四鬼夜行

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

リーダー

第291回練習便り

リーダー

リーダーです。

先日の浅草の焼き鳥屋台での一コマ。

外国人カップル「Beef?」

店主「No、えーっと、あ、Bird!」

外国人カップル「Bird?Oh....」

外国人カップルがドン引きしてたが、鶏もBirdだよな、うん。

語感による印象の違いって英語にもあるんだろうか。

例えば「新鮮な魚」と言うと「美味しそう」だが、「殺したてほやほやの魚」と言うと、何となく食べるのを躊躇してしまう、殺生さを感じさせるニュアンスに思うのだが、「Chicken」なら良いけど「Bird」だと生々しさを感じさせるとかさ・・・・あんのかなぁ・・・・?

ま、それは兎も角・・・・。

先の休日、ビクシ君の新曲のアレンジを彼是考えていたのだが、リズムが未だ定まらずな段階なのでどうにも纏まらずも、ビクシ君の趣旨が「兎に角リズムの揺れが起きない様に」との事だったので(だよな?)、少なくともワタクシ原因の揺れが起きぬ様にと思料し、「まぁ、リズム・パターンを変えなければそんなにずれまい」と取り敢えずアルペジオ全面推しでやってみるも、自分には蜂蜜よりも甘いワタクシですら「これで・・・・良いのか?」のレベルであり、なんとも纏まらなかったのである。

アレンジが進むと不思議と当初よりBPMが早くなる我々であるのだが(段々歌い難くなる事もあるんだなw)、その理由なんかも考えてながらアレンジ考えていたらいよいよ纏まらなくなっちゃったもんで、「知るかぁ!」と相変わらずの無責任さで放り投げ、八女市で購入したこのカレーを食したのである。

securedownload

ドバシカレーと言うカレー。なんか、牛もつ煮込みの出汁で作ったカレーみたいな味で美味しかった。

そんな現実逃避をしつつも、ビクシ君の新曲は「ディレイが合いそうだな」と考えており、手持ちのディレイはディレイ音が籠りがちで、それはそれで良いのだが、ディレイ音がクリアな以下2機種の購入を検討しちゃった始末。





Way HugeAqua PussMXRCarbon Copy Bright、でありんす。

Aqua Pussは、DM-2を模したものと何処かで読んだが、ディレイ音は鮮明もダークに感じた。中低域を持ち上げる感じは寧ろMaxon、Ibanezeの癖に近しいかと思うが、ディレイ音がクリアーなのでアンサンブルで良い感じに抜けて来よう。ウェットな感じなサウンドは、中低域に癖があるからと思料。

Carbon Copyの方は、ディレイタイムも長いし、MODスイッチでコーラス・ペダルを併用した(っぽく)も使えるしと、汎用性は高い。

Carbon Copyには初期型と少々パーツが違うらしいが、Bright Versionはパーツの選定でクリアーなサウンドにしたのだろうか。日本限定500台との事だが、結構見掛ける。

ディレイが使い熟せぬワタクシは、使うとしてもショート・ディレイでリピート少な目、が精々。そう言う意味ではAqua Pussの方がベターに思うも、サウンドはCarbon Copyの方が好きだったりする。

加えて言えば、クリアーだと粗が目立つ気がするので通常バージョンのCarbon Copyで良い様な・・・・って、なんとも後ろ向きな選択をしそうになり、如何がなものかと逡巡。

と言う訳で、決定打に欠け結局買わないでいる。ディレイの使用頻度は多くないしなぁ・・・・と言うか、帰省でお金使い過ぎたしなw。

おっと前振りが長過ぎた。

台風気になる土曜日は、練習。

前日の金曜日、事前練習なんかしちゃう訳だが、前回練習から1ヵ月程度経っており、これがもう存外に忘れており、脳内を「加齢」との言葉が躍る。

んで、やっぱりやっぱりビクシ君の新曲のアレンジは定まらず、幾つかリフのネタを仕込むに終わる。

次回作CDで後2曲作らねばならない吾輩は、前々回の練習で軽くやった「日々を今日と言う」と言う曲を全面的に見直し、と言うか、Aメロ、Bメロを最初に作った時の状態に戻しちょい手を加えた。

何となく、「ちょっと普通のポップソング過ぎるなぁ」とA、Bメロを変更していたのだが、全面的に戻した次第。

前回練習で「君は狂ってる」と言う曲をアレンジしたら、「最初の方が良いっす」とビクシ君から一刀両断され、薄々そうじゃないかと思っていたワタクシを非常に納得させ、この曲も戻しちまえと相成ったのである。

曇天模様の中、練習場所へ向かう。

楽器屋さんは3件ほど回るも何も買わず。某店でGretschが大量に飾られており「やっぱ格好良いなぁ」と暫し見とれてしまう。

やっぱ。Gretschって、フォトジェニック。

本日は、練習スタジオは同じも、部屋は異なり勝手が違う。部屋が違うと言うだけでオタオタしてしまう我々。

「えっと、俺は此処で・・・・」「いや、僕が此処じゃない?」「なんか・・・・此処落ち着かない・・・・」。

BlogPaint

環境適応能力に欠ける我々。そりゃ、ライブがいつもグダグダなのは当たり前だなw。

練習は、粛々と。

本日はビクシ君の新曲「満身創痍アート」に多くの時間を割く。

「これ」ってアレンジが決まった訳じゃないのだが、「こう言う方向性だよな」が決まった感じで、あとは各人が細部を詰めて行く・・・・のか、聞き返して、ビクシ君が全面的にアレンジ施すのか、は、未定。

秀逸なメロディがある曲なので、上手く纏まる事を願う(他力本願)。いやなんか、方向性は理解しているつもりだが、本当にどうギター弾いたら良いのかなんか掴めないのである。

来週も練習なのだが、何とか纏めないとなぁ・・・・。

その後、僕の「日々を今日と言う」に軽く取り掛かる。

ある程度アレンジと言うか、方向性を以て臨んだので、「まぁ、こう言う感じかな」は決まった。

さて、どう纏まるやら・・・・。

練習後、飲み会。

ビクシ君の学友S君も参加。なんとも珍しい。

計5名でいつもの庄屋へ。

リーダー「今日さ、僕の新曲やったじゃん?」

ベースの大先生「やったねぇ」

リーダー「で、ま、5回くらいやって、じゃ、次の曲ってなったじゃん」

ビクシ君「でしたね」

リーダー「アレンジまで決まった訳じゃないし、何より結構時間あったじゃん?」

Takayuki君「てか、リーダー自分の曲は何度もやりたがらないじゃないですか」

リーダー「いや、それはポーズな訳でね。ほら、そこはさぁ、”リーダー、良い曲じゃないですか!もっと煮詰めましょうよ!”とかあっても良いじゃん?」

メンバー全員「「「この人めんどくせえ!」」」

S君「会社が結構ブラックで・・・・ストレス溜まるんですよねぇ」

ビクシ君「ブラック、ホワイト、企業がそんな風に区分されるのは分かるが、ブラックだからNG、ホワイトだからOKって訳じゃない気もするんだよな」

S君「そんなもんでしょうか・・・・」

ベースの大先生「いや、そうだと思う。一般的にホワイト企業と呼ばれている会社だって、影はぜったいあるし、そこで心を痛める人だって沢山いると思うよ」

S君「確かに・・・・」

Takayuki君「うん、逆にブラック企業で生き生きしている人っているもんな。寝てないアピールしちゃう人とか居たりさ」

S君「あ、それ、分かります。身近に居ますから」

リーダー「あー、やべーわー、昨日曲作ってて2時間しか寝てねーわー」

メンバー全員+S君「「「「やっぱこの人めんどくせえ!」」」」

ギターは勿論・・・・

securedownload (3)

Archtop TributeはAT130

今回の足元。

securedownload

RC Booster(Xotic)~ゲイン・ブースター

Fulltender(Jersey Girl)~オーバードライブ

AD-9 STD MOD(Ibanez~Keeley Electronics Mod)
~ディレイ

Karma Chorus(Budda)~コーラス

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター


前回練習から、
BBB11RC Boosterに変更し、フェイザーを外しAD-9 STD MODを入れた・・・・うん、態々書く程の無い様じゃないなw。

RC Boosterは、後段の歪みペダルのゲインアップのみならず、音量も上げてくれて、最終段に繋げているmicro amp +と併せれば、2段階で音量を上げてくれて張宝している。

「音量を上げずに音抜けだけを上げる」が本当は理想で、エンハンス効果を狙ってトレブル・ブースターなんかの使用頻度も高いワタクシだが、RC Boosterにはエンハンス効果があり、なんとなくこれに戻って来てしまう今日この頃。

AD-9 STD MODは久々の登場。以前はコーラスとディレイが生命線みたいに思ってて外す事は無かったのだが此処最近は使っていない。ビクシーの新曲にディレイが合うかどうか試したくて持ち込んだ次第。

AD-9 STD MOD・・・・Keeley Electronicsの手が加えられたモノで、無改造品と比較しディレイ音がクリアーな特徴がある。

BOSSのDM-2比較でロー寄りなサウンドなAD-9。エコー風に使用するならAD-9に軍配が上がると思うが残響音を目立たせるならDM-2の方がアンサンブルで抜けて来る。

(DM-2比較で)抜け難い帯域が強いAD-9のディレイ音をクリアーにしたAD-9 STD MODは、DM-2とAD-9の真ん中みたいな位置付けで使っている。

全体的に満足行くセッティング・・・・かと言うとそうでも無く、本日の練習部屋のアンプはなんか歪んじゃってクリーンが良い感じに出せなかったし、いつものスタジオのサウンドと異なり、うむむむむ・・・・となってしまったのである。

「いつもと違うスタジオだから仕方ないじゃん」と言えばそうなのだが、ライブ会場のアンプが今日と同じ感じじゃないと言う保証も無い。

と言う訳で、全面的に見直してやろうと決めたワタクシ。幸いにして台風で外出し難い三連休。これはもうじっくりと検討する時間があると言うもの。

あー、やべーわー、エフェクター選択して寝れねーわー。

週末便り

リーダー

リーダーです。

亡父の三回忌の後、所用で九州に。

九州は幾度か訪ねたが、球団以外は好きな土地である。

博多周辺も良いなあと思うが、個人的には今回訪れた八女市の福島が何と言っても素晴らしかった。時間があればゆっくり散歩をしたかったと言うか、住んでも良いと思える位に好きな街並みだった。



うん・・・・良い街並みだよなぁ・・・・観世音寺の周辺も好きなんだよなぁ。

そんな訳で落ち着かぬ日々も一段落。日常が戻って来た。

帰省中は自身の時間が殆ど無く、この週末は愛のままに我が儘に、僕は自分の時間を過ごすんだぜと決心。

僕が自分の時間を過ごすと言えばそれはもう楽器屋巡りな訳で、と言うか最近行っていない訳で、僕は家を飛び出したのである。

目的無く・・・・ではなく、本日は欲しいものがあった。それが、これ。

IMG_0594

securedownload (1)

Free The Toneのパッチ・ケーブル、CU-5050が型番なのかな。

帰省の際、小樽の玉光堂で購入したもの。20cmS-L型で、本当は2本欲しかったのだが1本しか売って無かった。

で、このパッチ・ケーブル、頗る良いのである。

僕がパッチ・ケーブルに求めるものは、固過ぎないプラグとしなやかなシールド部分。その両方を兼ね備えているものは中々無く、何となく買ったのだがが、これがその数少ない選択肢である事に帰京して気付いた。

