四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

四方山話

小春日和に翡翠は啼く

リーダー

リーダーです。

緊急事態宣言下の東京は季節外れの陽気。天気予報によると桜満開の頃の陽気だそうで・・・・。

そんな小春日和の土曜日、浅草へ向かうワタクシ。目的はStratocasterのバリ取りをお願いしていたNaked Guitar Works

浅草は陽気な天気で心地良い。

IMG_7006

IMG_7004

緊急事態宣言って事でも人出は然程減少していない、とニュースでは報道していたが、少ない気がした。まぁ、大きな通りは歩かない様にしているから、気付かなかっただけかも、だけど。

Stratocasterを受け取り、少しばかり話す。マスクをし、距離を取っているとは言え長居は良くない昨今の状況を鑑み早々に退散。

普段通る道と別の道をと歩いて行けば、ラブホテルがある路地に。道路工事中らしくそのホテルの出入り口に誘導員の方が居たが・・・・出入り口付近に人がいると利用者は嫌だったろうなーw。

帰り道、すっかりお気に入りのDay & Annyでパンを物色。美味しいのでついつい買い過ぎてしまう。

IMG_7008

お気に入りは食パンとミルクフランス。食パンはゴールドとホワイトがあるが、どっちも美味しく甲乙付け難い。

一旦帰宅し暫しStratocasterを弾く。

IMG_7007

うん、やっぱりねぇ、このStratocasterは良いです、うん。

色々と改造をしてきているワタクシですが、このギターの改造だけはちょいと趣旨が違う。

他のギターの改造は、「所属バンドであるフジコ・オーバードライブに合う様に」との趣旨で改造して来たが、これは「自分にとって好ましいStratocasterを作る」との趣旨で改造した。故にバンドでは殆ど使っていない。色々とやっている宅録では使用頻度は高い。

Stratocasterの魅力は、その汎用性にあると思っていて、自分に必要と思う汎用性をありったけぶち込んだ。結果・・・・Stratocasterらしい音と言えるかは・・・・微妙w。

リアのカリカリとしたシングル・コイルのサウンドだけは出せませんが、まぁ、仕方がない。タップしてシングル・コイルの音を出る様に・・・・は、うん、しなくて良いや。タップしたシングル・コイルの音って、なんか好きじゃ無いんだよなぁ・・・・。

Stratocasterは通算何本買ったろう・・・・知り合いのO君に貸しているStratocasterが最近弾きたく、使っていないだろうしそろそろ返して貰おうかな。K君の機材もある筈なんだよな?連絡してみるか・・・・レス無さそうだけどw。

暫しStratocasterを弄っていたが、陽気が良いと言う事もあって散歩に出掛ける。

浅草往復で陽気は分かっていたので、薄手のセーター一枚。1月でこの格好はどうかと思うが、汗をかくのもねぇって事で。

元浅草から秋葉原を経由し御茶ノ水周辺。いつもの道だが時折横道に逸れたりして楽しむ。

散歩中は色々な匂いがする。焼き鳥、カレー、ラーメン、時に家庭料理の匂い・・・・もう、色々ある。

そんな中、最も胃袋を攻撃してくるのは「蕎麦屋さんの匂い」である。それも「立ち食い蕎麦屋さん」の醤油と鰹出汁の匂いは攻撃性が大変に高い。

本日はこちらのお店の攻撃に屈しそうになった。

IMG_7011

三叉路に建つ、このただ者ではないこの雰囲気とお安い料金設定・・・・絶対いけない味がする筈だ。

俺、立ち食い蕎麦食べるよ・・・・気にせず外食出来る様になったら、俺、絶対立ち食い蕎麦食べるんだ・・・・(死亡フラグ)。

コロナ禍で見学が見送られている東京復活大聖堂、通称ニコライ堂はやっぱり見学出来ず。

IMG_7010

ニコライ堂は通称だが、その傍にあるバス停「ニコライ堂前」は正式名称。中々面白い。

ちょっと買い物があり、マーチエキュート神田万世橋へ。

此処に来ると必ず見たくなる、大正時代の万永橋駅のジオラマ。

IMG_7012

ゆっくりじっくり見たいのだが、人が多く数分で諦めざるを得ないのが残念・・・・。

楽器屋さんも数件立ち寄ったが、特に何を買う訳でもなく・・・・。ああ、ちょっと欲しいと思っていたピックを買い忘れた・・・・。

近所の商店街で、牡蠣だの蜜柑だのを買い帰宅。今日の散歩した距離は・・・・

IMG_7013

丁度10㎞。もう少し歩いても良かったなぁ・・・・失敗。

とは言え、1月に春を感じる散歩が出来て、至極満足の一日でありました。

孤独な散歩者の夢想

リーダー

リーダーです。

底冷えする連休中日の日曜日、僕は散歩へと出掛けた。

是々非々はあろうが、緊急事態宣言下と言う事で、これまで以上に密を避けましょうかね、と言う事で、大きな通りを避け、ぶらり、ぶらり。

僕の散歩にはストイックさなぞ皆無。只、ふらふら歩くのみ。

以前は音楽を聞きながら、をしていたが、最近は音楽が邪魔に感じ何も聞いていない。

時々音楽が聴きたくなるが、そんな時には腰掛ける場所を探して座って聴く。コロナ禍で散歩をする様になって久しく、そんな場所を幾つか見付けた、枚挙に暇がない、とまでは行かないが、ふと聴きたくなったら直ぐ聴きに行ける。

以前も書いたが、冬の散歩は、太陽を探しながらゆっくり歩くに限る。早く歩いて汗かいて・・・・は風邪の元。暑い店舗に長時間滞在、も悪手。そんな場合はマフラーは外すが吉。

最近は元浅草界隈がお気に入り。大きくは無いが雰囲気の良い神社仏閣や、ちょっと面白いお店(飲食店に非ず)があって楽しい。

そろそろ買い替え時と妻に言われて久しい財布であるが、良い感じの物を複数店舗で見付けたり、ふと目に付いた乾物屋さんで美味しい乾物に出会えたり、商店街の金物屋さんで束子の使い方を教えて貰ったり・・・・と、散歩によって増える選択肢は中々に面白い。

会社でのコミュニケーションの絶対量は減ったが、それを補って余りあるコミュニケーションが増えたと思う。散歩と言う行動によって齎されるものは大いにある。

とは言え、散歩と言うものは基本的に孤独なものであって然るべきとも思う。それを味わうと言っても良い。

散歩中、何を考えているかと言うと実に下らぬ事である。

本日は、「ストラトキャスター以上の汎用性をストラトキャスター以外に求めても意味ないよな」とか「自宅で思う存分ギターが弾ける環境とか、それ専用の部屋とかはあったら良いなと思うけど、それより気の置けないメンバーと組めるバンドがある方がよっぽど良いよな」とか、そんな事であった。うん、実に下らぬ。

そんな散歩道で、実に羨ましいと思ったのは、ガレージでバイクを弄っている人を見た時。

大学時代に原チャリを譲り受け、短期間だけだが乗っていたのだが、それがもう楽しかった事に加え、チューンアップとか改造とかが基本好きなので、それをしている人を見ると羨ましいったらない。キマイラギターズさんのマグナ50を弄る動画は繰り返し見てしまう。原チャリ買って行動範囲大きくするのも良いかもなー・・・・。

本日は自宅~北浅草~秋葉原~御茶ノ水~自宅。大体十数㎞程。ま、いつも10㎞位歩くんだけど。

秋葉原以外は人出は少なく、御茶ノ水ではちょいと楽器屋訪問。

本日、凄く惹かれたのがJim Dunlop売却前のDyna Comp。BUDケースで且つ箱付き美品。

中々見ないぞこんな美品・・・・と思ったらお値段5万円。うん、無理w。

その他、下記も欲しかったが・・・・



上記はFUZZ FACE MINIのFFM6。限定品のクロームじゃない物は持っているので自粛。箱、説明書付きだったら買ってたけどなー見た目好きなんだよなー。

Jaguarのリアにファズが結構合うのでファズ熱再燃しているワタクシだが、ファズと言う面倒臭いエフェクターは見た目が格好良くないと使う気にならな(以下自粛)。

御茶ノ水からは淡路坂を下るが好み。今の時期は椿が綺麗である。

IMG_6236

この花壇にビールの空き缶捨てた方。怒るから出て来なさい。

本日の散歩は、お財布を一度も開かぬ散歩となったなぁ・・・・と思いながら家路に着けば、最近お気に入りのパン屋さんに新製品。否が応でも買ってしまふ。

IMG_6237

新製品は向かって左手のミルクフランス。右上がコーンパン、右下がレーズンパン。

コーンパン2つ買えば、ミルクフランスと一緒にネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲が作れたな、と考えた、銀魂の映画公開して最初の日曜日でした。

