リーダー

リーダーです。

花を好む家人が買って来たのは向日葵。

securedownload

花器に刺された向日葵と言うのは見慣れぬ存在って、もう向日葵の季節なんだなぁ・・・・暑い訳だ。

金曜日。

家人が夏風邪を患い、「風邪と言ったら鍋焼きうどんでしょう」と言う事で購入し家人に供したのだが、なんだろう・・・・鍋焼きうどんと言うものは何故かくも食欲をそそるのか。

家人に供する為に火にかければ、其処から漂う食欲を刺激する匂い。

己は己の好みの晩御飯を食したにも拘らず、「一口、いや、2/3頂戴」と言いたくなるのを抑える為、「OD-1、SP-1、PH-1・・・・」と、俺は歴代のBOSSのエフェクターを数えなくてはならなかった。

サンキュー、ボス、お陰で自制心を取り戻せたぜ。

家人が早寝したのが眠くないワタクシ。何気なくTV見てたらWOWOWさんでTwin Peaksやっててついつい見てしまい思いがけず夜更かし。

やっぱり、Twin Peaksは面白いなぁ・・・・。

25年後のTwin Peaksを描いたドラマが近々放送される為の再放送。



それに伴って「Twin Peaksの魅力を語る」みたいな企画物も放送されていたのだが、この手の番組は悉くつまらないと思うが需要はあるのだろうか・・・・。

土曜日。

家人の体調は回復基調も、土日はゆっくり過ごしたいとの事で、では拙者は楽器屋・・・・と思うも、AT130の歪みサウンドに満足が行っていない夏至を過ぎた初夏の頃、僕はAT130と手持ちのペダルを抱えて近所の雑居ビルにあるスタジオに籠ったのである。

securedownload (5)

長く急な階段を上れば、そこはスタジオ。眼下の入り口の外光は夏のそれ。こんな景色に、不思議と郷愁を覚えるのは、母方の祖父母の住まいを思い出させるからだろう。

securedownload (1)
(スタジオで一枚。自撮り中年って言い様も無い不快感があるなと撮って気付いた)

持参したペダルは以下の通り。

securedownload (1)

右下から時計回りに・・・・

RC Booster
Trad Note
Jan Ray
Galea
Mini Bi Comp
Eternity
Fulltender
White Sands
SP Compressor
Landmighty

であります。

此処でも書かせて頂きましたが、クリーン・サウンドと歪みサウンドを切り替えた際に感じる音痩せ感を、コンプレッサーかJan Rayを常時ONにする事で対応しようかと考え、その前提で合う(=音痩せを感じさせず好みの歪みサウンドが得られる)歪みペダルはなんぞね、との試行錯誤。

と言う訳で・・・・

securedownload (2)

SP Compressor、Mini Bi Comp、Jan Rayは繋ぎ、その後段のペダルを彼是と換えて音作り。

先ずはクリーン・サウンドでどれが一番良いかを確認。

そこで得た回答は「強いて言えばMini Bi Compだが何もかけない方が良い」と言う、どうしようもない回答・・・・おぉいぃ・・・・。

SP Compressor=原音とのブレンド、帯域の調整が可能もノイズが多く辟易
Mini Bi Comp=パキッとした感じが心地良いが鼻詰まりな感じは強く、アンサンブルで引っ込みそう
Jan Ray=背面のSATを絞ると音像がクリアになるも、魅力的なドンッとなる低域も抑えてしまう

この時点で、心が折れそうになる。だって、「これなら上手く行く筈!」と言う前提が今一なのである。

折れそうな心を超人的な精神力で支え、「歪ませっぱなしの曲では、上記3つのペダル+持参したペダルで良い音が出るかも知れぬ」と己を奮い立たせる。「こんな所で死ぬ訳にゃあ行かねえんだよ」とカッコイイ台詞を吐き、ふと鏡の中の己と目が合えば、其処に映るは不細工な中年。いよいよ心が折れそうになる。

そんなこんなで出た結論。

「Fulltender単体で良いじゃん」

でありました。

前回の練習で、ドラムのTakayuki君が「もっと音圧があって良いし、もっと抜ける音であって良いと思う」と言われ、それが頭に有った。

AT130は、様々な改造を施してあり、フロント・ピックアップは、コイルのターン数を減らしP-90にしてはブライトな音色ではあるが、リア対比で未だ音量が大きく、且つ低域が強く出る。

リアとのミックスでクリーンを弾けば、フロント・ピックアップのハッキリした低域と、リア・ピックアップのブライトな高域のバランスが良く、最高に心地良いサウンド。

一方、歪ませた際には、低域がバリバリと出て来て、スムースな歪みサウンドが好みのワタクシには手に余り、且つ、クリーン比で弱くなる低域に音痩せを感じてしまっていた。

練習では、フロントのボリュームを少々絞っていたのであるが、そうするとクリーンでは魅力的な低域が得られず、その解決案としてコンプレッサーかJan Rayをと思っていたが、矢張りフロントのボリュームを絞らねばスムースな歪みではなく、且つクリーンの気持ち良さが低減され、なんとも歯痒かったのである。

