四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

バンド練習

第317回練習便り

リーダー

リーダーです。

一応告知。

fujico_flyer2018_2

はい、以上。

なんとなく、Stratocasterが弾きたくなって手にしてみれば、弦の劣化が気になり交換した先日。

securedownload

RickenbackerだのGretschだのと比較して、Stratocasterは弦交換が楽ねぇ・・・・。

弦交換の楽さ含め、ソリッド・ギターの取り回しの良さはやっぱり魅力。「手軽さ」って大きなアドバンテージよね。

サウンドにしても音作りが楽だしぃ、なんでぇ、360C63とかぁ、面倒臭いギター使ってんのか分かんなぃって感じぃ。

・・・・でもマジでなんでStratocaster使わないのでしょ?と心から思うわ。「拘り」ってもんが無ければ色々と生き易い気がする今日この頃ですハウアーユー?

さて、技クラフトシリーズからDC-2wが10/19に発売される訳だよ。



SDD320では出来たがDC-2では出来なかったボタン2つ押しが出来るのかなこれ。

技クラフトシリーズでコーラスはCE-2wに続き2つ目。

CE-2wは暫く使った結果「良いんだけどCE-2で良いや」となったのでした。

理由は「CE-2wには(CE-2にある)ふくよかさが足りぬ」だったんですが、DC-2wはその辺どうなのか・・・・と動画を見やれば、モード切替では合格な感じ。うん、これは買いでしょう。

発売当日は売り切れだろうなぁ・・・・予約しようかなぁ・・・・。

等と良からぬ事を考えた雨の金曜日。

ビクシ君が歌舞伎ブギウギしながらゴールデン街で呑んでる最中に帰宅し、ライブの曲の練習をするワタクシ。

今週はなにかとバタバタで疲労感があり、ギター弾きながらマジ寝しそうになる。

やべえやべえとお風呂に入り、仮想空間(?)でお付き合いがあるissy将軍のバンドAnti-Hero Superstarのライブチケットを予約しようとPCに向かい、あ、ライブ当日夜にミーティングあるなと思い出し、行けたら当日チケットだなと思った所までは記憶にあるのだが目が覚めたらベッドの中だった。なんか家人が大阪なおみちゃんの物真似をしていたのはぼんやり覚えているのだが・・・・凄く似てなかった様な・・・・。

土曜日。

「5億円上げるかわりに死ぬまで髪型は金正恩」と言う謎の選択に迫られる夢を見て目が覚める。受けたかどうかは記憶にない。散髪に行きたいとの思いが募りそんな夢を見させたのだろうか。

「練習前に散髪に行く」と家人に言えば、荷物が届いてからにしやがれと返される。「え、いや、貴方が受け取れば・・・・」との提案は空に消え、止む無くギターを弾く。

そんな訳で不安があったり前回間違えたなって曲を練習しようと思ったら全曲だった。・・・・深く考えない様にしよう。

ライブが近いって事で歌詞をちゃんと覚えなきゃ、と思うも覚えられないったらない。特にこの曲が駄目だ。



歌詞の意味が分からな過ぎて覚えられないったらない。この世には「歌詞をちゃんと聞く」と言うけったいな人種がいるらしいが、うん、この歌詞は聞く必要が無いと断言する。作った本人が言ってるんだから間違いない。

台風の影響か、やけに暑い陽気の中ぶらりぶらりと練習場所に向かう。

電車が空いていて座れたのだが、後から乗って来て横に座ったお姉さんがスマホでゲームやってて肘が当たって痛い。

嫌になって席を立てば何故か睨まれる・・・・どう言う御積りなのか考えてしまう。お姉さんの正解は「肘が当たって痛くても我慢して座り続けろ」だったのだろうか・・・・?

時々「兎に角自分を不愉快にさせる奴は全部敵」的なアティチュードをお持ちの方に接してウンザリするが、その手のお方だったと思料。多分彼女の口癖は「でも、それってXXですよね?」だと思う。
「兎に角自分を不愉快にさせる奴は全部敵」的なアティチュードをお持ちの方はすべからずその様なお発言をされるとは経験則から。

楽器屋さんに2件ほど立ち寄る。赤のOCDはちょっと欲しかったが我慢の子。次の資本投下はDC-2wである。

練習は粛々と・・・・でもなかった。

BlogPaint

・ビクシーが「20世紀殺し(曲名です)」をやろうとか言いだした
・ビクシーが「Fさん(ビクシーのご学友)が新曲よりも昔の曲聴きたいと言ってた」との情報をインプット。新曲の割合が多い予定だったが急遽過去の曲を練習した
・エフェクターの1つの調子が甚だ悪かった(後述します)
・なんかBPMが遅い曲が幾つかあった

ライブまで練習は残す所一回・・・・どうなる、フジコ・オーバードライブ?(いつもと同じくグタグタなライブになるに100カノッサ)。

練習後、飲み会。

ビクシ君「会社に縁故入社の人が居る訳ですわ」

リーダー「ほう・・・・?まぁ、いるわな」

ビクシ君「まぁ、面倒な感じの人な訳ですよ」

ベースの大先生「ま、その手の人ってそんなもんじゃね?」

ビクシ君「なんかねぇ、仕事頑張ってもですよ、その人の為に頑張ってるのかと思うとねぇ・・・・」

Takayuki君「ああ、何と無く分かるわ。大塚家具の娘みたいな感じ?」

ビクシ君「あ、それだったら全然OKですわ」

リーダー「・・・・なんで?」

ビクシ君「滅茶苦茶タイプなんですわ」

リーダー「・・・・え?」

ベースの大先生「・・・・えっ?」

Takayuki君「・・・・ええっ?」

本日のギター。

f654269f

はい、Rickenbackerは360C63です。ライブはこれで行きます行かせます。

足元はと言うとこんな感じでした。

IMG_5851

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

six band eq(MXR)~イコライザー

CE-2(BOSS)~コーラス

carbon copy bright(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター


さて、どうしよう・・・・。

どうしようと言うとNGだった様に聞こえるかもですが寧ろ逆で凄く良かったのですわ。

基本設定は100~200Hzをちょいカット、400~800Hzをちょいブーストって具合。中域を前に出す設定に御座います。

歪みペダルのDynamic Driverは、低域を少しスポイルするものの、基本全帯域にじゅわっと歪ませてくれるのですが、その「音圧ある歪み」は「抜け」では今一で、音抜けをイコライザーで補正した感じ。少し鼻詰まりな感じでTSっぽいニュアンスを演出する感じとも言えます。

これがねぇ、凄くねぇ、良い訳。

最後段のmicro ampは全帯域をブーストする訳で、それを欲するケースもありますが、「出て来て欲しい帯域のみ持ち上げる」って凄く使い易い。「欲しい所だけ持ち上げ抜けを出し音量と音質は余り変えない」って本当に使い易い。イコライザーって滅茶苦茶使い勝手が良いのに何故使う人が多くないんだろ・・・・。

しかし問題もあった。

要のDynamic Driver、なんか接触不良だったんですよね・・・・。

「ライブ間近なのに此処に来てかいっ」とガックリ。

リーダーは選択を迫られた。

・Dynamic Driverを修理する⇒するけどライブまでに治るのか?
・諦めて手持ちのエフェクターで対応する
・明日楽器屋に行く

さて、どないしましょかね・・・・まぁ取り敢えず明日は楽器屋行きますけどね。

第316回練習便りと連休模様

リーダー

リーダーです。

シルバーウイーク後半戦と相成りました。

では、金曜日から話を始めましょう。

家人より早く帰宅出来た俺は晩御飯を作成。と言っても大したものではない。

家事の中では料理は好きなジャンルであり、後片付けも苦と思う事は無い。因みに掃除も好きな方だが、色々と気になりだして止まらなくなるので向き不向きで言えば不向きな方。

洗濯はなんか駄目だ。理由は多分「手持無沙汰な待ち時間」。

短気な性格であるので、一気通貫で終わらないってのがなんとも嫌なのである。

そんな訳で久々の料理はなんとも楽しく作れた。

僕は出汁好きであるが家人も出汁好き。故に出汁濃い目で味付けをする事が多い。

沖縄の人が長寿なのは出汁での味付けが濃く塩分が控え目だからとどこぞで聞いたが、沖縄の料理は口に合わなかったのが不思議。

料理すると不思議とお腹が減らない。味見してるからってのもあるんだろうが、作っていると味に飽きるんじゃないかと思う。不思議と食べたくなくなる。食事を美味しく頂くエッセンスには「作らない」ってのもある様に思う。

晩御飯後、翌日のバンド練習の事前練習。

自分には甘い我々であるが、流石に人様にお時間を頂いて来て頂く訳で、少しばかり己に甘いのは封印せねば、と思うも、如何せんポンコツ・バンドなので、我々の100点は他のバンドの赤点だったりするのだが・・・・。

「って普段はどんなんなんだ?いくらなんでもそこまで・・・・」と思う貴方に一つのガイドラインを。



うん、初手からギターを間違え、挙句途中で放り出す・・・・素晴らし過ぎる。人間かくあるべき。

ライブお越しの皆様におかれましては、上記動画をたっぷりご覧の上お越し下さい。因みに彼等は、地元では「マンチェスターの神」と呼ばれ、世界的に人気のあるバンドである事も付け加えておく。

土曜日。

相変わらず休日でも早く目が覚める。

グタグタとベッドで過ごす事が出来ないワタクシは、本日も家人を寝室に置き去り。

数日前より「ライブに備えてパワーサプライ買っておこうか」と思い始めたワタクシ。

エフェクターは電池派ですが、ライブでのバックアップ、家で弾く時用にあっても良いかなと。

Naked Guitar Worksで一番歓迎されている客と専ら評判のスメアゴル師範代がこのパワーサプライを好評価されていたなぁと思い出し、Naked Guitar Worksで一番歓迎されていないと専ら評判のワタクシもチェック。うん、小型で使い易そうだ。良さ気じゃないか。

中野のヒズミ屋さんで売っているらしいので、連休で時間が合えば行ってみるか・・・・とか良からぬ事を考える。

何が良からぬって、決してこの萌えデザインが良からぬ訳ではなく、ヒズミ屋さんに行ってこれだけ買って済む筈が無い事を知っているからである。

そんな逡巡をしながら雨上がりの街に出る。

半袖で出るには肌寒く、長袖と言うにはちと暑い感じの天気。こんな天気は嫌いじゃない。

楽器屋には2件ほど立ち寄るも何も買わず。最近これが欲しい。



バンドで使うと言うより、家でちょいとギターを弾く時に気楽に使えそうだな、と。

積極的に買う心算は無いが、中古であれば買っちゃうかも。

と言う訳でバンド練習・・・・の前に事件発生。

IMG_5792

ビクシ君と洋服が被る・・・・。全く一緒って訳じゃないんだが、白黒のギンガムチェックが被る。なんだろう、この不快感・・・・。

それだけならまだしも、だ。

IMG_5793

・・・・。なんでしょうね、この新手のホモ集団。男四人でカップル二組成立的な?

ライブでは、ビクシ君は紫の全身タイツで登場する事が約束されているので万が一にも被る事はないのだが、リズム感は被らないけど洋服は被りがち。

そんな不快感を引き摺りつつ、練習開始。

BlogPaint
(上着を脱いで新手のホモ集団色が薄くなったフジコ・オーバードライブの皆さん)

ライブ披露予定曲を2回通しで練習。前回よりはマシになった感がある。

曲順の他、ボーカル&コーラスをする者、BPMを書いたものをメンバーに渡せば、ビクシ君が盛んに「俺が歌う割合が多過ぎじゃないですか?」と何とも喧しい。

ビクシ「いやね、以前はリーダー6、大先生2、俺が1ってのがボーカル負担の割合だったじゃないですか?」

リーダー「そうだっけ?てかそれ以前に残りの1はどこ行った?」

ビクシ「それがね、今回はリーダー5、大先生が2、俺も2って割合になってません?」

リーダー「そうだっけ?だから残りの1はどこ行ったんだっての!」

そんな会話をしつつも、今更曲目換えられる筈もなく、粛々と練習をするのみ。

練習後飲み会。

本日はビクシ君のご学友のエレガ嬢をお招きしての飲み会。

近況報告なんぞをして4時間程ご一緒させて頂く。話題は「ビクシ君に相応しいお相手はどんな人か」。

彼はなんか「癖が強い人を選ぶ」様な気がしているワタクシだが、女性とエフェクターの過度な癖は手に余る事を実践しているワタクシでもあるので、「精々Tube Screamer程度の癖に留めておけ」と指南するもスルーされる。

リーダー「我々が日本のバンドで良かったと思うんだ。これでアメリカのバンドだったら大変だったな」

大先生「ん?なんでよ?」

リーダー「銃社会アメリカのバンドだったら、メンバー同士の撃ち合いでメンバー半分にはなってるぞ」

大先生「ふむ・・・・成る程。否定出来ない」

ビクシ「アメリカのバンドだったら、大先生は右側からの入射角度で撃たれてますよね」

大先生「犯人アイツだろうからな、立ち位置的にそうなるな」

ビクシ「で、僕は入射角度が左側、Takayukiさんは振り向き様だから正面って事ですわ」

リーダー「その推察は間違いないな」

ビクシ「で、リーダーは右と左と後頭部・・・・」

リーダー「なんで俺だけ全員から撃たれてんだよ?」

ビクシ「旦那、客席からって事もありますぜ?」

リーダー「その確度が一番高いのがなんとも嫌だ」

大先生「ところで、消費税8%さんって結局メンバー何人になったの?」

リーダー「9人らしいよ。因みにBook Band 8%な」

Takayuki君「9人?・・・・あのステージに?大丈夫なんですか消費税8%さん」

リーダー「・・・・さぁ?
因みにBook Band 8%な

ビクシ「ライブ終わる頃には消費税8%さんのメンバー少なくなってんじゃないすか?落っこちて」

大先生「やばいな・・・・消費税8%さんにそんな面白い事されたらこっち出る幕ないぞ?


