リーダー

リーダーです。

十一月も三分の一を過ぎれば、流石に気軽に彼方此方を散歩・・・・と言う訳にも行かぬ冷え込みとなり、こんな季節の散歩となれば、長距離を只管歩く、ではなく、神社仏閣なんぞでゆったり歩くのが宜しい。

晩秋から冬にかけての神社仏閣と言うのは、年始の喧騒を前にした独特の雰囲気があり、
有閑未亡人の様だと思った事があるのだが、そもそも有閑未亡人なるものと遭遇した事が無く、矮小なイメージだけで有閑未亡人などと連想してしまう己の安易さにホトホト嫌気が差す。

旅行を然程好まぬ性格であるが、強いて言えば「季節外れの観光地」は好きである。

数年前、季節外れの箱根に家人と小旅行したのであるが、宿泊場所が近場だった事を良い事に、早朝の箱根神社なんぞを訪ねてみれば、季節外れも相まって人気が無く、普段とは別の表情が見られて、大層心が満たされたのである。

親しい人でも、ふと普段は見ない表情をした時に遭遇すると嬉しくなるのは、単なる覗き見趣味ではなく、頑張っているのだなぁと思うからである。

社会人ともなれば、何処か気を張って生きねばならぬものであるが、ちょっと気が緩む場面と言うのもあって、そんな表情を見ると、ああ、この人も頑張っているのだな、自分も頑張らねばな、と、胸襟を正せるのである。

胸襟を正す、との話から繋がるか不明であるが、自室の部屋の乱雑さに嫌気が差し、よし、断捨離擬きをしようではないかと取り掛かる。

IMG_9579

ラックに入りきらぬエフェクターが床に並べられているこの乱雑さだけで、ワタクシと言う人間が几帳面の対極にある証明である事を表し、己を律する意味も込めて取り掛かり、下記を廃棄しようと纏めたのである。

El0p1IWVcAELayv

殆どが楽器関連の本である。よくもまぁかくも保管していたものである。ネットオークションを見ると、それなりに高価な本がある様だが、保存状態を確認して無いのに売るってのは、どうも潔くない気がして捨ててしまった。ツェッペリンの古い洋書や、昔のギターカタログは物凄く読みたくなったが、それやっちゃうと時間は食うは捨てられないはで良い事が無い。

いや、正直言うと、プラス上記の半分程の本あって、マンションのゴミ捨て場を往復する事数回、やっと処分出来たと棚を整理してみれば・・・・

El0p1keVoAERWH-

いや、殆ど、変わってねえじゃん・・・・。

おかしい・・・・おかし過ぎる。物理的に処分した量に対し、棚に仕舞えた量のバランスが違い過ぎる。亜空間かこの棚は?と真剣に悩んだ程である。なにがどうしてこうなった・・・・?

いや、そもそもだ。このデジタル化の時代に於いて、「物理的に物を所有する」等と言うのは、甚だ滑稽で、そして愚かな行為かも知れぬ。データ化すれば良いし、クラウド上のデータで所有すれば良いではないか。

そう遠くない未来に「物理的に所有する」と言うのは「酔狂な趣味」と言われるのではないかと感じているワタクシであるが、己のこの様を見るに、酔狂な趣味人にまっしぐらな気がしている・・・・。

我がバンドのメンバーに目を向ければ、ドラムのTakayuki君は「空間が限られているので、厳選に厳選して買っている」と言っていたし、相方ギタリストのビクシーさんなんぞは、もう数年も前から、ご趣味であるアダルティな動画鑑賞をストリーミングに移行したと公言しており、デジタル化どころか蔵書をデジタルな図書館で閲覧すると言う事をしている訳で、現代を生きるに相応しい人物であるなと尊敬の念を持ったのである。

いや、もっと正確に言えば、
ご趣味であるアダルティな動画鑑賞をストリーミングしていると言う事は、ご趣味であるアダルティな動画をシェアしているとも言え、資源を有効に使うとの視点でも、彼と言う人物が令和を生きるに相応しい人物であると言えるのではなかろうか、との思いが深まる。

まぁ、やっている事は「オンライン乱交」とも言え、彼には、言ってみれば「オンライン兄弟」が多数いると言う現実を冷静に考えると、それはもう大変に気持ち悪いので、ワタクシはその世界には絶対に足を踏み入れないと決意新たにしたのである。

おっと、特殊性癖を持つ男の話は此処迄にして・・・・だ。

そんな訳で、部屋の整理に火が付き始め、もうあれもこれも処分したい気持ちがうずうすと。

取り敢えず、目に付いた機材を処分。

EmJQkYrVoAAm_dM

古いリバーブ、ミキサー、リズムマシン。リズムマシンは動作が不安定であったが、リバーブとミキサーはちゃんと稼働した。

大量の本を捨てた時よりもスッキリしたのは何故だろう・・・・邪魔な場所にあったからかな。あ、モニタースピーカーも処分した。

目に付く機材を整理した後、雑然としたCDラックの整理を開始。

「いつこれ買った?」「なんでこんなの買った?」なCDが多数あり、自分の行動に不信感を覚える。いやホント、全く覚えていない・・・・。

そんな整理中、絶対に出て来ちゃいけないものが出て来る。

EmNP6uFU4AAspR2

12年前のライブの音源。こんなものは、無論聞かずに即廃棄である。なんでこんなもん取っておいたんだろう・・・・?

