リーダー

リーダーです。

木曜日の午後9時過ぎ、WiFiルーターの調子が悪くなる。

基本在宅勤務の会社にお世話になっているのでこれは拙い。非常に拙い。

取り急ぎテザリングでPCを動かし仕事に区切りを付け、慌てて大型電気量販店まで行く。

閉店近いそのお店でWiFiルーターを購入し接続し事無きを得る。

平日のバタバタであったが、夜半の散歩は気持ち良く、人気が無い街に対比して、閉店間際の店の喧噪。普段見ない見慣れた街の姿も楽しかった。

さて、9.11から20年目の土曜日。

あの時感じたのは、想像出来ても実行するのは自分なら躊躇してしまう事を平気でする人と、一緒の世界に居るって事を実感した恐怖。「普通やんねーだろそんな事」をする人ってのは本当に怖い。神風特攻隊はやっちゃ行けない事だったと思う。

午前中の用事、ま、結局午前では済まなかったが、を済ませ散歩に出掛けてみれば、湿気が多く蒸し暑い日。

暑さがあるとは言え、真夏のそれとは異なる感じで、季節が変わった事を改めて感じる。家人が買って来た花は秋の訪れを知らせる竜胆。育てている姫百日紅も、花を咲かせながらも落葉も始まり、植物にも秋の気配。

IMG_4246

IMG_1957

相も変わらず&飽きもせず御茶ノ水。ワタクシ位頻繁に行っていると、パッと見で商品の入れ替わりが分かる程。

某店で、長らく在庫になっていたDM-3を購入。

IMG_4242

最近、BOSSのディスコン品の玉が少なくなって来ている気がする。DM-3も、御茶ノ水界隈で3個あったが1個売却されたか無くなっており残り2個。無くなる前に押さえますかって事で取得。

家人に「足で踏んで音が変わる物これ以上増やすべからず」とのお達しが発せられたが、DM-3はディレイな訳で、音は変わらぬ。音が増えるだけなのでOKである。ま、最悪「これはIzo先生のグッズの一つである」で押し通す心算の俺だ。

御茶ノ水界隈にある2つを弾き比べ・・・とか面倒な事はせず、外観にダメージある方を選択。ワタクシの経験上、外観がボロボロなペダルは音が良い。良い音だから長らく使われたのかも知れぬ。あ、機材を貸しっぱなしになっていて一向に返す気配が無い知り合いがいるのだが、彼はなんでも直ぐボロボロにしてたな、そう言えば・・・・あれは例外だ。

このDM-3、LEDとガイドブッシュが交換されており、長らく実践で使われていたんだろうなと推測。DM-2対比で不人気なDM-3だが、DM-2の後期型が好みの方は、その系統であるDM-3も好きではないかと思う。

IMG_4243

改めて、前期型のDM-2と弾き比べてみれば、まぁ確かにDM-2前期型の方が人気あるの分かるなってサウンド。サウンドのクリアさはDM-3が勝るが、サウンドの太さはDM-2前期型が勝る。

てか、確かDM-2の後期型も持ってたよな・・・・エフェクター・ラック探ったら出て来そうで怖い。実際こう言う事あるからさ・・・・。

E9tUt-dUcAI5aZN

IMGP0929

ま、良いんだけどさ(良くねぇよ)。

楽器屋さんでは、最近販売(再販)されたSuper Sonicがちょい気になったがスルー。



ギターをもう増やしたくないってのが大きな理由だが、それよりも「飽きるだろ、これ」って理由から。好んで使えるギターへの改造は出来そうだけど、好んで長く使うとも思えないんだよなぁ。

御茶ノ水では義父に日本酒を贈り、ライブであったIzo先生とバンドメンバーの皆様にも差し入れの安酒を購入。下戸のワタクシの選択なので味は保証しない。

差し入れを持渡しに、開場間近のJam Sessionへ行こうと歩を進めれば、某場所で通った裏道で、屋内ながらも外に見える場所、と言うか外に見える様に暑がりでお盛んな男女が
目合ひをされてて本気で驚く。

女性と目が合ったが、一瞥されたのみで営みを続けられる。隠そうとも止めようともしないその様に、己が路傍の石の様に感じ、決してお付き合いしたい方々では無いにも関わらず何故か感じる疎外感が不思議。てか、あれ、何だったんだろうな・・・・そう言えば、昔その近くでスカート捲り上げた女性にも遭遇したな・・・・。

Izo先生のバンドの皆様に差し入れを渡し一旦帰宅。うん、こう見えて忙しい俺なんだぜ。

一時帰宅の際に通った某学校の跡地。

IMG_4239

何かに使われているのかな?厚いビロードのカーテンで中は見えないけど、雰囲気ある建物で好き。

家で用事を済ませ、再びJam Sessionへ行きIzo先生のライブを鑑賞。

IMG_4240

Jam Sessionさん、コロナ対策が凄くしっかりされてるなって思った。デルタ株は空気感染すんじゃね?と最近言われているが、空調にも気を使っていた。正直、対策今一だったら鑑賞逡巡してただろうな・・・・。