Free The Toneのエフェクター。幾つか試した事があるが、どうしてもそのデザイン性が好みではなく(ごめんなさい)、同社製品はなんとなく避けていたのだが、パッチ・ケーブルは素晴らしいと思う。

マネーがあればパッチ・ケーブルもケーブルも全てこれに交換しちゃいたい位である。うん、少しずつ交換して行こうじゃないか・・・・多分しないけど。

と言う訳で御茶ノ水に向かうクールなワタクシ。歩くにはちょっと暑いが、心地良い日。

新しい楽器屋さんなんかも出来て、御茶ノ水は相変わらずの熱気・・・・は、良いのだが、所望のパッチ・ケーブルが何処にも売ってない・・・・。

いや、無い事は無いのだが、SL型、20cmってのが無いのである。

傷心のワタクシは、止む無くchuya-online.com Yahoo!店で購入したのであるが、この様な素晴らしいケーブルが日本最大の楽器屋街である御茶ノ水に於いても売って居ないと言う事実に愕然としたのである。

折角だからと彼是見て回れば、初心者と思しき女性が店員さんに指南を受けている場面に二度ほど遭遇。

此処最近の日本のバンドではガールズ・バンドの威勢が良く、と言うか一昔前のガールズ・バンドには無理した「男勝り」と言うか勝気な雰囲気を感じ、個人的には痛々しくて嫌だったのだが、最近はごく自然にバンドをやっていて大変頼もしいのである。

おっと、閑話休題。

丁寧に指南する店員さん。

イケメン店員「じゃ、簡単なコード、一つ弾いてみましょうか」

女性客「え?で、出来るかなぁ・・・・」

イケメン店員「大丈夫ですよ!ほら、こことここをこの指とこの指で・・・・」

女性客「あ、わぁ、綺麗な音!和音だ!凄い!」

イケメン店員「(ニッコリして)でしょう?ギターって、そんなに難しく考えず、楽しく弾ければ良いんです」

女性客「は、はい!頑張ります!」

ううん、なんとも良い景色ではなかろうか。ワタクシではこうは行かぬ。

店員のワタクシ「じゃ、バレーコードでFを押さえてみましょうか」

女性客「え?で、出来るかなぁ・・・・」

店員のワタクシ「まぁ、出来んでしょうな」

女性客「へ?」

店員のワタクシ「初心者でバレーコードを押さえる。ま、普通は無理です。でも、貴方はそれをしないとなりません。でないとですね、将来貴方は気持ちの悪い紫色の超軽量ギターを大音量で弾きまくり、ケーブルやコンデンサーの変化による繊細な音の違いを楽しみたい同じバンドのギタリストと周囲が引くレベルでいがみ合う事となります」

女性客「そ、そうなんですか?」

店員のワタクシ「ええ、間違いありません。その癖、オーギュメントだのディミニッシュとかを突然弾き出して周囲を愕然とさせたり、かと思えば”分数コードって5度コードでどう弾けば良いんですか?”とか、”分母の音と分子の音、どっち弾けば良いんですか?てか、面倒なんでどっちかにして貰えませんかね”とか言い出して周囲を唖然とさせたりして、やがてはバンドを崩壊に導く事となるでしょう」

女性客「そ、そんな・・・・」

店員のワタクシ「そうならない様に、さあ、さっさとFを弾け!この指とこの指でこう・・・・」

女性客「痛い痛い!」

店員のワタクシ「黙れ牝豚!」

女性客「ひぃっ」

店員のワタクシ「いいかぁ、よぉーっく聞けよ小娘。ここでちゃんとFが弾ける様にならないとだなぁ、貴様は将来”F弾いても良いですけど2秒はかかりますよ?”となんだか分からない脅しをして、バンドを崩壊に導くんだよぉ」

女性客「そ、そんな人ホントに居るんですか?」

店員のワタクシ「・・・・ああ、ギター歴10年を越えているのにそんな状態の奴は希少種と言って良い位少ない、が、実在する。俺も実際出会うまで、伝説の生物と思っていた」

女性客「伝説の生物・・・・なんかちょっとドラゴンみたいで格好良いです」

店員のワタクシ「なんだとコラァ!」

女性客「い、いやぁ!」

・・・・となること必至。てかこれは俺が悪いんじゃない。アイツが悪い。それ以前にこの店潰れるよな。

一通り御茶ノ水の楽器屋さんを見て回り、物欲掻き立てられるものも無く秋葉原はイケベ楽器リボレ秋葉原店へ歩を進める。

Phase100の中古が7000円・・・・に一番興味を惹かれた。ワタクシの「重い割にはサウンド変化が微妙なPhase100」との比較をしてみたいと思ったがスルー。アナログ・ディレイを探していたがピンと来るものも無く・・・・。勿論、「Fender純正のまな板」もスルーした。

国道4号を歩いて帰宅。4号沿いに歩くと、JR御徒町周辺の狭く込み合った歩道が避けられて宜しい。

上野界隈を歩いていたら、SUNKUSさん発見。

securedownload

未だあるんだなぁ・・・・。

小腹が空いたので近所の商店街の焼き鳥屋さんで焼き鳥を2本購入。

ドラクエの村人Aよろしく、いつ行っても「お勧めは鶏のから揚げです」との台詞を言う店主のおじさんが見当たらずなんか心配になってしまう。

僕は商店街に隣接する場所に住んでいる。幼少期に、訳あって数年間市場に努める伯父伯母に預けられていたからか、市場とか商店街が好きだったりする。

市場に住んでいる頃、時々お使いを頼まれたのだが、市場の何処のお店で買うか、を伯父は何度も確認させた。

持ちつ持たれつな関係が市場にはあり、それはそれで良いものだったと記憶している。

一軒あった電気屋さんで売っている商品は、市街地の電気屋さんより割高であったが、市場関係者はそこで買っていたと記憶している。

ま、そんなものだろう。

その代わり、電化製品になんらかの不具合があったら、休日時間関係なく駆け付けて来ていた。

また、生活に密着して身に付けた知識があって、
兎に角知識が豊富で話を聞いてて面白かった。今じゃマニュアル通りの回答しかしない世の中だが、市場での経験で、経験則の重要さを身を以て知ったと思う。

そして又「敢えて指摘しない適当な距離感」も学んだと思う(良し悪しではなく)。

「敢えて指摘しない適当な距離感」とは、例えば、同じ商品でも店によって価格差があり、でも敢えて高い方で買う、とか。

そうする理由はそれなりにあり、それを指摘する無粋さ、は、誰もなかった。でも、やり過ぎる事も無かった。ま、そんなものだろう。

少し話は逸れますが・・・・。

ギター弾きの端くれの末端の場末の・・・・であるワタクシでありますが、音合わせをしていて、時折「なんか違わない?」な話になった時、それを指摘された当人が「こう言う理由でこうした(=故に私は間違っていない)」な主張をする場面に遭遇する事がありますが、それを「あららららら・・・・」と思って聞いてしまう事があるのは、そこに社会性とか客観性が無い時、過剰な自意識がある時である。

指摘する側される側、どちらが正しいかは局面局面で異なるが、と言うか多分正解なんか無いが、
背景に「お前が嫌い。だから言われたくない(だから言う)」とか「いいから俺を否定するな」があると「なんだかなぁ」と思う。「(良し悪しではなく)ここは引いた方が良いか」と「感情を脇に置いといて」が出来ない人は、中々にお相手が難しい。

と言うか、主張が正しいか間違っているかってそんなに重要じゃない様に思う(と言うか「正解」がある事の方が少ないでしょう)。少なくとも僕は、主張する人の身の振り方を見てしまう。そこに社会性とか客観性がないと、もう「うわぁ」と思ってしまう。

敢えて暈して書いてるから分かり難いですな。ちょっとだけ具体的に書くと、某ラッパ吹きの方のビンタの件で、その是々非々のコメントが色々とありましたが、そのコメントに「殴ったアイツが嫌い」が滲み出ている人の主張は、「成る程なあ」と思える内容でも、僕にとっては「うわぁ」である。

「うわぁ」と感じてしまう方、それは僕にとって「適度な距離感が測れない人」であり、
この距離感は、多分、人それぞれなのでしょう。僕が心地良く付き合えるのは、その距離感が自分に近しい人である。

知らないふりをする、とか、気付かないふりをする、は、大事な事ではないだろうか。

おっと、大分話が逸れた。

家人と食事し、帰宅してからTwin Peaksの新シーズン(The Return)第8章を見る。

第7章でやっと動き出し、「展開が楽しみじゃのう」と思っていたら、なんでしょう・・・・今回は(悪い意味で)デビッド・リンチらしい冗長で意味が分からない抽象的な展開。横では家人爆睡。

広げ過ぎな感がある伏線・・・・本当に、吸収出来るのだろう・・・・か?

これを「おお、そうだったのか!」と収束させたら凄いと思うが、いや、それ以前に今回のTwin Peaksは、如何せんストーリー展開が冗長過ぎて見ていてしんどい。

さて、どうなるのでしょうか、ねぇ。

帰省日記2017~急

リーダー

8/29

と言う訳で本日は、姉は旧友と、母は俳句教室と、遊び相手が居ない甥っ子(三男)と行動を共にせねばならず、言うまでも無く憂鬱な一日。兎に角今回の帰省は自分の時間が少ないったらない。まぁ、仕方なしか。

寝坊な甥っ子にあわせ昼過ぎに出発し、お昼は甥っ子の希望でこちら。

IMG_0210

想像以上の混み具合で暫し待つ。地元民のみならず、観光客、海外観光客も多し。

BlogPaint

がっつく甥っ子。馬鹿と半身揚げは良く似合う。

「俺、足のジューシーな所の方が好きだ、胸肉より全然好きだ」を500回くらい言う甥っ子。何の主張か分からぬが、馬鹿は同じ話をするらしい事は分った(「お前OD-1の話何回したんだよ?」と言う貴方とは語り合う必要があると思う・・・・拳で)。

昨夜、一緒に「対決列島」を見た所為か、「ソフトクリームが食べたい」と言い出す甥っ子。では「美園」にでも・・・・と思えば定休日かやっておらず、山中牧場のソフトクリームをと相成る。

