リーダー

リーダーです。

メンバーのワクチン接種なんぞを勘案し、10月後半にバンドコント再開するか、との話になる。まぁ、情勢次第だけど・・・・。

従前より、他のウィルス同様ある程度蔓延したら毒性が弱まると言われていたコロナだが、正常化(とまでは行かないだろうが)は来春位かなと根拠なく思っていて、再開はその頃かなぁとゆったり考えていたが、今月には再開となると少しソワソワしてしまう。

慣れ親しんだこれまでのスタジオより換気が良いスタジオを探し、再開は別の練習場所からスタート予定。

1年4ヵ月ぶりなので、実際メンバーと会ったらぎこちなかったりしてな・・・・。

「お、おう・・・・久し振り」

「あ、うん。あ、痩せた?」

「あ、そ、そうかも・・・・そっちは・・・・」

「あ、ちょ、ちょっと太ったかな・・・・あは、あは、あははははは・・・・」

(沈黙)

「えっと、あ、そう言えば、卵食べれるようになった?」

「いえ」

(沈黙)

「じゃ、そろそろ・・・・やろうか?」

「あ、そ、そうだね・・・・」

「え、え、エフェクター結構変わったよね?」

「あ、うん、なんか、ちょっと色々買っちゃって・・・・」

「そ、そうなんだ」

「あ、うん」

(沈黙)

「い、今の感じ良かったよね」

「あ、うんうん」

「そうだね、うん」

「・・・・・」

「・・・・・」

中年4人が視線合わせずもじもじするとか・・・・気持ち悪過ぎる・・・・。

と言う訳で土曜日。

先ず向かうは散髪。どうでも良いが髪の毛伸びるの早過ぎな気がする。坊主にしたい・・・・致命的に似合わないのは中学時代に実施済。

散髪屋さん近くの珈琲屋さんで珈琲を買い一旦帰宅。珈琲はブラックを好むが、こちらはオーツミルクのカフェオレがありそれが好みで時々買う。

昼食後、
台風一過の快晴の帝都は、日差しは強いがカラッとした気候が心地好く、散歩日和。

IMG_5079

IMG_5080


台風明けの空は本当に気持ち良く、これが味わえるなら台風も悪くはない。万事塞翁が馬。

下の写真は聖橋からの風景だが、この渓谷(?)が人工的なものだと最近知った。江戸時代に神田山を崩して東京湾を埋めた名残だとか。確か、その土は今は東京駅周辺に使われた筈。地形をも変えてしまう江戸時代の治水や土木が中々に思い切っているなぁと感じるのは、現代人だからか。今同じ様な事をすると世論調整が大変だろうな・・・・。

略毎週お茶の水詣でに来ていると、さして目新しい物も無く、と思っていたら新たな無限城発見。

IMG_5081

エフェクターと言う現代の鬼を、魔改造ギターと言う日輪刀で退治する機材柱としては入らぬ訳には行かぬ。因みに我がバンドの相方ギタリストこと絵柱2:50は、FANZA10円セールと言う現代の鬼を、己のか細い日輪刀で成敗してるんだかされているんだか分からないらしい。

ワクワクして入ったが、在庫見て「ああ、隣のクロサワ楽器さん6階が移転して来たのか、と即座に分かって残念。そんな自分が一番残念な気もするが、まぁ、そこはスルーで。

その他彼是見て回り、ほほう、TB-2Wが15万円・・・・いや、その価値は無いと思うぞ、ローステッドメイプルって、ヘッドの色がやっぱ変だよなぁ・・・・等と呟きながら見て回る。

ぶらぶらと歩いていれば、誕生日であった母からプレゼントが届いた旨電話が入ったのは某楽器屋さんにて。

誕生日の祝いを言えば、背後の音から「又楽器屋さんなの?」と呆れられる。終に母からも飽きられられ反省し、ファズを買ってみた。

IMG_5083

LovepedalMKⅢ。MKⅢと言いながら2ノブ、且つMKⅠを目指したペダルで、然もトランジスターはシリコンと言う使用。結構長い期間残っていたのでゲルマニウム原理主義者から見向きもされなかったのかしら・・・・?

低域がスッキリしていてハイゲイン、サスティンも長くBig Muffっぽさもある。扱い易いファズです。ボリュームを絞った時の追従性は今一だが、これはこれで良い。MKⅠは弾いた事ないのでこれがMKⅠに近しいかは分かりませんが、2度ほど試したSola SoundのTone Bender(MKⅢ)みたいだなぁと感じたのはワタクシの駄耳の所為か?