君が人生の時

リーダー

リーダーです。

コロナ感染者の増加に伴い一都三県に緊急事態宣言に出された都下。

ワタクシはと言うと、誕生日を迎え、51歳と言う年齢になった。

もうね、ビクシーに謀反を起こされ焼き討ちにあっても敦盛を舞って自害も出来ない年齢になってしまった。

還暦迎えたら、赤いちゃんちゃんこ代わりに赤いES-335を買いたいと言ったら妻に鼻で笑われましたが割と真面目に言ってます、はい。

で、コロナはと言うと、相も変わらず感染リスクを自助努力で避けましょう、との考えで行動しております。うん、結局それが一番じゃ無いかと。

真偽は分からぬが、会食での罹患に相応なリスクがあると言う事で・・・。

まぁ、外食はしないし、食事しても家人とだけだし・・・・感染するリスクは相当に少ないんだけれど。

不思議と言うか、うーんと思うのは、会食して感染して家に持って帰って罹患して・・・・との流れ。

会食に出るって事は、無症状な感染者って訳で、最近の罹患者増加を見るに、無症状な感染者が相当に居ると言う事に思う訳で・・・・。

もう、コロナ封殺するのは無理なんだろうなーと思ったり。

無症状感染者、と言うと思い出すのが腸チフスのメアリーことメアリー・マローン。健康保菌者である彼女みたいな人、居るんだろうなって思う。

腸チフスと言うコロナとは比較にならぬ致死率のウィルス保菌者は極端かも知れないが、ウィルスから完全に逃げる事など無理であろうと思う。

メアリー・マローンが供した食事を摂っても発病しなかった人も居る訳で、その差異はと言うとやっぱり体力なんじゃ無いかと思うワタクシ。

無理はしない、を心掛けようと思います、はい。

と言う訳で、相も変わらずな休日を過ごすワタクシに御座いますが、土曜日、開店直前のNaked Guitar Worksに突撃。

目的はJaguarのプリセット・コントロールのトーン・ポットの交換。50kΩのポットを1MΩのポットに交換し、プリセット・スイッチをONにしたら「音が籠る」から「音が派手になる」との施策として。

メイン・ボリューム/トーンは500kΩのポットに交換しているので、プリセットをONにすると「改造前のフロントの音が出る」と言う使用。

年末に実施した改造で行う心算も、交換しようとしたポットの軸が違いノブが付けられぬと言う事態で断念。

ノブのポットを装着する口径はこんなに違った。

IMG_6235
(左がデフォルト。全体の面積は変わらず)

浅草は快晴。心地良し。

IMG_6234

緊急事態宣言下も、人並みはそれなり。避けながら進む。

この周辺では、よく着物、浴衣姿の若い女性が被写体となって写真撮影されている。恐らく、自営モデルさんと個人カメラマン。

この光景が凄く嫌いで、目を背けてしまう。なんか、嫌でねぇ・・・・。

リーダー「と言う訳で今年も宜しく」

N.G.W(小園氏)「今年も・・・・ですかぁ?」

リーダー「新年早々あからさまに嫌そうな顔してくれるじゃねぇか、え?」

N.G.W(小園氏)「いやね、だから、俺は働きたくないんですって」

リーダー「客に向かって言う台詞かそれ?」

N.G.W(小園氏)「いやね、代表(多田氏)にね、言ったんすよ。ストラトのジャック交換専門店にしましょうって。それ位なら楽だしやって良いからさ」

リーダー(多田氏に向かって)「相当に腕がいい癖に何言ってんの、この残念な天才」

N.G.W(多田氏)「もうねぇ、何遍もねぇ、言ってるんですけどねぇ・・・・」

リーダー「この零細企業に労使問題があるとは中々だぞオイ」

N.G.W(小園氏)「面倒な客が増えてさー、考える事が多くてさー」

リーダー「断りゃ良いじゃん」

N.G.W(多田氏・小園氏)「お客様お帰りでーす」

リーダー「ちょっと待てコラ」

と言う相変わらず友好的な会話を済ませ、ポット交換完了。

家に戻って試してみれば、うん、正解。はい、正解。

プリセット・スイッチをONにすると、やんちゃなサウンドながらフロントと言う事もあり線が細くなく、うん、凄く良いと思います。早くバンドで試したいです。

いやこれあれね、フロントは1MΩ、リアは500kΩってのも良いかもね、どうしよう、試したくなって来た・・・・。

プリセットのボリューム/トーンをフロント用に、メインのボリューム/トーンをリア用にってのが、もしかしたらこのJaguarの正解なんじゃないかって気が凄くして来たなぁ?

ま、兎に角、このJaguarは最高である(当社比)。

IMG_5518

備蓄した珈琲豆が、年末に母に所望され心許なくなって来たので北山珈琲店へ。

時間帯からか、お客様がいらっしゃらなかったので今日こそ一杯・・・・と思うも、緊急事態宣言下だしなぁ、と自粛。僕は自分に大変甘い人間なので、一度タガが外れると収集付かなくなるから。

お店の方と挨拶をし、さて、ちょっと散歩でも行こうかなーと思えば、ベースの大先生より「ベース再録音する」とメール。

何の話かと申しますと、昨年ビクシーが「活動休止中で忘れられるのもアレなんで、未録音で固まってる曲録音しましょう」と提案あり、ボーカル以外録音済ませたのだが、内1曲のベースを録り直す、と。

聞いた限り良い感じだった記憶あり、帰宅してミックスして確認してみようか、と思い直す。

ミックスのソフトを久し振りに立ち上げ、ミックスダウン。ベースの大先生の録音は録り直し不要じゃ無いか?と思った。

そしてビクシーのギターは今回もハイパー過ぎてオケに馴染ませるのに四苦八苦。図太くてモジュレーションたっぷりの音がお好みの彼の音をどう馴染ませるか、が毎回の課題。そんな彼にミックスの感想で言われて一番立腹したのが「ベースの音が聞こえません」である。やかましいわ。

とは言え、メインギターのビクシーのギターが無いとバンド成立せず。うんうん唸って・・・・完成した、のかしら?今回も自信ないなぁ・・・・。

Takayuki君のドラムの音が最高に心地良い&ミックスし易い。

此処最近、近所の公民館(?)に自前のドラムセットを持ち込んで録音している彼だが、コロナ禍と言う事で久々に宅録。ソフトを新しくしたらしいが、凄く良い音で驚いた。

生ドラムの空気感は流石に無理も、この音なら充分過ぎじゃ無いか。生ドラムと違い分離良いのでミックスし易いし。試行錯誤してたみたいだから、その効果出たんだろうなぁ。

オケだけの音源アップしてみようかな、と思いましたが自粛。気になる箇所が幾つかあるのと、「歌が無い方が良いです」と言われると反論出来ないので・・・・w。

そんな連休初日に御座いました。

日日是好日

リーダー

リーダーです。

さて、皆様如何新年お過ごしでしょうか?

ワタクシはと言うと、元旦は近所の氏神様に初詣行き、本日は楽器屋なんぞに行ってみたり。

IMG_5551

IMG_5543

散歩序でに神社仏閣に行き楽器屋に行き・・・・って、普段と全く変わりませんがな。

昨年は、年末年始は家人と外食しに行ったり家人の実家に帰省したりしてましたが、コロナ罹患者が増えている状況って事で今年は控えております。

そんな訳で今年は自宅で食事する機会が増えたのですが、その結果、なんとも懐かしい年末年始を過ごしております。

何が懐かしいって、「買い溜め」が懐かしいのですよ。

テレワーク導入により、お弁当を近所の商店街で買う様になり、結果食材、日用品も殆ど商店街で買う様になったのですが、商店街は年末年始お休みとなる店が多い。

外食もしない、商店街以外で買う事も無い、と言う生活スタイルの結果、年末年始用の食材を買い溜めしたりしたのですが、この「買い溜め」ってのがね、何とも懐かしくて。

コンビニエンスストア、24時間営業のスーパー何かが無かった時代は、この買い溜めってのが普通にあった訳ですが、数十年振りにそれを味わった訳です。

商店街も、年末のある時期から、御節料理を売り始め、作らずとも御節料理を揃えられると言う楽しさ。

而も、自分と家人が好むものだけチョイスが出来る訳で、ある意味「セルフオーダーの御節料理」なんてのも出来るのが楽しかったり・・・・。

IMG_5546

上記はその一部ですが、お重に詰めると言う作業は割愛しましたが、あ、そもそもお重が無いので出来ないのですが、そんな食材をつまみながら過ごし、買い溜めも含めなんとも懐かしいお正月。