ライブは、まぁ名うてのメンバー揃いな訳で安心して見ていられる訳で、「Fのバレーコード抑える時は2秒下さい」とか真顔で言い出すギタリストとか、エフェクターに見とれて歌うの忘れるギター弾きとかいるバンドとは大違いである。そして僕は、ベースのhama~さんのサウンドが大好きである。ヴィヴィットで好きだ。

Izo先生の2ndソロは9/15配信開始。

IMG_4244

ビクシーが「ゲームしながら聞くと盛り上がる」と言っていたがなんか分かる。ラリーXとか合いそうだなって思ってライブ聞いてた。

トレーラーはこちら。



なんかさ、見慣れた絵柄なんだけどさ・・・・漫画書いたの、「Fのバレーコード抑える時は2秒下さい」とか真顔で言い出す彼奴だよな・・・・そうだよな。ま、そうなの知ってるんだけどさ・・・・。

ライブ会場では、先日CDを買わせて頂いたBlack Mariaのメンバーさんにお声掛け頂く。

IMG_4245
(今週ヘビーローテーションで聞いてた)



ボーカルのお嬢さんとドラムのお兄さん(だよな?)が、お二方の線の細い感じにちょい驚いた(ハードなバンドなので)。Izoさんもだが、ステージに立つと普段より大きく見える人には兎に角嫉妬を覚える。

そこでふと、我々も同様な事、要するに「あれ、イメージと違う・・・・」とかあるのだろうか、と、ライブの帰り道に考えたりしたが、例えば当ブログを読んで何かしらのイメージを持たれて来て、あ、イメージ通りですってのもなんか凄く嫌だよな。「確かに毎夜エフェクター舐めてそうですよね」とか言われたらどうしたら良いんだろうか・・・・。

ブチャラティ

帰宅後、買って来たDM-3を試しつつ、ほうほうこれは中々よのう、どぅれ、どんな組み合わせが良いかのう、と至福の試行錯誤。

IMG_4241

此処までは良いんだけど、最後に繋げるクリーンブースターがね、決まらなくてね・・・・。ま、この取り合わせなら、RC Boosterになるだろうな・・・・。

サウンド・チェックにはSquierのJaguar

IMG_2767

FenderでもGibbonでもない。ましてやZemaitisでも
Marchioneでもないし、勿論ヴィンテージでもないこの安物のギターが、僕は心から気に入っている。見た目は、うん、まぁ、あれだけど・・・・w。

ザグって軽量にしたり、プリセット・スイッチをローカット・スイッチにしたりPOTの抵抗を変えたりダイナミック・ビブラートをマウントしたりゴールドフォイル・ピックアップに交換したりと色々したが、シムを積極活用してネック角度を拘って設定したのと、ステンレスのミディアム・ジャンボフレットに交換し好みの高さまで削ったのが凄く気に入っているところ。

IMG_4247

ボルトオンのギターを弾いておられる方ならお分かりかと思うが、可成りな角度を付けている。

ボルトオンのギターのネック角度は、ボディと水平にセットされる場合が多いと思うが、個人的には異を唱えたい。弦高も12Fで測るのも意味なかろうと思っている。12F以降の弦高とか、ローフレットはどうなんだ、と思う。ネック角付けて、弦とフレットをどのポジションでも成るべく平行に、が、僕の好み。その為にある程度許容出来る高さのフレットも必要なんじゃないか、と思い、高さのあるフレットから好みまで削ってみた次第。

シムを挟むことに対する音質変化は、個人的には全く分からない。又、シムを挟むとハイ起きし易くなるってのも違うんじゃないかと持っている。3点止めなら、弦が張られたネックを支える螺子が、ヘッド寄りの2本に力が集中し、そこからハイ起きするってのは理解だが、又、シムを挟んだ事でネックに刺さる螺子の長さが異なる事により、4本の螺子に均等に力が分散されないってのなら理解するが、「シムを挟むとハイ起きし易くなる」では納得出来ぬ。データレコード示してくれるなら納得するが、終ぞ見当たらず、「私は沢山のギターを触って来たからその経験則で」と言われても、「左様で。では、データ開示宜しく」としか言えぬ。てか、これまで使って来たギターでハイ起きしたのは、4点止めのJaguarとセットネックのマツモクCasinoだったもん。

おっと、熱くなり過ぎた。

ま、そんな拘りを反映したのがこのJaguar。大変にお気に入りなのである。

それを再認識した、そんな休日に御座いました。