低域がすっきりしていてハムバッカーでも低域がToo Muchにならなさそうなファズに思い、帰宅し、色んなペダルと組み合わせてみたが、低域が強いなと感じるギター、ペダルとでも相性良く思いました。ハムバッカーでも良さ気と書いたが、何気にTelecasterに一番合うと思った。

丁度良く下記を買ってふんふん成程とやっていたので試しに買ってみたってのもあります。

IMG_5084

Tone Benderって、Fuzz Face以上に文献が少なく知りたいと思っていたので一も二も無く購入。家人には「又エロ本買って来た」と言われたが気にしないっと。

Tone Benderについては、こちらに大変詳しく書いてあるが、その歴史は非常に複雑で、オリジナルを試す機会なんぞも殆どないので謎が多い。上記とは別のThe Effector Bookにその変遷が詳しく書いてあるが、変遷の複雑さと流通の複雑さが謎に繋がっている気もする。

閑話休題。

陽気に誘われいつもより長い散歩をしたかったが、来週義弟夫婦を帰省する家人に持って行って貰う手土産を購入した為消化不良。

翌日曜日。

前日の散歩が消化不良って事もあり、加えてジーンズが欲しいなぁって事で昼食後家を出る(痩せてウエスト周りがダブついたので)。

楽器屋には寄らず、彼方此方とぶらついてみれば結構な賑わい。緊急事態宣言明けたし、陽気も良いので、まぁ、そうなるか。

コロナ禍で良かった事も幾つかあるが、その一つに「ヤバい人が見分け易い」ってのもあると思う。今時分、マスク無しで歩いている人はそれに該当すると個人的に思っていて、その目付きは色眼鏡かもだがヤバいと感じさせるそれである。

混雑を避けながら、アメ横商店街でジーンズ購入。裾上げの待ち時間がありぶらつけば、大変にヤバい自販機発見。

IMG_5085

IMG_5086

IMG_5088

なんなのこれ?コオロギラーメンとか意味分からないし、ご当地コオロギとかホントなんなの?広島こおろぎが「大トロ」となっていて、なんかもう震えしか覚えぬ。メンバー嫌いな人への贈答品以外に需要を覚えぬ。てか、喉の渇きを潤すべく自販機前に立って驚いたわ。

重要なタンパク源として昆虫を食す文化が、日本の一部地域のみならず世界中にあるかのは知識として知ってはいるが、僕は絶対に断る。

時間潰しにHARD OFFに立ち寄り、Fenderの(セミ)ハードケースとFuzz Factory を購入。

IMG_5089

軽量で、クッションも付いていて、ポケットも多い。ネックも半固定出来るので安心。うん、良いケースに思います。小さい方のポケットは着脱可能なのも宜しい。タグが未だ付いているから新古品かな。ソフトケースの一つが、ファスナーが壊れちゃったので買ったが、ま、買えて良かった。

Fuzz Factory は、持ってはいるが、何気に個体差(と言うか製造時期による差だと思うけど)が多いので試してみたら、ギターのボリュームを絞ってクリーンを作った際に、恐ろしい位ペラペラなサウンドになる個体で、P-90なんかには合うだろうな、と思い購入。帰宅し、AT130と合わせてみたらやっぱり良かった。Fuzz Factory でクリーン・トーンって、あんまり使う人いないかと思うけど、お持ちでしたら一度お試し下さいませ。最近のFuzz Factory は、ゲインが高くクリーンが出し難くなっているかと思います(Fat Fuzz Factory じゃなくても)。

御徒町のHARD OFFさんで試させて貰ったが、試し弾きが面白くて、店員さんがギター持って1Fから来て(楽器コーナーは2F)、「あー、アンプはそこで、シールドその辺にあるの使って下さい~」と雑な感じで、お陰でゆっくり試す事が出来た。試し弾きは放置頂く方がゆっくり試せて良い。

帰宅後、Mustang Bassを調整。

IMG_8791

バンド再開の暁に、ベースの大先生にお貸しする事と相成り、では調整しましょうかと。

バリは調整序にNaked Guitar Worksに取って貰ったし、ネックも反ってなかったし、調整する箇所が無かった。ジャックの接触不良も無し。う~ん、調整し甲斐が無い・・・・。

暫く弾いて、ちょっとだけ調整し完了。あ、ロックピンにしちゃったんだった。ストラップも合わせて貸そうか。

さて、自分のギターは何使おうかな・・・・。