リーダー

リーダーです。

先日、私の家事担当であるお風呂洗いをしていた際、一生懸命「シャコシャコシャコシャコ」と磨いていたら家人に「妖怪あずき洗い」と言われました泣いてません。

今週、所要で福岡に行くのですが、福岡ってのは好きな街です。

あちこち見て回った訳じゃないのですが、「住んでも良いなぁ」と思える数少ない街。

個人的にですが、東京と言う街は、人口がもう少し少なければ凄く良い街に思います。

どんな良い街でも、人口過密だと、どうしても落着けない。

人が少な過ぎるのも寂しいものだが、多過ぎるってのも如何かと。

ある一定の人口を越えた時、人は必要以上の防衛本能が働き、それが疲れを招く気がする。

疲れは、年齢を重ねるに連れ大きくなる気もする。

これは「老いから来る体力の減少」だけではなく、上手く言えないのだが「年を重ね経験値を高めて行くに従い、その経験値から過剰な他者との接触を避ける」から故ではないかと。

そう言いつつも東京に住み続けている地方出身者のワタクシであるが、引退後は地方に移住しようと考えてはいる。

さて、唐突だが本日は「私的エフェクター10選」を書いてみたいと思う。

今まで試して来たエフェクターの中からチョイス。

選考基準は「もし万が一失ったら買い直すか否か」で選択してみた。

メインで使用していないペダルもあるこの矛盾を指摘された場合「・・・・・」が僕の回答である。 

では、行ってみようか。

1.Eternity(LOVEPEDAL)~オーバードライブ

IMGP0814

記事はこちら。 

やはりプリント基板となる前の物の方がサウンドの解像度が宜しい。アンプを弄る様な感覚で歪ませる事が出来る逸品。Glassノブの操作でサウンドの幅は広く、このペダルを積極的に嫌う人は居ないのではなかろうか。

2.CE-2(BOSS)~コーラス

securedownload

記事は・・・・複数書いてますがこちらに纏めているかと。 

黒螺子、フットペダルの「CE-2]の表記が大きい物がお勧め。中域がぐっと前に出て、アルペジオやソロのアクセントに良い味出します。
中域が出ますが、バッキングでコードをじゃかじゃか弾くに邪魔にならぬ程度。歪みペダルとの相性も良いです。

3.DC-2(BOSS)~コーラス

securedownload

記事は・・・・あれ、書いてない?やば、後で書こうっと(追記しました)。

CE-2と違い、変調感が無いコーラス。ポップソングのバッキングに打って付けではないでしょうか。滅茶苦茶綺麗なコーラス・サウンドが楽しめる。プリセット式なので、汎用性と言う意味では4つしか選択肢が無く、それ故極端な使い方は出来ませんが、 「爽やか系ポップソングのバッキング」で良い味出します。

4.micro amp +(MXR)~ブースター

securedownload (1)

記事はこちら。 

イコライザー付きブースター。記事に書いていますが、煌びやかさを兼ね備えたブースターにしてイコライジング可能なブースターです。
僕は「タイトなサウンドで音量が上がるブースター」が好きで、それが一番実感出来たのがこのブースター。紹介した中で、ディスコンじゃない一品(但し限定生産だとか)。
惜しむらくはノブの軽さ。ブラインドで踏んでノブに触れると動いてしまう危うさがある。ノブ交換で回避可能。

5.Mini Bi Comp(Analog.man)~コンプレッサー

fff17c38-s

記事はこちら。 

ナチュラル系コンプレッサーのKeeleyと違い、圧縮感が強いコンプレッサー。2in1のコンプですが、個人的にはROSS側を多用しています。独特の圧縮感が凄く好きだったり、する。
「サスティンを得る為にコンプレッサーを使用する」事は目指さず、コードを弾いた時のバランスの良さがお気に入り。
最近は練習でコンプを使わなくなったが、録音では重宝しております。

