リーダー

リーダーです。

ボチボチ次回作CDの録音しましょうかねって相成っているフジコ・オーバードライブ。

10年以上の歴史、10枚近い産業廃棄物CDを作成し、ある程度録音やミックスダウンに対する知識や経験則が積み上がってはいるのであろうが、未だに「これだ!」ってな正攻法が見当たらない。

各自拘ったり拘らなかったりして録音しているのであるが(我々は各自パート毎に録音)、正直、ワタクシが担うミックスダウンで相当な加工をしており、メンバーが拘ったり拘らなかったりしている個所はそのままでは決してない(なるべくニュアンスは残そうとしているが)。

その加工の是々非々は、度々バンド内で議論になるのであるが、メンバーの演奏が、
ちょいと極端なバランスだったり、時には「ミスじゃね?」と思う個所であっても、「それが味でありニュアンスである」と言われたら、「あー、そうなんだ(嘘付け!)」と言わざるを得ないミックスダウン担当者からすると、「取り敢えずフラットに録ってくれ」が希望だったりする(と言いつつ、「フラットに録る」は相応に難しいのかも知れぬ、とも思っているけど)。

一人で録音している際は「おお、良い音じゃないか!」と思っても、アンサンブルでは埋もれてしまったり、逆に目立ち過ぎてしまったりする訳で、その辺のバランスを考えながらミックスダウンをしており、「フラットに録ってくれたらミックスダウンが楽なんだがなぁ」と思う事は屡々。

かく言うワタクシは、練習時のサウンドと録音時のサウンドは相当に違っていて、使用機材も(ギター以外は)結構違う。ある程度、ミックスダウンを意識した音にしているし、前に出るべき曲とそうじゃない曲では設定を大きく変えている(練習やライブは割り切っている)。

とは言え、時々「あー、なんでこんな音で録音した?」と己を呪う事も屡々なのだが・・・・。

で、必要に応じて、時には極端なサウンドにしているのであるが、ジリジリとした質感のサウンドは結構使って、それに打って付けじゃ無いかなってエフェクターが本日紹介するFulltoneOCD Geであります。

IMG_3913

上記リンク先から製品紹介文を引用しますと・・・・

おかげさまで多くのユーザーの皆様に愛され続けてきたOCDペダルは、独自の方法でハードクリッピングさせた2つのMosfetを使用した唯一のペダルです。初期のオリジナルOCDは2つのMosfetに加えてゲルマニウムダイオードを1つ使用していましたが、その後直ぐにそのゲルマニウムダイオードは徐々に入手困難となり、また高価なものとなってしまい、以降バージョンを変更する運命を辿っています。

最近になり理想的なゲルマニウムダイオードを大量に見つけその全てを買い占める事が出来た事がきっかけとなり、究極のOCDを製作するに至りました。今回フルトーン・カスタムショップでは、2つのMosfetに加えて2つのゲルマニウムダイオードを使用し、いくつかの回路調整を行うことにより、とても鮮明で、より真空管アンプの様な弾き心地と、広いダイナミックレンジとサスティンで、1つ1つのトーンを際立たせます。

また筐体の美しさにもこだわり、光の当たり方や見る角度によってメタリックな緑がかった青色が美しく変化する特別な塗装を施しました。

全てのフルトーンペダルと同様、“100% Built in the USA”です。

だ、そうです。そっか、最初期ロットはゲルマニウムだったんだ・・・・。

2006年の発売から幾つかのバージョンがあるOCD。その差異は「OCD バージョン」で調べると出て来るので割愛、と言うか、僕は現時点で最新のVer.2.0と言う物しか所有しておらず(紹介記事は書いておりません)、比較出来ないので。

先ずは、操作。

Volume、Drive、Toneと言う説明不要のコントロールと、LP(Low Peak)、HP(High Peak)の切り替えスイッチ。前者にすると音が籠る感じ。
OCDはObsessive Compulsive Drive(コンプレッションが強い歪み)の略ですが、LPはそんなにコンプレッションを感じず、寧ろトランスペアレント系な感じすらする。

OCDを使う人の多くはHPを選択すると思いますが、その理由は強い低域の強さ、特にDriveを上げて行くとそれが顕著で、有り体に言うと「ブーミーなサウンド」に思いますが、それとのバランスからかと。

ゲインが強いペダルで、アンプがクリーンでも不満を持つ人は少ないかと思います。

Ver.2.0と比較しての大きな差異は2つ。一つ目は音量。明らかにGeの方が音量が控えめ。細かい設定し易くて僕にはベター。

2つ目はサウンド。動画では分かり難いかもですが、ジリジリした質感が強く、且つ低域がスッキリしている。
完全に私見ですが、ゲルマニウムを使ったエフェクターって、倍音が控えめに思うのですが、それが理由かは分かりませんが、凄くバランスが取り易くて使い易い。高域もヒステリックな感じではなく、空間、残響ペダルとの併用でより効果的なチューニングかと思います。

線が細いギターで、ジャキジャキとカッティングするに好ましいペダルってのが僕のOCD評ですが(僕はJaguarと合わせてました)、これはある意味ギターを選ばず使えるOCDかと思います。「OCDは試したけれど好みじゃ無かった」って人こそ気に入るOCDにも思います。強いて言えば、OCDでアンプをブーストしていた方には好みじゃないって人も居るかもです。理由は、控えめな倍音です。僕はそれこそがこのペダルの魅力で、録音時に使えると思って入手しました。バッファ、True Bypassを選択出来るのですが、FETを使用したバッファも、録音時には活躍してくれるだろうと期待。

最後に動画など。



ヴァージョンの違いを比較した動画。此方の方が分かり易いかも。



バンドでは、nature soundのVS-01が大そうお気に入りなのでこれを使うかは微妙ですが、VS-01をOCD Geでブーストしたサウンドは「お?」と思えるサウンドだったので、ゲイン・ブースターとして使うかも、です。

以上、相変わらずの、独断と偏見のレビューで御座いました。