リーダー

リーダーです。

皐月も終盤となれば夏を感じさせる陽気も多く、来るべき季節に早くも鬱陶しくなっている。

なんだかんだでバタバタしていて、今年の帰省を何時にするかの目処が立たぬ始末。

一年に一度は心地良い夏の北海道を思う存分満喫しないと心が優れず、それを拠り所として頑張れているのであるが、その目処が立たぬと言うのは何気にストレスである。

そんな中、お世話になっていた元上司のSさんが、サバティカル期間の今、シンガポールを満喫しているばかりか、シンガポールで楽器屋巡りをしているとの情報を入手し、何とも羨ましくて仕方なくなったのである(ちょっとだけ「・・・・この人シンガポールまで行ってなにしてるんだ?」と俺ですら思ったのは内緒だぜ?)。

かく言う私も、先日の仙台出張の際には仙台の楽器屋巡りをしてやろうと画策し、終業後、夜の杜の都に突撃したのであるが、仙台の夜は早く、1件だけしか立ち寄れなかったのである。

IMG_9352

IMG_9355

IMG_9353

戦利品ゼロが何とも悔しく、ピックを1枚だけ購入。

IMG_9356

結構良い感じのピックであるが、帰京して試せばV-Pickの方が断然好みで、仙台楽器屋巡りは惨敗に終わったのである。

仙台と言えば牛タンだのずんだ餅だのが有名であるが、食事に興味が無いワタクシが晩御飯にと食べたのは・・・・

IMG_9354

うん、普通に美味かったっす。

帰京前に家人に電話し、晩御飯は立ち食いそば、翌日の昼めしはセブンイレブンのおにぎりである事を伝えると、爆笑の後に呆れられ、帰りの新幹線までに何か美味しいものを食べなさいとの指示を受けたものの、時間が無く、プラットフォームで「牡蠣福弁当」なる牡蠣の弁当を購入。

乗車しいざ食わん!と相成れど、狭い席が災いし箸を落とす始末。

こう見えて潔癖症のワタクシは、箸を洗って食うと言う選択肢は早々に捨て、車内販売の美人のお嬢様にお箸があれば頂きたい旨伝えると、笑顔で「ありません」と言われる始末。

ここで僕に残された選択肢は以下であった。

①手で掬って食う
②駅弁の蓋を細く切り箸に見立てて食う
③お茶を掛けて飲み物にして飲む

ううんうんと唸るもどれも良い選択には思えず、逡巡して福島駅を通過した際にこれが使えるのではないかと気付いた。

IMG_9501

メンバーに対する土産として、成るべく不味そうなものをと選択したほやの燻製。分かり難いかもだが棒状の燻製となっており、その硬度から箸として使えぬ事も無いと気付いたのである。

この素晴らし過ぎる着眼点に我ながら恐れ戦き、早速使ってみれば、短く使い難い点を除けば充分に箸としての役割を果たしてくれる。

残念な点としては、口に含むにつれ燻製が解れて使い難くなる事に加え、次第にほやの味が口の中に広がり、牡蠣の弁当の筈がほやの燻製弁当と相成ってしまった事である。

我ながら訳が分からぬと思ったのは、弁当を食い終え当然の様に使用済みのほやの燻製を弁当箱と一緒に捨てた事である。

箸としての機能を果たした後に食べれば良いだけの話なのだが、箸としての認識からか一緒に捨ててしまった。

捨ててからその事実に気付いたものの、そもそも僕はほやが好きじゃ無い訳で、気付いたとしても食さなかったのは間違いなかろう。

帰宅し、家人に上記を伝えた所「芋けんぴの方がお箸代わりになるから芋けんぴ持ち歩けば?」との提案を受ける。

・・・・割り箸持ち歩くと言う解決方法を選択しないのが妻らしいと言えば妻らしい。

そんな仙台の惨劇があった今週の最終日はフジコ・オーバードライブの練習日であった。

前日の金曜日は、所用で早くに会社に行ったので眠いったらなかったが、ライブ前最後の練習って事でちゃんと復習。うん、偉いぞ、俺。

そして練習当日。

ちょいとライブで使えるかなと思う機材があり、イケベ楽器リボレ秋葉原店へ向かい、これを購入。

IMG_9516

はい、TC HELICONのボーカル・エフェクターVoiceTone D1です。

ダブリングなんかが出来るエフェクターで、ライブでやってみようかなと。

会社バンドでボーカル・エフェクター使って、結構面白いなと思ったのだが、なんせ重量があるのに加え、ライブ会場が狭いので場所を取らないものを、と。

そんな寄り道をして練習場所に向かう。楽器屋さんへ立ち寄ったが面白いものは無かった。と言うか、あまり見なかった。

仙台出張土産をメンバーに渡す。

IMG_9502

そう、前述のほやの燻製である。癖が強い珍味なので、嘸かし嫌がられるかと思えば、メンバー全員が好きだと言う事実に愕然とする。

ベースの大先生「俺、ほや好きなんだよな。刺身は余程新鮮じゃ無いと食べたくないけどさ。火を通したものとか燻製は好きなんだわ」

ビクシー「お、ほや好きですわ。てか、ほや嫌いな人って居るんですか?」

Takayuki君「あー、晩酌の時に丁度良いですわ。あざーす」

と、予想外に喜ばれてしまう始末。

なんか悔しいので、報復措置として、ライブではメンバーの事をそれぞれ、勃起紫、勃起眼鏡、不能ドラムと呼ぶ事にする。一人だけ不能にしたのはオチ担当だからである。

練習は、粛々と。

BlogPaint

食い付くだろうなと思ったが、やっぱりボーカル・エフェクターに食い付く勃起紫。「なんすかそれ幾らですかそれなんで僕のは無いんすか」と五月蠅いったらない。

加えて・・・・。

IMG_9514

勃起眼鏡が、なんとワイヤレス・システムを導入。これにも当然食い付く勃起紫。

勃起眼鏡「あー、なんつーの?なんか何者にも縛られたくないっつーの?そんな感じ?」

リーダー「なんだコイツ」

勃起紫「なんだコイツ」

不能ドラム「なんだコイツ」

レイテンシーは感じられず、サウンドも悪くない。それでいてお値段1万円以下。凄い時代になったもんだなぁ・・・・。

そう言えば、Anti Hero Superstarのライブ見に行かせて頂いた際、メンバーの方全員ワイヤレスで驚いたのだが、好きなタイプは美人な人妻でお馴染みのIssy将軍に、その使い勝手の良さを伺ったっけ。

悔しいので購入する気は今の所無い。いや、無いよ?無いったら!

練習後飲み会。勃起紫はゴールデン街で知り合われた方のライブに行くとかで欠席。

勃起眼鏡も用事があるとかで、早々に切り上げれば空は未だ明るかった。

本日のギターはこちら。

3075a092-s

Rickenbackerは360C63。これは僕の「終のギター」と思っている。

足元はこんな感じ。

IMG_9349

Conspiracy Theory(Way Huge)~ゲイン・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)

CE-2B Mod to CE-2+α(BOSS~Sound Loft)~コーラス

Carbon Copy(MXR)~ディレイ

Super Hard ON(Z Vex)~ブースター

結果はと言うと、うーん・・・・。

それぞれ悪くは無いのだが、なんかこう、もうちょい音抜け欲しいなぁと思ってしまった。

ライブは、使い慣れたペダル陣で行こうかなぁと思った、真夏日の一日でありました。