リーダー

リーダーです。

コロナ禍とあってバンドが休止中である事は幾度も書いて来て、そんな中、個人的にして来た音楽活動(らしきもの)は何かというと宅録。

コロナがどれだけ長引くか不明であった昨年の初夏の頃は、活動再開の為にデモでも録っておこうか、との動機で宅録を始め、コロナの長期化が現実的となった夏には、家で色んな機材(主としてエフェクターとベース)を試して遊ぶと言う趣旨に変わった。

そんな中、相方ギタリストのビクシーの提案で、活動休止前にアレンジが固まった曲を2曲録音し、動画も作って生存確認しようと提案があり、それに取り掛かったのは昨年の初冬の頃。

その曲の録音をして行く中、自作曲のガイドライン的な録音をすれば、メンバー、特に初動であるドラムのTakayuki君のガイドラインになるかも、と、遊び半分趣味半分で録音したのが下記。試してみたい機材があったのも動機の一つ。



メンバーに周知してみれば、Takayuki君から「BPM早過ぎじゃ?」との指摘を受け、上記をガイドラインにしつつも、BPMをバンド練習時に近しいものにしたドラムを録音し送って来てくれた。

ドラムを差し替えてみれば、ああ、やっぱ本職が録ったドラムは違うなぁ・・・・と感心した。幾ら僕がプログラミングしようが、ドラムのサウンドに拘ろうが(上記動画はチープさを狙ったものだけど)、本職が叩いたドラムには、プログラミングでは得られないノリが間違いなくあった。

それに合わせて、独りギター、ベース、メロトロン(のシミュレーター)、そしてボーカルなんぞを録ってみたのが先週の事。

これに、ベースの大先生のベース、ビクシーのギターを被せれば、一応「fujico overdriveの録音物」になる訳ですが、その過程でどう変わるかをアップロードして行くと言う露悪的な事をしてみようか、とメンバーに問うてみれば、Takayuki君は乗り気も他2名からはレス来ず。まぁ、いつもの事だw。

と言う訳で、ワタクシとTakayuki君の録音物で動画を作成してみました。

ベースの大先生の録音、ビクシーのギターが入る度に適宜アップデートして参ります。いや、需要が無いのは分かってますが、個人的悪趣味で。



さて、どんな変遷を経るか・・・・楽しいのはワタクシだけなのは分かってますが、適宜更新して参ります。