リーダー「
因みにBook Band 8%な。てか、突っ込むの面倒だからそのボケもう無しな?それは兎も角人が居なくなるネタは不味いわ。今回のMCそれで推そうと思ってんのに

ビクシ「・・・・ヤメロ」

リーダー「あ、ライブのタイトルさ、副題に”そして誰かが居なくなった”って付けて良い?」

ビクシ「だからヤメロ」

リーダー「Book Band 8%のメンバーの誰が最初に落っこちるか、オッズ組むか?」

大先生「俺、向かって左手のコーラス女性に100カノッサ。ライブ会場間違えると言うファンタジスタが落っこちない訳がない」

ビクシ「想像だけでマンガ書けそうですわ」

Takayuki君「てか、ドラマーって倍率付くんですかね?」

リーダー「フジコ・オーバードライブだったら1倍だな」

Takayuki君「あんたホント撃つぞ?」

本日のギター。

IMG_5524

久々登場Rickenbacker360C63。メンバー全員が写った写真でお分かりの通り、相変わらず全く似合わないのだが、ライブではこれかな、と持ち出した。

久々にバンドで試したけれど、やっぱ良いです&好きですこのギター。

セミアコとは思えない薄くてフラットなボディは久々に使えばなんとも新鮮で、細めのミディアム・ネックはやっぱり弾き易い。

箱鳴り感が無く、アタック音が強く短いサスティンのそのサウンドも、アンサンブルをスッキリとさせて良い感じである。

うん、なんだかんだ言ってやっぱり好きだわこのギター。ライブはこれで行こう。ライブ終わったらフレット交換検討しよう。

足元は・・・・

IMG_5787

Soul Driven(Xotic)~ゲイン・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-2(BOSS)~コーラス

Carbon Copy Bright(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

こちの予定から
GermasterをSoul Drivenに早速変更。うん、移り身が早くて自分でも呆れます。

家で練習する際、PCからミキシング用のモニターを通して音楽を流し、ギターをちっこいアンプに繋いで音を出す事が多いのですが(音源とギターは別じゃないとバランス取り難いのです)、目に付いたペダルを適当に接続してギターを弾く事がまゝ御座います。

先日、その適当な組み合わせでDynamic Driverをでゲイン・ブーストしたらなんとも気持ち良くて、「これは一度バンドで試してみよう!」と持ち出してみた次第。

Dynamic Driverって、低域をちょいとスポイルするけど略全帯域を歪ませるペダルで、前段に繋ぐゲイン・ブースターの癖も素直に出す。

Soul DrivenのMid Boostをフルにして(こう書くと中域がブーストされる様なイメージですが、Soul Drivenの「Mid Boost」は上げるに連れハイミッドを出す感じです)ゲイン・ブーストすると、ハイミッドが持ち上がりリフなんぞ弾く時に良い感じで音が抜けて来る。分離が良いTube Screamerみたいな感じ。

エフェクターは、合わせるギターやアンプのみならず、併用するエフェクターとの相性で印象が変わる事が結構ある。それに気付いてから使わなくても売るのに躊躇する様になった。売るのは仕様が好みじゃない場合、例えばスイッチが固くて使い難い、とか、が多い。

Dynamic DriverをSoul Drivenでブーストしたら大変気持ち良かった訳で、家では他のペダルはどうだろうと彼是試したのですが、FFM6Sweet Honey Overdrive DXも良かった。

どちらもどこかローファイな感じで、ライブ迄もう少し時間があればバンドで試したかった。

そんな訳で、ライブも多分この足元で行く・・・・と思いますが、なんせ浮気性なワタクシの事。未定と言っておきますw。いや、もしかしたらSoul Drivenじゃあなくて、MXRのイコライザー使うかもだけど・・・・。

ライブと言えば、Sheep FactoryのAKIさんに勧められ、過去2本ストラップを買っているNAZCA LEATHERさんにストラップをもう1本オーダーしてみた。練習で以前購入した黒のストラップを使ったけど好印象だったので、色合いが合うブラウンが欲しくなった次第。

NAZCA LEATHERさんのストラップは非常に特徴的な要素が幾つかあり、その一つに「肩で滑らない」ってのがある。

セミアコを弾く際、ギターの位置が変わって欲しくないワタクシにはこの特徴が非常に有り難く、GretschはG6120DC用、Archtop TributeはAT130用に2本所有しているが、360C63用は無いなって事でオーダー。

メールで大変丁寧にご教授頂いて革やデザインを決定。バケッタのブラウンがあったら、欲しかったなぁ・・・・。

日曜日。

太陽が秋分点を超えたこの日。

僕は先述の通り中野のヒズミ屋さんにパワーサプライを買いに行こうと思い立っていた、が、家人が「肉食べたい。肉ぅー肉ぅーお肉ぅー。偶には足で踏むものじゃなくて食うものに金使えー。あほー。でぶー」と喧しい。

家人と言えば、先の帰省の際に欲しい物(北海道の海産物とかね)は無いかと電話をすれば「ほんだしとバスマジックリンが切れたから買って来て」と言った剛の者。10日ぶりに亭主と会うのにそんな台詞をスッと吐ける強者(「兵」と書くべきか?)相手には、黙って付き合う以外の解決法は見当たらない。因みにワタクシは、焼肉に全く食指が動かない事も付け加えておこう。と言うか、食全体に然程興味がある方でも無い。

止む無く家人が好む焼肉屋さんを予約し、ではそこで待ち合わせ・・・・と思うも、諸事情でなんとも時間が中途半端で中野行きを断念。ちくせう。ま、ネットでオーダー出来たから良いけどさ。

中途半端に時間が空いたワタクシは、イコライザーとじっくりと向き合ってみようと思い立つ。

IMG_5794

はい、
M109S Six Band Graphic EQで御座います。

「音抜けだ何だはグライコで良いんじゃない?」と購入し、一時期使っていたのだけれど、トレブル・ブースターにある「カリカリとした歪み」はイコライザーでは演出出来ず、使わないでいた。

今回持ち出したのは、Soul Drivenを「ハイミッド・ブースター」として使ったら心地良かったので、であればイコライザーでも良いんじゃね?との趣旨。うん、確かイーライ師か通りすがりの立ち止まりさんにもその旨指南されていたが今までちゃんと取り組んでいなかったのは、人の話を聞かない性格故だ。反省はしている。

このイコライザー、トゥルー・バイパスだったりノイズ・リダクションが付いてたりとお安い割に優秀。デザインも好きだ。デザインだけで言えば初期の青い筐体の物が一番好きだけど、ON-OFF出来ないからなぁ・・・・。



で、色々弄ってみましたが、うん、次回練習はこれ試します。

歪みペダル(Dynamic Driver)の後段に繋ぐなら100Hzをちいと削り、400Hzはほんのちょいと、800Hzを+8db程ブーストすると良い感じだった。この設定は音量が上がる感じ。

歪みペダルの前段に繋ぐなら、100Hzを大胆に、200Hzはほんのちょい削った方が併用に際して音が飽和し過ぎずで良い感じだった。この設定は音量は上がらないが音抜けが良くなる感じ。

歪みペダルの前後、どちらを選択するかは次回練習で試してみて決めよう。多分後段に繋ぐと思う。その方がクリーンでも良い感じだったから。

イコライザー試して、僕が好きなギター・サウンドの肝って400~800Hzなのかな、とやっぱり思った。低域弾くにしても、100~200Hzをブーストするより、400~800Hzをブーストして低域弾いた時のサウンドの方が好みだったりする。

不満って程じゃないんだけれど、ブースト、カット共に18dbも要らないんじゃないかなとは思った。寧ろ10db程度にしてくれた方が細かい設定出来そうな気がするんだけれど・・・・。

因みに、
805eb38f

改造しまくった手持ちのStratocasterに・・・・

IMG_4372

Fuzz Face Miniを繋いで弾く事が時々あるのだが、Fuzz Face MIの前段にこのイコライザーを低域をカットして中域を上げて繋げると、凄く楽しくロック出来る。

通常のファズ・サウンドよりブーミーじゃなく、ギター側のボリュームでクリーン、クランチ、抜けの良い歪んだサウンド・・・・と演出出来て、これは中々に楽しいのである。薄くリバーブなんぞを掛けると更に楽しい。適当にリズムを流しながら弾いてるととても楽しい。

「ちょっとしたセッションはこれ一台・・・・」なんて台詞を時々見掛けるが、イコライザーとファズで参加ってのは中々に渋いんじゃないでしょうかね。

夕食に向かう道すがら、そう言えばPC購入した際に付いたヨドバシカメラさんのポイントの期限が近い事を思い出し家人に言えば、ワイヤレスのヘッドフォンが欲しいと。

IMG_5795

ジムで使うんだそうだが、僕は有線の方が好きだなぁ・・・・。

明日は十五夜との事で、それ関連の花を買って帰宅。

IMG_5796

菊は好きじゃないが、ボンボン菊って可愛いなw。

帰宅して「Hotel Oregon Banquet」の紹介をYou Tubeにアップ。

面倒臭くて可成り適当なやっつけ仕事で御座います・・・・。



第315回練習便り

リーダー

リーダーです。

実家のある北海道で大きな地震があった先の木曜日。

道民の皆さんのみならず、折角の観光で訪れていた方々のご心労を思うと胸が痛い。

北海道にはつい先日訪れたばかりで、しかもいつもの年なら9月1日から一週間帰省するのが習わしで、且つ9月7日は亡父の命日って事もあって、ホントならそれに合わせての帰省・・・・の心算が、偶々前倒しした今年。

近くに居たら母の世話が出来たろうになぁ・・・・。

ま、姉と甥っ子2名が偶然にも帰省しており、母のサポートをして貰って助かっている。

停電が続き、且つ市内でも復旧が遅れている地区に住んでいるので不安であろうに、皆で気丈にしている様子を電話で聞くと胸が痛む。

何か出来る事は無いかと電話で聞けば何もない、と。

母を労う言葉をかければ、自分よりもこの中で復旧の為等で働いている人の方が大変であろうと、私の配慮不足を嗜められる。

考えてみればその通りである。

家族があったりしながらも、それを差し置いて働いている人が居る訳で、そう言う人達には全く頭が下がる思い。

北海道電力さんとか、頑張っているよなぁ。

数年前、真冬の登別で、強風で鉄塔が倒れた事があったが、その際にも復旧時間の短さにも驚いたものだが、今回も、未だ完璧ではないにせよこれだけ進んでいるのは凄いと思う。

出来る事は少ないが、地元には何かサポートしたいなぁ。

本件で、今の会社の人のみならず、
以前お世話になった会社の人含め多数の方に心配して頂いた。お気遣い頂き申し訳なく思いつつも感謝。

さて、そんな状況でありながら土曜日は練習。

今回から10月27日のライブに向けての練習が始まる。

と言う訳で、亡父の命日でもある前日の金曜日、披露予定曲の練習をするワタクシ。

最近やっている曲ばかりじゃなく昔の曲もあって・・・・うん、結構(≒80%)忘れてる。

使ったギターは・・・・

IMG_5524

そう、
Rickenbackerは360C63

実家は小樽の玉光堂でRickenbackerは330のMaplegloを見て、買おうかと思ってタイミング合わなくて止めたんだけど、それでか手持ちのRickenbackerを思い出した様になんか弾きたくなりまして・・・・ってだけじゃなく、諸々考えて10月27日のライブではこのギターで出ようと思ってまして。

で、ボチボチ使い始めようか、と本格的にケースから取り出した次第。

Rickenbackerって、頻繁にケースから出さないと塗装がべた付いて来るんですよね。塗装とケースの相性でしょうか。


で、日干しにと出せば弦が錆びてて、どうせならと弦を交換してフレット磨いてボディ磨いてメインテナンスして久々にちゃんと弾けば、やっぱまぁ好きな訳、このギター。

弦交換が面倒でならない構造のテールピース、べた付く感じの塗装、短過ぎるペグのシャフト、チョーキングどころかピッキングもしっかししないと鳴らない強いテンション、短過ぎなサスティン・・・・、弱点の枚挙に暇が無いながらも好きなギター。換言すれば、好きじゃなきゃ弾けないギターw。ネックのシェイプとスケール、そしてサウンドは好き。

フォトジェニックなデザインながらも、似合わない人には本当に似合わないギター。「イケメン選別機」と言っても良いのではなかろうか。勿論、僕は全く似合わない。でも、好きなんだよなぁ・・・・。

同じフォトジェニックなギターでも、Gretschは誰でも似合う様な気がする。家人が「ライブはGretschにしたら?」と言うのも、フォトジェニックだからでしょうか。

久々のRickenbackerで自分で自分の曲をコピーする、と言う訳が分からない事をして過ごせば、実家より電気が復旧したとの報が入る。

未だこれから色々と大変だろうが、日常が早く戻って来る事を願う。

日常ってのは、当たり前に与えられるものじゃなくて有難い物なんだよなって今更ながらに再確認しつつ就寝。

土曜日。

相変わらずの早く目覚める休日。

実家に電話をし様子を聞く。ううん、ライフラインは確保されたとは言え、色々と大変な模様。母は風邪を引いたらしい。そう言えば、声、変だったもんな・・・・。

労いの言葉と、僅かながら支援金送る旨伝える。こんな事しか出来ないのがなんとも情けない。

気になった曲を軽く復習し、なんか嫌な暑さがある街を行く。

行きの電車で、対面で座って大声で話す某大陸系の夫婦にげんなりする。てか、なんで横に座って話さないんだろ・・・・?時々そんな観光客を見掛けるのだが・・・・何故だ?

楽器屋さんへは2件ほど。

こんなん買いました。

IMG_5532

バッテリー・チェッカーに御座います。

IMG_5533
蓋を開けて・・・・

IMG_5534
表示される、と。

エフェクターは電池派のワタクシ。液漏れ回避で使わないエフェクターの電池は外しておくのだが、そんなんが幾つか貯まる事があり、使える電池の選別の為。

前から欲しかったんだけど、至急じゃないので気にして見てなかったんだが、偶々目に入ったので買ってみた。ライブ前の電池チェックに重宝してくれるでしょう。

練習は、粛々と。

BlogPaint
(9月になり短パン率が25%となったフジコ・オーバードライブの皆さん)

一番時間を掛けたのがカバー曲。あーじゃねーかこーじゃねーかと試行錯誤する一団。

彼是試し「まぁ、こんな感じで行くか」との方向性が決まるまで一時間。こういう時に、自分の引き出しの少なさにげんなりする。

久々にやる曲、馴染みのある曲、入り交じりでやった訳ですが、なんでしょね、録音した曲をやる時の違和感・・・・。

「あれ、こんなもんだっけ?」的な感じになる。

結構ギターを重ねてるんだけど、それがフックになっている曲も多く、それが無いとなんだかなぁとなっちゃうのであろう。

カバー曲のアレンジ決めてる時にも思ったけど、「やった方が良い事をやってなくてやんなくても良い事をやってる」と感じる事はあり、そういう時に煮詰まったりするのだと思うが、かと言って「こんな感じでさ」をやり過ぎるのもどうもね・・・・。「あーして欲しい」「こーやって欲しい」はフジコ・オーバードライブってバンドの性分には合わない。経験値から喧嘩になる事を知っている。理由は、多分、自信の無さだろうw。

と言う訳で、録音物と生演奏、結構違うで御座います。違うけど良い、となれれば良いんだけどなぁ。

休憩中、練習スタジオのスタッフの方と軽く談笑。

IMG_5531

早速漫画にするビクシ君。てか、二人ともイケメンなのに藤子不二雄属性を塗すのは・・・・うん、作者の僻みでしょうな(てか発言内容がそもそも違う)。

練習後、飲み会。

話題と言えばライブの話とか震災の話とか。

話の流れの中で脇道にそれつつ思ったのが、思想の振れ幅の事。

右でも左でも、どちらかに極端に振れるってのはあんまり美しくない気が僕はしていて、どちらかに振れる感情があったとしても、あまり公に言うのも美しいとは思わない。なんか憚られる。

SNSの進化で素人批評家が大勢生まれたが、匿名であるが故に極端な発言もし易い様に思われ、それがなんとも鼻に付く。

言ってる事は正しいかも知れないけれど、言い方を間違えてる人の発言は、僕はあまり真剣に聞けない。と言うか「私は配慮を学んでいない人間です」を公にしている様な気がして、見ていて痛々しいんだよね・・・・。てか、「話を聞くか否か」は、発言者の人間性に左右されるものあると思うんだけどねぇ・・・・。

思想を公にしない事を「卑怯だ」とか訳が分からない事言いだす人も居るが、「自分はちゃんと言っている。だから貴方もちゃんと言わないのはおかしい」との発想なんだろうか?だとしたら・・・・凄いなぁ。何故、貴方に言わなくちゃならないのでせうか・・・・?