訳あって長い休暇となっておりますが、相方ギタリストのビクシーの提案で2曲程レコーディングもしましてね。

DAWソフトを持っているのに、MTRで録音すると言うアナログな事をしているのですが、メンバーから送られたデータをSDカードに落としてMTRに読み込もうと思えば、PCの設定がおかしく、SDカードにデータが読み込めない、と言うか、書き込みNGになっちゃってて四苦八苦。

結局、それの対応に多くの時間を割きましたが、なんだかんだで録音は、した。

録音には新しいJaguarを使用。

IMG_5545

録音しながら色んなエフェクター繋いであーでもないこーでもない、とかやっちゃうもんだから余計に時間が掛かって、でも楽しくて、楽しい序ででピックアップの高さだのポールピースの高さだのまで調整しちゃうもんだから時間が掛かってならなかった。入浴する時間大幅に超過して家人に注意されて我に返る始末。

暇を見付けてちょいちょい自宅録音はしているのですが、バンドの楽曲の録音とは趣旨が全然違うので、久々に一発録り(?)をしてみれば、いや、ホント弾けないですなぁ・・・・。

クリックに合わせて弾く、なら、難しい事やってないので(と言うか出来ないので)楽なんですが、ノリとかそんなんを出そうとすると難しいったらない。

ミックスダウンの担当でもあるので、ここでこう言う音があった方が良いとか、ここはドラムが溜めて入るから抑えなきゃとか、そう言うのを意識しちゃって四苦八苦。下手は下手なりに色々考えているのだ、うん。

で、録音してメンバーに送ってみれば、内1曲に相方ギタリストのビクシーから「なんか合わない感じ」と言うざっくりとした感想。

ビクシーの違和感分からずで、確認してみようと軽くミックスダウンするもやっぱり分からず。と言うか、己のギターの音が「おお、良いじゃん」と気持ちの悪い自画自賛をしてしまう始末。まぁ、相方ギタリストのビクシーのハイパーで音圧あるギターが入ると、殆ど聞こえなくなるんだがw。

メンバーに仮ミックスを共有してみれば、ビクシーの違和感も払しょくされたっぽく一安心。

録音した楽曲が、ビクシーとベースの大先生の曲それぞれ1曲ずつなので、彼等には歌入れと言う作業が残って居るが、
僕のパートは完了。

今回の録音で活躍してくれたのは下記。

IMG_5554

HF-2はバッキングに、DC-2はソロに使用。

バッキングに薄くフェイザーやフランジャーをかけるのが好きで、HF-2はそれに凄く適している。狙いは下記な感じ。



上記はPhase45ですが、HF-2は低域にはエフェクトが余り効かない設計なので「薄いうねり感」が演出出来て好きである。派手な効きじゃ無いので不人気な機種ですが、僕はこれは名器だと思っています。

ソロでコーラスを使用するのが好きかのですが、DC-2は揺れないエコー間に加えちょいと中域を持ち上げてくれるのでソロ向きで好きである。

散歩は、関東の複数知事から緊急事態宣言の要請が為されたとの事で、人混みを避けて10㎞弱/日を数日。

IMG_5552

楽器屋さん巡りもしたが、混み合っている楽器屋さんは避けてみた。まぁ、隔週では行っているしなぁ・・・・w。

コロナ対策か、過度な初売りも無く、福袋も殆ど見掛けなかった。良いなと思ったのは、イケベ楽器リボレ秋葉原店の福袋。

ゲージが分かるElixerの弦×2とD'Addarioの弦×1、クリップチューナー、MXRのケーブル、レモンオイルとその他クリーナーなどの備品ちょっとで3千円と4千円の2種類。

ノベルティグッズとか売れなかった使えない商品詰め合わせ、じゃなく、実用品だけで纏められていて、買っている人が多かった。

Elixerの弦だけで3千円程度だから安いもんね・・・・買わなかったけど。

折角だからなんか買おうかな、と物色したのは下記。



以前持っていたのですが、いつの間にかあげたか売ったかで手元に無く、久し振りに弾いてみたくなった。僕の中では「汎用性の高いハイゲインなオーバードライブ」の印象のペダル。

BOSSの歪みペダルは、手持ちではBD-2を除いて鼻詰まりな感じじゃ無いコンプレッションがあると思うのですが、それが平面的に聞こえるよな、と思ってまして、その補正に何が良かろう?と手持ちペダルを彼是組み合わせて楽しんでいた此処最近。

結果的にCBu1との組み合わせが抜群に良かったんですが、OS-2なら更に面白いかも、と思い欲しくなった、が、スルー。

理由は、ちょっとした興味でペダル増やしたくないなぁとの理由で。折角部屋を整理出来たのでね。

もう一つがこれ。



以前より興味あったんですが、録音した際に、原音とミックス出来るコンプ良いなと思って欲しくなったのですが、XoticのSP Compressorあるしなぁ・・・・と自粛。

お気に入りの歪みペダルでありながら、最近終ぞ見掛けぬil Diavolo Overdriveを久し振りに見掛け、予備として買っておこうかなとも思ったが、バンド活動も再開の目処立たずだし、と思い止まる。

散歩と言えば、毎冬家人と上野恩賜公園のぼたん苑を見に行っているのだが、密かなあって事で自粛。

IMG_7368
(写真は以前訪問した時の物を転用)

混み具合次第では見に行きたいが、まぁ、今年は諦めようかな・・・・。

その他、WOWOWさんでEnveavourのシーズン7を見る。



3話の伏線が見事に絡み合っていて凄く良かった。1話目が「ん?」な内容だったが、それも伏線だったりして、見終わって「おお、見事」と思った今シーズン。

次のシーズンが楽しみである。

そんなお正月に御座いました。

リーダーより新年のご挨拶

リーダー

リーダーです。

明けましておめでとう御座います。

今年も宜しくお願い致します。

昨年はコロナに翻弄され、良い年だったとは言い難いですが、2021年が良い年であると良いですねぇ。

毎年総括的な事を書いておりましたが、今回はやらずで・・・・。

ギターを2本、ベースを1本買ったり、エフェクターも数個買ったりしましたし、バンド活動は休止状態ながら、次回作CDのミックスダウンまで済ませましたし、まぁ、コロナ禍ながら彼是やりました。

彼是買ったの割に機材紹介記事が少ないのは、ワタクシの機材紹介は「ワタクシと言うへっぽこギター弾きがfujco overdriveと言うバンドで使ってどう感じたか?」と言う、甚だ備忘に過ぎない意図で書いているので、バンドが休止状態なのに書き難い、と言うのがその理由。

又、これ迄は、面白そうなら取り敢えず使ってみる、との趣旨で試して来ましたが、「取り敢えず試す」から「自分の好みと思われるものなら試す」となりました。

改造にしても、焦点定まらずな感じが無くなり、期待通りの結果が導き出せる様になったかと。

これは偏に、これ迄の投資で自分の趣味嗜好が分かって来て、且つそれに見合った機材を揃えられたからでしょう。

まぁ、それはそれでつまんないとも言えますが・・・・w。

一方、散歩序でに楽器屋さんへ行く機会は相当に増え、情報と言う意味では凄く充実している。試す場所が無いのが残念でありますが、そう言う時期だったのかなと思っています。

仕事が熟せて、家内安全で、帰省が出来て、バンドが出来れば、まぁ、言う事無いかなと思いますが、昨年の混乱期でも最初の二つが出来ていたので、ま、気負わず気楽に行ってみますかね。

と言う訳で今年も宜しくお願い致します。

フリーフェスティバルの思い出

リーダー

リーダーです。

師走、ですねぇ。

さて、ワタクシはと言いますと、既に仕事納め。

いえ、会社はですね、未だ営業日続くんですが、有給休暇を頂く事に相成り・・・・。

と言うのは、法改正で年度で5日の有給休暇取得が必須になったらしいのですが、終ぞそんな事知らず、1日も休み取って無かった、と。

年明けは忙しくなりそうだし、もう休める日は休むってしないと不味いぞ、と言う事で、半ば強制的な有給休暇取得。

帰省出来ていれば取得出来たんだけどなぁ・・・・まぁ、仕方ないですな、うん。

そんな訳で12/25(金)に仕事納めと相成り、クリスマスらしい事なぞ何もしていなかったので、ケーキくらいは、と近所の大変美味しいパン屋さん&ケーキ屋さんへ行き、家人の分とって事で2つばかり購入。

