リーダー

リーダーです。

ヴィンテージ・ギターに対する礼賛から、それを凌駕するハイエンドなギターとヴィンテージ・ギターの復刻版みたいなスタンスのギターが出て来て久しいが、そこにあまり興味が湧かないのは、手の付け様が無い完成品を渡される事に対する抵抗がある様に思う。

僕は、バンドをやっていなければギターは殆ど弾かないギター弾きであり、まぁ言ってみれば「バンドやりたいからギター弾いている」に過ぎない訳で、求道者たる資格も要素も全く持ち合わせていない。

家で真剣にギターを弾く時、ってのは、好きなロック・ミュージックのカバーより、寧ろこんなのを弾いている事が多い。



それも別に完コピなんぞせず、しかもギターはGretsch使ったりで、適当に弾くだけ。

「あのミュージシャンのあの音を!」ってなスタンスは皆無で、「バンド内での位置付け的にこうだよな」が興味の主軸である。

一方、「常にパルス状態」なビクシ君&Parkerと言う組み合わせに「自分の立ち位置もなんも無いわ」と思い悩み、であれば飛び道具!とFuzz Factoryを使ってみれば、曲中にビクシ君にOFFにされ、RATを使ってみれば「そう言う音は僕が出しますから(引っ込んでて下さい)」と言われるに至り、「はて、ワタクシのレゾンデートルは何処に?」と立ち止まるも、答えなぞ端から無く、「ま、出来る事やろうか」と割り切り、「お、ビクシ君がバッキングに回っているか。では拙者はリフをば」とリフを考えれば、時にリフをパクられバッキングに回ると言う憂き目にあい、そんな状況に対応するに必要なギターは「汎用性があるギターであろう」と気付いたのはそう昔の事ではない。

然るに「汎用性」を求めエフェクターを彼是買ってみるも、「矢張りギターにも汎用性が無いとならぬ」とStratcasterを改造するも、遂には「ギターシンセサイザー」なるものまで導入し全天候型と化したビクシ君&Parkerと言う組み合わせには、どこまで汎用性を求めて良いのか分からないのである。

であれば、ビクシ君が最も出さないであろう音はなんぞ?と考え、シャリっとした質感はそう言えば出さないな、と思い、
Jaguarはそれに適しているかと、「安く仕上げるとか言ってましたよね?」と揶揄われて尚、反省の色無く改造を目論んでいるのである。

securedownload (1)

securedownload

Mastery Bridgeに交換して、もう弄るとこ無いや、と思っていた僕なのですが、矢張りネックの不満にもがいているのである。

Rがきつく、且つその塗装具合も気に入らないのであるが(因みに、「ラッカー塗装最高!」な見解は持ち合わせておりません)、リシェイプしようかなとか考えるも、その時間と工賃を考えると「そこまではなぁ」と二の足を踏んでしまうし、かと言って「ネックをオーダーしてみようか」等は考えておらず、大体に於いて「ジャガーのネック」はセミオーダーは勿論オーダー出来るのかも怪しいもので、出来たとしても「Mexico製のJaguar本体買った方が安かったんじゃない?」となるは必至で、「ギター用品の総合商社」たるのStewMacでも売っていない事実を鑑み、途方に暮れているのである。

そんな途方に暮れながらJaguarを弾けば、どうにもネック痩せによると思われるバリが気になり、加えて、3弦に嫌な感じのビビリがあり、こりゃあなんとかせねばならぬのう、と連日で観音裏に向かった訳である。

securedownload

securedownload (3)
Naked Guitar Worksの多田、小園両氏)

色々と相談出来るメインテナンス屋さんが近所にあると言うのは甚だ有り難いと思う一方、思い付いたがままに改造を施してしまう環境とも言え、果たして良いのか悪いのかw。

相談の結果、フレットのバリ処理の他、ブリッジを交換した事によりナット溝の微調整も必要では?と言う事になり(小園氏曰く「3弦のビビりはブリッジ交換による共鳴では?」との事)、Jaguarは1週間程の入院と相成った。 

フレットの擦り合わせもお願いしたが、まだその時期ではないと止められてしもうた。商売っ気無いなぁw。

1週間入院させるのであれば序に、と、配線材の交換もお願いする。

jaguar-wiring-diagram
こちらより引用)

変更したのは上記の赤と青以外の個所。

緑色のみギター配線材のド定番であるBeldenの8503の単線に、それ以外はクロス・ワイヤに。趣旨は、マスター・ボリュームからの出力をハイファイな8503にして、それ以外はロー・ファイな感じに、です。

「配線材の変更で音が太くなった」は「ハイ落ちしてます」とイコールに思うのだが、それがギターではNGではなく、音楽的になるのが面白い所。ハイファイであれば良いと言うものではない、は経験則で理解しており、経験則から上記に。

こんな頁を拝見すると、色々と試したくもなるものですが、結局は「バンドの中でどうなのか」なので、答えは風の中にあるとしか言い様も無く・・・・w。

ハイが出易い構造のJaguarでありますので、配線材でローファイな感じにするってのは大いにありだと思いますが、一方で、ショートスケールと張力の低さによる5、6弦のルーズさは解消されない訳で、まぁ、配線材だけでなんとかなるものでもないでしょう。

Jaguarの改造を考え、こちらの頁に辿り着かれた方は「で、結局どうすりゃ良いんだよ?」と立腹されるかも知れませんが、己の出したい音とギターの音を認識し、少しずつ改造しながら徐々に好みに近付けて行く、が、改造に必要な姿勢ではないかと、これは割と真面目に思うのであります。

と言う訳で、出来上がりは1週間後。故にこのネタは続きますです。