四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

作品

Hotel Oregon Banquet(仮)

リーダー

取り敢えず、2曲。



Mix Down Strikes Back

リーダー

リーダーです。

「話聞いてないよね?」と言われ「聞いてるよ!」と切れる人は話聞いてないと確信している皐月最後の日の今日。

先日、某金融機関の方と築地で飲ませて頂きましてね。

僕は出席予定じゃなかったんですが、行く予定だった女性が体調不良との事で代打で出席。

「えー・・・・面倒臭い」等とは露とも思わず(思ってませんよぉ)出席したのですが、会場がね、まぁ昭和な建物。

オッサン率の高さは尋常じゃ無い物があり、思いきり馴染むワタクシ。

宿泊施設のある建物なのですが、宿泊者だけじゃなく市場関係者の方も利用可能な大浴場ありました。

午後4時迄210円で利用出来るんだとか。

「終わるの早っ」と思いましたが、考えてみれば魚市場関係者の朝は早い訳で、その時間終了で充分なんだろうなぁ・・・・宿泊者は兎も角w。

その業界独特のってのは、なんかこう興味を惹かれる。

芸能とファッション関係の業界臭ってのは積極的に避けたいが、1、2次産業の業界の匂いってのは、何か興味を惹かれる僕が居る。

母方の実家が魚市場関係者だったので、朝の競りに時々駆り出された。

小学低学年には少々怖く見える荒っぽさ、競りが終わる時間、まあ就学時間前だが、から飲み始める市場関係者は、好き嫌いは兎も角「大人」って感じがした。

その時のノスタルジアが、
1、2次産業の業界の独特のルールってを惹き付けているのだろうか。

僕の中で「第一次産業系ギター」と勝手に読んでいる物が御座いまして、その代表が、これ。



Daddy Mojoと言うメーカーのCigar Box Guitar。

大恐慌時代に金が無くギター買えない人が葉巻のケースにネック付けて弦張って作ったのが始まりだとか。

その歴史だけで萌えるw。かっけー!



4弦のもあんのか、テナーギター?なんか部屋に家具的に置いておいても良いな。

サマンサ・フィッシュも使っているのか・・・・テレキャス女子(?)かと思ってた。



てか姉ちゃん、パンツ見えんぞ・・・・。

定年後、のんびりと、こんなギター爪弾く生活してぇなぁw。S統括部長、一緒にどうっすか?割とマジですw。


えー、我々フジコ・オーバードライブは、この9月を以て丸10年と相成ります。

で、おおう、ではでは何か記念的な何かやるべそうすっぺーと飲み会では盛り上がるものの、面倒な事は御免で御座ると言うものぐさな性格から、「じゃ、過去のCDから適当に選曲してベスト盤と言う名の産業廃棄物作るか」と相成った事は過去に軽く触れた。

で、過去のCDを嫌々ながら聞き返すと、やっぱこう「もうちょっとなんとかならんのか」との気持ちが止まず、リミックスなんぞに手を出す始末。

ミックスダウンは、何度も何度もやっているのですけれど、どうにもこうにも「あ、これが肝なのね」と掴めない。

最近の流行は、マスタリングと言う名で行われる、圧縮されて持ち上げられた音圧があるサウンドなのでしょうが、それがどうにも馴染めない昭和40年代生まれのワタクシ。

何となく、「低域を削らないと全体が抜けて来ないのね」とか「歌にコンプを掛け過ぎると抑揚が無くなって駄目だなぁ」 「歌だけが浮いてるのは歌と同じ帯域の音が無いからか?」とか、そんなんを未だ学習中。

