リーダー

リーダーです。

本日紹介させて頂きますペダルはこちら。

IMG_8445

ProvidenceはVitalizer FB、クリーン・ブースターですが、バッファ(Vitalizer)
が常時ONになっているブースターです。

購入動機は・・・・うん、何となく、なんです。

新春楽器屋巡りしていて、欲しいものないなって時に目に付いて、あ、いつか買おうと思っていたんだっけ・・・・と思い立ち購入。「折角新春楽器屋巡りしてるのに手ぶらで帰りたくない!」と思った様なそうでない様な・・・・。

先ずは、動画など。



ProvidenceさんのHPで商品説明が無かったので、こちらご参照下さい(Vitalizerにつきましてはこちら)。ごく簡単に述べますと「音質劣化を防ぐバッファが付いたフルレンジ・ブースター」って感じですw。

えー、上記リンク先に、充分に機能説明や効果の検討されておりますので、そこに記載が無い私見をば。

先ず、Vitalizerの効果を充分に発揮するにはギターの次に使うのが良いかと思うのですが、個人的には最後段、アンプの手前が好みです。と言うか、ギターの次に繋ぐのは、個人的に「無し」でした。

簡単に申し上げますと、ギターの次にVitalizer FBを繋ぐと、後段のエフェクターの癖が出過ぎると感じたんですね。

「サウンドの劣化とは信号の劣化」との意味と思っていて、
「サウンドの劣化」は必ずしもNGじゃ無いと言うか、「劣化してるからこそ良い、サウンドが纏まっているってのもあるんじゃないか」と思っていて、劣化した上でサウンドメイクしているワタクシには、ギターの次にVitalizer FBを繋ぐはないな、と感じた次第です。

以前ビクシーが、「解像度の高いテレビであだるってぃなビデオ見てたら粗が目立って萎えた」と言っており、それに近しい感覚(最低な喩えで申し訳御座いません)。

一方で・・・・

アンプの手前、最後段に繋げるとサウンド・メイクが凄くし易いペダルに思いました(ONにしておくとより効果的です)。此処に繋いでおくと、ハイファイな感じにサウンドを纏める、みたいな感じになります。録音なんかでエフェクターを並列で複数個使う僕には大変有難い効果です。実際、先の録音では大いに活躍してくれました。と言うか、絶対繋げる場所はアンプの手前じゃないかと思う・・・・。

で、サウンドの傾向ですが、前述の通り「ハイファイなニュアンスを持ったクリーン・ブースター」だと思います。

サウンドの分離が綺麗なので、音が団子になっってフレーズが綺麗に聞こえない・・・・ってなご不満の方には好ましいペダルかと思います。音量アップのブースターとしてこれは良いと思います。相応な味付けがありますので、好みは分かれるかもです。人によっては「線が細くなる」と感じるかもです(僕は好きです)。

ゲイン・ブースターとしても、相応な味付けがあるので評価が分かれるかなとも思います。僕は好きですが、其処で使うと「ギターの次にVitalizer FBを繋ぐ」となるので、選択はしないですが・・・・。

最もお勧めしたいのが、「ハムバッカーのサウンドが好きだけどもう少しダイナミック・レンジが欲しい」と言うギタリストの方です。

操作性で迷う事はありませんが、ちょいと残念なのがノブの軽さ。足で触れると動いちゃう感じで、
LOCKNOBに交換して使おうかなと思ったのですが、ノブの軸が特殊で交換出来ませんでした。

LEDはバッテリー残量で可変するので電池派のワタクシには有り難く、ユーザー・フレンドリーな仕様です。

又、ON-OFFのスイッチ・ノイズは万全で、これは凄いなと思いました。

短いですが以上です。

こんな短い紹介が何の役に立つか分かりませんが、このペダルの紹介文を其処此処で拝見し、「お、じゃあギターの次に繋いでみようか」と思われる方多いと思うのですが、個人的には繋げるならアンプの手前ですって事を書きたくて書いてみました。ギターの次に繋いで「う~ん」と思う方がいらっしゃったら、是非アンプの手前でもお試し下さいませ。