リーダー

リーダーです。

4/28:バンド練習。詳細はこちら

4/29:義母のお見舞いに行く。思いの外元気そうで一安心。

4/30:ビクシ君とNaked Guitar Worksに行く。

吾輩の目的はStratocasterの修理。

securedownload (4)

次回作「Hotel Oregon Banquet」の録音で使おうと思ったら、使おうと思ってたリアの音だけ出ないと言うピンポイントな仕打ちを受けて、いつか直そうと思っていたら、ビクシ君がParkerの修理に行きたいとの事なので序で同行する。

ビクシ君より早く着く。

N.G.W「開店前でーす」

リーダー「・・・・毎回これやってるけどさ、数分は見逃してはくれぬか」

N.G.W「・・・・どうしたんですか、殊勝じゃないですか」

リーダー「大事なギターを人質に取られているからな」

N.G.W「あ、少し進みましたよ」

リーダー「おおう、見たい見たいさっさと見せやがれ・・・・下さい」

N.G.W「殊勝な態度が2秒しか持たない大人ってどうよ?」

securedownload (5)
(パーツを外されフレットを抜かれたG6120DCさん)

securedownload (6)
(指板の調整は略完了。若干のネック起きがあり調整したとの事で、その個所は少し擦った感じが分かる)

securedownload
(ネックの接合箇所)

securedownload (1)
(リア・ピックアップを外した所。手前は使い道が分からないミュート)

securedownload (2)
(Bigsby~ストラップ・ピン~を外した所。出ている線はアース線かな)

リーダー「こう言う姿を見ると萌えますな」

N.G.W「暫く寝かせて、ネックが落ち着いたらフレットを打ちすり合わせします」

リーダー「待ち遠しなぁ。やっぱネック起きしちゃってた?」

N.G.W「ちょっとですけどね。構造上仕方ないかなと」

リーダー「演奏上支障ないレベルならいいや」

N.G.W「そう言えばギター持ってますけど・・・・」

リーダー「あ、うん、Stratocasterなんだが、リアの音が出ないのだ」

N.G.W「(配線をしながら)で、Stratocaster買うって言ってませんでした?」

リーダー「いや、止めた。そのStratocasterの方が良いんだもん」

N.G.W「それは安心。変な改造は暫く無しですね」

リーダー「で、Gretsch買おうか迷ってる」

N.G.W「はぁ?持ってるじゃん」

リーダー「カミさんと同じ事言うな」

N.G.W「誰でも言うだろそんなもん」

リーダー「しかし安心しろ。俺が欲しいGretschは好みのパーツ、好みの仕様で改造したい個所が殆ど無いんだ。しかもだ、Gretschらしからぬ構造でGibsonのセミアコに近く改造も楽な筈だ」

N.G.W「だったらGibson買えば良いじゃん」

リーダー「・・・・言っちゃ行けない事を言ったな小園。しかしだ、我がバンドの紫色のParker使いは、全く同じスペックの金色のParkerを買おうか迷っているぜ。それよりマシだろ?」

N.G.W「貴方が落としたのはこの金のParkerですか?銀のParkerですか?」

リーダー「私が落としたのは紫色のParkerですって何だこの会話」

N.G.W「そんなもん買おうとするヤツ連れてくんなよ!」

リーダー「すまん、手遅れだ」

~ビクシ君登場~

ビクシー「Naked Guitar Works史上、最も人間工学的に優れたギターをお持ちしましたセニョール」

N.G.W「割と真面目に帰ってくれないか」

リーダー「そうだ帰れ」

N.G.W「お前もだ」

リーダー「え?」

N.G.W「で、何を直せば?」

ビクシー「電池BOXの蓋が閉まらないですわ。序に配線が頼りないので諸々宜しく」

N.G.W「お前達は依頼の仕方がざっくり過ぎる!」

BlogPaint
(Bixy & the repair man。因みに机の上にあるエイリアンっぽいのがParkerです)

