更かよ?何度一緒にやってると思ってんだよ?」

リーダー「あ、そこは”凄いだろ?左利きだぜ”って変える予定」

Takayuki君「いっそパートも変えちゃったらどうです?」

リーダー「ん?」

Takayuki君「いやだから、”コーラス”じゃなくて”小話”とかさ」

リーダー「”ドラム”じゃなくて”テロ行為”とか・・・・」

ビクシ君「”ギター”じゃなくて”生肉担当”とか・・・・」

ベースの大先生「いっそ曲もこちらで選んで差し上げるってのはどうよ?」

リーダー「ん?」

ベースの大先生「山下達郎?ふざけんなよ、そんな爽やかなのやるバンドの後に出れるかよ。これ消して”パラノイド”な」



Takayuki君「じゃ、ここのAORは”マスター・オブ・パペッツ”と・・・・」



リーダー「そう言う縛りか・・・・じゃ、マイ・アポカリプス、と」



ベースの大先生「アーチ・エネミーかよ!・・・・やべぇ、寧ろ見たくなってきた」

ビクシ君「そうさせない様に、この辺でっと」



リーダー「・・・・」

ベースの大先生「・・・・」

Takayuki君「・・・・」

ビクシ君「・・・・」

リーダー「気になる事があるんだ」

ビクシ君「なんすか?」

リーダー「Book Band 8%のベースのAさんってさ、時の首相と名が同じじゃん?」

ビクシ君「・・・・ですね」

リーダー「んで俺は、自他共に認める石破茂激似な訳だよ」

ビクシ君「・・・・そうか、総裁選っすね」

リーダー「・・・・そうなんだよ、そうなるんだよ」

ビクシ君「・・・・どっちが勝ったんでしたっけ?」

リーダー「・・・・石破さん負けた」

ベースの大先生「・・・・」

Takayuki君「・・・・」

ビクシ君「・・・・」

リーダー「お会計~っ」

連休ですね。

ワタクシはと言うと、散髪~楽器屋と言うルートを選択。

家人「楽器屋行くの?」

リーダー「その心算」

家人「じゃ、夜は外食って事で」

リーダー「費用負担は?」

家人「確認が必要な事?」

リーダー「一番大事な事である」

家人「DC-2wだっけ?予約したの?」

リーダー「何が食べたいですかお嬢様?」

そんな訳で10月なのに30度を超える陽気の中、僕は書を捨てて町へ出た。

散髪を済ませ調子の悪いDynamic Driverの代わりとなるペダルを物色しに御茶ノ水へ。

三連休の中日って事で混んでいるかなと思えば然程では無く、近所のお祭りみたいなのは人出が多かったがゆっくりと物色出来た。

結論から言うと何も買わなかったが、これは欲しいなぁと思った。



うん、いつか買おう。これは手元に置いておきたい。

時間もあったのでゆっくりゆっくり見て回る。

ZemaitisのS24DTの中古があって暫しフリーズ。一度だけ弾く機会に恵まれたのですが、凄く好きな音だった。

前述の通り、彼是見て回れど何も買わず。ライブに備えてFree The Toneのシールド買おうかと思ったが、シールドこそ使ってないのがいっぱいあるしなって事で自粛。

御茶ノ水から秋葉原経由でぶらぶらと帰宅。家人に珈琲豆を所望されていて、以前より気になっていた店で購入。酸味が強くないブレンドⅢを購入。飲んだが美味しかった。珈琲豆をどこで買うか、は、結構悩むのだが、近場で美味しい珈琲豆を手に入れられるのは嬉しい限り。

んで珈琲飲みながら、手持ちのペダルでDynamic Driverの代わりは無いかと物色。

結果、これを選択。

securedownload (2)

はい、XoticのSoul Driven。てか、これ以外数個しか試さなかったけどさ・・・・まぁ、これだろなって思ってたんで。

Dynamic Driverより分離が良いサウンドで、コード・バッキングで使うには少し前に出過ぎる感もあるが、Mid Boostをマックス迄上げて、ハイミッド寄りの設定にすればアンサンブルで重くは無いかな、と。

選択した理由に、イコライザーとの相性が良かったってのもある。

IMG_5858

Soul Drivenの設定はハイミッド寄りなのだが、800Hz、3.2KHzをブースト。100Hzは削った。イコライザーに求めるのは「音抜け」で、それを目指してこの設定に。

イコライザーを色々試して感じた事が2つ。

1つ目は「隣り合うバンドは同時に上げない方がベター」って事。同時に上げると音が団子になって抜けは宜しくないみたい。

2つ目は「欲しい帯域を上げるんじゃなくて少し外れた所を上げると良い感じになる事がある」って事。

昨日の練習で、低域のリフを弾く曲が2つ3つあったんだけど、その帯域をブーストするより他の帯域をブーストした方が前に出る感じがあった。そう言えば、低域が強いFuzz Faceを使って高域を良い感じにするとかあるもんな・・・・。

まぁ、(僕の使い方なら)肝は100~200Hzを削って、400~800Hzをどうブーストするか、なんだろうけど。

夜は家人の脅し希望で「ナポレオンキッシュ」さんへ向かう前に浅草でお参り。

IMG_5859
(暮れなずむ空に浮かぶ五重塔)

時間があったのでNaked Guitar Worksに立ち寄り小園氏と暫し話す。来週Rickenbackerは360C63のペグ交換に伺うので宜しくと伝えおく。

で、ナポレオンキッシュ。年に数度しか行かないのに、ご夫婦共に顔をちゃんと覚えていてくれて有難い。

IMG_5860
(前菜。きのこのキッシュ、その他諸々)

IMG_5861
(スープ。海老のスープで殆ど家人が飲んだ)

IMG_5862
(僕のメイン。豚の肩ロースとチーズ焼き。滅茶苦茶美味かった)

IMG_5863
(家人のメイン。オマールエビの何とか。剥く役目を仰せつかったが食べてないので味は不明も家人は夢中になって食べていた。9~12月が良い季節なんだとか)

IMG_5864
(デザート。家人に奪われたブリュレの味は分からぬが、ラベンダーのアイスとシフォンケーキは凄まじく美味しかった)

