リーダー

リーダーです。

コロナ罹患者が増加してますなぁ・・・・うぅん。

Go To 施策が悪かったか・・・・のかは分からぬが、「Go To 施策=コロナ前の日常」と思っちゃった人が多過ぎた、って側面も大いにあるかと思う。気を付けて行動しましょう、が出来なさ過ぎたのではないかなと。

「Go To 施策止めろ!」
「保証はしっかり!」
「増税?とんでもない!」

・・・・いや、無理じゃね?

コロナに気を付けながら行動しましょう、が、現実的な対策と言うかしなきゃならない施策かと思うが、民度に期待は難しいだろうな、うん。日本経済は内需が支える割合が凄く高い独特な性質があり、インバウンドより内需の冷え込みの方が影響が大きい、と、どこぞの経済紙で読んだが、それが事実なら、内需拡大の施策で経済刺激をすると言うのは間違いじゃないんだろうと僕は思っている。

個人情報を提供して、徹底的にゼロコロナ目指すんなら話は別だろうが、そこまで振り切れないだろうし、それはそれで抵抗多いだろうな・・・・。

そんな不穏な状況であるが、目を覚ましカーテンを開ければ清々しい秋晴れの土曜日。

朝の日課のミニチュア盆栽の姫百日紅をベランダに出せば、ご機嫌な陽気。

こんな日は、早々に散歩に出掛け、どこぞでケバブなんぞを頬張るのも良いかも・・・・と思うも、午前中の良い時間にちょっとした用事を入れてしまっており、出発は昼食後となった。

EmxBlYvUcAErjIK

OD-1の様な色付きの公孫樹からの木洩れ日が心地良いったらない。どうでも良いけど比喩が何と言うか・・・・ねぇ?

太陽が有難く思える季節の散歩は、兎に角ゆっくりに限る。早歩きして汗かいて・・・・は風邪の元。散歩そのものを目的とし、ゆっくり歩けば、それはそれで発見があって楽しい。

IMG_0523

散歩道で見付けた御成道へ続く門の跡地なんぞは、これまで見落としていた。

そう言うのを見ながらつらつらと歩けば、いつの間にやら秋葉原。

そう言えば最近行ってないなって事でラジオデパート。

工作は一切しないワタクシだが、ここでパーツを見るのは大好きである。うん、迷惑なだけでしかない客で申し訳御座いません。

桜屋電気店さんでマイク・ケーブルとコンデンサーを購入。

IMG_0526

IMG_0525

マイク・ケーブルが大分ヘタっていたので新調し、コンデンサーは、見た目が良くてつい・・・・。

古くて安いコンデンサーは、時に好ましいサウンドになる事があり、それを僕はStratocasterで実感したのだが、これはもう「付けてみないと分からない」と言う極めてアナログな代物で、購入の選択肢は「見た目だけ」と言う、異性に対して行ったら非難を浴びる事必至な行動。そして、マウントを予定しているギターは一切無いんだな、うん。

え、楽器屋・・・・?

あ、はい、行きましたけど特段何もなく・・・・。

最近欲しいなぁと思っている下記は見付からず・・・・



可愛いくてね。物沢山捨てたばかりだから、あっても買うかどうか分からんけどw。

あと、Sirent Sirenと言う可愛いお嬢さん方のギターの方のシグネチャーが凄く目を惹いた。



つっるつるのネックが面白い。一度弾いてみたいなぁ・・・・。

家人が、美味しそうな鍋の素を買って来たのを思い出し、では具材を買いに行こうと商店街経由で帰宅。

豆腐屋さんで美味しい豆腐を買い、八百屋さんで野菜とお気に入りの糠漬けを買い、その隣の魚屋さんで牡蠣を買い、その向かいの肉屋さんで肉を買い・・・・をしたのだが、まぁ、楽しい。

時候の挨拶をしたり、ちょっとおまけをして貰ったりして過ごす日常は楽しく、又、八百屋さんの付けた漬物には季節感があり、季節を感じられるのも嬉しい。

桶から掬って渡される豆腐、糠床から選んで渡される糠漬け、紙にくるまれて渡される肉は、パックよりも明らかに美味しい。

扱いはアナログで大雑把だが、そう言うのがなんか良い。母が近所のスーパーじゃ無く市場で買い物をするのが分かる。美味しくて楽しくて、が、あるんだろうね。

買い物後、近所のウクレレ専門店へ行こうか迷う。

録音でウクレレを使いたく、プリアンプ付きのウクレレが欲しいなぁと最近思っているのだが、なんせ色々捨てるのが楽しい時期なので物が増えるのが嫌でならない。

ウクレレは、僕の記憶が確かなら、ギターの5フレットにカポを付けて1~4弦を弾いた時と同じチューニングで、であればアコースティック・シミュレーターとオクターバーでなんとかならんか?と思い家で試すもやっぱ違う訳。