てかね、思想や感情には賞味期限があると僕は思うんですよ。「今」「此処で」しか通用しない思想や感情って、あると思うんですよ。

極端に振れた人って、「いつでも」「どこでも」ある視点でしか話せないから詰まんないんだよね。で、その手の人って、「プロクルーステースの寝台」って感じで、結局は「俺は正しいから俺の意見聞け」しか言ってないんだよね・・・・。で、前述の通り、そういう人の意見って、ま、聞く気ないんですよw。

何故かロボコップの話にもなって、ロボコップを見ていない僕はよく分からないのだが、勧められているのか止められているのか分からなかった。

曰く「動きがすげえぎこちない」。曰く「ロボット(サイボーグ?)なのに凄く遅い」。曰く「凄く洗練されていない感じ」。曰く「映画館でお金出して見たら怒るレベル」。

「だが、それが良い」との事。ううん、見たい様な見たくない様な・・・・。

本日のギター。

securedownload

Archtop TributeはAT130。此処最近のメインながらも、ライブでは360C63で行こうと思っているのにこれで行ったのは、ま、ちと試してみたい事ありまして。

足元は2パターン。

IMG_5527


IMG_5528


FFM6(Jim Dunlop)~ファズor Germaster(Sound Wave Lab)~トレブル・ブースター

BB Preamp AT(Xotic)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

DM-2W(BOSS)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター


試したかった事と言うのは、AT130とBB Preamp ATの相性、そしてBB Preamp ATのゲイン・ブースターとしてのFFM6とGermaster。ライブは360C63なんだが、ま、未だ良いかなと思ったのと、良かったらこのままでも良いかなと思って。

AT130とBB Preamp ATの相性、うん、期待したレベルはクリアーしてた(含みのある言い方w)。

中域の密度が濃い感じがあるも過度ではなく、箱鳴りするAT130でもToo Muchじゃない。何より低域をグッと削れるので、アンサンブルで低域が重ならず抜けの良いサウンドが得られてよい。「歪んでいるんだけどヘヴィではない」と言うワタクシ好みの歪み。コンプレッション感も、良い。

このエフェクター、やっぱ凄く良いと思う。Andy Timmonsと言う僕には馴染みが薄いギタリストのシグネイチャー・モデルが凄く良いって、なんか不思議だけど・・・・。

不満を覚えたのは、なんかねぇ、通常ラインのBB Preampで感じた「音の硬さ」を、このペダルでもやっぱ感じたんですよねぇ・・・・ううん。

それを好むか否か、は、趣味のレベルかと思うのですが、僕は許容範囲ながらもちょっと気になった。ニュアンスで言えばDynamic Driverの方が好きだなぁ・・・・。

ただ、FFM6、Germasterとの相性は凄く良い。

FFM6+BB Preamp ATは、リア・ピックアップとの組み合わせでエンハンスがありながら太いサウンドが出て気持ち良かった。

Germaster+BB Preamp ATは、カリッと抜けがあるサウンドでこれも好き。うん、甲乙付け難い。欲しい音がどっちかで選べばいいな、これ。

で、紹介しておりません小樽で買ったDM-2W。最近日本製にシフトし螺子は銀螺子になったんですが、「DM-2で銀螺子は無いわ」との拘りで敢えて黒螺子台湾製を選択・・・・と言うのは後付けの理屈。小樽の玉光堂で買いたくて、小樽の玉光堂にはこれしかなかったのさ。ま、ぶっちゃけどっちでも良いんだが・・・・。

このペダルの紹介文、未だ書いておりませんが、使い勝手が良いディレイです。DM-2より多機能だけど迷う事は無い。BOSSって直感的に使えて良いんだよなぁ。

そんな、練習でした。

あ、でもライブはやっぱり360C63かなって思いました。

理由はAT130の箱鳴り。ライブハウスだとハウリングすると思う。

スタジオでは(立ち位置などで)調整可能ですが、ライブだと勝手が違って調整難しいかなと思ったのです。対策は色々とあるのですが、ま、回避してしかるべきかなと・・・・。

セミアコながら箱鳴り感が薄い360C63はハウリングに強い。昨年のライブでも全く問題無かった。小樽でRickenbacker買おうかなと思ったのもライブを視野に入れてで御座いました。

と言う訳で暫く360C63が僕のメインとなりますです。

フレットの摩耗がちょい気になる。ライブ終わったら交換かなぁ・・・・。

第314回練習便り

リーダー

リーダーです。

さて、去る金曜日に以前お世話になった会社でお世話になった方々と食事なんぞをするワタクシ。

集ったのは3名。お一人は既に転職し、お一人はお世話になった部署から離れ、共有出来る話題は既に過去の物が多く、話のネタ尽きるるかなぁ・・・・との思いは全くの杞憂に終わり、いつも通り大変楽しく食事させて頂いた。やっぱ面白い人はいつだって面白い。頭の回転が速い人と話すのはいつだって刺激的な事である。

諸々と考慮し、場所を六本木としたのであるが、問題は東京エフェクターさんが近くにある事で、そしてもっと大きな問題は、開始時間が晩かったので東京エフェクターさんに立ち寄る時間があった事で、何より問題は、東京エフェクターさんに欲しいエフェクターがあった事で・・・・。

IMG_4488

うん、まぁ、そう言う事だよ。中身は下記に記載します、ハイ。

帰宅し、ミックスにメンバーの合意を得た次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の最終チェック。

DbduSlvU0AI2QZQ
(ビクシ画伯による悪意満載のジャケット画」)

色々と気になる箇所が無い訳じゃないが、絶対的な解がある訳じゃないので後は割り切るのみ。X BOXオフ会までに作ってオフ会参加者の方に押し付けたいとビクシ君が言ってたが間に合わずだったのが心残り。X BOXで読み込んだら機体が壊れる仕様にしていたのに残念だ(嘘)。

データをSDに移管し、マスタリングとジャケット・デザイン担当のドラムのTakayuki君に渡せば僕の役目は終了。

没となったファイルを削除。削除したファイル数は試行錯誤の証。今回は50を超えていた。1番古いファイルは昨年末のデータだった。うん、なにしてんだ俺は?

と言う訳で、ワタクシが今一番聴きたくないCD、fujico overdriveは「Hotel Oregon Banquet」、10月27日のライブで配布させて頂きます。

土曜日。

休日は相変わらず早い目覚め。

ベースの大先生のご都合で今週も練習なのですよ奥様。その代わりこれから2週間は練習無しなのですよ奥様。それに合わせてワタクシは8月最終週は帰省するのですよ奥様。

普段なら練習日前日に事前練習をするのですが、金曜日は晩い帰宅だったので土曜日午前に。

大体アレンジは固まった曲ばかりなんですが、ライブ披露予定のカバー曲(≒コピー曲)のアレンジが固まっていないので練習してみる。

ううん、なんかこう、なんかこう・・・・。

メジャーな曲のカバーってやっぱ凄く難しい。凄く難しい理由は、メジャーな曲故に曲に聞き馴染みがあり、我々の様なポンコツの集まりがどうやってもその劣化版にしかなれないからである。

ま、我々より格段に上手いバンドでもメジャーな曲は難しいかと。有名所ではThe Beatles。幾つか見て来たが、The Parotts以外は個人的にはきついものがあった。



「RAIN」をライブでカバーしちゃう辺りがなんかこう・・・・凄ぇ。

そんな訳で消化不良な感が残る。過去何曲かカバーをして来たが、個人的に満足感が高かったのは木村カエラちゃんの「BEAT」。


(ビクシ画伯による悪意満載の動画。ん、動画?)

うん、この頃はちゃんと練習してたんだな、格好良いじゃん(人様の曲)。

原曲をアレンジして、こう言う感じに仕上げられたら良いんだけれど、今回のカバー曲は何とも難しい。

やっぱ、これにした方が・・・・いや、何でも無い。



そんな訳で消化不良のまま家を出る。

正気を取り戻した気候は、北海道の夏の様な清々しさ。

練習前、楽器屋さんへ立ち寄るも目ぼしいブツは無い。まぁ、マネーもねー。

練習は、粛々と。

BlogPaint
(「Twitterのフォロワーさんから”いつもボーダーの服着てる”と言われたので今日は別のシャツにしました。さ、写真撮って下さい」と言うビクシ君。「じゃ、今日は写真無しね」と回答したらなんか怒ってたから撮りました)

BlogPaint
(ベースの大先生が入ってなかったので。ベースのネックの裏を見ると801Liveを思い出すのは僕だけではあるまい)



アレンジが大きく変わる曲は無かったが、「いつかこの段差すら超えられない日が来たら」と言う曲のサビのメロディをちょっとだけ変えて、「戦場に一番近い場所」と言う曲のドラムのリズム・パターンをちょっとだけ変えた。

後者はベースの大先生が違和感を訴えていたが、個人的には凄く良いと思った。ぶっつけ本番でドラムのTakayuki君に依頼したのでフィルやオカズを考えている暇は無かっただろうが、上手く行くんじゃね?と思っている。てか、ずっと気になっていた箇所だったのでなんとかしたい。

ま、録音物聞いて判断しまひょかね。

で、課題であるカバー曲。

あーでもねーこーでもねー・・・・と弄るも、どうにも上手く行かずで、その場で幾つか思い付くままに弾いてみるも、メンバー間で「良いんじゃない?」と選択したものが違う。

ま、録音物聞いて判断しまひょかね。

練習後、飲み会。

最近見掛けなかった店員さんと久々に遭遇。色々と頑張っている様で何より。良い娘さんなので頑張って欲しい。

ビクシ君が「塩スイカジュース」なる得体の知れぬ飲み物を頼んで自爆していたが、何故かお鉢がこっちに回って来た。うん、凄ぇ不味かった。全部飲んだけど。

19:30に僕とビクシ君は帰宅。リズム隊2名は飲み継続。よく飲むなぁ・・・・。

ベースの大先生が「ミックスダウンがトラウマになった」と仰っていた。

僕のミックスがNGで、で、ご自身でやられて、やってみたら、僕のミックスに対するNG理由が「リバーブが深過ぎる」であったのに、僕のミックスよりリバーブが深くて、それを突っ込んでみれば「確かにそうだ。じゃ、どないしようか」となり、ライブ決まって流石にもう時間も無くて、「じゃ、僕がもう一回やってみる」と引き受けたものの、やっぱりご注文が幾つかあって、「いやだからそれなら自分でやって・・・・」と振出しに戻りそうになるも、「もう時間ないでしょ!」と僕が切れて・・・・と言うコントを繰り広げた結果なのであるが、実はこれは今に始まった事ではなく、ミックスダウンの度にやってる訳で、トラウマになるのは寧ろこっちじゃね?と思うのだがどうだろう。因みに他のメンバーのコメントは「色々と調整してるのは分かるけど・・・・あんま変わってなくね?」であるのもトラウマだ。

で、本日のギター。

securedownload

我が愛器、Archtop TributeはAT130

事前練習ではStratocaster弾いて、ソリッド・ボディの取り回しの良さに「・・・・これ、使おうかな」と思ったが、やっぱりAT130が好きなのである。

足元は・・・・・

IMG_4490

Germaster(Sound Wave Lab)~トレブル・ブースター

Eternity(Love Pedal)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

phase90(MXR)~フェイザー

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

前回練習で「足元はこれで決まりだなぁ」と書いて僅か1週間で変えてんじゃねえよと己に突っ込みを入れましたので突っ込みは不要です。

東京エフェクターさんで購入したのは上記Germaster。購入動機は別途紹介の記事を書かせて頂きますが、Rangemasterを模したトレブル・ブースターです。

これに合わせるオーバードライブは、久々登場のEternity。EternityはOD-1と並び僕の「基準値」的な位置付けのペダルで、Germasterの癖を把握したくて・・・・です。

Germasterとの相性と言うか、癖はなんとなく分かった。紹介記事で細かく触れるので割愛しますが、良いトレブル・ブースターです、これ。

Dynamic Driverとの相性も悪くないでしょう。Dynamic DriverはEternityより音の密度が濃いので、スッキリとブーストしてくれると思います。

カバー曲対策でやっぱりディレイが必要っぽいのでフェイザーは取り敢えず外す事になりそう(エフェクターは上限5個を原則としております)。

次回練習からライブの楽曲の練習を始めますので、暫し足元はそれ用にします(あんま変わらないと思うけどw)。

で、練習は2週間お休み。帰省するので暫く更新は無いと思います。

気が向けば、帰省日記書きますが、バンドのブログなので書かない確度が高いで御座る。

では、バーイ。

第313回練習便り

リーダー

リーダーです。

平日は、毎朝会社でおにぎりを食す習慣がある。

好みの具は鮭。海苔はしっとりが望ましい。

同じ位に昆布の佃煮の具も好みであり、その2種類のループが朝の定番。

しかしながら後者には最大の弱点がある。それは・・・・

IMG_4440

そう、包装紙を剥がすと形が崩れるのである、真っ二つになるのである。

「偶々だろ?」とか「お前が雑なんだよ」とか仰るかもだが、もう可成り長く昆布の佃煮のおにぎりを食し、何とか形が崩れぬ様に四苦八苦、試行錯誤、七転八倒しているのだが、どうしても駄目なのである。もう本当に駄目なのである。

IMG_4442

ここまではいいの、大丈夫なの。でもね、最後の包装紙を剥がすと上記の様にモーゼが起こして欲しくない奇跡を起こしちゃう感じになるのである。

これまで、「剥がす前に軽く握って固める」「真ん中の包装紙を剥がした後、左右に残った包装紙を同時に引っ張る」「予め左右に包装紙を引っ張って均しておいてから中央の包装紙を剥がす」等を行ったが、何れも好ましい結果は導かれなかった。一番酷かったのは「最後の包装紙は剥がさずに食う」と言う手段。食い難い以前に綺麗に食べ切れなかったのである。