ミートパイ、ベーコンとカマンベールのキッシュ、きのこのマリネ、オリーブ、フランスカレーなんぞを持ち帰り帰宅。

真夏日の夜で心地良い空気の中ぶらりぶらりとぶらりぶらりと歩けば何とも心地良い。

楽器屋さんに行けて、美味しい料理を食べて・・・・うん、良い日だったな。

耳を澄ませば年末足音も微かに聞こえて来ている10月。これから忙しくなる想定があるが、その前にこんな時間を過ごせてリフレッシュ出来て良かった。

そんな、連休の中日でした。

週末模様

リーダー

リーダーです。

つい先日まで暑い暑いと言っていたのが嘘の様な陽気となり、気付けば月捲りの暦は1/3を残すに至る。

ふと付けたテレビでは風邪薬のCMが増え始め、季節の変化を訴えて来るこの頃。

振替休日で月曜日が休日だったのでちょい楽・・・・かと思えば思いの外忙しかったり飲み会あったりで疲労感を覚えた今週。

IMG_5850

金曜日の帰りに見た月に少しばかり癒される。

夏の疲労感が出て来たかな、と思うも、考えてみればシルバーウイークはなんだかんだでバタバタしていたし(書いていない事も色々としてるのですよ)、ゆっくり休んでないんだよなぁと気付く。

こんな時は、意識して「休む」と言う日を定期的に設けなくてはと思う。

この土日は雨模様だし、予定も無いし、じゃ休もう・・・・と思いつつも、土曜日の昼食後、家人がジムに行くと言うので何と無く僕も外出しちゃって・・・・おい。

さて何処へ行かふか、と考え、ちょっとヘッドフォンを見に行こうかなと思い立つ。

IMG_5795

上記は家人が先週購入したBluetooth対応のヘッドフォン。1週間使ってみた感想を聞けば、サウンドに不満は無く、混線も音飛びも無い、と。

そりゃ良いなって事で見に行った訳だが、結局は買わず終い。

なんかやっぱ有線の方が安心ってのもあるが、ヘッドフォンにまで「バッテリー切れ」があるのはなぁ・・・・。

この手の新しいガジェット(?)に余り惹かれぬワタクシは、食指を動かすも結局買わない事が多い。新しいアイテムに慣れるのが面倒だったりもする。スマートフォンへの移行したのも、それがすっかり一般化してからだった。

大型電気量販店を小1時間程見て回り、さてどこ行こうと結局楽器屋さんに行くワタクシ。本日は
Rickenbackerは360C63のペグ交換をしたいと画策しペグをチェック。

今マウントされているのはGROVER V97N Sta-Titeと言うモデルかと思料しておりますが、過去以前GOTOHさんにマグナムロックに交換したいと画策し失敗したのです。

何が駄目だったかと言うとシャフトの長さ。GROVERは凡そ24mm、交換画策したSD90-MGは20mm(長さは穴までで計測)。

4mm差で付けられ無かったと言うね・・・・。

SD510の、シャフトの長さ調整が出来るHAPのマグナムロック(HAPM)なら22mmな訳で、行けるかもなって事で見て回るも在庫は無し。需要が少ないのかなぁ・・・・そうだろうな。

某店でこちらの中古を見掛け暫しフリーズ。



録音のプリアンプが欲しいなぁと思っていたところでの遭遇。Nutubeを使用したプリアンプとの事で欲少々食指が動くも結局買わず。先々週はAlibitさんの製品に遭遇したし、プリアンプに縁がある最近。

数多のギタリストがプリアンプに求めるのは「アンプライクな歪み方をしてくれるか否か」かと思いますが、ワタクシはそうではなく、アンプっぽい抜けと言うか広がりがあるかどうか。その視点で好みのプリアンプを探しているのだが中々無い。需要が少ないのかなぁ・・・・そうだろうなってそんなんばっか探してるんだな僕はw。

楽器屋を後にし、雨の散歩と洒落込むも、疲労感が矢張り残り喫茶店で休憩。

休憩を取ったのはオフィス街だったのだが、休日のオフィス街の喫茶店ってのはなんかスラップスティックで良い。

土曜日が出勤日なのか休日出勤なのか、ビジネスマンもちらほら。そんなビジネスマンに混ざりながら家族連れ、とか、素性の知れない独り者(=ワタクシ)、とか。

のんびりと珈琲を飲みながらゆっくり過ごせば、僕の後に隣に座ったカップルが何やら別れ話を始める。

やべぇ、聞かない方が良かろうとiPodを探せば家に忘れて来ていて、ならiPhone・・・・と思えばヘッドフォンも無い。

止む無く見たくも無いスマホに視線を落とす。

男「いやさー、無理して付き合ってみたけどさー、やっぱ付き合うって面倒臭いわ・・・・ごめん」

女「そんな面倒とかかけてないじゃん?デートだってあんましてないじゃん・・・・」

男「んー・・・・なんだかさー・・・・休みとか、なんか会わないと不味いのかなって思って落ち着かないんだわ・・・・」

女「別にそんなこと思う必要ないよ・・・・」

男「いやー・・・・やっぱ無理だわ・・・・ごめん」

なんかねー、僕もねー、そう言う感情持った事幾度もあるけどねー、最終的に人生で出会った中で最も面倒臭い女性と結婚したんだよねー・・・・とか思いながら席を立った。

結局楽器関連は何も買わずに帰宅。入れ違いにジムへ出掛ける家人を見送り帰宅してライブの曲をちょいと練習。練習は前回の練習の録音を聞きながら。

うん、前々回はどの曲も録音物とBPMが違ってて、「ううん・・・・」だったが大分改善されていて一安心。ま、ライブではどーなるか分からんが・・・・。

ギターのサウンドは凄く良かった。Rickenbackerは360C63、やっぱり好きだ。

IMG_5524

足元は・・・・

IMG_5787

Soul Driven(Xotic)~ゲイン・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-2(BOSS)~コーラス

Carbon Copy Bright(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター


こんな感じの組み合わせだったが、この組み合わせで得られるサウンドは本当に好み。尚、練習後半はSoul DrivenとDynamic Driverの順番を入れ替えたんですが、上記並びの方が圧倒的に好みだった。

と言いつつだ・・・・。

IMG_5851

次回はこんな組み合わせで行こうと画策。ライブの練習は残り2回。この時点で変更するのはどうかと我ながら思うが、駄目だったら戻せばいいか、と。


明日はWOWOWさんで録画したこれを見る予定。



過去に何度も映画は見ているし小説も読んだ、が、2017年版は見たかった映画なのである。

さて、どうでしょか、ね。

連休模様

リーダー

リーダーです。

PCでご覧頂く方はご存知かもですが、当Blog画面右に以前はビクシ君のTwitterが乗っていたんですが、先日それが他の方にすり替わっていたと言う何とも怖い事が発生。

