ビクシ


最近のゲームはボリュームがあり過ぎ。
人生30半ばを超えると一つのゲームに50時間とか割いてられないのですよ。
体力的にも精神的にも。

RPGなど長いゲームでも20時間くらいに収めてそれ以上は分割して販売して欲しい。そうすれば当方のようなジジイゲーマーも大作にも手を出し易くなる。面白ければ続けて買うし合わなければ買わない。

ましてや今はネットで大容量ゲームも簡単に配信出来る時代!!
開発費の高騰を防ぎ小粒のゲームを数揃えるべきだと思うんだぜ!!

過去に分割販売を試みたゲームがいくつかあったが、採算が取れたかどうかなんて知ったこっちゃない!!

そこで来ました!
バイオハザードの最新作!





このゲーム3月半ばに全エピソードが収録されいているパッケージ版がリリースされるが、先行してエピソードをバラ売り配信。素晴らしい。当方が望んでいたのはコレだ。

早速XBOXONE版の800円少しのエピソード1をダウンロード。

・・・って、オイ!!

プレイ時間2時間とか短過ぎだろ!!






いやぁ、本当に「あっ」と言う間に終わりました。

主人公2人の視点で進行するがマップも使い回しなモンだから手抜き感が一層強いというか。そもそも何も知らない状態でのファーストプレイで2時間。リプレイしたら1時間で終わっちゃう。上手い人は分単位。

だが待て。800円なら海外ドラマ2本レンタルして2時間と考えれば妥当ではないか?
いやいや、ドラマ・映画とゲームは違う。1時間以下でも内容が濃密なら問題無い。


まぁコレが内容もペラッペラ。「さぁこれから!」と思ったら「次回のバイオハザードは・・・」とか。本編以外のレイドモードも6の使い回しマップでゾンビをペチペチ撃って育てるだけで今ひとつ面白味に欠ける。

さぞネットで酷評されているだろうと思ったらそうでもない。
・・あ、そう。世間的にはコレで良いのか。うん、じゃあ俺もコレで良いや(何だそりゃ)。






ある種始まってすらいない感があり、流石にココで止められない。
今週の水曜にEP2が配信される模様。ああ、はいはい、買いますよ買います。