リーダー

リーダーです。

先日、激しい胃痛と眩暈に襲われ這うようにして帰宅。

昼食が合わなかった様で、消化不良を起こした胃に血液が集中し貧血っぽい感じに。

脂汗かきつつ、胃薬飲んで早寝して事無きを得たが、感じるは「老い」。

無理している心算が無くても、身体が悲鳴を上げる年齢でもあるんだなぁ・・・・。

それは兎も角。

梅雨っぽい天気になってきましたねぇ。

梅雨冷の時期って風邪ひき易いワタクシ。

気温が低いので少し厚着して、でも湿度は高いのでちょっと急ぎ足なんかになって汗かいて・・・・と分かっているのだが、分かっているのにやっぱりやっちゃう事がある。

「分かっているけどやっちまう」。これはもういつの世もそーなんだろうなと思ったり。

植木等先生が「分かっちゃいるけど止められない」と言ってから可成りの時間を経ているが、ここにもそれを実践しちまう男が居るって事は、それが世の常だから・・・・と言う言い訳w。

魔改造・・・・うん、分かっちゃいるけど止められない。

さて、様々な改造を施し、果てはステンレス・フレットに打ち換えまでしちゃったGretschはG6120DC。

securedownload (6)

合わせて、フロント・ピックアップも交換したのですよ。

securedownload

securedownload (1)

securedownload (7)

交換した趣旨は此処に記載しているので割愛。交換したのは
TV JonesTV-HTHi-Lo TronのTV Jones版。サイズはハムバッカーですがシングルコイルです。

Gretsch純正Hi-Lo Tronとお値段略変わらずで、正直どっちでも良かったんだけどw、リアと合わせてゴールドにしたくて、で、Gretsch純正にはゴールドは無かった(あるのかもだけど見付けられなかった)のでこれに。因みにデフォルトのピックアップもTV Jonesの製品(Filter Tronを模したTV Classic)。


先の練習で試してみて、「終のギター」とはなれなかったが、「準メインのギター」として大事にしたいと思ったG6120DC(因みにメインはArchtop TributeはAT130)。そう思えた要素の一つは今回のピックアップ交換にある。

Hi Lo Tronは、元々Filter Tronのポールピースを抜いてシングルコイルにしたら音が良かったので製品化したピックアップとどこぞで読みました。

この例に倣って、Filter Tronのポールピースを抜いてみたら良い感じだったのですが、どうせだったらHi Lo Tronに交換しちゃおうと思った次第。

で、結果はと言うと・・・・

・Filter Tronのポールピースを抜いたサウンドとは異なる(Hi Lo Tronはもっと出力が弱い)
・シングルコイルらしい明瞭なアタック音が素敵
・でも、フロントとリアのバランスは悪い(出力=リア>フロント)

一番期待した「サウンドに明瞭さを与える」は期待程ではなかった。フロント単体の選択でもミックスでも、シングルコイルらしいレンジの広さは感じられたが(ステンレス・フレットに打ち換えた影響かも)、明瞭さはと言うと期待した程ではないのが残念。

その要因は「リアの方が出音が大きい」事だと思うのだが、1ボリューム1トーンに改造していた為、フロントとリアのバランスが個別に取れないからに思った(デフォルトではフロントとリアのボリュームが個別に調整出来た)。それが出来れば、期待したサウンドの明瞭さを演出出来たと思う。

フロントを1ボリューム&トーン・セレクター、リアで1ボリューム1トーンが正解な気がしている。メインで使うなら、直ぐにでもNaked Guitar Worksに駆け込んでいたなぁw。

とは言え、「このままでも良いかも」と思えるサウンドでもある。特にクリーンのサウンドが良くて、薄めにコーラスをかけてコードをジャカジャカ弾いた時の心地良さは格別である。うん、これは・・・・良いなぁ。

バンドの初期はクリーンのコード弾きがメインだったんだけど、その当時にこれがあったら喜んで使っていたと思う。それ位好きだ。

歪ませた際のサウンドも、低域寄りの中域が持ち上がるTube Screamerなんかをメインして、トレブル・ブースターなんかでエンハンスを演出出来れば行けると思う(家で試した限りでは)。

と言う訳で、気が向けば配線を変えるかも、です。もっと良くなると分かっているのだが、なんせメインじゃないので気が萎えて居る俺がいる。

ギターの改造で一番記事を書いているのがG6120DCで、まぁ、それだけ取り扱いが難しいギターだと言う事なのでしょう。Gretschは、難しいw。

取り敢えずは、このギターの長きに渡る改造はこれを以って終了としよう。

「やっぱこれをメインにしよう」と気が変わるまで、暫しこのギターの更新は無いと思います。

と言いつつ、AT130のステンレス・フレットへの打ち換えを画策しているので、その期間に使うギターとして気になる配線を改造・・・・なんて事はあるかも知れませんw。

あ、そう言えばBlogの名前、近々変えるかも、です。