リーダー

リーダーです。

平日は、毎朝会社でおにぎりを食す習慣がある。

好みの具は鮭。海苔はしっとりが望ましい。

同じ位に昆布の佃煮の具も好みであり、その2種類のループが朝の定番。

しかしながら後者には最大の弱点がある。それは・・・・

IMG_4440

そう、包装紙を剥がすと形が崩れるのである、真っ二つになるのである。

「偶々だろ?」とか「お前が雑なんだよ」とか仰るかもだが、もう可成り長く昆布の佃煮のおにぎりを食し、何とか形が崩れぬ様に四苦八苦、試行錯誤、七転八倒しているのだが、どうしても駄目なのである。もう本当に駄目なのである。

IMG_4442

ここまではいいの、大丈夫なの。でもね、最後の包装紙を剥がすと上記の様にモーゼが起こして欲しくない奇跡を起こしちゃう感じになるのである。

これまで、「剥がす前に軽く握って固める」「真ん中の包装紙を剥がした後、左右に残った包装紙を同時に引っ張る」「予め左右に包装紙を引っ張って均しておいてから中央の包装紙を剥がす」等を行ったが、何れも好ましい結果は導かれなかった。一番酷かったのは「最後の包装紙は剥がさずに食う」と言う手段。食い難い以前に綺麗に食べ切れなかったのである。

〇ァミリー・〇ートの昆布の佃煮のおにぎりの包装紙の綺麗な剥がし方をご存知の方が居たら是非ご教授頂きたい。御礼は、フジコ・オーバードライブの次回作CD「Hotel Oregon Banquet」って事で(これで回答は来ないだろう)。

さ、そんな些末な事は置いといて、と。

金曜日は本来であれば休日の筈であったが、所用でどうしてもちょっとだけ出勤と相成る。

いつも通りの時間に起床、一旦会社に顔を出し、所用を果たすべき場所である高田馬場へ。

高田馬場での作業は恙なく終わり、隣駅の新大久保へ向かったワタクシ。目的は勿論「TC楽器」さん。

中古楽器は、どうしてもorどうでも良い場合以外は手を出さないワタクシ。理由は「その後のメインテナンスにコストが掛かるから」「保証期間が短いから」である。中古楽器って、やっぱダメージあると思ふの。

そんなワタクシでありますが、例外としてTC楽器さんでは購入するに躊躇が無い。これは、過去の経験則から「此処で買ったものはきちんとメインテナンスされているから」である。「暫くして動作不良を起こした」って事が一度も無い、稀有な中古楽器屋さん。

そんな訳で久々の百人町。昔はこの辺は楽器屋街だったそうな。楽器の修理に長けた復員兵が多く集まったのがその理由らしいが真偽は不明。

以前とレイアウトが変わっていたり、Fender Japanの一部に「間違いじゃねえの?」ってな値段が付いていたり、中々に楽しい。

楽器の価格はメーカーの希望小売価格で決まるが、中古楽器もある程度は需給以外の「作られた価格」はある様に思う。

高額なFender Japanに関しては、正直「ううん・・・・」と思ってしまった。その中の一本を過去に所有していたのであるが、そんなに凄いと思わなかったしその価格で買おうとは思えないし思わない。商売の邪魔をする様な事を申し上げて申し訳ないが、色々とギターを買って来た身としてはちょいと首を傾げざるを得ない。すいません。

そんな葛藤の中「お、これは格好良いなぁ」と思ったのがこれ。色もそうだがThin BodyのCountry Clubなんて初めて見たよ・・・・買わない&買えないけど。

他には値段がついていなかったけどこれも一度試してみたいと思った。



GrecoのGOシリーズ(?)。欲しいのはGOⅢ。それにしても時代を感じさせるCMだなぁ・・・・見た記憶は無いけど。

このシリーズのギター、高校時代に結構見掛けた(当時から楽器屋行くのが好きだったんだよ)。質屋さんなんかでも見掛けた。当時は「だせえ」と思ったのを覚えている。

そう言えば、Johnny Marrが最近のインタビューで「XTCAndy Partridgeが持っていたYAMAHAのSGが欲しい。当時はだせえって思ったけど」と語っていたっけ。



うん、ださいw。でも確かに欲しいかも。

実際「買うか?」と問われると「買わない」と答える。使いはしないだろうし。

一通り見て回り、さて帰ってミックスダウンの続きでも・・・・と思いつつ最後に一周して気になったのがphase90。ん?なんでこんな値段なの?