この後、DVDと言う恐ろしいものも出て来たので当然処分。お化粧しない音源やただでさえ変な顔の四人組が緊張で更に変な顔になっているライブ動画なんざ、黒歴史どころか「ブラックホール歴史」である。

続いては、パーツが入っているボックスの整理。

IMG_0051

取り敢えずぶっこみましたと言う雑然としたケースの中身を整理してみれば、既に手元を離れたギターのパーツがわんさかと・・・・。因みに大量にあったのはノブとストラップピン。当然処分。ピックアップは思いの外無かった。不思議。

で、諸々処分した結果、ゴミ袋は実に5袋、その他、大量の本の処分。管理人さんにお詫びを申し上げ、片付けが一応終了した結果・・・・

IMG_0052

自席から見る風景がスッキリしてサッパリ。引っ越しして10年だけど、10年で随分溜め込んだもんだなぁ・・・・。

物を持つ、と言うのは武装行為に近いのかも知れぬ、と以前思った事がある。部屋をスッキリさせると、なんか裸にされた様な気分になる。「心が満たされない人は物で埋めようとする」とどこかで聞いた記憶があるのだが・・・・心が満たされたから処分した訳じゃ無いのが情けない限り。寧ろ、満たされぬ事が分かったから処分した、と言う方が心象に近い。

物が増える理由と言うのも、収納場所があるからとか、収納を購入すれば仕舞えるから、とかあるのだと思うが、寧ろ「この収納に入らないものは持たない若しくは処分する」との姿勢が必要なのだと思う。うん、きっとそうだ。

処分してみれば、物を持つのが凄く嫌になって来るもんだ。エフェクターも処分しよ・・・・。

そんなんして過ごした今週。土曜日は、曇り空ながら思いの外の陽気で散歩に繰り出す。

先ず向かうは最近此処の珈琲豆以外飲んでない、と言う位にお気に入りの北山珈琲店。

IMG_5092

珈琲豆の在庫は未だあったが、お世話になった方への贈答に甘味を購入しており、折角だから珈琲を添えるのも良いかも、と購入。珈琲好きなら、絶対一度は此方の珈琲を飲むべきに思う。

全開訪れた際に頂いたシナモンシュガーのお礼を言い(てか、母に送ってしまったので食べてないけど・・・・。母が頂いた林檎でジャムを作る際に使用した所、大変美味であったとの事)、ぶらぶらと寛永寺さんへ。

IMG_0041

IMG_0042

IMG_0043

紅葉に適した樹木が無いのか、季節が違うのかは分からぬが、紅葉から秋の気配を味わうと言う感じでは無いものの、凛とした空気が心地良い。

本堂も巡りたかったが、七五三と言う事で自粛。子供と言う主役が居る日に、僕の様なノイズとなる存在がウロチョロするのは無粋と言ふもの。

軽く、上野恩賜公園もぶらぶら。

IMG_0044

IMG_0048

IMG_0046

落ち葉の絨毯に木漏れ日が差し込んで、否が応でも秋を感じる。うん、良いなぁ・・・・。

落ち葉を一生懸命集めている幼子が居て、ああ、可愛いなぁと見ていたら、その親と思しき人がカップラーメンの汁を其処に捨ててて興醒め。なんで、そうなる、かなぁ・・・・?

その後、久々に上野の喧騒を味わい、ぶらぶらと御茶ノ水だの秋葉原だのを巡るのはいつもの通り。これで「部屋を掃除したのにまたこんなの買っちゃいました」となればオチが付くと言うものだが、本気で欲しいものも無く・・・・。

強いて言えば、こちらのお安い中古品があってちょっと心惹かれたがスルー。



てかさ、この「スピードに合わせてLEDが点滅する」って機能、要る?絶対要らないと思うんだけど・・・・。

秋葉原からぶらぶら帰れば、コロナ罹患者が急増している割にはお店は繁盛している様子。オープンテラスなんかでは可成りな密で、この状態で更に気温が下がり乾燥する季節が来る事に戦慄する。

