リーダー

リーダーです。

うん、やっぱライブタイトルは「来来来世~ワシの名は~」で行こう、うん。齢50が近くなって来たワタクシにとって前世などどうでも良く気にするべきは来世であると言うのをメッセージにしてみたのでどこぞの映画を模倣した訳ではない(訳が無い)。

♪「ワシの来来来世は~」と言うサビの曲を作って、杖ついてループタイして歌わせて頂こうじゃないか。どこからでもかかってこい>JASRAC。

僕はNew Orderが好きだ。

mig (4)

で、このNew Orderと言うバンド、なんせバージョン違いが多いバンドであり、その理由の一つは、前身バンドJoy DivisionのフロントマンであったIan Curtisを自殺により失ったってのはある様に思う。

joy_division_band

Ian Curtis不在により、「これが良い」と決定する人間が居なくなったからミックス違いが増えた、と思料する僕なのであるが、例えば僕が好きな曲の一つである「RUN」では、僕が知る限りで・・・・







これだけ御座いまして、リミックス入れると未だある訳で、もう何が何だか分からない。

ファン故に些末な違いを愛でてしまう僕なのであるが、ある意味「些末であるが故に愛でてしまう」ってのもある様に思える僕である。

ギターやペダルを交換する度に、「これ、どう?」と問い、その度にバンドメンバーから視線を逸らされ続けて早10年を経たが、バンドメンバーには些末事であっても些末な違いを愛でる僕であるが故に、その行動は留まる事を知らない。

リーダー「と言う訳だ、Jaguarのコンデンサーを交換してくれ」
N.G.W「・・・・仕事だからやれと言われればやりますけどね、もうちょっとこう、纏めて何とかならんかね?」
リーダー「出来るのなら僕もしている。出来ないから足繁く通う事となっている」
N.G.W「・・・・」
リーダー「朝、目が覚めると、なぜか改造したくなる。そういうことが、ときどきある」
N.G.W「?」
リーダー「
ただ、何かを改造したいという感覚だけが、目覚めてからも、長く、残る」
N.G.W「・・・・?」
リーダー
「そういう気持ちに捕り憑かれたのは、たぶん、あの日から」
N.G.W「・・・・元ネタは分かったからもういいや」

うん、俺見てないけどそんな台詞だったよな?相変わらずいい加減な文章であるが反省などしない。

と言う訳でJaguarのコンデンサーを交換した。

交換したのは・・・・

11232609_813207805428345_1433091866_n

上記、ロー・カットのコンデンサー(あ、因みに上記はワタクシのJaguarの配線とは異なります為念で)。

0.022μfから0.1μfへ。より「籠る」ニュアンスに。

僕の好みからするとやっぱり「ハイが出過ぎだ」と感じ、マスター・トーンのコンデンサーを0.033μfから交換しようと0.047μfへ交換しようと企んだのであるが、「ロー・カットをハイカットに変更すれば良いんじゃね?」との天啓を授かり交換に踏み切った。

コンデンサー交換の効果は、製品の違いによるサウンドの違いを感じるかは人それぞれだろうが(僕ですか?違うと思っているふりしてます)、容量の違いは流石に分かる。

交換の結果・・・・・は、うん、これは使えるでしょうってな感想を持ちました。

サウンドは、フィルターが掛かった感じで、歪ませると良い具合のニュアンス。又、「ちょいとハイを絞りたい」がスイッチ一発で出来るのは便利。マスター・トーンを絞った時とはちょい違うニュアンスが出て好ましい。

小さい音で弾いている時には些末事と言える差異だが、バンド練習での使用の音量では効果が得られそうである。

より効果的にする為に、もう少し容量が大きいコンデンサーでも良いんじゃないかと思うも、ギターで使うコンデンサーとしては一般的でなく、これ以上欲するのであればマスター・トーンのコンデンサーを変えた方がベターかも知れぬ。

てな訳でこのスペックで次回練習に乗り込もうと思うも、次回練習は録音と言う・・・・w。

色々引っ張って申し訳ないのですが、改造Jaguarを試せるのは、2/18となりそうです。