さて、まぁ時間見付けてボチボチやって行きましょうか。

取り敢えず数曲完成。

10年前の曲と言う名の恥部を晒しましょう。 



えー、「世界エンジン」と言う曲で、最初のフルCD「manufacture」に収録してて、もう8年は演奏していない曲。

なんかねえ、色々と無かった事にしたくなる録音ですがw、まぁ、いっか。

映像が手抜きなのは面倒臭いからですっ。 

んな訳で数曲ミックス終わった訳ですが、今回は「分離と抜けの良い音」を目指してミックスしてます。

で、その趣旨で「成るべく低域はタイトにしよう」っての「左右のバランス」に気を使っている訳ですが、数曲終えた時点である推測が・・・・。

それは、 

「歌が下手なら低域出せ」

で御座います。

いや、専門的な根拠ある訳じゃ無いんですけど・・・・。

歌の上手い下手って、まぁある訳ですけど、魅力的な声って、ダイナミックレンジが広い気がするんですよ(音域、って話では無いです)。

で、 魅力的な声には、低域がある、と思うのです。

今回、洒落&試しでボーカルを歪ませる処置を施したんです。

で、歪ませたサウンドを作って行く中で、あるプリセットが高域と低域を極端に削った物がありましてね。

で、それを試した際、声が無機質になるのは想定していたのですが、音の揺らぎが目立って、「へ?」と。

試行錯誤の中、イコライジングで低域を出したら気にならなりまして、で、上記推測に至ったと。

試したのは1曲だけだったので、この曲だけなのかそうじゃ無いのかは定かじゃないのですが、バンド練習なんかでベースが無い時の違和感と同じ様な感覚を僕は持ちました。

「音外してるなぁ」ってなボーカルにリバーブ掛ける事多い我々ですがw、サウンドをふくよかにするって趣旨は一緒なのかもなぁと。

で、リミックス終わった数曲をやり直し・・・・は、面倒だから絶対やり直さないがw、これから取り掛かる曲はそれを意識してみようかと。

はぁ、ミックス上手くなりたいなぁ。 

Garage

リーダー

リーダーです。

何となく、これ、聞いて書いてます。



知っている人は知っている(そりゃそうだが)、Faraquet。

こう言うの聞きたくなる時が、なんか、ある。

このアルバム聞くと、ドラムはただ単にリズムを刻むだけの楽器では無く「作曲」が必要な楽器なんだなとつくづく思う。

fujico overdriveの前にやっていたバンドで「ちょっとジャズっぽく・・・・」ってドラマーに依頼する事があり、100%自爆してたのですが、なんとなくやりたかったのは、Faraquetみたいな事だったんだなと今更気付く。

You Tube張り付けて思ったが、ユー・チューバーに対する非難って

「あんたの笑顔が気に入らない」

以上でも以下でもない、単なるやっかみとしか思えない意見しか見た記憶が無いのだが如何か。

どうでも良いのだが・・・・。

ただ、こう言う事やっている人は無条件に尊敬する。



映像の作り方も上手だなぁ・・・・。

さって、土曜日であります。

本日は、ちと大事な用事ありけり。

ライブの予定日だったが、僕の都合で延期と相成り、迷惑をかけてしまった。

ま、来年来年・・・・。

来週末、今年最後のバンド練習&忘年会。

忘年会に来て下さった方に、お土産と言う名の押し付けでお渡しします、最新CD「Garage」。

garage
 
ジャケットは今回もビクシ君による。

これからTakayuki君のデザインにより完成と相成る。ジャケとパッケージに関しては老人2名のメンバーは全くの役立たず。

各曲を抜粋した動画(?)。ビクシ君作成。

 

で、この「Garage」ですが・・・・

すいません、僕、自分の曲が凄く嫌いです。

アマチュア・バンドの自作紹介は「何か知らないけど凄く自信満々」な事が多く、その姿勢には「凄いなぁ」としか言い様が無いのですが、自分の駄目さ加減を知っているワタクシ、自信を持って言います。

自分の曲が凄く嫌いです。

大事な事だから2回言いました。

「そんなもん聞かせるな馬鹿野郎!」はい、御尤もで何の反論も致しません。

さて、それでは会社では許されないが私生活では許される言い訳、行ってみましょうか。

なんかですね、「聞き流せるCD」作りたかったんですよ。

なんで、あからさまなサビとか、そう言うの、避けてみようとか、思ったんです。

我々、フジコ・オーバードライブ、作曲者は3人。僕、ベースの大先生、そしてビクシ君。

普段は成るべく明確なサビを設け、あわよくば気に入って頂けたらと言う厭らしい気持ちで作っておりますが、今回は、
ベースの大先生、そしてビクシ君がちょっと僕には作れないよパトラッシュってレベルの良い曲を作って来たので「じゃじゃじゃじゃじゃじゃあ僕はもう片意地張って明確なサビ作らなくて良いよね?ね?」とパラダイム・シフトしたらそれがもう大失敗。

最後の最後で不安になって、やっぱちゃんとサビある曲作ろうと「以前は永遠を信じていたが今は定かじゃない」って曲を作るも時既に遅し。

最近の練習は新曲が中心で、僕の曲は4曲披露、内2曲に取り掛かり、もう1曲未披露の曲があるんだが、「はいちゃんとサビ作りますてかサビ前にブレイク入れたり阿漕な事も致しますサビで英語もやっちゃいますサビが一番高い音使うの当たり前じゃないですか」と言う厭らしい感じで取り組んでおります。

で、自作曲は気に入っていないのに来年のライブでは堂々配布予定(
ベースの大先生、そしてビクシ君の曲は好きだ。特にビクシ君の「コザクラレター」は僕等の曲で一番好きだ)。

なんでしょうこの「凄く要らない福袋」感。

やっかみだけは受けない自信が、俺にはあるっ。 

じゃあ聞くけどお前は臭くないの?