ナイロン弦のサウンドが昔から好きなのですが、やっぱその質感って出ないのですよねぇ・・・・。

ナイロン弦のシミュレーター、BOSSさんで出してくれないかしら?僕は買うんだけど・・・・。

夕食後、「データも整理しようそうしよう」と思い立ち、過去のPCやUSBメモリーなんぞも片っ端から確認しては削除。

そしたらもう・・・・出て来る出て来る黒歴史。

fujico overdriveのライブデータ、練習のデータ、軽いデモの他、ライブ動画まで・・・・うん、死にたい。

そんな中、fujico overdriveが始まる前にベースの大先生とIさんと言うドラマーと3ピースでやっていたバンドの曲のデータが出て来て・・・・もう、目を覆いたくなると言うか物理的な破壊を以て無かった事にしたくなる。

そのバンドは活動期間は2001年から2004年で、確か5枚のCDを作って、最後のCDは結構良く出来た、と思うも、その最後のCDのデータだけなく、且つそれ以前のCDのデータも数曲しか残って居ない。何故その数曲が残ったのかも分からない。何故、データで取っておいたんだろう・・・・?

3ピースで、主な活動は録音で、ライブやってもお客さんいない、なんて事もあったバンドで、練習後の飲み会が尋常じゃ無く長くって・・・・ってバンドで、まぁ、真っ当なアマチュアバンドだったなぁと思い出す。

録音は、それに精通したドラムのIさんの主導で、Iさんが保有する機材を使ってやっていたんだが、土曜日の朝にIさんの家から機材を軽トラに積んで市民ホールに運んで録音して、一泊二日で一発録りで10曲くらい録音して、別の日にミックスで集まって・・・・だったっけ。よくやってたなw。

技術的に優れていたIさんに引っ張られる感じでノリ出して貰って(跳ねる感じのドラムが演奏してて気持ち良かった)、僕は好き勝手やってた。略々Iさんにおんぶにだっこだったなぁ・・・・。

活動の一つに、某サイトに音源をアップするってのがあって、ベースの大先生のTwitterでそれが閉鎖されたと聞いたのが最近で、なんかの虫の知らせかしらね。

このまま封印しよかと思ったが、なんか縁を感じたので残しておこうと思った。

もう20年も前の話だし、ただただ個人の楽しみでやってて、聞いて褒めて貰おうなんて気持ちは皆無だったし、そんなもんを残すのもどうかと思うが、半分ノスタルジアって事でご容赦、あれ。

残ってるデータは全て吐き出す。いや、正確にはベースの大先生のデータの方が沢山残って居るのだが、それやるとテロなので止めておくw。

2000年の初頭、こんなオッサン3人組のアマチュアバンドが、いたんですって事で。

<虹の彼方に>



作ったのは僕だけど、ボーカルはIさんにお任せ。コードは3つ。本当はサビも無かったんだけど、サビなくても良かったかもなと今にして思う。

<ラジオマーカーの管制塔>



20代のリーダーさんが、一泊二日の録音で死ぬほど疲れてやけくそになって居る様を確認頂けるかと思います。多分、1枚目のCDの曲、だった・・・・様な・・・・。歌を録って、周囲から「う~ん、もう一回やったら?」と言われて全力で拒否したのを覚えている。聞き返してみて、周囲が正しかったと痛感している・・・・。

<ヨーロッパ市民>



これもIさんに歌って貰ってたんだな。3拍子は好きでfujico overdriveでも何度かやったが上手く行かなかったけど、このバンドでは出来てたんだな。

<冬を越えたミツバチ>



これはなぁ・・・・もうなぁ・・・心から無かった事にしたいなぁ・・・・当時の僕に「なぁ、やめとけって」と言ってやりたい・・・・。どうでも良いが、動画のタイトル、誤植してるなw。

<八月の野蛮>



これ、曲は覚えてるんだけど、どのCDかもどんな風に録音したのも覚えていない、が、歌入れ直前に「君の蝶なんてくたばってしまえ」って歌詞を換えたのを覚えている。ライブでは更に歌詞変えた記憶が・・・・なんか、色々とやってたのね。

うん、もうこの辺で勘弁してくれ・・・・と、ワタクシも奇特にも聞かれた方もお思いでしょう。うん、僕は心からウンザリしている。

でもなんか、色々とやってみたい事はやってたんだなってのは分かった。うん、それは間違いない。

と、Jaguarの調整しててばかりで特段書く事も無く、昔のデータをやっつけ仕事でアップしてお茶を濁してみました、はい。

と言う訳で、次回は、Jaguarの話だっ!

3a6f1400 (2)