リーダー

リーダーです。

Gibsonの経営危機、話題になってますねぇ・・・・。

有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。

レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

しかし、そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

報道を受けて、ギブソンのCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは『ナッシュヴィル・ビジネス・ジャーナル』に自身の計画を次のように述べている。「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは昨年、ギブソンの初代グローバル・ブランド・アンバサダーに就任することが決定している。

スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。

出典:https://nme-jp.com/news/50466/

まぁ、Cakewalkを傘下に収めたと思ったらSONARがなくなっちゃったり、その前にも木材の違法輸入で罰金だの差し押さえだの受けてたし、なんか変だなぁと思ってけど、こんなに厳しい財政状態だとは思わなかった
(先日Naked Guitar Woksに行った時、店長の多田氏が「ローズウッドの供給は本当に厳しいらしい」と言ってたっけ・・・・そう言えばFenderの新製品もメイプル指板が多い様な・・・・ローズ指板のGibsonは原価高騰による収益悪化の影響大きいのかな)

Gibsonは、兄者に借りているES-330、Summer Solsticeの太田君に貸しているES-335を持っている位で、そんなに好みのブランドって訳じゃないんだけど、何とも寂しいお話ですな。

ブランドのバリューだけでも凄いものだし、ブランドが消滅する事は無いとは思うけど。資本提携しているONKYOが救済・・・・いや、無いなぁ。

Gibson、Fender、Gretsch、Rickenbacker・・・・古くからある有名ギター・メーカーで、オーナーが変わらなかったのはRickenbackerのみ。

経営の拡大に付いて行けずの身売りだったり品質低下で売れなくなったりと理由は様々。資本が変わるってのは多くの会社で起こり得る事で、
ギター・メーカーも例外ではない。別にそれは悪い事ばかりじゃなくてベターな事もある。

どう落ち着くかわからないが、良い形で
落ち着くと良いですね、うん。版権に揉めて・・・・とかにならないと良いけれど。Mosliteに至っては、もう何が何だかw。

と、つらつらと書いておりますが、欲しいと思うギターは早めに揃えておくべきかなと言う気が凄くしている。

ギター・メーカーの先行き、原材料である木材の先行きを考えると、今が最後のチャンスの様にも思える。「欲しいけど、無い」と言う時代は、そう遠くないのかも知れない。

「そう言う訳だ。僕は欲しいギターを買っておこうと思う」と家人に宣言すれば、「で、何が欲しいの?」と返され、そう言えば欲しいと思うギターは一通り揃えたなぁと気が付く。

「俺ってさ、先見の明があると思わない?」と聞けどスルーされる。まぁ、止む無し。

話は変わって・・・・。

最近、HOT CAKEを好んで使っている。

securedownload

HOT CAKEに関しては、こちらのレビューが大変に詳細で感心しきり。レビュー書くならこうでないとねっ。「BOSSのエフェクターは舐めると塩気が多い」とかレビューしてたどこぞの馬鹿とはえらい違いだって五月蠅いわ。

HOT CAKEは、Rickenbackerは360C63を購入した当初、その線の細いサウンドをカバーする線が太い歪みペダルとして重宝していた。

securedownload

過去何度も書いているのでもう書くのもウンザリなんだが、360C63のリア・ピックアップにはローカット・コンデンサーが付いている。

BlogPaint
(上記黒丸、配線材の下に見えるのがローカット・コンデンサー。容量は0.0047μf)

IMGP0529
(1984年まではデフォルトも、現在の通常ラインでは付いていない模様)

セミアコとは言え箱鳴り感が少なく、リアのサウンドは結構硬めな上に、ローカット・コンデンサーが付いちゃってるものだから、可成り線が細いサウンドとなる。

が、個人的にはこれがRickenbackerのサウンドの肝の様にも思うが、歪ませるとその線の細さが心地良くなく、その補正にと低域が強いHOT CAKEを合わせていて、この組み合わせは可成り好みのサウンドであった。

360C63を再度メインに据えた時には、(低域が出る)フロント・ピックアップの音量調整が出来る5th Controlを駆使しセンターで弾くと言う弾き方に変えたので使わなくなったが、先の練習Fuzz Face Miniを使った際にリアと合わせたのだが、「線が細いリアと線が太い歪みペダルの組み合わせはやっぱり良いなぁ」と再認識し、HOT CAKEを持ち出して悦に入っている。

メインでリフやソロを弾く時にはリア&HOT CAKEの組み合わせで音抜けを良くして、バッキングやではSoul Drivenをクランチ程度にして、音圧が欲しい時には併用、なんてのも良いなぁとニマニマして・・・・家人に気持ち悪がられている。

上記リンク先にある通り、HOT CAKEには色んな種類がある。OLD、STD、OLDにトーン・ノブを付けたもの・・・・が輸入代理店を通じて販売されていると認識している。

僕のHOT CAKEは直輸入品のBluesberryと言う機種で、これはSTDのトーン・ノブ・バージョンの位置付け(厳密にはSTDにトーン・ノブを付けたものとちょっとアレンジしたBluesberryを内部スイッチ切り替える。ベース対応用の切り替えも可能)。STDはOLD比でエッジが立っているとの事。

トーン・スイッチの物よりノブの方が好みなのだが、OLDにトーン・ノブを付けたものも欲しいなぁ・・・・試した限り、差異はあんまり感じなかったけどw。

HOT CAKEに関しての最大の後悔は中古で見掛けた'77 Re-issueを買わなかった事。買っておけば良かったなぁ・・・・HOT CAKEの中古はノブにガリがある事が多くてスルーしたんだったっけなぁ・・・・惜しかったなぁ。