ビクシ



我々はゲームオタクの集団でもなくファイターズファンの集団でもありません。
何と音楽バンドだったのです。何と4人とも楽器弾けます。凄いんです。

・・・まぁクチだけなら何とでも言えるんです。




次のCD『ガレージ』の音源がほぼ出来上がったようなのでダイジェストをUP。
超絶非拡散希望。最後に心の叫びを入れておいたヨ。




しかも自分で自分に高評価いれてやった!!


 




素人臭さが抜けません。
いずれ素人臭さが抜ける時が来るとすれば、それはもう解散の時でしょうなぁ。

ミックスダウンを振り返る

リーダー

リーダーです。

北海道日本ハムファイターズ、お疲れ様で御座いました。

振り返って思うに、「地の利で勝った福岡ソフトバンクホークス」と言う印象も受けましたが、地の利を得たのはパ・リーグ制覇と言う同チームの実力であり、地力に差があるなぁと思う一方・・・・

北海道日本ハムファイターズの今後が大変に楽しみである。

選手育成に定評がある北海道日本ハムファイターズ、稲葉、金子の引退は大変に残念であるが、若手が確実に育っている事を実感出来たクライマックスシリーズでした。

FAで得た選手の活躍に依らないが故、優雅で感傷的なスモール・ベースボールを堪能出来た(まぁ、中田選手の大活躍はスモール・ベースボールとは言えないかもだけどw)。

さて、日本シリーズ。楽しみですな。

稲葉選手と金子選手、お疲れ様でした!胴上げの瞬間、涙を禁じ得ませんでした。

はい、どどんと。

garage

フジコ・オーバードライブの5枚目のCD「Garage」。

漸く、ミックスダウン完了と相成りました。

未だ聞き直すと頭を抱える事御座いますが、まぁ、潮時ですな。

全般的に、ダークなCDになったなぁ・・・・何となく、ガレージバンドっぽい荒々しさが詰まったCDになるだろうなと思っていたのだが、ちと・・・・いや、大分違った。

ミックスダウンで何度も聞いたので、暫く聞きたくないw。

演奏は、粗いです(相変わらず)。歌は、微妙です(相変わらず)。

「演奏技術を向上させずにミックスダウンでの誤魔化し方を向上させた」と自負しておりましたが、分かる人には分かるみたいで、ご指摘内容には首を垂れるばかり。

ミックスダウンでの誤魔化し方が巧みになって来たが故か、演奏の粗さ、サウンドメイクの中途半端さは、中々に思い切っているw。

明らかに外していた演奏の幾つかは録音のし直しをしたが、まぁ、粗いっす。

次回作はもうちょい演奏きちんとやろうな>メンバー諸君。

年内のライブが微妙な状況ですので、配布ライブは来年かもな。年内に一回やりたいけれど、どうかな。

配布ライブ決まったら、こちらのBlogでご報告致します。 

てか、このBlog読んで「聞きたい」と思う方がいたら「そんなに不味い料理なら一口食べてみたい」って心理でしょうか??? 

マスタリング終了し、HPで楽曲アップされたら、少し説明文を書きます。

まぁ、過去に書いた通り、僕等は(少なくても僕は)自画自賛は一切しない説明文になる事請け合い。 

てか、このBlog読んで「聞きたい」と思う方がいたら「そんなに不味い料理なら一口食べてみたい」って心理でしょうか???  

自慰絵

ビクシ



11月の末あたりに飯田橋でライブをやるよう調整中でございます。
お暇な方やそうじゃない方も何とか時間を作れ。いいな?あ?


すみません。適当にどうぞ。




アイテューンズでU2のアルバムが無料でダウンロード出来るキャンペーンをやっている。レビューコメントを見ると「勝手に購入済みにしやっがって不愉快だ!」的なレビュー多数。

いやはや、心の狭い島国の人々ですねぇ。
無料で貰えるんだから良いじゃないですか?