事前にビクシ君には「一週間は掛かるんじゃねえ?」と言っていたが、あっと言う間に問題点を発見し解決する小園氏。

N.G.W「電池って同じ006Pでもメーカーによって大きさ違うから、きつい場合は電池の抜き差しで気を付けて下さい」

ビクシー「出来れば解決案教えろ下さい」

securedownload
(小園氏が極悪人風に書かれているけどそれは小園氏が極悪人だからである)

余程我々が嫌なのか、その場で修理をしてしまうNaked Guitar Works。追い出される様に店を出て隣のとん将さんで昼食をし、近所の写楽さんでたい焼きを食べて別れる。

リーダー「そう言えば彼等のFacebookに我が改造が一切出ないのだよ何故だ?」

ビクシー「へ?理由分からないんですか?」

リーダー「へ?分かるの?」

ビクシー「こんな事ばっかりやってる店ですって思われたくないからに決まってるじゃん」

リーダー「・・・・・」

Naked Guitar WorksでAT130のストラップ・ピンの位置の変更を相談してみる(本当は今回はこれが目的だったんだけど・・・・)。

securedownload

角の部分に移動させたいのだが、強度的には頼りないとの事。

現在の位置は・・・・

securedownload (1)

ネックの付け根。此処だと、弾く時に右肘でボディを支えないとギターが下向いちゃう訳で、それがなんとも嫌でならぬ。

「出来なくは無いしやれなくはない」との事なので、機会を見付けて依頼しようかと思う。強度は、軽量なAT130だから何とかなると思う。うん、何とかなる筈だ。

どうせなら・・・・

securedownload (2)

Gretschのストラップ・ピン付けちゃおうかな。着脱は面倒であるが、このストラップ・ピンはGretschのパーツでは珍しく傑作に思う。着脱は面倒であるが、大袈裟じゃないデザインにしてロック性は高い。

帰宅して、実家から戻った家人と彼是話をしながら過ごす。家人の疲れた顔を見て、人の世話の大変さを思い出す。亡父を少しだけ看ていた身であるので大変さは分かる。

家族に何かあるとその周囲の人間の人間性が本当に出る。無責任さが露呈したり我が儘さが出て来たり・・・・。

こういう時に真摯に振る舞えるか否かが後々色んな所に影響を与えるものだから、しんどくても頑張るべきだと思うのだが、「そうなるだろうな」と思う人が「やっぱりな」な行動で笑ってしまった。こういう時に失った信頼は、多分2度と戻らない。

家人を労いつつゆっくり過ごす。期待せずに何と無く見たTEAM NACSの「LOOSER」と言う演劇が面白かった。あ、見たのはTVで、です。

そんな祝日でありました。

5/1:出勤日

電車が空いていて嬉しい。会社も出勤者が少なく、なんともゆったりした時間が流れる。

来客の予定を幾つか入れていてその対応をするも、定時には退社出来たので楽器屋さんへGO!。

割と真面目にこれ買おうか悩む。



デザイン性も優れていると思うし、スペック的にも申し分なく、これはやっぱり欲しいなぁと思う一本。

暫し悩むも、家人と外食の待ち合わせをしており帰宅。持ち越し案件と相成った。

Fender資本が入ってからのGretschは、モダンなアレンジを施した製品を世に出していて中々に面白い。個人的には応援したい。Gibsonの破産申請を見るに、そうならぬ様に好きなメーカーには微力でも何かしらのフォローはしたいとは思う。てか、Gibsonはブランドとしては存続するだろうが、品質的にはこれからどうなるんだろうな。兄者から借りているES-330は、ナットが外れちゃうと言う時点で品質的にどうかと思ったし、正直AT130の方が作りがしっかりしていたし・・・・。

5/2:会社がお休み

諸々の事情で会社がお休み。

義母の見舞いに行く家人を見送り数日間の看做し独身生活Again。

なんともバタバタした日を送っていたので、今日は少し自分の為の時間を過ごそうと決意。

漂泊の思いに突き動かされ、曇天模様の空の下、散歩に出立したのである。

敢えて普段は通らぬ道を探り探り歩く。道中の歩道では薔薇なんぞが咲いていて目を楽しませてくれる。

securedownload (1)

