リーダー

リーダーです。

うん、先週はね、忙しかったの。

とは言え仕事じゃなくて、ま、仕事もだけど、終業後に1日除き全て予定が入って、流石に50歳手前ともなると身体の無理が効かず・・・・な状態に御座いました。

三連休だから!今週終わったら休めるから!と念仏の様に唱え、念仏序でにこんなものが欲しくなったり。



うん、なんだろう・・・・使い処はさっぱりだが欲しくてならん。これ程「買った瞬間に満足する」商品あるか?欲しいなぁ・・・・割と真面目にw。

さて、それは兎も角だ。

そんな忙しかった先週の締めは、アマチュア・バンド界の悪い意味で到達不能極と呼ばれ久しい我々
fujico overdriveの2018年の練習納め兼忘年会であった。

此処最近、カバー・バンドでボーカル兼ギター兼マネージャー兼ローディみたいな事をしていて、すっかりうっかりfujico overdriveの事は忘れて・・・・いた訳ではなく、ちゃんと用事が無かった日には練習とかしちゃうワタクシ。うん、リーダーとしての自覚が俺をそうさせているのだよ。

話は逸れるが・・・・。

期間限定でバンド掛け持ちになっているのだが、掛け持ちしてみて「あ、僕ぁバンドの掛け持ちは無理だなぁ」と心から思った。恒常的にバンドの掛け持ち出来ている人ってのは心から尊敬する。

偶々、
fujico overdriveがライブが終わって、次回作CDの僕担当分の曲作りも終わって、レコーディングまで小休止・・・・だったから何とかなっているが、ライブだのレコーディングだの時期だったら無理だったと思う。物理的な時間都合もあるが、なんせこう、落ち着かないのである。

需要が一切ない事は置いといて、ボチボチ次々回作CDに向けて曲も作らなくてはならぬのだが、時間があるとカバー・バンドの練習なんぞをしてしまう訳で・・・・。

うん、性格的にも所属バンドでの立ち位置的にも僕には掛け持ちは無理な様だ。お気楽にギターだけ弾いていればって訳にも行かず、諸々と不随事務もある事に加え、ボーカルは歌い回し方とかも練習しないとだし、カバーは家で一人でやってるだけで楽しめるし、やりたい事は
fujico overdriveで出来るからなぁ。

そんな落ち着かぬ状況であるも、今年最後の練習に向けて事前練習しようと早くにベッドから抜け出したのである。本当に3時間睡眠で頑張ったんだよ?うん、褒めて貰って良いと思うんだ。さ、褒めてくれ。

アレンジが定まった8曲は軽く流す程度で、未だアレンジが決まっていないベースの大先生の「ガネーシャ」に集中。前回の練習の録音テイクを聞きながら「ここはこうしたらどうだろうか」「いや待てよこう言う感じも・・・・」等と云々。

大まかな方向性は決まっているので、細部を詰める感じなのだが、凄く良い曲だと思うので、上手く纏めたいなぁと思い彼是と。

で、なんとなーく「ギターはこんな感じじゃないかな?」ってのを纏める。試行錯誤の途中で「あ、これは”夏越の祓い(過去僕が作った曲)とコード進行ほぼ一緒だ”、と気付き、その時に使わなかったリフを転用したら悪くなかったので採用とした。何と言うエコ・サイクル。遂には自分で過去の自分のリフをパクると言う荒業を使い始めたワタクシに死角は無い。うん、と言うか既に死体だ。

そんなんしてたら練習へ向かうお時間。

睡眠時間の短さから電車の中で眠りたいと思うも寝れず。うん、正直言うと・・・・バンド練習よりも帰って寝たいとこれ程思った日は無かった。

そんな眠い目を擦りつつも楽器屋へは数件に立ち寄るんだから質が悪いw。

結論から言うと何も買わず。ライブ用に7Mのシールド買おうかな、と思うも、別に今日じゃなくても良いよな、と思いを断つ。

その他、Jaguarを物色。

カバー・バンド「SEGOSIX」でJaguarを使っているのだが、その取り回しの良さが気に入り、好みのJaguarが1本欲しくなっているワタクシ。

今使っているJaguarは大変気に入っているので「積極的に探す」と言うより「良い出会いがあれば買おうかな」程度。

何となく分かっているのは、彼是試しても、結局「手持ちのJaguarで良いじゃん」ってなるであろう事。と言うか、それを確認する為に物色している、とも言えるんだけどw。

