リーダー

リーダーです。

さて、連休も最終日。

土曜日は雨でしたが、日曜日と本日月曜日は、年に数回あるかって程の良い気候。

暑過ぎず寒過ぎず、爽やかな陽気。

昨日は楽器屋寄ったりしながらの散歩でしたが、本日は歩く事を主題にぶらぶらと。

雲の無い青空の下の散歩は甚だ気持ち良く、どんどん歩いてしまう。

時々、散歩しててもなんか疲れないなって日があって、ふとスマホで調べれば結構な距離を歩いていて、なんて事もあるが、この祝日もそんな日。昨日は10km弱だったが、今日は14km。そこでちょっとやり過ぎかな、と止めた。

疲労と気候には密接な関連があると言う事であろう。

気持ちの良い気候ながらも、ふと入ったビルの谷間の日陰は、夏とは違う風が吹き、釣る瓶落としの夕方は、残光が暫く残る夏のそれとは異なる。

季節には、夏の残り香すらない。

人気のない道を散歩する事が多いが、道中どうしても繁華街を抜ける事があり、そんな際に目に付く店舗の込み具合は、コロナ禍を忘れるほど。

コロナがどうやらエアロゾル感染するらしいと分かって来た昨今、どれだけ密かより、空気の清浄具合を調べる様になるんだろうか・・・・。

メンバーのワクチン接種も進むし、緊急事態宣言も開ける気配が見えて来て、そろそろバンド再開かなぁと思う一方、練習スタジオの換気と言うのは防音の為とは言え中々どうして悪い様に思え、はて、再開して良いのかしら?と思ったり・・・・。

経済的にはどこかで踏ん切りが必要とも思い、はてさて・・・・と悩む所であるが、街を行けばマスク無しで闊歩する人もチラホラと。

マスクの有効性は僕の様な素人には分からぬが、マスクしていない人とはお近付きになりたくない。色眼鏡かもだが、現時点においてマスクをしていない人ってのは、どっか行っちゃっているか、挑発行為をしてる様に思うのですよえぇ。

そんな訳で目的無く、そして気分よく歩いて「あ、レンチ買おう」と思い立つ。

我が愛器のSquierのJaguar。そのネック調整のレンチが4㎜で、持ってはいるのだが連なったもので、バンド再開の際にギターケースに単独で入れておきたく思った次第。

IMG_4496

今日のお買い物は、道中で買ったこのレンチと一本のお茶のみ。

ギターをそれなりに買ったりなんぞしていると、レンチは結構集まる訳で、多分探せば4㎜のレンチも出て来るだろうが、探すのが面倒臭く購入。ブルジョア階級になったものだ。

と言いつつ気になり帰宅後探してみれば・・・・まぁ、探すんじゃなかったと言う結果に。毎日ローテーションで使っても10日かかるってどうなんだと我ながら思う。

・・・・ちゃんと整理と処分しなくちゃ、な。

整理整頓が苦手な方で、いや、別に部屋を乱雑にしている訳ではないのだが、「あれ?何処に仕舞ったっけ?」が非常に多い。

ギターのメインテナンス品はある程度纏めて管理しているものの、使わない物は適当に仕舞っており、これが甚だ宜しくない。かと言って、整理不能な分類品も少なくない。

1年間使わなかった物は今後も使わない物、と一時期割り切って処分していたのだが、コロナ禍に思い切って整理した結果、部屋は(エフェクターラック以外は)落ち着きを取り戻したのは良いが、使わないだろうなってものを乱雑に纏めてクローゼットに片付けた結果、それの処分が出来ずにいる。ああ、あの時思い切って処分しちまえば良かった。

そんな悔恨を覚えつつ、散歩中に「あ、これ、良いかもな」と思ったエフェクターの組み合わせを帰宅して試す。それが、下記。

IMG_4495

ゲルマニウム・トランジスタをマウントしたファズ「FFM2」と、JHSがモディファイし、ゲインアップ(他諸々と改造された)TS9。

はい、大変に良いですな、この組み合わせ。

多少なりともエフェクターを弄る方なら「あ、大体想像つきます。で、どこが良いので?」となるかと思いますが、

①リア・ピックアップを選択
②ファズをON
③ギターのボリュームを絞り(ファズがONでも)クリーンな状態を作る
④その状態でTS9をON

してみた次第。

①~③は、ファズ使いの方はよくやられるかと思います。で、ボリューム上げてクリーンと歪みを使い分け、なんてのも良くやられるかと思います。

この時のクリーンって、
エンハンスが効いた抜けの良いサウンドになる他、リア・ピックアップを選択した場合、硬い感じが緩和されるってのがワタクシのイメージ。

で、ここでボリュームアップ、じゃなくて、後段に歪み系ペダル使ったらどうなんだろ?とふと思い、試してみたらあら素敵。これ、結構お勧めです。

Tube Screamerって、単音弾くにはあの中域が気持ち良いんだけど、コード弾いた時の玉になっちゃう感じが嫌いで、特にハイゲインにモディファイされたもの、その設定が為された所謂「TS系」はその傾向が強く避けちゃうのですが、ファズでクリーンを作って合わせると、単音でもコードでも良い感じ。

加えて、これでフロントを選択すると、(ボリューム次第で)歪んだファズ、なんかもで演出出来ちゃったりする訳で、ああ、こりゃ良いや、と悦に入る連休最終日。いや、有り触れたファズの使い方なのかも知れないが、僕はこんな使い方した事なかったので、ちょっと感動して弾いてたんですよ面目ない。

この連休、某楽器屋さんで「いや、普段は62年製のStratocaster使ってるんですけど、気楽に使えるのも1本欲しくて」と百万円近いマスタービルダーのギター試されていた、同年代と思しき方の話を夕食時家人にしたのだが、「アマチュア・ギター界の”すてきな奥さん”目指せ!」と妙な励ましを受け、今日も元値5万円弱、改造費極秘のSquierのJaguarを弾く俺である。