リーダー

リーダーです。

「最近、機材ネタ少ないっすよね」

上記は、ANTI-HERO SUPERSTARのギタリスト、issy将軍(彼女無し)にJaguarを渡した際に言われた台詞である。

そう、当ブログは、所属するバンド、フジコ・オーバードライブのブログなのであるが、当ブログにお越しの方の多くは、と言うか殆どの方は、機材の検索でお越しになられる位、以前は機材ネタを多く書いていた。バンドで検索頂いた方は・・・・うん、恐らく皆無であろう。

かの
issy将軍(彼女無し)もそうだったと聞く。うん、issy将軍(彼女無し)は、幅広く音楽を聞かれる方ではなあるが、音楽的な繋がりで当ブログにお越しになられる感じでは、ない。

元々、機材の備忘みたいな感じで書き始めたのであるが、いつの間にか寧ろ機材ネタが中心になり、かと思えば「機材ネタの検索でこのブログを知ったが、機材ネタが最もつまらぬ」とのコメントも直々に頂戴した事もあり、こちらとしてはもう愛想笑いをするしかない状況に陥った事が複数回あり、愈々以て当ブログの存在理由が分からぬのである。

まぁ、少し真面目に書けば、機材ネタを書く事に少々躊躇している俺も居るのである。

と言うのは、機材って、合わせるギターやアンプ、そして環境(一人で楽しむのか、バンドで楽しむのか、どんな音楽で使うのか)でその印象は大きく異なるであろう事が容易に想像出来るに加え、その印象も蓼食う虫も好き好きであって、「ワタクシの感想で万が一にも試さないとの選択肢を持って頂きたくない」と言う気持ちがある。

そんなマインドになったのが、某高名な機材レビューを拝見し、その断定的な見解に「う~ん」と思ったからである。

いや、機材って、気に入らなくても後々好きになる事もあるし、組み合わせで印象も変わるし、誤誘導にならないか気になったのである。

何度か書いているが、機材ネタはあくまで「備忘録」であり、そしてこれも幾度も書いているが「ワタクシと言う人間がバンドで使ったらどうだったか」と言う、他者には全く参考にならぬ私見を書いているのであるが、その前提でも参考にされちゃうかもなぁ・・・・と躊躇しているのである。

そんな状況を知ってか知らずか、
issy将軍(彼女無し)に「これ、差し上げますので良かったら」と頂いたのがこちら。

IMG_8823

はい、MXRのOD-GTに御座います。

好意的解釈だが、「ぐちゃぐちゃ考えず書けば良いんっすよ?」とissy将軍(彼女無し)に言われた様な気がして、であれば私見書いてみましょうか、と、久々に書く前提で彼是試してみた。世情を踏まえ、バンド練習では試していない事ご考慮下さいませね。

元々、MXR Custom Shopのラインナップだったが、今は通常ラインになっている。頂いたのはCustom Shop時代のそれ。故にタイトルは誤りでは無いのだ。

このペダルは何度か買おうかと思ったが買っていなかった。買おうと思った動機は、MXRって様々な「定番」があるが、オーバードライブではそれがなく、態々Custom Shopで出したって事と、Tube Screamerを容易に想像させるこの色合いが、何となくMXRの気合が感じられて興味があった(Zakk Wildeのシグネチャーモデルのロー・ゲイン設計らしいけど)。

買っていなかったのは、TS系がお腹いっぱいだったからってのが大きい。

操作は、オーバードライブの定番、音量(Output)、歪み量(Gain)とイコライザ(Tone)。操作に迷う事はない。

で、試した感想・・・・。

うん、成る程・・・・そう言う事か。

先ずは動画をご確認下さいませ。



Tube Screamer系だけど、Tube Screamerより低域寄りと言うか低域をスポイルしない設計がなされたもの、かと思います。うん、成る程・・・・面白い。

Tube Screamerは、これまでモディファイ品も含め二桁以上試して来たけど、その印象は良く言われる中域のリフトアップと低域と高域のスポイル。それが独特の「鼻詰まり感」を齎し、それが何とも心地良い(因みに同じニュアンスのOD-1は、もうちょっとハイミッド寄りをリフトアップしている感じ。僕はそっちの方が好み)。

所謂「TS系」はそのニュアンスを出しつつも、各メーカーやビルダーがチューニングしていて、時にはTS系を謳っているのにTSを感じさせないものもあったり。

このOD-GTと言うペダルは、TS系である事は間違いなく(あ、私見ですからね)、それでいながら「低域をスポイルしない」為、ダークなTS系と言える設計に思う。

線が細いギターと合わせるに適していると思われ、Stratocasterのリアと合わせると良かったが、Telecasterと合わせるとRoy Buchananみたいなサウンドの印象を持った。あの、Telecasterなんだけど、音が太い感じ?があって、Telecasterがメインであったなら積極的に使っていたかも。



ゲインが低い設計なので、単体で積極的に歪ませると言うよりブースターとして使うのを好む人も多いかと思う。低域寄りな故、出力が大きいハムバッカーとの組み合わせは、ともすれば抜けの悪い音となる気もする。Les Paulの使い手である
issy将軍(彼女無し)がこれを使っていたのは、この低域をTube Screamer程はスポイルしないチューニングが心地良かったからだろうか。僕がLes Paul使いだったら、出力が低いハムバッカーを選択するだろうと思う。

Jaguarや、リアならJazzmasterなんかと合わせても面白いペダルかも知れませぬ。

以上です。

うーん、久々に機材ネタ書いたが・・・・結構疲れるな、これw。