そんなんしてたらビクシーより「電車乗り遅れたのでちょっとだけ遅刻します」と連絡が入る。

「了解。気を付けて焦らずおいで」とレスするリーダー。「新曲作ってて遅れたんだろう?そんな君を誰が責められる?」と追撃。以降、彼との連絡は途絶えた。

練習は、粛々と。

BlogPaint
(「最近モザイクの消しが甘い」とビクシーに言われたので濃い目に消してみました。モザイクをかければかける程に漂うオレオレ詐欺集団の下っ端感は何とかならぬのか)

本日念入りに取り組んだのは3曲。

先ずはビクシ君の「ノート」。どうにもBPMが安定しないぞって事で彼是と。

続いてはベースの大先生の「ガネーシャ」。アレンジを「こうしよう!」とはあまり口出ししない様に心掛けている最近だが、久々の強権発動。

リーダー「こんな感じだけどどう?」

ベースの大先生「ま、良いんじゃない?」

リーダー「・・・・あのな?」

ベースの大先生「ん?」

リーダー「俺さ、今週凄く忙しかった訳よ」

ベースの大先生「ん?」

リーダー「そんな中でな、今日は睡眠3時間でアレンジ考えて来た訳だ」

ベースの大先生「・・・・それで?」

リーダー「もう少しな、”いや流石リーダー!よくこのアレンジを考えてくれた!”的な・・・・」

ベースの大先生「(食い気味に)うん、よくこのアレンジを考えてくれた有難う」

リーダー「・・・・そんな面倒臭そうに感想言うなら言うんじゃない!」

ベースの大先生「お前が言わせたんだろうがっ」

ビクシ君「そうですよ、もう少し演技して感想を言うべきですよ。でないとこの人面倒ですよ?」

リーダー「演技って言うな!面倒って言うな!分かってるけど言うな!それより顎で指すな!」

ビクシ君「ほら、面倒臭い。今年最後に面倒臭い」

続いてはビクシ君の新曲。タイトル未定。

やってはみたが、物凄く漂うビジュアル系な匂い。

リーダー「・・・・これさ、ビジュアル系がやりそうな感じじゃね?」

ビクシ君「・・・・なんかそうなっちゃってますね」

Takayuki君「・・・・洒落でやってるってのが分かって貰えないと・・・・唯々痛々しいですよ?」

ベースの大先生「いや流石に分かるだろ?」

リーダー「タイトル決まってる?」

ビクシ君「タイトルどころか歌詞も未だ、です」

リーダー「・・・・”いのち紅”ってどう?」

Takayuki君「文字にすると洒落が分かるが言葉で言うと瀬川瑛子にド直球。流石に反対」

ベースの大先生「てかリーダー君歌詞書くの早いから今書いちゃえば良いじゃん」

リーダー「30分あるからやってみっか。えーっと、”あれは1年前の・・・・”。あれ、お前離婚したの1年前だよな?」

ビクシ君「尋常じゃなく”何でもない事が幸せだったと思う”臭が漂いますな。てか、やっぱそのネタか?いつまで引っ張るんだ?」

Takayuki君「・・・・えーっと皆さん。タイトルどうしようとかそんなんやってないで、そろそろ練習しません?」

ベースの大先生「折角盛り上がってるのに水差すなよ。演奏なんて二の次だろ?」

Takayuki君「・・・・なんか今凄い事言われた気がする」

練習後、昔からお付き合いある方もお招き忘年会。場所?ああ、庄屋に決まってますがな。

IMG_6831

ビクシ君「おお、蟹がある」

リーダー「俺、蟹大嫌いだから要らんわ」

ベースの大先生「あ、俺も」

ビクシ君「蟹食べないって・・・・人生の9割5分損してますよ?」

Takayuki君「人生における蟹の割合ってそんなに多いのか?」

リーダー「てか、皆様何時に来るの?」

ビクシ君「午後6時からって言ってます」

リーダー「現在午後5時10分・・・・50分で食い切れば”最初からそんな食べ物は無かった”って事に出来るな。ちょっとサラダ取ってくれ」

ビクシ君「蟹、頂きます」

