リーダー

リーダーです。

暖冬の割には降雪予報だった金曜日。

午後からとあるセミナーに出てたんですが、セミナー内容(殆ど)ぶっとばしてマイナス金利政策の話になってました・・・・黒田バズーカ・・・・流石の破壊力w。

しかしなんだ、「実弾無き規制緩和」って上手く行くんでしょう・・・・か?この所の株安や円高は、日本経済云々と言うより(マクロでみれば「世界経済における日本経済」なんですが)、米国利上げの影響によるものと思われ、既に可也な低金利状態の日本市場において、実現が可也困難なインフレ率2%実現の為にお金の市中への誘導と言っても、企業の多くは既に手持ち資金を多く持っている訳で・・・・。

コーポレート・ガバナンス・コード対応で、ステークホルダー(主には株主へでしょうが)への還元と言っても、借入して配当ってのは結局利息が配当可能利益を押し下げる訳で・・・・、経済的に最も効果が有るであろうステークホルダーの一つである社員への還元ってのも、実体経済が上向かないと難しい訳で・・・・素人の僕でも「サプライズはあるけど中長期的な効果は?」と訝しく思ってしまう今回の政策・・・・。

米国利上げはこれからも続く予定だし、ここで弾を使い切る行動に出た日銀・・・・総裁の手腕を拝見したい所で御座います。 

一人勝ちの感がある米国さんも、GDP減速・・・・陰りが見えますが・・・・利上げ、出来るのかね?

と、柄にも無く経済の話から始まりましたが土曜日は練習。今年最初の練習。実に一ヵ月以上のブランク。

新年一発目の練習は、ベースの大先生がインフルエンザで欠席、ではではと次回作CDの歌入れと相成り、いよいよ今回がお初・・・・と思っていたら今度はビクシ君が御風邪を召される始末。

今年のフジコ・オーバードライブは呪われておりますw。

ビクシ君より「欠席と成りますので今回はベースの大先生の歌入れでも・・・・」との提案有り、歌入れが終わった僕は「じゃ、俺も休んじゃおう」と呑気に考える。やる事無いのに行っても仕方ないじゃん!と思っていたら、ベースの大先生が咳が残っているらしく、歌入れは無理、と・・・・。

じゃ、3ピースでやりますか、と相成りました。ちぇ、雨模様だから休みたかったのにw。 

それ以前にやっべ事前練習全くしてねえよ・・・・。慌てて取り掛かるワタクシ。これでも夏休みの宿題は早目に片付ける性格だったのだが・・・・今回は練習無いと踏んだのが徒となる。

加えて、3ピースでベースの大先生も歌うのは困難、となれば、なんかネタになる曲でも無いとと慌てて曲作り。Aメロとサビのみで、コード進行はずっと変わらずと言う楽曲。

・・・・やっつけ仕事に程があるw。

なんとかでっち上げ向かうは練習場所。練習前に楽器屋さんに2件程立ち寄る。

ううむ、目ぼしいもの無し。俺を熱くさせる、滾らせてくれるエフェクターよ、君は何処に居る?

で、練習。

録音が完了した楽曲はやらず、ベースの大先生の楽曲も(歌えないので)やらず・・・・僕の曲ばっかりじゃん。

と言う訳で結果3時間歌いっ放し。流石に呼吸器官が痛い・・・・。

課題曲であった「二人は踊る」を中心に。

どうにもリズムが気持ち悪かった箇所を試行錯誤。「こんな感じじゃないか」を提案し合う。

普段より楽器隊が少ないので分離良く聞こえ、問題点が明確になったのが良かったか、「此処がおかしいよな」に気付け、其処を中心にアレンジ。

結果、ノリが出て、且つ劇的に歌い易くなった。

キーは問題無いし、言葉数が多い訳でも無いのにどうにも歌い難かった、が、リズムの平仄が取れて歌が楽になった。

プロとか、上手いアマチュアなんかはその辺の問題点は予め気付き、且つその対処を即座に出来るんでしょうが、我々は底辺アマチュアバンド故、未だ「何かおかしいが何がおかしいか分からない」状態がままある。

それを今までは、結果「ごちゃっとさせて誤魔化す」が中心だったがw、今回はそれに取り組めた。うん、中々有意義でありました。

で、時間も有ったのでやっつけ仕事の新曲を。

コード進行は変わらず、メロだけが変わる、と言う楽曲故、「曲を生かすも殺すも演奏者の表現力次第」と言う中々にハードルが高い仕様。

New Orderなんかはそう言う展開を常套句としている、が、アレンジ能力が優秀なので、循環コードがかくも素晴らしい楽曲と成る。しかも3コードと言う・・・・ねぇ。



高いハードルは下を潜り抜けるのを習わしとする我々だが、果たして・・・・?と取り組む。

なんでしょうね・・・・なんかこう、「どうにでもなる」って感じでしたわw。

勿論、技術的に出来る事に限りは御座いますが、循環コード系の曲って、結局「アレンジは色々と思い付くけどどれを選択するか?」はセンスの様に思います。

そのセンスの優劣が楽曲を決めるのでしょうねえ・・・・うん、やっぱハードルの下を潜り抜ける事と成りそうだw。

下記も循環コードな訳ですが、リフが中心となる故にアレンジはそんな多様じゃない、が、リフがなんせ格好良いのでそれだけで「勝ち」。


(Big Mouth Strikes Again/The Smiths)ジャズコーラスの音ってのをジョニー・マーが出してますなぁ・・・・。

如何にもなNew Order風のリフを弾いたらベースの大先生に「めっ!」てされる・・・・やっべやり過ぎた。やるかもだけどw。

練習後、飲み会。

薬を飲んで咳き込みながら飲酒するベースの大先生、細い割には結構旺盛な食欲を持つドラムのTakayuki君と延々4時間。

特に何かで盛り上がるって訳じゃないのだが、なんとも話は尽きないのが不思議。

で、今回の足元。

securedownload
(見慣れぬエフェクターがありますの図)

えー、向かって右から二つ目は新規投入のオーバードライブ、Trad Note。

これに付いては別途書かせて頂きませう。