IMG_5436

此方のお店の商品は、しっかり味がありながらも軽くて、スルッと入っちゃうから食べ過ぎ危険。結局家人が2つ食べたが、家人曰く両方美味しく、且つマジパンも美味しいと。

マジパンって美味しかった試し無し、と思っており、家人も同様の意見の持ち主だが、此処はマジパンも美味しいと・・・・。

家人が頭から食べた結果として出来上がった首なしのサンタクロースは中々にシュールであった。

購入時、近所の工場の社長さんと女子社員が、従業員の為にケーキを買いに来てたのだが、社長さんが「XXさんの家はお子さん3人いるから3つで・・・・」と数えてらしたのが印象的だった。従業員の方々のみならず、そのご家族の分のケーキまで買うとか、良い社長さんなんだろな。

従業員の方も、あんな社長さんの所で働いたらきっと幸せだろうな、うん。そうであって欲しい、うん。

ケーキ買って、世界で一番好きなJIROのハンバーガー食べる。

IMG_5055

IMG_5056

このハンバーガーは、狂暴な気分で食べると美味しいと思う。

そんな風に仕事納め。一緒に仕事している人達に、テレビ会議で年末の挨拶のは、なんかちょっと違和感あったな・・・・。

して、土曜日。

気持ちの良い晴天の下、僕はNaked Guitar Worksに向かう。

目的は改造を依頼したJaguarの受け取り。

IMG_5518

パッと見、あんま変わっていないが、結構変わっている。ON-OFFスイッチをトグル・スイッチにしたのは、機能的にも見た目的にも気に入っている。家で弾く限り、ピッキングの邪魔に一切ならない。

Jaguarの改造に関しては別途書くとして、それはもう長々と書くとして、
序でで、気になっていたStratocasterのバリ取りも依頼しつつ、Naked Guitar Worksのお二人と今年の総括的な話なんぞをしたり。

営業自粛期間があったりして、大変な年だったと思う。一律給付を元手にメインテナンスに来る人がいたフォローがあったかもと社長の多田氏は言っていたが、しんどい一年だったろう事は想像に難くない。

そんな中で、色々と我が儘な改造して貰い感謝しかない。来年も、お世話になるだろうなぁw。

何となく鬼滅の刃の話になり、その方面に造詣ある小園氏は興味無いらしく、その方面に興味が無い筈の多田氏が嵌っていると聞き、成る程、ブームと言うのは矢張りその分野に興味が無い人を巻き込んでいる状況なのだな、と改めて認識。

軽く浅草寺をお参りし、テレワーク中のお弁当でお世話になった魚屋さんと八百屋さんで買い物。魚屋さんは黒豆や数の子などの御節料理がありちょっとだけ購入。

亡くなった義母は料理が上手で、御節料理で頂いた黒豆は本当に美味しかったのを思い出した。家人は黒豆を好まず、レシピが継承されなかったのが残念でならぬ。

今じゃ御節料理を作る人はそんなにいないかもだが、良い文化だと思うので残って欲しい。

帰宅してみれば、義理の弟から家人に、年末は帰省しないよね?との確認が入った事に加え、飼っている猫の写真が送られて来たので、ワタクシが同じポーズを取り写真を送り返す。家人から義弟のリアクションは聞いていない。

昼食後、Jaguarのパーツを買う序でに、天気も良かったのでぶらぶらと散歩。

年末の喧騒を感じないのは、年末の喧騒には日が早いのか秋葉原と言う街の所為か。

一時少なくなったメイド喫茶系の呼び込み。相変わらずワタクシはスルーされる・・・・筈が、本日珍しく声掛けされたのだが、「ご主人様、メイドは如何で・・・・」と途中で言葉を切られ何か不安になった。いや、行かないけど途中で切らないで。何か分からないけど不安になるから!

千石電商さんでパーツを買い、見掛けた革の工具入れが欲しくなるも我慢。ギターのメインテナンス道具を入れるのに適してそうに思うも見送ったが、うーん、やっぱり欲しいかも。

イケベ楽器リボレ秋葉原店を見て、電池だの接点復活剤だのを買って家路に着く。

途中のとある商店街で、やけに良い匂いがするなと見やれば乾物屋さんが鰹節を削っていたので購入。

IMG_5515

僕は鰹節が好きで、猫飯も好きなのだが、今まで頂いた鰹節で感動した四国の某店の鰹節と同じ位に美味しい。良いお店を見付けた。

近所にある、大変美味しいお豆腐屋さんでお豆腐を買い一緒に頂けば、相乗効果か大変に美味しい。暫く嵌りそうである。

パンがきれているのを思い出し、冒頭に書いたケーキを買ったお店で一斤購入。

IMG_5516

IMG_5517

湯気立つパンを切れば、イースト菌の匂いが香り立つ。シチューに合わせて食べたくなり、シチューを作ろうかと提案するも、別の物を用意していた家人に却下される・・・・無念。

夕食後、Izo先生のツイキャス拝見。

テニス肘でギターが弾けない、と仰っていたが、テニス肘になる程ギターを弾いた事が無い身としては肩身が狭い・・・・。

もし、「魔改造肘」なるものがあればその症状が出る自信はあるが、なんだろう、魔改造肘ってのはなんか技の名前っぽくて良い。

贈呈したGretschを手にする機会が多いと仰っていたが、ああ、分かると思いながら拝聴していた。Gretschって、確かに何か弾きたくなるギターに思う。弾き難いのにねぇ・・・・なんでだろ?

日曜日。

家人の号令により大掃除の日と相成る。

掃除は嫌いじゃない、と言うか、家事の中では寧ろ好きである。綺麗になって行くのは気持ちが良い。

大掃除と言うのは「こんなもんで良いじゃん」と「やるなら徹底的にやったろうか」との
人間性が出ると思う。

ワタクシは後者なのだが、有り難い事に家人も後者。

とは言え、どこまでやるかはその時の時間の都合、体力なんそにも関係し、度合いは毎年異なるのであるが、家人がプロテインを飲み、掃除のBGMにWelcome To The Jungleを選択した事で、ああ、今年は本意モードなのだな、と理解。



数年前、ワタクシがBGMに原子心母を選択した際は「掃除中に眠くなる」とクレームが入ったな、そう言えば・・・・。



そんな訳でみっちり五時間大掃除。流石に疲労困憊・・・・だが、改造が終わったJaguarのメインテナンスをどうしてもやりたくなる。

IMG_5512

弦高とピックアップの高さを調整。僕のセッティングは一般的ではない自信が凄くあるが、好みで良いと思うの。

土曜日に買った食パンと合わせてシチューが食べたくなり、玉葱と人参がなかったので近所に買い物に。

懇意の八百屋さんが定休日だったので久々にスーパーへ行ってみれば、なんかね、ちょっと味気なさを感じてしまう。

年末の喧騒にノスタルジアを覚えるワタクシだが、それは間違いなく幼少期に鮮魚店を営む伯父の家に預けられ、そこで過ごしていたからに思う。



今では伯父も亡くなり、知り合いも殆ど居なくなってしまったが、此処で過ごした日々が与えた影響は少なくない。良くも悪くも、だけど。

一番記憶に残って居るのは、年末の福引。

福引券を持って福引に行こうとしたら、知らないおばさんに「それ、よこしなさいよ!」と凄まれ殴られ福引券を奪われた。

ちょっとした騒ぎになったのだが、その女性がどうなったのかは終ぞ知らずで、その顛末よりも「大人の中にも理不尽な事をする人がいる」と言う事に驚いたのを覚えている。

成長していくに従い、そして現時点でも、色々な理不尽に直面する事になる訳だが、「そんなもんだろ」と言う諦観が身に付いたのは、多分あの一件があったからに思う。

我を通そうと騒いだり、只不快にさせる言い回しをしたりなんて人に接すると、あの女性の醜い顔を思い出す事がある。

品がある人が好きなのは、多分あの女性に対するアンチテーゼなんだろな、うん。

そんな2020年最後の土日でした。

短日なれど、虎落笛鳴らず

リーダー

リーダーです。

冬将軍到来で、故郷の老いた母が気になり電話をすれば、いつも通りの気丈な回答なれど、気になる今日この頃。

とは言え、コロナ禍を寧ろ楽しんでいる様な生活も垣間見え、息子としては少し気が楽。

愚弟と甥っ子が定期的に母を訪ねてくれているので安心感はあるも、負担も相当であろうと思うと、では何か年末に家で食事するに適したものは無いかと思案していれば、家人が牛肉や甘味を既に送ってくれていた模様。

週に一度は長電話する程に仲が良い家人と母であるが、その関係性はこの距離故であると思い出した様に母は言う。

「年を取るとその人の嫌な面が強く出て来る」とは母の台詞。

愚痴っぽい人は更に愚痴っぽく、怒りっぽい人は更に怒りっぽくなり、若い時分はそれを相殺出来る魅力が他にあって付き合って居られるが、そんな魅力は年と共に錆び付き、嫌な面だけが目に付く様になるものだ、と。