〇ァミリー・〇ートの昆布の佃煮のおにぎりの包装紙の綺麗な剥がし方をご存知の方が居たら是非ご教授頂きたい。御礼は、フジコ・オーバードライブの次回作CD「Hotel Oregon Banquet」って事で(これで回答は来ないだろう)。

さ、そんな些末な事は置いといて、と。

金曜日は本来であれば休日の筈であったが、所用でどうしてもちょっとだけ出勤と相成る。

いつも通りの時間に起床、一旦会社に顔を出し、所用を果たすべき場所である高田馬場へ。

高田馬場での作業は恙なく終わり、隣駅の新大久保へ向かったワタクシ。目的は勿論「TC楽器」さん。

中古楽器は、どうしてもorどうでも良い場合以外は手を出さないワタクシ。理由は「その後のメインテナンスにコストが掛かるから」「保証期間が短いから」である。中古楽器って、やっぱダメージあると思ふの。

そんなワタクシでありますが、例外としてTC楽器さんでは購入するに躊躇が無い。これは、過去の経験則から「此処で買ったものはきちんとメインテナンスされているから」である。「暫くして動作不良を起こした」って事が一度も無い、稀有な中古楽器屋さん。

そんな訳で久々の百人町。昔はこの辺は楽器屋街だったそうな。楽器の修理に長けた復員兵が多く集まったのがその理由らしいが真偽は不明。

以前とレイアウトが変わっていたり、Fender Japanの一部に「間違いじゃねえの?」ってな値段が付いていたり、中々に楽しい。

楽器の価格はメーカーの希望小売価格で決まるが、中古楽器もある程度は需給以外の「作られた価格」はある様に思う。

高額なFender Japanに関しては、正直「ううん・・・・」と思ってしまった。その中の一本を過去に所有していたのであるが、そんなに凄いと思わなかったしその価格で買おうとは思えないし思わない。商売の邪魔をする様な事を申し上げて申し訳ないが、色々とギターを買って来た身としてはちょいと首を傾げざるを得ない。すいません。

そんな葛藤の中「お、これは格好良いなぁ」と思ったのがこれ。色もそうだがThin BodyのCountry Clubなんて初めて見たよ・・・・買わない&買えないけど。

他には値段がついていなかったけどこれも一度試してみたいと思った。



GrecoのGOシリーズ(?)。欲しいのはGOⅢ。それにしても時代を感じさせるCMだなぁ・・・・見た記憶は無いけど。

このシリーズのギター、高校時代に結構見掛けた(当時から楽器屋行くのが好きだったんだよ)。質屋さんなんかでも見掛けた。当時は「だせえ」と思ったのを覚えている。

そう言えば、Johnny Marrが最近のインタビューで「XTCAndy Partridgeが持っていたYAMAHAのSGが欲しい。当時はだせえって思ったけど」と語っていたっけ。



うん、ださいw。でも確かに欲しいかも。

実際「買うか?」と問われると「買わない」と答える。使いはしないだろうし。

一通り見て回り、さて帰ってミックスダウンの続きでも・・・・と思いつつ最後に一周して気になったのがphase90。ん?なんでこんな値段なの?

気になりやけにイケメンな店員さんに聞いてみれば、現行品に非ずJim Dunlopへの売却前、MXR末期のphase90なんだとか。・・・・へぇ。

IMG_4444

買っちゃった・・・・てへ。安かったんだもん。仕方ないじゃん。

見た目が現行品と殆ど変わらない(スイッチのワッシャーとDCジャックが違います)のが悲しいが、サウンドは現行品とは「そこそこ」違いました。別途記事を書きますはい。

その他、お気に入りのクロスも購入。

IMG_4452

2千円が半額だったんで飛び付いちゃった。

良い買い物をした、とホクホク顔でTC楽器さんを後にし、新大久保からどっか散歩でも・・・・と思うも、あまりの暑さに嫌気が刺し、秋葉原にだけ寄って帰宅。道中暑さにちょっとクラっと来て、あ、やばいと自動販売機で手にしたのはオロナミンC。

炭酸が得意じゃない僕ですが、強烈な渇きを覚えた際にはオロナミンCを手にすることが多い。飲むに丁度良い量なのが良い。

オロナミンC飲んだら持ち直しましてね。熱射病予防に良いのかしら?と思っちゃった。

秋葉原に何しに行ったかと言うと、phase90のノブに付けるゴムを千石電商さんに買いに行ったのさ。で・・・・

IMG_4450

こうなった、と。

帰宅し、次回作CD「Hotel Oregon Banquet」のミックスに取り掛かる。

DbduSlvU0AI2QZQ

「未だやってんの?」はい、未だやってるんです。「聞く人居ないのに?」やかましいわっ。

ベースの大先生の楽曲3曲のミックスをベースの大先生が行う手筈だったのですが、諸々御座いまして「ボーカルのみベースの大先生のミックス」となり、うんうん唸りながら作業開始。

既にボーカルの録音物を貰っていた1曲は対応済み。メンバーからのOKも頂いている。

そのボーカルのニュアンス(アタック感が無い感じと深いリバーブ)を残り2曲でも踏襲するなら、オケはこんな感じかな、を踏まえて既に作っていたので1から全部作る訳じゃなかったが、まぁ、やっぱ時間は掛かりますねぇ。

ミックスしてWAVEで聞いて気になった個所を修正して、を繰り返し、又ミックスしてWAVEで聞いても良い感じだなってなったらMP3にして、MP3で気になる箇所があったら又ミックスしてを繰り返して・・・・


















うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああやってられるかああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!

となりました。はい、上記一節に「あ」は何個あるでしょう?

そんな試行錯誤を午後いっぱい延々と熟し何とか完成。メンバーに送付したので合否を待つのみ。

「お前のミックスはボーカルのリバーブが深過ぎじゃ」が大先生から頂いたNG理由の一つだったが、より深いリバーブをかけた感じで戻って来て、大丈夫で?と為念で指摘。

僕がかけたリバーブの感じとは違うから、そこに好みがあるのだろうと思う一方、ミックスダウンって「俺がやりゃあ良い感じに仕上がるぜ?」と思って取り掛かって、やってみたらドツボ・・・・がまゝある様にも思え(俺はあった)、一応の確認。

確認メールしてから気付いたが、やり直す場合はオケ作り直しになるのかな・・・・怖いなぁ。

そんな訳で次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の完成は佳境に入った訳ですが、現時点のミックスを並べて聞いてみれば、一番音程が不安なワタクシのボーカルが、一番エフェクトが少ない生々しい音で・・・・積極的に地雷踏みに行っている気がして来たけど気にしないでおこう。どうせ俺も聞かないし(おい)。

帰宅した家人が所用で我が母と電話。我が家では、先に帰宅した方がご飯を作るのが不文律なので用意済みで直ぐ食べれる状況であったが、結構な長電話。家人を実の息子以上に可愛がる母と、母に懐いている家人の電話はいつも長い。母に気を使ってくれて仲良くしてくれている家人には感謝しかないが・・・・お腹空いたよぅ。先食べてちゃ駄目かしらん?

食後、じゅんじゅんちゃんの所に飲みに行って事前練習して来ねえだろうビクシ君を尻目に事前練習。

10月27日(土)に、上野はJam Sessionさんでライブをやるのですが、その楽曲は未だ練習しないので、取り敢えず慣れた課題曲を練習して終わり・・・・かと思ったら、ビクシ君提案のカバー曲の練習が残ってた・・・・。

メインのリフはディレイが必要で、ちょいと試したが一回バンドでやった時ビクシーが弾いてたなって事で、やるなら任せちゃいましょうとコードに少し味付ける程度に。

ライブの対バンはBook Band 8%と言う超絶技巧派集団。「コピー」で対抗すると酷い目に合うので「カバー」でとの趣旨が良かろうとの言い訳をしながら逃げの一手。

曲のデータを持っていないのでYou Tubeさんで素人さんがカラオケで歌ってるの動画を見て練習。お礼に高評価付けてみたりして。

で、やってみたんだけどさ・・・・。

うぎゃあ・・・・これ、半音下げチューニングじゃね?うぐぐぐぐ・・・・ライブでチューニング変えるの面倒いなぁ・・・・。

土曜日。

義母の新盆との事で、家人が実家に帰省。

軽く昼食を済ませ、酷暑の街へギター担いで出掛ける。

行きの電車の中で、子供が土足で席の上に立つのを嗜めない母親とか、座って横に荷物を置いて隣の人に狭い思いをさせているおばさんとかの行動は、酷暑の所為であって普段はもう少しマシな人だと思いたい。

道中、ビクシ君にTwitterでうざったく絡んでみたりして暇を潰す。細目に返信ツイートしてくれて・・・・良い奴だ。

楽器屋さんへは1件だけ立ち寄るも何も買わず。まぁ、買ったばっかだし。

本日は祝日って事で料金がお高い練習スタジオ。さぞかし空いておろうと思ったら、おじさんおばさんが多数。日本のアマチュア・バンド界の高齢化を垣間見る。休憩時間は、濁声のお姉様2名を要したバンドの方が居たが、お一人はずーっと化粧してて、「化粧と言うのはエフェクターと効果的には一緒であろうか」と思ったりしたのは内緒だぜ?

と言う訳で、練習開始。

セッティングして、チューニングして、いざ・・・・と思うもワタクシのギターの音が出ない。

「ホワイ何故に?」と矢沢風に呟き、まぁphase90だろうなって事でチェック。

電池は交換したばかりだし・・・・と電源スナップを見やれば錆が酷い。あいたたたた。そう言えば、試し弾きはDCからの電源供給だったもんなぁ・・・・。

取り敢えず応急処置するも不安は拭えず、案の定途中で音切れもあった。

中古楽器を避ける理由は前述の通りで、TC楽器さんの商品はそれが無いかと思ってたんだがなぁ・・・・残念。試し弾きでお借りしたギターも1弦がビビりまくりだったし、残念ながら質の低下を感じちゃった次第。

次々回CD収録予定曲8曲を粛々と。

最新曲はビクシ君の「ノート」でありますが、それもまぁ結構固まって来た感じ。

んでもって、カバー曲に取り掛かる。

半音下げ・・・・しないで歌えるとの事だったのでレギュラー・チューニングでホッとする。

カバー曲の提案はビクシ君だが、アレンジは考えていないらしく試行錯誤。

こんな感じ?あんな感じ?を色々と提案するもお気に召さずで「取り敢えずコード弾いて下さい」「いや、歌の個所はリフ弾いて下さい」といい様に使われる。なんて奴だくそう。

まぁこんな感じかね、まで纏まったが、本家の劣化版になること必至で、やる意味が今一見いだせないのは内緒にしておいてくれ。

練習後、飲み会。

んでミックスはどうだった?と聞けば「リバーブ深ぇ。駄目だな」とのご感想・・・・あいたたたた。

取り敢えずワタクシ預かりと相成り、リトライとなった。まぁ、家人も居ないのでやりますか。

今回もギターはそう、

securedownload

そう、Archtop TributeはAT130。ギターとっかえひっかえしてないよ!してないでしょ?してないって言って。

グラグラしていたピックガードもしっかり固定され憂いなし。

足元は・・・・

IMG_4451

RC Booster(Xotic)~ゲイン・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

phase90(MXR)~フェイザー

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

Jim Dunlopによる買収前のMXRが2台ってのが嬉しい。うん、小さいレベルの自慢だ。

phase90は動作不良を除けば思いの外良かった。これは良いペダルに思う。レビューは書く事が沢山ありそうだ。返品になる可能性も無きにしも非ずだが。

久々登場のRC Boosterは安定の音質。Dynamic Driverとの相性も良く、ゲイン・アップと音抜けの両方を演出してくれる。

Dynamic Driverは本当に素直なオーバードライブだと今回も思った。増幅すると低域が強くなるのは調整され抑えられていると思うが(低域補正に筐体横にスイッチがある)、これにローファイなmicro ampの組み合わせはロックしてて良い。大好きだ。

曲によってはディレイも欲しくなったが、足元に5個しかエフェクターを置きたくないし、なぁ。

暫くはこれで行こうかと思います、はい。

そんな練習で御座いました。

はぁ、ミックスダウンやるか・・・・。

第312回練習便り

リーダー

リーダーです。

所用で高知に行ってきましてね。

うん、凄く好きです、高知。

明るくて、そこそこの都会で、路面電車が便利で、アーケードが楽しくて、子供達がよさこい踊りの練習している様が可愛らしくて、食べ物は美味しくて・・・・。

仕事で行ったので自由時間は無かったけれど、移動で路面電車に乗りましてね。

IMG_4411

高知の路面電車はね、なんか凄く良いんですよ。

車両は見た限りどれもそこそこの年季が入っていて、ノスタルジアが車輪付けて走ってる感じ。馴染みがある札幌の路面電車は新しく機能的な感じだけど、高知の路面電車には何とも言えない風情がある。個人的には、圧倒的に高知の路面電車の方が好きである。

帰京する朝、早めに起きてホテル周辺の浮桟橋を散歩。

IMG_4412

同行した人が「高知は蝉が五月蠅い」と言っていたが、不思議と蜩の鳴き声しか聞こえなかった。

次回は仕事以外で行きたいなと思いました。ゆっくり散歩してみたい街でした。

そんな訳で、帰京し一服した金曜日の午後10時位から練習開始。疲労感からか寝ながらギター弾く感じだったw。ビクシ君の新曲のギター先週考えてて良かったわ。

眠い目擦って練習を済ませ就寝。やっぱ、家で寝るのが一番落ち着く。

土曜日は早めに起きて気象情報をチェック。

おかしな進路を取る台風。大丈夫なんかな、これ。

家から駅までは曇天模様も落ち着いた天気で傘もささず。練習場所は空いていて、こんな日にバンド練習しちゃう我々も中々におかしい。楽器屋に行っちゃう僕も大概であるが・・・・あ、何も買いませんでしたよ高知で結構なお金使ったので暫くは大人しく過ごしますてかこの先福岡行ったり東北行ったり帰省したりと目白押しなんで。

これは・・・・欲しいんだけど。



練習場所は空いていた、が、聞けばキャンセルとかではないらしい。まぁ、こんな日もある。

練習開始前にメンバーに宣言「Fuzz Face Mini、外した」。爆笑するメンバー。なんだろう・・・・何か、悔しい。

練習は、粛々と。

BlogPaint

本日メインで取り組んだのは、ビクシ君の「ノート」と僕の「大人のナイフ」の2曲。

前者は「長過ぎね?」って所からアレンジを始め、良い感じに収まった感じ。まぁ、これから色々と細部も煮詰まって行くだろう。凄く良い曲なので、良い感じに纏まればと思う。

