リーダー

リーダーです。

今週は、以前お世話になった会社の方々と旧友を温め、今お世話になっている方々の出演するライブを鑑賞し・・・と、珍しく平日の夜の予定が2つ。

平日の夜、は、私用をあまり入れたくない。複数は出来れば避けたいのだが、どうしても外せないので今週はちょっと気張って過ごそう。

・・・・と思ったら土曜日はバンド練習で、木曜日からだと三連チャン。ううむ。

齢46ともなれば、体力配分を間違えると直ぐに体調不良となる。以前お世話になっていた会社の方々は無尽蔵の体力があるのか、「どうしてそんなに元気なの?」と訝しく思ったが、いざ当事者となるとそれが普通になるから不思議。

とは言え、健康診断の結果はボロボロだったが・・・・w。

金曜日、バンドの事前練習が出来ないかも、と、ギターをちょろりと弾く。

弾いたのは勿論・・・・

securedownload

そう、Stratocaster。ビクシ君曰く、29,800円の外観・・・・うん、アイツ本格的に宣戦布告しやがった。

序に、次回練習の足元をあーだこーだと。

で、結果。

securedownload (51)

Rooster(Jam Pedals)~トレブル・ブースター

White Sands(Keeley Electronics)~オーバードライブ

CE-5(BOSS)~コーラス

micro flanger(MXR)~フランジャー

micro amp +(MXR)~クリーン・ブースター 
 

てな、感じ。

此処二回程GretschはG6120DCに寄り道したが、寄り道前はこんな感じで、ゲイン・ブースターがJan RayからRoosterに、アナログ・ディレイのAD-9を外しmicro flangerを導入。

Roosterの、カリッとしたゲルマニウム独特のサウンドは外し難く、ディレイよりフランジャーの方がなんだかんだで使用頻度が高く・・・・との意向から。

コーラスは、一番好きなコーラスであるCE-2より、(僕の)Stratocasterに関しては、フジコ・オーバードライブと言うバンドのアンサンブルでは、CE-5の方が使い易い。

ダイレクト音にも作用する2バンドのイコライザーが、「コーラスでブーストする」感じに使え、それがマッチする曲が少なくない。クリーン・ブースターでブーストするよりも(コーラス音と相まって)、サウンドが太くなり使い易い。イコライザーで低域を削りハムバッカーと合わせると、「スッキリと抜けるハムバッカーのサウンド」が作れてそれも使い勝手が良い。 

この仕様を好まない人の気持ちは凄く分かるが、箱物ギターから乗り換えてStratocasterを弾く僕には「セミアコ風~セミアコの箱鳴り」を演出出来て助かる。

エフェクターは「好み」の他に「相性」もある様に思え、「どんなギターでも相性ばっちり」ってのはね、中々お目に掛かれない。

僕のStratocasterに関しては、CE-5が合うと思う、うん。

「相性」で言えば、DiMarzioのDP223も、ホント偶然マウントしただけなのに凄く気に入っていて、僕のStratocasterと相性がいいんだろうなと思う。偶然が無ければ選択肢に入らなかったピックアップなんだけど・・・・。

こんな感じで次回練習に臨む次第です。