リーダー

リーダーです。

突然であるが、今日は卵の話から始めよう。

幼少期より、卵と言うものはスーパーで売っている時には冷蔵されていないにも関わらず、家で保存する際は冷蔵庫に入れるのを不思議に思っていた。

中学か高校時代に読んだヘミングウェイの短編で、主人公が数日に渡るハイキングをし、朝食にはベーコンと卵を焼くと言う描写があり、と言う事は常温で卵を数日持ち歩いていたと言う事となる訳で、ああ、やっぱり卵と言うものは常温で保存して差し支えないのだな、と、合点が行ったのを覚えている。因みにストーリーは全く覚えていない。

割れない為の施策、料理に使うに冷蔵庫に入っていた方が便利、と言う理由から、利便性を考え冷蔵庫に保管する様になったのであろう。

と言う事は、冷蔵庫に「卵保存場所」を考えた人がいた訳で、誰かは知らぬがアイデアに優れた人だったんだろう。

技術的な発明より、「あ、それ良いじゃん」と言うアイデアに惹かれる。アナログなアイデアに惹かれる、と言うのが僕にはある。

とは言え、所謂「アイデア商品」に惹かれる訳ではなく、誰が始めたんだか分からぬが、いつの間にか一般化したアイデアに惹かれる。普段は気付かずにいるが、考えてみれば優れたアイデアだなって物は、其処此処にある。

記憶が正しければ、有刺鉄線は元々、羊飼いが仕事をサボりたくて作った物で、第一次世界大戦で需要が爆発的に高まった、と言うのを聞いた記憶がある。そう言うエピソードも中々楽しい。

又、既に一般化しているものであっても、別次元のものを提供される場合がある。

IMG_6459

IMG_6460

上記は、義弟夫婦にお土産として頂いたものなのだが、柿の種好きなワタクシを以てして、これは次元が違うと思わせた逸品。特に塩だれと甘醤油のあと辛が凄まじく旨く、家人と血を血で洗う闘争が繰り広げられ、各々が確保した塩だれと甘醤油のあと辛の柿の種に有刺鉄線が張られるのは時間の問題と思われる。

そんな草の根レベルの闘争を続ける神無月。

久し振りに出勤し、早めに帰宅し家で続けていた仕事も一段落した午後八時頃、会社のPCを閉じ、仕事中はOFFにしているプライベートのスマホにメッセージ。

はて、なんぞ?と見やれば、フジコ・オーバードライブのライブ観戦に、態々関西から深夜バスでやって来ると言う奇特な女性から、ワタクシが愛して止まぬ近所のハンバーガーショップJIROでハンバーガー食べてますとのメッセージが十数分前に・・・・。

「ほえ?なんぞ?」と思いつつメッセージを返し、折角近くに居るのだからとちょっとばかしの甘味やお菓子なんぞを携え合流。序でで、家にあって邪魔でならぬ我々のCDも数枚携える。

リーダー「で、今回の上京目的は?」

Tちゃん「ああ、JIROでハンバーガー食べに」

リーダー「は?」

Tちゃん「だから、JIROでハンバーガー食べに」

リーダー「それだけ?」

Tちゃん「それだけ」

リーダー「ここで曲を聞いて下さい。フジコ・オーバードライブで「君は狂ってる」」



Tちゃん「いやだから曲かけてないでちゃんと聞いて下さい」

リーダー「ハンバーガー食べに上京って・・・・不味かったらどうしたんよ?」

Tちゃん「いや、美味しかったですよ。上京中に時間の都合が合えばもう一回食べます」

リーダー「お、おう・・・・・」

Tちゃん「そう言えば、スマホ新しくしたんですよ」

リーダー「へー・・・・ん?どこのメーカー?」

Tちゃん「モトローラです。5G㎐対応にした訳ですよ」

リーダー「すまん、話しが見えぬ」

Tちゃん「この機種じゃ無いとですね、カラオケアプリが起動しないのです!」

リーダー「話は混乱を極めて行くだけだぞ、お嬢さん?」

Tちゃん「自作で作ったフジコ・オーバードライブのカラオケが出来ない訳です!」

リーダー「ここで曲を聞いて下さい。フジコ・オーバードライブで「君は狂ってる」」



と言う訳で、秋葉原へ行くと言うTちゃんを駅まで送り、別れ際家人が詰め込んだお菓子と我々のCDを3枚渡す。

「CD嬉しいです。有難う御座います」と言うTちゃん。

くっくっく、馬鹿な女だぜ・・・・処分に困っていたCDを持って行き寄って・・・・と家人に話したら、「今頃秋葉原駅のゴミ箱にCD3枚捨てられてるんだねぇ・・・・」と納得の一言。

