リーダー

リーダーです。

はいっ、昭和の日。

昨夜はお付き合いでお食事をしましてね。

で、その帰り道の地下鉄で前後不覚になってらっしゃるおっちゃんが居りまして、お席で前後左右に揺れる事揺れる事。

仰け反る度に窓にガッツンガッツン後頭部を打ち付けていて、見ているこっちが心配になるんですが、目覚められる気配無し。

時々、「あれ、なんでこんなところに痣ができてるんだ?」って事とか、「なんかこの辺が打撲的な痛みがあるなぁ」なんて事がありますが、僕はお酒を飲まない訳で・・・・。


ちらりと書きましたが、去る4/27(月)ポール・マッカートニー卿のライブを見に行って来ました@東京ドーム。

securedownload
 
チケットを取って頂いた上司のOさんと定時退社で水道橋へ。

6:30開演との事でありましたが、7:00に開演。

ピンクな林家夫婦とシェケナベイビーなご老人がいらっしゃいました。

ストーンズのライブの時よりロックな人が少なくて心落ち着く感じ。年齢層は・・・・高かったw。

マッカートニー卿がバイオリン・ベースを持って登場。

マジカル・ミステリー・ツアーで幕開け・・・・等の感想書いてもあれなんで、機材を中心に書いてみましょか。

ベースは一貫してバイオリン・ベース。

tumblr_m55k4tKyhT1r9k1rdo1_400

某サイトで「予備としてキャバーン・ベースも持って来ていた」とあるが、盗まれたんじゃなかったっけ?僕の記憶違いかな。再発品を購入したのかな。

で、ポール・マッカートニーとね、バイオリン・ベース、やっぱもうね、格好良い訳ですよ。

マジカル・ミステリー・ツアーで、片足を上げてベースを持ち上げてフレットを確認して弾いてたんですが、そんな仕草一つ取っても格好良い訳ですよ。

個人的希望としてはリッケンバッカー4001S、あの、角を削った4001Sも見たかった・・・・特に、マジカル・ミステリー・ツアーでは。

maxresdefault

バイオリン・ベースは、以前Grecoの物を所有しておりましたが、軽くて、ネックが細くて、僕は弾き易かった。

ドラムのTakayuki君はあの音が好きじゃないと言っていたが僕は好きである。使い方次第に思ったり。

デイ・トリッパーではヘッドが大きいカジノも登場したのには驚いたなぁ・・・・1曲だけだけど、まさか見れると思わなかったんで得した気分。変な話だけど「うわっ、実在するんだ」とか思っちゃったりw。

SMG_Paul_McCartney_Casino1

カジノはポールがジョンとジョージに勧めた、と記憶している。その理由が「でかい音が出るから」だったとか。

カジノと殆ど同スペックの1966年製のES-330を所有していた事がありますが、僕の感想は「軽い音」だった。天才と凡人では感想まで違うと言うw。

エレキ・ギターはレス・ポールの使用が多かった。貴重なレフティのヴィンテージに加え、派手な色彩のレス・ポールも使用。特別仕様なんだろうか。

DSC00234

Yesterdayではテキサンも使用。あのギター持って出ただけで何の曲やるか分かっちゃうってのも、まぁ、凄いよね、流石生ける伝説。

20140929140209

マニアには垂涎のバイオリン・ベースは兎も角、残念ながらカジノ、テキサンの使用頻度は低い。

アコギはマーティンじゃないかと思う、違うかな。12弦はよく分からなかった。

正直、何かのサウンドが「うっわー、凄い良い!」と言う事は無かった。ライブ会場だし、まぁそんなもんなのかもだけど。でも、見れただけで幸せw。

プレイはね、もう言わずもがな。ジョージの親友であるクラプトンを以てしても「ビートルズで一番ギターが上手いのはポール」と言わしめるバイプレイヤーだけあって、やっぱ上手いのねw。

ブラックバードの弾き語り、うわ、ホントに左手指二本で弾いているんだ~とか、へんな所で感心。

Being For The Benefit Of Mr. Kite! がね、滅茶苦茶格好良かった。大好きな曲だけど、ジョンの曲のカバーで何故この曲を選んだんだろう?





ジョージのナンバーはSomething。ジョージの追悼公演と同じアレンジ。

リッケンバッカーの12弦なんか持ち出してIf I Needed Someoneとか、Taxmanとかも聞いてみたかったなぁ。

全体通じて、どこがどうとか言える訳も無く、ただただ良かったです。

そんなに好きじゃない曲も盛り上がって聴けたし、最後のアビーロード・メドレーなんかも感涙ものだし、「え、この曲やるの?」なんて曲もあったし(その割には「あの曲やらないのかって曲もある訳だから・・・・まぁ、凄い人な訳だけどw)。

驚いたのがね、ポールってライブ中水飲まない、いや、飲んでいるかもだが僕は分からなかったんですよ。

72歳のポールが水分取らずあれだけ長丁場でやって、45歳の僕が水分補給はたっぷり、1時間でへとへと・・・・この差は何かと言うと、まぁ、体力的にも僕の方が負けていると言う・・・・ねぇ。

この先、来日公演があるのかどうか、僕には分からないけれど、また見に行きたいなぁ。

「見に行って良かった」と思う、数少ないライブだった、かもw。

 

Oさん、有難う御座いました! 






















そう言えば、僕の座席の少し前で、「ぽーるかっこいいいいいいい!」と、団扇振りながら何度も絶叫されていた男性が居たが・・・・ごめん、正直ちょっと引いたけどw、アイドル的なアイコンと言う要素があるんだよなぁとも思ったり、ね。