リーダー

リーダーです。

梅雨入りしましたねぇ(@関東)。

梅雨の花と言えば紫陽花・・・・なのは分かっておりますが、故郷北海道では晩夏から秋口に掛けて咲く花であるが故に、故郷を離れて久しいながらも、僕には晩夏の花なのである。

素人俳句を詠む母が、北海道に居ると季語がなんせ合わないと嘆いていた事があったが、吹雪の中で春の句を詠むと言うのは流石に滑稽であろうのは想像に難くない。まぁ、季語そのものが現代の季節と一致しているかと言うと・・・・だが。

そんな梅雨入りのジメッとした土曜日は練習。

前日の金曜日に腰落ち着けて此処最近の練習テイクを聞く。最近バタバタで聞けていなかったのでね。

気になった点をメンバーにメール。この手のメールにレスは無いが泣いてない。

休日も平日と略同じ起床時間のワタクシは練習日当日の朝から事前練習に余念が無い。家人が所用で帰省しているので遠慮なくギターを弾く。

課題曲を一巡。時間があったのでもう一巡は曲に合わせて別のフレーズなんぞを適当に弾く。こう言うのから時々アイデアが出る。

自分の曲では「歌を歌う」と言う苦役があり、歌いながらだとコード弾く程度しか出来ないポンコツ・ギター弾きであるので、自分の曲でリフとかを弾くのは何とも新鮮で楽しい。

そんなんしてたら「インテリジェント・デザイン」と言う曲で感じる違和感。

この違和感は何だろう・・・・と考えて気付く。「没のバージョンやってたわ・・・・」と。

僕は曲を作る際、時々複数のバージョンを作る事がある。

一応取捨選択はするのであるが、どっちが良いのか分からぬ事もあり(どっちも悪いと言う事が多数)、「ガーデン」と言う曲では、居合わせた知り合いの女性に「どっちが良い?」と聞いた事もある始末。

で、「インテリジェント・デザイン」と言う曲は3バージョンあり、没にしたバージョンを今まで一生懸命(でもないけど)練習していた事に今になって気付いたのである。

この場合、取るべき道は2つ。

①素直に謝ってやり直す
②割り切って今のバージョンをやる

どうしようかなぁと逡巡してて気付いた。

問題の個所はサビのメロディだけなのだが、別バージョンを言っても幸いにもコード進行は変わらない。

しかも、上記メンバーに送ったメールで、この曲のサビはコーラスは要らぬと書いた。

要するに「しれっとサビのメロディを変えても問題ない」のである。

メンバー「あれ、今までとサビのメロディ違いません?」

リーダー「そんな事無いよ?どうした、ボケが始まったか豚野郎?兎に角黙れ。な?」

うん、大丈夫そうだ。と言う訳で

③しれっとサビのメロディを変える

この第三の選択肢の存在に気付いた天才は、ホクホク顔で正しいバージョンの歌詞をプリントアウトして気付く。

「メンバーに没バージョンの歌詞カード渡してんだった」

と言う訳で、「①素直に謝ってやり直す」を選択したワシントンより正直者のワタクシは、メンバー分の歌詞カードもプリントアウトしたのである。

曇天模様の空の下、ぶらぶら向かうは練習場所・・・・の最寄りの楽器店。

残念ながら食指が動く物は無い。「FFM2があったら・・・・」とか一切考えていない。そんな訳無いでしょう、嫌だなぁ・・・・考えていないってば。

そんな訳で練習開始、しようと思ったが待合室に忘れ物をした事に気付く。

リーダー「悪い、ちょっと待ってて」

メンバー「おう」

スタジオの重いドアを開け待合室に行けば、そこには練習を終えた女学生達。そして部屋から聞こえるディレイ・ギター。

女学生A「なんかディレイの音凄いね(笑)」

女学生B「ほんとだー(笑)」

この事実をディレイの発信源に伝える。

ビクシー「ねぇリーダー、人間は何処から来て何処へ行くんでしょうね?」

知らねーよ。

この日の彼は、ディレイの音が控え目であった。

で、練習。

ベースの大先生の楽曲「シアン」は流石にもう纏まった感じ。続いて取り掛かった「モスクワは涙を信じない」は、コーラスを入れる箇所とBPMを確認。これももうこんなもんじゃないかと思う。