6.Java Boost(Keeley)~トレブル・ブースター

Java B

記事はこちら。 

ゲルマニウム使用のブースター。独特の「ジャリッとした質感」が堪らなく好きだったりする。レンジマスターを模したブースターながら、フル、ミッド、トレブルの切り替えにトーンスイッチが付いていて汎用性は高い。
歪みペダルをブーストすると、上記の
「ジャリッとした質感」が音抜けに繋がり良い感じになり、いなたい感じのサウンドとのマッチングに優れている。「音量を上げずに抜けを良くする」のに向いているブースター。
単体で使用すると、突き抜ける感が気に成るかもですが、バンドで使用するとよりその効果が分かる。アンプシミュレーターとは相性が悪いのが不思議。 

7.TS9(Ibaneze~Bruno Mod)~オーバードライブ、ブースター

securedownload (2)

記事は・・・あ、これも書いていないのか。後で書きますごめんなさい(追記しました)。

歪みペダルの大きな指標であるTube Screamerの改造品。 ハイとローを削り中域を出すTube Screamerは、ブースターとして使われる事が多く、これもそれに特化した感じで「より歪みが少ない」&「解像度のアップ」と、ブースターに特化した改造が施されている。
歪み量の多さはともすれば解像度の悪さを招き、歪ま無さ過ぎは物足りなさに繋がる。
人によっては「全然歪まないじゃん!」と思うかもですが、僕には必要にして充分であり、前段にゲインブースターを噛ませば歪み量も僕には過剰な位出る。
名器と呼ばれるTS808、TS9も、最近では飽きられつつあるのか、一時祭り状態だった改造品のブームも収まっているが、そんな中だからこそ敢えて使いたくなっている天邪鬼なワタクシ。

8.Phase90/EVH90(MXR)~フェイザー

securedownload

記事はこちら。 

ソロにも、バッキングにも、派手にも、控え目にも使用出来る汎用性の高いフェイザー。エディ・ヴァン・ヘイレンのシグネイチャー・モデル故、ファン以外は手にする機会も無さそうなのが残念であるが、非常に優秀なフェイザーに思います。
バッキング時はScript Switchを入れて控え目に、ソロやリフではOFFにして派手目にと使い分けております。
上記、Java Boostと併用し、「アキレス最後の戦い」を弾くと気持ち良いです。

9.DM-2(BOSS)~アナログ・ディレイ

IMGP0479

記事はこちら

Waza Craftシリーズでも再版されたBOSSの名器の一つ。明るいサウンドのディレイです。
後継機種のDM-3には、ノイズの低減、パラレル・アウト機能等が付きましたが、不思議とダーク寄りなサウンドになり、DM-2程の気持ち良さが無いのがDM-2の人気を揺るぎ無いものにしている様に思います。
最近では優秀なアナログ・ディレイが多数出ており、ディスコンであるこれを選択する必然性は余り感じませんが、機会があれば試して欲しい一品。

10.RM(BSM)~トレブル・ブースター

IMGP1040

記事はこちら

RM=RangeMasterの略との事で、トレブル・ブースターとの位置付けですが、半端無いエンハンス効果でサウンドを嫌って程タイトに、クリアーにします。
効果が絶大過ぎるが故、その使い道は非常に難しいのですが、この唯一無二感は半端無いです。アナログ・ディレイとの併用でも、「これ、デジタルディレイなんじゃないの?」と思わせる程の効果。BOSSのエンハンサーがこれだけの効果が出せれば名器と言われたのではないでしょうか。
使い所が大変難しいペダルですが、「ギターのトーンを絞る→RMをON」の組み合わせで、「太くタイトだけど抜けるサウンド」が得られ、この音は僕にとっての一つの理想。
これもゲイン・ブースターとして使うと 良い味出します。

以上です。

重ねて書きますが、あくまで私見であり、僕の環境(ギターを弾く環境だけでなく、腕、バンドでの立ち位置)からして、「これは手放せないぞ」と思うペダルを10個選んでみました。

ディスコンも多いですが、気に成るもの有れば是非試してみて下さい。 

P.S

R.I.P Jack Bruce