リーダー

リーダーです。

本日は、何となくこんなん聞きながら。



このアルバム初めて聞いた時に、「YMOみたい」と思った僕が居るのだが、聞き返してみてもやっぱそう思うのは何故だろう。

パブロックは時々聞きたくなる。暑苦しい時に聞きたくなる事が多い。

暑苦しい×暑苦しい=涼しい

となる事は皆無で、暑苦しさが増すだけなのだが何故聞きたくなるんだろう・・・・。

暑さが増すと、この辺が流れ始める。





あぶらだこは、ベースの大先生も聞かれる。

・・・・バンド内にあぶらだこ聞く人間が2人居るってどうよ?どうなんよ?

Twin PeaksのThe Retrunを4話まで見る。



ううん、面白いんだけど、Twin Peaks臭が薄くて・・・・もっとこう、「あの感じ」を味わいたいんだけどなぁ・・・・。

「あの感じ」とは、回収されない伏線とか、意味が分からないサイドストーリーとか、いやに個性的な脇役とか、そんなん。

まぁ、面白いから良いか。

4話までは先行放送、本放送は7/22から。

楽しみで、ある。と言うか、続きが気になってならぬ・・・・。


さて、話は木曜日から始めなくてはならない。

足を、怪我した。正確には、膝に血が溜まった。

NYのアッパーイーストにヒップなクラブが出来たとの事で先の休日に訪れたのだが、ついハイになり過ぎて足を捻ってしまって・・・・と言うのは言うまでも無く嘘で、通勤時、偶々座れた(と言うか混んだ電車で目の前の人が立ったので座らないと迷惑と思料)ので座ってみれば、目の前には妊婦さんがおり、流石に譲らねばと席を譲れば、混んだ電車で無理して譲ったのが災いし足を捻り膝が腫れ上がる。

膝には古傷があり、過去も水が溜まって病院で処置をした事があり、では今回も・・・・と思うも、仕事に目途が立った木曜日午後は何処も休診だったりなんだりラジバンダリでじぇじぇじぇとなってびっくりぽんでガチョーン。

接骨院でも治療出来るのか・・・・と、近所の接骨院に恐る恐る行って施術を受けてみたのだが、瞬間的にはよくなるも数時間でさらに腫れ上がり、痛みで眠れぬ始末。

「だいじょぶー?しんぱーい」と言っていた家人はベッドに入って2秒で入眠。この人、世界をバキッと二つに分けたら松居一代と同じ方に入る気が凄くする。

金曜日にはいよいよ歩行も困難となり、こりゃ堪らぬと休日を頂き近所の総合病院の整形外科へ。出掛けに「今年は織姫に会いに行けないっ」と家人に言えば「そーゆーのいいから」と追い出される。

総合病院はあっち行け、こっち来い、次はそっちだ、はい暫く待て、が常と諦めていたのだが、早めに行った所為か午前中には終了(ま、それでも治療20分待ち時間数時間だけどさ)。

待ち時間が長かろうとエフェクターの本を持参し読んでいたのだが、周囲に大変奇異な目で見られた気がしたのは気の所為だと思いたい。先生にも「エフェクターの踏み過ぎで膝を痛めたんですか?」と聞かれる事無く、水(と言うか血だけど)を抜いて終了。「救急レベルの症状ですよ?」とお医者様に言われたが、「それを我慢出来る俺ってかっけー」と己を鼓舞して病院を後にする。

痛みは引かぬも、土嚢を膝に巻かれた様な違和感から解放され気分は晴れやか。「数日は患部を冷やして安静に」と言われたので、残念ながら楽器屋は回れず。と言うか、杖とかあれば行けたんじゃないか?

膝以外は大層元気な訳で、帰宅しても暇で堪らぬ。余りの暇さにベランダの朝顔の葉っぱの数を数えてみようと数え始めたが、8枚目で我に返った。

では、Takayuki君から送られた前回の練習の録音物でも聞こうか、と聞いてみれば、「もうちょい何とかならぬのか」と思える出来栄えも、吾輩のギター・サウンドが中々良く「流石、俺」と思わざるを得ません。

ま、殆ど聞こえないんだけどw。

それにしても、アレンジはもーちょい頑張らねばだなぁ・・・・と言うか、やっぱり曲そのものも、今一な物が多い気が・・・・。

暇に任せて次回練習のお足元を彼是と考察(足痛いんじゃなかったんかい)。結果、こんな感じで。

securedownload (4)