甥っ子「僕、モカ」

リーダー「貴様と言うお前は、ミルクが美味しい牧場系ソフトクリームでモカを食うと言うのか?バニラだろ普通」

甥っ子「・・・・確かに。でも、モカも食べたいから・・・・ミックスかな」

リーダー「まぁ、良い落し処かな」

甥っ子「で、K兄ちゃん(叔父であるがこう呼ばれている)のバニラちょっと貰う」

リーダー「いや、俺モカだし」

甥っ子「・・・・」

と言いつつ僕は食べなかったが、この手のやり取りは昨年次男ともやっている

甥っ子「北一硝子にどーしても行きたいんだよねー」

リーダー「ほう?そりゃ又なんで?」

甥っ子「いや、女の子にお土産?的な?」

リーダー「貴様もそう言う年になったか・・・・で、何を買う訳?」

甥っ子「えーっと、オルゴールとか?アクセサリーとか?」

リーダー「因みに、もう付き合ってるの?」

甥っ子「未だだけど、何度もご飯とか行ってるし、間違いないかと・・・・」

リーダー「ふぅん、じゃ、今回のお土産と言うかプレゼントで決定的に振られるな」

甥っ子「はぁ?なんでだよ?俺悪いけど滅茶苦茶もてるよ?」

リーダー「確かに貴様は容姿は悪くないし、一部の構いたがりな女性に受ける性格だから、まぁそこそこは行くだろうな」

甥っ子「僻みだな・・・・」

リーダー「ま、オルゴールだのガラスのアクセサリーだの買って、”うわぁ”と思われて振られるが良いさ」

甥っ子「・・・・じゃあ、ガラスのペンとかは?」

リーダー「21世紀のこの時代にガラスのペン?何に使うの?因みに僕の妻に渡したら、俺を刺す事以外の用途を見出さないと思うぞ?」

甥っ子「試しに聞こう、何が行けない?」

リーダー「あのな、女性へのお土産やプレゼントは、”上げたいもの上げる”んじゃないだぞ?」

甥っ子「はぁ?」

リーダー「女性が欲しいものを考えて贈るんだ」

甥っ子「・・・・オルゴールとかガラスのアクセサリーは駄目なの?」

リーダー「大学生ともなる女性が、ガラスのアクセサリーなぞ貰って着けるか?あ?”本物”を身に付けたいと思う年頃ではないか?」

甥っ子「・・・・な、成る程」

リーダー「オルゴールなんざ致命的だ。それを貰って嬉しく聞く女性が21世紀のこの世に居ると思うか?僕の妻なら跨ぐぞ?」

甥っ子「・・・・どうしよう。そうすると、お土産が思い付かない」

リーダー「まぁ、待て。女性の機微を知る俺が貴様に指南してやるから安心するが良い」

甥っ子「・・・・こんな不安しかない展開は初めてだぜ。で、何が良い訳?」

リーダー「ステンドグラスの手鏡だね」

甥っ子「そんなもん喜ぶの?」

リーダー「然程高価じゃないが故に貰っても委縮されず、且つ実用的なので使って頂ける可能性が高い代物だ。因みに、君の叔父の奥方も持っていて、未だに使っているし、お世話になった女性に贈って感謝して頂いておる」

甥っ子「・・・・成る程。いや、K兄ちゃん凄いわ」

リーダー「妻と言う名の獣を娶ってから、女性と言うのが如何にプラグマティストかを叩き込まれたからな。いいか、あいつ等滅茶苦茶現実的だぞ?感傷的って言葉は男性の枕詞だと知るが良い」

甥っ子「じゃなくてさ、K兄ちゃんって醜男なのに、なんでA姉ちゃん(家人)と結婚出来たんだろって子供の頃から不思議だったけど、
醜男であるが故にもてる為にいっぱい努力して来たからなんだね!凄いよ!」

リーダー「お前マジでガラスのペンで刺すぞ?」

と言う訳で北一硝子でプレゼントを買う甥っ子。途中、ステンドグラスの足元灯はどうだ?と聞かれたので、部屋のインテリアに合うかも分からず買って振られたいならどうぞと言うと止めていた。くそ、指南せず振られた方が面白かったな・・・・。

「あー、オスパ行きてーわー、マジで行きて-わー」と騒ぐので、オスパまでぶらぶら。これで、滞在中は1日除きオスパに行った事となる。因みにこの日、受付女性から回数券を強く勧められる。いよいよ顔も覚えられた模様。

IMG_0590

甥っ子「てかさ、温泉ってどう浸かるのが良いの?」

リーダー「オスパ・マイスターを自称する俺が貴様に今日二度目の指南をしてやらう」

甥っ子「お願いします」

リーダー「先ず、身体を綺麗にする。これはもうマナーのレベルだ。例え内風呂であろうとも、同行者がいる場合は湯船を汚さぬ必須な行動だ。分かるな?」

甥っ子「分かります師匠」

リーダー「続いて入浴だ。オスパは露天風呂、内風呂、電気風呂、ジャグジー、打ち湯、サウナ、水風呂が完備されているのは知っているな?因みにいつ行っても電気風呂に浸かっているオッサンがいて、先日他の入浴者が”電気のオヤジ”と揶揄していたが、そう言う癖がある入浴者の傍には基本近付かない事だ」

甥っ子「なんで?」

リーダー「公共の施設を独占する行為を恥ずかしげも無く出来るのは馬鹿と認定して良かろう。で、馬鹿と言うのは馬鹿と言っても理解が出来ない。だって、馬鹿なんだからな」

甥っ子「ふむふむ」

リーダー「故に絡んで無駄な時間を過ごす事は無い。折角のオスパである」

甥っ子「了解しました師匠」

リーダー「で、オスパでの入浴の基本は露天風呂だ。この季節の北海道は、熱いと感じたら外気に少し身を晒せば充分に身体を冷ませる。故に露天風呂で暖まり、露天風呂で身体を冷ますを繰り返すのが宜しい。内風呂だけだと直ぐにのぼせるから気を付けろ」

甥っ子「承知しました師匠。で、ちょっと良いですか?」

リーダー「質問を許可する」

甥っ子「オスパに浸かって、肌荒れが収まった師匠を見た師匠の奥様が、”肌荒れが収まって不細工さが際立った”と仰ってましたが、それについて一言お願いします」

リーダー「・・・・」

入浴後、涼みがてら海岸線を歩く。

リーダー「そう言えば先日さ、此処(海岸線沿いの商業施設)でスイカのジュース見付けてさ」

甥っ子「それ飲みたい、絶対に」

リーダー「いや、拙いと思うよ?スイカ系の食品って数が少ないじゃん?その事実がそれを予め証明していると思う」

甥っ子「今回は違うね。スイカ好きの俺は飲まない訳には行かないさ」

IMG_0591

付き合って飲んだ。味は推して知るべし。実を言うとスイカ好きのワタクシも「今度こそ」と期待して臨んだので失望感は大きかった。

帰宅し、対決列島の続きを甥っ子と見るもなんか疲れてしまい殆ど寝ていた。そんな風に最後の夜は更けて行った。

8/30

帰京の日。

早朝、散歩に出かける。

IMG_0609

実家傍の木は、早くも秋の気配。

IMG_0610

神社へと続く山道を歩く。

IMG_0613

海と増毛連山を見つつ・・・・

IMG_0615

幼少期の遊び場だった裏山を見る。

小さな沢があり、粘土質の土とかザリガニ(日本ザリガニ)を探してたのを思い出す。

IMG_0629

沢の水を引いた水路。水が恐ろしく綺麗で、山椒魚の卵とかがあった。

山道へ突入。


IMG_0618

IMG_0619

IMG_0620

IMG_0622

IMG_0623

IMG_0624

IMG_0625

山の中の、凛とした空気を存分に楽しむ。山中に動物の気配があったが、恐らくキタキツネであろう。

IMG_0621

道に落ちた胡桃。果実はとてもべとべとしている。

家に戻って部屋掃除。数日過ごしたのでそれなりに汚れており、朝からちょっとした労働。

前日、昼食やオスパをご馳走した甥っ子が手伝うと言っていたが安定の寝坊。

そんなんしてたら出発のお時間。

IMG_0631

IMG_0634

さよなら小樽。又、来年。

したい事は殆ど出来ない帰省であった。来年は、もう少しゆっくり出来たら良いなぁ。

帰省日記2017~破

リーダー

8/26

亡父の三回忌の日。

近しい身内のみで行うと決めたので人は多くなく気が楽も、親交があった方々からお供え物だのお花だの頂く。

迷惑行為を繰り返す父であったが、不思議と人徳はあった・・・・のか、母の人徳に因るものか。

一周忌の時はお坊さんが待ち合わせ時間に来ないと言うナイスなハプニングがあり爆笑したワタクシ。聞けば今年も同じお坊さんに頼んだとか。

なんでそんな坊さんに・・・・と母に問えば、「だって、お父さんお経嫌いだったし」と訳分からぬ回答を拝聴する。だったらやんなきゃ良いじゃんってそんな訳にも行かないか。

庭で仏壇に供える花を摘む母を手伝いつつ庭を見やる。

IMG_0537

今年は見頃が早かった、との事で寂しい庭であった。擬宝珠が綺麗であったが、木槿を切ってしまったのは残念。

今年は時間通りにお坊さんがやって来て、なんとも普通に終わる。亡父の仕業か、台風が来たり雪が降ったり大雨だったりした葬式、四十九日、一周忌の時の天候のハプニングも無かった。あの世は住み心地が良いから戻って来ないんじゃない?と甥っ子の一人が呟く。

その後、場所を移動し「お箸ダイニング こうじ」でお食事。天気雨が激しく降り、遺影(と言うか自画像だけど)を置いて来たので亡父が怒ってるんじゃないか、との話題で盛り上がる。

IMG_0132

天気雨の後の空は、突き抜ける様であった。こう言う空を見ると、なんかこの曲が脳内を流れる。何故だ?



散々飲み食いしたにも拘らず、姉の長男が「おじいちゃんが好きだったから」と、亡父が好んで、亡父に大変良くして頂いた「藪半」と言うお蕎麦屋さんに行くと言い出す。

お腹の具合から、とても同行する気にならずにいたら、兄とその連れ、姉の三男も行くとか。残った家人は母と姉と女子会をすると言うので、これ幸いと「では拙者は別行動・・・・」と思ったら「財布も来い」と言われる。

愚弟に押し付けようと見渡せば、既にフェードアウトしており捕まるワタクシ。・・・・アヤツやりおる。

仕方なしに「」へ。

IMG_0137

濃い味の珈琲を好まなくなった母が飲めるアメリカンを出す店が少なくなったが、ここは未だそれがある。お世辞にも珈琲は美味しいと思わぬが、撮影禁止のその内観は見ているだけで楽しい。

全く興味が無い話にウンザリして居たら、蕎麦を食し終わった甥っ子から「ボウリングに行きたい」との入電。

足の怪我は9割方治ったとは言え未だ無理はしたくなく断れば、女三人から「何故行かぬのか」と詰め寄られる。

止む無く付き合う事を決意し、オスパに行きたい言う家人と途中で別れ小樽ボウルへ。

1ゲーム目は何とかなったが、2ゲーム目途中から足に痛みを覚え中断。あいたたたたたたた、歩くには大丈夫だが、膝を曲げて踏ん張る作業はやっぱ無理があった。

これは湯治が必要であろう、と、オスパに行くと宣言すれば、「一人にしておけない」との理由で付いてくる甥っ子2名。てか、貴様等が入りたいだけじゃろうと分かってるんだうん。

家人に連絡しオスパで待ち合わせ。足の痛みは冷やすが良いのだが温泉入って大丈夫なんだっけ?と考えつつ入浴。あーいーわーオスパいーわー。甥っ子2名が五月蠅くて邪魔だわー。

2F休憩所で休んでいたら、「こう言う場所のラーメンって美味いと思わない?」と言う甥っ子1号がラーメンを食べる(by俺の金)。お鮨食ってお刺身食べてその他海産物食べて蕎麦食べて・・・・食い過ぎじゃねえ?

