リーダー

リーダーです。

秋分の日待たずして秋が始まった感のある東京であるが、ミニチュア盆栽の姫百日紅も同様で、葉を落とし始めている。

IMG_4522

それでも新芽が出ていたり、花の蕾もあったりするが、ぱさり、ぱさりと落ちる葉を見るに、季節の移り変わりを感じる。

秋分の日と言えば、備蓄が心許なくなって来た珈琲豆を買いに行き、母へ送る物、近々会うであろう義弟夫婦への手土産も一緒に買えばそれなりな重さとなり、はて、これを持ったまま楽器屋巡りと言うのも如何なものか、それ以前に3日前の敬老の日に行ったではないかと思い、では近場だけをぶらぶらしようかと歩を進める。

秋分の日とは言え、夏を思い出させる太陽と秋を実感させる風が大変に心地良く、北上野~下谷~竜泉の辺りを散歩。そう言えば昨夏はよくこの辺を散歩したなぁと懐かしさを覚える。

裏路地を歩けば、ふと見た邸宅の先には見事な百日紅。

IMG_4503

美しく萌える百日紅を青空のコントラストに目を奪われる事暫し。こんな風景に接すると、生きると言う事は何と楽しい事であろうか、と思う。

再開発が続く周辺であるが、細い裏路地には未だその手が届かず。昔の遊郭の痕跡ある、入り組んだ道並みも再開発を遅れさせているのだろうか。

IMG_4505

IMG_4504

IMG_4510

ぶらぶらと行き、一度訪れたかった小野照崎神社へ。

IMG_4506

見たかったのは富士塚。

IMG_4507

IMG_4508

IMG_4509

富士信仰と言うのは中々興味深い信仰に思う。山岳信仰は彼方此方にあるが、富士信仰は何かちょっと違う気がしていて興味があり、一度じっくり調べてみたいと思っている。

一頻り楽しみ、お次は三島神社へ。雷井戸と石橋の跡が見たかったので足を延ばせば、御御籤が可愛くてちょいと萌える。

IMG_4513

IMG_4512

IMG_4514

IMG_4515

歩みを進め、一度行って再訪したいと思っていた金美館通りの入り口まで行くも、買いたいものがある店舗から遠くなるので自粛。

IMG_4516

金美館と言う古い映画館があった名残りが通り名に残っていて、震災や大戦からの古くからの店舗も多い。以前古い建物の酒屋さんの前を通ったっけ。

で、買い物。

IMG_4518

IMG_4519

IMG_4520

大変に美味しいロティサリー・チキンと対家人決戦兵器のガーリックシュリンプ。甲殻類は僕は食べれないが(アレルギーではない)、このフライドポテトは凄く美味しく家人と醜い奪い合いが始まる。昼食時は大変な混み様なので、ちょい時間を避けてテイクアウト。

夕食後、手持ちのFuzz Face Miniを試すワタクシ。

IMG_4523

先の記事で「ファズでクリーン作って常時ONにする音作り。因みにクリーンアップはしない」が最近のお気に入りと書かせて頂きましたが、改めて試してみたくなる。これ以外にも数台・・・・いや、二桁だから正確には「十数台」だけど、それは家人に言えないので、ま、数台って事で話を合わせる様に。

ギターは改造しまくったSquierのJaguar。ゴールドフォイル・ピックアップをマウントしている。

リアを選択しFuzz Face MiniをONにしてクリーン・トーンになるまでボリュームを絞る。クリーン・トーンに結構な差があったので、誰も興味なかろうが備忘で書き残す。()はトランジスタ也。結論から先に書くと、ゲルマニウムはこもった感じ(少しトーンを絞った感じ)で、ファズを表するに使う「オーガニック」な感じかと。このニュアンスは、多分低域の強さかと思う。ファズの設定はボリュームはマックス、ゲインは2~3時も、FFM6はゲインが高いのでゲインを大分絞って対応。

FFM1(シリコン):フラットな特性。フラット故にピックアップの特性が出易い
FFM2(ゲルマニウム):こもった感じも低域が強め
FFM3(シリコン):中低域が強い感じも過度ではなく欲しい帯域が出て来て使い易い
FFM4(ゲルマニウム):FFM2の低域を抑え中域を足した感じ。ワウ半止めみたいなニュアンス
FFM6(シリコン):ハイが強い(ゲインを絞っている為と思料)。リアに合わせるよりセンターで使った方が好みな感じ