BBB11(Lovepedal)~ファズ兼ゲイン・ブースター

Fulltender(Jersey Girl)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

Phase100(MXR)~フェイザー

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター

なんか・・・・見た目が落ち着き悪いなw。

えー、久々に、BBB11を持ち出してみました。

BBB11、ファズなんですが、サスティンがそこそこあり、低域を抑える事も出来、まぁ、使い易いファズです。

ゲルマニウム(OC76)とシリコンのハイブリッドで、真ん中のBlendを上げて行くと、低域が出て来る感じです(ゲインと連動性があり、一概にはそう言えないけど)。

因みに・・・・

securedownload
securedownload (1)
(BBB11添付の設定表)

設定次第で、オーバードライブ、Fuzz Face、Rangemaster、MKⅡのサウンドが出る・・・・との事ですが、なんちゃってな感じではありますw。
MKⅡは特に・・・・。



ファズが使いこなせないワタクシですが、BBB11はそんなワタクシでも使い易いなぁと感じるファズ。

ファズの使い難さって、低域がモーモーと鳴る事による抜けの悪さ、サスティンの無さ、と思うのですが(と言うか僕はそうです)、BBB11は適度にサスティンがあり、調整次第で低域を削る事も出来る上に、ファズらしいジリジリした質感もある。

今回これを持ち出したのは、前回Modern Fuzz(Fuzz Face系)を使用した際に、やっぱりその抜けの悪さにううんとなったのですが、その辺を調整出来るBBB11なら上手く纏められるんじゃないかと期待して。

加えて、AT130のリアを選択し、Fuzz Face風味の設定で合わせれば、古臭いサウンドが得られてそれも好きだったりする。

この位置には、Jan Rayを入れてもいいかなと思う。前回、いつもと違う練習スタジオでの練習だったが、クリーンで弾くには線の細さを感じるアンプで、そう言うアンプを使用しなくてはならない時の補正に。

その場合はファズのサウンドを捨てる事になるが、まぁ、どうしてもって訳でも無いし・・・・w。

歪みのメインはFulltender。ベースの大先生に「ハイがきつい」と言われたが、録音物を聞く限りそうでもないと思う。立ち位置の所為もあるだろうし、ベースの大先生もビクシ君もと兎角低域をふんだんに出すので(Modern Fuzzを諦めた一番の理由w)、これ位出さないと抜けないとも思う。音量も、決して大きくはないと言うか、多分僕が一番控え目に出している。

コーラスは、CE-5だが、ここはCE-2にしようかと迷っている。BOSSのコーラスペダルは、歪みペダルとの相性って絶対あると思っていて、家で試す限り、FulltenderにはCE-2の方が合う様に思え・・・・。

フェイザーはPhase100。ちょっとおかしなPhase100なんだが、結構気に入っている、が、MXRの復刻版(?)のペダルの筐体の重さは本当に嫌だ。ノックダウンしようかしら?どーせIntensityのマークと連動してないし・・・・。

タカチの筐体、センターポンチ、ドリル、リーマー・・・・・5,6千円でノックダウンは出来そうだが、その手のツール買うと、いよいよエフェクターの自作始めちゃいそうで怖い。

ブースターは結局micro amp +に戻した。

ボリュームを絞った際に音が出なくなるブースターと、そうでないブースターがある。

前者の方が音質変化が少ないと聞くが、一方最大出力は固定されるので、「もうちょい音を上げたい」をする為にはペダルのボリュームを弄る必要がある。

後者は、インプットに対してどれだけブーストするか、なので、インプット・ゲイン次第(歪んじゃう事はあるけど)。

過去幾度も書いたが、フジコ・オーバードライブは曲毎にバンドの音量が結構変わる。

「あの、この曲僕がメインで弾くので皆様音量少し下げて下さい」との意向を斟酌してくれるメンツでもない。

故に、音量は曲毎に小まめに変える僕なのでありまして、「最大音量が固定化される」のはちょい不便。

Sex Driveはそう言うブースターなんで、サウンドや操作性は好きなのだが、やっぱりmicro amp +の方が使い易いや、と言う事で戻してみた。

僕は「アンプをブーストする為にブースターを使用する」って事は無い。「音量を稼ぐ」為に使用している。

そんなワタクシがブースターに求めるのは「音の抜け方」。音量を稼ぐ=リフやソロで自身の音を目立たせる、なので。

micro amp +はそれに非常に適したブースターに思う。うん、良いブースターです、これ。もっと人気出て良いと思うんだけどなぁ・・・・。



土曜日

患部は凡そ回復も、結構な量の水を抜いたが故か足に怠さを覚え、且つ腫れも残る。左膝を庇って歩いたので変な所も痛い。と言うか、水が抜け切れていないのかなぁ・・・・10倍痛くても構わないから、ちゃんと抜いちゃって欲しいのだが・・・・病院行くのが面倒なんだよなぁ。