お昼の海産物を殆ど食べれなかったワタクシは、セイコーマートさんのおにぎりをほうばる。帰り道、ミスドでドーナツを購入し帰宅。

帰宅し暫しゆっくりしてたら、俺のドーナツは、母に食べられていた・・・・。

8/27

家人が帰京する日。

新千歳空港まで見送り、お気に入りのラーメン屋さん「あじさい」で塩ラーメンを食す。

家人も好んで食べるラーメンで、新千歳空港のラーメン屋さんが集まる「北海道ラーメン道場」での一番の人気店は「一幻」さんだが、個人的好みではあじさいさんの圧勝。

出発まで時間があったので新千歳空港をぶらついて出会ったお方

IMG_0200

・・・・実物の方が圧倒的に気持ち悪かった。

で、これを購入。

securedownload (1)

どうでしょうのDVDは、未公開映像が加えられていて、ともすれば増長になって却って面白さが減るのだが、これは良かった、凄く良かった。

あ、ワタクシのどうでしょうのDVDお持ちのお方、再度申し上げますがご返却宜しくです。

家人を見送り、札幌楽器屋巡り・・・・と思ったが帰宅とする。

途中、銭函の海上でヘリがホバリングしていて、なにかしらの事故かなと思ったらやっぱりだった。海は、怖いんです。本当に・・・・。

小樽へ向かう海岸線で、張碓駅の跡地の写真を撮る。

IMG_0209
(写真左手に「はりうす」の文字が見える)

一度だけ訪れた事がある。駅としては止まらずとも残っていたが、秘境駅として有名になり、訪れて線路内へ侵入する馬鹿者が多かったらしく、保安上の問題で正式に閉鎖されたのが残念でならない。秘境の駅として残して置ければ良かったのに・・・・。構内に飾られていた、義経号の鈴は今はどこにあるのだろう。

小樽に戻り、手宮線の跡地を歩く。

IMG_0213

IMG_0214

IMG_0215

IMG_0230

IMG_0218

IMG_0231

歩いていたら音楽が聞こえ、どうも生音の様に感じ近付けば、運河公園でライブをやっていた。

好みの音楽じゃなかったので早々に後にし、北運河沿いを歩けば見知らぬお店を見付ける。

IMG_0235

IMG_0234

IMG_0236

IMG_0237

昔の観光船(実は何度も乗った事がある)を改造した船の喫茶店。

オーナーのKawamuraさんにお声がけ頂き入ってみれば、なんと船上のライブハウス。

IMG_0239

多少楽器を嗜むワタクシですので非常に興奮。

BlogPaint

ちょっとだけ、叩かせて頂きました。ハッキリ言います、船上で叩くドラム、滅茶苦茶気持ち良いですぜ。

スペース的に、音が暴れるんじゃ・・・・と思ってたら

IMG_0255

しっかりミュートもされていました。

ライブハウスだけじゃなく、スタジオとしても利用可能とか。良いなぁ、此処でやってみたいなぁ・・・・Takayuki君なら、「God Save The Queen」とかやっちゃうのかなぁ・・・・。

IMG_0240

こんな席で

IMG_0247

珈琲を頂き

IMG_0242

こんな景色眺めながら

IMG_0246

魚(ウグイ)に餌を上げてたら

IMG_0250

鴨とか

IMG_0248

カモメがやって来て、なんとも贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

IMG_0243

IMG_0241

IMG_0257

北運河のボートカフェ「艀(はしけ)」、来年も絶対に行こうと思う。

Kawamuraさんにお礼を言い、北運河をぶらつく。

IMG_0258

イカ釣り漁船独特の大きな電球。

時間も良い感じになり、さて、どうしましょう・・・・とぶらぶらしてたらオスパの看板発見。

IMG_0265

これで辿り着ける人が居たら、ちょっとした天才ではなかろうか・・・・。

と言う訳でオスパへ。

IMG_0266

IMG_0268

巻雲が綺麗でした。

一人の時間を過ごしたくて、晩御飯は要らぬと母に伝える。

適当に晩御飯を済ませ、ゆっくり帰宅してみれば、甥っ子2名がオスパに行きたい連れて行けと騒ぐ。

それぞれいい年だし、お小遣いも上げてるんだから自分で行け!と突っぱねる。

結局兄が連れて行き、カラオケまでして来たとか。

寝ようかと思ったら、甥っ子(長男)が僕の部屋に来て暫し話し込む。一人になる、と言うのは、中々に難しい様だ・・・・。

8/28

兄とその連れ、甥っ子(長男)が帰京する日。

さすればと僕は小樽の街へ。今日くらいしか、一人ゆっくり過ごせない。

行きたい公共施設があったが、残念ながら月曜日は休館日。であればゆっくり歩こうと決める。

先ず向かうは住吉神社。

IMG_0400

亡父が入院し、亡くなった病院の傍の神社。亡父が入院中にお参りに行ったので、今年もお礼参り。亡くなったのにお礼参りとは?と問われるかもだが、僕は「長患いさせないで下さい」とお願いしたのでお礼参りが正しいかと。

此処は本当に気持ちの良い参道があり、歩いているだけで楽しい。

IMG_0401

IMG_0405

IMG_0404

昔は、こんなんだったのね・・・・。今は参道に高い木が生い茂っているがそれがない事に驚きを覚える。

古い灯篭の台座を見れば

IMG_0402

大正二年・・・・。

IMG_0403

灯篭の中の電球。灯篭の専用、だろうか。

お参りを済ませ、ふと見ればこんな看板発見。

IMG_0407

鎮守の森の遊歩道?そりゃあ行かざるを得ませんがな、と足を踏み入れれば・・・・

IMG_0408
辛うじて、まぁ、道。

IMG_0409
大分きついが、未だ、道っぽい。

IMG_0411
これを道と言うのか疑問に思うが進む。

IMG_0410
えっと、これは流石に道・・・・とは言えないよな?

結構進んだが、いよいよ獣道と言うより「虫道」と言う感じになり、47歳の僕にも聞こえるモスキート音がする位虫が多い。

流石に諦め下山。くそう、来年再度トライ・・・・と言うか、もう少し整備しても良いんじゃないかと思う・・・・。

駅の方に向かって歩く。

IMG_0414

教会を眺めたり

IMG_0416

魅力的な石垣を見たり

IMG_0418

IMG_0419

櫓を眺めてみたり。

朝食を食べて無かったので

IMG_0420

昔ながらのガラスのショーケースが嬉しい、「ツルヤ」さんで草餅を購入し頂く。

草餅に刺激され、お腹が空いたのでコロンビアへ。

IMG_0427

豚丼があったので食べてみた。

豚丼・・・・甘辛で濃い味付けの豚肉のどんぶりで中々美味しいのだが、小鉢もそれぞれ濃い味付けで箸休めにならない不思議。流石のコロンビア品質。今日もキリギリスが五月蠅い。

食後、再び当て所無くぶらぶら。

IMG_0436

鉄道の鉄橋と並行する歩道橋を渡ってみれば、眼下に妙見川。

IMG_0437

昨年、勝内川を遡上したワタクシ。今年は妙見川を遡上してやろうと決意。因みに、こんな川だが秋には鮭も遡上するんだぜ?

IMG_0439

川沿いを上り、川の上にある妙見市場を抜ける。

IMG_0444

IMG_0443

寂れて久しいが、未だ営業している店舗もある。なんとか頑張って欲しい。

IMG_0446

図書館に沿って流れる川路。此処の風景は好きだ。

途中、能楽堂に立ち寄る。

IMG_0450

IMG_0451

秋には紅葉が見事な庭。

IMG_0452

(半)地下にある大ホールの入り口。こう言うドアに萌えるのは僕だけではあるまい。

能舞台の方へ進むと

IMG_0453

多数の能面。取り敢えず怖い。

IMG_0455

こんな所に一人でした。まぁ、怖いわw。

IMG_0454

能舞台。時々コンサートも開かれる。

IMG_0448

紅葉橋の坂上の、以前は何かしらの入り口だったと思しき部分。

IMG_0447

傾斜のきつい紅葉橋の坂を下る。

IMG_0459

紅葉橋から。てか、遡上した鮭はどこで産卵するんだろう・・・・?

更に遡上し

IMG_0460

IMG_0461

IMG_0466

初音橋からの風景。中々に、趣きありけり。

更にに遡上すれば、以前姉が友人のお見舞いに訪れ、バスを降りる時に転んで自分が入院すると言うファンタスティックな事を起こした病院傍に架かる橋に辿り着けば・・・・

IMG_0471

えっと、妙見川はどこ行った?於古発川(おこばちがわ)?

あれぇ?と周囲を探すも妙見川は無い。後で調べれば川の名前が併用と言うか、途中で名前が変わるらしい(間違っているかも)。

なんか色々とどうでも良くなり、天狗山へでも行ってみるかと相成る。

IMG_0472

途中見付けた良さげなお店。今度行ってみようか。

坂の途中は花が多く、目を奪われる。

IMG_0473

IMG_0476

IMG_0479

IMG_0478

傾斜のきつい、こんな坂を上るワタクシ。ここ、バスも上るのだが、マブチの水中モーターみたいな音で上るバスがなんとも健気で宜しい。

途中こんなのを見付ける。

IMG_0482

災害発生時に、此処まで逃げて来れる人はどれだけいるのだろうか・・・・?

もがみ公園を見付けたので入ってみる。

IMG_0483

IMG_0484

IMG_0485

晴れていれば海も見えて中々に良さげ、人っ子一人いないw。

奥に進めば滝発見。

IMG_0486

人工の滝だと思うが中々に趣き深い。川の源流に近いのかな。

しばし休憩後、再び歩を進めれば・・・・

IMG_0489

天狗山到着。

IMG_0490

登山道発見。てか、確か小学生の時分にこのコース行ったわ。

IMG_0491

IMG_0494

IMG_0492

IMG_0493

小樽一望。ここで缶珈琲で一服。BGMは・・・・



合わなそうで、合うんだな、うん。

そんなんしてたら家人より届くメール。なんでも、僕が坂を上っている際に、写真を撮ってたら誤作動で家人に電話をしてしまったらしく、留守電にたっぷりと僕のつらそうな呼吸音が入っていたとの事。ううん、なんと言うドキュメント。

山頂までロープウェイで行けるのだが、大陸の方々の団体を見掛け、静かに見るには適さぬかろうと下山。

IMG_0501

こんな坂を下った訳さ。傾斜18度。ダウンヒル並み。

ひいひい言いながら市街地に戻る。流石にどこかで休憩しようか、と長崎屋に入ってみれば・・・・、

小樽に玉光堂が帰って来た

いや、以前からあったし、一度も無くなってないんだけど、「楽器を沢山扱う玉光堂」が本格的に復帰してて、まあもう嬉しいったらない。以前同様、ドラム関連が矢鱈多いのも意味は分からないが嬉しいったらないぜ。

何か買って応援を・・・・おお、丁度欲しかったCarbon Copyがあるじゃないの・・・・と思ったが、母や甥っ子の接待で散々不本意な散財をしてしまいとても買えぬ。とは言え何か買わねば・・・・と物色し・・・・

IMG_0586

IMG_0594

シールド一本(とElixerの弦)・・・・本当にスイマセン、亡父関連のバタバタも終わりましたので、来年はそうそうお金も使わないでしょうからエフェクター買いますごめんなさいです。

その後、水天宮へ。

IMG_0528

その横にはお稲荷さん。

IMG_0530

IMG_0529

水天宮は、女性の神様なので女性客を嫌う、と何処かで読んだ事あるけど・・・・。

境内にこんなものを発見。

IMG_0532

IMG_0533

IMG_0534

こんなのあったんだ・・・・知らなかった。

水天宮は景色が非常に良い。

IMG_0531

この旧階段で一服するのが好きだ。

一服して周辺を散策。

IMG_0527

IMG_0524

IMG_0525

IMG_0526

東雲町は散歩して大変気持ち良い。廃墟探しに暇が無い。

IMG_0523

NHKの「マッサン」のモデルになったリタが炊き出しをした教会。神社下の参道にあるのが興味深い。

市街地から実家までぶらぶら歩いて帰る。今日もオスパに行きたいと思っていたが、姉と甥っ子(三男)しか居ないとの事で早く帰って一緒に晩御飯食べなさいと言われ帰宅。

姉が風邪で寝込み「お前が移した。マスクもして無かったからずっと嫌だった」と難癖を付けられる。

と言うか、それなら何故積極的に甥っ子を同行させるのか?発言と行動に矛盾が無いかと指摘。「お姉ちゃんの言う事聞いてれば良いの!」と切れられ、余りの理不尽に流石に言い返す。しかも、明日は甥っ子(三男)が一人になるのでどこか連れてけと又訳が分からない発言。

