リーダー

リーダーです。

さて、GW、ですね。

GWと言えば、思い出すのが桜。

「何を馬鹿な事を言っているんだこの汚染物質が!桜はとうに散ってるだろがっ」と罵声を浴びせる前にこちらご覧下さい。

18年間生まれ育った故郷(と言うか正確には違うけどご容赦)では、今時分に桜が咲く。

亡くなった叔父に誘われ、この時期渓流釣りに行く事を常としていたのだが、その道中で桜をよく見掛け印象に残っている。

「桜は不気味で好きじゃない」と以前書いたが、最近は好きだ。

不気味に思った理由は、まぁ、色々とあるし、過去に書いたので割愛。

桜は、今でこそ国花扱いされるメジャーな花だが(実際に日本の国花は定まっておらず、「菊と桜」が不文法的に国花とされている模様。国石は「水晶」と定められているのにねw)、日本全国に広まったのは意外と新しく、日露戦争の勝利を願っての献桜で、日本全国で苗木が大量に植えられて、と言うのを聞いた記憶がある。そりゃ、戦争に桜のイメージがある訳だわ。

ま、それは兎も角・・・・。

GWで御座いますね。

GWは一度家人と日光に行ってその混み具合に辟易して以来「GWに観光地に行くのは止めるで候」と、夫婦間で珍しく意見が一致し、ゆっくり過ごすのを約束としている。

そんな訳で、例年のGWは家人の実家に日帰りで顔を出す程度に止めているのであるが、このGWは所用で家人が二泊三日で帰省する事と相成り、寂しい振りをしつつ「何して過ごそうか」と脳内のタコメーターが早くも振り切れているのである。

さすれば、先日入手したAT130の改造を・・・・と思い、そのパーツ集めを、家人が友人と飲みに行って遅くなると言う事でレッドブル無しで翼を授けられた5/2からボチボチと始めたのである。

と言う訳で、5/2の会社帰りに入手したのはこれら。

securedownload

securedownload (1)

そう、GOTOHのマグナムロック式のペグ、SD90-MGと、Freedom Custom Guitar Reserchのロック式のブリッジ、Lockable Bridge SP-B-01Nである。どっちも「ロック式」であり、どちらも定価では無くお値打ち品と中古品と言う・・・・w。

ペグは、まぁ何度も書いていますがこのペグが好きなので購入。仕様変更前の箱だったのでお安くなってたので飛び付いた。ボタンは白。不人気色なんだろうなw。

securedownload (1)

マウントされているのはSD90の白なので・・・・傍目には交換が気付かれないのが悲しい所ミソである。

ヘッド角度がきつい所為か、シャフトへの巻き数が多い弦は少々きつさを感じ、交換しなきゃと強く思った次第。

ブリッジはロック式のブリッジで、G6120DCにもマウントしたFreedom Custom Guitar Reserchさんのそれ。G6120DCにはチタンの駒のを選択も、秋葉原HARD OFF楽器館で中古入手したのはニッケルの駒の物。拘ってじゃなくて、安かったからw。因みにナイロン駒の中古も売っていた。足繁く楽器屋巡りをしていると、どの店で何が売っているか、結構把握出来ていて宜しい(?)。

現在マウントされているブリッジはGOTOHさんので、互換性は確認済み。交換を目論んだ理由は、弦交換の度にブリッジが外れるのは物臭な僕には耐えられぬからである。1本ずつ交換すれば外れないが、弦交換の際には清掃したいので弦は全部外すワタクシ。その都度弦高調整とか、面倒臭いったらない。

中古品で溝が合うか懸念したが、まぁ、その辺の処理も
Naked Guitar Worksでやって頂けるだろうし、NGだったら駒を交換しようと思う。

で、改造と言えば今回、ピックアップ交換はしないでおこうと思っている(現時点では)。

理由は、サウンドが良い事に加えノイズが滅茶苦茶少なくて、交換したいと思えないのである。

サウンドについては、ネックの太さの影響もあろうかと思うが、そのノイズの少なさに驚いて、「これでハウリングしなければ言う事無しだな」と思ったからである。

ノイズの少なさについては、此処でも書かれているが、このノイズの少なさはちょっと感動である。どこのメーカーの品なのだろう・・・・国産に拘ってって事だから、GOTOHさんの様な気がするのだが・・・・。

因みに、Walkin'さんに伺ったところでは、Lindy  FlarinのP-90とDuncanのAntiquityのP-90は所有者の方で交換した実績があるらしいが、ネットで値段とか調べちゃ駄目だぞ、調べるんじゃないぞ>俺。

ま、ピックアップ交換って、実は他のパーツ交換程その効果を実感する事少ないんですよねw。今までピックアップ交換して感動したのは、Grinning Dog Studioさんのだけだなぁ・・・・あ、P-90タイプ、売ってるのか・・・・ほう、蝋漬けもしてくれるのか・・・・国産に拘ったArchtop Tributeに国産のGrinning Dog Studioさんのピックアップの取り合わせ・・・・これは渋いんじゃないか、とか、考えちゃ駄目だぞ?>俺

その他交換したいのは、ポットをCTSのミリサイズのそれに、ジャックをSwitchcraftに、0.10~0.46に合わせてナットを交換し、ピックアップを蝋漬けし、を考えてるのだが、これらのパーツはNaked Guitar Worksでも入手出来るので買わずに。

では、明日家人を見送って早速・・・・と思っていたら5/3はNaked Guitar Worksがお休み。

Naked Guitar Worksの私設スポークスマンを自称するワタクシの許可無しに休むとは如何であるかと怒髪天を衝く思いに駆られながらこの場末Blogを更新している。

5/4は義実家に行くので行けないし、5/5となってしまうではないか・・・・ふざけるんじゃないっ。

こどもの日を前に子供染みた怒りで、今日のBlogを締めたいと思う。明日は、どうにもこうにも気に入らぬスイッチのつまみを買いに行くと言う、ニッチな行動をしようと思っている。需要はゼロだろうが、更新する予定で御座います。