Takayuki君「鮪、頂いちゃいますね」

ベースの大先生「あ、ハイボール」

リーダー「蟹美味い?」

ビクシ君「旨いですわ。カニカマの味がします」

Takayuki君「あーもー突っ込むの面倒くさーい。バンドに突っ込み役一人はつらーい」

ビクシ君「突っ込みで思い出しましたがビーバップハイスクールの映画見たんすよ」

リーダー「お前・・・・早く彼女作れ。な?宜しくないものとのシンクロ率400%超えてるぞ?人に戻れなくなるぞ?」

ビクシ君「ビッグなお世話ですよ。あれね、絶対見るべきっすわ」

ベースの大先生「世代だけど・・・・そんなに面白かったっけ?」

ビクシ君「内容なんかどうでも良いんですよ。突っ込み所が満載で、それを楽しむべきです。突っ込みの交通渋滞起こす程なんですよ?先輩を”兄貴ぃ”って呼ぶんですよ?口からハウス・オブ・ザ・デッド出そうになりましたわ」

リーダー「どんな特殊体質だよそれ。あ、Takayuki君、疲れてるみたいだから代わりに突っ込んどいた。貸し1な?」

Takayuki君「あーもー何でも良いから!それより
鮪、頂いちゃいますね」

ベースの大先生「ハ、ハイボール下さいな」

リーダー「なあ、ビクシー、リズム隊のボケ老人感が加速してないか?」

ビクシ君「13年もこんな非生産的なバンドやってりゃボケも加速しますよ」

リーダー「そう言えばさ、君経由で知り合った、松の旦那とかアーリーちゃんとかつあらいちゃんとかYさんとかとTwitterで繋がってんだけどさ」

ビクシ君「はぁ」

リーダー「X BOXのファンって・・・・拗らせている割にチョロいん?」

ビクシ君「喧嘩売ってんすか?ビーバップ見て強い気になってますよ?こう見えて剣道三段ですよ?」

リーダー「まぁ聞けって。ほら、それぞれ皆様、Hotel Oregon Banquet聞いてます的な事書いてくれてるじゃん?」

ビクシ君「社交辞令でしょ?」

リーダー「どうもそうとは言えない感じでさ。時々リツイートで歌詞が引用されてたりとかさ」

Takayuki君「ああ、アーリーちゃん、再生回数とかもスクショしてくれてましたよね」

ベースの大先生「メンバーより聞いてる人がこの世に居るって事実に・・・・死にたくなるよな?」

リーダー「いやさ、社交辞令もあるだろうけどさ、マジだとすると、その方々に共通するのはX BOXだろ?」

ビクシ君「・・・・それで?」

リーダー「・・・・騙され易い人多いのかなと思ってさ。で、そう言う純粋な人達をターゲットにさ、騙くらかせばさ、ライブの集客増えるんじゃね?」

ビクシ君「チョロいの意味は分かりました。で、拗らせてる、とは?」

リーダー「ゲームの事よく分からんが、これだけ色々とあるゲーム機の中で、態々X BOXなんぞを愛でるって拗らせてるとしか思わんのだが?」

ビクシ君「言葉に気を付けて下さいよリーダー。あんたは今、全国二桁のX BOXファンを敵に回しましたよ?」

Takayuki君「何そのリーダーの好戦的性格から考えたら下手すりゃ余裕で返り討ちに出来る人数。
鮪、頂いちゃいますね」

ベースの大先生「ハ、ハイボール下さいな」

リーダー「下で予約してる老人会の方々が席間違えて紛れ込んでるみたいだぞ?」

そんなんしてたら皆様到着。エレガ嬢と遅れてそのイケメン旦那様、ふるちぇちゃん、ミンちゃん、今村氏、そしてずんちゃんと・・・・その美人な彼女。その名もハマーン様。

ずんの彼女のハマーン様に反応するビクシ君と今村氏。

ビクシ君「あの、お好きなゲームは?」

今村氏「あの、お好きな球団は?」

なんでしょな、この「初対面の女性とする会話を初手から間違える馬鹿2名」の痛々しさを何に例えたら良いんでしょうかね?遺伝子的にはハロウィンの日に調子乗っちゃて軽トラひっくり返しちゃう馬鹿と近しいとは思うのですが・・・・。