「大人のナイフ」は・・・・楽しようと色々と提案したが、楽するどころか、投げたボールが地球一周して後頭部にぶつかった様な、何とも言えない微妙な感じに・・・・どうしてこうなった。まぁ、良いけどさ。

練習場所から出てみれば、台風の影響か圧迫感たっぷりの激しい雨。

慌てて庄屋さんに退避する中年4人。「交通機関が不安だから帰ろうよ」と言い出す輩は居ない。妙な所は頑なな我々。

リーダー「そろそろライブの曲を決めねばならんのう」

ビクシー「カバーをやりましょう」

リーダー「候補曲はあるのかね?」

ビクシー「この曲、どうですかね?」

リーダー「別に反対はしないが、君が歌う訳だからさ、折角だからさ、なんかこう独り身に戻った感情とかさ、失恋の歌とかさ・・・・」

ビクシー「なんすか、このバンドって私生活を切り売りする様な歌詞を書くバンドなんすか?もしそうだったら今すぐ僕ぁ辞めますよ?恥の多い人生を送って来てるのになんでそんな事しなきゃならんのですか?大体皆さんも私生活を歌詞にしたら惨憺たるものじゃないんですか?リーダーなんざ”Fuzz Face Mini4つ買ったけど使わねぇ”とかそんな歌詞になるんですよ良いんですか?Switchが故障して任天堂の対応があまりにも悪くてイライラしている僕をそれ以上挑発するなよ、ゴラァ!」

リーダー「・・・・俺が悪かったから謝るが、1曲だけやりたい曲があるんだかそれだけは反対しないで欲しいんだが駄目か?」

ビクシー「・・・・何の曲ですか?」

リーダー「君が作った”マトリョーシカ”」

ビクシー「・・・・別に良いですけどなんで?」

リーダー「いやほら、MCで”次の曲はマトリョーシカと言う曲です。曲はビクシ君、歌詞はビクシ君のEX WIFEが書きました。夫婦揃って「最後の共同作業」です”って言いたいじゃん?」

ビクシー「・・・・ちょっと美味しいかなって思ったけどお断りです。てか、そんな理由で選曲するのおかしいでしょ?」

リーダー「馬鹿野郎!さっきライブの曲決めた時に、やれ”ガーデンはベースが面倒臭いから嫌だ”だの”、象の海岸はモスクワは涙を信じないとドラムが同じだから嫌だ”だの、リズム隊が自分の都合だけで選曲してたじゃねえか!MCの都合で選曲して何が悪い!」

ビクシー「リズム隊のお二方が自分の都合だけで選択する事なんざ今に始まった事じゃないでしょ?」

リーダー「じゃ、俺の都合でも良い訳じゃん?」

ビクシー「それは駄目ですよ」

リーダー「なんで?」

ビクシー「残念な人がこれ以上増えたらバンド崩壊しますよ?」

リズム隊A「見て下さいよ、あの二人。さっきから醜い争いしちゃって。あ、JDハイボール下さい」

リズム隊B「人間、あーなったらお終いだよな?あ、普通のハイボール下さい」

リズム隊A「そう言えば焼き鳥盛り合わせのつくねは俺が食べるんで取らないで下さいよ」

リズム隊B「ああん?俺もつくね食べたいんだよ?」

リズム隊A「リーダーが好きなぼんじり食べれば良いじゃないですか?」

リズム隊B「流石に怒らないか?アイツ皆で頼んだメンチカツもピザも鳥天カレー塩も鮪アボカドも全く食ってないぞ?飲み物も緑茶1杯だし」

リズム隊A「大丈夫ですよ。ご飯とみそ汁と生姜焼き食わしとけば文句言わないっすよ。怒ったら枝豆食わしとけば機嫌治ります」

リズム隊B「これで割り勘とか・・・・美味し過ぎるな越後屋。あ、普通のハイボール下さい」

リズム隊A「それを10年以上ですからね・・・・あ、JDハイボール下さい」

リズム隊B「流石にそろそろ怒るかな?アイツ怒ると面倒臭いぞ?」

リズム隊A「怒りゃあしやせんよ、旦那。先日会社の飲み会で、新人分の飲み代5万円出したらしいすが誰にもお礼言われなかったらしいですぜ?それで怒らないヤツがこの程度じゃあ怒りませんよ」

リズム隊B「前世でどんな悪事働いてあんな星の下に生まれたのかねぇ?」

リズム隊A「ああはなりたくないですな。あ、JDハイボール下さい」

リズム隊B「全くですな。あ、普通のハイボール下さい」

リズム隊A「そんであれでしょ?結局ミックスダウンも任せたんでしょ?」

リズム隊B「そうそう。ミックスダウン、ヤツより上手く出来んだろと思ってやってみたけどさ、意外と面倒でさ」

リズム隊A「今更よく引き受けましたね、あの人」

リズム隊B「なぁに、ちょいと煽てりゃ一発よ」

リズム隊A「ホントどんな罰を背負って生まれてきたんですかね、あの人。あ、JDハイボール下さい」

リズム隊B「こっちは普通のハイボール下さい」

・・・・さて、ライブのスケジュール確認をライブハウスさんとしなくちゃな。ステージが狭いから、ドラムとベースはアンプの向こうで良いな、うん。

本日もギターはArchtop TributeはAT130

securedownload

ピックガードのガタつきが未だ気になる・・・・ちょっと手を入れてみるか。

足元はこちらに書かせて頂いた通り以下で。

IMG_4376

Rooster(Jam Pedals)~トレブル・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

EVH Phase90(MXR)~フェイザー

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

今回、凄く気に入ったのはmicro amp。これ、凄く良かった。

現行品ではなく、Jim Dunlopへ売却される前のものだけど、あんまこう言う事書きたくないんだけど、「現行品とは音が違う」と思います。

現行品は音を素直に上げて行く感じだけど(素直に上げるが故に低域の方が出易くなるとは思うが)、今回使用したのは倍音も加える感じで、中低域がロックな感じになり良い、凄く良い。

こう書くと「単純比較で現行品より良いの?」との疑問をお持ちになる方も居るかもだが、この辺は相性かと思います。

AT130はセンターブロックの無い構造で箱鳴りがあるギター。それに繋ぐアンプ(Marshall)は、ゲインを絞って低域を抑えるセッティング。倍音を抑えたフラットな感じのサウンドにしています。

リフやソロで前に出る時には、倍音が多く中低域に張りがあるペダルでブーストすると好きなサウンドになるのですが、そんな時にはこれが心地良いと言うお話。

ビクシ君に貸している
micro ampはShin's Musicのモディファイ品で、それは低域をスッキリさせた解像度の高いサウンド。アクティブ回路で図太いサウンドを出す彼にはそっちの方が相性が良いと思う。

メンバーに評判良かったのはフェイザー。ビクシ君の新曲「ノート」のサビの盛り上げでは活躍してくれました。

Roosterにはちょっと不満が残った。サウンドは良いんだけど、足でスイッチ触っちゃって切り替わる事があり、歌いながらブラインドでON-OFFするにはちと向かないかも・・・・。

とは言え、凶事が重なり金は無い。

さて・・・・どうしよう?

第311回練習便り

リーダー

リーダーです。

最近、
地下鉄の車内で「電車呑み」をするビジネスマンをよく見かける。

先日もそんなビジネスマンを見掛けたのだが、彼が下車した後、数人の女性が「マナー違反だよね~」と話してたのがなんとも興味深かった。

常々「マナー」と言うのは曖昧な定義だなぁと思っているワタクシでありますが、強いて定義付けすれば「マナー」と言うのは「品」だと思っている。

思えば、恥の多い人生を過ごして来た僕であるが、品が無い行為をするのには羞恥があり、その観点では電車呑みは僕にはNG。まぁ、元々お酒を嗜まないんだけれどw。

時折議論となる「電車の中での化粧はマナー違反か?」と言う設問は、簡素に「品が無く見えますので止めた方が良いんじゃないですか?」と言う見解。

では「品とは何ぞや?」との定義には、「親や好意を持つ相手の前ではしない事」に思う。換言すれば「軽蔑されるかもしれないから親や好意を持つ人の前では出来ない行為」と言う境界線。

僕は喫煙者であるが、マナー違反な喫煙行為をする人には腹が立つ。魔女狩りの様に「喫煙者には取り敢えず食って掛かる」と言うのも品が無いと思うが、それはそれとして、喫煙は気を付けるべきだと思う。

そう思う一方、僕の喫煙行為そのものもいつかは「品が無いレベル」になるのかも知れないと思う事がある。

と言うのが、パワハラとかセクハラとか、数年前までは看過されていたものが今はNGってのがある訳で、どこでその行為がNGになるかは時代の変遷に委ねられている様に思うからである。

時には理不尽にも思える時代の変遷に抗うのに躊躇を覚えるのだが、そうなった理由は数年前に古本屋さんでつかこうへいのエッセイを見付けて何と無く買って読んだのが切欠だったかもと思い出している。

と言うのがね、その買った本の中に「今じゃ明らかにNGだろ」ってな事が結構書いていて、今の時代だったら炎上するだろうなと思ったのと同時に、ある程度は時代に身体を合わせるのも止む無しなんだなぁとパラダイムシフトしたワタクシ。

ただまぁ、「基準」と言うのもまた、曖昧なものだと言うのは間違いないんだろうな・・・・。なんでま、時には時代に合わせる振りもしちゃう次第。当然、我が物顔で「マナー違反!」を口にするのも如何かと思う。それも又、いつ何時基準が変わるか分かったもんじゃないんだからね。

三連休初日の土曜日は練習日。

先週から今週かけては諸々あってバタバタで、やっと一段落したこの週末が三連休である事はこの上ない喜び。

疲れている時と言うのは行動に不思議な事が起りがちで、僕もついつい気が触れてファズをネット・ショッピングしちゃう始末。

うん、それもこれも疲労の所為だ。俺悪くないもん。

そんな訳で金曜日は早く帰り、ビクシ君の新曲にして最高傑作「ノート」のギターを考える真面目なワタクシ。

此処はこうしようか、彼方はこう弾こうか・・・・と試行錯誤を繰り返すも「う~ん」な個所が多く、うんうん唸って何とか纏めてみる。

ギターの上手い下手、を、どんな基準で評価するかは僕には定かじゃないのだが、格好良いフレーズを弾ける人って僕にとっては上手い人(僕には無理だが)と位置付けている。「難しい曲を完璧に弾く」ってのにはそんなに惹かれない。

まぁ、この子は凄いと思うし上手いと思う・・・・。



ノリがあるドラムを叩く人には、独特の「跳ねる感じ」があると思う僕なのだが、この子にもそれを感じる。「コピー」している感じと言うより「カバー」している感じが見ていて楽しい。

おっと、閑話休題。

ビクシ君の曲の場合、当然ビクシ君が歌う訳で、歌いながらだとコード弾きがメインになるので、リフとかフレーズを考えるのは僕となる。故にしっかりと事前準備をしなくてはならない。

今回はちょこっとギター・ソロもある訳で、ビクシ君みたいに初見のコード進行でさらっとギター・ソロが弾けないワタクシは当然考えねばならぬのだが、なんせギター・ソロの引き出しが無いのでフレーズみたいになっちゃうのが悲しい・・・・。ビクシーみたいなギター・ソロは僕には無理である。

余談であるが・・・・。

ベースの大先生の曲の場合、僕とビクシーのどちらがメインでリフを弾くかはアレンジしながら何と無く決まって行くのだが、何故かビクシ君は僕のリフやフレーズをパクる事が少なくなく、パクられると別のギターを考えるのが億劫なので最近は最初からコード・バッキングに回る事を意識している。てか、彼の方が断然にギターが上手いのに何故僕のリフだのフレーズだのをパクるのか・・・・謎である。

僕の曲の場合はと言うと、歌いながらだとコード弾くのが精々なので、当然メインのリフやフレーズはビクシ君に委ねられる。

そこで問題となるのが、テンション・コードを多用する僕に対し、テンション部分を無視して弾くのが身上のビクシ君のリフが歌メロと合わず、時々歌い難くて堪らん事がある。只でさえ歌が下手なのに歌い難いギターを弾かれるともうどうしようもないのである。

解決案として、テンションと歌メロに相関性が強い箇所は、ビクシ君に歌を担わせて僕がフレーズを弾くと言うのを最近はしているのだが、ビクシ君から「僕が歌ったリーダーの曲は、ノルマのカウントを0.5曲にしますねっ」と言われる始末で、そんな時には「悔しいのう、悔しいのう」とハンケチを噛み涙に咽る次第。

「てかさ、テンション・コード弾かせれば良いじゃん?」と貴方は言うかも知れないが、彼にテンション・コードを弾かせるのは動物に芸を仕込むに等しい。ラッコに腕立て伏せの芸を仕込める人が居たら是非僕に紹介して頂きたい。

そんな訳でなんとかギターを纏めて練習場所に向かう訳だが・・・・、なんだろうこの暑さは。

この様に暑い日は、ゲルマニウム・コンデンサーを搭載したファズが良かろうと、持ち出すはFFM4。

IMG_4368

ダースベイダーにしか見えないのは俺だけではあるまい。そう言えばこれのレビュー未だだな。うん、まぁ、追々しますね・・・・。

そんな訳で練習場所に向かうワタクシ。楽器屋さんには1件だけ立ち寄ったが目ぼしい物は無し。

練習場所は思いの外の賑わい。今日は大所帯バンドが多い模様。

我々よりご年配と思しきおじさま方は練習前にビールをお飲みに。そう言えば、先日練習後も練習場所の待合室に居座って飲み会を演じているバンドを見掛け、本日も見掛けたのだが、品がある無い以前に邪魔なので止めて欲しいと心から思う一方、周囲に人が立っているのに、料金を支払っていない練習時間後も長々と平気で座って居られる方がどんな歌詞を書かれているのか是非知りたい俺が居る。繊細な恋愛感情とかの歌詞だったら・・・・うん、オジサン悶えるから是非見せてくれ。

練習は粛々と。

BlogPaint
(短パン率が高い本日のフジコ・オーバードライブの皆さん。最近、ジム通いのビクシさんの肉体がマッチョでなんか気持ち悪い)

既にアレンジが固まった曲は軽く流す。「インテリジェント・デザイン」と言う曲のビクシ君のイントロのギターが明らかに変な音が出てたが取り敢えずスルー。再考して来るでしょう。

そんな訳で本日のメインディッシュ、ビクシ君の新曲「ノート」に取り掛かる。

大まかなリズムやBPMは前回の練習で定まっていたので、細部を煮詰めて行く感じ。僕にとって重要な確認事項である「家で考えたギター」は・・・・うん、今一だったよパトラッシュ。

ある程度やって今日は此処までと相成る。長年のバンド活動で学んだ事は「試行錯誤はある程度まで」。やり過ぎても結果は付いて来ない事が多い。録音物を聞いて、此処はこうした方が・・・・をした方が宜しいと学習している。

時間が余ったので僕の新曲「大人のナイフ」に取り掛かる。家人に「タイトルがXXXみたいwwww」と言われてモチベーションは可成り低いまま取り掛かったので投げやり気味に披露したのは内緒なんだぜ。

練習後は飲み会。

ビクシ君が、会社でお世話になっている方のライブを見に行くと言うので不参加。The Beatlesのコピー・バンドと言う事で、予め教えてくれてたら行きたかった旨の話をすれば「だって、足元ボリューム・ペダルしかない人ですよ?興味ないでしょ?」と言われる始末。

いや・・・・別にエフェクターの数で行く行かないを決めてる訳じゃないんだが・・・・?