歩道にさり気無く咲いていたが、誰かが手入れしているのであろう。剪定がされていた。

当て所無く歩いた筈だが、何故か着いちゃう秋葉原。致し方無く(?)、HARD OFF⇒千石電商⇒ラジオデパート⇒ラジオセンター⇒イケベ楽器リボレ秋葉原店の黄金ルートを選択。千石電商さんではついついフレットを見てしまうワタクシ。JESCARって金のフレットがあるんね。これにすりゃ良かったかなw。

長居しちゃったのはラジオセンター。腕時計だの鉄道時計だの昔懐かしい電化製品なぞが売られており、そんなん見るのがなんとも楽しい。

時間が無い時はさーっと見るだけなのだが、時間があった今日はじっくり見てみると様々な発見があって楽しい。ゲルマニウムダイオードの補聴器ってのは何とも新鮮。増幅をゲルマニウムでやってんのかぁ・・・・安定したのかな。

古いラジカセも売っていたのだが、「ラジカセ」ってなんであんなに時代性を感じるんだろうな。



僕は「ラジカセ」のデザインが昔から嫌いで、ステレオ(コンポ)じゃないと嫌だったのだが、今見てもラジカセってやっぱりダサいと思う。

音楽は自分のステレオを入手する迄は共有のステレオで聞いていたし、ラジオを積極的に聞くクチじゃ無かった為か「ラジカセ」を手放せないでいたと言う記憶はない。カセットで聞くのもウォークマン以外では好きじゃなかった。

凄く時代性がある電化製品なのに郷愁は覚えないのは、絶対的な使用頻度が少なかったからであろうか。

ラジオセンターの喫煙所で一服。

securedownload
(喫煙所の壁に掛る写真)

折角だからと御茶ノ水に足を延ばす。

securedownload (2)

securedownload (3)

securedownload (4)

文字通り全店舗をじっくり見て回る。Gibsonの破産申請に対しての張り紙は何処にも無かったのは少し違和感を覚えた。不具合があった場合、メーカーとしての保証はどうなるんだろう・・・・?

で、GretschはG6609TGをじっくりと観察。

う~ん、やっぱり美しい。深緑と金のコントラストはなんとも美しい。

「これは、買いかなぁ?」と思い試し弾きをお願いしようとして「ん?」となる。

気になりスペックを確認。

勝手にG6120DCと同じ16インチかと思ってたけど・・・・ちょっとだけ小振りなのね・・・・ちょっとの差だけど・・・・なんか嫌だって思っちゃったw。

買ったら気に入るのかもだけど、お値段がお値段だけに、なんか嫌だなって思う箇所があり、それが交換可能なパーツじゃないのなら止めるべきだよなぁ、そうだよなぁ。

大体だ「このギターどう?」と家人に聞いた際「綺麗なギターだけど止めておいた方が良いと思う」と返され「なんで?」と問えば「だって横に居るのあの紫でしょ?シックなグリーンより軽薄なオレンジの方がコントラスト的に良いと思うよ」との回答。

184a0e53

「・・・・って事はだ、僕は好みのギターを買うにあたって、常にあの紫との平仄考えなくちゃならないの?」と家人に強めに聞けば「そう」とあっさりと回答。

「そんな馬鹿な!」とビーム・ライフルの威力に初めて遭遇したシャア・アズナブル並みに愕然としていると、追い打ちをかける様に家人は言った。

「あの紫をバンドに加入させた時点でそれ意識しなきゃ駄目でしょ?」

184a0e53

気付かない振りしていた事実を白日の下に晒され、頭を抱える僕を尻目に家人は出掛けたのであるが、うん、確かにそうだ・・・・よ・・・・な。

と言う訳でワタクシの「G6609TG購入計画」は此処に潰えたのである。合掌。

そんな訳でギターは買わなかったが、楽器屋さんを堪能した散歩が出来て幸せな一日。某店でNew Orderが流れていたのであるが、ファンがいたのであろうか・・・・?

