リーダー

リーダーです。

本日紹介させて頂くのはこちら。

securedownload
(ピンボケご容赦) 

はい、エキゾチックのSPコンプレッサー、です。その名の通りコンプです。

では、動画行きましょうお馴染みPro Guitar Shop.Com。

 

 一時期、コンプに嵌り色々と買ったが、使用頻度の高さでは間違い無くAnalog.manのMini Bi Comp。録音時にも使用頻度が高い。

色々とコンプは持って居ますが、SP Compressorは発売開始前から欲しいなあと思っておりました。

その理由は、原音とミックス音をブレンド出来るから。

コンプって、「ピッキングの音の粒を揃える」「サスティンを得る」の2点がその大きな効果な訳ですが、その対価として

・アンサンブルの中で引っ込む
・音の減衰が不自然

の2点があるかと思います。

Keeleyのコンプは、ナチュラルな~との形容詞が付く自然なコンプレッションがあるコンプで、「不自然じゃない感じ」=「上記2点のデメリットの緩和」で評価されたと認識しておりますが、個人的には「それなら原音とエフェクト音を調整出来る様にした方がベターでは?」と思っていた。

そんな思いが募る中、このコンプが発売され、その機能を見るに「これが多分僕の理想のコンプレッサーなのだろう」と確信した次第。

そうでありながら今迄購入を見送って来たのは、発売当初はTelecasterをメインに据えており、全くの個人的な意見なのだが「(サスティンを稼ぐ目的じゃないのなら)ソリッド・ギターにコンプは(録音時以外は)不要であろう」との考えから。

これも全くの個人的な意見なのだが、セミアコにはコンプがあった方が良い様に思う。誤解を招きそうなのでより細かく言うと、「僕がこのバンドでセミアコを使う場合にはコンプがあった方が良い」とは思う。

セミアコ独特の箱鳴り感は、時にアンサンブルの中で暴れがちであり、大体「ピッキング・ニュアンス」で表現力を出すギターは僕には弾けない訳でw、それならコンプでしょ、と。

僕は、ソリッド・ギターが、(諸説ありますが)レオ・フェンダーにより発明され、それが支持された理由に、その機能性も然る事ながら、箱モノのギターよりサウンドが暴れないって事があると思っています。ピッキング・ニュアンスやボリュームの操作で表現力を発揮するギタリストの大多数は、ソリッド・ギターだからこそ出来るのではないかと・・・・。

これに付いては機会があれば書きたいと思います(全くの推測と少ない経験値で書くので逡巡中w)。

話が逸れました。戻します。

そんな訳で「G6120DC使っている以上コンプかました方が良いんだろうな」と思いつつも導入を見送っていたのですが、前々回の練習でRAT2を使った所、メンバーから「音の分離が悪い」との意見賜りけり。

バンドのアンサンブルの中で、「音の分離が悪い」との意見が出る際、帯域が同じ所に固まってるからとか、歌と同じ帯域で音が厚いとか、まぁ色々とありましょうが、今回は「要するにお前(=ワタクシ)のギターが暴れてうるせえ」と言われているに等しいかと。

フジコ・オーバードライブはリズム感が良いバンドでは無い。曲により、ともすれば曲内の部分部分で、メンバーが相互作用すると言うか頼りにするパートが異なる。

そんな中、今まで聞こえなかった誰かの音が飛び出すと、これはもう「やり難い!」となり、「俺が頼りにしていたパートが聞こえぬ」=音の分離が悪い、となるのではないかと。

それでまぁ、コンプをいよいよ使うかと決心し(遅ぇよ)、どうせなら以前より欲しかったSP Compressorにしましょうか、と相成った。

詳細はメーカーの頁に詳しく、内部のDIPスイッチ含め様々な設定が可能。マニュアルにも詳細あり。

筐体上部には、原音の音量のVolume、エフェクトの音量を調整するBlend、サスティン、コンプレッションの掛り具合を調整するトグルスイッチ、内部には、アタック、リリースタイムを調整するDIPスイッチに加え、ハイカットorハイブースト、ローカットを調整するDIPスイッチがある。

このコンプレッサーで出来る事は、コンプレッサーに共通する効果である
「ピッキングの音の粒を揃える」「サスティンを得る」のに加え

・原音とブレンド音のミックス
・圧縮、サスティンの調整
・アタック、リリースタイムの調整(上と略同義ですが筐体上部のスイッチと内部のDIPスイッチでニュアンスが異なる)
・ハイカット、ハイブースト
・ローカット

が調整可能。小さい筐体なのに可也の多機能。

色々と調整は可能ですが、大きくは筐体上部のBlendノブとスイッチで可能かと思います。

ナチュラルにしたいのであれば、スイッチをLOに、Blendを控え目に、パキンと掛けたいなら、スイッチをMID若しくはHIに、Blendを多めに、と。

ハイカットorブースト、ローカットは使用するギター(ベース)の指向で選択すれば宜しいかと。劇的ではないが効果的でな効き目。イコライザー程の効果は無いが、「僕のギターは低音が出がちで・・・・」なんて場合には良い効果が得られるかと。

多彩な顔を持つコンプで、個人的には大変お気に入り。ブースターとしても使用可能でしょう。

デメリットとしては、重箱の隅を突く様ですが、ON-OFFのスイッチとノブ、トグルスイッチが近く、ON-OFFの際に触れ易い事、サスティンを得るのであれば、他のコンプの方が長い物がある事、位でしょうか。

コンプレッサーの幻の名器と言えばROSSのコンプレッサーでしょうが、僕は2度程試した結果、名器と呼ばれる理由は「若干歪んだ様なサウンド」じゃないかと。

なんかね、潰れ方が歪みペダルっぽかったんです。

「ROSSのコンプレッサーを改良して・・・・」との台詞、其処此処で見掛けますが、あの歪んだ感じのニュアンスはSP Compressorには無い様に思います。ノイズも少なくクリーンです。

僕の設定は、トグルスイッチはMID、Blendは1時、VolumeはON-OFFで差が無い程度で、DIPスイッチは、練習時はデフォルトでしたが次回はローカットしてみようと思います。ローがタイトになって良い感じに思います(僕はローをタイトにしてから後段のペダルで持ち上げた音が好きなので)。

練習時、必要に応じてON-OFFしようかなと思いましたが、結局ONにしっ放し。

コンプ独特の「アンサンブルで引っ込みがち」なニュアンスは、後段のペダルでカバーすれば宜しいかと。

大変お勧めなコンプレッサーです、が、歪みペダルとの併用ではハウリングしがちですし、上記に書いた通りON-OFFの誤動作も起こり得るノブ、スイッチの配置です。前述した通り、「兎に角サスティンを稼ぎたい」って方にはモア・ベターなコンプがありそうにも思います。

それを踏まえ、機会があれば是非是非お試し下さい。