リーダー

リーダーです。

と言う訳で大晦日に御座います。

なんでも、騒音苦情で除夜の鐘を自粛する寺院が出て来ているとか・・・・。

世知辛いですなぁと思う一方、センター街で馬鹿騒ぎをする輩を五月蠅いと言うのも同意かも知れんとも思ったり・・・・。

と言うのも、現代ではともすれば「迷惑行為」的な位置付けの行事も、それが歴史となる事で「儀式」みたいな位置付けとなり、それを「騒音」とする事が世知辛く思う人も出て来るかも知れず・・・・。

割と真面目に、最初は只の馬鹿騒ぎ的な冗談が、歴史を経て儀式化、様式化した事ってあると思う。所謂「奇祭」の中には、悪ふざけが悪ふざけじゃなくなったって、ある様にも思う・・・・。

SNSの発展で、一億総批評家みたいな時代となってしまって、「えー、そんな事まで難癖付けるの?」と言う事が多くなって来ましたが、私見ながら「馬鹿は黙っていた方が良い」と思うので、なるべくどうでも良い事を今後も書いて行こうかなと思います、はい。

29日は大掃除をし、30日は毎年恒例で街をぶらぶらして来ました。

大晦日の前日って、1年で1番好きな日。

街に不思議な喧騒と落ち着きがあって好きなのである。季節感が失われて昨今であるが、大晦日の前日と大晦日には、季節感が今でも色濃くあると思う。

そんな街をぶらぶらと散策。

お正月のセールを控えた御茶ノ水周辺の楽器屋街を冷やかし、パーツを幾つか買い、秋葉原へ移動。楽器屋巡り納めはイケベ楽器リボレ秋葉原店さんで終了。

上野へ移動し、アメ横で乾物買ったり海産物買ったりHINOYAさんでジーンズ買ったりして、街を歩けば、うん、何とも良い気分。

上野の駅を通り抜けて家人と待ち合わせの中華料理屋へ向かえば、上野駅は帰省客の喧騒。大声で子供を叱っているお母さんを見て思う。「奇声ラッシュ」と。

はい、お後が宜しくない様で。

して31日は、昨年同様年明け前に参拝。お札を返して、新しいお札を買って来ました。

IMG_8425

小春日和と言うに相応し過ぎる陽気。暫し散歩。

IMG_8427

IMG_8428

気持ちの良い散歩でした。

と言う訳で2019年総括、行ってみましょう。

<フジコ・オーバードライブ>

ライブは1回。

2d022fe0 (2)



沢山の方に来て頂いて、感謝、感謝で御座います。

来年も出来るかな、出来ると良いなぁ・・・・。

作れる筈だったCD「The Oscar Goes To」は、諸々あって結局作成出来ず。

来年は前半の方が忙しそうで、この正月休みで録音出来るかが肝となりそうだけど、予定が色々と入っていて難しそうな気配。

5月位迄はバンド以外の諸々でライブも難しそうだし、その後もどうなりますやら・・・・・ねぇ。

どんな活動が出来るか未知数ですが、引き続きご愛顧の程、何卒宜しくお願い致します。

BlogPaint

メンバー諸君、色々と有難う。来年も宜しく。

<カバーバンド>

お世話になっていた役員であるSさんのご退任記念ライブにお呼ばれして、可成り久々にカバーバンドをやった。



音質とかそう言うのを突っ込んじゃ駄目ですよ、うん。

Primal Screamのカバーだったんですが、Sさんの選曲がアグレッシブ過ぎて(未だに「
Exterminator」はアグレッシブ過ぎるの範囲を超えていると思っているw)、頑張って付いて行った感じでした。

カバーは、時々やるととても勉強になる。何より・・・・楽しかったなぁ。

<仕事>

忙しかった!

でも、頑張ったと思う!

以上!

<私生活>

なんか色々とあったけど、総じて良い一年だった。家族が無病息災ならそれで充分であると思っているが、そうであった一年だった。

来年もそうであります様に。

旧友を温めたりも出来た一方、ああもう無理、と距離を取った人も居た。それで、良いと思う。

もう数日で50歳になる訳で、お付き合いする人を選ばなくてはとも思ったりしている。無駄にストレス溜める事もあるまい。

50歳と言えば、僕が子供の頃思っていた50歳では全然無いが、それで良いとも思う。

子供の頃から、「こう言う大人になりたい」との思いは無かったが、「こう言う大人にはなりたくない」との思いはあって、そうはなっていないから、他人様に自慢出来る人間では無いが、まぁ、それで良いのではと、50歳を前に思っている。

<音楽>

サブスクリプションの波に飲まれず(と言うか付いて行けず)何枚かCD買いましたが、今年はSugardropと、Sugardrop経由で知ったseasunsaltに兎に角嵌った。





技術とセンスがあるって狡いなぁ・・・・w。

Sugardropはライブに行けたが、seasunsaltは未だ見れていない。来年は見る機会があれば、なぁ。

<機材>

ギターは1本購入。そう、改造中のJaguar

IMG_6564

このJaguarは、今後メインの1本と言える様に改造中である。完成したら詳細書きましょう。

エフェクターは、下記3つが素晴らしいなと思った。先ずは、これ

IMG_3913

OCDの初期ゲルマニウム・ダイオード版の復刻的位置付けのペダル。これは、凄くアグレッシブなサウンドで、特徴的なサウンドが心地良かった。

次に、こちら

IMG_9048

資本を変えて復刻したGuyatoneのCooler Booster。

凄まじく癖が強いブースターで、この振り切れ方は良いなぁと思った。

最後はこれ

IMG_2204

Vemuram のOz。ローゲインで操作し易いファズ。ファズって「ファズありきのサウンド・メイク」を強いられる場合があるが、これはもっと「気軽に」ファズが使える感じで良い。個人的には名器だと思う。

今年も色々と買いましたが、買い方が少し変わってきたかなと思いました。

これまでは、西に面白いエフェクターがあると聞けば買ってみて、東に評判が良いギターがあると聞けば、行って試してみ、を繰り返して来たが、無尽蔵に彼是手を出すと言う事は無くなった。

自分の好みのサウンドや、自分が出したいと思うサウンドがこれまで以上に具体的に分かって来て、それを狙いに行けると言う感じになり、ギターで言えば、好みのサウンドのみならず好みのスペックも分かって来た感がある。

サウンドは、タイトな低域をどう演出するか、リフやソロではどう中域を良い感じに持ち上げるか、を、より具体的に考えながらサウンド・メイクをする事が出来たと思う。

ギターのスペックで言えば、構造的な好みとかが具体的に分かる様になったと思う。結果、改造中のJaguar、AT130360C63の3本があれば良いと思える様になった。別腹で、Stratocasterはお気に入りの物を1本手元に持っておきたいけど、改造してお気に入りのStratocasterを作る事も出来た。

主に資本投下したのはフレット交換。お気に入りのギターをステンレス・フレット化。計3本をステンレス・フレットにし、改造中のJaguarもステンレス・フレットに変更を施している。

4本のギターをステンレス・フレットにしたって事は、まぁ、ステンレス・フレットが素晴らしいと思ったからであります。

お気に入りのギターは、今後もステンレス・フレットにして行く心算。AT130も、お金が溜まったら実行しようと思っています。

こう振り返ってみると、色々と充実した1年だったかなと思う。

2020年も、こうでありたいものである。

メンバー各位、ライブに来て下さった方々、このページに立ち寄って下さる読者の皆様、有難う御座いました。

2020年も、どうぞご贔屓に!