リーダー

リーダーです。

今週は飲み会が続いて、来週も飲み会が続いて、な師走に、なんとも疲れている自分が居る。

疲れる、と言うのは、肉体的にもそうだが、精神的にも、である。

以前も書いたが、下戸ではあるが気の置けぬ人(達)と飲むのは苦痛じゃ無く、寧ろ好きな方。年齢や立場でお金を多く払うケースもあるが、お金持ちでは無いが気にならない。過去に先輩方に多く御馳走になって来たのをお返ししているだけであると思っている。正直言うと、ご馳走様も言えない輩は好きじゃ無いが・・・・。

被接待の割合が多く、気を使われるのが落ち着かないから疲れるのかな、とも思うが、寧ろ御馳走になる立場が故に先方様に気を使う方が多く、それに疲れるのかなとも思ったがそうでもない。気を使われる方が落ち着かない。

何に疲れるんだろ、と考えて、結局の所、人様のお金で頂くと言うのが落ち着かず疲れる模様。それが所謂「接待費」であって、お声掛け頂いた方の懐が痛む訳じゃ無いにせよ、落ち着かない。

そんな訳で、自身が一番上の立場でのお誘いを受けた場合は、完全に割り勘なら、としている。無論こちらは自腹である。

そうすると、まぁ、業務上の疲労感程度で済み、楽しく過ごせる事も多い。最初はビジネスマンの顔をしてても、次第に互いに砕けて来て、楽しい時間を過ごせる。管を巻いたり、絡んだりする人も居ない。そして、砕けずにいる方には尊敬の念を抱ける。

先日の被接待では、この世の物とは思えぬ美味しい料理を頂いたが、その数日後に自腹で行ったお安い飲み屋さんでの飲み会の方が楽しく過ごせた。食に興味がある人間では無いって事を差し引いても、後者の方が有意義であった。

「酒を飲むなら自分の金で飲め」とは亡父の言葉。うん、成る程ね。と言いつつ、晩年の亡父は結構僕のお金で飲み食いしてたけど・・・・w。

さて、週末。

と言いつつ、話しは12月5日(木)から始まる。

諸般の事情で休暇を取得しないとならぬ状況なのだが、同日は調整すれば休暇に出来そうな予定であったので思い切って休む事にした・・・・けどまぁ、7時から14時までは仕事した。てな訳で午後休。

平日1日休みならこう過ごそう・・・・とのプランはDylan風に言えば
returned into sandしちゃったので、では何しませう・・・・と己に問えば、楽器屋行って散髪して・・・・位しか思いつかぬ情けなさ。

己が情けなくなったので、何とかもう少し有意義に過ごせぬか・・・・と考え、そうだ、浅草を散歩しようと思い立った。

浅草は住まいの関係から&Naked Guitar Woksに行く機会が多いから行き慣れているのだが、平日の浅草をゆっくり散歩する、なんてのは無い訳で、ではじっくり散歩してみようかね、と相成る。陽気も良かったし。

土日ともなれば人も多く、どんな店舗があるのやらと見渡せば、俺の琴線に触れて止まぬ喫茶店発見。

IMG_6554

いやもうなんだ・・・・お前の事が大好きだと言わなくちゃならぬこの佇まい。見え難いが「今日は5時に閉めます」と言う宣言の張り紙が、俺に突撃ドキュンさせる後押しをする、が、まさかの満席。眼付きの鋭い方が多く楽しそうだったのに・・・・残念である。

浅草寺境内では、早咲きの桜が申し訳なさそうに咲いており、一人「桜を見る会」やってみるも盛り上がりも無く終了。

IMG_6556

桜を桜たらしめているのは、あの一斉にぶわーっと咲く姿だと認識。師走桜とは、これはこれで趣深いが、桜要素は不足であると言わねばならぬ。

境内は、秋の気配。

IMG_6561

IMG_6559

それなりに暖かい日であったが、風景や木々の色付きを見て、「ああ、冬だなぁ」と思った自分に驚く。

過去何度か書いて来たが、僕は北海道は小樽市出身な訳で、そんなワタクシにとって「冬」とは「雪」が絶対必要条件である。

雪なくして冬を感じるとは、もう、道民とは言えぬ。

幾度も、それこそもう鈴木雅之以上に「違う、そうじゃない」と言っても、必ずアシンメトリーに散髪してくれる、長くお世話になってる髪結い処に見切りを付け、なんとなく新規の散髪屋さんに入って散髪。

ビクシーの様な美意識が無いワタクシが髪結い処に求めるのは「早く安く」だけで、合格点を充分に与えられる髪結い処であった。うん、これからは此処にしよう。

近くまで来たからとNaked Guitar Woksに立ち寄れば、我が近い将来の愛器、Jaguarの配線やらなんやらが完了していた。

IMG_6564

交換予定のネックはフレットが外された状態で、今はデフォルトのネック。軽く弾かせて貰えば・・・・、うん、このままでも充分な完成度。いや、素晴らしい完成度と言わざるを得ない。