取り敢えず設定を解除しましたが、なんとも不思議な事ですわねぇ・・・・。

ま、それは兎も角。

三連休に御座いますねぇ。

お盆と言う事もあり、家人は亡き義母のお墓参りに帰省。

僕も・・・・と思うも、日曜日に所用で仙台~石巻に行かねばならず断念。

土曜日から家人が帰省。では拙者は如何致そうと思うも、雨なので散歩って訳にも行かず、楽器屋さんに行く位しか思い付かぬ。

とは言え雨であるので、「楽器屋巡り」と言う訳にも行かず、本日はピンポイントでイケベ楽器リボレ秋葉原店さんに突撃。

最近ちょっと欲しいと思っているエフェクターがSD-1W



BOSS離れと言いつつDM-2W買ったりなんだりしている訳ですが、某所でこれを試した際「これは素晴らしい!」と思ってて、買っちゃおうかなと思ってたり。

そんな訳で小雨が残る街に繰り出すワタクシ。

駅への道中に外国人観光客に人気のホテルがあるのだが、場所がちょっと分かり難くて右往左往している外国人旅行者をよく見掛ける。

時々声をかけられて道案内するのだが、今日はなんか3組に道案内しちゃう始末で駅まで7分の道程が倍以上かかった。

そんなこんなで駅へ着いてみれば、やけにゆったり歩くカップルの所為で目の前で電車の扉が閉まったり、電車の中ではTシャツの中に手を突っ込んで脇をくりくりしては匂いを嗅ぐオッサンが目の前に居たり、急ぎ足で追い抜いて行った若い男性のカートが足にぶつかって大変に痛かったりと、神様の挑発を受けまくる。

「3組も親切心で道案内したのにっ。結構良い事したのにっ。この仕打ちかっ」と人間が全く出来ていないワタクシは、神田川傍の喫煙所で一服しつつプリプリしてたら、ストロング0を持った歯の抜けたオッサンに「兄ちゃんは昆布好きか?好きなんか?」と突然耳元で大声で話し掛けられ、思わず「あぁっ?」と声を張って言ってしまう。

吃驚した顔のオッサン、ビビりながら離れて行ったが、昆布の話は一体どこから出て来たのか今になって気になってならぬ。てか耳元で大声出さないでくれ・・・・。

そんなこんなでイケベ楽器リボレ秋葉原店さんに突撃ドキュンです。

エフェクターをふむふむ言いながら見ていたら、ギター弾きと思しき2人組が「ギタリストでコンプレッサー使ってる奴なんていない。あれは甘えだ」とか「OD-1なんて全然良い音じゃない」とか、録音ではコンプレッサーは必須、OD-1は合わせる機材によっては交換が効かない逸品、と思っているワタクシを挑発するかの如くのお発言。今日の俺は色々と試されている様だぜ。

そんなワタクシに最後の試練。AlbitさんのA3GP MarkⅡのお安い美品中古を発見。



A3GPと言えば、ワタクシが録音で愛用しているプリアンプな訳で、その後継機種って事で、気になっていた訳で、お値段的にはSD-1Wと同じ位な訳で・・・・との思いが頭を巡り、暫し地蔵となるワタクシ。

諸々考えてお見送りするも、後ろ髪引かれる思いでリボレさんを後にしたのである。

その後、千石電商~HARD OFFと言う秋葉原黄金ルートを経るも何も買わずに帰宅。

帰宅し、さてそろそろライブの足元でも決めましょうかね、とエフェクターをごそごそやりだす。

選択しながら、ドラムのTakayuki君から送って貰った練習の録音物を聞く。

「うわぁ、下手だなぁ・・・・」といつもの感想で以って聞いていたが、BPMがレコーディングしたものと結構違って凄く気になった。僕等は少し、BPMに無頓着過ぎるかも知れぬ・・・・。

手前味噌ながら僕のギターの音は「お?結構良いじゃん」と思った。

使ったギターはAT130

securedownload

足元は・・・・

IMG_5527
(前半)

IMG_5528
(後半)

特に後半が良かった。

とは言え良かったのはBB Preamp ATであって、前後半での差異であるFFM6Germasterはどっちも良かったのだけれど・・・・。

弾いている時には「音が硬いなぁ」と思っていたが、聞いてみるとその硬さが分離感があるサウンドを齎し、箱モノにある空気感を纏めていて凄く良いと言う・・・・。

弾き手と聞き手と立場が変われば印象も違うのは認識しているが、ここまで印象が違い、且つ聞き手として好印象なのは珍しい。

ライブではハウリングを考えてRickenbackerは360C63を使おうかと思っている僕ですが、余りにも好印象だったので迷いが増えたなぁ。てか、BB Preamp ATがあるなら、GretschはG6120DCでも良いかもな。AT130よりハウリングには強いし・・・・。

securedownload (6)

そう言いつつも、もうライブ迄に残された練習は3回。迷っている時間などある由も無く、今回は360C63で行こうと思う(流動的)。

IMG_5524

そんな訳で足元をどうしよう、と試行錯誤。

昨年のライブ、Rickenbackerは360C63で出たのですが、その際の足元はこんな感じでした。

55b55884

Jan Ray(Vemuram)~ゲイン・ブースター

Eternity(Lovepedal)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

EVH Phase90(MXR)~フェイザー

RC Booster(Xotic)~クリーン・ブースター

この時のサウンドは某氏に大変褒められ、実際僕も凄く良いと思った。これを基準としさてどうしようと彼是と。

エフェクターの面白い所は、いついかなるどんな環境でどんな機材でもOKってのは無いって所に思う。「これでもう欲しいエフェクターが無くなった」と言う場合、機材に変更が無いかマルチエフェクターでしか僕の場合はあり得ない。

「ならマルチエフェクターで良いじゃん」と行かないのが又面白い所で、正直、マルチエフェクターのサウンドで満足した事は無いワタクシである。マルチエフェクターで満足が行くのであれば、僕は躊躇なくマルチエフェクターを使う。

おっと、閑話休題。

そんな訳で次回練習はこれで行こうと相成った。

IMG_5716

Germaster(Sound Wave Lab)~トレブル・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-2(BOSS)~コーラス

Carbon Copy Bright(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

肝はやっぱり歪みペダルな訳で、そこに持ち込むはDynamic Driver。

Dynamic Driverの素晴らしい所は、癖が殆ど無い事である。いや、実際癖はあるのだが、それを感じさせず良い感じのチューニングで全帯域しっかり歪ませてくれる所が良い(低域は少しスポイルする。筐体横のスイッチで補正可能)。それでいて分離感もそこそこある。

バッキングでジャカジャカやるに凄く良いペダルで、分離感、エッジ感が欲しい時にGermasterがしっかりと良い仕事をしてくれる。加えて、Germasterの驚異的なノイズの少なさは、ノイズがそこそこ出るDynamic Driverとの併用では有難い。