気になったのブツはこんな感じ。





どっちもJEORGE TRIPPS関連の製品だな、そう言えばw。

FFM2は、ゲルマニウム云々で欲しいのではなく、手持ちのFFM3よりローが出る感じがして、そのニュアンスが欲しいなぁと思った次第。

Aqua Pussは、以前から良いなぁと思っていたんだけど筐体が大きいのが嫌で、ダウンサイズされたとの事で欲しくなった次第。

と言いつつそれらは買わず、本日の戦利品は以下の通り。

securedownload (5)

近所の大変美味しいお豆腐屋さんの絹豆腐である。濃い味付けを好む僕をして「豆腐の味の邪魔になるから醤油は控え目に」と思ってしまう程に美味しい豆腐である。塩で頂いたり、アンチョビとオリーブで頂いたりもする。因みに揚げ出し豆腐も購入したのだがそれも抜群に美味しい。それはフライパンで素焼きしてポン酢で頂くのが好み。

続いてはこちら。

securedownload (6)

爪切りなんだけどね、凄く良いの、これ。

切れ味良く、小振りで、家人が使えるかと買って持っていたんだけれど、入院している義母が爪が切りたいとの事だったので持って行ったら好評で手元になくなったので購入。

食事してゆっくりしてたら家人より入電。実家に泊まる筈が所用で一旦帰京するとの事。

雨が降っていたので駅まで迎えに行く。連休前の夜遅い時間のターミナル駅は、ふわふわした感じでなんか良い。

家人を待ちながら、電光掲示板に映る遠い行き先を見て「到着は何時頃かなぁ、どういう人が乗るのかなぁ」と夢想する時間が好きだったりする。

家人を待ちながらスマホでニュースを見やれば某Jさんの某グループの記者会見がわんさかと。

「そんな時間に行く女子高生も悪い」とか「そんな時間に行かせる女子高生の親も悪い」とかのコメントもあるが、ズレてるなぁと思ってしまう。

女子高生とは言え働いている身で、働いていれば「断れない」って事往々にあるじゃん。しかも断り難い大手事務所の人間に誘われ、だもん。そんな時間に呼び出す方が悪いしやった事は法に触れる事なのに、擁護の転換で被害者責めるとか神経が分からん。美人局だったら同情するけどね。

5/3:AT130の改造に再びNaked Guitar Worksに行く

出勤日とさして違わない(為念ですが「たがわない」です)時間に起床。

長い休みともなるとついつい夜更かしをしてしまい生活のリズムが崩れるワタクシだが、義母に何かあった時の事を考えて生活リズムを崩さぬ様に気を付けている。

夜半過ぎから結構な雨が降っていた(らしい。気付かなかったw)が、ベッドから出てカーテンを開けた時には残滓の如くの風景が広がるのみ。

そんな風に始まった5/3はNaked Guitar Worksに行く。目的は、AT130の改造。

次回作「Hotel Oregon Banquet」は、前半の5曲はAT130で、後半は360C63とJaguarで録音したのだが、AT130はもっと積極的に使っても良いじゃないかと思えるサウンドだったので使い勝手の改善を考え依頼したのである。

ストラップ・ピンの位置変更は先に書いた通りだが、他にもう一点改善したい箇所がある。それが、ピックガード。

securedownload

ピックガードは、Gibsonの箱モノ同様、螺子で一か所固定されているのみで、弾いててガタガタしてなんとも嫌でならない。

Gretschの様に2点で固定するか、若しくはスポンジなんぞを挟むかをしてカタカタ感を払拭したいのと考え、プロに相談して決めようと画策。あ、ピックガードを外すと言う選択肢はありません。時々此処に指乗せて弾く事があるので、僕には必需品なのですが、その時にガタガタしやがるのが腹立たしくてならぬ。