気になりやけにイケメンな店員さんに聞いてみれば、現行品に非ずJim Dunlopへの売却前、MXR末期のphase90なんだとか。・・・・へぇ。

IMG_4444

買っちゃった・・・・てへ。安かったんだもん。仕方ないじゃん。

見た目が現行品と殆ど変わらない(スイッチのワッシャーとDCジャックが違います)のが悲しいが、サウンドは現行品とは「そこそこ」違いました。別途記事を書きますはい。

その他、お気に入りのクロスも購入。

IMG_4452

2千円が半額だったんで飛び付いちゃった。

良い買い物をした、とホクホク顔でTC楽器さんを後にし、新大久保からどっか散歩でも・・・・と思うも、あまりの暑さに嫌気が刺し、秋葉原にだけ寄って帰宅。道中暑さにちょっとクラっと来て、あ、やばいと自動販売機で手にしたのはオロナミンC。

炭酸が得意じゃない僕ですが、強烈な渇きを覚えた際にはオロナミンCを手にすることが多い。飲むに丁度良い量なのが良い。

オロナミンC飲んだら持ち直しましてね。熱射病予防に良いのかしら?と思っちゃった。

秋葉原に何しに行ったかと言うと、phase90のノブに付けるゴムを千石電商さんに買いに行ったのさ。で・・・・

IMG_4450

こうなった、と。

帰宅し、次回作CD「Hotel Oregon Banquet」のミックスに取り掛かる。

DbduSlvU0AI2QZQ

「未だやってんの?」はい、未だやってるんです。「聞く人居ないのに?」やかましいわっ。

ベースの大先生の楽曲3曲のミックスをベースの大先生が行う手筈だったのですが、諸々御座いまして「ボーカルのみベースの大先生のミックス」となり、うんうん唸りながら作業開始。

既にボーカルの録音物を貰っていた1曲は対応済み。メンバーからのOKも頂いている。

そのボーカルのニュアンス(アタック感が無い感じと深いリバーブ)を残り2曲でも踏襲するなら、オケはこんな感じかな、を踏まえて既に作っていたので1から全部作る訳じゃなかったが、まぁ、やっぱ時間は掛かりますねぇ。

ミックスしてWAVEで聞いて気になった個所を修正して、を繰り返し、又ミックスしてWAVEで聞いても良い感じだなってなったらMP3にして、MP3で気になる箇所があったら又ミックスしてを繰り返して・・・・


















うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああやってられるかああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!

となりました。はい、上記一節に「あ」は何個あるでしょう?

そんな試行錯誤を午後いっぱい延々と熟し何とか完成。メンバーに送付したので合否を待つのみ。

「お前のミックスはボーカルのリバーブが深過ぎじゃ」が大先生から頂いたNG理由の一つだったが、より深いリバーブをかけた感じで戻って来て、大丈夫で?と為念で指摘。

僕がかけたリバーブの感じとは違うから、そこに好みがあるのだろうと思う一方、ミックスダウンって「俺がやりゃあ良い感じに仕上がるぜ?」と思って取り掛かって、やってみたらドツボ・・・・がまゝある様にも思え(俺はあった)、一応の確認。

確認メールしてから気付いたが、やり直す場合はオケ作り直しになるのかな・・・・怖いなぁ。

そんな訳で次回作CD「Hotel Oregon Banquet」の完成は佳境に入った訳ですが、現時点のミックスを並べて聞いてみれば、一番音程が不安なワタクシのボーカルが、一番エフェクトが少ない生々しい音で・・・・積極的に地雷踏みに行っている気がして来たけど気にしないでおこう。どうせ俺も聞かないし(おい)。

帰宅した家人が所用で我が母と電話。我が家では、先に帰宅した方がご飯を作るのが不文律なので用意済みで直ぐ食べれる状況であったが、結構な長電話。家人を実の息子以上に可愛がる母と、母に懐いている家人の電話はいつも長い。母に気を使ってくれて仲良くしてくれている家人には感謝しかないが・・・・お腹空いたよぅ。先食べてちゃ駄目かしらん?

食後、じゅんじゅんちゃんの所に飲みに行って事前練習して来ねえだろうビクシ君を尻目に事前練習。

10月27日(土)に、上野はJam Sessionさんでライブをやるのですが、その楽曲は未だ練習しないので、取り敢えず慣れた課題曲を練習して終わり・・・・かと思ったら、ビクシ君提案のカバー曲の練習が残ってた・・・・。

メインのリフはディレイが必要で、ちょいと試したが一回バンドでやった時ビクシーが弾いてたなって事で、やるなら任せちゃいましょうとコードに少し味付ける程度に。

ライブの対バンはBook Band 8%と言う超絶技巧派集団。「コピー」で対抗すると酷い目に合うので「カバー」でとの趣旨が良かろうとの言い訳をしながら逃げの一手。

