リーダー

リーダーです。

二十四節気で言えば立春を迎えるも、その寒さに春を覚えるを知らず。

然れども、ふと視線を上げた先には梅が花を咲かせ、その香りは早春のそれであり、春は少しずつ準備をしていると気付かされる今日この頃ですハウアーユー。

家人が髪結いで晩くなると言う事で、さすれば拙者が晩御飯を作ろうと思い、海老と浅利の炊き込みご飯を作ったは良いが、甲殻類が大の苦手である己が食べるものが無いと気付いたのは炊飯器のスイッチを入れて暫くしてからで、仕方なくどん兵衛さんを食した金曜日。

最近のどん兵衛さんは、スープの素が液体となっており、なんでもその袋をカップの上で温めて最後に入れろとの指南が包装紙に書いてあったが、「しゃらくせえ!」とパンクな気持ち純度100%で最初からぶち込めば、何の違和感もなく食べられて「勝ち負けで言えば勝ちだな」と思った自分の小ささにちょっと泣いた。そして胃もたれした。

胃もたれしてるってのに、以前お世話になった会社の方に頂いたちょこまんが美味過ぎて止まらないのである。

securedownload

「あー、やばいわー、賞味期限短いから食べなきゃだわー」との言い訳で、二桁手前まで食べ進んだワタクシ。脳内を巡るはThe Smithsの「Stop Me」。



土曜日。

歯医者の治療が未だ続き(と言っても隔週だから止む無しなんだが)、今回も麻酔無しでガリゴリと。

リーダー「うがごがあがうご」
歯医者「痛くないですがぁ?本当ですかぁ?」

と言う会話を本日も交わし、次回の予約を取れば「次回も麻酔無しですよねぇ?」とドSな視線で挑発する歯医者に「ええ、勿論ですよ。痛くありませんしねぇ」と返す好戦的性格のワタクシ。

勝ち負けで言えば痛みを与えられる分こちらが負けだが、「ここで麻酔なんぞしたら負けが込む事となる」と決意新たにしたワタクシである。無論、脳内を巡るは
The Smithsの「Stop Me」。

マンションの定期点検が10時に来る筈も来ず、確認の電話をしてみれば、話せど話せど会話がかみ合わずで混乱。マンション管理会社ではなく何故ドミノピザに電話をかけていたのか。何方か俺の行動を説明して欲しい。矢張り、脳内を巡るはThe Smithsの(以下略)。

結局行き違いが分かり後日と相成ったので、では三連休はごゆるりと。

実家に行く家人をお見送り。

別れ間際「お風呂掃除と明日の晩御飯の用意と段ボール捨てるのと冷蔵庫の整理宜しくね」と、俺に纏わる重めのイベントをあっさり言われ、荒んだ気持ちを落ち着かせる為に楽器屋巡りでも、と思えど、なんとも心地良い小春日和。

あまりにも心地良いので「今日は交通機関NG」をテーマに散歩を開始。

上野恩賜公園のぼたん苑に寒牡丹を見に行こうか、と思ったが、家人も見たがっていたのと、矢張り寒い日に見るべきが寒牡丹に思え、適当に歩き出したのである。

何とは無しに入り組んだ路地を巡り、梅の花を見たり・・・・

securedownload (3)

メジロを眺めたり・・・・

securedownload (2)

うん、まぁ、普通なお散歩です。「メジロってTube Screamerみたいな色してるのな」と思ったのは内緒である。

方向感無く歩いていたのだが、どうしてか着いちゃう楽器屋の王家の谷ことお茶の水。

「これも何かの縁よのう」と結局やっちゃう楽器屋巡り。

某楽器屋さんで、The Beatlesのデビュー曲が流れていたのだが、なんでこんな地味な曲をデビュー曲に選んだのか、と言うかThe Beatlesの歴史でも結構異色なナンバーに思え(作曲者のPaul McCartneyの曲としても異色じゃないか?)、なんでか頭から離れないのである(カップリング曲の「PS I Love You」の方がキャッチーに思える。そう言えば
「PS I Love You」は同名曲があったのでカップリングに回したとかだったっけ?忘れちったぃ)。

色々と回って今日一番目を惹かれたのは、Rickenbackerの330のFホール型(所謂「ローズ・モーリス・モデル」)1997の12弦。

1997は何度か見た事がありましたが、その12弦は初見でした。



上記は1993。1997はバインディングがない。

キャッツアイ・ホールよりFホールが好きなワタクシですから、出来ればローズ・モーリス・モデルのRickenbackerが欲しかったってのは内緒なんだぜw。

その後、場所を秋葉原へと移すワタクシ。

securedownload

神田明神の壁は、いつ見ても魅了される。凄く綺麗だよなぁ。

我が愛しのイケベ楽器リボレ秋葉原店でもMidnight BlueのRickenbackerは330に魅了されるワタクシ。

なんだかんだでRickenbackerが好きなんだよな、うん。似合わなくても好きなんだ。

特に何も買わずでしたが、Fuzz Face Miniのシリコン・バージョンが欲しい今日この頃で、物色して参りました。

ファズに関しましては、何度も何度も何度も何度も
何度も何度も何度も何度も試しては使い熟せずなワタクシですから、家人からもきつく「これ以上青竹以外で足で踏むものは家に持ち込まない事。特にファズ」と厳命されており、「こっ、これはファズと言うよりコンプレッサーだから!」と言う事で最近購入したFamicompは見逃して貰っている上に、家人と共有で使っているiPadでは家人のIDでログインしたままFuzz Face Miniを検索しちゃったもんだから、家人宛のお勧め商品メールでFuzz Face Miniが届いちゃって購入意欲がある事がバレており、もう逃げ場が無い。