そんな母は、別の人からプロポーズされていたらしいが、断って亡父と結婚した。

securedownload (2)

プロポーズしてくれた人は、割かし良い所の人だったらしいく、気も合う人だったらしいが、飲酒した際の態度が好きになれず断り、亡父と結婚したそうな。

よもや、老年期にその癖が強く出て来るのを気にしてた・・・・なんて事では無いと思うけど。

と言うか、亡父も割かし癖が強い人だったと思うが、と言うか凄く癖が強い人だったと思うが、亡父の晩年、母は何か嫌な面とか見たのかなぁ・・・・?今度聞いてみよう。

「つまらない大人になりたくない」って台詞は終ぞピンとこなかったワタクシだが、「みっともない老人にはなりたくない」とは改めて思う。いやホント、みっともない老人って本当にみっともないから・・・・。

そんな思いを胸に抱きつつ、短日なれど虎落笛鳴らず、な土曜日。

先ずは散髪へと出かける。

最近少し不精して、もう本当にボサボサとしか言い様がない髪形になっていたのであるが、家人は「それ位の方が良い」と・・・・。

いや実際どうなんだ・・・・鏡に映るは4浪の大学生の髪の毛の中年のオッサン。この方が良いってどう言う事であろうか?との疑問を持ちつつチョキチョキと。

サッパリして一旦帰宅。昼食をとって今日は楽器屋巡り。

これまでは楽器屋巡り+散歩、であったが、この時期は慎重に行動せねば、と併用は控える。

と言うのは、楽器店で温まった、時には温まり過ぎた体で寒空を歩くのは宜しくない、との考えから。

ちょっと汗ばんで寒空に・・・・なんて事は避けたい。

楽器屋巡りは楽器屋巡り、散歩は散歩、とするべき季節。無理出来る程若くはない。

と言う訳で御茶ノ水。寒空ながらも、紅葉は未だ街に賑わいの色付け。

IMG_4489

東京の街を散歩する様になって、東京都は綺麗な街だなと思う様になった。いや、勿論雑多で汚い所もあるけど、綺麗な場所がいっぱいある街だなと思った。

義父に年末用の日本酒を贈り、床屋さん独特の整髪料の匂いを撒き散らし、ゆっくり、じっくり見て回る。

某店で、Jim Dunlop移行前のDistortion +が数台あって、なんかちょっと感動した。Jim Dunlop移行前のMXRって、なんか所有欲そそられるんだよなぁ・・・・なんでだろ。micro ampしか持って無いけど。

IMGP1012

各店を彼是見て回り、某店では、「アダルトビデオ見ている時以外はスケベな顔してる」でお馴染み、我がバンドが誇るエロ柱、ビクシーさん所有のギターの色違い(Majik Blue)が250,000円(税抜き)で売られていた。ビクシーさん所有の方が良い色だなぁって思った。ビクシーさん所有のあれ、何気に良い色だと思う。

1c604170

だが・・・・台座たる弾き手が、なぁ・・・・。

その他、カート・コバーン風に改造されたFender JapanのJaguarをふんふん、と見てみたり、SquierのJazzmasterの中古はちょっと買おうか迷ったりしながら、結局弦等の備品のみだけ買って終了。

あ、某店でYAMAHAのSGが数本売っててちょいと気になった。



好きなフォルムじゃ無いのだが、最近凄く気になる。

SGと言えば高中正義さん・・・・ではなく、僕にはMagazineだったりXTCだったり、する。





大好きなギタリストであるJohnny Marrが「見た目はダサいけど気になるギター」と某インタビューで言っていたり、最近ではJohn Fruscianteも好んで弾いている様だし・・・・気になるなぁ。気になるけど、まぁ、買わないだろうな、うん。

夜は鍋にしよう!と家路に牡蠣を買いに商店街を行けば、注連飾りの出店。ああ、年末だねぇ。

クリスマスにワクワク感が無くなってもう随分経つが、年末年始の喧騒感は、季節が感じられて未だに好きである。

晩御飯前に、SquierのJaguarの調整。

IMG_4490

このギターにマウントしていたリプレイスメント用のネックを、最近入手したJaguarに転用したので、元のネックに戻したのだが、改めてじっくり調整してみようかと。

IMG_4491

このネック、移植したネックよりも幅広で、好みが分かれそうも、塗装の質感は日本製のそれよりも好きである。

ネック角度を付けようと、千石電商さんで購入したシムを挟む。

IMG_4492

0.25㎜と0.5㎜を買ってきた心算だったが・・・・0.25㎜×2だったと言うね・・・・まぁ、0.5㎜必要なら2枚挟めばいいか・・・・。

ネックポケットはあまり密着させずに隙間があった方が生音が大きくなる、との話をどこぞで聞いた記憶があるが、強ち「そりゃないよ」って話じゃ無い様に思う。と言うか、もしかしたらそうかも知れぬ、と思っている。

試した結果、0.25㎜×2でシムを挟み、弦はIzo先生に頂いたDR Stringsを試してみた。DR Stringsは(ウクレレでは使った事あるけど)初めて。

これ、結構好きな弦かも。ツルっと言うかぬめっと言うか、そんな質感を感じた。

面白いなと思ったのが梱包の仕方。

IMG_4493

2本で一つの梱包。面白いなぁ。

不精からコーティング弦(Elixer)ばかり使っているが、音を出してみれば、Elixer比で高域に煌びやかさを感じた(ネックが違うからその影響かもだけど)。弦ってメーカーによって音が結構違うのだろうか・・・・。あんまり意識して来なかったけど、ちょいと探求してみたくなった。

指板にはこれを塗ってみた。

IMG_4494

蜜蝋とオレンジオイルが入ったもので、冬場、家具の保存に使う事が多いが指板にも使える。わりかしベトベト感が残るので、薄く塗り、しっかり拭くのがマスト。

凄く乾いてる指板にしか使わないが、保湿性は凄く高いと思う。

アンプに繋いで音出してみれば・・・・うん、このギター、やっぱ好きだなぁ。

Gold Foilのピックアップの煌びやかさ、ザグリによる箱鳴り感、ローカット・スイッチによる引き締まった低域・・・・うん、好みのサウンド。

ペグをマグナムロックにして、ストリング・リテイナー追加して、あ、ナットも交換してゲージは0.9~0.42にして・・・・とかをやりたい欲が凄く出て来たぞ、と。

最近入手したJaguarの改造が終わったら、じっくり考えて取り掛かってみようかと思う。

夕食後、Izo先生のツイキャスでのライブを拝聴。

リハも含め長丁場な演奏だったとかでお疲れだと仰っていたが格好良いライブであった。

某サイトで2020年の日本人ギターインストで年間三位だったCDも拝聴し、且つ配信ライブも何度も拝見しているので、最近は先生がミス・ピッキングされた場合に気付く様になったのだが、なんでしょね、ミスってある意味演出みたいなもんで、却って臨場感を感じさせて良いもんなんだなって思ったんですよね。

こう言う事を書くと「止まらなきゃミスなんてバレねえよ」と言い切るどこぞのバンドの某ベーシストが「そうだろう、そうだろう」と言いだしそうなのであまり言いたくないのだが・・・・。

そう言えば、鋭意製作中と聞く2ndのソロのジャケット、我がバンドの絵師にお願いするかも、何て事を仰っていたが、もう一度しっかり「止めておきなさい」と釘挿しした方が良いのだろうか・・・・。

妖怪にされたり禿の僧侶にされたり狛犬にされたり、散々な目に合っている我々であるので、この辺はしっかりお伝えしておいた方が良いかも知れぬ・・・・。

fujico_title

因みに、我々のCDのジャケットが無駄にクオリティが高いのは、絵師ビクシーのと同じ位に、プロのデザイナーのTakayuki君の貢献があるのは間違いないと思う。

フォントの選択、文字の大きさや配置を担っているのはTakayuki君であり、ライブのフライヤーも同様。

manu_jkt_kari

gadget_jkt

dynamo_jkt

日曜日。

土曜日は薄曇りだったが快晴。

Jaguarの改造を依頼しているNaked Guitar Worksに使いたいパーツを届け、浅草界隈をぶらぶら。

IMG_4496

IMG_4497

冬には冬の華やかさ、艶やかさがあるなと気付くこの冬。コロナ禍で無ければ気付けなかった事も多い。

そう言えば、上野恩賜公園で寒牡丹苑がそろそろか、と行こうか迷うも、家人も行きたかろうと自粛。来週にでもぶらぶら行ってみるか・・・・。

暫し散歩を楽しみ、帰宅して年賀状を書く。

もう年賀状止め様かな、と思っていたが、コロナ禍で会えなくなった人も多く、今年は出そうかなと思い立った次第。

コロナを契機に止めた事もあるが、コロナを契機に見直した事もある。

そう言うのも、言ってみれば人の世の機微と思うと、何とも感慨深い。

色々とあった2020年も残す所十日余り。

今年はウィルスに世界が翻弄された年だが、来年は落ち着いていて欲しいと思う。

色々な事が変わったし、この状況下の不満を喚き散らす人の浅はかさも知り情けなくも思ったけれど、この状況の中に凛として生きている人も見る機会もあり、心洗われる事も多くあった。

さて、後十日余り、踏ん張って行きましょうか、ね。

街はいつでもこうだ

リーダー

リーダーです。

Jaguarの記事書いたからこの土日は記事無しで・・・・と思っていたら、某氏から「書かない気か?」と態々DMが届く。

と言うかさ・・・・需要あんの?

