リーダー

リーダー也。

先日家人が鼻歌でこの曲を口ずさんでて懐かしさに眩暈した。



因みに作詞作曲は大瀧詠一。うん、なんか・・・・色々あったんだろう。

それは兎も角。

気が付けば水無月。

梅雨なのに何故に水無月・・・・と思うも、「無」は「の」を意味する連体助詞「な」の意味であり、「水の月」との意味。因みに神無月も「神の月」。「神様が居なくなる月」は民間語源であり本来の意味とは違う。洒落た解釈だとは思うけど。

さて、告知の通りですが、令和元年の水無月、梅雨のあだ花と成るべくライブやります。

3b895836

うん、プロのデザイナーTakayuki君によるちゃんとしたフライヤーはトップ記事をご覧下さいませ。上記フライヤーが極一部で評判が良かったので載せてみようかと言う・・・・まぁ、下心だw。

先の練習がライブ前最後の練習だったんですが、仕上がりは微妙。ま、いつも通りって事でw。

雨の予報ですが、もしお時間御座いましたらお越し下さいませ。入場無料です。出来れば1ドリンクお願いします。ちょっとですがおつまみご用意します。

そんなライブを控え、此処数回の練習ではエフェクターを彼是試していた訳ですが、そろそろ決めましょうかねって事で試行錯誤した金曜日。

して、決定したのが下記に御座います。

IMG_9657

ボードに納めちゃったので分かり難くて申し訳ない。あ、向かって左上はボーカル・エフェクターですのでスルー推奨。

Dynamic Driver(Zahnrad)

six band eq(MXR)~イコライザー

CE-5(BOSS)~コーラス

Carbon Copy(MXR)~ディレイ

Sunny Prex(Mastone)~ブースター

披露予定曲との相性を考えて、過去の練習の録音物を聞いて決定。うん、まぁ、これであれば不満も不安も無いって感じの組み合わせ。

歪みペダルはDynamic Driver。ローをちょいとタイトにした傾向はあるが、癖の無い歪みペダル。

Dynamic Driverの最大の魅力はその癖の無さ。エッジが立ち過ぎている訳でもなく、かと言って音の壁になる訳でもなく、非常にバランスが取れたチューニングが為されたペダル。ギターの癖も素直に出す。

又、ギターはRickenbackerは360C63を使う予定なのですが、360C63を使う時はギターの設定を全く変えないので、「Dynamic Driverだけの場合(=バッキング)は歪んだサウンドは常に一定」となる。

リフやソロを弾く際は、他のエフェクターで色付けをする訳ですが、そんな際にもこの癖の無さは使い易い。

リフやソロを弾く際はsix band eqかSunny Prexで音量を稼ぐ。

前者はハイミッドを上げハイファイな感じを、後者はミッド・ロー(と倍音)を上げロックな感じを演出。うん、ゲイン・アップは2つ用意しておく方が使い易い。キャラクターの違うペダルなので棲み分けも出来て良い。

コーラスは結局CE-5。うん、やっぱこれが、サウンドや仕様や操作性を考えると使い易い。ディレイのCarbon Copyとの相性も良いし、まぁ、これで不足無い。

と言う訳でライブまで1週間で足元が決まると言う、早いんだか遅いだが分からぬが、取り敢えずこれで行こうと思う。

・・・・未だ1週間あるので予断を許さぬがw。

何となく興が乗って、If I were Issy将軍(Anti Hero SuperstarAutumun in Ovlivion)の趣旨で足元を考えてみる。

IMG_9705

基本の歪みはRAT 2Quad Pressはボリューム・ペダルとして使用し、リフやソロではえげつないエンハンス効果があるBSMのFinest Treble Booster

・・・・
これはこれで良いんじゃないか?と凄く思った。

コーラスとディレイをIssy将軍が使うかは不明だが(ディレイは混ぜてそうだけど)。

なんてのをTwitterにアップしてみれば、名古屋遠征中のIssy将軍より「ゲイン・ブースターはTube Screamerだがや!このシャチホコ野郎!」との突っ込みが入る。

「やかましいわ、味噌カツ野郎!」とレスしつつ、手持ちのTS9で試してみると、うん、まぁ、良いんだけど、なんかイケメン具合が増して腹立ったから却下。

土曜日。

ちと仕事で気になる資料あり出勤。

休日出勤は然程苦じゃ無いし、何より休日のオフィスの雰囲気は嫌いじゃない。

仕事を済ませ、そらそうでしょうって事で御茶ノ水。

ボーカル・エフェクターを購入し、ライブで使おうと思っているのだが、ライブ会場のマイク・ケーブルって結構長めなので適度な長さのを・・・・と物色し購入。

折角来たんだからとぶらぶら見て回り、「まー、結構来ているし、そんな目新しいものなど・・・・」と余裕ぶっこいて居たらHOT CAKEの'77 Re-issueに遭遇。

2004年に限定100台で発売されたこのペダル、欲しいなぁと思うも巡り合った事が無く・・・・だった。

しかし、しかし流石に6.5万円はぁ・・・・と言う事で断念。「交換が効かない(ディスコンの)エフェクターは買わない」との趣旨をしっかり守ってみた。Stratocasterのフレット交換でお金掛かるしね。うん、偉い。

Stratocasterと言えば、思う所ありセンター・ピックアップのトーンをバイパスしてみたいと思い、フレット交換で預けているNaked Guitar Worksに電話で依頼。

N.G.W「はい、Naked Guitar Worksです」

リーダー「あ、ヤクルトスワローズ16連敗中の所申し訳ありません、リーダーです」

(スワローズ・ファンの)N.G.W「RAT足の甲に落としちまえ!」

そんないつも通りの友好的な会話をすれば、フレットを抜き終わり、ボチボチ明日位からフレットを打ち込むとの事。

「ヤクルトスワローズの投手陣が打ち込まれてるのに打ち込んでくれて申し訳ない」との謝意を伝える大人なワタクシ。

最寄り駅で散髪。ライブを控えて、等の洒落っ気ではない。暑いんじゃ!

待ち時間にTwitterを見やれば、ビクシーも散髪したらしい。最近奴は原宿の髪結い処で散髪をすると言うラグジュアリーな事してやがって、悔しいがそれが中々に格好良かったりする。

ライブではそんな洒落っ気ある彼をご覧下さいと言いたいのであるが・・・・

BlogPaint

こんな格好する訳で、散髪した意味あるのかは、微妙。

帰宅しライブの練習。

此処2か月位ライブの練習してすっかり飽きてきているのですが、それでもちゃんと練習するワタクシ。

待ち合わせて家人と外食。

リーダー「ビクシ君がライブに備えてか原宿の髪結い処で散髪しててさ」

家人「ほう?」

リーダー「でもさ、全身タイツだからさ、意味無いと思う訳だよ」

家人「一つ良い?」

リーダー「ん?」

家人「昨日の夜、ライブに備えてかエフェクター彼是試してたよね?」

リーダー「・・・・はぁ」

家人「聞いてる方は差なんて分からないから、意味無いと思う訳よ」

リーダー「・・・・」

家人「似てるよねー、無駄な事する辺り」

そんな、週末。