FFMは5種類ありますが、クリーンの方が各機種の特性が分かり易いかも。ゲインを上げると強い低域が各機種の特性を分かり難くしちゃうのかもだけど、クリーンにすると分かり易い。それぞれにエンハンス効果があるのは共通。「Fuzz Faceはクリーン・アップが楽しい」と設計者のジョージ・トリップスが言うだけあって、各機種ちゃんとクリーンが心地好し。

好みはFFM3だけど、合わせるアンプがギャリっとしたニュアンスだったらFFM2の方が好ましいかなと思ったり、JCに合わせるんだったらFFM4が良いかもなと思ったり、
今オーダー中の某ペダルは、割とハイが出る感じなのでそれ使うならFFM2だしと思ったり、合わせる機材次第かと。

それ以外の手持ちファズも色々と試したが、思いの外良かったのがFuzz Factory。完全にクリーンにはならないけど、ボリューム絞ったジャキっとしたクランチ・サウンドは気持ち良い。Fuzz Factory って
低域は抑えめなのね。「エンハンス効いたクリーン」が趣旨なので、それと違うので選択はしないけど・・・・。

一番良かったのはこれなんですけどね・・・・。

IMG_7013

「割れ鍋に綴じ蓋、とは言わぬが、矢張り機材と言うのはどんな音を出したいか次第で、優劣ではないと思う訳だよ」と食後に茶を啜る家人に言えば、「それ以前にエフェクター試してる時のニヤニヤした顔が気持ち悪い。楽器屋でその顔してたら斬られるレベル」と言われ、心が毛羽立つワタクシ。斬られるレベルってどんなレベルよ?

して、土曜日。

祝日が多かったので平日がなんか濃厚で、疲れ溜まってるなーと思ったら9時間睡眠。こんなに寝たのは10数年ぶりの事。

長い睡眠時間でスッキリ・・・・と言う訳でもないが、疲労感は少ない。おお、やっぱり疲れていたんだな、うん。

早めの昼食にとお気に入りのお店で買ったパンに蜂蜜とチーズをのせて食してたら、Naked Guitar Worksより入電。

NGW「お待たせしました、リフレット、終わりましたよ」

リーダー「ん?なんのリフレット?」

NGW「あぁ?」

そうだった、そう言えばそうだった・・・・。

IMG_0629
(リフレットを待つ愛器AT130。持ち主に忘れられていて少し不貞腐れている面構え)

買い物などがあったので明日取りに行く旨伝え外出。買い物序の散歩は今日も御茶ノ水~秋葉原。

IMG_4531

うん、まぁ、なんだ。行くんだよ、略毎週。殆ど買わないし、今週は電池しか買わなかったけど行きたくなるんだよ・・・・。

エキュートではメダリオンの跡を見て、デザインが違う事に今更ながら気付く。

IMG_4529

IMG_4530

経年劣化による落下があるのか、外されている箇所も少なくない。ま、古いものね・・・・。

小腹が空いたので佐竹商店街の精肉店で野菜コロッケ購入。長いアーケードは最初は「おぉ!」と思ったが、日の下の方が好きで最近歩いてなかったなぁ・・・・。

IMG_4532

コロナ禍の影響か、閉店しましたって張り紙がある元店舗も幾つか見掛ける。音の問題さえなければ、こう言う場所にライブハウスあったら良いのに、と思う。商店街とライブハウスは親和性高い筈と思うのはワタクシだけだろうか・・・・。

日曜日。

そんな訳でNaked Guitar Worksにフレット交換を依頼していたAT130を受け取りに観音裏はNaked Guitar Worksへ。

IMG_4534

半袖長袖入り混じる装いの街はどこか落ち着かぬ感じも、
曇天模様の浅草は、少し喧噪感も落ち着き心地良い雰囲気。秋らしい陽気。

NGW「リフレット依頼して忘れるとかどれだけよ?」

リーダー「我ながらそう思うが、あんまり所有物に拘りなくてさ・・・・。これはいかんと反省し、結構な機材貸している人に返せって改めて催促するのを思い出せたよ、有難うね。でも嫌な事も思い出したよ」