推古も一切していないから読み難いだろうし、適当に書き散らかしているだけだし、そもそもさ、バンド紹介の一環と称し、メンバーの悪口を公に書いてストレス発散する為の場として成立していたのであるが、コロナ禍で変な3人と会わなくなって、その必要もなくなり・・・・。

で、時々、機材のレビューを書いていたのは、備忘半分、メーカー紹介とは違う感想を持った事半分で、機材に関しては、僕の好みでなかったとしてもお気に召している方も居る筈と敢えて書かなかったりもしたし、だし。

そもそも機材レビューは、何度も書いているが「僕と言うポンコツ・ギター弾きがフジコ・オーバードライブと言うバンドで使ってどう感じたか?」を主としているので(なのでコロナ禍でバンドが開店休業状態なので最近書いていないのです)、本当に備忘の意味合いが強く、参考にされてしまうと、もう只々ごめんなさいとしか言い様がない。

機材に対する興味がある方だし、改造も好きな方だし、故にワタクシも他人様の発するその手のネタを喜んで拝見する方であるのだが、時折「言ってる事は正しい(のかも知れない)けど、言い方が難あり過ぎて勿体無い事をしている」と感じる文章に触れると、胸襟を正さねばと思いつつ、その様な言い回しをされる方の背後についつい思いを馳せてしまう。

「正しい事を言っている以上私は正しい」との発想なのか、他者とのコミュニケーションを学ぶ機会に恵まれなかった故か、挑発行為でストレス発散しているのかは分からぬが、半世紀生きて来て中で数回、その手の方に襲い掛かった不幸に接し、「生霊と言うのはあるのかも知れぬ」と思った事がある。

いや、不幸なるものは、生きて行く内に避けられぬものであろうが、それが起きた際に「かくも周囲に見捨てられるものなのか」と、好きな相手ではないにせよ、気の毒に思ってしまった事がある。

一番気の毒に思ったのは、その本人にではなく、本人が大事に思っていたであろう人に悲劇が起きて、そんな際にも周囲は一切救いの手を伸ばさずにいた事で、人と言うのは怖いものだと心から思った。誰かに支えて貰いたい時に誰も居ない、と言うのは、中々に辛かろうと想像に難くない。

釈迦曰く「最上の徳とは人を喜ばせる事」ととある方に聞かされた事があり、その方を支える人は、確かに凄く多かった。

「徳」と言いつつ、生き易さの為に釈迦が説いたのかも知れぬ、と最近は思う。

それにしても、生霊ならぬ「ギター霊」なるものが存在したら、かくも改造をしまくっているワタクシなどはどんな除霊師を以てしても呪いはとけないであろう事必至。これ以上ギター買っても改造は程々にせねばなるまいとの気持ちを持って、衣干す様な雲が棚引く空の土曜日、僕はNaked Guitar WorksJaguarを持って行ったのである。

IMG_4017

観音裏に着いてみれば、千客万来Naked Guitar Works。社長の多田氏が外国人の方をお相手しており、ワタクシはその横で小園氏に相変わらずの無理難題を言ってみれば、「Jaguarは螺子の数が多くて面倒くせえ」とよく分からぬ切り返し。今日も我々は、互いに人を喜ばせる徳を積んだのである(このやり取りの為に長い前振り書いたんだうん。書く事少ないのよ、今日)。

Naked Guitar Worksを後にし、来週には寒さも厳しくなるとの天気予報なので、では、散歩をしましょうかね、と浅草をぶらりぶらり。

IMG_4021

IMG_4020

IMG_4019

師走だと言うのに、境内は秋の空気も、正月飾りを売る店も其処此処にあり、年末感がある。

雷門を抜け、欲しい物あり、故郷・北海道のアンテナショップへ。

IMG_4025

散歩の途中と言う事もあり、目的であるソラチのタレのみとしようかと思ったが・・・・

IMG_4026

コロナ禍で帰省出来なかった悔しさで冗長されたノスタルジアが、僕にやきそば弁当、ダブラー、ふらのっち等を買わせる・・・・。これ以外にも、家人の好きなロイズだの六花亭だの買ったのだが、北海道への貢献が出来るのなら痛くはない・・・・のだが、バックが無いのでビニール袋ぶら下げて散歩ってのもどうよ?と相成り、散歩途中で手頃なバッグを見付け購入。

IMG_4027

ワンコ柄だって帰宅して気付いたよ・・・・年相応とは言えないよな・・・・。

バッグを買ってはみたものの、荷物はバッグに入りきらず、結局散歩はそこそこで切り上げてしまう。

まぁ、結構な時間、浅草寺境内ぶらぶらしてたからそこそこ歩けたし、バッグで歩き易かったから家まで歩けたし、良しとしようそうしよう。

帰宅し、少しばかりRickenbackerは1997を弾く。

IMG_9893

やっぱ・・・・恰好良いのよねぇ・・・・美しいフォルムに思うのよねぇ・・・・。

フロントにローカット・コンデンサーをかました事で、フロント、リアのバランスが取り易くなった。バンド復活の暁にはこれがメインに・・・・なのかな?新しいJaguarかな?ま、どっちかだろう。

夜は家人と鍋をつつき暖を取る。

鍋って好きなんだよな、なんだろな、なんか、楽しいんだよな。

実家では水炊き鍋かすき焼きが多く、家人の作る鍋とは全く違うのだが、鍋はどこか幼少期の一家団欒を思い起こさせる。

日曜日。

Naked Guitar Worksに改造を依頼したJaguarで使いたいパーツを思い出し、年末年始用の珈琲豆を入手すべく、北山珈琲店経由で千石電商へ。

北山珈琲店で珈琲豆を買ってみれば、お世話になりましたとサービスで珈琲豆を頂く。

お気遣い頂く事を嬉しく思う。

会話、携帯がNGで、只管珈琲に向き合う、正に「珈琲専門店」なのだが、お店の方は非常に丁寧。他のお客さんが居ない時に、淹れ方について質問したら凄く丁寧に教えて頂いた。何より、お味が納得。

一時、そんなラーメン屋さんもあったかと思うが、あんな威圧感は無い。お店と客の距離感が心地良いお店。

「お客様は神様ですってのは客が言う事じゃない」とは、有吉弘行さんの台詞だったかと思うが、凄く良い台詞に思うと同時に、凄く当たり前にも思う。

そんな台詞が出ちゃうのは、何とも情けない大人が増えたって事なんだろうか・・・・残念である。

秋葉原は恒例の歩行者天国。

IMG_4028

歩行者天国で、この道が銀杏並木なのに気付く。東京は意外と緑が多い街に思う。

千石電商さんで、Jim Dunlopのロックピン、コンデンサーを購入。Jim Dunlopのロックピンは、興味があったトラディショナル・タイプを選択。使った事無かったんでね。