流石に嫌気も差したが、母にも同行を言われ、まぁ止むを得まいか、と覚悟を決める。てか、大学生にもなって一人で時間を潰せられないのか、との疑問もある。子供と孫に甘過ぎではと指摘すれば、言葉に詰まる母と姉。うん、流石にやり過ぎでしょう。

~続く~

帰省日記2017~序

リーダー

8/23

フレックスと言う有り難い制度を利用し、17時の飛行機で機上の人になったワタクシ。
飛行機は、耳が痛くなるし怖いしで大嫌いなワタクシは、後者の理由から普段は窓側には座らないが、本日は降り易い座席選択で止む無くの窓側席。
富士山のシルエットが見えたり、雲間からの光に照らされた川が、恰も光の道の様に見えたり、それなりに堪能するも矢張り怖い訳で、暫くして窓を閉めたのである。
家人はと言えば、窓側に必ず座る人なのだが、邂逅する日は迎えぬ自信がある。

帰省の際、帰省中に吸う煙草を選ぶのを常としている。メグレが事件の度に飲むお酒を変える様に。なんか、習慣となっている。今年はこれにした。

IMG_0113

まぁ、相変わらずの安煙草、ですw。

20時過ぎに実家に着き、母と少々話し就寝。雨の所為か、湿気がそれなりにあるが、寝易い夏の夜を一年ぶりに堪能する。

8/24

5時に目を覚ます。窓から見れば夜明けが早い北国の、夏の早朝の紫色の美しい空。早速近所の海が見える高台に向かう。曇天模様も空と海が綺麗で、暫く魅入ってしまう。近くの秋桜や擬宝珠の花には、迷い箸するかの様に飛ぶ蜜蜂。その羽音をBGMに、気持ち良い朝を迎える。

IMG_0032

真新しい看板を見付けて「なんぞ?」と見ると・・・・

IMG_0034

僕は、標高97mに住んでいた、らしい。

帰宅し、軽く朝食を済ませ、俳句教室に向かう母と8時に出掛けて、朝温泉@オスパ。

IMG_0045

道中、海沿いの臨港線を歩けば、靄の向こうに増毛連山。

IMG_0042

閉館が決まった(もう閉館した?)裕次郎記念館の脇を抜ける。

IMG_0043

IMG_0044

IMG_0593
(MKⅢ、に反応するワタクシ)

オスパは、24時間営業の筈も、8時半から一時間程掃除の時間であり、暫し2階休憩室にて待機。近隣と思しき常連客さん達の、テーブル拭いたりブラインド開けたりテレビ点けたりと自主的過ぎる作業に絶句する。

入浴時間と相成り浴場へ。露天風呂の湯冷ましに雨を浴びればなんとも心地良し。雨の日には雨の日の楽しみ方がある。

オスパを後にし、雨の臨港線を歩く。道中、小腹が空いたので道民ご用達のコンビニ「セイコーマート」でおにぎりを買う。

IMG_0059

うん、美味しかった。

慌てて食べて百繰が止まらず、何か飲み物を・・・・と自販機を見やれば

IMG_0060

そりゃ、ファイターズを応援せねばと相成り購入。

IMG_0061

宮西投手。好きな選手で気分良し。

秋になれば鯖が釣れる橋を渡り市街地へ。市街地では、妙見川沿いを歩く。妙見川の柳道は好きな道で時々歩く。馬車でも来そうな素敵な道なのです。

友人が経営する海鮮屋さんで義実家とお世話になった方に魚介類を送る。このお店の鮭を義父が殊の外喜び、毎年送っている。友人とは会えなかった。地元の旧友達とは此処数年亡父のバタバタで会えず仕舞いなのが残念でならない。

母と待ち合わせ。お鮨が食べたいと言う母と亡父が好きだった「こうじ」と言う店へ。数日後の三回忌もお願いしており、挨拶がてら。お好みで食べたいと言い出した母に「そーゆーのは回るお寿司屋さんでお願い」と言えば詰られる始末。好きなお鮨を注文する母を横目にランチの天丼880円を食べる孝行息子。

母と別れ、小樽の町を散歩する。当て所無い散歩は何よりの心のご馳走。

こんな路地を見るとその向こうが見たくなり、ついつい入ってしまう。

IMG_0063

IMG_0064

珈琲が飲みたいと、ある意味非常に小樽らしい喫茶、「コロンビア」へ向かう。

IMG_0426

IMG_0425

赤いベルベットのソファにシャンデリア、BGMはクラシック。お客さんは少なく、なんとも落ち着く…筈が、店内で飼われているキリギリスが矢鱈五月蝿い。この、趣旨が不明過ぎる経営方針もまたコロンビア。

のんびりしてたら母より入電。俳句教室で使う俳句の短冊を失念したとの事。片手に傘さして、片手に短冊持って歩く・・・・そんな面倒はゴメンなワタクシ。「それは大変ですね」で逃げようとすれば、本日二度目の叱責をおみまいされる。

「コロンビアの側の額縁屋さんにあるから!」と請われ、向かってみれば取り扱いなし。過去一度も取り扱いなし。どうやら母に騙された模様。

止む無く、昼食をとった所の近くにある文房具屋さんへ。幾つか種類があり母に確認すれば「序にジンギスカン用のラム肉2キロ買って来て!」と無体な依頼。

最早断る気力すら残されていないワタクシに出来る事は、素直に返事する事だけだった。

雨とは言え、歩きたい気分止まず、ラム肉を買いに市場へ向かう。市場の傍にある「みかん」と言う拉麺屋さんが大変に美味で、去年甥っ子と行ったなあと見れば、時間外なのか定休日なのか閉まっていた。まぁ、お腹もいっぱいなんだけど。

IMG_0066

この市場、祖父が設立に携わっており、幼少の一時期、この市場で過ごした。遊んだ公園と路地に立ち寄ってみる。


IMG_0067

IMG_0068

この頃、僕はこの街が嫌いで嫌いで、早く大人になって街を出たいと思っていた。理由は、周囲の大人が皆しんどそうであったからなのだが、実際何処に行ってもしんどいもんだと気付くんだけどw。

それにしても、市場には何とも言えない寂しさがあると思う。

近くに、祖父母と伯父が眠るお寺があるのでお参り。境内にある夫婦銀杏に実が生っていた。

IMG_0536

雄だと思っていた方に実がなっており、47歳にして勘違いに気付く。

このお寺は、敷地が広く、色んなお堂があり、お参りしていると凛とした気持ちにさせてくれるのが嬉しい。良いお寺さんなのだが、とある理由でお坊さんが好きじゃない。袈裟まで憎いとは思わんが、僕の様な俗人が首を傾げるんだから推して知るべし。

祖父母と伯父に1年ぶりにご挨拶。ただっ広い納骨堂に一人線香が燃え尽きるまで居てしまった。

荷物が多く、止む無くバスに乗る。ああ、歩きたかった。

晩くに姉と甥っ子2名が到着。気が利く次男は学校の関係で時期をずらして来るらしい。来たのは面倒な長男と末っ子。苦難の時代がやって来た。

8/25

家人が来るので駅まで迎えに。道中通った緑の道。

IMG_0086

それなりに車が通る道だが、この道は、常に雑草がそれなりに生い茂っていて、早朝に歩けば朝露が足を濡らす。

近所の閉鎖された小学校を散策。

IMG_0090

IMG_0091

学童が通った道は草木に覆われ、通学路の面影はない。

以前は、こんな風景に寂しさを覚えたが、最近はそうではなく、時代の変遷を眺めるを楽しく思っている。僕はもう多くの時代変遷を見る事は出来ないが、いつかは、今華やかな世界である場所も、廃墟になる日が来るのだろう。

IMG_0087

ロンギヌスの槍と言うかエヴァシリーズっぽい薄。今年は擬宝珠と薄を見掛ける機会が多かった。秋桜には未だ早かったか・・・・。

IMG_0084

学校の敷地後で見付けた朝顔。もしかして、かつての小学生が夏休みに育てていたものの末裔だろうか。

そんな夢想をしつつ、駅近くの施設で一服。家人が来るには時間があり、本屋さんを物色。ロッキングオンの創業に携わった、橘川幸雄さんの自伝的な本があり、パラパラ捲れば面白そうで、買おうかと思ったが、こちらの本を購入。

IMG_0093

この様に人を愛し、この様に愛されるとは、なんとも凄い事だと思い知らされる詩集。ハードカバーの本は余程じゃないと買わないが、この本は余程の本なんだ。

IMG_0094

こんな景色が広がる商業施設のプロムナードのベンチで数回繰り返して読んでしまった。

そんなんしていたら家人が来る電車が到着。「なんか食わせろー腹減ったー」と騒ぐ家人になるとの若鳥半身揚げを捧げる。

IMG_0095

味もそうだが、この銀の皿に郷愁を覚えるは僕だけではあるまいて・・・・。

「お腹いっぱーい、温泉行きたーい」と騒ぐので、そりゃあ行くでしょう>オスパ

オスパでは、「髭剃りを盗まれた」と騒いでいるオジサンが居たが、彼の手に握られているのは髭剃りな訳で、でも誰一人それを指摘しない訳で・・・・。

そんなんしていたら手に持っている事に気付いたオジサンは「ったく、しょうがねえなー」と何が仕方が無いのか分からないまま出て行った。恐らく、一番仕方が無いのは彼である。

風呂から上がれば母より入電多数。兄が着いてもう晩御飯だから早く帰れと留守電に入っていたが、時間は午後五時。幾らなんでも早過ぎだろうと無視を決め込む。

湯冷ましし、ゆっくり帰れば(とは言え午後六時)ジンギスカンは既に終了。てか、その肉、僕が買って来たんですけど・・・・。

~続く~

帰省日記2017~予告編

リーダー

リーダーです。

さて、当Blogに定期的にお越しの皆々様におかれましては、ギターだの魔改造だのエフェクターのレビュー等でお越し頂き、何とはなしにブックマークなんぞをして頂いているかと思料しておりますが、その肝心のギターだの魔改造だのエフェクターのレビュー等を書くと、メンバー含め一部読者の方からは「つまらぬ」との評価を頂く理不尽に晒されるこの身。


読者の方は兎も角メンバーにも言われるとは如何かと思う一方、ギターだの魔改造だのエフェクターのレビュー等を検索してみたら、我が記事が出て来た時のテンションの下がり具合は甚だしく、では何が求められてるかと周囲に問えば、中年4人のバンド活動だったり我が私生活だったりで、これも又何が面白いのかさっぱり分からぬのである。

某読者の方から、「一番面白い」と評されたのが実家に帰省した際の記事なのだが、今年も8/23の夜から帰省致しますので、読者様の期待とあれば書かせて頂きましょうそうしましょう。

亡父の三回忌と言うイベントはありますが、久し振りに自由時間が三日も取れそうで、以下を画策しているのである。

・小樽放浪記
 ①オタモイ海岸から祝津近辺
 ②天狗山登山

・札幌放浪記
 ①札幌楽器屋放浪記
 ②北海道大学キャンパスと狸小路の旅
 ③HTBショップでどうでしょうのDVD購入(ワタクシのDVDをお持ちの方、ご返却宜しく)  

