リーダー

リーダーです。

本日は、可成り久し振りに「The National」なんぞを聴きながら。

 

ハイハットの音が気持ち良い、と思った珍しい曲。スネアの音も良いな、他のサウンドと上手く合ってて心地良い。

このバンド、「ドラマーが良いな」と思って聴き込んだ珍しいバンド。

Joy Divisionの様な硬質なサウンドもあり・・・・

 



なんか、ラウドな感じもあり・・・・



メロディに明確な盛り上がりがあるバンドじゃないんだけれど、不思議と聞いてて飽きず、一本調子にも感じない。

で、メリハリをつけているのがドラマーのBryan Devendorfだと思う。

 

ツボを押さえた良いドラムだと思うんだけど・・・・どうだろう(どうでも良いがジャガーが欲しくなったぞ)。

良い感じにバンドを盛り上げ、来て欲しい所に来て欲しい音色でドラムが入る感じで、アンサンブルを凄く意識した、頭の良いドラムだなぁと感心。

ドラマーに称賛されるドラマーじゃなく、ドラマー「以外」のバンドメンバーが称賛するドラマーだと思う。なんとも、おかしな言い回しだけれども・・・・w。

数年前に嵌って、こう言うアンサンブルが出来るバンドやりたいなあと色々と施策したが成らずだった。フジコ・オーバードライブはメンバー全員手数が多過ぎると言うか盛り込み過ぎてメリハリが出せない。分かっちゃいるけど止められないw。

ベースの大先生曰く「サビを意識して曲作るのは日本人だけじゃない?」って事だけど、頷けるんだけれど頷けない(どっちじゃ)。

「メロディに明確なサビが無い代わりに演奏とか表現力でそれを設けているんじゃないか?」と思う僕が居て、それも踏まえてなら至極納得出来るんだけれど・・・・そのコンセンサスがバンドで無いとなぁ・・・・と思っちゃったり。

The Nationalにおいては、Bryan Devendorfがそれを担っていて、他のメンバーは抑えた感じになっていると思う。Bryan Devendorfのセンスに対する信頼感、が、大きいんだろうなぁと推測するのと同時に、スーパー・バンドが上手く行かない理由って、「一歩引いた感じ」に徹する事が出来なくて、とも思う。

ま、アンサンブル構築は明確な答えが無いからね・・・・フジコ・オーバードライブの場合はどうなんだろうなぁ・・・・なぁ?

YESのライブに行ってすっかり魅了されたビクシ君はスティーブ・ハウを目指すそうだが・・・・



余計収集つかなくなると思うのは僕だけではあるまいて。

この髪型にしてくれるってんなら大歓迎だ。

steve-howe20150526

こんな事も出来るが、どうだ?

img_0

メンバーにこんなん居たら視覚的に勝ちだわ。

スティーブ・ハウって、このおじいちゃんぷりってのが格好良いんだと思うんだ。

540x540_q85_autocrop

・・・・物の怪?

と、久々にThe National聞いたらなんとも堂々巡りですがこんにちは。

さて、先の記事で書きましたが、GretschはG6120DCのブリッジを交換した訳さ。

Naked Guitar Worksの小園氏は「日曜日迄には」と言っていたが早々に仕上げて頂いた。

リーダー「えーっと、N.G.Wって4周年だっけ?」

N.G.W「・・・・それがなにか?」

リーダー「5周年、迎えられると良いねぇえええええええええ」

N.G.W「ぎえええええええええええええ」

と言う会話は無かったよ、うん。無かった筈だ。

で、こんな感じになったとさ。

securedownload (2)
(ううん、何が変わったんだ・・・・?ってな全体像w)

securedownload (3)
(ブリッジ接写)

交換したブリッジは・・・・

securedownload

チューン・O・マティックより可変幅と質量が大きいブリッジGT416とその台座GT010。現在ではカタログにも無く数多の(って程じゃないなw)Gretsch本にも記載が無い、詳細不明なブリッジ。

この台座、エレベーション・ワッシャーが無いので弾いてて下がって来る可能性あり、今まで使っていたブリッジのワッシャーを転用した(Naked Guitar Worksの小園氏のアイデア)。それ故、金と銀が混じった・・・・なんとも気持ち悪い配色となっている。なんかちょっと「うわぁ・・・・」って思ったw。

今まで付けていたのがGT555、シンクロ・ソニック・ブリッジ、通称メリタ・ブリッジ。

a31aa05c

オクターブ・チューニングが出来るブリッジで、見た目も好きだったりする。ブリッジ・ミュートはし難いが、ブリッジ・ミュートは殆どしないので問題無し。

僕のG6120DCのサウンドに対する不満を、色々な改造やエフェクト処理で誤魔化して来たが、「やっぱブリッジなんとかしないとどうしようもないんだろうな」と思って交換した今回の改造。

