ranco2

我ながらタイトルがいい加減うざい。
要は5回目。

二種類の太陽の塔を手に入れてみると、なんだか止まらなくなってしまった。
特にロボに手を出したせいで歯止めが効かなくなってしまったようだ。

そんな状況下、ネットでガチャガチャ第二集を30個、約一万円で売っているのに出会った。


第二集は太陽の塔を中心になかなか
魅力的なラインナップだが、9種類しかないので、30個は明らかに過剰だ。

いや、しかし、最新の一回前のシリーズなので出物のデッドストックかもしれない。

しかも、第二集には鉄板アイテムの「太陽の塔」がある。

ネットでは単体がプレミア付き4ケタの値段で売っているから、余剰分をヤのフのオのク〜ってな感じでうまく立ち回れば、うはうは、と不労所得への期待と妄想が膨らむ・・・



どーん!!

IMG_1606

といった訳でポチッてしまった。



そして毎日、一個づつ開けて楽しんだ。


ノン
是非欲しかった一品。河童と良いコンビになりそう。

IMG_1663

ほらね、やっぱり良い感じ。
IMG_1691


太陽の塔
もちろん欲しかった一品。

首が微妙に曲がっていたのでドライヤーで温め、捻って直した。
IMG_1712


子供の樹

表参道の青学の向かい、子供の城の前に実物がある。

IMG_1709

若い太陽の塔

太陽の塔と比べると、正直、全然習作っぽい。
本当のところは知らないけど。

IMG_1697

青春の塔

万博の当時、太陽の塔の傍らに展示されていたそう。

閃きしか感じられないバランスが絶妙。
IMG_1699

その他あまり愛でてない烏合の衆。

一番左はリボンの子といって一般的には人気があるのかな?
IMG_1711

ところが、どうやら第二集、再生産かなんかしたみたいで・・・

毎日、一個づつ開ける楽しみを享受したものの、家に届いた頃から、ネットでは、過剰感が漂い、オークションで強気の出品は入札も無い模様。

余剰分の処理による不労所得確保はしばし塩漬けを余儀無くされた次第・・・

とほほ・・・

(ややネタ切れ・・・続く・・・かもしれない)