・夏のニセコ散策~原子心母を聞きながら

天気の問題や、面倒臭い甥っ子、母と家人と言うスーパーストロングマシン1号2号を相手にしつつ、上記全てを熟すのは中々に難しいと思うが、僕は、やる積りである。

因みに、俺の旅行に「観光」の要素など皆無である。寧ろ、敢えて観光客が行かない場所なんぞを練り歩くのを好む。

これは家人にも共通している様で、ハワイに行ってはハワイ大学周辺をぶらついてみたり(周辺にあった楽器屋が休日だったのは未だに残念である)、箱根に行っては人気が無い森を歩いてみたり、「XXXを見て来ました!」的なものなど無く、振り返ってみると、目的地より道中の方がエピソードが多い。

思うに、「写真で見たこれを見に行ってきました」とか「人気のあれを食べて来ました」に価値が見い出せず、その町で息衝く人の匂いが感じられる場所を好んで探してしまうのである。「何故こんな場所に?」な場所に喫茶店なんぞを見付けると、「此処に集うはどの様な人種なのか」を探らずには居られぬのである。

インスタ映えする場所の確認と共有の為に旅する人とは僕はどうも構造が違う様で、どう考えても損な性癖であると思う。

そんな損な性癖の男が書く帰省の日記・・・・うん、やっぱり何が面白いのかサッパリだ。

そして今年こそ、今年こそはドラゴンクエストⅥに決着を付ける所存である。

彼是数年に渡り格闘して来たが、今年こそ憎きデュランを倒し、別エンディングを見てやる積りである。

image

既にレベルは50を超え、愚弟に「なんで倒せないか分からない」と言われたが、「ベホマズンと言う呪文はメンバー全員のHPを回復させられる」との情報を入手した俺に死角は無い。今年こそ、今年こそ倒す。これは不退転の決意である。

一番の問題はスーパーファミコンの不調であり、既にパワフルプロ野球はその使用に耐えない。

愚弟が言うには、僕が幼少の頃「不具合があるファミコンやソフトを起動させる神の手を持つファミコン職人」が近所に居たらしく、不具合が発生たら「うさちゃん」と言うその男の力を借りようと思う。って、未だ居るんだろうか・・・・?

そんな訳で暫し更新はしない・・・・ああ、毎日書いても良いけど面倒だな。どうしようかな。

風邪の具合は82%回復し(当社比)、まぁ、支障は無かろう。オスパに行けば治ると信じてる。

取り敢えず、行って来ますわ。


securedownload

第290回練習便り

リーダー

リーダーです。

なんとも身体が怠い。

夏バテ・・・・いや、これは風邪だなぁ。

ビタミンCを多く含む飲料を多めに摂り、風邪薬なんぞを飲む。

風邪薬とは症状の緩和剤であり、治癒を目的をしたものではない、となると、なんか飲むのが大義になる。

水分と栄養価の高い食事を摂り、身体を暖めて寝る、風邪はこうしておけば数日で治るとは知っている。

沢山寝る、が、社会人は難しい訳で、どう身体を誤魔化して働くか、は人それぞれだが、風邪薬の副作用である眠気と体の怠さよりも薬を飲まないでいる事を選択する俺が居る。

そんな金曜日、僕は帰宅後、バンド練習に備え事前練習(早く寝ろっての)。

馴染んだ曲が多く簡単に終わるかと思ってたら、ビクシ君の新曲があり、これがもう久々にぶっ早い曲で、あーでもないこーでもないと頭が沸く上に、考えたリフに指が付いて行かず、思わずサマーウォーズに逃避したのである(だから早く寝ろ)。



と言うかだ、TVで放映する映画って、エンドロールが無くて興覚めするのは俺だけか・・・・エンドロールなど見ない俺だが、余韻が無くCMに移行するのは宜しくないと思う。

サマーウォーズ終了後、「やっぱ良い映画よのう」としみじみ思う間もなく再度ビクシ君の曲のギターを考え、なんとか「こんなもんかな」が出来上がるも、それで一服・・・・と言う訳も無く、此処最近弄っている「君は狂ってる」のエンディングを考えたり、前回から取り掛かった「日々を蝶と言う」を抜本的に作り直したり(だから早く寝ろ)。

いよいよ以って頭が沸騰しかけ、「もう、知るかぁ!」と不貞寝を決め込む(やっとか)。

土曜日。

うん、やっぱり体調は今一。熱が無いのが幸い。

休んじゃおうかな・・・・しかしながら8月練習は1度切りだし・・・・行くか!と己を鼓舞したが、ライブを控えている訳でも無い、場末のアマチュア・バンドの練習に無理をする必要はないと気付いたのは、練習場所に向かう電車の中だった。

楽器屋さんを2件ほど回るも収穫は無し。S-Lのパッチケーブルを買おうと思っていたのにすっかり忘れていた・・・・加齢による脳機能の低下か風邪薬の副作用か・・・・後者と思いたい。

練習は、粛々と。

BlogPaint
(最近、iPhoneで目線を作る事を覚えました)

彼是弄った「君は狂ってる」は、ビクシ君の「最初のが一番良い」と言う発言を否定出来ず元に戻す。うん、此処最近の試行錯誤はなんだったんだ?とか考えては行けない。結果は同じでも「試行錯誤の結果最初に戻した」と「気になっていたけど手を付けなかった」では納得感が違う(と思いたい)。

そしてビクシ君の新曲に取り掛かる。

凄く良い曲なのだがどうにも纏まらず。

そして僕はこのアレンジを通じて、ビクシ君に対して大きな誤解をしていた事に気が付いた。

これまで、ビクシ君の新曲に取り掛かった際、ビクシ君の頭の中にあるイメージを汲み取ってどう具現化するかが課題であり問題、と考えていたが、実は全然違って、彼が望むのは「リズムが揺れないで欲しい」が第一義であったのである。

(恐らく)フジコ・オーバードライブで一番リズム感がある彼は、リズムが揺れる事を嫌がる。と言うか、気になるのであろう。

で、気になるが故に「リズムが揺れないアレンジ」を提案するのだが、そう言う趣旨だと理解出来ていなかったので「なんで?」と思っていた。うん、なんと言う誤解。

今回の新曲を「シンプルにやりたい」と何度も言っていたのは「手数増やしてリズムが揺れるのが嫌だ」と言う事だった模様。ううん、それは・・・・気付かなかった。「面倒な奴だなぁ」と思っていた自分を反省せねばなるまい。

己に反省を課さねば、と思う時、思い出すのが茨木のり子の詩である。

~自分の感受性くらい~

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

なんかもうこれを読むと「本当にスイマセン」と言う気持ちにさせてくれる。都合の良い感性で己を誤魔化すのを見透かされた様な気持ちにさせてくれる。

「自分が間違っているのかも知れない」と言う発想は常に持っておかねばと思う。しかしながら、僕はそれを簡単に忘れる。己を律しなくてはと改めて思う。しかしながら、ビクシ君の野郎に気付かされたと言う事実に腹立たしさを覚えるのは何故かw。

亡父が、「巷に溢れる収拾が付かない問題ってのはシンプルなんだと思わんか?問題が無いのに問題があると大騒ぎするか、問題があるのに問題を起こしている人間が”問題はない”と言うかのどちらかだ。で、大体、後者の人間が前者の問題を起こすんだよ」と言っていて、なんか納得感があったのを覚えている。

前者は、私見ながら加計学園の話に思え、亡父はと言うと後者の問題を頻繁に起こしていた張本人に思っていたが、振り返ってみれば「俺は間違ってない」とは言わない人であった。寧ろ積極的に「原因は俺にある」と言う人であった。反省は、しない人であったが・・・・w。

おっと、話が大部逸れたな。

時間切れでアレンジは纏まらなかったが、次回は「リズムが揺れない」を意識してアレンジする必要がありそうだ。確かに、展開も多いしメロディも秀逸な曲なので、彼是詰め込むより「シンプルな伴奏」を意識した方がベターに思った。しかし重ねて言うが、この手の事を
ビクシ君の野郎に気付かされたと言う事実に腹立たしさを覚えるのは何故なのか。

練習を終えてみれば豪雨。東京は、今月に入って毎日雨が降っているのだとか。曇天模様の練習日は、レインガードで防水をしっかりする僕に死角は無い。

練習後、飲み会。

最近、庄や渋谷南口店さんは、我々の練習日を予測し、事前にお皿などをセットしておいて下さる。

ベースの大先生「前回に続いて、フェリーズなんだ」

リーダー「続けるんだな、貴様と言うお前は」

ベースの大先生「CDが届いた訳だ」

リーダー「・・・・ほう?」

ベースの大先生「渡船の音、カラオケ、リミックスで収録曲の半数を超えててさ」

リーダー「・・・・」

ベースの大先生「実質、曲は全体の半分な訳だ」

リーダー「・・・・」

ベースの大先生「この緩さを愛でる、それがこのCDに対する向き合い方だと思う訳」

リーダー「・・・・そう言う領域に辿り着きたい様な、そうじゃない様な」

ベースの大先生「辿り着いちゃ駄目だろ?」

リーダー「・・・・分かってるんなら何故愛でる?」

本日も、ギターは・・・・

securedownload (3)

勿論、Archtop TributeのAT130、を諸々改造した代物。

足元は・・・・

securedownload (15)

先に書いた通りで御座います。

Karma Chorusは予想より良かった。リフやソロで効果有りと思っていたヴィブラートは、寧ろアンビエントなニュアンスを出したい時にONにすると有益であった。

BBB11も良かったのだが、全体的な「音抜け」を考えると、この位置はやっぱりRC BoosterM109Sかなあと思った。

次回練習は9月の半ば。

それまで、試行錯誤してみましょうか・・・・。

次回練習の足元

リーダー

リーダーです。

(見た目が)好きな女性のタイプは?と聞かれたら、りょうミラ・ジョヴォヴィッチと回答して長いが(と言うかあんまり聞かれた事無いが)、時に引かれる事もあり、ワタクシの趣味は微妙なのかと自身を疑う次第だが、共通しているのはソリッドで中世的な感じであり(後者は私見で)、所謂「官能的な肉体の女性」換言すればむちむちな女性と言うのは敬遠してしまうクチで、そう言えばファズで言えば低域が芳醇なむちむち系のFuzz Faceより、ソリッドなRangemasterを好む傾向があり、異性の趣味と音の趣味は一致するのではないかと思うのである。

しかしながら家人はと言うと、上記のどちらでも無く、Fuzzで言えばFuzz Factoryが一番近しい様にも思われ、そう言えばFuzz Factory使っている時にビクシ君に勝手にOFFにされたなぁとか未だに思い出しては悔しさに枕を濡らすのである。

さて、今日は簡素に、明日の練習の足元をば。

securedownload (15)

BBB11(Lovepedal)~ファズ兼ゲイン・ブースター

Fulltender(Jersey Girl)~オーバードライブ

EVH Phase90(MXR)
~フェイザー

Karma Chorus(Budda)~コーラス

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター

MXRのイコライザーを買って気に入ったばかりなのに、と言うかその機能を存分に試した訳でもないのに早々に外したのにはマリアナ海溝より深い理由が・・・・ある訳でも無いが、まぁ、理由が無い訳じゃない。

BBB11を試した際の録音物のサウンドが結構良くて、もうちょっと煮詰めてみたいと思ったのがその理由。

Fulltenderのゲインブースト、は、この際諦めて、「歪みペダルを2つ使う」をデフォルトにしてみようかと。

BBB11は、曲によってはそのざらついた感じが合い、ファズにしてはサスティンに優れ、低域の多さによる音抜けの悪さも調整可能で、「Fuzz Face風でもTone Bender風でもRangemaster風でもないセッティングで、普通に使えるファズ」な位置付け。ゲインは12時程度でON時に音量が少し上がり、低域は抑えた設定。

