リーダー

リーダーです。

さて、本日紹介させて頂きますペダルはこちら。

IMG_5107

tc electronicのコーラス、JUNE-60です。

製品の情報をば、こちらから抜粋。

JUNE-60は伝説ともいえる名機JUNO-60のサウンドを引き継ぐモデル、懐かしの80年代サウンドを再現。
かつて一世を風靡した憧れのコーラスサウンドが演出可能。

JUNE-60は世界中のギタリストが認めたヴィンテージサウンドを提供。
構成は非常にシンプルで、2つのボタンだけでそのサウンドを体感できます。
状況に応じてⅠかⅡコーラス、またはデュアルコーラスも操作が可能です。
Ⅰコーラスは上品でゆったりしたサウンドの印象を与えるコーラス。Ⅱコーラスは音が太くグル―ヴィなトーンを演出。
Ⅰ、Ⅱ同時押しのデュアルコーラスは二つの特徴を見事に調和したバランスの良い最高のコーラスサウンドをお楽しみ頂けます。

JUNE-60のコーラスは他の楽器サウンドとうまく調和しクリアーでまろやかなサウンドをお楽しみいただけます。
フリックスイッチはモノラル、ステレオサウンドの切り替えスイッチです。
モノラルはサウンドは甘いサウンドに対し、ステレオは奥行きのあるサウンドが特徴です。

このJUNE-60のサウンドを忠実に再現するためにBBD素子を搭載、
これは名機JUNO-60と同じデザイン設計で、名機のサウンドを忠実に再現するためにあえて当時の技術を活かして製造。

JUNE-60はトゥルーバイパスモードでクリーンなサウンドも演出可能、どんな現場でも活躍するペダルです。
どこか懐かしさを感じさせるウッドパーツにシンプル且つ操作しやすさを重視してイエローのボタンを採用した特徴のあるペダルです。

との事。RolandのJUNO-60をサウンドをtc electronicが再現ってのが、なんか面白いw。

続いて動画をば。



後に書きますが、凄く特徴的なコーラスに思います。うん。

購入動機は、ですね、先ずは見た目w。良いデザインだと思います。クラシカルな雰囲気が良いかと。

サウンドの特徴は、説明や動画である程度お分かりかと思いますが、自分が試してみての感想。

先ず一番に思ったのが「ヴィブラート感が強いコーラスだな」と言う事です。同時に思ったのが「変調感が少ないコーラスだな」と言う事です。

凄く極端に言うと、BOSSの変調感が少ないコーラス、DC-2にヴィブラートを掛けた感じ、に御座いました。

ⅠとⅡの違いは、Ⅰはスピードが長いヴィブラート、Ⅱはスピードが短いヴィブラートって感じで、同時押しの場合はその両方が組み合わさった・・・・うにょうにょした、何とも気持ち悪い感じ。これ使う人、いるのかしらんw。

コーラスは、アナログらしいファジーさがある、よく言えば温かい、悪く言えばクリアではないサウンドで、どこかの帯域を持ち上げるのではなく全体域にしっかり掛かる感じ。低域にコーラスがかかると、その変調感から「音程のズレ」が気になる事が多いが、変調感が少ないので、音程のズレが気になる事はない。

コーラス・ペダルにある「ONにしたら音量が下がる」との癖も無い。ヴィブラート感があるので、寧ろ目立ち過ぎって感じる人も居るのかも。

又、面白いと思ったのが、モノラルとステレオの切り替えが出来るのにアウトプットは一つと言う仕様。

「アンプを2台使って、片一方からはドライ・サウンド、片一方からはコーラスのサウンドを出したい」って需要には応えられませんが、「アンプ1台だけど時にはコーラスの音だけ出したい」って需要にスイッチ一つで対応出来る。この需要の方が、絶対に多いんじゃないかなと思う。少なくとも僕は歓迎する仕様。

と、言う事で大変気に入った・・・・かと言うとそうでもないw。

では、「ん~」と思った点を書いてみましょう。

先ず、重い・・・・。RAT程じゃないが、結構な重量で、持ち運びには不便さを感じる。

続いて、電池交換のし難さ。

サイドにある螺4つ外して交換するのですが、まぁ面倒な上に、筺体の咬み合わせが悪く、螺子がね、止め難い・・・・。

で、サウンド面で、ですが・・・・ヴィブラート感が強いので、時にヴィブラート感が強過ぎに感じちゃう時があるんですよねぇ・・・・。。

単体で使うには、このヴィブラート感が気持ち良いんだけど、他のペダル、例えば後段にディレイを掛けたり前段に歪みペダルを繋いだりすると、それにもヴィブラートが掛かって、「おお!」な時もあれば「おおお?」な時もある。

そんな訳で、バンド始まったら使うかどうかは微妙ですが、宅録では使い処多いと思う。又、シンセと合わせても良い感じで、流石は元々がシンセに内蔵されていたコーラスだなと思ったり。

割かし廉価なペダルですので、機会あれば試してみる価値ありです。個性があるコーラス・ペダルに思います、ハイ。