で、Jersey GirlはFulltenderはと言うと、単体でも、フロント、リア共にフルテンであっても、その両方のスイッチをONにした際のサウンドはクリーン比で音痩せを感じさせず、且つバリバリとした感じも無く、僕の好みのスムースな歪みサウンドでありつつも、Takayuki君の希望であるサウンドをも(多分)得られたのである。

Fulltenderのスイッチは、高域を出すEdge、低域を出すBottomのON-OFFであるが、イメージ的に低域が出るAT130でBottomをONにしたら低域が五月蠅かろうと思ったが、Edgeも併せてONにすればビンビンとした低域が心地良く出て僕を喜ばせてくれた次第(単純な高域、低域の調整ではなく、相互作用があると思料)。

こう書くと、それなら入手してみようかな、と思われる方いらっしゃるかもですが、このペダル、合わせるギターでニュアンスが結構違います。ある意味、ギターのサウンドをスポイルしないサウンドとも言えます。ギターのキャラクターのままに歪ませる感じです。

このJersey Girlと言うブランド、野村義男氏と交流が深く、氏はエフェクターに極端さを期待するらしい。

で、このFulltenderであるが、その極端さは音量にある。兎に角音がでかい。且つ、ブラインドでON-OFFする事が多いワタクシには、構造的にノブに触れてしまう事があるのだが、このノブが又動き易いのである。

と言う訳で千石電商へ出掛け、足が触れても動き難そうなノブに交換してみた。

securedownload

加えて・・・・

securedownload (3)

これ
も着けてみた。うん、これ着けておけばノブ交換不要だった・・・・かもw。

うん、これで完璧・・・・と思えば、うん、なんかスイッチの調子が悪く、「ホワイ何故に?」と矢沢風に考えて思い出した。

「貸して却って来た時にスイッチのワッシャーが無くなってたんだ」

何か知らぬがスイッチのワッシャーが無くなってて、スイッチが筐体に沈んだ状態であった。「一体どう使うたらこんなんなりますんや?」と京風に憤りつつ、他のペダルからワッシャーを転用したものの、矢張り何処か無理な使用が多々あったのか、スイッチ周りの調子が今一。


(貸したのはこのバンドのボーカル。この曲、凄く良い曲だよなぁ・・・・てか、ギター二本とも僕が上げたんだよなぁw)

さて、どうしよう・・・・個人工房だし、修理は出来るのだろうか・・・・?ま、暫く騙しながら使ってみようか。

余談であるが、Galeaは・・・・やっぱり好みでは無かった。これは売却するでしょう。入手時に感じた好みじゃない感じ、は、スタジオで試しても変わらなかった。

良かったのはWhite Sands、Landmighty、Jan Ray、そしてEternity。特にWhite SandsとLandmightyはどちらも良かった。

Fulltenderが無ければどちらかを使用していたと思う。両者には、良い表現ではないと思うが「独特の軽さ」があり、音圧を求めない、避けたいとの事であればこれらがベターでしょう。

securedownload (3)

と言う訳で、中々楽しめた個人練習(?)でした。

次回練習は、こんな感じで行こうかと思う。

securedownload
(この後、Sex DriveにもBearfoot Buttonsを着けました)

Fulltenderの前段にRC Booster・・・・とも思ったが、宮地楽器さんがモディファイしたCrybaby Miniを入れてみた。

ファズとか、トレブルブースターなんかも良いなぁと思いましたが、ベースの大先生の曲でワウを使いたいなあと思う曲があり、暫定で入れてみました。

ワウは、上手く使えないんだけど・・・・いや、それ以前のテクニックが無いな僕はw。

帰り道、近所の商店街で豆腐と鶏のから揚げを購入。

未だ手作りで作る豆腐と、個人商店の焼き鳥屋さんの鶏のから揚げ。どちらも美味で時々買うのだが、店主のおじさんがギター持っている僕を胡散臭そうに見るのが中々面白い。購買層に無い客なんだろうなぁw。

僕は鶏のから揚げにソースをかけて食すのを好むのだが、家人からは不気味がられる。そう言えば、周囲で同様の事をする人はいないなぁ。

帰宅し、新シーズンが始まるSherlockの再放送を見る。

うん、やっぱりメアリーは、ミスキャストだと思うんだ・・・・ごめん。

新シーズンはパイロット版を見るに、ダークな感じで・・・・期待大。



楽しみだなぁ・・・・。