黒い感情で見上げた月は綺麗で御座いました。

IMG_6489

して、土曜日。

花粉症の薬が切れたので近くの個人病院へ。

朝早くから対応してくれて、患者さんは近所の人ばかりと言う、所謂「町医者」。

処方箋一つに半日掛かりの総合病院には出来ないサービスが町医者にはある。

以前は、待合室がお婆ちゃん達の井戸端会議の場となっていたが、コロナ禍ではそれもならずか、誰も居なかった。

帰路、リトルリーグの子供達が、野球のユニフォームを着て街の清掃をしていた。

良い風景だな、と思う。

「町の清掃と野球に何の関係があるんだよ?」と言う人も居るかもだが、ポイ捨てされたゴミを掃除する事で、将来ポイ捨てしない人間に育つのをリトルリーグを通じて知る、と言うのは良い事に思う。掃除に参加した子供達がそうなるかは分からぬが、その機会を持つと言うのは大事に思う。

又、そこで人との関りを学ぶのも重要に思う。

50年も生きていると、色んな人に出会い、そして別れて来たのであるが、意図的に距離を置いた人と言うのも、片手に余るが、居る。
「あ、この人ちょっと無理。ちょっとじゃ無くて全然無理」と思った人が、僕にも居たりする。

その判断は必ずしもデジタルな訳では無く、「この線超えたらサヨウナラ」と明確な線引きがある訳ではなく、「ったくコイツは・・・・」と思いながらも関係が続いている人も、居る。

小学校時代、リトルリーグに一時所属していて、その時にもそんな奴がいた。
無責任で、簡単に逃げるし、己で解決しなくちゃならぬ事を人に頼ろうとするし、下手すりゃ解決押し付けようとするしと、まぁ、尊敬出来ぬ人物であった。

「全くコイツは・・・・」と嫌気も刺したが、なんかの腐れ縁で高校まで定期的に会っていた。今は物理的な距離が出来たので会わなくなったし、今更会いたいとも思わないが、意図的に距離を置こうとは思わなかったのは何故かしら?と考え、同じチームに居たって言う事実があったからかもと最近思い、それはそれで人生のエピソードとして必要であった様にも思っている。

話は少し飛びますが・・・・

母方に親戚が多く、且つ割と皆が近場に住んで居た為か伯父叔母従兄弟の交流が多い家だった。

で、物心ついた時には、既に好きな親戚と苦手な親戚が居た。

好きな親戚は、単に甘やかしてくれるって訳ではなく、寧ろ厳しい人も居たが、それでも好きな親戚だったりしたのは、単に好みとかではなく、物心つく前に「信頼出来る相手」との判断が成されていたのだと思っている。

前述の、リトルリーグのメンバーの彼も、リトルリーグを通じて何かしらの信頼関係があったんだろうな・・・・それを記憶していないのが残念でならぬ。

今日、清掃していた野球少年少女達は、数年すれば今日の事なんか忘れているだろうけど、若しかしたら、今日一緒に掃除した時に何かしら信頼する相手を選別したりしたのかもなぁ・・・・。

そんな事を考えて午前を過ごし、午後はお散歩。

晴れ間も覗く、薄曇りの絶好の散歩日和。

IMG_6496

母が所望したので北山珈琲店で珈琲豆を購入。

IMG_5092

$RFBJHOE

先日送ったら大変に気に入ったらしく所望された。

母は、毎朝自分で一杯の珈琲を飲み、亡父の仏壇にもお供えしているのだが、ふと仏壇に供えた冷めた珈琲を口にしたら、それも充分に美味しかったとの事。確かに、冷めても美味しい深い味の珈琲である。

席が空いていたら珈琲を頂く気満々だったが、大変に混み合っていたので豆のみ購入。お喋り、スマホ利用、写真撮影禁止と、禁止項目が多いお店だが、「じっくり珈琲を味わって欲しい」「他の人が珈琲を楽しむのを邪魔しないで欲しい」と言うお店の方のお気遣いであり、決して面倒なお店ではない。

こちらの珈琲店で一番お高いのは1杯3700円の珈琲。お金に余裕があれば、一度味わってみたいものだ。

両大師橋を渡り寛永寺でお参り。こちらのお寺の雰囲気が好きで、時々お参りをする。古い灯篭などを眺めて、古に思いを馳せる時間は貴重なリラクゼーション。

EjYWu9vVoAME1zu

EjYWvR3U8AAOkaj

独り、気の向くままの散歩をするのは本当に気分が良い。家人は家人で彼方此方出掛け、時に興味深い場所があれば二人で行くが、夫婦べったりで散歩をするのを互いに好まぬのは昔からである。歩いていて、他の通行人の邪魔にならぬか気になってならぬのである。

ぶらぶらと御茶ノ水~秋葉原。この界隈の街並みは、裏通りに味わいがあり好きである。

IMG_6495

IMG_6498

どこぞで竹箒で落ち葉を掃う音がしたり、どこからか金木犀の良い匂いがして来たり、街には街の楽しみがある。

道中、モデルさんとカメラマンって方の撮影に遭遇。凄い綺麗でスタイルの良いモデルさんであった。神から与えられしタレントを活かすは正しいと思う。それを得ようともがくのも又正しいと思う。