「数日安静に」と言われるも、治ってるかもとの淡い期待もあったがそんな感じ。遠出は出来ないかと諦め、マンションの踊り場から目の前の通りのお祭りを眺めてみる。

ブラスバンドのパレード、交通安全を呼びかける警察のド派手なサイドカーの行進等があり、中々に楽しい。猫が窓から外を眺める気持ちが分かった気がする。

この時期のお祭りって事で、例年どこかで雨が降るのだが、その気配の無い天気。

「屋台の味は母の味」を自任するワタクシ、焼きそばだの焼き鳥だの玉こんにゃくだのの匂いに我慢が出来ず、少しばかり散策。

BlogPaint

祭りと言うのは、良いものだ。

並ぶ提灯に郷愁を覚えるのは幼少期の盆踊りがあるからか。

小泉八雲が記述する盆踊りには、たわやかで幻想的なイメージがあるが、八雲が見た盆踊りを見たいと心から思う。

盆踊りと言うのはどこか異様な感じはある。僕が感じる異様さは、盆踊りそのものではなく、その周辺の光が当たらぬ個所である。何かあそこには、人知の及ばぬ者が居そうな気配がある。

そして日も暮れて。

WOWOWさんで、シン・ゴジラを見る。



シン・ゴジラ、は、珍しく映画館でも見たんですが、やっぱ非常に面白い。

石原さとみがミスキャスト、との話もあったが、ミスキャストと言うか、なんとも好感が持てぬキャラで、誰がやってもあーゆー感じになる・・・・のか、若しくは演者次第で評価されるのか。

ま、印象として残ると言うのは映画のキャラクターとして成功なのかも知れぬ。

「ゴジラが出現する」と言う前提以外、リアルな感じで描かれているものの、市民のパニック感の希薄さと冷静過ぎる政府関係者の描写には「現実だったらこんな感じなん?」との違和感は感じた。俺だったら7千倍は慌てる。

さて寝ましょかね、と思ってたら、新海誠の「言の葉の庭」が放映されてて何となく見てしまう。

139722553403312222225_kotonoha

ストーリーと世界観はピンと来なかったが、空の描写が美しくて驚いた。最近のアニメーションは、現実よりも美しい自然が書けるんだなぁと感心。ああ、アニメーションのみならず、ハイビジョンなんかは、現実よりも綺麗だと思う。見ると言うレベルではなく体感レベル。

日曜日

余りの暑さに目を覚ます。腹立たしい程に暑い。

早朝と言っても良い時間に目が覚めたのでTVを点ける。早朝のTV番組が好きなのである。

ナレーションが非常に少ない風景番組とかを見ようかと思ったが、「沖縄戦・遺族からの357通」なる番組をやってて、何気に全て見てしまう。

早朝から見るのはちとヘヴィな内容であったが、興味深い内容でもあった。

父方母方共に、親族に太平洋戦争で亡くなった人が居ないのであるが(僕が知る限りだけど)、太平洋戦争で旦那様を亡くされた方が営む小料理屋があって、周囲の人が定期的に意図的に食事をしに行ってたのを覚えている。

そう言えば亡父も、戦争ではないが旦那様を亡くされた知り合いの飲み屋に週一で通っていた。帰宅してから「あ、今週行くの忘れてた!」と着替え直して出掛けていたのを覚えている。ほのほのエピソード。

足の方は相変わらず。

火傷をした時に水膨れが出来るのは患部を冷やす為だそうで、同様な事が僕の膝で起きているらしい。

対処としては安静と患部のアイシング以外無し。痛み止めも処方されたが飲まずにいる。痛くないが故に無理しちゃって悪化するのが嫌なので飲まないのだが、止む無く本日も、祭りの屋台に軽く顔出すのみ。玉こんにゃくは今日も傷付いた俺を屋台へと誘う。

NHKさんでSherlockの新シーズンをやっていたので録画しておいたのを見る。



名作「六つのナポレオン」がモチーフも、話自体は結構ダークな展開。

さて、次はどーなる事やら・・・・。