Fulltenderと併用した際は音の壁、とまでは行かぬとも、厚いサウンドが得られる。

フェイザーをPhase100から変更した理由は、薄味なKarma Chorusとの併用を考えて。Phase100も又薄味なので「アクセント的にモジュレーションを使う役割」はPhase90の方が効果が大きいので。

コーラスはKarma Chorusを実践初投入。家で試す限り、クリーンのバッキング、リフやソロでの歪みペダルとの併用もいい味出していた。

CE-5を使用していた際は、自身がメインで弾く局面では、歪みペダルと併用しブースター&味付けとしていたが、CE-5程音量が上がらないので、
自身がメインで弾く局面では歪みペダル+ブースターを基本とし、イントロやサビの盛り上げ時にコーラスをON、な使い方になると思う。歪みペダルが2種類なので、質感は変えられるし。

そんな感じで、明日挑みます。

はて、どうなりますやら・・・・。

Karma Chorus(Budda)

リーダー

リーダーです。

BOSSを応援して来て長かったワタクシであるが、とある理由で見切りを付けた最近。

意固地に「もうBOSSなんて使ってやらないっ」と拗ねてはみたものの、世に「コーラス・エフェクター」と言う概念を齎し、且つそれを根付かせた同社のCE-5は、一般的な評価は高いとは言えないが個人的には凄く好きで、どうしても使ってしまっている。

CE-5の大きな特徴、それは「原音にも効果があるイコライザーの装備」であり、クリーンではコーラスを掛けてドンシャリ気味にしたサウンドを好むワタクシにとっては唯一無比のペダルなのである。



同様の機能性を持ち、且つ同程度の価格で入手可能なペダルが無く、「悔しいっ」と言いつつ使い続けて来たのであるが、この度新しいコーラス・ペダルを入手したのである。

securedownload (14)

BuddaKarma Chorus

動画でも。



Buddaと言えばアンプかワウ・・・・がイメージ。今はPeavey傘下なんですね、知らなかった。

ヴィブラートも搭載しているコーラス・ペダル、税込み1.8~2万円程度が一般的なお値段ですが、ワタクシは税抜き1万円で購入。なんでこんなに安かったんだろ・・・・長期在庫か代理店が変わるのか。

4つあるノブは、コーラス・ペダルにお馴染みのSpeed、Depthに加えエフェクト音のLevel、ヴィブラート音のレベル。スイッチはエフェクトのON-OFFに加えヴィブラートのON-OFF。

上記動画の方も紹介されてますが、多機能ではありますがえぐいサウンドに非ず、です。コーラス・ペダルにえぐさを求められるなら他を選択した方が宜しいかと思います。

ヴィブラートを単独で使う場合、コーラスのLevelを絞り切れば可能ですが、揺れ幅は大きくなく、そこに多くを求めない方が賢明かと。

で、このコーラスの非常に特徴的な個所、それは「非常に原音に忠実なコーラスである」と言う事と「残響音が独特」と言う事かと。

先ず前者の特徴。

CE-2の様に、中域を持ち上げる癖等は無く(製造時期で差異有り)、素直に原音にコーラスをブレンドして行きます。

コーラス・ペダルは、低域の変調感が不協和音に感じられて敬遠される事があるかと思いまして、それ故にCE-2の様に中域を持ち上げたり、若しくはローカット的なトーンを備える事でその改善を図るペダルが多い様に思いますが(CE-2は狙いなのかは分かりませぬが、CE-2Wも低域は抑え気味に思いました)、それが無いので使い難さを覚える人が居るかもです。

僕もそこは気になり、購入を迷ったのですが、此処最近の愛機AT130は、様々な改造で低域がタイトなので大丈夫だろうと思ったのと、深く掛かるペダルではないので行けるんじゃないかと思った次第。ハイを少し持ち上げたい気もしますが・・・・w。

続いて後者。

このペダル、残響音がウワァンって感じで残り、正直に書くと、ソリッド・ギターの方が相性が良いとと言うか効果が顕著に思います。かと言って、箱鳴りがあるギターだとToo Much、と言う訳では無いです。誤解を恐れずに書きましょう。この飽和感は、CH-1のニュアンスに思います。僕はCH-1を所有した事が無く、試したのも数度ですが、CH-1にもこの飽和感を感じました。CH-1程顕著では無いですが。

買おうと思った理由は3つありました。

1つ目は値段w。安かったのでね。

2つ目はヴィブラート。

ヴィブラートは、そう使いたいエフェクターじゃないのですが、これは例外的に良いです。何が良いかと言いますと、単音を弾く時にこれをONにすると、Levelを上げれば音量が稼げる事に加え。その揺らぎ具合が良い感じでアンサンブルで抜けて来るんです。ああ、これは良いなと直感的に思いました。



上記動画の2:42からが分かり易いです。Speed、Depthを上げ過ぎ無い方がベターかと。

3つ目は、これは僕のエフェクター選択の一つの基準なのですが、「全部のノブを12時にした時に気に入った音が出るか」がOKだったから、です。

全部のノブを12時にした時に気に入った音が出るエフェクターって気に入る事が多いんですよね、経験則でw。

気に入らなかった点も3つあります。

先ずは重さ。重いんですよね、なんせ600g以上ある。RATPhase100程じゃないけど重いw。

続いてノブ。先に貼った写真の通りチキンヘッド・ノブなんですが、これ、足で触れると容易に動いちゃうんです。うん、僕の使い方に問題があるんだけど・・・・。

最後にスイッチの位置。これだと、誤操作で両方踏んじゃう・・・・って、これも僕の使い方に問題があるだけだなw。

と言う訳で、どどんと。

securedownload

ノブを触れても動き難い丸型にし、エフェクトのON-OFFは誤動作を避ける為にBearfoot Buttonsの黒を装着。個人的にはMooreのスイッチ・カバーの方が優秀に思います。耐久性は分かりませんが、安さと外れなさで(Bearfoot Buttonsはレンチで絞めるんですが結構直ぐ緩みます。少なくても僕のはそうです)。

以上です。

素晴らしい使い易さと、ユーザーフレンドリーな個性がある一方、過剰さに欠け、それ故に評価は大きくは得られない様にも思うペダルですが、僕は良いコーラス・ペダルだと思います。

因みに、アナログ回路です。

連休模様

リーダー

リーダーです。

先日、TVでギャル曾根ちゃんを見て「仲本工事に似てるなぁ」と改めて思ったのだが、



大泉洋に見えて来て・・・・なんだろう・・・・萎える。



三連休で御座いますよ。

山の日、だそうで・・・・。

海の日は毎年変動で、連休になる設定らしいですが、山の日は8月11日で固定だそうで。

なんでも、あの事故の日と山の日が重ならない配慮があったと聞いた記憶があるが・・・・事実なんだろうか。今日慰霊している報道をTVで見たが・・・・。

報道で思い出したが、偏重報道の危機が叫ばれる昨今であるが、このBlogも虚実交えてのお話であり、どこからか(主にメンバーから)「お前そろそろ・・・・」な声が上がるかと期待しているのだが、寧ろ「良いぞ、もっとやれ」的な感じで言われるこの構造が、偏重行動に繋がる行為かも知れぬと危機感を・・・・全く覚えないのは余りにも場末だからか。

再春館製薬の某番組からスポンサーを降りた話は中々に痛快で、思わずドモホルンリンクルをオーダーしそうになるが、値段を見て愕然としたのである。

と言う訳で三連休。

本来ならバンド練習日であるのだが、メンバーの家庭の事情で8月、9月はそれぞれ1回しか練習が無い。

妻と言う強敵と三日過ごすと言うミッション・インポッシブルをどうクリアーするか、を検討して居たら、お盆休みで五連休の妻が、二泊三日で帰省すると言う・・・・。

喜びを顔に出さぬ様、超人的な努力をし、妻を見送る。

脳内に流れるはQUEEN。



SHERLOCKのJim Moriarty登場シーンを脳内で演出。



SHERLOCKの最新シーズンは、
クリフハンガーな終わり方をしなかったなぁ・・・・やっぱ最終話なんだろうか。

おっと、閑話休題。

妻からの恩赦により期間限定の自由を手に入れたワタクシ。残念な事に、自由はあるがマネーはねーと言う事実。。

「僕は、奴隷の自由など要らない」と強がり、飛び出そうと用意をしながらなんとなく見たTVで、「ジュラシック・シャーク」なる、タイトルからしてバッタもんと分かる映画が流されており、暫し見ていたのだが「この映画を作る費用でブラジル国債買った方が得るものが大きいんじゃないか?」と思える内容で、逆に思わず見入ってしまい出発が遅れる。

そんな訳で飛び出すは曇天模様の帝都、東京。

思いの外過ごし易い気温で、こりゃあこの時期にしては最高の散歩日和よのう・・・・と、何処へ足を向けるか思料した末、渋谷に出てみたのである。

隔週、バンド練習で行っているのになんでまた・・・・との突っ込みがあるかもだが、渋谷に行けども練習場所から遠いイケベ楽器渋谷店には殆ど行っておらず、其処から新宿でも・・・・との考え。毎回毎回御茶ノ水とか秋葉原行ってる訳じゃないんだよ、君。

裏通り好きのワタクシ。恋文横丁を抜けイケベ楽器渋谷店へ。

エフェクター・コーナーを20往復位する。おおう、Phase100の中古・・・・吾輩の得体の知れぬPhase100とは矢張り音が違うのかのう・・・・おおう、Empress Effectsのパライコ・・・・確かこれ、イーライ師が勧めてた・・・・って、高えよっ!と悪態を付きつつ、序にギター・コーナーなんぞも見やる。おおう、Rickenbackerはやっぱり格好良いのう・・・・しかしワタクシには似合わぬのう・・・・ううん、Gretschのヴィンテージには、他のメーカーには無い深みがあるのう・・・・等と見やればビクシ君より入電。「どーせ楽器屋巡りしてんでしょ?」的な挑発的な発言を否定せずにいたら、なんでも野郎も渋谷に居るらしく、

「そんなら庄屋行きません?」

とのお誘い。

「俺は良いけどYAZAWAは良いって言うかな?」と返せば面倒そうに時間のみ伝えられ一方的に会話は遮断、以降黙殺。

未だ時間があったので、練習の度に訪れる馴染みの(一方的にだが)楽器屋の一つ、イケベ楽器グランディ&ジャングルさんに突撃。

こちらを購入。

securedownload (1)
(Photed at 庄屋渋谷南口店)

はい、Pitchblack Mini。箱が汚れているとかで35百円。チューナーが壊れかけている(気がした)ので購入。小さくて軽いしってのも購入動機の一つ。

個別レビューはしませんぜ。以前チューナーを纏めて書いたら、ベースの大先生に「書く事無くなってチューナーの事書いた」と言われたワタクシ。ウラミハラサデオクベキカ。チューナーの個別レビューは今後一切しねぇ。

True Bypassを謳っているがTrue Bypassではない、アダプター次第でノイズが乗る、とのコメントを何処かで拝見したが、電池で使うしTrue Bypassに拘りは無いし問題無し。

securedownload

3Vのボタン電池(CR 2032)なのが少々面倒。ON時で3時間しか持たないしw。因みにワタクシの知る限りCR 2032の最安値は千石電商さんの@60円。

精度?数セントの差異など俺には差異ではない。大体、ギターって楽器は全てのフレットで全く差異が無いチューニングが出来る代物じゃない、が、ワタクシの私見。

そう言えば、世の中のギタリストの皆様はどの様にチューニングしてるのだろうか?ワタクシは、解放弦、5フレット、12フレットのハーモニクス、を各弦でしているのだが・・・・。