曲のデータを持っていないのでYou Tubeさんで素人さんがカラオケで歌ってるの動画を見て練習。お礼に高評価付けてみたりして。

で、やってみたんだけどさ・・・・。

うぎゃあ・・・・これ、半音下げチューニングじゃね?うぐぐぐぐ・・・・ライブでチューニング変えるの面倒いなぁ・・・・。

土曜日。

義母の新盆との事で、家人が実家に帰省。

軽く昼食を済ませ、酷暑の街へギター担いで出掛ける。

行きの電車の中で、子供が土足で席の上に立つのを嗜めない母親とか、座って横に荷物を置いて隣の人に狭い思いをさせているおばさんとかの行動は、酷暑の所為であって普段はもう少しマシな人だと思いたい。

道中、ビクシ君にTwitterでうざったく絡んでみたりして暇を潰す。細目に返信ツイートしてくれて・・・・良い奴だ。

楽器屋さんへは1件だけ立ち寄るも何も買わず。まぁ、買ったばっかだし。

本日は祝日って事で料金がお高い練習スタジオ。さぞかし空いておろうと思ったら、おじさんおばさんが多数。日本のアマチュア・バンド界の高齢化を垣間見る。休憩時間は、濁声のお姉様2名を要したバンドの方が居たが、お一人はずーっと化粧してて、「化粧と言うのはエフェクターと効果的には一緒であろうか」と思ったりしたのは内緒だぜ?

と言う訳で、練習開始。

セッティングして、チューニングして、いざ・・・・と思うもワタクシのギターの音が出ない。

「ホワイ何故に?」と矢沢風に呟き、まぁphase90だろうなって事でチェック。

電池は交換したばかりだし・・・・と電源スナップを見やれば錆が酷い。あいたたたた。そう言えば、試し弾きはDCからの電源供給だったもんなぁ・・・・。

取り敢えず応急処置するも不安は拭えず、案の定途中で音切れもあった。

中古楽器を避ける理由は前述の通りで、TC楽器さんの商品はそれが無いかと思ってたんだがなぁ・・・・残念。試し弾きでお借りしたギターも1弦がビビりまくりだったし、残念ながら質の低下を感じちゃった次第。

次々回CD収録予定曲8曲を粛々と。

最新曲はビクシ君の「ノート」でありますが、それもまぁ結構固まって来た感じ。

んでもって、カバー曲に取り掛かる。

半音下げ・・・・しないで歌えるとの事だったのでレギュラー・チューニングでホッとする。

カバー曲の提案はビクシ君だが、アレンジは考えていないらしく試行錯誤。

こんな感じ?あんな感じ?を色々と提案するもお気に召さずで「取り敢えずコード弾いて下さい」「いや、歌の個所はリフ弾いて下さい」といい様に使われる。なんて奴だくそう。

まぁこんな感じかね、まで纏まったが、本家の劣化版になること必至で、やる意味が今一見いだせないのは内緒にしておいてくれ。

練習後、飲み会。

んでミックスはどうだった?と聞けば「リバーブ深ぇ。駄目だな」とのご感想・・・・あいたたたた。

取り敢えずワタクシ預かりと相成り、リトライとなった。まぁ、家人も居ないのでやりますか。

今回もギターはそう、

securedownload

そう、Archtop TributeはAT130。ギターとっかえひっかえしてないよ!してないでしょ?してないって言って。

グラグラしていたピックガードもしっかり固定され憂いなし。

足元は・・・・

IMG_4451

RC Booster(Xotic)~ゲイン・ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

phase90(MXR)~フェイザー

micro amp(MXR)~クリーン・ブースター

Jim Dunlopによる買収前のMXRが2台ってのが嬉しい。うん、小さいレベルの自慢だ。

phase90は動作不良を除けば思いの外良かった。これは良いペダルに思う。レビューは書く事が沢山ありそうだ。返品になる可能性も無きにしも非ずだが。

久々登場のRC Boosterは安定の音質。Dynamic Driverとの相性も良く、ゲイン・アップと音抜けの両方を演出してくれる。

Dynamic Driverは本当に素直なオーバードライブだと今回も思った。増幅すると低域が強くなるのは調整され抑えられていると思うが(低域補正に筐体横にスイッチがある)、これにローファイなmicro ampの組み合わせはロックしてて良い。大好きだ。

曲によってはディレイも欲しくなったが、足元に5個しかエフェクターを置きたくないし、なぁ。

暫くはこれで行こうかと思います、はい。

そんな練習で御座いました。

はぁ、ミックスダウンやるか・・・・。