その足でNaked Guitar Worksに行きパーツを渡し、少しばかり談笑して帰宅。

「Jaguarは再来週には仕上がりますよ」とのお言葉。年内に出来上がるとは嬉しい限り。

ドラムのTakayuki君が、2曲程新曲のドラムを録ってくれたので、早々に録音したいのであるが、Jaguar使いたいので年末年始にしようかな、と。

そんな土日で御座いました。

期待してた人と違う人が来たけど素敵な人だった

リーダー

リーダーです。

彼女を抱いた時に、先ず、違和感があった。

いや、抱いた喜びで最初は違和感に気付かなかった、が正しいのかも知れない。

一頻り楽しんだ後、別の彼女を抱いてみて、彼女に違和感を覚え、それは看過できないものと気付いた。

僕の誤解かも知れない、と、違和感を払拭すべく、僕は彼女に名前を聞いた。彼女が答えた名前は僕が知らないものだった。とても似ている名前だったが、僕は知らなかった。

慌てて、僕は彼女の親に電話を掛けた。

彼女の親は答えた「すいません、別の女性を送ってしまいました」。

と言う訳で、僕はネットでポチっとしたJaguarを返品したって訳さ。

いえね、ネット見てましたらね、3.3kg弱と言うJaguarとしては大変軽量な日本製のJaguarがありましてね。

おお、そりゃあ軽い。こりゃあ買わねば、と買って届いて弾いてみれば、全然重くてさ・・・・。

クレーム(と言うか確認か)入れるのもなんだし、このまま弾いちゃおうか、ザグッてしまえば耐え得る重さにもなるか、とも思ったんだけど、
僕がオーダーしたのは日本製Jaguarのスペックが高くないもの、だったんだけど、同じ日本製でもハイ・グレードなものがあり、それが間違って送られたんだったら不味いよな・・・・・・・と思って確認してみれば、誤発送でした、とのお返事(グレードは同じ物だった)&ワタクシが欲しかった軽量なJaguarはもう在庫がない、と・・・・。

何があったのか分からないし、追及しても意味ない事だし、もうこのまま弾いちゃおうか、と思えば、信義的にもそのままって訳には行かないのでご返却下さい、と・・・・。

と言う訳で、彼女は帰って行ったのさ。どうやらJaguarには縁が無い様だねw。

そんなバタバタから始まった2020年の師走。

ふと見てみれば、夏に買った姫百日紅が紅葉している。

IMG_2777

落葉樹の紅葉と落葉を眺めるを、テレワーク中にふと眺めてみれば、成る程、植物と言うのは癒しの存在であるなと納得。

家人が生花を絶やさない所為か、我が家には何かしらの植物があるのだが、眺める時間は殆ど無いにも関わらず、手間がかかるものを態々買って・・・・と思ってもいたが、テレワークの増加で、その有難味を実感している。

テレワークの是々非々は諸々あろうかと思うが、個人的に最も有難いのは「通勤時に不愉快な人に遭遇しない事」である。

起きる時間は出勤時と変わらぬし、ビデオ会議があるから身嗜みも出勤時と変わらぬし、一方でどう考えても通勤に使う時間も仕事が出来る事で残業時間は増えているし、仕事のストレスは相変わらず・・・・、な状況だが、通勤時に不愉快な人に遭遇しないと言うのは、可成りなストレス軽減になっている。

会いたい人に会えぬ苦痛と会いたくない人に遭遇する苦痛は、前者の方が圧倒的に大きいが、ま、悪い事ばかりじゃないだろう。

テレワークで変わった事は幾つもあるが、その一つが昼食で、以前は朝にコンビニで弁当を買い、自席でそれを食すを習慣としていたが、今は近所でお弁当なんぞを買ったりするを常としている。

近所のお弁当と言ってもコンビニではなく、魚屋、精肉店、惣菜店、蕎麦屋、鮨屋、ハンバーガーショップ、パン屋、果ては珈琲店・・・・と選択肢は多岐に渡り、飽きる事はない上に、どの店も可成り廉価で懐具合は出勤時より厳しくない。

元々、食に対する興味が人より無い。興味が無いが故に、食に拘る人を奇異な目で見ても居た。

出勤時には部下にネタにされる程、毎日同じ弁当を食べていたのであるが、食に対する興味が無いので、腹など膨れれば良い、ランチタイムと言う気を休める時間でゆっくり出来れば良いとの考え方だったが、テレワークでそのバリエーションが増えて少し考えを改めた。

個人店のお弁当と言うのは、(店次第であるが)内容が色々と変わって、季節季節の味わいがある。

菜の花のお浸しで春を感じ、鰤の鮨で冬を感じ・・・・と、お弁当と言う世界の様相を楽しむ事が出来るのは楽しい事と気付いた。「君が為 春の野に出て若菜積む 我が衣手に 雪は降りつつ」なんて句を思い出したりもした。

個人店舗のお弁当であるが故、同じ煮付でも時々味が違うのも良い。浸かり具合が浅い糠漬けに家人と笑い合う、なんてのも良い事に思う。

そんな生活であるが、体重が増えてしまったと言う事も無く過ごせているのは、僕の自制心ではなく、夕食の時間も以前程晩くないから、であろう。

夕食後に仕事再開、が、常となり、最初はそれに馴染めず居たが、最近はそれが習慣化しているのだが、それが功を奏しているのだろう。

そんな穏やかな日々。通年のこの時期は会食が多く、ハルシオン・デイズとの言葉が恨めしくもなるのだが、コロナ禍で自粛され、会食は殆ど無い。

そんな土曜日は風の無い雨後に曇りの寒い一日。

散歩には向かぬ日なれど、夕食に鍋をと思い立ち、近所の精肉店で豚肉を、青果店で野菜と茸類を、魚屋で牡蠣を、豆腐屋で豆腐を購入しに出掛ける。

お弁当もそうだが、最近はコンビニ、スーパーにすっかり出掛けなくなり、近所の商店街で買い物をしている。

ものによってはスーパーの方が安いし、ともすれば新鮮なのかも知れないけど、不思議と商店街で買ったものの方が美味しいと感じる。これは多分、気の所為ではない。

青果店では、顔馴染みとなった店主と軽く談笑していれば、老いたご婦人がやって来て買い物。当たり前の様に食べ易い様に野菜を切って、そしてご婦人の家まで荷物を運んでいて、と、なんか良いもの見せて貰った。

序でにと、ちょいと足を延ばし、家人の実家へ日本酒と牛肉、僕の実家に海苔と牛肉、お世話になった人にちょっとした物を贈りお歳暮とする。

なんとなく、年末感がある曇り空の街は、寒いけど心地良かった。

各店舗で商店街の籤引き券を貰うも、なんせ籤で当たった試しも無いので処分に困り、マンションのエレベーター・フロアで一緒になった顔馴染みの母娘に贈呈すれば、娘さんが喜んでくるくると回る。

そうだよなぁ・・・・子供時分って、籤、楽しかったよなぁ・・・・。

「当たるか当たらぬものには麻薬的な興奮と中毒性がある」と、大学時代に先行した一般教養の心理学で学んだが、なんせ当たらぬ、と言う事で、僕には興奮も中毒性も無い。ギャンブルに興じる性格が醸成されぬのも理に通る。

帰宅し、ちょっとギターを持つ。

3a6f1400 (2)

諸々改造を施したこのJaguar、「ショートスケールのJazzmasterを目指す」が裏(?)目標もあって、まぁ、そんな感じの改造を施したのですが、フローティング・トレモロ付きのものも欲しい、けど、Jaguarは重たいしなぁ・・・・と探していて冒頭に繋がる訳だが、返却したJaguarのネック、感じが良かったのよねぇ・・・・。

気に入ったのがネックのシェイプ。Fenderのネックのシェイプにはいくつか種類があり(詳細はこちら)、僕のは「C(正確にはDeep C」で返却したJaguarは「U」と言う形状。

この肉厚なネックが心地良く、且つナットの幅が40㎜と狭いのであるが(僕のは43㎜弱)、それもなんか気持ち良かった。

ネック裏の塗装は、残念ながら苦手なポリエステルだが(手持ちのJaguarは好みのポリウレタン)、さらっとした質感は、以前苦手意識を持ったそれとは違って違和感なかった。

うーん、惜しい事したかな。そのまま買っちゃえば良かったか・・・・な?

日本製Jaguar、最近はモデルによってはブリッジのサドルが「個別弦高調整が出来るMustang風」になっていて興味があるが、そのサドルでは無かった。

と言う訳で、中途半端に触っちまったもんだからFender Japan後の日本製Jaguarに俄然興味が高まり、デジマートをチラチラ見ているも、凡そ3.7㎏~で、好みの重量のギターは皆無。

まぁ、ゆっくり探しましょうか、ね。

取り敢えず困ったのは・・・・

IMG_2788

IMG_2789

勇み足で買っちゃったこれらのパーツ、どうしようか・・・・ね。

日曜日。

土曜日とは打って変わって素晴らしい秋晴れ。いや、12月に秋晴れ?冬晴れ?どっち?