又、Dynamic Driverは最後段のmicro ampとの相性も良い。この組み合わせは、ローファイだけどロックな感じで凄く好きだ。「エフェクターには相性がある」を感じさせてくれる組み合わせ。

コーラスは、久々登場はCE-2。

前回のライブで
CE-5を使ったが今回はCE-2で行こうと思う。

CE-2は360C63との相性が凄く良い。

コーラスの使い所。僕には2か所あって、クリーンでコード弾いたりアルペジオしたりってのとリフをメインで弾く際のアクセントなんかで使う。(僕がメインでリフを弾く)ビクシ君の「デイトラッパー」って曲のサビでONにすると本当に良いアクセントになる。

CE-2には中域を上げる癖があり、それが功を奏する。特に密度の薄いサウンドの360C63との相性は良い。

前回のライブで使わなかった理由は、とある曲をやるにあたってコーラスの低域を上げたくて、それをするにはイコライザー付きのCE-5の方がベターだったから。

今回じっくり向き合ったのはディレイ。DM-2、DM-2W、Carbon Copy Brightの3機種を試した結果、Carbon Copy Brightを選択した。ディレイの音が一番好みだったから・・・・と言うより、今回の選曲で会いそうだったからってのと、ディレイ・タイム弄った時の発信の少なさで。

そんなんしてたら結構な時間になったのだが、フジコ・オーバードライブの次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の紹介動画を作ろう・・・・と取り掛かるもどうにもこうにも気が萎えて、結局途中で放置。やっぱ面倒臭いわ、これ。

日曜日。

所用で東北日本海側へ。

IMG_5718

朝早い新幹線に乗車し一路北の道。

新幹線は大好きである。あのスピードが宜しい。

IMG_5757

最近の新幹線は充電も出来るのね・・・・凄いサービスだなぁ。

残念なのは行きの電車の席では電話する若人が居たり、帰りの電車では音を出しながらゲームする若人が居たりで、日本の民度の落ちっぷりを否が応でも実感させられた事。

内一人は車掌さんに注意されていたが「言われたらちゃんと止めますよ」と訳が分からぬ反論をしていた。

「言われたら止めますよ」or「言ってくれればやりますよ」って台詞を平気で吐けるって、中々凄いよな。それまでは気付かない振りをしますよ?って公言して憚らないのと同意なのに、恥ずかしげもなく何故あんな堂々としてられるのだろう・・・・。

てな訳で仙台周辺に。

仙台駅のコンコースで見付けて思わず写真に撮ったのが下記。

IMG_5720

ゆうづる・・・・懐かしいなぁ・・・・。

昼食はラーメンを頂いた。

IMG_5730

IMG_5727

塩レモンラーメン。さっぱりでありながら濃厚で美味しかった。

宮城県の空は綺麗だったな。

IMG_5752

仙台駅で乗り換えて在来線に乗り、あの震災の被害地を通ったのですが、真新しい家があったり、放置された様な神社があったりで、色々と考えさせられる事が多かった。

宮城県って良いな。いつかゆっくり旅してみたいなぁ。

仙台のとある場所で夕食を頂いたのだが、某質店の前を通れば2Fが楽器館となっており、もう気になって仕方なかった。

IMG_5756

てな訳でさよなら仙台。

仙台から家まで2時間弱。「ちょっと仙台にランチしに行こう」って言える程に近い。

実家まで新幹線が繋がったら、新幹線で帰省したいなぁ・・・・。

そんな中々に濃ゆい2日間で御座いました。

連休最終日はのんびりさせて頂こう。

週末模様

リーダー

リーダーです。

先週末は高知に行き、今週末は福岡。これから故郷小樽と石巻も行くんだよな、そう言えば。

然程出張が多い部署に属している訳でも出張せねばならぬ身分でもないが、なんか最近は続いている。

福岡は、以前お世話になった会社では諸事情で行く事が多かったが、今の会社に戻って来てからは滅法その機会も減り、飛行機が大嫌いな自己都合を考えると大変に喜ばしい状況であるも、飛行機に乗る事が非日常となった今、その嫌悪感は逆に強くなってしまいフライトが憂鬱でならぬ。

ま、僕もサラリーマンであるからして、行けと言われれば行く事に躊躇は無いのだが、行程が飛行機だと矢張り気は重い。

飛行機が嫌いなのは耳抜きが上手く出来ず、耳が痛くなる事が多いからである。その緩和の効果がある耳栓で大分マシになったが、それでも飴を舐めたり無理して欠伸をしないと矢張り痛くなる。故に飛行機で寝れないのである。

そこそこの移動期間がある乗り物で寝れないのは中々に苦痛。最近はWi-Fiが普通になって来ているが使う気にもなれず、「地球上の人間の総重量と蟻の総重量は略同じってホントか?」等とどうでも良い雑学を思い出して過ごす他無い。読書はどうかとのご提案をされる方が居るかもですが、「お飲み物なんになさいますか」とか「すいません、トイレに・・・・」等で中断されるのが嫌なので選択肢に無いのも宜しくない。

飛行機嫌いの理由の一つに「面倒」ってのもある。搭乗までが長いのが嫌な短気なワタクシ。

と言うか、航空会社各社さんに置かれましては機内持ち込みの大きさと数の徹底を是非ともお願いしたい。徹底すれば、乗り降りは可成りスムースになるんじゃじゃなかろうか。いや、そうなると思うわ絶対。「到着した期待が遅れたため皆様を機内に案内するのは・・・・」と言う遅延のデフォルトは無くなるだろう。

因みに(と言う繋げ方が正しいか曖昧だが)、子供が泣いたりするのには許容範囲が大きいワタクシ。と言うか、僕もそうしたくなるぞ、飛行機は。

そんな訳で週末から福岡に行ってきました。

福岡には旧友が居て、行く度に会いたいと思っているも適わずにいる。仕事で行く序にって事の是非を考慮しても、土曜日だから流石に会えるかなぁと期待していたが・・・・ままならぬ事が多いのが世の中だわな、うん。

福岡では以前お世話になった会社の方数名とも遭遇。「え?なにしてんの?」「いや、目的は多分一緒」なんて軽い会話。普段会わない人と普段とは違う場所で会うと、別の顔を見せてくれてなんか楽しい。

福岡では色々と御座いましたが、
諸般の事情で写真は無しで御座います。意識高い系キラキラ女子ならInstagramに二桁枚数写真をアップするであろう経験をさせて頂きましたが写真はねぇ・・・・スケールの小さいランチパック的なZOZO的な感じになるのもどうかと(そこまでじゃないか)。