・・・と思ったけど、冷静になって考えてダウンロード対象が某アイドルや某事務所だったら、当方も同じようなコメントをしますよ、きっと。別に嫌いじゃないけど確実に購入履歴の中には必要無い。「無料」はOKだけどクリックしてないのに「購入済」は受け入れ難いのは何となく理解出来た。





で、今回キャンペーンのU2のアルバム「Songs of Innocence」。

すっげぇ良いのっ!!

洋楽オンチの当方でもいきなりヘビーローテーションでフォーチューンクッキーですよ。
U2ってこんなに格好良かったんですね。これは貰っておかないと損ですわ。





時に我々も
8枚目(!)のアルバムCDを作成中。

ライブ時に配布する予定。
まだ仮絵ですがジャケットはこんな具合を予定してます。題目はガレージ。
garage

ついでにボツ案だ。
名称未設定-1

ちょっと色々パクリ過ぎたのでこっちはすぐボツに。

ボツ案2。これに至っては仕方無い。
意外とキャッチーだと思うが、美意識主張を過剰に避けるにも程がある。
メイドインフジコ_edited-1



イラストレーターで作成しましたがね。これが中々衝撃的に難しくて。上手く動けないというかベジェ曲線が無理ゲーというか。絵を描く次元とは別次元で、こんなのを手足のように扱うプロの人はやっぱり凄い。

とても下手糞が小手先で扱えるようなモノでは無い事を痛感。









肝心の中身の音源の方はですね・・・。まぁ自分達は良いと思ってますよ?
既に客観的評価基準はリピートで聴き過ぎてスッ飛んでますけどね。

fujico overdrive in movie maker

リーダー

ムービー一覧一応作成。

 










ミュージック

リーダー

リーダーです。

最近、デブ汗とは別の汗が出る。

これは・・・・「加齢汗」であろうか、いや、そんなものがあるのか知らぬが、「去年とは汗の質が違っている」夏色のナンシー。

ま、そんな訳で暑中お見舞い申し上げます。

昨日、練習から帰宅すると、TVで三平のラーメンが映ってましてね。

懐かしさがこみ上げる・・・・あゝ、食べたい。

8月末から9月にかけて帰省するが、食べに行こうかと思う。

でもあそこ、凄い混んでるんだよなぁ・・・・。

ボブ・グリーンのエッセイに「食事の為に旅するべからず」みたいな事、書いてましてね。

まぁ僕は全面的に支持する訳ですよ。

1時間待ったら凄く美味しい物が食べれる、としても、待たない。お腹が減っているのならコンビニのおにぎりで十分満足出来る。30分待つのに超人的な努力を要する。

流石に、家人と一緒だとそう言う訳にもいかないが、「待って美味しい物を食べる神経」は僕の神経には無い模様。

加えて、僕は貧しい舌の持ち主らしく、安い食品を嬉々として食すらしい(家人談)ので、「待って食べたものを褒め称える」局面に立ち会う事が、先ず、無い。

母の名誉の為に言っておくが、母は可也料理が上手である。これは身内贔屓ではなく、高校時代の友人他、複数の第三者が認める所である。料理の上手い下手は、「手持ちにある食材と調味料で如何に美味しく作れるか」を判断基準とする僕であり、その前提で書いている事を承知して欲しい。レシピ通りに食材を集め、レシピ通りに作る事を「料理上手」と言わないに同意である。

そんな母であるが、所謂「化学調味料」が大嫌いで、それを使う事を未だにしない(子供の頃は、鰹節削り、煮干しの頭と腸取りが僕の仕事であった)。同時に、その様な食材を使っていると母が認定した食べ物、主にお菓子であるが、を子供達に食べさせはしなかった。

で、現在の僕は、化学調味料大好きである。

これは、家人の料理が云々ではなく、上京して一人暮らしを始めてから身に付いた嗜好である。

化学調味料の目覚めが18歳であったが故、どうも「安っぽい味」に惹かれる俺が居る。鎧塚のチョコレートより森永のチョコボール。

我々、フジコ・オーバードライブのリード・ギタリスト、エクソビクス君は、大好きな食材か否かの判断基準に「バケツ一杯食べれるか」を設けてるが、「日清製粉唐揚げ粉」はバケツ一杯食べれると言っており、僕もそれに同意する者である。

おっと、なんでこんな話になったんだっけ?まぁいいや。

はい、ムービー第三弾「ミュージック」で御座います。

 