続いてはベースの大先生の楽曲「クリシェ」。イントロを短めにしてみる。うん、さっぱりして良いと思う。

この曲ではファズをずーっとONにしてみた。

リア・ピックアップを選択、ギター側のボリュームを絞り、強く弾いたらクランチ、程度の設定。エンハンスが効いた、ジャキッとした質感が心地良い。

この曲もまぁ、こんな感じで良いんじゃなかろうか。

そして問題の「インテリジェント・デザイン」。

リーダー「さーせんしたあああああ、没のバージョンで練習してましたあああああ」

メンバー「は(怒)?」「え
(怒)?」「あぁ(怒)?」

メンバーから人格を否定する罵声を浴び復讐を誓う。覚えていろよ貴様ら。

イントロとAメロはD△7‐G△7と言うコード進行なのだが、それぞれF#mとEmの代換コードとしての使用。

リーダー「ビクシー、イントロさ、F#mとEmのマイナー・スケールでリフ作ると良いと思うんだがどうだ?若しくはドリアン・スケールなんかも良いかもだぞ」

ビクシー「すいません、バンド練習中なのでバンド練習の話にしてくれません?」

リーダー「その話そのものなんだが・・・・」

ビクシー「・・・・臭そうなスケールだし面倒だからいいっす」

リーダー「D△7‐G△7で敢えてF#mとEmのマイナー・スケールとかドリアン・スケールでリフを弾けば女学生に一目置かれるかもだぞ」

ビクシー「今すぐにそれを俺に教えるんだ。あ、そのスケール会得したらスタジオのドア開けといて下さい」

リーダー、メンバーの操縦法を学びつつあります。かと言って「馬鹿の枢軸国」と呼ばれて久しい我々な訳で、その操縦が出来たからって役に立つのかと思わなくもない。

続いては、前回練習より取り掛かり、既にアレンジが固まりつつある「いつかこの段差すら超えられない日が来たら」に取り掛かる。

サビをビクシーに歌わせたりなんだりを決めて「ま、こんな感じ?」と相成る。こんなんで良いのかと思わなくないがこんなんしかアレンジが思い付かない曲でもあるんだからどうしようもない。

リーダー「ビクシー、曲あるだろ、出せ」

ビクシー「な、なんで分かるんです?」

リーダー「金曜日の貴様のTwitterの更新が少なかったと言う事実、二日酔いですと言ってないのでジュンジュンちゃんと飲みに行ってた訳でもないだろうと言う推測から、だ」

ビクシー「・・・・監視社会に生きてる事をこれ程実感した事は無い」

歌詞は未だ、と言う事だが取り敢えず取り掛かる。うん、凄く良いメロディじゃないか。

数回繰り返し、次回へ持ち越し。良い感じだから取り掛かるのが楽しみである。

そして本日のメイン・イベント「戦場に一番近い場所」に取り掛かる。

気になる箇所をパーツに分けて詰めて行く。

過去の自分達の曲を聴く事が稀にあるのだが、このアレンジどうやってバンドでコンセンサス取ったんだ?と思う事が時々ある。

この曲のアレンジは割かし彼是やって来ている方だが、後から聞き直して非常に普通なアレンジに仕上がりそうである。

苦労した割には、普通。

なんだろう・・・・虚無感。

なんとか纏まり、後は反復練習かなと言うレベルになった。良かった良かった。

練習後飲み会。こんな話題で盛り上がる。

securedownload

リーダー「ビクシーさ、君のノルマもう1曲だよ?出来そう?」

ビクシー「歌詞がねぇ、出来ないんですよ」


リーダー「歌詞があれば曲が出来るのか?」

ビクシー「・・・・そうは言ってません」

ビクシー君のお母さま江>お子さんは嘘を付く子に育った様です。

ビクシー「それよりHotel Oregon Banquetですよ。裏ジャケこの場で作るんでTakayukiさん、デザイン宜しくです」

メンバー「「「この場で???」」」

securedownload (2)

securedownload (1)

securedownload (3)

securedownload (4)

リーダー「・・・・随分と簡単に書いてくれるじゃねえか」

ビクシー「楽勝ですわ」

リーダー「どうでも良いが、ファズのスペル違うぞ」

ビクシー「スペル覚えたくない位ファズが嫌いなんですわ」

リーダー「ファズがマイブームなんだが?」

ビクシー「迷惑なんで早くブーム終わって下さい」

本日のギターはこれ。

securedownload (10)

最近すっかりお気に入り、Archtop TributeはAT130。ステンレス・フレットに打ち換えたい。

足元はこんな感じです。

securedownload (2)

FFM3(Jim Dunlop)~ファズ

Fulltender
Jersey Girl Homemade Guitars)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

DM-2(BOSS)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター


うん、まぁ、暫くこれで良いんじゃないか?と思える組み合わせである。

FFM3はやっぱ気持ち良いなぁ・・・・ビクシーが何と言おうが使うぞ俺は。

設定は、Volume2時、Fuzzはマックス、ギター側はリア・ピックアップを選択し強く弾いたらクランチ程度に歪む位にボリュームを絞る。

ブーブームームーなファズの使い方ではないが、これ位が心地良くて良い。これ以上やるとビクシーにOFFにされるw。

手持ちのFFMシリーズで、FFM3がギター側のボリュームを絞った際の追従性が良いのですが、次回はFFM1を試そうと思っている。

securedownload (6)

FFM1はFFM3比フラットな感じでゲインが高い。

FFM3で、ギター側のボリュームを絞ってクリーン~クランチを出す場合、ファズはマックスにしないと良い感じにならないのだが、この設定だとクリーンを出す為にボリュームを絞ると音量がちょい不満。

ゲインが高いFFM1なら、ファズをマックスにしなくても良い感じのクランチが作れるかも?と思い試したくなったのである。

折角買ったんだし試したいと言う気持ちが7割だけどw。

コーラスのCE-5もやっぱり使い易い。AT130は低域が出るので、2バンドのイコライザーがあった方が使い勝手が良い。

久々登場のDM-2も良かった。踏み易いし、サウンドは良い感じだし、これで良いでしょう。

Fulltenderとmicro amp +は変更していないが、変更していないのは気に入っているから、で御座います。

欲を言えばトレブル・ブースターも入れたいし、フェイザーがあると良いなぁとも思うが、ペダルは5個までが身上のワタクシ。構成は暫くはこれで行こうと思う。


そんな練習で御座いました。