此処はダンディなワタクシが、初対面の女性と最初にするべき話題ってのを教えてやらねばならぬ。

リーダー「あの、お好きなエフェクターは?」

うん、やらかしたってのは、ハマーン様の表情で分かった。

リーダー「そう言えばさ、原宿の美容室で散髪しただけあって髪型良いなぁ」

ビクシ君「9千円ですぜ?」

リーダー「へぇ~?原宿ともなると、QB Houseでも9千円するのか・・・・」

ビクシ君「QB Houseじゃないわ。いえね、僕も行く前まではね、なんで髪切るのにそんな値段って思った訳ですがね、あれは行くべきですわ」

リーダー「ほぅ・・・・?以前から思ってたけどさ、お前美意識何気に高いよな?肌とか綺麗だしな」

ビクシ君「身嗜みっすよ。男の嗜みです」

リーダー「・・・・渾名、BIKKOさんにして良い?」

ビクシ君「・・・・今年最後の殺意が沸いたわ」

リーダー「話は変わるが、お風呂場のさ、足拭きマットってあんじゃん?」

周囲「「「「「はい」」」」」

リーダー「あれ、濡れたまま乗っかって良いのかな?」

周囲「「「「「説明が足りないです。俗物がっ」」」」」

リーダー「いえね、次に使う人の事を考えたら、ちゃんと足裏拭いてから乗っかるべきに思う訳だ」

周囲「「「「「成る程。身体洗った後だから良くないか?いや、濡れてるから。乾くでしょ?俗物がっ」」」」」

ビクシ君「リーダー、一つ良いですか?」

リーダー「ん?」

ビクシ君「次に入る人が居ない場合、濡れたまま乗っかって良いですよね?」

リーダー「・・・・ああ、存分に乗っかれ。涙で濡れているその身体、足拭きマットで拭うが良いさ!」

本日のギター。

securedownload

前回練習に続きArchtop TributeはAT130

ライブまではRickenbackerは360C63、その後数回はGretschはG6120DC

それぞれ一長一短あるが、それぞれに好きなギターである。

その中でAT130の優位性は、軽い事、ネックのグリップが好みな事、16フレット・ジョイントで弾き易い事。

少し音が太過ぎると思っていたが、前回練習でフロント・ピックアップのボリュームを絞ったら良い感じになったのでサウンドにも不満は無い。寧ろ、好きだったりする。

足元はこんな感じ。

IMG_6822

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

six band eq(MXR)~イコライザー

CE-5(BOSS)~コーラス

carbon copy bright(MXR)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター

ギターのみならず足元も紆余曲折してますが、この組み合わせはAT130、G6120DC共通で良い。

Dinamic Driverの密度の濃い歪みはバッキングに良いし、抜けの良いリア・ピックアップと組み合わせれば粒立ちの良い歪みになるし、six band eqで中高域上げれば抜けて来るし、全体的な音量不足の際にはmicro amp +が煌びやかなサウンドにしてくれる。

イコライジングが出来るCE-5、ブライトながらアナログのエッジが過度じゃないcarbon copy biright、は、クリーンでも歪みに合わせても使い易い。うん、もう暫くこれで良いや。

強いて言えばCE-5。Waza Craftのバッファをマウントしたものを出して欲しいが、まぁ、どうしてもって訳じゃない。あったら良いな、のレベル。

来年も取り敢えずこのセットで行くと思うが、Jaguarをメインに据えるかもと思っている俺も居るw。

そんな訳で
fujico overdriveの2018年も終了。2019年も宜しくお願い致します。2019年は「X BOXがお好きな方向けのアマチュア・バンド」との位置付けでやってまいります。やる事は変わらんでしょうが。

年末年始はカバー・バンドで変更になった曲の練習しなきゃなのと流石にちょっと曲を書かなきゃだなぁ・・・・。