別れ際に「まさかFuzz Face Mini買わないでしょうね?」と詰められたが、「答える必要はない(by花京院典明)」と曖昧に回答するも結局買わず仕舞い。Jim Dunlopさんには是非チューナー内蔵のFuzz Face Miniを発売して貰いたい。

Fuzz Face Mini以外で物色するは篳篥。



篳篥の音が好きでね、一度吹いてみたいのです。

和楽器で言えば笙も好きなんですが、あれは見るからに困難そうで、加えて温めて使うと言うのを耳に挟み、「温度で音が変わるとは・・・・ゲルマニウムのファズかっ」と突っ込んで諦めた。うん、「温めて使う楽器」は使い熟せぬ自信がある。

蘆舌もお湯で戻して・・・・とかあるんだっけ?

亡父が生前「父さん、虚無僧になる」と突然の宣言をし(理由はスルーして下さい。そう言う男だったと言う以上の理由はないです)、「虚無僧と言えば先ずは尺八」と尺八教室に通い・・・・3回で辞めて、その後尺八は孫とのチャンバラに使われていたが、遺伝子的に同じ道を歩む確度が高い気がしなくもない。と言うか、血は繋がらずとも遺伝子的に亡父に近しい家内の武器になる可能性も高い・・・・。

危険過ぎる。止めておこう。叩かれた時のダメージを考えて買うなら樹脂製にしよう。

その他、BurnsのCobra DXに惹かれてみたり



Epiphone製のDobroに目を惹かれてみたり



うん、どっちも絶対「買って満足してほったらかし」確実なギターw。それにしてもCobra DXのガレージ感は堪らないものがあるな。

ブラブラと帰宅した道中、立ち寄るはタチバナ製麺。

securedownload (1)

小売りの卵入り麺、可成りに美味で然も5個で400円、スープは一袋30円(税込み)。1食110円の素ラーメンはうんもうなんかこう・・・・取り合えず万歳なお味とお値段。てか本当に滅茶苦茶美味いんだよ。大好き。

帰り道の空は、雨を誘う空。この先に雨が待っていようが、何度でも見たい空であった。

帰宅すれば覚えのない番号から入電。

なんぞ?と応答すればマンション管理会社から、今から点検に行っても良いかとの打診。

やりたい事はあったがやるべき事は無く応諾し済ませる。

お世辞も入っているかと思うが、来て下さった方に部屋が綺麗だと言われる。

猟奇的な妻であるが綺麗好きな一面があり、まぁいつ人が来ても大丈夫な位には綺麗にしてくれているので助かる。

デメリットは、こっちも部屋を綺麗にする義務が発生する事。デメリットじゃないかw。

そんな訳で、お風呂掃除をしちゃったワタクシである。

日曜日。

夜の内に過ぎた雨は寒さを呼び戻す事も無く、今日も晴れた日中。

散歩の疲れか思いの外長い睡眠時間を取り体調万全なワタクシは、今日も今日とて散歩に出掛けるのである。

ビクシ君が「とんかつは和光に限る」とのつぶやきをしていたが、個人的好みではとん将が大きく上回り、それを確認しに行く事とした。

朧げな空の下、賑わう浅草寺を抜けるとそこは観音裏。

昔の花街の面影を少し残す待合所とか、遊女が逃げぬ様に作られたお堀の跡とか、まぁ、他の街には無い雰囲気がそこにはある。

少しばかり散策し、程良い時間と相成りとん将に突撃。

securedownload

頼むは安定の「ロースカツ定食」。今日は家人が居ないので、「真ん中の一番良いとこ」も自分で食べられる。

うん、矢張り僕には「とん将>和光」。

とん将は先ず肉そのものが美味いし、軽く揚げられているので胃もたれ感がないのも好ましい。

お一人様の女性客、家族連れに交じり只黙々と食す。

隣にあるので顔出さぬ訳には行くまいとNaked Guitar Woksへ。

「最近は本当にローズ指板が品薄」だの「(映画の)戦艦ヤマトは面白かった」だの、10分ほど業務妨害。

securedownload (1)

小園氏が処置していたギターは「魔改造とはこう言うものさ」を地で行く代物で、僕ごときを魔改造の人と位置付けるには烏滸がましさを覚えた。と言うかさ、あれ、弾けるの・・・か?

人混みを避け様と二天門から脱出。

securedownload (2)

浅草寺周辺は、少し道を外れるとすーっと人が居なくなる空間があり、その空間はなんとも心地良い。

securedownload (3)

見上げれば、早咲きの桜。染井吉野が満開の頃には散っているであろうこの桜に、なんとも寂しさを覚える。だが、それが好い。

春は近くにあるんですねぇ。

家人が帰宅するまで時間があったので、ルーからシチューを作ってみようと思い立つ。

牛乳が玉にならぬ様ゆっくり温めてみたり、バターと小麦粉を焦げぬ様慎重に溶いてみたり、灰汁を救ってみたり・・・・まぁ、料理ってのは中々に楽しい。

そんな土日で御座いました。

で、だ・・・・。


































securedownload (4)

これ、どーしましょーかね。