NGW「なんです?」

リーダー「この美しいメタリック・バーガンディ・ミストを、井村屋のあずきバーって言ったどこぞのメインテナンス屋の事だよ!」

と言う訳でAT130である。

IMG_4536

久し振りに弾いたが、うむ、良い、とても、良い。

リフレットと言っても、フレット減りによるものではなく、ステンレス・フレットへの交換。サイズはデフォルトと同じミディアム・ジャンボのそれにしたが、不思議とフレットが高いと感じぬのはネック・シェイプの所為だろうか・・・・。

ステンレス・フレットの感想は、手持ちのギターを全てステンレス・フレットにし、その際に散々書いて来たので今更だが、やっぱり良いと思う。フルアコ構造のギターはお初だが、もっさりした立ち上がりがなくなり、僕は好み。と言うか、今後セミアコ、フルアコ買ったら絶対にステンレス・フレットにすると思う。

P-90二発は、フロントの音が大きくなりバランスが取り難いが、フロントはコイルのターン数を減らしており、バランスが取り易い。P-90の特性であるアタックの強さが抑えられる感じ。

Grinning Dogさんのピックアップは、枯れた感じと力強さが同居する不思議なサウンドで、それもやっぱり心地良い。クリーンでも歪ませても心地良い。

フレット交換前ですが、こんな感じです。上段はコード弾きしかしてないから参考にならないかもですが。それ以前にテクニック的に参考にならないかもですがってやかましいわ。





ああ、バンド再開したいなぁ・・・・。

Swing Chipでハウリング対策をしているので、箱鳴り感は抑えられているのかもな、と久々に見て思った。

彼是改造しているが、弄り甲斐のあるギターだったな、うん。元々は僕の様なギター弾きが使うコンセプトで作られたものじゃないと思うけど・・・・w。

そう言えばNaked Guitar Workで多田氏の私物を拝見。

IMG_4535

Zodiacのギターらしいけど、なんか興味深いね、これ。

帰宅途中、珈琲が飲みたくなり、近所の馴染の珈琲店でテイクアウトしたら、下記を頂戴する。

IMG_4538

IMG_4539

CACAOTAILと言うバーのチョコレート。パルミジャーノチーズが入ったチョコレート。滅茶苦茶旨い、と家人が言っていたうん全部取られたよチクショウ。

美味しそうなチョコレートなので、手土産に良いかもだ。今度お世話になっている人の贈答にしよう。

で、所要ありIzo先生と淡路町で会い、ちょいとお喋り。

話題は最近出された2ndのお話に。



じっくり聞かせて頂いて、1st比でIzo先生がしたい事が定まって来た感じがして、で、多分次のアルバムは集大成になるんだろうなぁと思ってたのでそんな感想をお話させて頂きつつ、作成中のプロモに関して「無意味に撮影でモスクワ行くとかどうですか?」と提案するもスルーされる。

IMG_4541

上記はIzo先生のグッズ。家人が大変喜んでおりましたが、デザイン、あの野郎なんだよな・・・・。

夕食は、実家の母より届いた海産物を。

IMG_4533
(写真は一部)

母が懇意にしていた魚屋さんが、商店街の圧力から店を畳む事となったと聞いたのは数週間前。結構流行っていて、海鮮の揚げ物を始めたらそれ以前にその商店街から揚げ物をやっていた店から圧力あり、商店街全体で圧力掛けて来て、閉店となったんだとか。

ああ、小樽らしいと言うか、田舎らしい話だな、と思った。

閉鎖社会には顔役がいて、結構その人次第で物事が決まるが、駄目な顔役がのさばっちゃあ、そりゃその地域はそりゃ廃れるだろうよ、と思う。流行りの店は商店街に人を呼ぶと言うのに・・・・コンビニエンスストアが何故然程売れぬ日用品を置いているのか、なんて使い古された台詞が分からないとはねぇ・・・・。

僕の大嫌いな小樽の一面を久しぶりに見た。

店を終う前にせめて、と母が彼方此方に送っていて、その一環で我が家へも。まぁ、母へのお返しはそれ以上になるのはいつもの事よ。取り合えずお好きな食パンと珈琲ですね了解しました。

干物は大変美味しく、これ食べられなくなるのかぁ、とちょっと、いや、可成り残念。大事に頂こう。

そんな休日でした。

さて、これから11月まで祝日も無いし、忙しくなりそうだが、このシルバーウイークは少し休養も出来た。

下期も行ってみましょうかね。