シンクロ・ソニック・ブリッジは駒がプラスチックで、それがサウンドに「締まりの無さ」を齎している様に思え、であれば、と。

オリジナルは、バー・ブリッジことGT409

700bcdbd

このサウンドは凄く好きだったのですが、諸処御座いまして交換した。

で、このサウンドに近しいブリッジはって事で、GT416なるブリッジを今回購入した。

チューン・O・マティックでも良いかなと思ったんですが、GT416のブリッジの駒がチューン・O・マティックより太目で、「これどんな音になるんだろ?」と興味が湧いたからです(弦との接地面が大きいのでオクターブ・チューニングには不利かもとは思ったけど)。加えて、チューン・O・マティックより質量があり、バー・ブリッジに近しいかなと期待した次第。

駒の中央を溝切りすると弦間ピッチがシンクロ・ソニック・ブリッジより広がるので、シンクロ・ソニック・ブリッジに合わせた溝切りをして貰った。

で、このブリッジ、Rが指板よりきつい。なんでこんなアンマッチな物を造っちゃったの?と心から思うが、Gretschって、まぁ、元来大雑把な造りだし止む無しかと思うも、「現在の弦高と同じ高さにして欲しい」と依頼したので3、4弦の溝はちょい深いが、弾き心地は今までと変わらない。小園氏に感謝。

Gretschのブリッジって、多くのモデルでブリッジはボディに固定されておらず、弦の張力で押さえてるに過ぎない。

故に、激しく弾くとズレちゃったりしちゃったりする訳なんだったりで、テンション高めようとBigsby交換したりしてるんだけど、激しくアーミングすると結構ズレます、はいw。

で、ズレた時の対応としてテープ貼っている。

securedownload (4)
(分かり難くてごめんです)

接着剤や両面テープ、果てはご飯粒で貼り付ける猛者も居るらしいですが、僕はそのまま。メーカーが積極的にピン・ブリッジにしない理由が分からぬが、「(60年代の)オリジナル仕様が人気ある」ってのがその理由なんだろう、か・・・・?

で、肝心のサウンドは、と言うと・・・・。

うん、凄く良くなったんじゃないでしょか。いや、滅茶苦茶良くなったんじゃないでしょか。

ギターのサウンドがブリッジに与える影響って看過出来ない、いや、非常に大きいと思うんですが、アタック音のボトムがしっかりと鳴り、倍音もスッキリとした。うん、こう言う音が欲しかったんだよ。

BigsbyをG7に交換してるので、弦とブリッジの角度が急な為、ブリッジと弦が接触しちゃうかなと心配したがそれもなく。

うん、良い感じになりました。

と、なんかちょっと控えめに書いてますけど・・・・

いや、滅茶苦茶良くなりました!

正直、こんなに変わるとは思っていなかった。N.G.Wの多田社長も、「珍しく効果ある改造しましたね」って仰ってくれた・・・・前半が皮肉だと気付いたのは帰り道でだ。

前述の通り、このブリッジの特徴的な点に、チューン・O・マティックより駒が太く弦との接地面が大きいってのが御座います。

それ故か、明瞭なのに太さもあり、凄く気持ち良いサウンド。ううん、良いぜ、これ。

では、メイン・ギターとして使用するか・・・・と言うと微妙で、取り回しの良さ、汎用性から、やっぱりStratocasterの方が使い易い・・・・んだよねw。

箱鳴りしちゃうから、歪みを深くすると(Stratocasterより)アンサンブルをごちゃっとさせちゃうし・・・・。

バンドで、コード弾く事をメインとするならこんなに良いギター、そこそこ無いんじゃないかと思いますが、汎用性を求められると、中々に難しいです、うん。

Gretsch使いって、サウンドの幅は多くないと思いまして、で、それで充分な、と言うか、表現力が凄くある名うてのギタリストなら使い熟せましょうが、僕如きでは、難しいですとも思いますw。

前回のライブは、バンド結成当初の曲、クリーンでジャカジャカやる曲が多かったのでGretschを使いましたが、 そう言う理由が無いとやっぱ難しいです、Gretschって。

「敢えて」使うと言う意志が無いと、やっぱ難しいですね、Gretschって。

でも「敢えて」使うとって拘りは格好良いですよねぇ・・・・w。

もう、売るに売れない改造を施しちゃったんでw、機会見付けてバンドでも使ってみましょうかって事で土曜日の練習で早速使ってみます。

で、取り敢えず、Gretschの改造はやり切った感があります。

これ以上ないって位改造しまくったので、これ以上はもう無いなぁ・・・・。

コンデンサーの交換とか、場合によっては配線を弄るかもですが、僕はこれ以上もう思い付かないw。 

と言う訳で、Gretschは、一段落で御座います。

別途、改造個所とか纏めて記事にしましょかね・・・・需要は無さそうだけどw。 

でもね、Gretschってね、なんか無性に弾きたくなるんだよな・・・・なんだかんだ理由付けて持ち出しているんだけど、やっぱりね、好きなんだよね、これ。