リーダー

リーダーです。

昔、犬を飼っていた。

アイヌ犬の血が混じっていると言われていた雑種。

喧嘩っ早く、散歩では飼い主を引っ張り回して走り回る、まぁ、躾がなっていない犬だったが、その奔放さも含め可愛い犬だった。

そこそこの年齢になり、元気がなくなり、やがて病気を患ったので動物病院に連れて行き、お医者さんから安楽死と言う選択もあると言われ、その選択を提案する家族に父は真っ向から反対した。

「これ以上辛い思いさせることないじゃないか」と言う家族に、「辛い思いをしたくないのは犬じゃなくて見ていて辛いお前達だろ?ペットを飼うと言うのはその死まで見届ける事だ。それから逃げるな」と父は言い切った。

なにかと理不尽でやんちゃな父であったが、上記は非常に納得感がある台詞であり、なんか今も覚えている。

さて、土曜日。

義母の見舞いで栃木へ向かう。

義実家の駅のずっと先にある病院で、当然その道中は結構長く、道中ずーっとHotel Oregon Banquetの仮ミックスを聴いていた(半分くらい寝てたけどw)。

「まぁ、こんなもんかなぁ?」もあれば「もうちょい弄ろう」もあり、この答えが無い作業は未だ暫く続きそうなのである。

録音未完了のビクシーに「とっとと録音しやがれ」とのプレッシャーを与えるべく、それっぽいツイートをしてみたりして病院の最寄り駅に到着。

義母に会うのは正月以来。病院で親しい人を見るのは本当に嫌なものだ。

病人である義母に、お見舞いの品を食べなさいとか色々と気遣いされる。

小学校低学年の頃、祖父母の家に行った時の事を思い出した。あれ食べなさい、とか。これ食べるか?とか色々と聞かれた、祖父母なりの精一杯に孫を楽しませようと言う行為。

なんか、思う所が色々とあったが、「面倒見たいから会社辞めて良い?」と言った家人にはリスペクトした(珍しくw)。

家人と亡父はどっちも面倒な人なのだが、なんか気が合って二人で飲んだりしてたのが分かった気がした。

一時帰宅する家人と東京に戻れば、道中見事な夜桜。道に迫り出す様に咲く桜はなんか宜しい。

日曜日。

義母の入院が長引きそうなのでドライシャンプーを買おうと思い立ち、昨日病院のコンビニに行くも売り切れで、であれば買って持って行きたいと言う家人のお使いで浅草へ。

桜は満開、天気は良好ともなれば人出が大変に多く、積極的に行きたい時期ではないのだが、折角行くなら少しは見ようとぶらぶら。

BGMは何と無くだがEcho and The Bunnymen



Porcupine入れてたと思うんだけどなんでiTunes入ってないんだろ。

まぁ兎に角風景に合わないったらないのだが、聞きながらぶらぶら。

securedownload (2)

枝垂桜が綺麗だったなぁ。

securedownload (4)

securedownload (1)

買い物を済ませ帰宅し、暫定的メイン・ギターであるRickenbackerは360C63のエフェクターを彼是試す。

securedownload


前々回の練習では、下記の組み合わせで「これぞ至高」と思ったワタクシ。

securedownload

HOT CAKE(Crowther Audio)~オーバードライブ兼ゲインブースター

Soul Driven(Xotic)~オーバードライブ

CE-2(BOSS)~コーラス

Carbon Copy Bright(MXR)~ディレイ

micro amp +(MXR)~ブースター

基本はSoul Drivenで歪ませ、太いサウンドが欲しい時にHOT CAKEでブースト、抜けるサウンドが欲しい時にはピックアップをリアにすれば分離感があるサウンドが得られる。

うん、これで良いじゃんと思いつつ、次回練習では以下を試す。

securedownload (5)

えー、HOT CAKEをSweet Honey Overdrive Deluxeにしただけ。試したかと思ってたが試してなかった。うん、何故だ?

HOT CAKEに求めた、音圧はSweet Honey Overdrive Deluxeでも得られまして、で、HOT CAKEは「ゲインを上げると低域が上がる=ゲインを上げないと低域が上がらない=ゲインを上げずに低域を上げる事は出来ない」なんですが、Sweet Honey Overdrive Deluxeではそれが可能。勿論、ゲインを上げつつ低域も上げるも可能。

それが可能なペダルは他にも多数ありますが、Sweet Honey Overdrive Deluxeにある「独特な軽さ」は他では得難い。

Sweet Honey Overdrive Deluxeはゲインが高いペダルではない。で、サウンドに太さを齎す低域は、ゲインの後に効くBASSイコライザーで調整する。

つまりは「そんなに太い低域を出す設計のペダルではない」。HOT CAKE程のムチムチ感は無い。

その設計がこのペダルに独特の「軽さ」を齎し、結果、後段のペダル(若しくはアンプ)に「抜けの良さ」を演出してくれる。「限られた汎用性であるが必要な守備範囲をカバーするペダル」とも言える。アシスト力が、高い。

と言う訳で次回は上記で行こうと思います、が、次回練習は所用で欠席なので試せるのは4月に入ってから。

そんなして過ごした日曜日でした。