満月と言う長浜ラーメンが大変に美味で御座いました。

そんな訳で帰京したのが土曜日。

福岡と言う街は球団以外は好きだし、良い街だなぁと思うのだが、東京に帰って来るとやっぱりホッとする。これは故郷小樽市から戻って来ても同じ安堵がある。

東京に住んだ期間は、他のどの街に住んだ期間よりも長く、いつしか東京に帰って来るとホッとする様になった。

そう言えば、
帰りのモノレールで関西上げ東京下げの関西弁の女性四人が五月蠅かったなぁ。

時折、
東京下げする関西弁をネイティブスピーカーとする方に遭遇する事があるが、心底うんざりするのは僕だけではあるまい。それが公共の場で五月蠅いとなると余計嫌悪感は募る。そこに住む人の心情を考慮せずに否定するなんざ粋じゃないったらないと思う・・・・。

暑い中疲れた身体で帰宅すると「iPhone Xにするから付き合う様に。予約してあるから時間は然程取らない。あ、序に外食ね」と家人がのたまう。

「え?は?なに?」と狼狽するも、この手の提案に反対しても無意味であり、且つ悪戯に消耗するだけなので「勿論で御座いますよ、げへへへへ」と下種な愛想笑いでお付き合い。浜松町から秋葉原の楽器屋さんに行こうか逡巡していたが止めて正解であった。

街路樹の百日紅が元気に花を付けていて、植物の逞しさに圧倒される。

Image-1

暑さにやられたか、家人が買って来た鬼灯は元気が無いのが気になっていたのだが、酷暑の中でも涼やかに花を咲かせる百日紅に励まされた様な気分。

と言う訳でSoftbank Shopに行ったのであるが、そう言えば自身のiPhoneも随分と古いなぁ・・・・でも、バッテリー交換で良いかなぁ・・・・等と考えて結局iPhone8に。新製品発売が囁かれる中での機種変更。新製品が発売されても「新製品を待てば良かった~」とならぬのは間違いない。

スマートフォンが一般化して久しいが、機種変更に高揚感が無いのは一般化したからであろう。プラン変更で料金は大分安くなったから良しとしよう。

「日傘が壊れたから」という家人と丸井まで。外国人が多数日傘を求めていたのがなんとも面白かった。

傘売り場の男性の傘を畳む手裁きが素晴らしく見入ってしまう。器用さを感じさせる人にタレント性を感じるワタクシ。器用さ、は魅力的な武器に思う。器用に生きようとする様は好きじゃないけど。

家人と食事をし帰宅。iPhoneのバックアップが面倒に思うも、慣れたのか以前よりは苦を感じなかった。

家人がiPhone Xの顔認証に感動していたが、うん、あれは確かに凄いと思う。ホームボタンを排した全画面のデザインも良い。

iPhone6からiPhone8にしたワタクシは然程感動も無い。てか、会社支給のiPhoneが既に8な訳で、感動する訳がない。

風呂上がりにギターを弾く。

Naked Guitar WorksのFacebookに、BigsbyをマウントしたCasinoの写真搭載されていたのだが、それがなんとも格好良くて、AT130にBigsbyをマウントしたくなっている俺。

Bigsby・・・・使う予定は一切無いんだよな、うん。

週末模様

リーダー

リーダーです。

暑いですねぇ・・・・早く涼しくならねぇかなぁ・・・・。

「好きな季節は夏です」と言う方がこの世に居る事を認識しているが、心地良い夏が過ごせる避暑地的な地域にお住まいの方に相違あるまいと思っている一方、18歳まで北海道に居た僕が夏が好きだったかと言うと、夏だけが特別に好きだった訳ではなく、それぞれの季節がそれぞれに好きな時間があった訳で、どうも「好きな季節」との定義が分からずにいる。周囲が言う程には雪の厳しさに辟易する事も無く、冬は冬で季節を楽しめたし・・・・。

まぁ、社会人として北海道で過ごした事が無いから、かも知れないが・・・・。

そんな暑さの中に茹だっているに一時の清々しさを齎してくれたのは、家人がほおずき市で買って来た鬼灯。

IMG_4367

可憐な花が咲きましてね。

IMG_4374

確か一昨年も鬼灯を買って来たと記憶しているが、花が咲いた記憶が無い。

僕が気付かなかっただけなのかもだが、なんか得した気分である。

花を愛でると言うより、植物の変化を愛でるクチのワタクシ。

こんな小さな花でも、なんか、嬉しいものだ。

話は変わって・・・・。

突然だが、ギターのピックはV-Picksのこれを愛用しているワタクシ。

IMG_4377

個人的に最高に気に入り、入手以来使い続けている。数年前に
10枚ほど購入し、メンバーに2~3枚贈呈した記憶があるが、無くす事が多く(透明なんでね)新品は残り2枚。

で、だ・・・・。

IMG_4378

向かって左が新品、右は先の練習までバンドで使っていたものなのだが・・・・こ、こんなに削れてたの?マジで?と驚いているワタクシ(なんか弦に引っ掛かり難いと思ってたけど・・・・)。

と言うのは、だらしない性格が災いしてか、ピックが削れて使えなくなる前に大体無くすのがデフォルトで、こんなに削れたピックを使っていたと言う事実になんとも驚いたのである。

録音やギターのフレーズを考える時を除き、家でそんなに長時間弾く訳でも無く、バンドでもそんなに激しく弾く訳でも無いんだけどなぁ・・・・。

何気に、長い期間の付き合いのピックだったのだろう。

と言う訳でピックを買いに出掛けようかと思ったが、暑かった事に加え、今更ながら銀魂のアニメに嵌ってそれを見ていたら面倒になり、結局ネットで買うと言う安易な手段で済ませてしまったのである。

ま、纏めて買うと断然お安いんですが、店舗で纏め売りしてるの見た事無かったし・・・・うん。まぁ、来週は珍しく大嫌いな飛行機での出張があるのでこの週末はゆっくり休んだ方が良いとも思ったんだよね、うん。

と、自分へのエクスキューズに一生懸命になっちゃったんだけど、かと言ってだらだらと過ごしていただけではなく、バンドの楽曲の練習もしたのである。

ドラムのTakayuki君から前回の録音物が届いたのだが、どうにもビクシ君の新曲の僕のギターが全然駄目で、こりゃあかんと真剣に取り組んだのである。

考えていたフレーズが合わないわ、盛り上げる箇所で盛り上がり切れないわと、こりゃもう最初から考えるべ的な姿勢で取り組む。うん、偉いぞ、俺。

んでやってたんですけど・・・・この曲、6分以上あるのね・・・・我々で最長の楽曲かなぁ。

ふんがふんが言いながら取り組み、次回はこんなんで行こうかってところまで作って終了。

で、問題はと言うとだ・・・・。

IMG_4376

先の記事で「ディレイ外すでありんす」、とかい書いちゃってんのに作ったフレーズがどう考えてもディレイ向き。

あの記事・・・・無かった事にしちゃ・・・・駄目?

