リーダー

リーダーです。

建国記念日と言う祝日があった週であったが、仕事が久々にフルスロットル、と言うか、これまでに無い次元で忙しく、金曜日の夜、と言うか日付が土曜日に変わる辺りで一段落し、やれやれ、と机に伏す。

複数案件が同時に進んでおり、流石にヤバいと部下に業務を渡すも、どうにも気になりチェックすれば、やっぱりチェックして良かったと思う個所があるも、よくやってくれたなぁと有り難く思う。

テレワークと言う事で、周囲の進み方が自然と入って来ないのは大きなリスクになるだろうな、とタスクリストを作るも、やっぱり気になり指さし確認。

テレワークは通勤の労を無くてくれたが、周囲の状況を意図的にも自然にも把握すると言う時間が無くなったのは確かで、状況把握の為にミーティングで時間を取られると言うのは中々に中々だ。

そんな疲労の中迎えた休日。

もう、あたい、ストレス溜まったから散歩する!エフェクター買う!と、昼食を済ませ向かうは御茶ノ水。

思いがけず陽気な気候の中、其処此処に梅だの椿だのが咲き、ふと見上げれば番いのメジロが梅の花を突いたり。

IMG_0130

IMG_0132

IMG_0133

IMG_E0127

ちょっと前までは、バリケードと言うか有刺鉄線の様な寒々しい木々が目立ったが、華やかさが其処此処に・・・・春よ、のう。

春の日を楽しみながら御茶ノ水を行けば、ストレスなんて何処へやら、すっかり気分が良くなる単純な思考回路のワタクシ。まぁ、仕事は引き摺らない性格で・・・・。

買おうかなと思っていたエフェクターだが、心地良い散歩でストレス発散されたわけでもないが、何となくお見送り。最近散財してるしねぇ。

散財で思い出したが、仕事関連でちらりと聞いた所によると、コロナ禍ながらも消費活動はそれなりに活発らしく、高級消費財、例えば車の販売台数も増えているとかで、それどころか人気種の車は予約待ちになっている程だとか。

言われてみれば、ワタクシには全く縁の無い高級ギターのフロアーも盛況にお見受けする。財布の紐が緩んで来たのか元々緩んでいなかったのか・・・・まぁ、ワタクシは緩みっ放しだが中身は殆ど無いので関係ないっ。

本日の楽器屋さんは女子高生、女子大生と思しき方々がいっぱいいた。一人で来ていた女子高生と思しき子が、一生懸命ピックの事を店員さんに聞いていて微笑ましかった。頑張って、おじさんが才能に嫉妬する音楽を作って欲しい。

個人的な趣味性で言うと、女性の作る音楽と言うものが凄く良いなぁと思う様になったのはバブルが終わった辺り。

それまでの女性のバンドと言うのは、アイドル的な感じか、対男なスタンスが感じられて苦手だった。後者に関しては、「男勝りにやる」って感じ出さない方が良いのにって思っていて、バブルが終わった辺りから良いなと思える女性バンドが多く出て来て嬉しくなったのを覚えている。

某店でsugardropが持ったらステージ映えして格好良いだろうなーと言うデザインの黒のMustangを見てたら、御本人が御茶ノ水でMustang試していて驚いた。僕よりちょっと後。しかも丁度sugardrop聞いてた時。最近は歩きながら音楽聞かないのであるが、今日はsugardrop聞きたくて聞いてた。





残留思念が残って居たのかも・・・・体調が悪くなるとかあったら俺の残留思念の所為かもw。

楽器屋さんを一通り見て回り散歩を再開すれば、人の格好は春と冬が混在した様相で、季節の変わり目を感じる。まぁ、これからまた寒くなる日もあるだろうが、春はそう遠くない。見上げた空にもそれを感じた。

IMG_0138

で、本日の戦利品は二つ。先ずはこちら。

IMG_0139

はい、Dr. Duck’sの
AX WAX & STRING LUBEと言うポリッシュ。ポリッシュでありながら、弦の潤滑剤にも使えると某所で紹介されていて興味を持った。

粘度は低いが良く伸びる印象。試してみれば、成る程、潤滑剤に使える。

最近、弦の潤滑剤はこれを愛用しているが、昔買って乾いちゃったものに
AX WAX & STRING LUBE垂らして試したら良い感じに使えた。詰め替え用みたいなイメージ。Martinではポリッシュで使っているみたいね。

続いては、こちら。

IMG_0141

もう長い事、V-Picksのこれを愛用して来たが、Rickenbackerには最適だが、Jaguarには今一に思え、最近試行錯誤中。

個人的に好きなのは、あまりしならず、それなりに摩擦感があるもの。アタック感が明瞭なものが好きである。

結果、FLEXが好みだった。暫く使ってみよう。厚みは1.14㎜にするかも、だけど。

帰宅し、録音でちょいと遊ぶ。

バンドの活動が休止中で、暇を縫って既存曲の録音をして2曲終了したのだが、流れで半分遊びでバンドでやってたその他の曲を録音したら、ドラムのTakayuki君がそれに合わせてドラム叩いてくれて、「ボーカルあるとドラムの録音楽だから他の曲も作って欲しい」と言うリクエストを頂いて、やってみましょうかと。

Takayuki君がドr舞うを叩いてくれた曲は、ドラムと僕のパートは終わったので、ベースの大先生とビクシーにデータ渡せば完成するかなと思ったら、ベースの大先生が面倒そうだったので取り止め。まぁ、面倒なのは・・・・最近自分もやったから痛い程分かるしなぁw。

とは言え、僕とTakayuki君だけでも進めちゃっえば、後で楽出来るし良いか、と次の曲に取り掛かる。

どうせデモだし、思う存分遊んでやろうと、それも折角だからノイズ塗れエフェクター塗れにしてやろうと取り掛かってみれば、結果は・・・・大失敗。

自分にはスタバの甘い飲み物よりも甘い事で定評がある俺だが、その俺を以てしても「うん、これは無い」と言う内容。

おかしい・・・・空間系の無い毛羽だったシューゲイザーが出来上がる筈だったのに・・・・どうしてこうなった?

何が失敗かって、抑揚と言うかダイナミズムが壊滅的にない。いや、確かにドラムは面倒なので1パターンだし、ノイズ塗れでそう言うものは端から無いアレンジだが、それにしても酷い。

僕はシューゲイザー系のギターのサウンドはそんなに好きじゃ無くて、と言うか、抑揚の付け方が分からなくて不得手、と言うのが正解なのだが、その分アレンジで抑揚と言うかメリハリ付けるんだろう、と理解しているが、それだけに非ず、しっかりと考えられたサウンド構成なんだろうなと感じた。中途半端に手を出すものじゃ無い事を痛感。

当然封印するが吉なのだが、Takayuki君のガイドラインにはなるかなぁと言う事で、Takayuki君に送付。

今日は散々散歩したし、明日は何が失敗だったか試行錯誤でもしてみようかな。少しは各パートのアレンジ考えて・・・・うん、それはそれで楽しい様な気がする。

そんな土曜日に御座いました。