リーダー

リーダーです。

リーダー「そう言えば、君、最近お菓子食べないね?」

家人「なんか・・・・あんま食べたくないんだよね。ねぇ、痩せた?」

リーダー「ん?」

家人「ほら、私、お菓子食べなくなったから、痩せたかなと思って」

リーダー「ん・・・・」

家人「正直に言って。気を使われるの嫌いだし」

リーダー「了解・・・・全然痩せてないと思う」

家人「少しは気を使えやコラァ!」

殺人現場からは以上です。てかなにこの「行きなさいシンジ君!」からの「もうエヴァには乗らんといて下さいよ!」みたいな展開。

と言う訳で、不要不急の外出を避ける生活を続けておりますが皆様如何お過ごしでしょうか。

ワタクシはと言えば、テレワーク中心の生活に慣れつつあるも、ちょいと大きめなお仕事対応でヒーヒー言わされております事に加え、その案件対応における業務で、テレワークのデメリットを存分に味わわされております。

とは言え、大きく潮目が変わった感があるこの騒動にも慣れつつありましてね。

何と言うか、在宅勤務の日常ってのが出来つつ御座います。

在宅勤務ってのは、ともすれば季節を忘れさせてしまいそうだなと思えば、家人が散歩序でに切り花なんぞを買ってみたり。

IMG_3026

気が付けば、芍薬の季節。

在宅勤務当初は、家人が作った昼食を摂っていた訳ですが、最近はお弁当にシフト。

と申しますのは、そもそも昼食時間があやふや、昼食時間1時間なんざ取る事も無く、自席でおにぎりなんざを口にしながらメール読んだり・・・・ってな勤務状況で、「毎日、決まった時間に昼食を摂る」と言うのに馴染まない勤務生活をしていたのですが、在宅と言う事で当初はしっかり昼食を摂っておりましたが、その時間のロスが残業に・・・・と言うのも違和感あり、解決案として「お弁当」を選択した次第。

最初はコンビニ弁当としていたのですが、近所のお魚屋さんやお肉屋さんでお弁当を売っており、物は試しと食してみれば、まぁこれが美味しいったらない。

特に、老女とその息子さんと思しき二人がやっている魚屋さんのお弁当は絶品と言って良いお味。且つお安いとなれば、もう昼食時と成れば魚屋さんにはせ参じ、はて、今日は鱸か目鯛か、いや待て鮃と言うのも良いのう・・・・と瀟洒に欠けるエピキュリアンの如く日々楽しんでいるのである。

IMG_3031

単純な比較は出来ぬと承知しつつ踏み込んで言えば、コンビニの弁当は「好きな食材を濃い目の味付けで誤魔化したもの」に過ぎず、この魚屋さんのお弁当こそお弁当であるとの思いが募る。

丁寧に味付けされた西京焼きや一夜干し、そして日々変わる副菜は、主菜が同じであろうと飽きさせない配慮ある献立で感心しきり。それでいて、値段はコンビニ対比で遜色ないのである。

最近では、その魚屋さんでアジフライなんぞも買って晩御飯のおかずとしているのであるが、ともすれば生臭さや油っぽさが残る市井のアジフライと異なり、肉厚な鯵とさっぱりと揚げられた衣がなんとも美味しく、数日連続で食してしまった程である。

IMG_3032
@150円

又、浅利を買って味噌汁にしてみれば、驚く程身が大きく、食べ応えたっぷりで、この食べ応えであれば、次回はキャベツとでも炒めて主菜としてみるかとの思いにもなる始末。

IMG_3030

昔からやっている商店街のお店宜しく、数日で顔を覚えられて時にはサービス頂くのは有難いのであるが、洗いざらしの整髪していない髪、マスク、Tシャツ、ジーンズと言ういで立ちからか、年齢より若く見られているらしく、その可愛らしい老女から「ぼっちゃん」と呼ばれているのは何とかならぬかと思う。

取れば兎も角、緊急事態宣言が開けた暁には、中々食す機会も減りそうなので、今の内に楽しんでおきたいと思う。

そんな事をしている最近であるが、日本では緊急事態宣言が解除された県が複数あったり、世界ではロックダウン解除があったりと、少しばかりコロナ後の世界が見え始めても来ている。

日本においては、海外のロックダウン解除で日本に戻る人から第二波となり、そのウィルスは欧米で猛威を振るった型だと、もう大変な事になるんじゃないかなと懸念もしている。

そうなっても、そうならんでもかもだが、極端で己に都合の良い情報を取捨選択する連中がまた大騒ぎする事となるだろうが、引き続き自助努力でウィズ・コロナ、アフター・コロナに対応して行かなくちゃなぁと思う。売り上げ低迷に困っていた札幌の業務用洋菓子店が券売機を導入したら人気化した、なんて話は、カオス理論と言ったら言い過ぎかもだが、強い者が生き残るのではなく変化に対応出来る者が生き残ると言う事が今後起こって来るだろう。

で、そんな状況を鑑みると、バンド再開は第2波が来ない前提でも早くて夏、下手すりゃ秋かなぁとぼんやり考え、「バンドが無い生活」にすっかり馴染んでしまったワタクシは、バンドに対するモチベーションに反比例する様に興味が湧いた宅録用の機材を物色する日々が続く。

デジマートさんでは、これまではギター、エフェクターを見て来た訳だが、最近はベース、リズムマシン、果ては電子ドラムまで見始め、自粛解除の際には試しに行こう・・・・と思っていた・・・・が・・・・



































うん、ギター買ったんだ。

「はぁ?」と思われるかもしれないが、これもコロナによるカオス理論と言えよう。

バンド停止

停止してみりゃなくても良いかみたいなマインド成就

自宅録音に興味が湧く

デジマートを物色

偶然以前より欲しかったディスコンのギター発見

購入

リーダー「これもコロナの影響。そう、僕もコロナの被害者と言えよう」

家人「死ねやコラァ!」

殺人現場からは以上です。