夕涼みがてら、家人を誘って外食。

半月の夜は少しばかり涼しかった。

週末模様

リーダー

リーダーです。

桂歌丸さん亡くなっちゃいましたねぇ・・・・。

バンドメンバーではTakayuki君が落語好き。僕はTVで時々見る程度で、寄席に行ったのは生涯で2回。落語好きとはとても言えない身の上で、乗っかる様に哀悼の意を示すなどは出来ないのであるが、「時代の変遷を感じさせる人の死」と言うのは中々に感慨深い。

大喜利は時々何と無く流し見するのであるが、大笑いする時もあれば全く笑わない時もある。一番腹を抱えて笑ったのは林家木久扇が司会を務めた会だったのを覚えている。



偽馬鹿と称される林家木久扇。うん、こう言う進行でライブを進めたいものであるが、素人の辛さかこの様な進行は出来る筈も無く、メンバーに助けを求めようと見やれば、「平均年齢45歳、フジコ・オーバードライブです。今日も僕達は馬鹿です」って顔でこっちを見返す始末。

60年代のライブでは司会者が居たらしいが・・・・それも良いよな。かと言って「司会者募集しない?」と提案しても、「歌もギターもやんなくて良いからお前やれ」とか言われるんだろうなぁ・・・・。

リーダーとして、座布団全部持ってけの権利は欲しい所。



さて、それは兎も角だ。

本来であればバンド練習がある週であるが、メンバーの事情でお休み。

ワタクシも義母の四十九日であり丁度良かった・・・・と思えば、諸般の事情で欠席。お世話になった義母が(仏教上では)涅槃に行く日なので出席したかったが、如何ともし難く不義理をする始末。

所用の為早起きして午後には用事を済ませる。

では、楽器屋でも行ってみようかと本日は秋葉原。

土曜日の秋葉原となれば相当に混み合っているんだろうなぁと諦めて向かえば、思いの外混雑しておらず若干の肩透かし。

日本の広い範囲での未曽有の大雨で、東京に来る人が少ないのかなぁとか考えたり。

御茶ノ水ではなく秋葉原へ向かった理由は特に無い。てか、最近御茶ノ水周辺に行ったばかりなので目先を変えただけ。

HARD OFF~千石電商~ラジオデパート~ラジオセンター~イケベ楽器リボレ秋葉原店と言う秋葉原に来た時には必ず巡るコースを本日も。

グッと来るものは残念ながら無く、006P(9V電池ね)を買ったのみ。安かったから10個買ったのはやり過ぎだったか・・・・重いのね、電池10個って。

ラジオデパートではオペアンプを物色。Dynamic Driverは半田無しのオペアンプ交換が可能なので色々と試そうかと思ったが、バンドで一度も試さずに交換するのはどうよ?と自粛。てか、幾つか持ってるんだよな、そう言えば。

エフェクターの自作をされると思しき方がパーツ類を物色されていたが、なんとも羨ましい光景であった。

エフェクターの自作。エフェクターが人よりほんのちょっとだけ好きなワタクシであるので当然興味があるのですが、老後の趣味にすると決めているので、今は我慢して手を出さないでいるのである。

手先を使う&考える・・・・ボケ防止の老人の趣味として非常に良いと思うし、パーツ類は廉価であるのでお金も掛からない。「老人の趣味」としてこんなに良い物は無いのではないかと思う。

電子工学なんかを生業とした人が老後にエフェクターを作ったとか、老人ホーム製のエフェクターとか、そんなん出たら非常に面白いと思う。ブランド名は「IREBA」とか「CAN-OK」とか「You Ray」とか「HOT KE」とか「An-O You」そんなんで(お前ホント怒られるぞ)。

・・・・ラインナップに極悪爆音ファズとかあったらなんか怖いが。

帰宅途中の近所の商店街でお祭りがあり軽く冷やかす。大好きな玉蒟蒻、玉蜀黍を購入。夏を感じさせる食べ物は、僕にとっては西瓜でもかき氷でもなく玉蜀黍。

出来れば茹でたものが食べたかったが止む無し。私見だが玉蜀黍は茹でた方が絶対に旨いと思う。

帰宅して珍しく曲作りをしようと言うマインドに相成る。

次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の録音は既に済み、次々回作CDの収録予定曲が7曲も出来上がりつつある。相変わらず、よく言えばThe Fall並み曲の多さ、悪く言えば「増殖力だけ半端ない外来生物」。

1枚のCDを作るに辺り、10曲収録が我々のデフォルト。何と無くその半分を僕が担っていて既に4曲バンドで披露済み。未だ披露していない曲が3曲あり、別に無理して曲を作らなくても良いのだが、ビクシ君より「ミュージックみたいな曲を作って持って来る様に」と言う指示を賜る。



「あ、はい」となんか勢いに押されて承諾したのだが、上記の様な曲は手持ちに無く、取り掛かったのであるが・・・・出来ないったらない。

「こう言う感じの曲を」とイメージして出来る才能なんぞそもそも無い訳で、取り敢えずそれっぽいリフだけ作って手持ち曲にくっ付け様かと考えるもそれも出来ない。

うががががががと髪を掻き毟り、大体なんでビクシーの野郎に指示されなくちゃならねえんだよと今更ながらに腹立たしさを覚え、涼しさを取り戻したベランダで一人膝を抱え泣いていたのである嘘だけど。

家人が帰宅し軽く晩御飯。僕の晩御飯は玉蒟蒻。うん、やっぱ、美味いw。

さて、話は変わって・・・・。

先の記事でちょこっと書いたが、宿敵Book Band 8%さんと秋口にライブやろうてな話が盛り上がっている。

Book Band 8%さんとのライブ・・・・となれば、飯田橋Space Withが定番なのだが、ピンポイントでその日は会場が埋まっており、じゃその前後の空いている所で・・・・と提案するもBook Band 8%の方々の予定が合わず。

8人構成のバンドとは言え、7月時点で10月の予定が取れないってどんだけよ?と思う一方、「大人ってそんな先まで予定が埋まっているものなの・・・・?」との動揺がフジコ・オーバードライブ内で走る。因みにBook Band 8%は同年代のバンドである。

そう言えば、昨年のライブでお声掛けさせて頂いた際にも「練習する時間が無いので・・・・」との理由でお断りされた記憶があるが、「来週ですか?大丈夫ですよ」といつでもスクランブル発進が出来る我々との差異に驚かされたのである(「スクランブル発進は出来るけど100%負ける」と言うのもどうかと思うがってうるせえな)。

「ライブやるんでお暇なら・・・・」的なお声掛けをさせて頂く事があるが、可成り先の日付でも「その日はちょっと予定が・・・・」とのお断りをされる事があり、予定なんてないだろうになぁ・・・・と思っていたが強ち嘘じゃないのであろうか?

