リーダー

リーダーです。

1、2戦目の日本シリーズ。

パッと見で広島カープのワンサイド、な感じで、野球観戦として面白くなかったか・・・・と言うとそうでもない。

僕は北海道日本ハムファイターズのファンであるが、そんな僕でも1、2戦の広島カープの試合運びは「ううん、見事っ」と感心してしまって、結構楽しんで見れた。

弱点や動揺を付くのは勿論、試合運びがなんとも巧み。広島カープって泥臭いチームかと思っていたが(失礼!)、こんなに試合巧者だったんだ、知らなかった。

解説者(元広島の捕手の達川さんだっけ?)が、「歴史上一番強いカープ」と言っていたが、うん、こりゃあ強いよ。

1、2戦終わった時点で「もう広島で決まりだね」と言う意見が多かったと思うが、そうじゃないのが野球の面白いところですな。

なんか、北海道日本ハムファイターズって、変に飄々としてて、コロッと負けるかと思えばしれっと勝っちゃう。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とは松浦静山の有名な言葉だが、ファイターズには「不思議の勝ち」がある様に思う。

一方の広島カープには不思議の負け、が、無い感じ。

日本シリーズを見ていた僕は、広島カープが勝つと「やっぱ強いなぁ」と思うし、北海道日本ハムファイターズが勝つと「あれ?勝っちゃったの?」と思うw。タイムリーエラーとか・・・・結構ね、「うぇ?ここで?」ってな事があったりと、なんとも「王者な感じ」が無いw。

その一方で・・・・。

第4戦の岡選手のファインプレーがあったり、西川選手の劇的なサヨナラ満塁ホームランがあったりと・・・・沸かせるプレーが多い。第5戦の最終回、得点はサヨナラ満塁ホームランで4点だが、中島選手の内野安打は打ちそこないだし実質ヒットはホームランの1本だもん・・・・w。

広島カープは第4戦で打たれたジャクソンが北海道日本ハムファイターズのクリーンアップを見事に抑えたり、抑えのマーティン不在でも北海道日本ハムファイターズが広島カープの反撃を見事に抑えたりと、ニュースで結果だけを見るのでは分からない面白さが、両チームには、ある。

北海道日本ハムファイターズのファンなんで、どうしても北海道日本ハムファイターズ贔屓な事書いちゃいそうになりますが、そうすっと僕が仕事で大変お世話になっている「汐留の女神」事カープ女子のKさんに絶交されちゃうんとあれなんで、取り繕いで書く訳では無いですが、矢張り広島に利があると思う。

ホームで4戦出来ると言う利は、「地元の応援がある」ってだけじゃなく、矢張りこの人大谷翔平きゅんの出場の関係。

o0800120012659294232
(敢えてビジターのユニフォームをチョイス。彼になら貞操を奪われても良いってアホかっ)

第4試合の打撃は残念であったが、この人が打線に入って居るか居ないかで戦力が大きく異なる。

大谷翔平を擁しておきながらDHが無い試合が4試合あると言うのは可成りなビハインド。先発翌日は代打のみと言うのは矢張り戦力的には寂しく、何より大谷翔平のファンとしてはその姿が多く見れずなんとも残念でならぬ。

敢えて北海道日本ハムファイターズの利を言えば、全く攻略出来なかった広島カープの沢村賞投手ジョンソン選手との対戦がもうないって事位か・・・・。

地の利に勝る広島カープを破って日本一になれば、これはもう本当の意味で「日本一」と言って過言ではないと思う。

此処までホームチームが全て勝っている訳で、「ホーム・チームが全て勝った」と言うのは2003年の王ダイエーVS星野阪神を彷彿とさせ、北海道日本ハムファイターズのファンとしてはもう・・・・ヤキモキしちゃう次第。

頑張れ、北海道日本ハムファイターズ!