と、散々長い前振りでありましたが週末模様で御座います。

金曜日は省略して、土曜日からスタートゥ。

午前9時に予約した歯医者に向かう。今日で最後の筈だったか、なんか小さい虫歯を見付けたとかで継続と相成る。そんな小さいもの見付けんなよと思いながら近所を散歩。

近くのお寺の境内には早咲きの桜。

securedownload

securedownload (1)

securedownload (2)

河津桜、なのかな?メジロが数羽花弁を突いてた。

近くには梅も花を付けており、梅と桜の競演でありました。

寒い日が続きますが、春は着実にそこまで来ている。

一旦帰宅し、
ちょい順反りしてたStratocasterの調整。

securedownload

Fender JapanのボディにFender Mexicoのネックをマウントし、アッセンブリーは殆ど交換した、売っても二束三文のStratocasterだが、僕にとっては一生物のStratocaster。好みに改造したと言うのもあるが、サウンドも良いし汎用性も高い。

基となったのは山野楽器さんが企画した70年代Hard Rock仕様の限定品なのだが・・・・・

securedownload (1)

70年代のStratocasterには無いコンターの深さが微妙で良いw。因みに素材は廉価なバスウッド。軽くて大好き。

Fender Mexicoのネックなので、使用するレンチは・・・・

securedownload (3)

3/16インチのそれとなる。因みにブリッジは本国Fender仕様なので1.27mmのそれ。

securedownload (2)

トラスロッド調整の口がヘッド側にあり、
ネックを外さず調整出来るのが嬉しい。

ギターの調整で「あるべき姿」があるのは理解しており、以前は「これが正解」と言う状態じゃないと落ち着かなかったのだが、最近は余り気にならなくなった。

かのStevie Ray VaughanのStratocasterの弦高が物凄く高かったのは有名な話だが、それでOKなら僕も好みでOKだろうと思い、色々と試行錯誤をした結果、僕にとって重要なのは弦のテンションだと気が付いた。

AT130を購入し調整した際、その調整でもそれを意識してまして、結果弦のゲージは他のギターと比べちょい太いそれにしていた(普段は0.10~0.46)。

そんなこんなで調整を終えれば、家人が友達とお茶してくるとかで出掛け、であれば拙者も楽器屋巡りでも、と出立。

狙うは調子が悪いんで買い替えを決意したチューナーとFuzz Face Miniのゲルマニウム・バージョン(FFM2)。



先の練習でFFM3を持ち込んで「おお!」と思った一方、「寧ろもっと低域あっても良いんじゃね?」と思いFFM2が気になった次第。

FFM2には、適当な表現じゃないかも知れませんがFFM3より「アバウトさ」がある様な気がして、それもちょい試したくなった次第。

出立前にStratocaster弾いて気持ち良くなっちゃったもんで遅くなり、ビクシ君にFamicompを貸す序に「×1の会やろうぜ」と声を掛けていた事もあり、立ち寄るはイケベ楽器リボレ秋葉原店のみ。

チューナーは、Planet Wavesと言うかD'Addarioと言うか、の、PW-CT-20

securedownload (3)

デザインが気に入っての購入だが、使い勝手も中々。チューナーに「精度」よりも「感度」を求めるワタクシ。うん、合格点。

画面も大きいし、使い易いチューナーに思います。

残念な点は、キャリブレーションの切り替えスイッチが直ぐに触れてしまう点、OFF時に画面が消えてON-OFFが分かり難い点、Pitch Black比で消費電力が高い点、電池の交換にドライバーが必要な点、かな。うん、結構多いなw。

securedownload (4)

手持ちのチューナー一覧。他にもあるが主に使用するのは上記4つ。KORGが3/4を占める。

FFM2は在庫が無く試せなかった。欲しい時に試す事すら出来ないのは大変なストレス。

秋葉原~茅場町~日本橋と移動し、FEIと言う店に。

securedownload

ビクシ君をなんか可愛がってる家人も合流したいとの事で、3人で食す事に。

ジャンボ焼き餃子だの雛鳥の香味揚げだの海老とタラの芽の塩味炒めだの蓮根と牛蒡の黒酢の酢豚だの豆腐のカニ白身餡掛けだのその他諸々だのを食べまくる。

securedownload (2)
担々麺が大変に美味である・・・・らしい。苦手なので食べなかったけどw。

議題は

・ビクシ君の離婚~一人暮らしの快適さ
・再婚するならこんな人~B型女性に気を付けろ。因みにリーダー夫人はB型だ
・VRで見るエロ動画の効果と課題~一時停止。それはDIOの「ザ・ワールド」
・65インチ有機ELテレビの素晴らしさ~異次元の黒と異次元の大きさ。実物大以上で揺れる胸
・五十路セーラー服と言う性癖に問題はあるのか~あるに決まってるだろ

主にビクシ君を中心とした話題となったが、目的はFamicompの授受。

BlogPaint
(食事中の一コマ。Famicompに貼ったシールはビクシ君の今を表すメッセージ。因みに、割と優良物件ですのでご興味ある女性の方はライブにでもお越し下さい)

Famicompのファズ・モードは、不気味なぐらいフラットで、ビクシ君のプレイに合うと思う。てか、実際試した限り格好良かったし。

結局僕は20分も使わなかったな・・・・。

そんな土曜日でした。

で、次回作CD「Hotel Oregon Banquet」のドラムとベースの録音データが届いちゃったんだよなぁ・・・・どうしようかなぁ・・・・。