 さて、我々は過去4枚のCD、1枚の企画版、1枚のミニアルバムを制作しており、3枚名は「Dynamo」でありますが、ライブスケジュールの関係で録音の時間が短かった上に、花粉症の時期に歌入れしちゃったもんだからさぁ大変。

20100725144902641


20100725144901854
 
んな訳で、「ミックスをもう一度しようか」「あ、それならせめて鼻声なんとかしねぇ?」と相成って出来上がったのが「(Dynamo)Reloaded」。

Weblioさんで「Reloaded」の意味を調べると・・・

reloaded

**
再負荷する

うん、正に(・∀・)。 

で、再録音&再ミックスした
「(Dynamo)Reloaded」から「ミュージック」のムービーを作成した次第。

スピード感ある曲の方が作り易いなぁ。

未だにライブではやる機会が多い曲だが、この曲、当初は前半・・・・2:14の辺りまでしか作っていなかった。

ロックなギターのリフを繰り返すのみ、ってな、CDの中のアクセント的な曲にしようかと思っていたが、「後半をちゃんと作る様に」と、まさかの上から目線でメンバーに追い詰められ、後半を足した、と言うか、別の曲から持って来て、「後半への繋ぎは貴様らが考えやがれ」と一任した。

うん、バンドのアレンジは「積極的に口を出す」のと「一切合財お任せする」を交互にやるのが正しい。「メンバー全員でアレンジを・・・・」は大概嘘である。必ず主導的な奴がいるもんだ。で、大概同じ匂いを発するアレンジに収まるもんだw。 

で、任せてみたら思いの外格好良くなっちゃって、「やばいやばい、俺の立場が無くなる」と以降はなるべく
「一切合財お任せする」迄振り切らない様にした。「アイツ、いらなくねぇ?」とか言われたら泣いちゃう。

そんな訳で、歌メロと前半のギター・リフ以外はメンバーに一任して纏めて貰った曲。せっかちな僕には付いて行けない位時間を掛けた・・・・筈w

自分が主導してアレンジが纏まらない時は、元凶は間違いなく自分であって、そんな時は一歩引いて周囲に任せるに限ると結構真面目に思っている。

コンビニのおにぎりばかり食べている訳にはいかないんだろうな、やっぱw。 

ミコトノリ

  リーダー

ども、リーダーでやんす。

 


はい、もう一発作成。

ライブでなにやろうか、との話になった際、思い出した様に出てくるのが、この曲。2枚目のCD収録。

ビクシ君>
やっぱ端が切れる。どうやって直すのか教えてくれるかい?

※「動画のサイズ」を480×360にしないと横が切れるでやんす。
しかし何故にこの曲を・・・。
(ビクス)


で、この曲、久々に聞き直してみた(数年聞いてなかったな)。

殆どアレンジの煮詰め作業せずに録音したので、結構ボロボロ。

ミックスもバランス悪いね、ボーカルが後ろに行き過ぎだわな、ま、思い切り外してるしいっかw。

イコライザーで修正・・・は、しませんよ、面倒だもん。

その時にOKだったものは、触るべきではない(と言う言い訳)。

まぁ、この曲は「ボーカル出来る限り小さくしてくれ」とミックス担当(当時)のTakayuki君にお願いした記憶がある。

イントロと、最後の歌メロは好きだ。歌詞の意味は自分で作ったのに本当に分からない。「球根と化すア・バオア・クー」ってのは、当時Takayuki君に借りたガンダムに嵌っていたからだろうなw。 そうそう、ガンダム見ながら前半は作ったんだ。後半は北海道に帰省中に作ったんだわ。強引に繋げたんだ思い出したw。

・・・・当時からやっつけ仕事しまくりだったんですな、反省はしませんが。

この曲を選んだ理由は、上記の通り、アレンジを然程煮詰めなかった割には時々ライブでやる?ってな話が出るんで、露悪的な意味でw。

ライブでは多分やらないでしょう。イントロのリフ、どう弾いたか記憶にないが、なんのエフェクター使ったかは覚えている。BOSSのDC-2を電池略切れで弾くと、ああ言う音が出る。勿論長時間の維持は不可能w。

「世界の午後」のムービーは、制作後半飽きて来てたがw、今回はオペレーションに慣れて来た所為か1時間でサクサクッと作れたので・・・・やっぱり後半は明らかに飽きてます、相変わらずw。