そんな訳で、生温い不快な風が吹く祝日に、僕は観音裏に向かったのである。

リーダー「ハローワールド」

N.G.W「また来たよこの人」

リーダー「先日相談した、AT130のストラップ・ピンの位置交換及びピックガードの固定をお願いしたい」

N.G.W「マジでやんの?」

リーダー「やる」

N.G.W「そこまで言うならやりましょか」

リーダー「強度はどう思う?」

N.G.W「ある程度は補正出来ますからやりますぜ」

リーダー「んでピックガードを固定して欲しい」

N.G.W「ん?」

リーダー「ピックガードを2点留めにして固定したい」

N.G.W「ホワイ何故に?」

リーダー「カタカタ言って、嫌なんだよね」

N.G.W「う~ん」

リーダー「何か違和感でも?」

N.G.W「こう言うものだ、と割り切って使うという手もありますよ」

リーダー「俺もそうしたい、だが、コミッショナーがそれを許さない」

N.G.W「コミッショナー?誰?」

リーダー「僕です」

N.G.W「・・・・・」

リーダー「と言う訳でお願いしたい」

N.G.W「ピックガード・サポーターはあります?」

リーダー「いや、ないよ。あ、在庫無し?」

N.G.W「そう頻繁に使うものじゃないですからねぇ・・・・こちらで取り寄せても良いですが、注文出来るのは連休明けです」

リーダー「ちょっと千石電商行ってくるね。待っててダーリン」

と言う訳で俺は本日も秋葉原へ向かう。休日の秋葉原は人出が想像以上。銀座線の集中工事による折り返し運転で人出の少なさを期待した俺を嘲笑うかの様な人出。

千石電商で物色すれば、メーカー名すらないピックガード・サポーターが200円、Gibson純正はその6倍。

微妙に大きさが異なるので2つ購入。その足で本日2度目の観音裏。

リーダー「買って来た」

N.G.W「・・・・その行動力は素晴らしいと思う。そんな貴方にちょっとしたプレゼント」

リーダー「お?なになに?」

N.G.W「コンペティション・ラインを入れてみました」

securedownload

リーダー「・・・・これ・・・・」

N.G.W「コンペティション・ラインです」

リーダー「マスキングテープだろ?」

N.G.W「コンペティション・ラインです」

リーダー「マスキングテープだろ?」

N.G.W「・・・・・で、買って来たんで?」

リーダー「うん、これ。どう?出来そう?」

N.G.W「はい、大丈夫です。ちょっとお時間頂けますかね?とは言え大事なお客様だから、GW中にはなんとかします」

リーダー「いつもすまないな、有難う」

N.G.W「いえいえ、仕事ですから」

リーダー「どうしたんだ?今日はやけに殊勝じゃないか」

N.G.W「そうですか?迅速、親切、丁寧がモットー。Naked Guitar Worksです」

リーダー「では、頼む」

N.G.W「御意」

そんな友好的な会話を終え、観音裏を後にする。

家に着くとNaked Guitar Worksより入電。

リーダー「どしたの?」

N.G.W「出来上がりましたよ?」

リーダー「・・・・丁度家に着いたとこだぞ、この野郎、帰宅時間を狙ってただろ?」

N.G.W「はて、何の事だかさっぱり・・・・?」

リーダー「・・・・そうか、こう言う手で来るか」

N.G.W「で、今から来ます?」

リーダー「行くか馬鹿野郎!もう2回行ってんだぞ?郵便配達夫でもベルは2回じゃ!」

N.G.W「古い映画持ち出したなおい」

リーダー「兎に角明日にする。時間は・・・・そうだな、言わないでおこうか。但し一つだけ言っておくぞ?明日はたっぷり5時間は居座るからな」

N.G.W「へ?なんで?」

リーダー「嫌がらせ・・・・もとい、いつもお世話になっている君達を精一杯労う為だ。昼食の買い出しも俺が行くからな。嫌いなもの教えろ。それを買う」

N.G.W「折角の休日そんなことに使って良いんですか?」

リーダー「俺はなぁ、相手がダメージ受けるなら自分がそれ以上のダメージ被っても気にしないんだよ」

N.G.W「どういう性格してんだよ」

そんな訳で、この大型連休で実に3回、Naked Guitar Worksに行く事と相成ったのである。

いい加減長くなったのでこの辺でお終いとしておこう。明日はNaked Guitar Worksに行ってAT130受け取ってちょっと楽器屋さん行って散歩して・・・・そんな一日になる筈だ。

では、良い連休を。