そんな事を予定が全く無い日曜日に考えているワタクシであります御機嫌よう。

週末模様

リーダー

リーダーです。

水無月も半ばともなれば夏を感じざるを得ないかと思えば梅雨冷の様な天気が続く今日この頃。

僕はと言えば、相変わらずFuzz Face Miniに夢中になっているのである。

securedownload (7)

手持ちのFuzz Face Miniは3機種。FFM1FFM3、そしてFFM6

前回練習の録音物を聞いても「やっぱええのう」とスケベ親父丸出しでグフグフ言って家人に気持ち悪がられるばかりだが楽しいんだから仕方ない。

ビクシ君からは「うるせえ」と言われるばかりのファズだが、録音物聞く限りアンサンブルでNGじゃないと思える内容だったし・・・・大体ビクシーの野郎も結構ファズ使ってねぇ???

彼は時々俺の音に寄せて来る事がある。結果、他のバンドでは起こらないであろう「ファズ被り」「フェイザー被り」「フランジャー被り」等の謎なハレーションが起きる事が結構ある。

最初は「リーダー、あんたに任せちゃおけねえから俺がやりますから引っ込んでて下さい」とのメッセージかと思い、「じゃあ任せるねっ」ってな趣旨で僕が使うの止めれば何故か彼も止めてしまい、今度は謎の静寂が起こり混乱したものである。

その経験値から、どれだけ嫌がられようがファズは絶対使い続けてやろうと思っている。うん、止めないからね?

まぁ、それは兎も角。

そんな訳で家でもFuzz Face Miniを繋いでグヘヘヘヘしているワタクシだが、思い立って他の方のレビューなんぞを読んで参考にさせて頂こうと思えば、これがもう本当に同じエフェクターかって位千差万別なレビューで驚く。

Fuzz Face Miniの設計に携わったJeorge Tripps曰く「Fuzz Faceはそれ自体が楽器」との事だが、それを裏付ける様な感じ。Fuzz Faceって面白いなぁ。

こうなりゃFFM2とかFFM4とかも欲しい訳だが(後者は生産中止だっけ?)、まぁ機会があればって程度の物欲しかない。手持ちの3つで充分に楽しいからね。

どこかで良い出会いがあったら買いましょう。

さて、週末。

と、書き始めてみたものの、なんせ今週も書く事が無い・・・・w。

書く事無いなら書かなきゃ良いじゃねえかと思うのだが、以前書くのサボったら「なんで更新が無いんだ?」とのご指摘を複数頂き、なんか義務感を感じている。まぁ、徒然なるままに書いてみましょう。

・夕食にお粥を続けた

今週の夕食はずーっとお粥だった。

別に罰ゲームではなく、月曜日に胃痛を覚え、翌日に家人にお粥を作って貰ったのだが、これがなんとも美味しく、以来続けて貰ったのである。

お粥に美味いも不味いもあるかと言われるかもだが、なんか美味い。美味いったらない。芥川龍之介の芋粥の主人公の気持ちが分かるのである。

元々胃腸は弱い方で、夕食は軽くが望ましいのであるが、口が卑しい所為かついつい食べ過ぎる事があり、下手すりゃ夕食後も何かつまんでしまう事すらある。

不思議とお粥だと満足感と満腹感が大きく、お粥、佃煮、漬物程度で充分。

食の不思議を思った今週であった。

・粋じゃない

某漫画の表紙カバーに対して「配慮不足」とのコメントが殺到しているとのニュースを読んでウンザリした。

SNSの発達で匿名の批評家が多くなっちゃって、この手の批判をする人に接しちゃう機会が増えた訳だが、批判内容の是々非々は兎も角、この手の安全圏から批判するやり口がどうにもこうにも好きになれぬからである。配慮しろとの台詞にはうんざりだから配慮してくれ(ん?)。

この手の人達がどうにも苦手でならぬのは、どうやら遺伝子レベルなのかも知れぬと思った。

と言うのが、某共〇党さんと喧嘩した亡父が、集団でやって来た党員に対して「つまらん事で大騒ぎして、全く粋じゃねえなぁ、あんたら」と言ったのを横目で見ていた中学時代。どちらが正しいかなんてのは正解が無く、勝てば官軍負ければ賊軍が罷り通る世界に薄々気が付き始めた思春期に、「粋か粋じゃないか」の二元論で返した亡父の台詞がすーっと身体に入って来て、以来なんともしたり顔で批判する人が嫌で堪らぬ。

因みに、その某共〇党と亡父の喧嘩の原因は、飲み屋で党員さんが女将さんに難癖付けて(既婚者なのに口説いて断られたんだそうなw)、見かねた亡父が女将さんを庇ったからだそうで・・・・政治的思想の相違による揉め事じゃないってのが亡父らしくて宜しいが、女将さんに振られたからって仲間集めて態々政治的な問題に転嫁して家まで押しかけて来る行動力は今思っても中々だと思う。

で、やって来たその党員さんがどうなったかと言うと、娘が姉の同級生と分かった瞬間に動揺し始め、挙句「〇〇ちゃんのお父さん、女将さんにHな事したいって言ったって本当なんですか?しかも・・・・赤ちゃん言葉でwwww」と姉に言われてなんか土下座して終了。何故姉がそれを知っているかと言うと、女将さんと同じ茶道教室に通っていたから。てか何の話してんだ女って怖い。

「娘にはどうか言わないで下さい!」と泣いてた姿は粋じゃなかったが、「ケチな飲み方しといて女将さんのおっぱい触りたいとかケチな事言ってんじゃねえよ!お前よりドーンと呑んでるけど俺だって未だ触ってねぇ!」と言ってたのがばれて母に殴られていた亡父も粋じゃないな、うん。