そんな訳で3人の飲み会。この展開は・・・・長丁場がデフォルト。

あれやこれやと話をしていたのだが、Takayuki君が「この大辛ドライカレーっての食ってみません?」となんかチャレンジングな事を言い出す。この酷暑の中、エアコンが壊れ2週間のTakayuki君は、どうやら暑さで色んな所が壊れてしまった模様。チャレンジングなオーダーは爆弾物処理班エクソビクス君が居る時に言って欲しい・・・・。

「1FにあるCoCo壱で作ってんじゃねえか?」との疑惑があるも取り敢えずオーダー。

・・・・辛い。物凄く辛い。

Takayuki君は辛さに耐性があるらしく「いや、美味いですよこれ」とわしゃわしゃと食っていたが(やっぱどっか壊れてたよ、彼)、ワタクシはお米一粒ずつツマミ感覚で食べていた。次回はビクシーにお見舞いしてやろう。

結局22時までグダグダと呑む。会話の内容は大変に爆笑が多かったのだが、飲み会の席では(も?)発言を忖度しないベースの大先生の発言を書く訳には行かないので割愛。

お一人3500円で安いなあと思ってたら計算間違えだった。うん、あれだけ食って飲んで3500円じゃ安過ぎると思ったよw。

本日のギターは勿論、Archtop TributeはAT130

securedownload

足元はこんな感じ。

IMG_4370

FFM4 
Joe Bonamassa Fuzz Face Mini(JImDunlop)~ファズ

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

DM-2(BOSS)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター

Dynamic Driverは想像以上に良かった。密度の濃さと分離の良さが良い感じにチューニングされていて、弾いてて大変に楽しいペダル。強烈な個性がある訳ではないが故にスルーされる可能性も多いが、素晴らしいペダルだと思う。

FFM4は別途紹介します。

最近のファズの使い方は、ギターのボリュームを絞ってエンハンスが効いたクリーンを作り・・・・のみになってきました。ブオーって感じで低域が出るファズ・サウンドは使ってないです。

FFM4の紹介と前後するかもですが、「この使い方に限定するならJava Boostで良いんじゃねえか?」と思い始めているワタクシ。

散々嵌ったFuzz Face Miniですが、出口が見えて来てしまった様なそうでない様な・・・・。

第310回練習便り

リーダー

リーダーです。

梅雨ですねえ・・・・。

雨の何が嫌なのか、と真面目に考えて気付く理由は「機動力の低下」。

狭い歩道に傘が鬩ぎ合って歩き難い、とか、濡れぬ様に歩くのが億劫、とか、行動に対する制限が発生してしまうのが嫌な様だ。

そんな訳で、どうしてもじゃなければ雨の日は態々出掛ける事もしないし、梅雨の時期に予定を入れるなどもしたくないのであるが、先の金曜日に、以前お世話になっていた会社の方からお声掛け頂き日比谷へ向かう。幸いにも雨ではなかった。

梅雨の晴れ間の金曜日の銀座~日比谷界隈ともなれば嘸かし混んでおろうと覚悟して行ったが然程でもなく、ミッドタウン日比谷に初上陸。楽器屋は、無かった(あったら吃驚だ)。

男女4人で楽しくお食事させて頂き近況報告。開始時間が晩かったのでもう少し話したいと、1名除いて2次会は新橋のガード下。

ガード下で食べた塩昆布キャベツの方がミッドタウン日比谷で食べたスペイン料理より美味しいと思ったワタクシは庄屋舌。

終電間近の山手線で帰宅したのであるが、久々に激混みの山手線に乗った。近くに居た若い女性二人が「ありえへんわ、こんな混んでんのありえへんわー」「うん、ありえへん」「でしょ、ありえへんって」とずーっと言っててなんか可愛かった。確かに有り得ない混み具合だったけどw。

ターミナル駅で下車すれば、いつもは華やかな行き先案内板が沈黙してて、なんかちょっと得した気分。こう言う雰囲気が好きだったりする。

話は前後するが、晩くなる事が分かって居たので早く帰れた木曜日に事前練習をしたワタクシ。

世界的に無かったであろう事にされるであろう次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の次のCDの収録予定曲6曲を練習した訳であるが、うん、まぁ楽なのだ。

今取り掛かっている曲は「ギターこんな感じにするから・・・・」でアレンジが決まらぬ様にしていてると言うか、バッキングをメインにしようと思っていて、結果コード弾きが中心なんで、展開さえ確認すれば良く事前練習が楽。

トータルなアレンジも、1曲除いて余り口に出していない。

理由はまぁ色々とあるんだけど、まぁそうしてみようかと思ったんだ。

練習行く前にも軽く練習し、曇天模様の梅雨空の下、練習場所へ向かう。

立ち寄った楽器屋さんで「ムムム….」と悩むエフェクターあるもスルー。スルーした理由は、位置的にはファズの場所に入るエフェクターなので、ファズに飽きる・・・もとい、ファズを使わないと判断する迄は、との自制心から。

そんな訳で練習開始。

BlogPaint

上記は「準備万端な3人」。一方、ベースの大先生はと言うと・・・・。

BlogPaint

一生懸命何かを聞いてらっしゃる。

「新曲を作って来て、メロディを思い出しているんだな」とそっとしておけば、事前練習する時間が無く、既存曲を一生懸命思い出してらっしゃる最中であった・・・・。

最近「ボケない為のバンド活動」の様相を呈してきたフジコ・オーバードライブである。色々と大丈夫なのか我々は。

練習は、粛々と。

今回はベースの大先生のミスが大変に目立つ展開。

暫く我慢していたが、流石に間違いが多かったので、「インテリジェント・デザイン」と言う曲を終えた際に苦言を・・・・と思えば、ベースの大先生が遮る様に「ビクシーのリフにずれている音がある」と言い出し話題はそちらに。

匠の技で非難を避ける術を身に着けたベースの大先生。そろそろVARを導入すべきかも知れぬ。

一通り課題曲を練習し、ビクシ君の新曲に取り掛かる。

これがねぇ、もう本当に良い曲で驚いた次第。プロの楽曲であれば、僕はお金出して買っても良いと思う秀逸なメロディであった。

以前よりメロディメーカーとしてビクシ君には絶対敵わない思っており、歌詞に関してはベースの大先生がバンド随一に思っているので、

作詞:ベースの大先生
作曲:ビクシー

にするのがバンドとして一番良い様に思う。歌も勿論ビクシーで。

その提案をしてみれば、僕以外全員がうにゃうにゃうにゃと言うリアクション。

「敢えて最善を選択しない。理由は無い」と言うのがデファクトスタンダードなフジコ・オーバードライブ。うん、謎である(お前もメンバーだろうが)。

大体だ、僕がバンドをやっている主目的はギターが弾きたいであって、で、好きなのはアンサンブルが纏まる様なギターを提供するであって、曲書いたり歌ったりとかは好きじゃないのだ(特に後者は好きじゃない)。

なんでバンドで一番曲書いて一番歌ってるのか、それが一番分からぬ(お前自分の事だろが)。

閑話休題。

「曲の雰囲気を決定付けるギターは弾かない」をテーマにしているので、アンサンブル上必要なメリハリを弾こうと思ってたが、イントロでこのテーマソングをフレーズとして弾いちゃうワタクシ。



とある曲で、ビクシ君が歌メロをなぞる様なギター・ソロを弾いていて、で、その手のギター・ソロを好まぬワタクシ(とベースの大先生)であるが、普通に「それ止めて」と言っても止めてくれない天邪鬼ビクシー。

それを止めさせる為のストーリーとして、

・クリエイトのメロディを弾く
・「それは止めて」とビクシ君が言う
・これ止める代わりにあの歌メロなぞりのギター・ソロを止めろと提案
・双方歩み寄り

を考えての事だったが、どうやら俺はビクシーと言う野郎を侮っていたらしく

「いやリーダーそれマジで良いっすよ、もう絶対それで行きましょう!てか天才かアンタは!」

と大乗り気で思わぬ展開に。

自分で弾いときながら、その自分が必死に「これは止めよう、止めようよ」と懇願する謎の展開。

「止めた場合は・・・・貸しですから」と何故か力関係が劣後する始末。どうしてこうなった。

ある程度あーでもないこーでもないをしてTIME UP。この曲は非常に重要な曲であるので、しっかりと纏めようと思う。

練習後、飲み会。

ビクシー「最近、バチェラーとテラスハウスに嵌ってましてね」

リーダー「・・・・はぁ」

ビクシー「まぁ、面白くない時も多いのですが、問題児が居るとこれが面白くて面白くて」

リーダー「・・・・ほぅ」

ビクシー「なんでしょな、男女の下種な絡みってのがマイ・ブームなんですわ」

リーダー「あーゆーのってさ、脚本あんじゃねえの?」

ビクシー「脚本の有無なんざどうでも良いんですよ。下種な絡みさえ見れれば。ああ、もっと下種な展開を!」

リーダー「・・・・」

えー、何方でも構いませんので、彼とお付き合い頂ける女性居りませんでしょうか?橋下徹激似ながら、サイモン・コーウェル要素もある不思議な顔立ちですが、職あり家あり次男坊と言う、傷物ながらお買い得物件です。なんかもう・・・・最近の彼の病み具合がとてもとても見てられないので何方か彼に安らぎをお与え下さい。プロアマ自薦他薦問いません。

リーダー「バチェラーは兎も角、テラスハウスって流行ったの随分前じゃない?」

ビクシー「良いんですよ、俺は時代に遅れてマイ・ブームが来るんです」

ベースの大先生「分かる、分かるぞ」

securedownload (2)


ベースの大先生「リーダー君って漫画読むの?」

リーダー「ONE PIECEHUNTER×HUNTER位かな?」

ベースの大先生「意外な趣味だなぁ」

リーダー「俺さ、話が進むに連れ平仄取る展開って駄目でさ」

ベースの大先生「どう言う意味?」

リーダー「ほら、キャラクター設定が手探りで、物語の最初と比べてキャラクターが変わって来るとか、なんかそう言うの駄目でね」

ベースの大先生「ふぅん」

リーダー「ONE PIECEとHUNTER×HUNTERって、ちゃんと先々の展開が練られている感じで、安心して読んでられるんだよ」

ベースの大先生「成る程・・・・」

ビクシー「アダルト・ビデオでくノ一物、忍び物ってジャンルがありましてね」

リーダー「・・・・どうした突然」

ビクシー「そのシリーズ、序盤のストーリー仕立ての部分、展開とか映像の取り方とか、物凄く凝ってるんですよ」

リーダー「へー?」

ビクシー「なんですけど、どれもこれも結局敵に捕まってあんあんあんあんってなるんですが、そうなった時の雑さが凄いんですわ」

リーダー「・・・・同じ次元で話してる様な雰囲気にしないでくれないか?」

前日も晩かったので、キリングフロアー2をやる為に帰宅するビクシ君に合わせて先に帰宅。

飲み足りぬリズム隊は延長戦に。サドンデスが無い飲み会なので、以前終電に乗り損ねたらしいが今回は大丈夫だったのだろう・・・・か?

ギターは勿論AT130

securedownload

ブリッジの交換の効果を存分に感じた。同時に行ったポットの交換による影響もあるのかもだけど・・・・。

チタンサドルって、やっぱサスティンが稼げる感じがなく、主だった特徴は倍音を纏めるだと思った。ベースの大先生が、「なんか今日はビクシ君のギターが大きく感じられた」と言ってたが、僕の倍音が纏められたからだと思う。バンド・アンサンブルでの分離が良くなった感じ(良し悪しじゃない)。

個人的には狙った感じであったし満足であるが、練習の録音物を聞いてアンプの設定は弄るかも(今回も少し低域を足す感じにした)。

サウンドは良い感じに纏まったので、これ以上改造はしないと思うが、敢えて是正したい点を上げれば、フロントとリアのバランスの悪さ位か。

フロント・ピックアップはGrinning Dog Studioさんでコイルのターン数を8,000に抑えたP-90を作って貰ったのだが(通常は10,000ターン)、それでもリア比でフロントの方が大きく、フロント、リアの切り替えではバランスは取り難い。

但し、このバランスでのセンターのサウンドが大変気に入っているのでピックアップ交換は考えていない。

続きまして足元。こんな感じで挑みました。

securedownload (1)

FFM1(Jim Dunlop)~ファズ

Fulltender
Jersey Girl Homemade Guitars)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

DM-2(BOSS)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター


前回との違いはFFM1。

Fuzz Face Miniシリーズの中では、「ハイゲイン」「ドンシャリ」とも評されるFFM1だが、個人的にはフラットな特性を持っている機種と僕は思っている。ゲインに付いてはインプットゲインの違いではないだろうか。

購入したものの実践投入は未だだったので試してみた。

結果は・・・・うん、手持ちのFuzz Face Miniシリーズ中では、FFM3が一番バンドに合っている様に思った(あくまで「フジコ・オーバードライブで使うなら」です)。

FFM3とFFM1の違いは、FFM3の方がダークな質感で、毛羽立った感が少ない。

バッキングでの使用で使うのを主としており、エンハンスの効いたクランチ、ブーミーな歪みを使い分けているのだが、FFM3の方が良い感じでアンサンブルに馴染む(しつこい様ですが「フジコ・オーバードライブで使うなら」です)。

こうなって来るとそのニュアンスが強いFFM2も気になってならぬ。



やっぱ・・・・買おうかなぁ・・・・。

そう言いつつ、最近はこれも大変に気になっている。



ファズのマイ・ブームは未だ続きそうな予感。

そんな練習で御座いました。

第309回練習便り

リーダー

リーダーです。

梅雨入りしましたねぇ(@関東)。

梅雨の花と言えば紫陽花・・・・なのは分かっておりますが、故郷北海道では晩夏から秋口に掛けて咲く花であるが故に、故郷を離れて久しいながらも、僕には晩夏の花なのである。

素人俳句を詠む母が、北海道に居ると季語がなんせ合わないと嘆いていた事があったが、吹雪の中で春の句を詠むと言うのは流石に滑稽であろうのは想像に難くない。まぁ、季語そのものが現代の季節と一致しているかと言うと・・・・だが。