やってみて思いますが、自作した物って、作り終えると全く愛でる事が出来ない、と言うか、興味を無くす。

「前向きな人間」と言う訳ではない。アイツとアイツとアイツとアイツへの恨みは数年経った今でも忘れぬ(おい)。

流石に静止画像で2本作るとネタも無いな。写真の在庫も尽きた感がある。

加えて、フォトジェニックと対極にある我々の写真を見続けて流石にウンザリしてきた。なんだろう、一生懸命ギターを弾いていると思しき自分の姿にイラッとするw。

趣味だからこそ楽しく出来る音楽活動に於いて、「作品の制作」と言う作業はやはり苦痛を伴う。

「これ、上手く行ったなあ!」ってな感動は、中々得られるものじゃない。

ムービーでそんな感動を得られる事、あるのかな、てか、そこまで継続する気は無いのだがw。 

GretschのCountry ClassicⅡを弾いてる写真が多いなぁ。GibsonのES-325、ES-330、EpiphoneのCasino、なんかも弾いていたんだなぁ。

なんかGretsch見たらGretsch弾きたくなって来たw。 

世界の午後

  リーダー

はい、リーダーです。

TVでタレントの方、多くは芸人の方ですが、がね、時々「スタッフさん」って呼び方をTVスタッフにするじゃないですか。

あれ、何とか成らないのかと思うんですよ。

なんでしょうね、そう言う方って、スタッフに阿る感じがして、凄く嫌なんですよ。

「TVの客は視聴者」との視点に立つと、会社で言えば他社との打ち合わせで己の会社の人間に「~さん」と言う様な感じがして、何か凄く違和感がある。

僕ですか?お客様の前では上司を勿論呼び捨て、若干悪意を込めて・・・・嘘です。

フジコのお客様ですか?そりゃあライブに来て下さる貴方ですよぉ・・・・へっへっへ。

ビクシ君に触発され、作ってみました。

 

こちらから見た方がベターかも。 なんか、画面右側切れる・・・・何故だ?iPhoneだと綺麗に見れた。
※修正しておきました(ビクシー)。


暫くしたら削除予定ですw。

作ってて、何かに似ているなぁ・・・・と思って気付いた。地方に良くある、静止画像CM。

大都市圏の方は知らないかもですが、地方CMにね、静止画像にナレーションのみってのがあるんですよw。

ソフトはフリーソフト(かな?)のムービーメーカー。

画像は、ビクシ君の絵とか、過去ライブに足繁く来てくれた方とか、から頂戴しました。

ビクシ君の BEATのムービー見て、漫画が面白過ぎて音楽に集中出来ないって感じがしたので(ベースの大先生も同じ事書いてたんだっけ?)、その辺を意識してみた。

多分だけど、画像の切り替えを、歌とか演奏にシンクロさせるないと、画像に気が取られ過ぎるんだと思う。

五感ってあるじゃないですか、あれね、聴覚より視覚の方が、強いと聞いた事がありましてね。

つまりは、視覚的刺激って、それが強いと聴覚に意識が回らないって事かと。

まぁ、やっつけ仕事ですし、突っ込み所満載ですので、優しい目で見てやって下さい。

ただね、絶対にね、「こんな風にしたくない」ってのはありましてね、それが「中途半端にプロっぽいムービーにする」って事でした。

なんかね、プロに寄せた素人って、物凄く格好悪いと思うんですよ。

それなら、素人ならではのね、安いソフトと素材で、ゲリラ的な感じの出した方が良いと思うのですよ。

それでいて、 センス駆使して格好良かったら凄く格好良いじゃない。

まぁ、我々の場合、容姿と言う名の素材と、センスは無い訳で、格好良くなぞ出来ないんだけれどさw。

あ、そんなセンスあったらそれを生業に出来るのか、そっか・・・・合点。

ある意味これもゲリラと言えるが・・・w。



ベースの大先生が、下のBlogでサエキケンゾウ先生等の事を熱く語っておられるが、なんでしょね、好き勝手さが輝いているインディーズ、って、楽しいんだけれど、「売れ線なんだけど売れないからインディーズでやってる」ってのは、個人的に愛でれないんですよ。

こう言うのは、好きだ。



植物男子、田口トモロヲ先生率いるばちかぶり。懐かしいなぁ・・・・レコード持ってたっけ。

それならいっそ、ど素人なんだけどクルーザー貸切でプロモ作るとか、意味無くニュー・ヨークでロケやるとか、そう言う馬鹿馬鹿しさあった方が楽しいと思うんですがどうでしょう(絶対やれないけどw)。

お金掛っていなくて、センスだけで格好良いってのは、これに尽きると思います。



 
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ビクシー避難所