楽器屋さんは一通り巡ったが何も買わず。

某楽器屋さんで楽器を買いに来ていた親子に遭遇したが、中学生と思しき娘さんの、欲しいけどねだって良いのかって葛藤の表情が可愛らしかった。良い子なんだろうなぁ。

施しを期待したり、施される事に躊躇が無い人ってのが凄く嫌いな性格であるのは、その時にする顔付きが下品で嫌いだからだろう。何故恥ずかし気も無く、すっとぼけた、私に他意はありませんってな顔が出来るのであろうか、と心から思う。

一方、感謝が滲み出る人ってのも居て、そんな人へ贈答をするのは気持ちが良い。

誰に対しても同じ様に振舞えぬワタクシは、気立てが良いとは言えないんだろうなぁ・・・・うん、自覚があり過ぎる位あるw。

イケベ楽器リボレ秋葉原店では、こんな嬉しいお知らせが。

IMG_6497

音楽をするのに難しい日常となったが、その場所があるのは取り敢えず嬉しく思う。出演した事も、練習した事も無い場所であるが、嬉しく思う。

ぶらぶらと帰宅。そうそして今日も、佐竹商店街の佐藤精肉店で野菜コロッケをほうばったのである。

IMG_5702

スマートフォンによると、本日の歩行距離は10km弱、登った段数は14階分。末広町から御茶ノ水へ行くと、高低差が計算されるのか一気に段数が上がるんだなぁ。

道中、水分補給でこんなものを飲む。

IMG_6491

炭酸のピーチ・・・・個人的には中々好きだが、炭酸は散歩中に飲むには不向きである事を失念していた・・・・蓋を開けたら炭酸が噴き出すと言う、コテコテの20世紀コントが散歩中に発生したんだよ・・・・。

帰宅し、宅録で我が愛器3本を弾く。

IMG_9893
1997(Rickenbacker)

IMG_9897
Jaguar(FennderとSquierのキメラ)

ENW_RddU4AAaX0V
AT130(Archtop Tribute)

うむ、矢張りだな、この3本あれば良いと思うのだよ。
Jazzmasterは本当に買わぬ。と言うか、要らぬ。1997とJaguarとAT130で充分ではないか。

ソリッドで明瞭なサウンドのJaguar、箱鳴りがしっかりあるAT130、その中間な感じ(ソリッド寄りだけど)の1997。もう、小生お腹いっぱいに御座るよ。

加えて言えば、上記3本は自分好みにモディファイ済で、まぁ実はJaguarとAT130に関しては、もーちょい弄りたい個所があるのだが(あるんかい)、概ねOK。

又、Jazzmasterは、座って弾くと弾き難い・・・・座って弾くジャズ・ギタリストを想定したボディ構造と言う事に異議を唱えたくなる位弾き難い(私見ですぜ)。

Jaguarも弾き易いとは言い難いが、スケールが短い分ヘッド落ちも無いので苦にはならず。

日曜日。

曇天模様の心地良い日。

毎回御茶ノ水~秋葉原も芸が無いと本日は浅草方面へ。

先ずは「ぬま田海苔」さんにて海苔を購入。

IMG_3648

IMG_6505

納豆や豆腐は勿論、ちょっとした炒め物やサラダにかけて食すと大変に美味しく、最近は切らさない様にしている。

贈答にも使った事が幾度かあるが、大体喜んで頂ける。贈答は「自分では中々買わないけど貰ったら嬉しい」ものがベストだと思っているが、それに相応しいものに思う。

浅草で軽く買い物をし浅草寺をお参り。浅草は大変な賑わい。Go To施策の効果かな・・・・?

浅草寺は、実は其処此処に裏道みたいなのがあって、人気のないお稲荷様なんぞが点在している。個人的には、二天門傍にひっそり佇む夫婦狛犬が好きである。

IMG_6499

二天門傍には、季節問わず咲く桜があって、本日も幾つか咲いていた。

IMG_6501

季節でないのか足を止める人もおらず、暫し眺めて癒される。

隅田川は綺麗な秋の空。

IMG_6503

秋、だなぁ・・・・。

帰り道、お店をちらほら物色。

と言うのは、来週Izo先生と浅草でお会いするのだが、密を避けつつお話出来る場所はないかしら?と探っているのである。

人が戻って来た観光地で、密を避けてお話をすると言うのは中々に難しく、これと言った場所がない。いっその事人力車に乗って観光しながら話すと言うのはどうかと思ったが、新手のホモ二人に見える事必至で、即座に却下したのである。

と言う訳で来週は、スーパーテクニシャンIzo先生 VS 知識(だけ)の似非テクニシャン、リーダーの対談をお届け予定です。