リーダー

リーダーで御座います。

 

 はいっ、HANKsの「それだけで」。

唐突になんだ?と思われますでしょう。ま、ちと説明。

先日帰省した際、以前より大変お世話になっている遠縁であり小~中学校時代の同期に会いましてね。

で、息子さんがね、バンドやっているとの事でバンド名を伺い、検索したら上記を発見。

いいですね、良い声です。別の動画ではラモーンズのカバーなんかもやっていて、おじさん好感持っちゃいます。

同期も男子に人気ある美人女性ですが、息子さんもその血を継いで流石ハンサム。

頑張って頂きたい。今度ライブ行ってみようかなと。

で、帰省した際にですね、Sheep FactoryAkiさんお勧めの札幌の楽器屋さん「JINGLE」に行きましてね。

いや、僕は何も買う気無かったんです本当です。ブリティッシュ・グリーンが目に眩しいDuo Jetもね、Boot-LegのRock'n Roll Partyもね、じっと堪えた我慢の子だったんですよ。

でも、でもですよ、
Sheep FactoryAkiさんの「何か買えやコラ」の重圧に負け(た様な気がして)、加えて「この出会いは何かの運命」「ここで逃すともう巡り合わない」「買わない後悔より買って後悔」「エフェクター道は一期一会」とか囁いた(様な気がした)為、冷静な判断が出来なくなった僕はついついこんなの買っちゃった訳ですよええどうしてくれるんですか全くもう。

image

えー、EBKと言うメーカーの「FF & SHO」と言うペダル。覚え難い人は「ファイナル・ファンタジー塩味」と覚えると宜しい(何が?)。

このメーカー、と言うか個人にも思えますが、詳細は不明なのですが、有名メーカーのペダルのコピーを制作して、ヤフオクなんかで売っているのかなと思われます。

image
にしては、内部はしっかりモールド処理されてますが・・・・。

これは何かと申しますと、Z VEXのFuzz Factory(FF)とSuper-Hard on(SHO)を2in1にしてコピーしたモデルと思われます。

この手のコピーペダルは基本敬遠するのですが、中古でお安く売られていたので試してみた。

この手のペダルに手を出さない理由は、努力して製作したメーカーに申し訳なかろうと言う気持ちと、大体が「オリジナルの方が良いから」なんですけど。。。

2in1のペダルは、歌いながらギターを弾き、が多い僕には敬遠したいペダル。間違って隣のスイッチ踏む事あるんだもん。

そんな訳で躊躇した僕ですが、購入に至った経緯は、これね、ノブの位置が良いんですよ。

Fuzz Factoryのノブは筐体上部に付いていて、Super-Hard onは、真ん中のノブが、それ。スイッチは向かって右がFuzz Factory。

Super-Hard onのノブが真ん中にあり、足で触った感覚で右左の判断が容易。

ノブは固めでスイッチのON-OFFの際足で触れても動く事は無さそう。高得点。

で、サウンド。試し弾きした際は比較出来るオリジナルが無かったので帰京してから比較するとオリジナルと寸分変わらない。へー。

同時にONにした場合、Fuzz Factory→Super-Hard on、となる様で、「Super-Hard onでFuzz Factoryをブーストする」は出来ない。個別単体の方が融通は効く(Fuzz Factoryは歪み量が大きいのでそれをブーストするとは思えないけどw)。

Fuzz Factory、Super-Hard on、共にサウンドについて過去に書いているので割愛。こちらこちらね。

僕は、「バンドで使用するペダルは(チューナーを除き)5個まで」と決めている。

それ以上は、運搬は面倒だし、使い切れないって事も有るし、制限を付けた中で試行錯誤するのが楽しいじゃないかってのもあり、まぁ、そんな理由。

その中に、Fuzz Factoryが入る事は難しく、且つ、過去ビクシ君に勝手にOFFにされると言う事を経験しているので、バンドで積極的に使用する事は無かったのですが、これなら「基本はSuper-Hard onなんだけど、飛び道具的にFuzz Factoryも使える」って事で一石二鳥。

次回練習で試してみて、追記あれば記載します。