んな訳でビクシ君と3時間程談笑。

ビクシー「白コロホルモンほど熱いと最高に美味いけど冷めたら食えたもんじゃない食べ物無いですよね?」

リーダー「全くだな。今の俺のBOSSに対する感情は”冷めた白コロホルモン”と言う感じだな」

ビクシー「前から思ってたんですけど例え話が一々分かり難いんですけど」

リーダー「分かり難い例え話が相手に齎す心理的な葛藤を観察している、そう言う事だ」

ビクシー「面倒なんで分かり易くお願いしやす」

リーダー「
俺は良いけどYAZAWAは良いって言うかな?」

ビクシー「だからなんでYAZAWAよ?」

結構飲み食いしたが一人35百円。普段は5千円弱。今回ハッキリしたが、庄屋インフレの原因はやっぱりアイツアイツである。

帰宅してみれば未だ早い時間。これは行くしか無かろうと、ナイト・上野恩賜公園ウォークに出掛け・・・・る積りが、Twin Peaks The Returnを見ちゃって眠くなっちゃって・・・・むにゃむにゃ。

以前、スーパームーンを上野恩賜公園に見に行った際、こんな風景が見られたので見たかった。無念・・・・。

土曜日。

散歩に打って付けの気候と出掛ける前は思ってました、はい。

早くに寝たので早くに目覚める、これ、自然の節理。

早くに目覚めたものの、なんとなくうだうだとギター弾いたりしちゃって、出掛けたのは11時。

さて、何処へ行こうか、折角だから、前々からやってみたかった荒川線全区間走破でも・・・・と思い家を出たが、思う所あり御茶ノ水へ。

時間があったのでじっくりと各店見て回る。おお、こんな製品が出たのか、おお、この中古はお安いのう・・・・とか、買わずとも楽しいのが楽器屋巡り。

KLONのKTRが2.6万円(税抜き)で売っていて、お安いなぁと思いつつスルー。Fulltenderを愛する今の僕には魅力的には思えない。・・・・盲目ってやつなのか?

脱BOSSを模索し、CE-5に代わるコーラス・ペダルを探す僕であるがどうもピンと来るものが無い。

ちょっと良いなと思ったのが、これ。



BuddaのKarma Chorus。お値段は1.8~2万円弱。

CE-5が持つ機能で僕が欲するのは、原音を含めたイコライジングとエフェクトレベルなんですが、前者は不可で兎に角原音まんまに掛かるエフェクト。ちょっとローをカットしたいワタクシには不向きかとお見送り。2in1は使い難いし。

色々とみて回るも、何も試さず購入せずで御茶ノ水から九段下へ歩き出す。

路地を見付けては寄り道。裏通りが好きなワタクシは、ついついその辺に誘われる様に迷い込んでしまう。

御茶ノ水~神保町の辺りは昔から頻繁に訪れていて馴染みがあるのだが、大学時代に「はらの」と言う名の700円位ですき焼きが食べられるお店があり、いつかまた行きたいなぁと思い今日探してみたが、無くなったのか間違ったのかで見付からず。カウンター席にコンロがあって、「女給」って感じの女性が配膳してて、なんか落ち着かない店なんだが落ち着いて食べられたなぁ・・・・。あ、あと「いもや」ってお店の天丼も美味しかったのを今思い出した。くそ、探せば良かった。それこそ未だあるのかな・・・・。

九段下まで歩く際は、古本屋さんが乱立する側を歩くと、時速500Mとかになっちゃうので今回は反対側を歩いた。

散歩中、夢想する事が多い。

例えば、個人名が付いた小さな雑居ビル等を見ると「地主さんがビル建てたんだろうなぁ・・・・ビルの外観からしてバブルの頃か・・・・バブル弾けたとき大変だったろうなぁ・・・・」とか、そんな事を考えながら歩く。

道中、何故か分からぬが吉田類の酒場放浪記の事を考えている自分を発見し驚いたのだが、どう言う関連でそうなったかよく分からぬ。もしかしたら西原商会の社有車でも見掛けたか(同番組のスポンサーなので)。

俎橋(為念で「まないたばし」です)の畔に喫煙所があり、首都高に覆われた日本橋川を見下ろし一服。

securedownload

九段会館を横目に見る。椎名林檎女史が此処でライブをやったと記憶しているが、なんとなく以来彼女を聞くのが嫌になった不思議。

昨日より明らかに凶暴な太陽に向かう様に坂を上り・・・・

securedownload (1)

終戦日が近いので靖国神社を参拝(ううん「靖国」の字がちゃんと出て来ない)。

あ、予め申し上げますが、A級戦犯云々等のお話は一切お付き合いしませんので悪しからず。戦争で亡くなった方に祈りを捧げる是非は僕は是であり、それは思想的なものよりも、大学時代に此処を訪れた際、遺影を持って泣きながら参拝している老女を見て「どんな思想であれ、こう言う女性を否定して良い筈は無いよな」との感情で。

securedownload (2)

securedownload (3)

一の鳥居の大きさはいつも圧倒される。お辞儀して入ったら、僕の様を見て真似して慌ててお辞儀して入った外国人観光客と思しきカップルがなんか面白かった。

長い参道を歩く。

BlogPaint

この手のお店に如何ともし難い魅力を覚えるのは何故だろう・・・・向かい側には軽食を出すお店があり、一度カレーライスを食べた記憶がある・・・・なんか凄い美味しかったんだよな。

参拝し、汗をかいたのでソルティライチを飲む。私見であるが、暑く汗をかいた際にはスポーツ飲料よりこれの方が良い気がしている。これは昨夏に甥っ子と地元を散歩した際の経験則で。

試しにお神籤を引けば小吉。近くで「あー、大吉だー」「あたしも-」「ここって大吉しかないんじゃないのー」「そうかもー」と女性3名が話していたが、うん、そんな事は無い事を俺が証明した。若しくは俺だけ小吉ロックオン。

境内の能楽堂の近くの木陰で一休み。桜が多い。

securedownload (7)

だ、そうだ。割かし日陰にあったので、開花は日向の桜より遅いんじゃないかな。

遊就館の売店にて晩御飯を購入。

securedownload (11)

賞味期限は2020年。どうでも良いが・・・・

securedownload (12)

ミリーちゃん・・・・なんか違うと思いました。

で、実際に食べたかと言うと食べなかったんだな・・・・w。理由は「なんか美味しくなさそう」と言う理由で。次回練習後の庄屋でメンバーに毒見させようと思う。

securedownload (5)

同館にある自衛隊の腕時計を見る度に思い出すはボストークと言うロシアの腕時計。

90年代、地元小樽にやって来たロシアの船の船員が売っていて、港で本読んでいたらロシア人に「買わない?」と言われ1個3千円で2個買ったのだが、現在日本の代理店で売られているものとは違い、実際にロシア軍(当時はソ連軍かな)の海軍で使われていた物だと言われた(真偽は不明)。

手巻きの時計なのだが、1日で数分狂う大陸使用。てか、こんなん使ってて作戦に問題は生じなかったのだろうか・・・・不思議でならぬ。ジェット機だったら洒落にならぬ誤差じゃねえの?

で、未だどっかにあるかなと探してみたが見付からず。1つは前の会社の腕時計好きの友達の結婚のお祝いで贈呈したのを記憶している。青い時計版に軍艦の絵が描いてあったんじゃなかったか。

77f38f16

ボストーク探してて出て来た推定20代の証明写真。解像度の所為か恐ろしく顔色が悪く(カラーから白黒に加工したので分かり難いですがw)、この人の人生に何があったんだろう?と思ってしまった。

10数年前に亡くなった友人から来た最後の年賀状も出て来て「今年こそお前に元気な姿で会いたい」と書いてあり、少なからず動揺した。

父の死は割かし早く消化したが、若くして亡くなった彼の死は未だ消化出来ていない模様。

おっと、閑話休題。

靖国神社を後にし、ラーメン二郎の行列を横目に御茶ノ水へ戻る。

暑さに少しやられたのと、空腹感を覚えたのもありはて如何致そうと沈思黙考。うん。サッパリと蕎麦でも食べようと決心。

ワタクシぐらいのグルメさんともなれば、矢張り店には拘りたいと小諸そばで260円の盛り蕎麦を食す。小諸そば>富士そばのワタクシ。

結構割愛して書いているが、これ以外にも色々と歩いており、喫煙休憩などはあれど既に四時間半歩いている。ゆっくり歩いたので(足の具合を考慮した次第。ま、殆どOKでこれで帰省しても思う存分散歩出来そうである)距離は大した事は無いが、暑さで体力は奪われている。

塩分と蕎麦湯で幾分か回復したが、疲労感は強い。

しかし、散歩はこれからが勝負なのである。

散歩の醍醐味、それは「無我の境地」である。疲労により思考は停止し、歩く目的は何も無い。そんな中で歩く事は、何気に精神の浄化を齎す。鬱な精神の人は歩くと改善すると聞いた事があるが間違いあるまい。実際、この後で秋葉原に足を延ばした道中、外国人カップルに道を聞かれたのだが、その女性が可成り露出が激しい恰好であったにも関わらず、お臍に三連のピアスが付いていたとかどう見てもブラジャー着けていないとか胸の谷間が見え過ぎじゃないかとかハンカチで胸の谷間の汗を拭いたとか一切覚えていないのである。

何故か一緒に写真を撮ろうと彼氏に言われ、言われるがまま撮影した後(僕のスマホで撮った訳じゃないから僕は写真無いですぜ)イケベ楽器リボレ秋葉原店へ。

先日来たばかりだから目新しいブツは無いのう・・・・と見やれば、BuddaのKarma Chorusが1万円・・・・え、マジで?

そう言えば、靖国神社で引いたお御籤に「願い事:焦ると損」と書いてあった。御茶ノ水で焦って買わなかった。うん、これ、運命。

securedownload (13)

securedownload (14)

レビューは後日。

エフェクターのチキンヘッド・ノブが苦手なワタクシ(足で触れて動いちゃうんですよ)。ノブを買いましょうと言う事で千石電商さんへ。

外国人観光客と萌えな方々でごった返す秋葉原ですが、千石電商さんも予想外の混み具合。此処に来る人が居る限り秋葉原は大丈夫だと言う気がする。

ノブを買って、結果こんな感じに。

securedownload

Bearfoot Buttonは誤動作を避ける為。レンチで絞めるが結構直ぐ緩むナイスな奴。うん、デザイン性ではどう考えても前の方が良かったねっ。

混み合う通りを避け、家まで歩いて帰ろうかな、と思ったが、上中の雑踏を通り抜けるのが嫌で電車に乗って帰宅。

帰宅後、もう一度見たいなと思っていた「新米刑事モース~オックスフォードの事件簿」ことEndeavourの最新シーズンを見る。

end_home_2
(出典:
http://o.canada.com/entertainment/television/tv-weekend-endeavour-finds-evil-at-oxford-top-of-the-lake-finds-evil-in-new-zealand)

WOWOWさんの30分程カットされての放送が腹立たしく、こちらを買おうか思案中。

キャラクターとしては、SHERLOCKより好きである。

image-11-for-editorial-pics-09-01-2012-gallery-980479252

どちらも、生涯独身w。

一人の休日も実質終了。うん、有意義でありました。

ビクシーのツイート見てその料理の上手さに驚いた。こっちは精々素麺の汁程度なのだが、以前飲食業に居た所為なのか、元来の器用さ故なのか。

因みに「器用な人間は面倒臭さがりが多い」が自論。

如何かな?>ビクシー
livedoor プロフィール
登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ビクシー避難所