帰路、お気に入りの製麺所でラーメンの麺とスープを購入。

こちらの卵入り麺は1食80円、スープは40円と言うお安さながら、そのお味は飽きが来ないもので、なんか定期的に買っている。つけ麺も美味しい。

ラーメンは定期的に食べたくなるが、「ラーメンを食べる為に外出する」はしたくない。「食の為に旅行はしない」はポリシーとして守りたい。

そんなワタクシにこの製麺所の麺とスープはピッタリ。具材は適当で宜しいが、近所の海苔屋さんで購入した海苔があれば美味しく頂ける。良い海苔なので海苔の方が全然高いがそれで良い。コスパ云々ではないのだ。

して、日曜日。

矢張りエフェクターを持ち過ぎで、それがあるからエフェクターラックが片付かないのだ!と改めて思い、思い切って処分する決意を固める。

IMG_0053

IMG_0055

リュック一つでは収まらず、別に紙袋にも突っ込む程のエフェクターを抱え、いざ参るは御茶ノ水。くそ、昨日行っておけば良かった・・・・。

と言う訳で、今再びの御茶ノ水。荷物が多かったので末広町から神田明神経由で行く。

IMG_0056

裏参道の鳥居から見える風景は、鳥居の向こうに木の上部が見えて、その急勾配が分かって好きで、振り返ってみてしまう。

目見付いた楽器買取がある楽器店に行ってみれば、査定に時間が掛かるとかで1.5時間待ち。

先日、散々見てしまったので楽器屋街を巡るより散歩かな、そうだ、靖国神社でも・・・・と思えば、Naked Guitar Worksより「てか、今週Jaguar取りに来ないの?」と電話。

どうやら1週間勘違いしていたらしく、来週完成かと思っていたら既に完成している模様・・・・。

ううむ、靖国神社散歩してとなると2.5時間たっぷりコースだし、その後浅草行ってとなると夜の予定に合わないし・・・・と言う事で靖国神社は諦め、楽器屋街で時間を潰す。

普段は見ないアコギのお店やらウクレレのお店なんかも見て回れば、プリアンプ付きのウクレレにちょい心惹かれる。手持ちのウクレレ、ブリッジが剥がれてて使えないんだよな~・・・・って、物を増やすな物を。

ゆっくりじっくり見て回れば、意外と時間は直ぐに過ぎ、いざ観音裏はNaked Guitar Works。

仲見世通りと並走する道を行けば、どこも激しい人通り。聞こえ来る言葉に方言も交じり、Go To キャンペーンを実感する。

歩いていたら、某地方の方言と思しき女性二人に話しかけられる。どこぞの場所が分からぬと言うが、Naked Guitar Worksの傍だったので道案内。凄い綺麗な二人組で、モデルさんだろうと思っていたら大学生とか。綺麗な人って居る所にはいるのね。

独りは某国の女性だったのだが、「人力車のお兄ちゃん、むきむきやったなぁ」と流暢な日本語で話し噴き出しそうになる。方言を話す外国人って、なんか萌えますな。

とは言え、Jaguar>美人との不等式を持つ枯れたおっさんのワタクシは、会話もそこそこに早々に案内を済ませ、Naked Guitar Worksへ。

EmScSbKVcAANcr3

うん、良い。それも、滅茶苦茶、良い。これに着いては別でしっかり書きたい。誰も読まないのは分かっているが書くったら書く。

軽く弾かせて貰って、弦高をちょいと調整して貰ったのだが、弾き比べて驚いたのが、弦高を下げた方がローって出なくなるのね・・・・。

issy将軍(彼女無し)が、Twitterで屡々「ピックアップの高さ調整は凄く拘る」と言っていたが、いや、僕もそれなりに調整していた筈だが、なんか今日はそれを凄く実感した。

成る程、issy将軍(彼女無し)が拘る訳だ。あれかな、異性に対しても拘りが強過ぎるから彼女がいな(以下自粛)。

して、二桁以上と言う大量虐殺後のエフェクターラックはと言うと・・・・

IMG_0054

おかしい・・・・やっぱり吃驚する位変わって無いやん・・・・。

どう言う事だよ一体?てか、処分したエフェクターは何処に入っていたんだよ?おかしいだろ?どんな亜空間だよ此処。

そんな失意の11月。ベランダから見上げた空には鱗雲。

EmIRwzbVgAEHi2Z

秋、だなぁ・・・・。

母との電話で知ったが故郷はもう冬の気配らしい。亡父の四十九日に晩秋から初冬の小樽を見て、そんな時期に帰省するのも良いかもな、と思っていたが、コロナ罹患者の増加を見るに、帰省は、難しいだろうな・・・・。

望郷の思いから、焼きそば弁当購入。

IMG_0040

室生犀星は、「故郷は、遠くにありて思うもの。そして悲しく歌うもの。帰る所にあるまじや」、と詠んだが、コロナが落ち着いたら、僕は帰る心算だ、うん。