・思わぬ所から朝顔が発芽した

三社祭のその日に朝顔の種を蒔いて、それが芽を吹き蔓が伸び・・・・ているのだが、蒔いた記憶が無い場所から芽を出しているのに先日気付いてなんか得した気分。

securedownload

芽を出すには遅過ぎる気がするが、育つと良いなぁ。

亡くなった義母の遺品に、「四十九日までね」と水をあげている家人が、毎朝取り替える水を朝顔にまいている。

その水の余りを使っていない鉢の土にまいていたら発芽したらしい。種は・・・・多分弾けてたんだろう。それ以外考えられぬ。

花を愛で、緑の手(植物を育てるが上手い人の比喩ね)を持っていた義母の水だからかなぁと思ったり。

・ミックスダウンしてみようかと思って止めた

世界で最も待望されていないと専らの評判であるフジコ・オーバードライブの次回作CD「Hotel Oregon Banquet」。

DbduSlvU0AI2QZQ

ジャケットのピエロと化したワタクシの似顔絵には悪意しか感じられず、実際それを指摘してみれば

ビクシ画伯「悪意?それしかありませんよ?」

と言われる始末。野郎がスマホで書いた絵のデータが全て消えたのは俺の呪いであろう。

そんなHotel Oregon Banquetであるが、ベースの大先生のミックスダウンが難航しているらしい(ベースの大先生の曲以外は完了している)。

元々、ミックスダウンは紆余曲折あってワタクシが担う事となったのだが、ワタクシのミックスダウンに「俺のイメージと違う!」とベースの大先生から指摘があり、「流石に他人の俺が君のイメージを具現化するのは無理だわごめん」と大先生の曲のミックスはご本人にお任せとなったのだが、どうやら思い通りには行かないご様子。

ベースの大先生「DAWで聞いてる分には良いんだが、ミックスダウンすると変に圧縮されて駄目だ」

ミックスダウンの難しさに長年翻弄されて来たワタクシにはそれが痛いほど分かる。使用しているDAWソフトが違うので指南などは一切出来ないし、同様の経験をし、それなりに得た経験則から出来上がりをイメージして各パートのエフェクトを弄る様になって久しいが、それでも満足行く仕上がりとは言えないレベルの技術なので指南する資格も無い。

とは言え、僕の私生活が色々と落ち着き、「そろそろライブの日程でも組もうか」と言う段階にあるので、ライブで配布する(=押し付ける)CDはボチボチ完成させねばならぬ。

「難航しているならもう一回僕がやってみようかなぁ」とDAWソフトを立ち上げみたものの、NGだった自身のミックスを聞き直して止めてしまった。

そもそも、指摘が多いベースの大先生の曲は可成り気を付けてミックスし、個人的には「これ以上は無理!」とのレベルで仕上げたので、これ以外の回答が用意出来ないなと気付いたのである。

と言う訳で・・・・頑張ってね、大先生っw。

・AT130の改造を画策している

最近すっかりお気に入りのArchtop TributeはAT130

securedownload (10)

既に彼是改造をしているのであるが、以下の改造をしようかと余計な事を画策。

①リアのボリューム・ポットを元に戻す(250㏀⇒500㏀)

思う所あってリアのボリューム・ポットを500㏀から250㏀にしたのだが元に戻そうかと思う。

リアのハイを抑える目的の交換。期待したのはリアの中低域が(相対的に)目立つ事だったが、なんか「元気が無くなった」な感じでね・・・・。

これはこれで嫌いじゃないのだが、ファズを使うならハイは出る様にした方が良いだろうと決断。元のポットもあるしね。

②ブリッジの交換

現在使用しているのはFreedom Custom Guitar ResearchさんのLockable Bridge

securedownload (1)

中古で買ったものなのだが、共鳴が気になり(共鳴が発生し難い構造の筈なのだが・・・・)、交換しようかなと。

駒がブラス製なのだが、どうせならチタン製を試してみたいと思って・・・・ポチっと。

チタンは「鉄より軽いけど硬い」んだそう。質量とサスティンは比例するとの見解を持つ僕であるが、チタン製品の駒は「サスティンが得られる」とのコメントを複数拝見し、「え?マジ?」と以前より気になっていたのでこれを気に。

Lockable Bridgeは、ミリ規格インチ規格に対応する製品となっているものの、対応不可なスタッドがあるともどこぞで読んで「大丈夫かな」と不安になって気付く。

「そもそも、Lockable Bridgeマウントしてるんだから合わない筈ないじゃん」

ギターの改造は、時に己の馬鹿さ加減を反省するに役立つと思う。役立つが改善はしないのが残念でならぬ。

ステンレス・フレットにもしたいのであるが、なんせ工数が1カ月以上かかるので逡巡。

話は逸れるがギターのビビりに対して世のギタリストの皆様はどれ位の許容範囲をもっているのであろうか?

吾輩の場合は(ネックが反っているのでは無ければ)「アンプ通して気にならなければOK」が基準で、実際AT130も強く弾くと(可成り強くのレベルだけど)少しビビるフレットがある。

人によっては少しでもビビったら擦り合わせ・・・・とかなんだろうか?

以前は生音で少しでもビビったら嫌で部分擦り合わせ含め対応していたのであるが、無意味に思えて止めてしまった。

箱モノは生音が大きいのでビビりは目立つ。アコギなんぞだと気になるんだろうなぁ・・・・。

・黒船亭に行こうと家人を誘ったら叙々苑になった

黒船亭に行きたいと予てから思っていた。目的はビーフシチュー。

牛肉、特に牛の焼肉を食すを好まぬワタクシだが、ビーフシチューは好みであり、時々無性に食べたくなる。

黒船亭は、ジョン・レノンも訪れた事があると言う噂があり気になっていたのであるが、諸々落ち着いた家人への労いを口実に行くには良かろうと誘えば何故か叙々苑に。

しつこい様だが牛焼肉は好まぬのである。

「同じ位の値段なら叙々苑、叙々苑叙々苑・・・・」と念仏を唱える様に呟く家人に押され叙々苑に。

しつこい様だが牛焼肉は好まぬのである。

今回のワタクシの失敗は「家人の労い」を口実にした事である。そりゃ、家人の希望に沿わねばならぬ。

因みに、叙々苑に行ったとしてもそれなりのお値段で収まるのが我が家。

僕が「ホルモン焼き定食」となる事が一番の理由だが、これで僕が牛カルビだ牛タンだのしてたら結構お高く付くだろう事は想像に難くない。家人が「安くて沢山」より「少なくて良いから好きなものを」な人物であることも大きい。

それなりのお値段は、ワタクシのエフェクター売却代金と相殺される事となった。

うん、何か色々とおかしい。

そんな、週末。
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索