そりゃあ行くでしょって事で散歩に出掛ける。

IMG_2779

IMG_2781

東京と言う街はですね、僕は綺麗な街に思うのですよ。いや、綺麗な場所も沢山ある街と言いましょうかね。歩いてて、飽きないのですよ。

季節や時間でも表情は違うし、それがまたね、面白いのです。

他の街でも同じかとは思うのですが、表情は豊かで、それを見ながらぼんやりと歩くと言うのは、充分に娯楽として成立する。

楽器屋以外はあまり立ち寄らないのだが、本日は下記に立ち寄ろうかと思ったが、コロナ禍って事もあって、冷やかしはやめようと自粛。

IMG_2780

面白そうなお店ばかりだった。鎮静化したら立ち寄りたい。てか、レコファンって秋葉原にあったんだね・・・・知らなかった・・・・。

家人に所望された買い物をした帰り道、近所にできた大変美味しいパン屋さんから良い匂い・・・・。

いかんいかん、中華料理予約してるから・・・・と思うも止められず、食パンとレーズンパンを買ってしまう意志薄弱なワタクシ。

IMG_2783

焼き立ててで、袋を閉じられないと言う状態。不味い筈がない・・・・いや実際美味しいんだけどさ・・・・。

目の前の誘惑に打ち勝つ強さを学ばねば、と50歳にして思うワタクシは、軽量なJaguarを探して今夜もネットを徘徊するのである。

イヴの誘惑

リーダー

リーダーです。

近所にパンとケーキのお店が出来て、テレワーク中にランチに良いかと何気なく買ってみたのだが、その美味しさに驚いた今週。

最初に買ったのはレーズンパンとコーンパンとクマを模したティラミス。

Eno94HhVgAASn1n

五十路のオッサンが食すにはあまりにもOL風な見た目で他人様に見られたら悶絶死間違いないのだが、余りの美味しさに愕然とし、外出していた家人の分も買おうと再度訪れてみれば食パンが焼き立てで迷わず購入。

Ent3eQzUwAA-Fi6

焼き立て故、ビニールには包めず紙にくるまれた食パン。包装紙を開ければ・・・・

Ent3elAVcAEqzKr

湯気立つ食パン。

これが又美味い美味いと止まらず、夫婦二人で食す。バターも何もつけずに食べたのだが、もう、本当に美味しい。

調べてみれば、食に興味が無い僕は知らなかったが、シェ松尾さんと言う高名な方のお店だとかで、平日の夕刻には行列となっていた。遠くから来ている人も散見され、桃李もの言わざれど下自ずから蹊を成すとは此の事なりと思った。

ある一定のレベルをクリアしてくれれば美味しく食べられるワタクシ。
微妙な食材の違いを楽しむ舌なぞ持ち合わせていないが、そんなワタクシでも「!!!」となるものは相当に美味いもので、その一つがこのパンである。

この食パンを更に美味しく頂くにシチューであろうと思い立ち、土曜日のパンの焼き上がり時間に合わせ食パンを買い、更に近所の八百屋さんで具材を、近所の魚屋さんで牡蠣を、近所の精肉店で美味しい肉厚なベーコンを買って来たのである。

義母が入院して、家人がお見舞いに行き夜分に帰宅する事が多かった数年前。帰宅時にお腹空かせてたり時期的に寒く身体が冷えていた事もあり、シチューを作っておいたら喜ばれて以来、時々シチューを作っていた。

お見舞いで家事が出来ない事と食事を作ると言う面倒を掛けた事を詫びられたのだが、
鍋を作るのと然程変わらぬと言うのがワタクシの意見。

母の影響からか、ルウで作るシチューは好みではなく牛乳と小麦粉から作る。

・バターで食材を炒める(野菜→肉の順)
・火を止め小麦粉を余熱で炒める。場合によってはフライパンで別途小麦粉を炒める
・牛乳とコンソメ入れ煮込み、小麦粉を適宜追加
・牡蠣、海老を投入し更に煮込む
・塩胡椒で味付け

これだけ、である。注意点は「兎に角焦げ付かぬ様に慎重に」「小麦粉が玉にならぬ様に慎重に」だけである。

ff4458ed

う~ん・・・・料理写真をアップする人って・・・・凄いよな・・・・よくあんな綺麗な写真に出来るものだ・・・・僕にゃあ出来ん。皿もヒビ入ってるしw。

我が家だけかも知れぬが、シチューにブロッコリーは欠かせぬ。ブロッコリーが煮崩れしてとろみを出す位が好みだが、食事に汁物が欠かせぬ家人は、その粘度の高さからワタクシのシチューを汁物と認識してくれず、合わせてコンソメスープなんぞを飲む不条理。

「料理が出来るアピールでもてたいのか?ああ?」

ハッキリ言おう。ワタクシは、料理は出来る、が、モテない。そもそも、「料理が出来る男がモテる」と言うのは間違いで、「料理が出来るイケメンは更にモテる」だけである。

この事実は、ワタクシのみならず、
AUTUMN in OBLIVIONANTI-HERO SUPERSTARで活躍するギタリスト「issy将軍(彼女無し。好みのタイプは小動物系)」が証明している。





序でに言うと、「楽器が出来る男がモテる」と言う事が都市伝説である事もワタクシとissy将軍(彼女無し。好みのタイプは小動物系)が証明しt(以下略)。

等の話を家人にしてみれば「料理が出来たり楽器が出来たりはアドヴァンテージに思います」との事。

「では何故ワタクシやissy将軍
(彼女無し。好みのタイプは小動物系)はモテぬのか?」と問えば、

「そのアドヴァンテージを無にするに収まらずマイナスにする他の要素があるからでしょ?」

と・・・・。

リーダーは100のダメージを受けた
issy将軍
(彼女無し。好みのタイプは小動物系)は100のダメージを受けた
ビクシーは100のダメージを受けた
ベースの大先生は100のダメージを受けた
Takayuki君はぼーっと見ている

そんなダメージが莫大な11月最後の土曜日は見事な秋晴れ。

いつもの通り、ぶらりぶらりと裏道を行き、末広町から御茶ノ水。

IMG_1888

IMG_1889

秋晴れが心地良いったらない。

男坂下でちょいと良い雰囲気の喫茶店があり、入ろうか迷う。

IMG_1887

迷ったが止めておいたのは、この手の洒落た店と言うのは洒落た人が行くべきである、との思いから。加えて言えば、最近は「雰囲気が良いお店」に以前より更に興味が無くなったってのもある。

そんな訳で、飽きもせず今週も楽器屋街を行く。

今回目を惹かれたのは、

・momoseのJazzmasterタイプ
・momoseのJaguarタイプ
・Gretschのウクレレ

の3本。

特にこれは最後まで迷うもお見送り。



コメントを時々頂くイーライ師が、この色合いの日本製Jazzmasterが気になる、と仰っていたが、ワタクシもこの色合いは凄く好きで、且つ一度は所有したいと思っているmomoseの製品。而も3.5㎏を切る軽量さ。

しかし、しかしだ・・・・。

この港区な感じの高級感はワタクシには絶対似合わなかろうと確信した事に加え、コイツの隣でギターを弾く人間が持つのは「何か違う」と思ったのである。

BlogPaint

同momoseのJaguarタイプは、同社の楽器は軽量なイメージがあり、軽量であれば・・・・と期待するもそこそこ重くお見送りし、Gretschのリゾネーターのウクレレは、やっぱウクレレ買うならプリアンプ付きが良いよねって事でお見送り。

さて、目ぼしいものも無いし散歩再開・・・・と思えば、某店で店員さんが此方を試弾していて・・・・



まぁ、買うわな。

IMG_1892

IMG_1893

ファズっぽくて、ギターシンセっぽくて、シタールっぽくて・・・・
Electro-Harmonixは、今日も正常運転な製品を世に送り出していて嬉しい限り。宅録中の曲、全部これで弾き直そうと思った。因みに、リズムマシンに繋いでも面白かった。尚このペダル、是非sugardropに使って頂きたい。



散歩をぶらぶらし、ああ、久し振りにニコライ堂でも見ようかな、と思えばコロナ対策で見学中止。行ってみて気付いたが、そりゃ、そうだよな。僕の認識が甘過ぎだ。

普段は淡路坂を下って秋葉原に行くのだが、今日は意図的に別の道を歩けば、某場所で気になるもの発見。

IMG_1890

ニュートンの林檎、かぁ・・・・。

ニュートンが林檎が落ちるのを見て引力について考え始めた、と言うのは、嘘っぽい話だが本当の話らしい。それが生家の林檎の落ちるのを見て、なのかは残念ながら知らない。

道草しながら宮地楽器~イケベ楽器リボレ秋葉原店行って・・・・とお決まりのコースを経て、陽だまりの中を散歩してみれば、ああ、良い休日だなって心から思った。

コロナ禍でやりたい事全て出来る訳でもないし、不便さを感じない訳ではない。会いたいと思う人にも会えないし、行きたいと思う場所へも行けない。

それでも、幸せだなーって感じる瞬間は、其処此処にある。

今はそれで良いじゃないか、と思った、霜月最後の土曜日の午後。
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索