平日もちゃんと見たいなぁ・・・・、見たいよぅ。


はいっ。

securedownload

日本シリーズ話から突然でなんですが、色々と改造しまくって、なんか顔が変わっちゃった芸能人みたいな様相の我が愛機、Stratocaster。 

今日はその設定の話からしてみやうじゃないか。

それなりにRがあるネックだが、僕は割かしフラットな弦高にしている。

先日、Naked Guitar Worksに行った際、「3、4弦が一番低いセッティングなんですね」と言われたが、恐らく12フレットでの測定で、でしょう。

僕のStratocasterのネックは、てか最近のStratocasterはそうなのか、ハイ・フレットに行くに従いRがきつくなる(=指板の中心が盛り上がる)。

フラットな弦高で、そんな指板構造故、12フレットでの測定では上記の通りの弦高のバランスになるのだが、ロー・フレットでは1、6弦が低い設定になっている。

「ハイ・フレットでチョーキングした際に音詰まりしない?」

うん、しない、てか、チョーキング殆どしないw。

色々と試行錯誤して僕はこれが一番良いと思った。人によっては「弾き難い」と感じるかもだが、僕はこれが一番弾き易い。

「Stratocasterの設定の正解」は一応ある様に思うが(指板のRに合わせて弦高を決める)、此処で言う「正解」とは「標準」に過ぎないと思う。

「常識とは18歳までに身に着けた偏見のコレクション」byアインシュタイン

・・・・今日は格言(?)が多いなw。

と言う訳で標準的では無い設定にしている。「Rに合せて高さを・・・・」と言う設定じゃなく「どれだけフラットな弦高に出来るか」が僕の弦高のセッティングの基本的な考え。

と言うかさ・・・・

サウンドのバランスも、僕はこちらの方が良い様に思う。Rに合せた弦高って、3、4弦弱くないか、と感じてしまうんだが、それって僕だけなんだろうか(ポールピースの高さにも違いがありましょうが・・・・)。

因みに、僕のセッティングではネックは真っすぐが望ましい。「若干順反り」がデフォルトなのかもだが、僕はどストレートにしておく。


そんなStratocaster。リア・ピックアップを交換し、フィルターが掛かった様な中域の癖が抑えられたので、(その癖の所為で合わなかった)ワウが使いとうなり申した。

じゃじゃーん。

securedownload (1)

Cry Baby Mini(Jim Dunlop~Miyaji Vitage Mod)~ワウ・ペダル

White Sands(Keeley)~オーバードライブ

CE-2( BOSS)~コーラス

TR-2(BOSS)~トレモロ

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター

Cry Baby MiniのDIPスイッチは

securedownload

中域重視のセッティング。

上記を並列し、暫しチャカチャカやってたんですが、ううん、やっぱワウって僕は使いこなせそうに無いw。

先ず、見た目が良くない。

ワウに合わせて口がパクパクする。そう言えばビクシ君がワウ使う時も口がパクパクしていたっけ・・・・あいつとの類似等御免被るっ。

と言う冗談はさておき(強ち冗談でもないんだが)、以前もどこかで書かせて頂きましたが、ワウの使い処が分からないワタクシ。

カッティングに合わせてチャカチャカ・・・・は、そもそもバンドでそう言う曲が多くなく、ベースの大先生の楽曲「新しい光」では合いそうだが、あの曲は「籠ったクリーン」でチャカチャカが良いと思うので・・・・ううん。

であればフィルター的に・・・・と言うのなら、トレブル・ブースターとか、中域に癖があるTS-9とか・・・・若しくはRC Boosterで・・・・の方が使い勝手が良い様にも思う。

そう考えると、何もワウ・ペダル持ち出さなくてもと言うか持ち出す理由がない様に思われ、寧ろWhite Sandsの後段にTS-9が現実的では無いかと・・・・。 

明日の練習はビクシ君不在なので、遊ぶ積りでワウを持って行こうかな・・・・。

と言いつつ、前回練習の録音物聞くと、Rickenbackerが「良い感じに引っ込んで」いて、アンサンブルには良い様な気がしなくもない・・・・。

「てかお前、Rickenbackerに合せるペダルの話してなかったっけ?」五月蠅い黙れ。