リーダー

リーダーです。

昨日、懇意にさせて頂いている方に誘われ、プライベートで夜をご一緒させて頂きました。

なんか聞き覚えあるお店・・・・と思っていたら、昨年までお世話になっていた出向先の忘年会で行ったお店でした・・・・覚えて置けよ、俺w。

面々が同年代と言う事も有り、 幼少期に流行った物の話題等で盛り上がったのですが、なんでしょうね、同年代の、あの独特感。

気の置けない方々とのフランクな飲み会は楽しい(
お気遣い頂いたかもですがw)

出身地や主要生育地域は異なれど、当時の雰囲気を知っていると、不思議と「言って良い事、話題に相応しくない事」が何となく分かる気がする。

幼少時代につるむ仲間の種類は異なれど、なんかこう、「あの時代をあの年齢で知っている」、
時代背景や社会人生活が同程度の人には、独特のリミッターがあり、会話に無理が無い様に思う。

と言う訳で今日はリミッターのお話でもw。

securedownload

 はい、BOSSのリミッター、LM-2、泣く子も黙るMade in Japan。

販売期間は1987/3~1992/12、短命なペダル、ディスコンです。

音信号のピークのみを圧縮し、原音を変化させずに音の粒立ちを揃え、過大入力を防止してくれるエフェクター。とは言え、スレッショルドを低めに設定すればコンプレッサー(全体を圧縮し粒を揃える)的な効果も期待で来て、まぁ、汎用性は高い。 

リミッターと言うとベーシスト、と言うイメージですが、BOSS開発者さんによると「コンプレッサーのパコパコ感を嫌うギタリストにも使って欲しかった」との事でベース専用機と言う訳では無い。ただ、後継機種がベース専用機(LM-2B)である事を考えると、矢張りベーシストに好まれるペダルであるのかも知れない。

Level、Tone(後継機種LM-2Bには無い)、Release、Threshold、の四つ。

Release、でサウンドの減衰部分を調整し、Thresholdでリミッター効果を調整、Thresholdは左に回すほど効果が大きい。

ギターで試してみましたが、コンプレッサーの様に「全体にぱっこぱこ」的な効果じゃなく、過大箇所のみを抑え込む。小さい音はそのまま出力される。

動画をば。



購入動機は、実はボーカル用で。 

1月に次回作用CDの歌入れをした際、どうにもピーク・アウトしがちで、リミッターあったらなぁと思って。

マイクからダイレクトに、では無く、ボーカル用のエフェクターを噛ました後で接続すれば良いのじゃないかと。

購入し(¥4000でした)、先ずはギターで、と試しましたが、ん?これ、凄く良くない???

えっとですね、コンプを噛ました為に抜けが悪くなった、が、このペダルでは改善されると思います。

低域がしっかりと出て、トーンが付いている為、サウンドの幅が広く、「圧縮されているが抜けない音になら無い」。うん、これ、良いじゃん。

コンプレッサーって、圧縮し、パコッとした音を出すが故、アタック音がアンサンブルでは他の楽器に消され、「抜けないなぁ」となりがち。

Keeleyさんなんかは、その辺を非常にナチュラルに演出しており、抜けが良いコンプサウンドが作れる(勿論LM-2とは出音が違うが)。

ピーク時の圧縮では、勿論パコパコ感はあるが、露骨なパコパコサウンドじゃない。ううん、これ、名器じゃないか?

音作りは取り敢えずノブを全て中央で良いかとw。入力音量にも因りますが、其処から始めて調整して行けばよいかと思います。

また、ノイズが非常に少ない。流石、BOSS。 

以上です。

安かったのでボーカル用にと何気無く買ったペダルですが、これは非常に気に入りました。

録音時、に、積極的に使ってみようと思います。 

又、ピーク時のみの圧縮と言う地味なペダルではありますが、個人的には非常に有意義な、特にライブなどで、矢鱈低域ばかりがぶわぶわ出てアンサンブルをぶち壊しているバンドのベースさんにはお勧めですw。