リーダー

リーダーです。

一応告知。

fujico_flyer2018_2

はい、以上。

なんとなく、Stratocasterが弾きたくなって手にしてみれば、弦の劣化が気になり交換した先日。

securedownload

RickenbackerだのGretschだのと比較して、Stratocasterは弦交換が楽ねぇ・・・・。

弦交換の楽さ含め、ソリッド・ギターの取り回しの良さはやっぱり魅力。「手軽さ」って大きなアドバンテージよね。

サウンドにしても音作りが楽だしぃ、なんでぇ、360C63とかぁ、面倒臭いギター使ってんのか分かんなぃって感じぃ。

・・・・でもマジでなんでStratocaster使わないのでしょ?と心から思うわ。「拘り」ってもんが無ければ色々と生き易い気がする今日この頃ですハウアーユー?

さて、技クラフトシリーズからDC-2wが10/19に発売される訳だよ。



SDD320では出来たがDC-2では出来なかったボタン2つ押しが出来るのかなこれ。

技クラフトシリーズでコーラスはCE-2wに続き2つ目。

CE-2wは暫く使った結果「良いんだけどCE-2で良いや」となったのでした。

理由は「CE-2wには(CE-2にある)ふくよかさが足りぬ」だったんですが、DC-2wはその辺どうなのか・・・・と動画を見やれば、モード切替では合格な感じ。うん、これは買いでしょう。

発売当日は売り切れだろうなぁ・・・・予約しようかなぁ・・・・。

等と良からぬ事を考えた雨の金曜日。

ビクシ君が歌舞伎ブギウギしながらゴールデン街で呑んでる最中に帰宅し、ライブの曲の練習をするワタクシ。

今週はなにかとバタバタで疲労感があり、ギター弾きながらマジ寝しそうになる。

やべえやべえとお風呂に入り、仮想空間(?)でお付き合いがあるissy将軍のバンドAnti-Hero Superstarのライブチケットを予約しようとPCに向かい、あ、ライブ当日夜にミーティングあるなと思い出し、行けたら当日チケットだなと思った所までは記憶にあるのだが目が覚めたらベッドの中だった。なんか家人が大阪なおみちゃんの物真似をしていたのはぼんやり覚えているのだが・・・・凄く似てなかった様な・・・・。

土曜日。

「5億円上げるかわりに死ぬまで髪型は金正恩」と言う謎の選択に迫られる夢を見て目が覚める。受けたかどうかは記憶にない。散髪に行きたいとの思いが募りそんな夢を見させたのだろうか。

「練習前に散髪に行く」と家人に言えば、荷物が届いてからにしやがれと返される。「え、いや、貴方が受け取れば・・・・」との提案は空に消え、止む無くギターを弾く。

そんな訳で不安があったり前回間違えたなって曲を練習しようと思ったら全曲だった。・・・・深く考えない様にしよう。

ライブが近いって事で歌詞をちゃんと覚えなきゃ、と思うも覚えられないったらない。特にこの曲が駄目だ。



歌詞の意味が分からな過ぎて覚えられないったらない。この世には「歌詞をちゃんと聞く」と言うけったいな人種がいるらしいが、うん、この歌詞は聞く必要が無いと断言する。作った本人が言ってるんだから間違いない。

台風の影響か、やけに暑い陽気の中ぶらりぶらりと練習場所に向かう。

電車が空いていて座れたのだが、後から乗って来て横に座ったお姉さんがスマホでゲームやってて肘が当たって痛い。

嫌になって席を立てば何故か睨まれる・・・・どう言う御積りなのか考えてしまう。お姉さんの正解は「肘が当たって痛くても我慢して座り続けろ」だったのだろうか・・・・?

時々「兎に角自分を不愉快にさせる奴は全部敵」的なアティチュードをお持ちの方に接してウンザリするが、その手のお方だったと思料。多分彼女の口癖は「でも、それってXXですよね?」だと思う。
「兎に角自分を不愉快にさせる奴は全部敵」的なアティチュードをお持ちの方はすべからずその様なお発言をされるとは経験則から。

楽器屋さんに2件ほど立ち寄る。赤のOCDはちょっと欲しかったが我慢の子。次の資本投下はDC-2wである。

練習は粛々と・・・・でもなかった。

BlogPaint

・ビクシーが「20世紀殺し(曲名です)」をやろうとか言いだした
・ビクシーが「Fさん(ビクシーのご学友)が新曲よりも昔の曲聴きたいと言ってた」との情報をインプット。新曲の割合が多い予定だったが急遽過去の曲を練習した
・エフェクターの1つの調子が甚だ悪かった(後述します)
・なんかBPMが遅い曲が幾つかあった

ライブまで練習は残す所一回・・・・どうなる、フジコ・オーバードライブ?(いつもと同じくグタグタなライブになるに100カノッサ)。

練習後、飲み会。

ビクシ君「会社に縁故入社の人が居る訳ですわ」

リーダー「ほう・・・・?まぁ、いるわな」

ビクシ君「まぁ、面倒な感じの人な訳ですよ」

ベースの大先生「ま、その手の人ってそんなもんじゃね?」

ビクシ君「なんかねぇ、仕事頑張ってもですよ、その人の為に頑張ってるのかと思うとねぇ・・・・」

Takayuki君「ああ、何と無く分かるわ。大塚家具の娘みたいな感じ?」

ビクシ君「あ、それだったら全然OKですわ」

リーダー「・・・・なんで?」

ビクシ君「滅茶苦茶タイプなんですわ」

リーダー「・・・・え?」

ベースの大先生「・・・・えっ?」

Takayuki君「・・・・ええっ?」

本日のギター。

f654269f

はい、Rickenbackerは360C63です。ライブはこれで行きます行かせます。

足元はと言うとこんな感じでした。

IMG_5851

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

six band eq(MXR)~イコライザー

CE-2(BOSS)~コーラス

carbon copy bright(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター


さて、どうしよう・・・・。

どうしようと言うとNGだった様に聞こえるかもですが寧ろ逆で凄く良かったのですわ。

基本設定は100~200Hzをちょいカット、400~800Hzをちょいブーストって具合。中域を前に出す設定に御座います。

歪みペダルのDynamic Driverは、低域を少しスポイルするものの、基本全帯域にじゅわっと歪ませてくれるのですが、その「音圧ある歪み」は「抜け」では今一で、音抜けをイコライザーで補正した感じ。少し鼻詰まりな感じでTSっぽいニュアンスを演出する感じとも言えます。

これがねぇ、凄くねぇ、良い訳。

最後段のmicro ampは全帯域をブーストする訳で、それを欲するケースもありますが、「出て来て欲しい帯域のみ持ち上げる」って凄く使い易い。「欲しい所だけ持ち上げ抜けを出し音量と音質は余り変えない」って本当に使い易い。イコライザーって滅茶苦茶使い勝手が良いのに何故使う人が多くないんだろ・・・・。

しかし問題もあった。

要のDynamic Driver、なんか接触不良だったんですよね・・・・。

「ライブ間近なのに此処に来てかいっ」とガックリ。

リーダーは選択を迫られた。

・Dynamic Driverを修理する⇒するけどライブまでに治るのか?
・諦めて手持ちのエフェクターで対応する
・明日楽器屋に行く

さて、どないしましょかね・・・・まぁ取り敢えず明日は楽器屋行きますけどね。