そんな梅雨入りのジメッとした土曜日は練習。

前日の金曜日に腰落ち着けて此処最近の練習テイクを聞く。最近バタバタで聞けていなかったのでね。

気になった点をメンバーにメール。この手のメールにレスは無いが泣いてない。

休日も平日と略同じ起床時間のワタクシは練習日当日の朝から事前練習に余念が無い。家人が所用で帰省しているので遠慮なくギターを弾く。

課題曲を一巡。時間があったのでもう一巡は曲に合わせて別のフレーズなんぞを適当に弾く。こう言うのから時々アイデアが出る。

自分の曲では「歌を歌う」と言う苦役があり、歌いながらだとコード弾く程度しか出来ないポンコツ・ギター弾きであるので、自分の曲でリフとかを弾くのは何とも新鮮で楽しい。

そんなんしてたら「インテリジェント・デザイン」と言う曲で感じる違和感。

この違和感は何だろう・・・・と考えて気付く。「没のバージョンやってたわ・・・・」と。

僕は曲を作る際、時々複数のバージョンを作る事がある。

一応取捨選択はするのであるが、どっちが良いのか分からぬ事もあり(どっちも悪いと言う事が多数)、「ガーデン」と言う曲では、居合わせた知り合いの女性に「どっちが良い?」と聞いた事もある始末。

で、「インテリジェント・デザイン」と言う曲は3バージョンあり、没にしたバージョンを今まで一生懸命(でもないけど)練習していた事に今になって気付いたのである。

この場合、取るべき道は2つ。

①素直に謝ってやり直す
②割り切って今のバージョンをやる

どうしようかなぁと逡巡してて気付いた。

問題の個所はサビのメロディだけなのだが、別バージョンを言っても幸いにもコード進行は変わらない。

しかも、上記メンバーに送ったメールで、この曲のサビはコーラスは要らぬと書いた。

要するに「しれっとサビのメロディを変えても問題ない」のである。

メンバー「あれ、今までとサビのメロディ違いません?」

リーダー「そんな事無いよ?どうした、ボケが始まったか豚野郎?兎に角黙れ。な?」

うん、大丈夫そうだ。と言う訳で

③しれっとサビのメロディを変える

この第三の選択肢の存在に気付いた天才は、ホクホク顔で正しいバージョンの歌詞をプリントアウトして気付く。

「メンバーに没バージョンの歌詞カード渡してんだった」

と言う訳で、「①素直に謝ってやり直す」を選択したワシントンより正直者のワタクシは、メンバー分の歌詞カードもプリントアウトしたのである。

曇天模様の空の下、ぶらぶら向かうは練習場所・・・・の最寄りの楽器店。

残念ながら食指が動く物は無い。「FFM2があったら・・・・」とか一切考えていない。そんな訳無いでしょう、嫌だなぁ・・・・考えていないってば。

そんな訳で練習開始、しようと思ったが待合室に忘れ物をした事に気付く。

リーダー「悪い、ちょっと待ってて」

メンバー「おう」

スタジオの重いドアを開け待合室に行けば、そこには練習を終えた女学生達。そして部屋から聞こえるディレイ・ギター。

女学生A「なんかディレイの音凄いね(笑)」

女学生B「ほんとだー(笑)」

この事実をディレイの発信源に伝える。

ビクシー「ねぇリーダー、人間は何処から来て何処へ行くんでしょうね?」

知らねーよ。

この日の彼は、ディレイの音が控え目であった。

で、練習。

ベースの大先生の楽曲「シアン」は流石にもう纏まった感じ。続いて取り掛かった「モスクワは涙を信じない」は、コーラスを入れる箇所とBPMを確認。これももうこんなもんじゃないかと思う。

続いてはベースの大先生の楽曲「クリシェ」。イントロを短めにしてみる。うん、さっぱりして良いと思う。

この曲ではファズをずーっとONにしてみた。

リア・ピックアップを選択、ギター側のボリュームを絞り、強く弾いたらクランチ、程度の設定。エンハンスが効いた、ジャキッとした質感が心地良い。

この曲もまぁ、こんな感じで良いんじゃなかろうか。

そして問題の「インテリジェント・デザイン」。

リーダー「さーせんしたあああああ、没のバージョンで練習してましたあああああ」

メンバー「は(怒)?」「え
(怒)?」「あぁ(怒)?」

メンバーから人格を否定する罵声を浴び復讐を誓う。覚えていろよ貴様ら。

イントロとAメロはD△7‐G△7と言うコード進行なのだが、それぞれF#mとEmの代換コードとしての使用。

リーダー「ビクシー、イントロさ、F#mとEmのマイナー・スケールでリフ作ると良いと思うんだがどうだ?若しくはドリアン・スケールなんかも良いかもだぞ」

ビクシー「すいません、バンド練習中なのでバンド練習の話にしてくれません?」

リーダー「その話そのものなんだが・・・・」

ビクシー「・・・・臭そうなスケールだし面倒だからいいっす」

リーダー「D△7‐G△7で敢えてF#mとEmのマイナー・スケールとかドリアン・スケールでリフを弾けば女学生に一目置かれるかもだぞ」

ビクシー「今すぐにそれを俺に教えるんだ。あ、そのスケール会得したらスタジオのドア開けといて下さい」

リーダー、メンバーの操縦法を学びつつあります。かと言って「馬鹿の枢軸国」と呼ばれて久しい我々な訳で、その操縦が出来たからって役に立つのかと思わなくもない。

続いては、前回練習より取り掛かり、既にアレンジが固まりつつある「いつかこの段差すら超えられない日が来たら」に取り掛かる。

サビをビクシーに歌わせたりなんだりを決めて「ま、こんな感じ?」と相成る。こんなんで良いのかと思わなくないがこんなんしかアレンジが思い付かない曲でもあるんだからどうしようもない。

リーダー「ビクシー、曲あるだろ、出せ」

ビクシー「な、なんで分かるんです?」

リーダー「金曜日の貴様のTwitterの更新が少なかったと言う事実、二日酔いですと言ってないのでジュンジュンちゃんと飲みに行ってた訳でもないだろうと言う推測から、だ」

ビクシー「・・・・監視社会に生きてる事をこれ程実感した事は無い」

歌詞は未だ、と言う事だが取り敢えず取り掛かる。うん、凄く良いメロディじゃないか。

数回繰り返し、次回へ持ち越し。良い感じだから取り掛かるのが楽しみである。

そして本日のメイン・イベント「戦場に一番近い場所」に取り掛かる。

気になる箇所をパーツに分けて詰めて行く。

過去の自分達の曲を聴く事が稀にあるのだが、このアレンジどうやってバンドでコンセンサス取ったんだ?と思う事が時々ある。

この曲のアレンジは割かし彼是やって来ている方だが、後から聞き直して非常に普通なアレンジに仕上がりそうである。

苦労した割には、普通。

なんだろう・・・・虚無感。

なんとか纏まり、後は反復練習かなと言うレベルになった。良かった良かった。

練習後飲み会。こんな話題で盛り上がる。

securedownload

リーダー「ビクシーさ、君のノルマもう1曲だよ?出来そう?」

ビクシー「歌詞がねぇ、出来ないんですよ」


リーダー「歌詞があれば曲が出来るのか?」

ビクシー「・・・・そうは言ってません」

ビクシー君のお母さま江>お子さんは嘘を付く子に育った様です。

ビクシー「それよりHotel Oregon Banquetですよ。裏ジャケこの場で作るんでTakayukiさん、デザイン宜しくです」

メンバー「「「この場で???」」」

securedownload (2)

securedownload (1)

securedownload (3)

securedownload (4)

リーダー「・・・・随分と簡単に書いてくれるじゃねえか」

ビクシー「楽勝ですわ」

リーダー「どうでも良いが、ファズのスペル違うぞ」

ビクシー「スペル覚えたくない位ファズが嫌いなんですわ」

リーダー「ファズがマイブームなんだが?」

ビクシー「迷惑なんで早くブーム終わって下さい」

本日のギターはこれ。

securedownload (10)

最近すっかりお気に入り、Archtop TributeはAT130。ステンレス・フレットに打ち換えたい。

足元はこんな感じです。

securedownload (2)

FFM3(Jim Dunlop)~ファズ

Fulltender
Jersey Girl Homemade Guitars)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

DM-2(BOSS)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター


うん、まぁ、暫くこれで良いんじゃないか?と思える組み合わせである。

FFM3はやっぱ気持ち良いなぁ・・・・ビクシーが何と言おうが使うぞ俺は。

設定は、Volume2時、Fuzzはマックス、ギター側はリア・ピックアップを選択し強く弾いたらクランチ程度に歪む位にボリュームを絞る。

ブーブームームーなファズの使い方ではないが、これ位が心地良くて良い。これ以上やるとビクシーにOFFにされるw。

手持ちのFFMシリーズで、FFM3がギター側のボリュームを絞った際の追従性が良いのですが、次回はFFM1を試そうと思っている。

securedownload (6)

FFM1はFFM3比フラットな感じでゲインが高い。

FFM3で、ギター側のボリュームを絞ってクリーン~クランチを出す場合、ファズはマックスにしないと良い感じにならないのだが、この設定だとクリーンを出す為にボリュームを絞ると音量がちょい不満。

ゲインが高いFFM1なら、ファズをマックスにしなくても良い感じのクランチが作れるかも?と思い試したくなったのである。

折角買ったんだし試したいと言う気持ちが7割だけどw。

コーラスのCE-5もやっぱり使い易い。AT130は低域が出るので、2バンドのイコライザーがあった方が使い勝手が良い。

久々登場のDM-2も良かった。踏み易いし、サウンドは良い感じだし、これで良いでしょう。

Fulltenderとmicro amp +は変更していないが、変更していないのは気に入っているから、で御座います。

欲を言えばトレブル・ブースターも入れたいし、フェイザーがあると良いなぁとも思うが、ペダルは5個までが身上のワタクシ。構成は暫くはこれで行こうと思う。


そんな練習で御座いました。

第308回練習便り

リーダー

リーダーです。



20歳なん?格好良いなぁ、オジサン応援しちゃうぞっ。

この曲も好きだな。



ま、それは兎も角・・・・。

今週は平日の営業時間外も用事が立て込み何かと落ち着かなかった。

不思議ながら「多忙ながらも安定している」ってな時もあるが、今週はそれではなく、只、落ち着かない。

落ち着かない理由の一つにちょっとした憂いがあったが、それは杞憂に終わり、ホッと気が抜けたり。

「人は過度なストレスがかかると身体の弱い所に症状が表れる」と割と真面目に思っているのだが、身体的な不具合は無く、してみるに大したストレスではなかったのであろう。

そんな落ち着かない一週間であったので、時間があるタイミングで事前にバンド練習をしておこうと我が愛器Archtop TributeはAT130を手にすれば、なんとも違和感がある。

securedownload (10)

なんか、弾き難いのである。

「ネックが反ったかな」と目視してみるも分からず、「気の所為か・・・・」と自分を納得させるもやっぱり違和感がある。

「目視では分からない程度のネックの反りがあるのかも?」とトラスロッド・カバーを外す。

securedownload

トラスロッド・カバーを初めて外したが、コンパウンド等も残っておらず綺麗でちょっと感動した。丁寧な作りがこんな所からも垣間見れる。

で、ネックを調整すると、おお、格段に弾き易い。

僕の目視がいい加減なのかも、だが、目視に頼らず、基準値(弦高6弦12フレットで何ミリ、等)に頼らず、自分の感覚で弾き難いと感じたら調整しても良いんだな、調整すべきなんだな、と思った。

為念でピッチ調整するも合っており、人によっては許容範囲の誤差レベルなんだろうが、気になるなら調整した方が良いんだな、うん。

ではトラスロッド・カバーを元に・・・・と探せどトラスロッド・カバーが無い。

「ななななななんで?」と探しまくれば・・・・

securedownload (1)

挟まってたよ、ダーリン。灯台下暗しとはこの事じゃ。

ホッとするも束の間、今度は螺子がねえよ。

結局見付かったが、自分の落ち着きの無さを再認識した次第。うん、恥ずかしいったら!

そんな訳で事前練習。

「ううん、”クリシェ”は流石にもうちょっと歌は声張らないと駄目じゃねえか?」とか「”戦場に一番近い場所”はリズムがなんか纏まってねぇなぁ」とかブツブツ言いながら練習。

興が乗って1曲作る。と言うか仕上げる。

僕のノルマは1枚のCDで5曲。これで4曲目。後1曲は暫くしてから作る事にしよう。未だアレンジが固まっていない曲も多いし。

んで話は飛んで金曜日。

Naked Guitar Worksより、依頼していたGretschはG6120DCのフレット交換&ピックアップ交換が完了したとの連絡あり。

土曜日の練習前に取りに行けば、G6120DCの実戦投入が早速出来る一方、家で合うエフェクター等を試す時間までは無く、不安もある。

何より不安なのがネックの状態である。

フレット交換の工程がネックに与える影響は少なくないと思うが、それが好ましい状態になっているかは未知数。先に書いた通り「こうあって欲しいネックの状態」が必ずしも基準値と一致しない俺は、暫く使って段々と好みに仕上げて行くのであるが、その時間もないのである。

フレットを抜き、指板を調整し、フレットを打ち込む・・・・。フレット1本1本のタング(ネックにフレットを打ち込む部分)の幅は0.数ミリとかだろうが、全部合わせれば結構な幅となり、ネックが落ち着くまで時間が掛かる気がしてならぬ。

加えて言うなら、納得行く改造を済ませたAT130が素晴らし過ぎて「これが、俺の終のギターかも知れぬ」と思っている最近、AT130を使いたいと言う気持ちが強く、G6120DCを早く使いたいと言う気持ちが萎えて居るのもあるのかも知れない。

「まぁ、取りに行って決めようか」と俺は三社祭が終わって冷静さを取り戻した浅草は観音裏に向かった土曜日。観音裏では植木市が開かれていた。

securedownload (5)

提灯に書かれた店名にとん将ナポレオン・キッシュを見れば食欲が湧いてくると言うもの。

何か口に入れたいなぁと思うも、時間が早く両店共に開店前。

N.G.W「出来ましたよ」

リーダー「おお、有難うどれどれ・・・・」

securedownload (6)

