リーダー

リーダーです。

「悪気は無かった」との台詞が好きではない。

失言をしてしまい、謝罪と併せて「悪気が無かった(&申し訳ない)」と言うニュアンスなら良いのだが、僕が好まぬのは「悪気が無かった=悪気があってやったんじゃないから許して然るべき」な「悪気は無かった」である。

何故好かないかと言うと、その台詞の裏に「悪気が無いのに怒る貴方が悪い」を感じる事があり、恰もこちら側に非がある様に感じさせる、非常にズルい言い回しに思うからである。

その手の輩は、往々にして「怒らないで」等とも言う。

怒らせておいて「怒らないで」とは如何な所存でのたまうのか、その様な台詞を躊躇なく吐けるその精神構造が甚だ理解出来ぬ。

そこは「気を付ける」と言うべきところであろう。それをせず「怒らないで」と言えるのは、「改善する気は無いので今後もこの様な事がありますが怒らないで頂きたい」と言う主張なのだろうが、まぁ、そう言う訳には行かないよねぇ。

同様に「そんな気は無かった」と言うのも宜しくないと思う。

なので反省はしているんだ。

と言う訳で、「買う気は無かった」エフェクターの紹介。うん、僕は弦を買いに行った筈だよね?

securedownload

はい、VEMURAMはGalea。

興味はあったが高額で買う気はなかったペダル。某所で可成りお安く入手しました。

先ずは、動画をば。



うん、この動画、凄く良いですねぇ。

ギターのサウンドを詳細に伝えた上で、Galeaの設定を色々と変えていて分かり易い(ギターの紹介も含めた頁だからかも知れませんが)。

どの動画とは言わないが、「てか、アンプをブーストさせてんじゃん」ってな状態で紹介している頁もあり、Galea単体の紹介にはなって無いなぁと思ったものもあり。・・・・あれはミスリードだと思うんだ。

ま、それは兎も角・・・・。

操作性は簡単ですが、Level、Gain、3バンドのイコライザーの他・・・・

securedownload (1)

側面には、飽和した感じ(倍音と思料)の調整をするSAT、ゲインの調整をするDRVと言うトリマーがあり、汎用性は可成り高い。換言すれば、作り込んで好みのサウンドを得るのには時間が掛かるかと。

軽く試した際は好みの音が得られずで、とは言え汎用性が高いので、あれこれ弄ればスィートスポットを見付ける事は出来るだろうと入手しましたが・・・・、AT130との組み合わせでは、正直、あんまりピンと来ていないと言う・・・・w。

結論から申し上げますと、飽和感を調整するSAT(サチュレーションですね)で、もっとすっきしとしたサウンドが得られないかなと思っちゃったんですよね・・・・。

「Jan Rayのゲインアップ・バージョン」は、ユーザーの希望があり(僕もそれを期待した)、その答えがこのGaleaかと思うんですが、多分ユーザーの趣旨は「Jan Rayでアンプをブーストさせたサウンドをペダル一つで再現」に思え、VEMURAMさんの回答は「Jan Rayの(単純な)ゲインアップ」で、なんかこう・・・・違うんじゃないかと。

線が太くなるJan Rayをゲインアップした場合、飽和した感じが出て、SATでそれを調整しつつ、イコライザーでも帯域を・・・・と探っても、どうも僕には「もうちょっと、こう、この飽和感をスッキリさせたサウンドが出ないものかなぁ」と思ってしまった。

イコライザーの調整で、低域を削ると良い感じになるのですが(SATとDRVは全て絞った状態)、それによって下がった低域を良い感じまでボリューム、ゲインで上げて行くと、今度は下げていない帯域が目立ち過ぎて、なんかこう・・・・「帯に短し襷に長し」、と。

AT130の所為かなと、Stratocasterでも試しましたが結果は同じ印象。ううん。

SATを絞ると、アタック音が強く感じられ、そこも正直余り好みじゃなかったり・・・・と、まぁ、甚だ私見なのですが、僕には現時点では魅力を見出せないペダルなんです。

Jan Rayは、線を太くするニュアンス、アンプを気持ち良くブーストさせるブースターとして高く評価しているのですが(最後段に繋いでアンプをブーストさせないブースターとしても好み)、Galeaは僕には手に余る感じ、です。アンプをブーストさせるなら、Jan Rayの方が気持ち良いし・・・・。

で、変な話ですが、「Jan Rayでアンプをブーストしたサウンドが単体で出せるペダルが欲しい」との事でしたら、僕ならLovepedalのEternityにするかと思います。

入手しても、好みじゃないペダルは書かない様にしているのですが、これは敢えて書いてみました。

と言うのも、「あ、それだったら寧ろ好みだわ」な方がいらっしゃるペダルにも思うんですよね。実際、ローカット・コンデンサーがかまされたRickenbackerは360C63のリアとの組み合わせは、ライブ前に入手していたら使っていたなぁと思わせるサウンドだったので。

以上です。

明日は時間があれば近所のスタジオに入って、AT130の音作りをしようと思っているのですが、このペダルも持って行って試そうかと思います。

+αあれば、追記で書かせて頂きます。