プリセット・スイッチをローカットにしたのは実に正解であると確信した。素晴らし過ぎてなんも言えねぇ。

残念なのがトグル・スイッチの位置。ザグリの関係(Jaguar用のザグリだとこの位置になってしまう。Jazzmasterならもっと下になる)でこの位置になったが、ピッキングの邪魔になる事必至。もっと外側に付けたかったなぁ・・・・ピッキングで切り替わっちゃう様なら、3WAYのスライド・スイッチにしちゃおうかしら。でも、トグル・スイッチだから格好良いんだよなぁ。

まぁ、コイツよりは、ピッキングの邪魔にならんだろうが・・・・。



Naked Guitar Woksの小園氏より「この状態で良ければ一度バンドで試してみたら?交換するネックのフレット打つのもう少し先だし」とのお言葉を受けるも荷物があり断念。次回練習で試してみようかなぁ・・・・。

僕の為のJaguarの完成は来年となる。新年が待ち遠しい。

土曜日

寒い・・・・兎に角寒い・・・・日である。

この寒さを克服するには楽器屋しかあるまいと家を飛び出すも、諸般の事情で出撃が遅くなった他、家人との待ち合わせもあり、残念ながらイケベ楽器リボレ秋葉原店のみへの出撃に終わる。

再発された、FenderのSwingerにちょっとだけ惹かれるもスルー。再発されたのがMaverickだったらやばかったな・・・・買っていたかも知れぬ。





Jaguarの完成を待って、就寝前にJazzmasterとJaguarのムック本を読んでいるのだが、その所為かJazzmasterが気になり目が行く。

本家より、momoseこれが良いなぁと眺めていた。兄が同メーカーのギターを絶賛しており、気になるのだが、まぁなんせお金が無いし、何よりJazzmasterはバンドに合わないったらないw。

以前所有していたJazzmasterを持って試したが、ドラムのTakayuki君の「見た目は最高なんですけどね・・・・」との感想が全てを表していた。

あの頃より知識を集積した自負はあるので、もう一度試してみたいなぁ・・・・。

006Pと弦を買って撤退。

その後アメ横商店街へ。

天気と寒さもあって人出はそれ程でも無かろう、と出撃する。お目当てはジーンズ。此処最近の体重の減少で、手持ちのジーンズにフィット感が無くなったので買っておこうかと。

大変にお世話になった、母方の伯父が市場勤務で、師走によく働かせて貰っていた関係からか、師走の市場や商店街の雰囲気は好きである。

混み合う表通りを避け、高架下を物色。アメ横は、絶対に高架下の店舗の方が面白い。お目当てのジーンズは無かったが、気が早いが年末年始の食材含め、蟹、数の子、雲丹、イクラ、アオサなんぞを購入。言うまでも無く殆どが家人の胃袋に入る。

少々疲労感を覚えたので、お気に入りの昭和感満載の喫茶店で小休止。

ドラムのTakayuki君から送られて来た前回の練習の録音物を聞く。

前回はAT130で出撃したのだが、そのサウンドの良さに今更ながら驚く。良いギターだね、これ。

EKl_lwMXsAA1evK

ジャズ・ギターの専門店、ウォーキンさんプロデュースのGibsonはES-330を模したギター。そもそもがフジコ・オーバードライブみたいなバンドで使う前提な造りじゃないのだが、ピックアップをGrinning DogのP-90に交換した他、色々な改造を施した、この極太なネックとセンターブロックが無いフルアコの組み合わせが何とも凄く心地良い。Custom Badass Modified O.Dとの相性も良かったな、うん。

太いネックも、好みじゃないジャンボ・フレットも、弾き難さを覚えない一本。造りは凄く良いと思うしサウンドも好み。兄から譲り受けた本家のES-330より圧倒的に良いと断言出来る。

家人はこれをメインにする事を勧めている。傍から聞いていてサウンドが良いんだそうな。見た目も好みらしい。うん、僕も格好良いと思う(持ち手は兎も角)。

Jaguarが完成したら、メインで使う事はないだろうけど(多分)、お金を貯めてこいつもステンレス・フレットにしちゃおうと思う。とある人に欲しがられているんだけど、これは、差し上げられないな、うん。

前回から取り組んだワタクシの新曲は、各人が何をするのか確定していないまま彼是やってて落ち着きがない感じ。必要なのは手数じゃないんだがなぁ・・・・。

この曲はメンバーへの注文をしっかりしないと収拾付かなりそうだな、さて、どうしましょか。

そんな事を考えながら、寒空の下ぶらぶらと一旦帰宅し、家人と待ち合わせて夕食。最近できたベトナム料理にしようかと思ったが、結局いつもの中華料理屋さんへ。

アメ横で購入した食材を報告すれば、「よくやったな」と、碇ゲンドウが碇シンジを誉めた様な言い回し。

「タラバガニで殴ったろうか、ワレ!」とジェントリーに話しかければ、「Fホールにイクラ詰め込んだろうか、コラ!」とフェミニンに返されて取り敢えずごめんなさいしました。

そんな師走の日。