リーダー「期待通りであるが弦高はもう少し下げられそうだね」

N.G.W「御意。ちょっと下げましょか」

リーダー「頼むよ」

と即時に対応してくれる小園氏。弦高を下げるだけかと思えばネックの調整も施す。

リーダー「弦高を調整したらネックの反りも調整するの?」

N.G.W「必ずしもそうではないのですが、弦のテンションが変わりますからね。調整した方が良い事が多いです」

リーダー「先日、AT130の弦高をちょっと下げたら違和感があって、目視では分からない程度の反りが合ったんだけどそう言う事ってある?」

N.G.W「往々にしてありますよ?目視は分かり難いですし、最後は音と感覚じゃないですかね」

感覚的な側面があるネックと弦高の調整。そりゃあ手にしたギターの数が多い人の方が優れた感覚があると思う。プロは違うなと再認識。

リーダー「うん、有難う。早速今日の練習で使うよ」

N.G.W「間に合って良かったです」

リーダー「試してステンレス・フレットが良かったら、AT130も交換をお願いするかもだ」

N.G.W「AT130・・・・ああ、あの井村屋のあずきバーみたいな色の・・・・」

リーダー「あずきバーじゃねえよ、メタリック・バーガンディだっ」

珍しく友好的な会話も、最後はNaked Guitar Worksの挑発行為で台無しとなる。

「二度と来るか!」「二度と来るな!」との罵声のコミュニケーションを取った後、家に帰って暫し試す。うん、今日の練習で使おうと決意。凄く良かったからと言うより、判断が出来なくて試してみようと思ったからなだけw。

ぶらぶらと練習場所へ向かい、楽器屋さんに2件程立ち寄る。

最近目が行くのは矢張りファズ・・・・と言う事は無い。僕はFuzz Faceを使いたいのであってファズが使いたい訳ではないのである(元も子もない発言)。

今のうちに宣言しておこう、僕はFFM1も買うと思う。



ま、それは兎も角。

彼是見て回るもグッと来るものはない。FFM1が売られていたが手を出さなかった。今日はFFM6を試したいと思っていたので。

んで、練習。

BlogPaint

ベースの大先生の「シアン」は固まった感じで早々に終え、続ては僕の「モスクワは涙を信じない」に取り掛かる。

前回練習でエンディングを延ばしたのだが、すっかり忘れてたドラムのTakayuki君が短く終わってしまい、鏡越しに彼を見れば、諦めの表情で佇んでいた。

泰然と他のメンバーが終わるのを待つその姿は何とも新鮮で、僕が彼の立場なら慌てて叩き始めるだろうになぁと思って見ていた。

続いてはベースの大先生の「クリシェ」。

演奏は固まった感があるのだが、ビクシ君に一部の歌を担わせるか、担わせるのであれば何処か、を大先生とビクシ君が話し出す。

口出しをする場面じゃないかなと足元のFFM6をしみじみと見る。ううん、やっぱ可愛いなぁFuzz Faceは。

2人の間で合意が得られたらしく、取り敢えずもう一回と相成る。

この曲、なんかα波が出てどうしても眠くなる。で、眠くなったらファズを踏むってのを実践してみる。まさかメンバーも「目を覚ます為にファズを踏んだ」とは思っていなかろう。

続いては僕の「インテリジェント・デザイン」。イントロとAメロはD△7‐G△7なのだが、ビクシ君が
D△7‐の所でDメジャーを弾き始めたので窘める。因みに窘めたのはこれが初めてではない。抑え方も教えた。しかしちょっと目を離すとこうなってしまう。言わないでいるといつの間にか合意した事になっているので今の内に徹底的にNG出しておかないとならん。

彼に△7を認識させるのは、犬に芸を教えるのより難しい模様・・・・。

エンディングの転調が要らないんじゃねえか?と言う話となりアレンジを施す。ギター・ソロの所で既に転調していて、更に転調して歌が入るのだが、ギター・ソロの後に転調した歌は省いてイントロに戻って終了と相成った。歌わなくなり、更に短くなるならウェルカムなワタクシ。今日一番のプレゼント。

続いては僕の「戦場に一番近い場所」。

「次のCDを配布してないのに曲がどんどん増えるのはどうか?」との発言がTakayuki君よりあり、であればドラムの作曲に合わせてアレンジを考える曲を作ろう(=Takayuki君がドラムをこうすると決めないと先に進まないよ?)とこの曲を作ったのだが、前回練習を聞く限り取っ散らかった感じが拭えず再試行。

リーダー「1番終わった後の太鼓がドンドコする箇所はもっと抑え目な控え目ドンドコの方が良いんじゃないか?」

ビクシ君「確かに。あそこのドンドコを控え目ドンドコにして、2番終わった後のドンドコを溌剌ドンドコにした方がメリハリが出る」

リーダー「そうだな。で、その溌剌ドンドコからエンディングに向けてもっと溌剌ドンドコにして、エンディングはエンディング・ドンドコにして・・・・」

Takayuki君「ドンドコドンドコうるせえぞ、其処の二人ぃ。ドンドコ言いたいだけだろ?」

リーダー「いや、ドンドコドンドコって口で言うと気持ち良いドンドコよ?」

ビクシ君「そうだドンドコ。会話のセンテンスにドンドコ入れるとアドレナドンドコが出るドンドコ」

リーダー「気分を盛り上げるのは大事ドンドコよ?」

ビクシ君「ところでドンドコって本当は何て言うドンドコ?」

リーダー「タム回しドンドコよ」

ビクシ君「盛り上がらない言葉ドンドコねぇ。ドンドコの方が盛り上がるドンドコ」

Takayuki君「その辺にしとけよお前ら?な?」

リーダー「ビクシー、この辺で止めておこう。アイツのシンバル、盾にもなってそっからミサイル出るらしいから、生身だとやばいぞ?」

Takayuki君「ギャンじゃねえよ」

この曲はなんかBPMがバラバラだった。早かったり遅かったり。

声を張る曲なのであんまり遅くなると困るし早くなると歌い回しが大変。

BPM固めといた方が良さそうだ。

この時点で練習開始から1.5時間。

リーダー「新曲がある」

他のメンバー「「「え?もう?ドンドコ?」」」

と言う訳で僕の「いつかこの段差すら超えられない日が来たら」に取り掛かる。

リーダー「30分でアレンジ終えるぞ」

他のメンバー「「「え?はぁ?ドンドコ?」」」

結果、20分で終わる。安易過ぎるかもだが、安易で良い曲は長々やる必要はない。換言すれば「長々やっても意味がない場合が多い」と思う。それに我々の場合、練習する⇒練習の録音を聞く⇒修正、が長年の経験で身に付いた曲の仕上げ方になっているので(その場でアイデアがどんどん出て来るスキルは我々には無いったら無い)。大体・・・・曲も10分程度で作ったもんだし。

練習終了まで1時間あり、じゃあ6曲おさらいしましょか?となり取り組むも、演奏はどんどん雑になる。雑な演奏は疲労感が増す気がするがどうだろうか。

練習後、飲み会。

練習段階から知り合いバンドSummer Solsticeのオータ君が久々に遊びに来る(練習時から居た)。遅れて「来るんじゃねえよ」と言ってたのに同バンドのずんも来る。

ベースの大先生「それにしても日大ってのは何故にあんなに人材が豊富なんだ?」

リーダー「うむ。次から次へとボスキャラが登場する最近であるが、個人的にはあの記者上がりの司会者の方の秀逸さで更に目が離せなくなった。特に”ブランドイメージは下がりませんっ”と食い気味に言い切れるのは素晴らしい。確かに彼の登場であれ以上イメージが下がり様がなくなったしな」

Takayuki君「コーチ出演疑惑があるホ〇ビデオが現在高値で取引されているとか・・・・」

ベースの大先生「日大のキャラクター設定は見習うべきだと思うんだよな。次に出て来るキャラが気になってチェックしちゃうもんな」

ビクシ君「確かに。一方の我々はと言うと・・・・石破茂似、橋下徹似、マ・クベ似、ひょっこりはん似・・・・小粒で局地的な笑いが起きる程度だもんなぁ」

オータ「でもビクシーさんさ、ジム行って身体引き締まって橋下徹感が薄くなりましたよね?」

リーダー「そこで、だ・・・・」

securedownload

ビクシ君「石破茂がタンクトップ、ぴちぴちのパンツ、胸毛・・・・オーガニックさの欠片も無い」

Takayuki君「濃過ぎるのは・・・・ちょっと。毎回飲めない位に濃いスープ出されるのは・・・・ちょっと・・・・なぁ」

ビクシ君「あれ、Queenの他のメンバーはどう思ってたんでしょね?」

ベースの大先生「ドラムのロジャー・テイラーは、”シングルのB面全部俺の曲にしてくれたら何も言わねえ”と言って、(A面が売れて)ちゃっかり大金持ちになったらしいぞ。強かさがある」

リーダー「お前らやったら?」

オータ「いや何を?」

リーダー「お前がフレディ的な格好でステージに登場して来たら俺達は全面的に支持するぞ」

オータ「いや、そう言う感じの曲やってないんですよ」

リーダー「馬鹿野郎!お前がそう言う格好したら、作る曲も自然とキャラに合わせた曲になるんだって。お前らの中で一番ずんが目立つってどうなんだよ?」

ずん「いや、このメンツだったらそう言うもんっしょ?」

ビクシ君「黙れ金髪」

ずん「そう言えばビクシーってマジで離婚したん?うwけwるwwwww」

ビクシ君「ビクシーさんと言えこの野郎」

リーダー「で、お前は彼女居るの?」

ずん「居ますよ。オーガニック系の化粧品を取り扱う業界に居る女性です」

ビクシ君「俺、嫌いな単語ベストテンの一つがオーガニックだわ。なんだあれ」

ずん「僻み乙w」

リーダー「その女性のツテで、フジコ・オーバードライブの独身2名と合コンとか開催出来ないかな?」

ずん「FRIENDって書こうとしてFRINDになっちゃう馬鹿とですか?」

ビクシ君「なんだこの野郎」

リーダー「馬鹿である事は否定しないが、持ち家、次男、資産あり、定職あり、結構な優良物件なんだよ」

ずん「出来なくはないですけど・・・・」

ビクシ君「本当ですか?ずんさん、お願いします」

Takayuki君「なんで敬語になるんだよ?」

ずん「ビクシーはどんな女性が良いのよ?」

ビクシ君「ジャニオタ、変な方向に向上心がある人、はNG。それ以外なら」

リーダー「好みがフォーカスされ過ぎだろ?想像出来過ぎるから止めろ馬鹿」

ずん「その程度の好みだから駄目なんだよビクシーは」

ビクシ君「え、なんでですか?」

ずん「あのな、有史以来どれだけのDV男が居たか想像してみ?最低DV野郎に惹かれる脳が断線しちゃってる女性ってのはいつの世にも居るんだよ。そう言う需要を丁寧に摘み取って行かないと駄目だろ?」

ベースの大先生「お前別にDV野郎じゃないだろ?」

ずん「一例ですよ一例。俺の場合は社交性を生かして絶対的に会う人が多いから彼女が出来るんですよ」

リーダー「一理あるな。神田かどっかの客が少なくて廃業しようと思っていた銭湯が、東京マラソンで急増した皇居ランナーの需要を受け最近は盛況らしいしな」

ずん「でしょう?あと俺はこう見えて年上を敬いますし」

Takayuki君「お前さっきからビクシーの事呼び捨てじゃないかよ?」

ずん「ビクシーはマジで尊敬してないからビクシーでいいんすよ」

ビクシ君「合コンしてくれるってんならため口でも良いや」

リーダー「でも、絶対的に出会う数を多くすると良いってんならビクシーも社交的だぜ?人妻と食事行ったり女性が好きな女性と飲みに行ったり・・・・」

Takayuki君「絶対的な方向性が間違い過ぎててなんかもう・・・・」

リーダー「あー、じゃー、あの、あの女性は?ゴールデン街の店員さん?」

ベースの大先生「なにそれ?」

リーダー「ビクシーが時々行ってるゴールデン街で働いている女性でさ。店で俺達の”君は狂ってる”をエンドレスで流し続けたらしい強の者だ」

ビクシ君「因みに”君は狂ってる”って箇所が聞きたいだけみたいで、其処超えると最初に戻ります」

リーダー「・・・・・」

ベースの大先生「面白い子じゃないか。なんだったら俺達全員でサポートするぞ?」

ビクシ君「サポートってどうやって?」

リーダー「そうだな・・・・例えば君がその店に行ってる時に遅れて俺が行く訳だ」

ビクシ君「ほうほう?」

リーダー「で、開口一番”ビクシーさんじゃないですか!ご無沙汰してます!”とか言う訳よ」

ビクシ君「小芝居を打つ、と。で?」

リーダー「で、俺が言う訳よ。”アイツに貸した500万円、返して貰ったんですか?”とかさ」

ビクシ君「・・・・話が見えなさ過ぎる」

リーダー「君は言う訳だ、”ああ、もう良いんだよ。あれでアイツが幸せなら、ね”とか」

ビクシ君「・・・・取り敢えず、聞き耳は立てるでしょうね、彼女」

リーダー「だろ?で、その後でTakayuki君が入って来る訳だよ」

Takayuki君「俺?」

リーダー「ま、君じゃなくても良いけどさ。で、言うんだよ、”
ビクシーさんじゃないですか!ご無沙汰してます!”と」

ビクシ君「・・・・・」

リーダー「今度は金じゃなくてさ、”次はいつニュー・ヨーク行くんですか?あ、マンハッタンの家は売っちゃったとか言ってましたっけ?”とか言う訳」

ビクシ君「はぁ・・・・」

リーダー「で、その後はベースの大先生が、と次から次へと続けてさ・・・・」

ビクシ君「で?」

リーダー「彼女、何人目で小芝居に気付くかな?」

ビクシ君「何がしたいんだよ、アンタ?」

と言う訳で本日のギター。

securedownload (6)

前述の通り、ステンレス・フレットに打ち換え、フロント・ピックアップをTV JonesのHi Lo Tronに交換したGretschはG6120DC。

その感想は別途。簡単に書くと「ステンレス・フレットは凄く気に入った」「ステンレス・フレットはハイが出ると言うよりサウンドにシャリっとした感じが出る」「少し弦が馴染むとシャリっとした感じは抑えられる」「ステンレス・フレットを否定する人は観念的にステンレス・フレットがNGで後付けの理由を付けているだけじゃないか?と思った」「TV JonesのHi Lo TronよりFilter Tronのポールピース抜いた音の方が好きだったが、ミックスのサウンドはこっちの方が好み」「メイン・ギターにしても充分なレベルになったがAT130には及ばないので準メインとする」「このギターの改造はこれで終了とする」です。

足元はこんな感じ。

securedownload (1)

FFM6(Jim Dunlop)~ファズ

Fulltender
Jersey Girl Homemade Guitars)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

Carbon Copy Bright(MXR)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター


前回練習からファズとコーラスを変更。

FFM6は家で弾く分には楽しいが、ギター側の音量を絞った際のクリーンが作り難く(出来るんだけど結構音量を絞る格好になる)、FFM3の方が扱い易い。

CE-5は2バンドのイコライザーがやっぱり使い易いが、改造したG6120DCなら(AT130よりローが出ないので)CH-1で充分に思いました。

以上です。

と言う訳で、僕のメイン・ギターはこれからは(気が変わるまで)AT130で行こうと決める事が出来た土曜日でした。
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索